メイン | 2007年4月 »

2007年3月 アーカイブ

2007年3月10日

ブログを始めた

 数年前から、ブログ云々と言われているが、日記だって三日坊主だったし、他の人はともかく、自分は書くことなんかないと思っていた。ところが、Webの基本的なことを勉強するために、NiftyのLaCoocanに申し込んだら、Movable Typeというのが使える、とあった。
 去年(2006年)の7月頃だったっけ、インターネットマガジンの別冊で、WEB2.0への道というのを本屋で見て、ああっ、と思って買って眺めた。そこにブログ進化系という記事があって、思い出すと、そこにMovable Typeの紹介もあった。改めて読み直すと、そこに、「Movable Typeの普及によって、ブログは大きく変わった。・・第一にはMovable Typeがトラックバックを実装したこと。そして第二には、Movable Typeによって個人のブログがRSSを配信するようになったこと。そして第三に、検索エンジンとの親和性がきわめて高くなったことである。」とある。そのことの意味は、まだ分からない。
 そういえば、さらに遡って、今から約1年前に、梅田望夫の「ウェブ進化論」ちくま新書を読んで、感動したのだった。それは、グーグル、ロングテールとWeb2.0、ブログと総表現社会、と続く。
 ブログは、所詮電子日記に過ぎないかもしれないが、これを機会にWebのことを真面目に考えてみたい。また、その他の話題にも、波及していきたい。

Commutativeとは

Commutativeとは、例えば、数学で、 a * b = b * aであること。日本語で言うと、可換。
それがどうした、と言われると、何も言えないが、例えば、上のaやbが行列だと、一般には可換にはならない。また、数学で可換代数という分野があって、有名なガロア理論なども、この一部らしいが、筆者の理解を超えている。
 ということで、色即是空ではないが、単なる念仏のようなものとして、Commutativeと、唱えているに過ぎない。

カテゴリーがうまく使えない

Movable Type初心者なので、なんともいえないが、折角設定でカテゴリーを作成しても、新規作成のとき、画面で選べない。一応、詳細設定モードの新規作成のところで、カテゴリーも選んだはずなのだが、
 まあ、今日は、とりあえず、Movable Typeが使えるようになっただけでも、ありがたいと思わなくては。

試してみる(表の例)

 これは、HTMLタグを、そのまま書いて使えることを確認するメッセージです。





AB
CD

2007年3月11日

宗教について

 唐突な話題であるが、昔からずっと考えていることがあって、それは、宗教の教団というのは、どうして、あんなに企業的で、上に立つ者ほど、偉そうにしているか、ということである。典型的には、キリスト教の法王しかり、創価学会の会長に至っては、いうまでもない。
 私は、上に立つ(という言い方自体、自己矛盾かもしれないが)者ほど、謙虚で、皆からいろいろ我侭を言われ、閉口してそれでも、謙虚に微笑んでいるような教団があってもよいと思う。
 それでは、資金を調達して運営される組織としては成立しないのであろうか。

NHK杯戦

 今、森内対窪田のNHK杯戦をやっている。
 窪田は、独特の感性の四間飛車。森内は、軽い捌きの急戦。
 森内が不思議なのは、年間6割に満たない勝率なのに、羽生には強いこと。最近、羽生が急所で負けている唯一の相手ではないか。世間に羽生が第一人者と言われるとき、私はふと、本当にそうか、ときにより佐藤であったり、森内であったりしないか、あと渡辺とかもいるし、と思う。
 最近の注目は、王将戦第7局。これで、羽生が佐藤に負けると、羽生の地位が危うくなる。

カテゴリは解決

 昨日悩んでいたカテゴリの問題は、新規エントリーの画面で、「画面の表示設定を変更」でカテゴリのところをクリックすることにより、解決された。初心者は、簡単なところでつまずくものだ。
 あと、トラックバックとは何なのか、まだ全く分かっていない。これがブログのキーの概念なのに。あまり先を急がないでおこう。

物質的とは?

 とても広い意味で、物質的とはどういうことか、考えてみた。


  1. 財産に拘ること
  2. 地位に拘ること
  3. 容姿に拘ること
  4. 健康に拘ること
  5. 幸福に拘ること
  6. 時間に拘ること
  7. 勝敗に拘ること
  8. 安逸に拘ること
  9. 速さに拘ること
  10. 高さに拘ること
  11. 広さに拘ること
  12. 通説に拘ること
  13. 教義に拘ること
  14. 生命に拘ること
  15. 復讐に拘ること
  16. 他人の幸福を妬むこと
  17. 他人の才能に嫉妬すること
  18. 自分の才能を伸ばすことに拘ること
  19. 人生、無意味と思うこと
  20. 限られた時間の範囲の不平等を嘆くこと
  21. 動物を物と看做すこと
  22. 植物を物と看做すこと
  23. 死後の幸福に拘ること
  24. 死後の成仏に拘ること
  25. 亡くした人を悲しむこと
  26. 他人と比べて、自分の方が高い精神的位階にあると思うこと
  27. 拘らないことに、拘ること

 しかし、物質的とは、この世に生きる限り、ある程度仕方のないことである。

GIFカウンタを設置した

 このプログの親ページの方で、いろいろな本を参考にして、GIFカウンタを設置した。当然ながら、今の私にはオリジナルにPerl CGIを書ける力はない。でも、とりあえず動いてホッとした。
 ご存知の方には、とても初歩的なことなので、無視して戴きたいが、私と同レベルでCGIに興味がある人のために、簡単に説明する。
 まず、このページでは、SSI(Server Side Include)が許されていない。SSIとは、<!--#exec cgi="abc.cgi"-->のような、コメントタグに書いてCGIを呼び出すこと。それが許されないとき、キャラクタベースのカウンタを可能にする方法が分からなかったので、GIFカウンタを設置することにした。
 このためには、0.gif から9.gifを用意した。それは、単に数字のイメージを示すGIFである。それをサーバにアップロードして、ホームページの例えば、index.htmlに、
<img src="img_count.cgi?Col=5">
<img src="img_count.cgi?Col=4">
<img src="img_count.cgi?Col=3">
<img src="img_count.cgi?Col=2">
<img src="img_count.cgi?Col=1">
 というタグを書いておく。また、サーバには、img_count.txtというファイルをおいて、これに最初に0を書いておく。
img_count.cgiというCGIスクリプトは、img_count.txtというファイルを開いて、その数字を、5桁の数字に展開する。もし、1なら、00001という具合である。上記Col=で指定した数字は、この展開した数字の指定桁数である。その指定桁数の名前のgifファイルを画面表示する。そのことが、index.htmlのimg srcタグにより、呼び出される。Col=1に来たとき、内部カウンタの数を1増やして、img_count.txtに書き込む。
 たったこれだけでも、私にはとても大変だった。サーバ側が関与するので、初めてC言語で、Hello worldのプログラムを書いたときよりも、大変に感じた。沢山のPerl, PHP, XMLなどで書かれているMovable Typeのようなものを書くのが、どんなに大変か、推して知るべし、である。

2007年3月12日

ブログと慣用 HTML

 気ままにブログを書いていて、ふと思うのは、いろいろ書き散らかしてしばらくして、それを纏めるステップが必要かもしない、ということである。
 確かにブログは、トラックバックなどの仕組みを一旦措いても、思いついて、忘れないうちに書きとめておくに優れたツールである。
 ただ、アイデアの萌芽でとどまることがあるので、よいアイデアなりテーマは、かき集め、鍋にいれて、他の具を足して煮込むステップも必要になるだろう。
 そのような原稿を、自分の親ページの方で実現できれば、と思う。

GIFカウンタの読み込みが遅い

 親ページに行ってみたら、GIFカウンタが表示されないので、焦った。なんと、読み込み中だった。軽い小さなGIFなのに、なんであんなに遅いんだろう。
 もっとよいカウンタの仕組みがあるに違いない。自宅に帰ったら、CGIの参考書を参照してみよう。

死刑廃止論 - スピリチュアルの観点

 死刑は、近代刑法というか、近代犯罪論の観点から、是認される。それは、懲罰を見せしめにすることによって、悪をなすことに対する気持ちを挫くためである。これに対して、常識的な観点からもいくつか批判があるが、シルバーバーチの本などによるスピリチュアルの観点からは、悪人を死刑にすることは、非常に忌むべきこととされる。すなわち、悪人(という観点は、スピリチュアルの観点にはないかもしれないが、通念上、こう呼ぶ)は、生きて肉体にとどめられている限りは、その影響は、地上の物質的なことに縛られているが、一旦死刑にしてしまうと、その邪悪なる精神を肉体から開放してしまい、その影響力を寧ろ拡大してしまう。
 例えば、イラクでフセイン元大統領が死刑になったタイミングと、渋谷の歯科医師宅で、兄が妹を殺害し死体を隠蔽したタイミングとかなり重なる。霊的には、その物理的距離は問題にならない。これはまあ、仮想的に関係に留まるであろうが、1つの例として、ふと感じた次第である。

謎の位階

 謎の位階、と言っても、何のことか分からない。説明を要する。
 例えば、謎にもいろいろある。卑近なものとして、向こう3軒隣の飼っている犬の名前が分からない、というのから、宇宙は無限か、というのまであり、本当に、謎の濃度は、非加算無限といってよい。
 そのとき、次のような命題を考えてみた。先ず、謎全体の集合をEとする。謎の定義は、例えば、次のようなものとする。その一部に不足部分をもつ命題であって、不足部分が、命題の所与の部分の演繹で導き出されないもの。例えば、あの犬の名前は、□である。これは、□が不足部分である。また、疑問形も不足をもつ命題である。さて、e∈Eのような謎eを考えたとき、そのeの謎を解決するための労力を、w(e)とする。すると、任意のe1, e2∈Eにつき、w(e1)、w(e2)を考えたとき、w(e1)、w(e2)は、順序付けられるか、ということを考える。e1 = {向こう3軒隣の飼っている犬の名前が分からない}、 e2 = {宇宙は無限か}だと、明らかに w(e1) < w(e2)であると想定されるが、ほとんどの謎の間で、順序付けはできない、と考えられる。例えば、e1 = {クォークは究極の素粒子か}、e2 = {πを計算したとき、123456789と続いてあらわれる箇所が、10200から10220までに何回あるか}だと、なんとなく後半の方が難しそうであるが、やはり順序付けできないだろう。
 そもそも、Eという謎の集合というものを考えられるのかどうかも分からない。壮大な無駄話であった。

2007年3月13日

大型書店

 電車内の公告を見ていたら、新宿 ジュンク堂が、日本最大級の品揃えでオープン、とあった。是非行ってみなくては。
 新聞の書評やネット検索などで、ほとんどアマゾンなどネットを通じて書籍を買うのが日常であるが、大きい書店をぶらついて、気に入った本をみつけることの楽しみには代えがたいものがある。ああ、また、自宅の本が増えて、家内に小言を言われる。

連続体仮説

 連続体仮説とは、その要素が、アレフ0である整数の、加算無限の並びである実数と、アレフ0である整数との中間の濃度が存在する、という仮説で、集合論の始祖、カントールによって提示された。実数全体の集合は、アレフ1である。よって、アレフ0.7のようなものが存在するか、という問いにもなる。
ちなみに、冪集合をつくることによって、1つ上のアレフの階段を上ることができ、こうして、帰納的に、アレフ∞が構成される(アレフ(アレフ1)も構成できるのか?)。冪集合以外の集合操作があって、中間的なアレフを生成できるのかもしれないが、コーエンなどの精力的な研究にも拘わらず、結論は出ていないようである。
 私の2つ前の記事、「謎の位階」は、このアナロジによる。すなわち、謎全体の集合は、明らかに全順序集合であるように構成できないが(そもそも、集合の定義を満たすかどうかあやしい)、全順序集合であるような謎の部分集合をとり、その任意の等しくない2つの謎の間で、どちらの謎にも等価でない、中間の解決ワークw(e)をもつような謎の集合が構成できるのではないか。もし出来れば、それを、正規謎部分集合と呼ぼう。
 またしても、自分で何を言ってるのか分からなくなった。

トラックバック

 トラックバックが具体的に何なのか分からないので、自己トラックバックしてみた。すると、何もおきないので、おかしいな、と思っていたら、一旦自分でそれを受け入れなくてはならないことが分かった。初心者は、困ったものだ。
 一応、これで分かったのかな?

2007年3月14日

大田 学

 もう少し前のことになるが、伝説の、あるいは最後の将棋真剣師、太田 学氏が、92歳で亡くなられた。大阪の通天閣を根城に、飄々と将棋を指されて、満足してあの世に旅ただれたようだ。
 経歴を見てみると、鳥取県出身で、父親は、倉吉信用組合の組合長という地元の名家。海軍経験もあるが、将棋を始めたのは、30歳、とアマ強豪にしては遅かった。ただ、羽生のような超一流でなければ、年齢よりやはり才能がものを言うのだろう、他の真剣師との研鑽で腕を上げた。
 加賀敬治アマ名人と「くすぶり」行脚し、結婚もせず、裏街道を歩き続けたが、昭和52年に第1回のアサヒアマ名人になって、突然注目を浴びた。裏街道の主としては、不本意だったかもしれない。
 将棋は、真剣師にありがちの、ガチガチの穴熊で鬼粘りする将棋ではなく、四間飛車には棒銀のような本格的な軽い捌きを特徴とし、ある意味、私レベルのアマチュアに一番真似できない指し方だった。90歳を過ぎても、通天閣と難波の天狗道場で、毎日指していたという。
 筆者にとって、一番憧れ、また一番できない生き方であると思った次第である。

ウィトゲンシュタインの反哲学的断章

 ウィトゲンシュタインのあまり有名でない、というか、あまり重要視されていない著書に、「反哲学的断章」がある。例えば、次のような一節がある。
「どんな宗派においても、形而上学的表現を誤用したからといって、数学での形而上学的表現の誤用と同じほどの、罪に問われることはなかった。」
 次は、「人間のまなざしは、事物に価値をあたえるという性質がある。もっともその場合、事物はさらに高価なものになってしまうわけだが。」
 要するに、それぞれ独立する命題が、次々に書かれているだけである。
 こういう一連の命題から、意味を読み取るのは難しい。
 これは、彼の「論考」などの著書の前段階の、未成熟なものだろうか。
 一方、「論考」は、次のようにして始まる。

1.世界は成立するものごとの全体である。
1.1 世界は事実の総体であって、物の総体ではない。

 やはり、「断章」は、別系統の書物であるようである。私が言いたかったのは、「断章」はブログ的だよね、ウィトゲンシュタインは、今いたら、よいブログ書きになったよね、というとても陳腐な言説なのであった。

オーラの泉

 以前、江原啓之は、なんとなく胡散臭いと思っていたが、オーラの泉という番組をときどき見るにつけ、そうでもなくて、シルバーバーチの説くようなメッセージと結構一貫性を保っている、正統派のスピリチュアリストだと思えるようになってきた。
 ゲストに対するアドバイスも、結構正鵠を得ているように思われる。
 よく分からないのは、色のついたオーラが、ゲストの周りに見えるといっていること。
 もう1つは、前世の姿が見える、といっていること。
 この2つは、テレビの視聴者に阿って、ある程度嘘を言っているのだろうか。
 というのは、少なくとも、このようなことは、あまりシルバーバーチであれ、アランカーデックであれ、書かれていないからである。
 ただ、そんなことはあまり気にならないほど、有意義なメッセージに満ちている。
 個人的には、細木数子よりもずっとまともであるような気はする。

2007年3月15日

無冠の帝王

 無冠の帝王と言っても、サッカーやボクシングのようなスポーツのことではない、囲碁や将棋のことでもない、数学と物理の世界のことを言おうとしている。
 数学において、私は、志村五郎のことを思う。私の知る限り、彼は、私が気楽に読めるレベルの数学の本を書いていない。ただ、フェルマーの定理を解決するキーになった、谷山-志村予想の一翼を担う。彼は、ある雑誌で、私が尊敬する、高木貞治を批判している、高木貞治が数学的創造性を発揮したのは、ほんの一時期だけだと。確かに、高木貞治は、初等整数論講義、代数学講義、解析概論などの名著を著したが、それらは数学的創造性の産物とは言い難い。一方、志村五郎は、というと、状況証拠として眺めるだけだが、一貫して、あるレベルの数学的創造性を発揮し続けているようである。
 次の登場人物は、物理の南部陽一郎である。彼には、講談社ブルーバックスの「クォーク」などの啓蒙的著書もあるが、自発的対称性の破れ、クォークの色、ひもなど基本的な物理的道具立てを用意し、筆者が物理の駄目学生であった数十年前からとてもメジャーな存在だった。
 ところが、この玄人受けする二人が、日本のマスコミにほとんど有名でない。ノーベル物理学賞の小柴某とか、ノーベル化学賞の田中某とかの方が、ずっと有名なのではないだろうか。
 かくのごとく、世間に有名であることは、偶然とゆらぎの結果である。私は字数を費やして、なんと当たり前のことを言っているのだろか。

Win32 APIと、Google API

WEB 2.0の本を読んでいて、Google APIという言葉を見掛けたので、普段のプログラミングで、ときどき、陽に(陰には、常にだと思うけど)お世話になっているWin32 APIとどう違うのだろうと、その呼び方の違いを、素人特有の素朴な好奇心で調べてみた。
 先ず、Win32 APIであるが、C++などで、
HDRVR WINAPI DrvOpen(LPCSTR szDriverName, LPCSTR szSectionName, LPARAM lParam2);
 のように宣言する。これはある意味、自分で作った関数を呼び出すのとやり方は、同じである。ただ、上記のような宣言は、windows.hの奥深くに書かれているので、実際に見かけることはあまりない。
 一方、Google APIであるが、Webのあるサンプルを見てみると、



<div id="map" style="width: 500px; height: 400px"></div>
<script type="text/javascript"
src="http://maps.google.co.jp/maps?file=api&v=1&key=given key">
</script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
var map = new GMap(document.getElementById("map"));
map.centerAndZoom(new GPoint(118.0000, 47.0000), 4);
//]]>
</script>


 のような感じで、JavaScriptを外部的に指定する感じであることが分かった。
 今日は、このテーマはこれくらいにして、また、いろいろ調べてみよう。

宇宙論

ISSEI氏から、http://sciencemag.jp/breakthrough/bt2003.htmlというURLを引いて、「死刑廃止論 - スピリチュアルの視点」に対して、コメント戴いた点であるが、筆者も、超弦理論が宇宙論に対して予測する暗黒物質(dark matter)が、霊とか精神世界のことに関連があるのかもしれない、と考えたことがある。
 また、数学の多様体理論に、はめ込みや埋め込みといった概念があり、このことは、物質界に霊界が埋め込まれている(霊界に物質界が、という方が正しいかもしれない)ということの幾何学的構造を与えるものかもしれない、と思ったことがある。
 ただ、まだあまりにも粗く、大まかな議論なので、時間をかけて考えていきたい。

WEB 2.0理解のための自分用のメモ

 いくつかのWebサイトから引用した、単なる自分用のメモである。

  • Ajax(アジャックス、エイジャックス)は、ユーザーインターフェース構築技術の総称。XMLHttpRequest(HTTP通信を行うためのJavaScript組み込みクラス)による非同期通信を利用し、通信結果に応じてダイナミックHTMLで動的にページの一部を書き換えるというアプローチを取る。

  • Representational State Transfer(REST) は、ウェブのような分散ハイパーメディアシステムのためのソフトウェアアーキテクチャのスタイルのひとつである。

  • Atomとは、ウェブ上の各種コンテンツを配信するためのXML文書フォーマット及びコンテンツの編集を行なうための通信プロトコルなど幾つかの仕様群の総称である。

  • RSSは、ブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。

  • RPCとは、Remote Procedure Callの略で日本語で遠隔手続呼出のことである。

  • SOA : ソフトウェア工学において、サービス指向アーキテクチャ(サービスしこうアーキテクチャ、Service-Oriented Architecture、SOA, 「エスオーエイ」あるいは「ソーア」と発音)とは、大規模なコンピュータ・システムを構築する際の概念あるいは手法の一つ。業務上の一処理に相当するソフトウェアの機能をサービスと見立て、そのサービスをネットワーク上で連携させてシステムの全体を構築していくことを指す言葉である。

  • WSDL (Web Services Description Language) Web Serviceが提供する機能を記述するための、XMLベースの言語仕様の1つ。


2007年3月16日

ドリームマイニング

コンピュータの分野で、テキストマイニングと言って、沢山の文書を解析してそこから意味を見出す技法があるが、夢も、ノイズをフィルターするような、ドリームマイニングのような手法が必要かもしれないと思う。そうして見出す情報は、スピリチュアル的には、寝ている間に訪れているはずの霊界での情報である。
 ただ、テキストマイニングでも、取り出したい情報の意図と、ノイズを把握する必要があり、夢ではそれがもっと難しい。
 ユンクの夢判断の本を読んで、胡散臭さを感じたことがあるが、こういう分野で、どうすれば胡散臭くなくなるのか、と逆の疑問も呈することができる。
 最近、疲れているのか、とても掘り下げが浅い論調ばかりで、いけない。

Web 2.0に関する個人的メモ(その2)

 以前に、技術の切り口からみたメモを書いたが、今度は、アプリケーションまたはビジネス側からみてみる。

  • 新しい検索エンジンのパラダイム。Googleの地図情報APIや、Amazonの本の検索APIの公開。
  • RSSによる広告配信。
  • ブログによる情報発信とマーケティング。
  • ポッドキャスティングによる、コンテンツ配信。
  • ロングテールの仕組みに依存する、ネット広告。
  • マッシュアップ

基本的に、インターネット・マガジン別冊 「WEB2.0への道」 2006年4月17日発行の内容に基づいており、筆者の創見は、皆無である。とりあえず、材料をせっせと集めている段階である。

シーア派とスンニ派

 TIMEのMarch 12,2007号に特集されているように、イラクで、イスラム教のシーア派とスンニ派が、血で血を洗う死闘を繰り広げている。その記事にあるように、両派の違いはほとんどない。一番の違いは、スンニ派は、イスラム教の開祖ムハンマドの子孫を預言者とすること。一方のシーア派は、第4代カリフを正統とした。外見的には、礼拝の頻度や、形式、モスクの形が微妙に?違う。しかし、何がそこまでの憎悪を煽るのか。それは、私は、微妙な差異を増幅して、違いを作り出し、それに憎悪の炎を燃やす人間の本能としか言えない。
 例はいくらでも思い当たる。私が学生時代、学生運動が盛んな頃だった。民青、反帝学評、核マル(流石に、連合赤軍はいなかった)、あとブントとかいうのもいたが、私は、資本論を読んだこともなく、アジを聞いても、その違いはさっぱり分からなかった。しかし、彼らは、互いに憎んでいた。暴力に暴力で応報していた。一体どんな実りある結論をもたらしたのだろう。
 別の、より典型的な例は、キリスト教の宗派である。初期の段階で、グノーシス派は殲滅された。その後のカトリックと、プロテスタントの争いはあまりにも歴史に顕著で、私が何を言う必要があろうか。
 もっと言うと、平和なはずの仏教にあっても、浄土宗と、そこから派生したはずの浄土真宗は互いに不仲である。例は、もういいだろう。
 どうして、近しいものは、激しくいがみあうのか。大脳前頭葉の作用なのか。それでは、宗教も、共産主義も、売り上げを競う資本主義も、人間の妄想の産物なのか。安易な提案は許されない。思考停止になってしまいそうだ。

2007年3月17日

運命について

 粗いアイデアであるが、運命について考えてみた。
 数学で、力学系という分野がある。それは、次のような方程式系であらわされる。
equ_20070317_01.gif
 この方程式系は、次のような性質をもつ。

fk(x1,x2,...xn)を所与とすると、方程式系のふるまいは、t = 0のときの x1,x2,...xnの初期値と、equ_20070317_02.gif for k = 1, ... n を与えると、未来永劫に決まる。

 これは、ある意味自明であろう。ニュートンの方程式における、例のラプラスの悪魔の話である。
 ところが、ここから話が少し自明でなくなる。というのは、上記の力学系は、一般的に、カオスというべきか、複雑系をなす。何が言いたいかというと、ある初期条件で、ある力学系の軌跡が得られたとして、初期条件を極小だけずらした軌跡というのが、どんなスーパーコンピュータをもってしても、予測がつかない、ということである。また、極めて多くの場合、積分が存在しないし、厳密解が存在しない。
 さて、このような準備のもとに、次のような眉唾の、運命定理を述べる。
1. 主体の運命は、 fk(x1,x2,...xn)を所与とする力学系であらわされる。
2.上記nは、加算無限である。
3.ただ、神による計算の便宜上、適当な有限のnをとることができる。神にそんな摂動論が必要かどうか分からない。きっと、いや絶対に不要だろう。
4.主体が選びうるのは、上記初期条件だけある。 fk(x1,x2,...xn)は、変更できない。このfを宿命と呼んで、宿命は変えられない、ということもできる。
5.上記初期条件は、任意の時点で、主体により設定し直すことができる。このことをもってして、宿命は変えられないが、自由意志により、運命は変えられる、と言ってよい。ただ、そのときの力学系の状態に束縛されるので、大きい自由度で初期条件を選び直せるとは限らない。

 また、次のような補題も分かる。
6.きわめてわずかの初期条件の変更、例えば、つい道端の石ころを蹴ってしまった程度が運命に与える影響が、significantになり得る。
7.ここでいう主体とは、動物、人間、会社組織、国家、太陽系、銀河系など、ある意思をもって、初期条件に影響を与えることのできるものをいう。太陽系、銀河系に意思があるのか、というのは、議論を呼ぶだろう。今は、措くことにする。
 また、別の発展として、xiの消滅・生成、また、fに確率論的な解釈を施すことがあるが、そこまで考えて稔りある結果になるかどうかも、全く分からない。

将棋B級1組順位戦

 将棋B級1組順位戦で、結局、木村 一基七段と、行方 尚史七段がA級に昇級が決まった。考えられ得る、いくつかの妥当な結果の1つであるといえるだろう。どちらも、受けがしっかりした、いわゆる玄人受けする将棋である。ただ、筆者の勝手な予想では、A級では、木村と行方では、行方の方が活躍しそうな気がする。木村は、野球で言うと、球筋を見極められやすい。下手をすると、一期で降級もあるだろう。一方の行方は、手許で複雑に変化する変化球をもっている感じで、一流どころも、彼を負かすのに苦労するだろう。ただ、行方といえども、残留するのが精一杯だろう。結局、彼らは、今度B1に上がってくる、渡辺 明に抜かれてしまう運命にある。渡辺 明は、既に竜王なのだから、そんな当たり前のことを言っても仕方ないのだが。

飼い猫のトラ

 飼い猫のトラを紹介させて戴く。
 2003年7月生まれだから、いま、3歳半、雌なので、人間なら女ざかり、というところだろうか。(画像をクリックすると、拡大表示されます、あまり鮮明ではありませんが→)
 その年の夏、実家に帰ったとき、隣の家で、猫が生まれたというので、子供たちが見に行った。すると、とても可愛らしくて、一目ぼれしたらしい。それで、どうしても連れて帰りたいというので、仕方なく従った。新幹線では、まだ生まれて数週間の猫は、悲しそうに鳴くので、大変だった。
 2004年の3月になると、発情してとても情緒不安定になった。それで、仕方なく、2004年4月に、近くの獣医で、避妊手術した。そうしたら、しばらく、私を恨んでいるようで、とても心苦しかった。
 でも、雑種とはいえ、とても気性が穏やかで、親バカというか飼い主バカなのだろうけど、人間なら結構美人だと思っている。ただ、ときどきスキをみて脱走する。本人は軽い散歩のつもりらしくて、しばらくすると帰ってくるが、車に轢かれはしないかと心配ではある。

ブログの効用

 昔から雑文を書くのは好きだが、ノートの隅に書いておいても、整理整頓が苦手なので、直ぐに遺失してしまう。また、普段から暇さえあればいろいろなことを考えているのだけれども、考えは垂れ流されて、どこかへともなく、思考の下水道に流されて、戻ってこないことが多い。
 それがいけない、ということはないけれども、何かを考えているとき、これって、前にも同じようなことを考えたね、と思うことはよくある。なにしろ、経時間変化はあるにしても、同じ頭なんだから。ところが、以前に考えたことを全く忘れているものだから、また、一から考え始めて、能率が悪い、と思うことはある。
 そこで、何かの縁でブログを書くことになったのだけれども、一週間たってみて、この手法は、自分の考えたことを固定するのにとても有用であることが分かった。別に偉い人に見せる訳ではなく、特許出願する訳でもなく、何かの雑誌に投稿する訳でもないので、粗くても、不完全でも、とりあえず書きなぐっておけばよい。ただ、最低限の品位として、公序良俗に反したり、他人を誹謗したりはしないように気をつけようとは思う。
 こうして、書いておくと、サーバのDBに溜め込まれるので、あとで自分で検索して見ることができる。必要なら、不完全なアイデアに彫琢を施して、纏め上げることもできる。
 そうして、可能性は低いけれども、運がよければ、誰かからコメントがもらえる。トラックバックすることもできる。
 生来三日坊主の私が、突然飽きて止めてしまう可能性は、常にあるのだけれども。

渡辺 明vs.ボナンザ

3月21日に、渡辺 明vs.ボナンザの対戦がある。私の素朴な感想は、下記のとおりである。


  • 先ず、思うのは、なぜ、今のタイミングに、である。コンピュータ将棋は、進境著しいとはいえ、まだプロ第一人者(竜王なので、便宜上、こう呼ぶ)と対戦するのは、時期尚早なのではないか。
  • ところが、渡辺明のブログを見ると、「戸辺(プロ四段、筆者注)と将棋ソフトのボナンザとやらが対戦して戸辺が3局目で負けたらしいんです。本人は『油断して一発食ったんですよーー』と言い訳していましたが、負けは負け。そんなバカなと思ったのですが見ているとこれが意外に強いので驚き。既にプロ棋士が数名平手で餌食になったとか奨励会有段者もコロコロ負けているらしいんです」(長い引用で失礼)とある。ううん、これだと、最早、アマ名人よりも強いかも。
  • 渡辺明のブログの別の記事:事前対局してみて、「いくつか癖は発見しましたがそれを誘発する為にはこちらが本筋から外れた手を指さなくてはいけないのが悩ましいところです。」とある。本来は、本筋の手で勝つべきなのだろうけど、やはり勝つためしそういう発想も仕方ないよね。
  • 解説は、森内俊之名人、鈴木大介八段、木村一基七段、とある。なんと大袈裟な。あ、そうか、将棋連盟としては、人気凋落の対策なんだ。本来は、コンピュータとの対戦なんてセットしたくないし、間違えて渡辺 明が負けると、いろいろと面子が失われるけど、そうも言っていられないのかもしれない。そもそも、米長会長としては、まだ、渡辺 明が負けることはない、という読みがあるに違いない。
  • 私的には、チェスの世界チャンピオン対ディープブルーのように、満を持して対戦してほしかった。尤も、そういう日も、あと10年以内に来るに違いない。
  • コンピュータサイエンスに興味をもつ、下手の横好きとしては、一般のコンピュータ将棋ソフトが、brute forceという力任せの方法で処理しているようなのが、半分不満で、半分興味深い。将棋の名人を負かす将棋ソフトは、例えば、P2Pで接続された複数台のコンピュータによって実行されるのであろうか。

2007年3月18日

初歩の確率の問題

 サイモン・シン著 「フェルマーの最終定理」新潮文庫を読んでいたら、最初の方に次のような問題があった。
 サッカーの試合で、両チームの選手と審判を合わせると、23人が競技場にいる。このうちの少なくとも二人が、同じ誕生日をもつ確率はどれくらいか。
 きっと高校の基本問題程度なのだろうが、この程度の問題も、考えたけど、なかなか分からない。
 それで、昨日の午後くらいからぼやっと考えていて、やっと今分かった。要するに、先ず、23人の誕生日が皆違っている確率を計算して、1からそれを引けばよいのだと。
 次の人の誕生日が前に選ばれた日と異なるようにすればよいので、それは、365/365 * 364/365 * .... (365 - 23 + 1) / 365を計算すればよい。この計算は、手計算だとかなりきついので、Perlで次のように計算してみた。
# ---------------------------
$P = 1.0;
$n = 365;
for ( $i = 0; $i < 23; $i++ ) {
$P *= $n / 365;
$n--;
}
printf "%2.2f\n",$P;
# ---------------------------
 すると、$Pは、0.49となるので、少なくとも2人の誕生日が同じになる確率は、 1- 0.49 = 0.51
 要するに、23人の人が集まるだけで、そのうちの少なくとも2人の誕生日が同じになる確率の方がそうでない確率より高い、というのは、いかにも非自明である。
 この程度で非自明なら、XN+YN=ZNにN>=3のとき、整数解が存在しない、という、フェルマーの定理は、一体どれくらい非自明なのだろうか。

趙治勲

 今日、囲碁のNHK杯戦を見ていたら、決勝で、趙治勲と結城聡の対戦で、若さと勢いの優る結城が勝つかと思っていたら、趙治勲が、自由奔放且つ緩まない打ち回しで、圧勝した。趙治勲は、もう50歳なのに、その工夫と切り込む気合は、衰えを感じさせない。今からもう30年も前であろうか、藤沢 秀行が、50歳で、第一期の囲碁棋聖戦を制した。あのときの気合を感じる。
 もう言い古された議論であるが、囲碁は、将棋に比べて、歳知っても芸が衰えにくいのだろうか。
 将棋では、米長が、50歳で、中原から名人位を奪回したくらいである。尤も、大山康晴は、60歳を越えてもA級を維持し、現役のまま癌で死去した。大山は、別格であり、囲碁にもあのような例はないだろう。橋本宇太郎がそれに匹敵するが、大山と比較して、どうしても一回り小ささを感じざるをえない。

親ページを変更した

 ホームページビルダーV8を導入して、親ページを少しビジュアルなものに変更した。それでも、どうしてもまだ、いまいちしっくりこない。また、、趣味の部屋と、コンピュータの勉強室も追加して、最低限の形は整えた。

2007年3月19日

言語の変遷

 最近、テレビを見ていて、少し驚いたことがある。それは、1950年代前半の、当時の吉田首相のインタビューなのだが、今、政治家が話しているのと、語彙や口調が全く同じなのである。世の中、ドッグイヤーなどと言って、とても変化がが激しいが、ああ、言語というのは保守的なのだ、と改めて感じた次第である。そういえば、私が好んで読む古典に、徒然草があるが、これは、約700年前に書かれたものらしいが、微妙なニュアンスで分からない点はあるものの、これは紛れも無く日本語であり、また、我々が受け継いでいる文化の源にきちんと含まれているものと感じることができる。
 言語よりももっと保守的なのは、遺伝子であろう。遺伝子が実質的に変化するには、何万年も要する。
 私が言いたいことは、あまりドッグイヤーなどと言って、軽佻浮薄を煽ってほしくない、ということである。目先の色や味付けを変えたくらいで、新しがったり、先進ぶったりしてはいけない。フェルマーの定理を見よ。偉大な数学者達の頭脳による、綿々たる琢磨をもってしても、300年もの時間がかかった。このように解ける問題は寧ろ運がいいのだろう。もっと悠久の時を想おうではないか。

運命について(補足)

 2日ほど前に、稚拙な運命論を展開したが、それにいくつかの補足がある。

1. 運命力学系で、自由意志で、初期値と初期速度を任意の時点で選べると言ったが、その時点の宿命関数fの値が大きいと、許される範囲の初期値と初期速度の変更では、急速に事態を変更できないことがある。例えば、真珠湾攻撃直後の日本軍を見るがいい。最早矢は放たれ、安易な収束ができなくなった。
2.どうも、fはある起点に基づく、フーリエ関数のようなものをもつらしい。例えば、東洋の占いは、あるいは、占星術もそうかもしれないが、誕生日から始まるサイクルの重畳で運勢の状態を占うが、これは、fに多重周期性の性質があることを示唆する。

2007年3月21日

羽生永世王将

 羽生が、昨日、佐藤に、王将戦第7局で勝って、通算10期で、永世王将の資格を得た。該当者は、他には、大山康晴しかいない。ある意味、永世名人より稀少価値がある。
 ちなみに、羽生は、永世棋聖(通算5期で該当)、永世王位(連続5期か通算10期で該当)、名誉王座(連続5期か通算10期で該当)、永世棋王(連続5期で該当)も、もっている。
 該当しないのは、永世名人(通算5期で該当)、永世竜王(連続5期か通算7期で該当)。永世名人については、「あとから来たのに追い越され」の歌の文句ではないが、森内に追い越されそうである。
 どうして羽生ほどの実力者が、なかなか永世名人になれないのは、合理的な説明を見出すことができない。数字的により難しいと思われる永世王将は得たからである。
 また、永世竜王の該当者はまだいないそうだが、これにはある程度納得する理由が見出せる。すなわち、竜王戦は、そのときの一番勢いのある挑戦者を選出しやすいので、タイトル保持者にとって、挑戦を退けるのが、一番難しいのであろう。

タイトル保持者の3すくみ

 今の将棋界で、4強を選ぶと、羽生、佐藤、森内、渡辺であることに異論は出ないと思う。
 そこで、必然性なく渡辺を外して、羽生、佐藤、森内について、独断と偏見で、次のような比較をしてみた。
 羽生 < 森内 < 佐藤 < 羽生 すなわち、3すくみである。
 これについて説明する。
 先ず、羽生 < 森内についてであるが、森内は、相手の攻めをぎりぎりで受け止めることに長けている。羽生の攻めは手厚いが、速度重視でないので、森内に見切られて受け止られやすいのではないか。
 次に、森内 < 佐藤。佐藤の攻めは、しばしば、森内のぎりぎりの受けの範囲を上回る。厳密には切れているかもしれなくても、時間がない場合など、森内が受けきれないことがある。
 次に、佐藤 < 羽生。羽生は、よく分からない局面にして、佐藤の攻めの鋭鋒があまり功を奏さない局面にもっていく。
 こうして、王将は羽生の防衛に終わるだろうと言おうとしていたら、もう王将戦は、終わってしまっているので、意味がない。それで、進行中の森内対佐藤の棋王戦は、次で佐藤が勝って、棋王位を奪取するだろう、と予測しておく。ブログはいつでも遡って書きなおせるので、時間的な証拠にはなりえないのだけれども。

暗号に関する素朴な疑問

 筆者は、もう10年以上も前に、このようなとても簡易な暗号化アルゴリズムを考えた。すなわち、ソースを見て戴くと分かるように、指定されたパスワードに基づき、バイトの255文字→255文字の換字テーブルを生成し、その換字で変換した結果に対して、同じく指定されたパスワードに基づき生成した擬似乱数のオフセットを加える、というとても簡易なものである。
 それで私の素朴な疑問は次のとおりである。よく世間で、DES暗号が破られたとか、公開鍵暗号が破られた、という記事をみかける。しかし、それは、暗号化方式が予め分かっている場合であって、キーだけが不明な場合ではないか、というものである。
 例えば、上記のような簡単な暗号化であっても、擬似乱数のオフセットがあるため、換字テーブル方式の変形版であることがなかなか分からないのではないか。また、たまたま換字テーブル方式の変形版であることが分かったとしても、どのような仕組みで擬似乱数が生成されているかも分かりにくいのではないか。
 もっと言うと、DES暗号や公開鍵暗号のような本格的な暗号ではなくても、文字列コード群の集合から文字列コード群の集合への全単射を与える任意の関数で、暗号化を行うことができるので、暗号化方式というのは、少なめに見積もっても加算無限個あるだろう。よって、次のような命題を提案してみる。
 任意の長さの平文と、それをある特定の暗号化方式で暗号化した暗号化文とが与えられたとき、暗号化方式のアルゴリズムとそのキーを特定するアルゴリズムは、一般には存在しない。
 なお、参考までに、上記のプログラムで、
東京特許許可局
 という文字列をもつファイルを、test1という暗号キーで暗号化してみた。

まず、「東京特許許可局」の16進バイト表示は、次のとおりである。
93 8c 8b 9e 93 c1 8b 96 8b 96 89 c2 8b c7

また、「東京特許許可局」を暗号化した結果の16進バイト表示は、次のとおりである。
ae 76 e3 4a 91 89 29 7b 1e 6c b6 b0 5d 8b

 かなり非自明だと思われるがいかがであろうか。


2007年3月22日

ボナンザ対渡辺竜王

 注目されたが、やはり、ボナンザ対渡辺竜王は、渡辺竜王が勝った。記譜を詳細にはまだ検討していないが、はっきりとした一手勝ちであった。大差と言ってよいであろう。
 根拠のない予測だが、この分だと、羽生や渡辺に、コンピュータが勝つのは、あと少なくとも5年、いや10年くらいかかるのではないかと思う。
 ただ、以前羽生が言った言葉が気にかかる。それは、将棋の終盤は、100だったか、800だったか、パターン化できる、というものである。もしそれが本当なら、それらのパターンを全て組み込むことにより、終盤でミスをすることが極めて少ないコンピュータ将棋が完成することになる。これは人間にとって脅威で、中盤までにある程度優位を築いていなくてはならない。しかし、渡辺がボナンザに対して一旦不利になったことからも分かるように、序盤から常に有利に保つのは至難の業である。
 あと、コンピュータを強くするには、庄司 和晴七段が協力するのが一番よいと思う。彼は今、C級2組にいて、降級点をとり、フリークラス陥落も時間の問題のようであるが、彼の定跡整理能力は卓越していると思う。いや、それがゆえに、実戦でいまいち勝てないのだと思う。ロシアの天才物理学者ランダウの例を御存知だろうか。彼は、広範な業績をもつ稀代の物理学者であったが、業績を論文にまとめるのが極端に苦手で、リフシッツという弟子の助けが必要であった。
 羽生などだと、自分の潜在知を、うまくコンピュータにのせるように顕在化できないと思う。以前の例でも、チェスチャンピオンを破ったディープブルーの指南役のチェスプレーヤーは、一線級ではなかった。庄司 和晴レベルではなかったかと、推察している。

2007年3月23日

タミフル

 最近の新聞によると、厚生労働省が、タミフルを10代の人に投与するのを自粛する勧告を出したそうである。確率は高くないが、突然ビルから飛び降りたり、道路に飛び出したりする件が数十件もあれば、当然であろう。
 他の薬で、同様の副作用があると聞いたことはない。先日、うちの娘がインフルエンザに罹って、タミフルを投与されたが、確かに、熱を下げる効果は十分であった。また、幸い、娘は、特に不審な挙動はなかった(私は、投与から少なくとも半日程度、つい寝ないで監視していたが)。
 ホームページの症例を眺めていると、タミフルを飲んだ子供で、何か見えない影を怯えて、逃げ出そうとする者があったそうである。そこで、ここからが、私の無謀な推察であるが、タミフルは、瞬間的に、人間がもっている霊能力を高める作用があるのではないか。それで、常時屯しているらしい浮遊霊が見えてしまう人がいて、冷静を失うのではないだろうか。
 実際、潜在的であれ、あるレベルの霊能力をもつ人は、人口比でそれほど多くないはずである。そのことが、タミフルによる被害率の少なさを裏付ける。
 また、このことは、ある種の医薬が、霊能力を高める作用をもち、心霊的なことの応用に使えることを示唆する。そもそも、LSDや麻薬はそういうものなのかもしれない。また、ヘミシンクのように音響効果で心霊能力を引き出すものもあるようだが、このことはまた、別項で論じる。

2007年3月24日

WEB 2.0に関するコメント

 マッシュアップだの、RSSだのと言われているが、なるべく自分の言葉で、改めてWEB 2.0のことを記述してみたい。すると、そのうち、WEB 3.0も見えてくるだろう。
 先ず、最初に思いつくのが、ユーザー参加型のシステムの提供。結局、既存のタームを使うのだけれども、ブログ、PodCastingだの、1ユーザーが、簡単な仕組みで文書や画像、音楽などを流すことができ、一方で、それを検索することができるインフラが整っているということ。それが一番肝要である。
 また、そういうユーザーが、仮想的に集う場が提供されること。例えば、ソーシャル・ネットワーク・サービス、また、最近話題になっている、Second Lifeなど。
 さらにちょっとした工夫で、例えば、短いスクリプトを書くだけで既存のサービスを組み合わせたりできること。これがすなわち、マッシュアップ。典型的には、JavaScriptやGoogle APIなどを組み合わせる。ちょっとした工夫、というけれども、JavaScriptといえども、一歩踏み込むと、相当難しい。しかし、WEB 2.0という一見糖衣に包まれたシステムが、一皮剥くと、無骨なテクノロジで支えられていることに気づかざるを得ない。実際、例えば、Googleの検索エンジンを支えるのは、膨大な量のコンテンツのインデックスを含むディスク・アレイと、それらを並列計算するシステムである。このような一極集中型のシステムの対極にあるのが、P2Pで、個々は大した能力をもたない(といっても、MIPSで1990年代のメインフレームを凌いだりするが)パソコンを繋ぎ合わせてコンピュータ・パワーを紡ぎ出すシステムである。
 P2Pで思い出したが、単にブログを書くだけなら、コンピュータのスキルはほとんど必要ない。一方、Googleが実現しているようなシステムを構築するには、先端のコンピュータ・サイエンスの能力と膨大な資金を必要とする。問題は、この間のギャップを埋めることで、この間には、JavaScript、Perl、Ruby、PHPなどの簡単なスクリプトの書き手から、GoogleやAmazonの公開APIを組み込んで新たな配役が必要で、すごく儲かるかどうかは知らないが、そこに新たなビジネスチャンスもあるだろう。私は、技術が発達していくと、糖衣に包まれたすぐ下の層の技術的複雑度も高まるので、結局、一皮剥いた無骨さ、というのはなくならないと信じる。
 で、話を戻そう。では今の仕組みで、どうやってお金を稼ぐのか、という点であるが、1つには、広告・宣伝である。かなり前から、コンテンツに依存する広告・宣伝を配信するサービス、というのは、ある。今後、それをどう洗練するか、ということは当然問題になる。ただ、広告が氾濫してくると、その有効性も薄れてくるので、新たな課金の仕組みも問われる。これについて、筆者は、不勉強で、全くアイデアはない。
 それで、文章の論理としては、明らかに不自然で飛躍なのだけれども、では、WEB 2.0に続く、WEB 3.0とは、と問うてみた。すると、それは、システムを利用した意識の変容なのでは、と思われる。例えば、Second Lifeを例にとってみよう。私はその詳細は知らないが、お金を稼ぎ、土地を買い、新製品を開発する、ということで、数学の用語を用いると、現実世界の準同型写像であるのが、私には悲しい。例えば、意識したことがすべて実現してしまい、最初は喜んでいるけれども、段々それが空しくなって、新たな価値に目覚めるとか、暗黒の世界で、試練に晒されながら、そこを理想の世界に作り変えていくとか(それは、ロールプレイングゲームであったかも)、などなど。あと、新たな数学的概念の構築とか、化学物質生成の実験ラボとか、いろいろ考えられる。
 ブログの一記事としては、長すぎるので、またそのうち稿を新たにしたい。

日本電産 永守社長

 日経情報ストラテジーの2007年5月のトップインタビューに、日本電産 永守社長が出ていた。彼は、「回るもの、動くもの」という特定の分野で大会社になることを目指しているという。
 彼の特徴は、会社の再建に特異な手腕を発揮することである。
 先ず、再建を目指す会社に、自ら出向き、時間と労力を惜しまない。外資系のファンドが金だけつぎ込み、マネーゲームに終始するのと好対照である。
 また、明確な方針をもっている。それは、小さくてもその分野でトップのシェアをもつ会社を集めること。例えば、ハードディスク装置のスピンドル・モータで、シェア75%、カメラのシャッターでも、高いシェアを誇る。
 あと、景気がいいときは待機して、景気が悪くなるのを待つのだそうである。景気のいいときは、材料の値段も上がるし、人を採用しにくいからだそうだ。
 不景気になると、M&Aしたい会社の値段が下がるからだそうである。こういうのを聞くと、一見阿漕なイメージを受けるが、実は、人心をとても大事にする。別の新聞記事で読んだことがあるが、彼は、決してリストラをしないのだそうである。また、彼は成果主義も嫌いである。リストラや成果主義は、結局、社員の猜疑心と人間不信を煽り、モラールを下げてしまうからである(今ふと、富士通の成果主義の失敗の本を読んだことを思い出した)。
 彼は、こういう。一番のポイントは、人の心ですな、会社がおかしくなるのは人の心が病んでいるからなんです。
 ただ、彼はこうもいう。技術だけは10年かかります、と。だから、技術力のあるところを買わなければいかんのです、と。
 実際そうなのである。技術的ノウハウは、一朝一夕に蓄積できるものではない。だから、特異な技術的ノウハウをもつ人々がいる会社をM&Aして、その人たちに自信をもって働けるように鼓舞するのであろう。
 また、彼は、自分個人の損得では再建などできませんな、経営というのは結局、挫折とジャッジの回数で決まるんです、という。実際彼は、会社を買収したら、私費を使って、個人筆頭株主になる、従業員との食事は全てポケットマネーで払う、という。
 ここまで書けば、永守社長が、芯の通った、黒光するような経営者であることが理解して戴けるだろう。
 あと、全くの蛇足であるが、彼は、職業訓練大学校の卒業である。大学の序列や偏差値に毒されていると言われても仕方ないが、私からみて、職業訓練大学校というのは、学歴的にメリットをもたらすものではない。例えば、公務員の世界などでは、日の目をみるのがとても難しいだろう。しかし、彼は、そういう小賢しさとは無関係に、もっている経営的才能と、独特の哲学で、ここまで開花された。世の才能ある人々は、自信をもって、困難に立ち向かって能力を発揮して戴きたい、その結果、彼のように成功するかどうか、それはどうでもよいことであろう。

2007年3月25日

霊感とインスピレーション

 世の中に、湯水のごとく発想が湧き出る人というのがいる。作家でも、沢山いると思うが、まず思いつくのが、松本清張である。私は若い頃、彼の推理小説を耽読したが、どれも読みやすく、また内容的にも高い完成度を感じさせるものが多かった。最近そう感じるのは、宮部みゆきであろうか。
 これと違い、ある意味別格かもしれないのは、数学者のラマヌジャンである。彼は、ほとんどまともな数学教育を受けていないのに、彼が紡ぎ出した数式や定理は、現代の最高の知性の数学者をも震撼させる。どこからこんな数式をひねり出したんだろうと思わせるものばかりで、偉いという意味では、フェルマーの定理を証明したアンドリュー・ワイルズも偉いんだろうけど、通常の偉さという雰囲気である。ところが、ラマヌジャンの場合、相当に神秘がかっている。ラマヌジャンは実際、敬虔なヒンズー教徒で、多神教であるヒンズー教でも、彼はシバ神を信奉しており、シバ神に祈ると、アイデアが湧いてくるのだという。
 一方で、スピリチュアリズムの本を読むと、人間が自分のアイデアと思うもののかなりなところは、霊界からのメッセージとして無意識にうちに送られてくるのだという。
 この後段のところは、きっととても論理の飛躍で受け入れ難いと思われてしまうだろう。しかし、自分が今まで思いついたアイデアはすべて、自分の灰色の脳細胞で独自に思いついたものである、と断言できる人も多くないのではないか。
 私は、コンピュータの会社に勤務していて、SEやエンジニアではないが、趣味でもコンピュータが好きなので、そこでつい、クライアント・サーバ・モデルに想到する。すなわち、個人をクライアントPCにたとえる。そこで、個人の脳の働きを、クライアントPCのOSや通信コントローラに対応させてみる。例えば、通信コントローラが壊れてしまうと、ネットワークから情報が取り込めないので、クライアントPCは、ローカルのディスクにもっている情報やプログラムで以って、とても限られたことしかできなくなる。そのとき、もしかして、現在の脳科学は、通信コントローラそのものに情報が蓄えられている、と誤解してはいないか、というのが、私の稚拙な推論である。あるいは、ローカルHDDである脳細胞に、すべての情報が記憶されている、と。
 しかし、私には、脳は、その主要な機能において、受信/発信装置としか思えない。本当に重要な情報は、サーバ・コンピュータから、送られてくるのだと。
 すなわち、この稿の流れからして、サーバ・コンピュータが霊界にあることになる。
 それでは、勉強して脳を鍛えることは意味がないのではないかサーバから受信するだけなのだから、ということになるが、それは違うと思う。サーバからいろいな情報が来たとき、それを理解するための基礎知識を学んでおかなくてはならない。例えば、インターネット上で映画の情報は沢山氾濫しているが、私は映画の知識がほとんどないので、そこから有用な情報を引き出すことができない。
 さて、ここからが本題なのであるが、以上のような仕組みがあるとき、涸れない井戸から水を汲むように、アイデアを引き出すにはどうすればよいか、ということである。
 それにはまず、どうしても一定の知識修練が必要である。苦労することも必要である。また、いろいろなことに興味をもつことも必要である。そうした上で一番重要なのは、謙虚であることだと思う。すなわち、よいアイデアが思いついても、それは、友人の示唆なのか、霊界からのインスピレーションなのか、ともかく他力的なものだと信じることである。そうしないと、私には証明できないが、傲慢になると、インスピレーションがブロックされてしまうと思う。例えば、若いとき、有望視された作家で、途端にアイデアを欠いて、書けなくなってしまう人がいる。こういうのは、どこかしら傲慢になったのではないかと思う。もう一点は、脳という通信装置は、結局、生物的なものであるが機械なので、酷使してはいけない、ということである。疲れたら、深い森に行くか、ひなびた温泉でも入ってリフリッシュする必要がある。
 霊界を持ち出したので、一事はどうなることかと思ったが、とりあえず常識的な結論に落ち着いた。あと、私は、このようなブログをここ数週間書いているが、実のところ、その内容は、目に見えないインスピレーションに依存している、と信じている。自分のオリジナルと、目に見えないインスピレーションの切り分けもできないと思っている。実際、それの証拠という訳ではないが、私のブログには一貫したテーマがない。その場の思いつきを発展させてものが多い。なにかの存在が、私にそのことを書くことを促しているような気もすることがある。
 そうして、ブログを止める日が来るとしたら、脳が駄目になるより、なんらかの驕りや傲慢にとらわれて、という可能性の方が高いと思う。
 

詰将棋をホームページに入れた

 ほぼ30年前から、ぽつりぽつりと間欠的に詰将棋を作成して、ノートに書き溜めている。不完全なものも含めれば、100題くらいあるかもしれないので、この際、まともなものを選んで、ホームページに入れることにした。URLは、こちらである。
 やり方は、次のとおりである。先ず自分の詰将棋ノートを眺めて、比較的出来がよいものを、東大将棋に打ち込んで、解かせる。すると、余詰めが出たりする。そういうのは避けて別のを入れる。そうして、題意どおりだと、東大将棋の画面をスクリーン・キャプチャして、gifで保存する。また、回答は、棋譜形式で保存して、それは、Perlで加工し、回答HTMLファイルとする。
 こうして現時点で、6題入れた。多少基準を甘くすれば、50題くらいは選べるのではないかと思っている。本当は、また新作を創ればいのだけれども、往年(そんな時期、あったっけ?)ですら、簡単な筋のものでも苦吟していた。今の年老いた頭に期待しない方がよいだろう。尤も、かの七条謙三氏は、50歳から、素晴らしい長編を次々に創っていった。彼が、秋葉原ラジオ会館の社長という閑職にあって、手遊びに創作したとはいえ、やはり、才能は年齢を超えたものがある。私のような凡才は、ただ嘆息して、見守るだけである。ちなみに、その凡才というのは、掛け値なしであって、自信の作品を、将棋世界や近代将棋に何度も投稿したが、一度たりとも採用されることはなかった。
 ここらあたりでこの稿を終えようと思ったが、詰将棋というのは、私にとって永遠に届かない初恋の相手のようなものであって、もう少し書かせて戴く。
 まず、いまや京大大学院の教授となった、若島 正氏である。彼とは、ほとんど会ったこともないが、いつくかの作品から、詰将棋に対する珠玉に対するような切々とした思いが伝わってくる。私にとって憧れの人である。
 あとは、内藤国雄である。かれは、初形の詰将棋という偉業を成し遂げた。また、その作品は、数万を超えるという。一日一題ではおつっかないくらい創作していることになる。その創作力には、頭が下がる。また、他の人にはどうってことないが、私にはとても印象的な、彼の言葉がある。それは、伊藤 宗看, 看寿作の無双、図巧に対する態度である。米長は、プロたるもの、無双、図巧を、頭の中で解くべし、という。それで何人かの棋士は、それを試み、プロの力をつけたという。ただ、内藤国雄は、無双、図巧を解いていないという。ただ、陶然としてそれを眺めるのだという。ああ、まさにプラトンのイデアの境地。美の世界。生憎、私には、無双、図巧を解く解図力もなければ、陶然たる美を感じる感性もない。ただ、憧れることに、憧れる、という次第である。

2007年3月27日

悲しいのは体

 今日、道を歩いていたら急に、「悲しいのは体」という言葉が浮かんだ。
 どうも意味は、こういうことらしい。すなわち、人生、生きているといろいろ悲しいことがあるが、心は悲しみを通り抜けて行くので、いつまでも悲しみにとどまっていない。ところが、肉体は鈍重で、欲望や悲しみにいつまでも囚われてしまう。肉体は、ただ悲しみを留めていればいいのに、心を呼び込んで、悲しみで染め上げてしまう。そこで、逃げ出す心、捕まえようとする肉体、という図式が見えてくる。
 少し話は異なるが、昨日テレビを見ていたら、ある男性俳優が、一緒にいた広末涼子に、あなたのような美人は、いないと思っている、と歯の浮くようなことを言っていた。私はそれに反論しないが、しいて私の好みを言うと、優香と、滝川クリステルであろうか。それはさておいて、このように美人云々と思うのも、肉体の鈍重さに引きずられた感情である。
 このように、厄介なるもの、それは肉体である。まさに煩悩の根本である。しかし、重い肉体を引きずって苦しむのが人生の修行である。急いで脱ぎ捨ててはいけない。

form組み込みブログ

この内容に、あまりにも多数の自動生成ダミー・コメントが来る。おそらく、formタグのせいだと思うので、サニタイズとして、formタグを無効化した。これで、ダミー・コメントは防げるだろうか。 as of 7/31/2008

こういうブログの記事であるが、結局、HTMLなので、

<form>
<input type="button" value="クリックして下さい" onclick="alert('ですYO')">
</form>

 というように、記事中に、HTMLのフォームなどのコントロール用のウイジットを書いたり、ここではやってないけど、CGIを呼び出したりもできる。
 よって、セキュリティ的には、ブログ中の記事に対して、下手にクリックしたりしない方がよい、ということになる(これは平気です。単にアラートメッセージを出すだけです)。

2007年3月28日

学校に関する素朴な疑問

 世間では、ゆとり教育とか、その反対に、学力低下とか、よく議論される。それを解消するために、カリキュラムを減らして、課題学習を取り入れたり、その一方で、やはり英語の授業を増やさなくてまずい、とか言われる。実際、何を意図するかはともかくとしてある種の最適化のために、カリキュラムを調整いることは必要であろう。しかし、私がいつも不満に思うのは、学校で、生徒を望ましい状態にするために、カリキュラムの調整が、ほとんど唯一のパラメータとなっていることである。もっと言うと、生徒の能力は、学校(または、あるいは一層課外の学習塾)で、作りえる、という幻想である。
 では、学校は、野放図にしていいのか、と言われるかもしれない。いや、そういう意味ではない。学校は、集団の規律を守ることを学ぶ場ぶあるし、いろいろな不満や軋轢があったとき、それをどう解消していくか、あるいは、耐えていくかを学ぶ場でもあろう。しかし、例えば、算数を学ぶ、ということ1つをとってみても、本当に、小学校の算数の授業が全てなのだろうか。あるいは、学習塾でドリルを解くことが全てなのだろうか。私には、そうは思えない。例えば、テレビでたまたま、フェルマーの定理を解いたというワイルズの番組を見たり、書店で見た、よく分からないけど数式が並んだ本を眺めたりすることも、同等に重要なのではないだろうか。
 また、才能の重要性ということも、いくら強調しても強調しすぎることはないと思う。例えば、私の趣味は将棋で、棋力は、かろうじて弱いアマチュア四段である。アマチュアの強い人から見たら、吹けば飛ぶようなものである。しかし、それでも、どんな人でも努力すれば到達できるレベルよりは少しだけ上だろう。そこに、ほんのかすかな才能があったということになる。私は、このレベルに達するまでに、相当粉骨努力して、10年かかった。しかし、大した努力もしないで、この私のレベルを、将棋を覚えて、たった1年以内に軽々と超えていく、一群の子供たちがいる。それが才能でなくてなんであろう。このような現実をみるとき、努力で達成できないものはない、などということを言う人を見ると、単に、敬遠したくなる。
 さらに思うのは、メタ学習能力である。すなわち、知らないことに出会ったとき、どう学習していくか、という能力である。学習といっても、数学、英語などに限らない。あるときは、確定申告のやり方かもしれないし、失恋したときどう心を慰めるかの方法かもしれない。私などは、まず本を買い漁るから入るのだけれども、ベストとはいえないけれども、それは1つの方法だろう。別の人は、詳しい人に聞き回るかもしれない。メタ学習能力は、とても大事で、例えば、サラリーマンを10年以上やって、ある程度の成功を収めている人は、今の成功の支えになっている能力のほとんどが、最後に学校を卒業してから、メタ学習能力を駆使して学んだことに依存していることに気づくだろう。
 最後に、ある意味、これが一番大事かもしれないが、自分の興味を涵養することである。最初は、自分が何が好きか、なかなか分からないかもしれない。しかし、いろいろやっていくうちに、なぜかよく分からないが、それをやっているとうきうきしていまう何かを発見するだろう。そして、金銭や地位や資格よりも、興味(の集合体)こそが、あなたの財産であることを知る日が来るだろう。
 長くなったが、才能、メタ学習能力、興味に注目すべき、という三題噺であった。いまのところ、粗雑な議論であるが、なんども訪れて、精密化したい。

ボナンザのハードウェア

 週刊将棋を見て知ったのだが、先週の3月21日に、渡辺竜王と戦ったボナンザのハードウェアは、PCではなかった。私は、てっきり、PCがハードウェアで、普段、われわれがダウンロードして対戦しているものを、すこしだけチューンアップしたものかと思っていた。記事によると、「現時点で世界最高水準の計算能力をもつ水冷式」「1秒間に400万手読むことができる」「価格は80万円」とあるが、、「現時点で世界最高水準の計算能力をもつ水冷式」が、たった80万円で買えるのだろうか。
 きっと、マルチプロセッサで、OSは、Linuxなのだろう。もともとのボナンザがC++などで書かれていたら、あまりソースをいじらないで、コンパイルし直すだけで、動くような気がする。
 渡辺竜王は、対戦後、普段練習で対戦したものより、大駒1枚くらい強い、とコメントする。だいたい、人間は、勝つと余裕で、相手を褒める傾向があるので、割り引いて考えなくてはならないが、PCダウンロード版でも、ほとんどのアマチュアが苦戦し、プロも手を焼くという。この専用版が、相当に手強いということは想像に難くない。もしかして、奨励会三段レベルか。
 ともかく、コンピュータが人間のトップに勝つのは、早くても5年、おそらく10年という、私の前のコメントは、考え直す必要があるようだ。

2007年3月29日

お笑い芸人の典型的パターン

 私は、お笑い番組が好きで、エンタの神様など、よく見る。そのとき、決してこれで尽きている訳ではないが、お笑い芸人、特にピン芸人の特徴的なパターンがあることに気づいた。
 特徴1:自虐的、または、ぼやき的のどちらかであること
 特徴2:独特のコスチュームを纏うこと
 特徴3:特徴的な踊り、または音楽を使うこと
 これらは、毎回ワンパターンでよく、いや、寧ろ徹底的にワンパターンでなくてはならない。というのは、ワンパターンであると、観る者が次に何が来るか予測できる。そして、予測したとおりのギャグが来ると、安心感があるのである。今の不安の多い世の中で、予測のつく、擬似的な安心空間というのは、どことなく嬉しい。いくつか、例を挙げてみる:
 アクセルポッパー:独特の踊りと音楽、自虐的なメッセージ
 ですYO:独特の井出達としゃべり方、自虐的なメッセージ
 魔邪:独特のコスチュームと、ぼやき的メッセージ
 ギター侍:独特のコスチュームと音楽、ぼやき的メッセージ
 小梅太夫:独特のコスチュームと音楽、自虐的なメッセージ
 ただ、私がまだ理解できていないのは、これらのピン芸人の、統計力学の相転移のような、突然の人気の下落と、一旦下落した後の復活のなさ、である。この下落は、なかなか予想できない。というのは、あまり芸が豊富とも思えない魔邪が、未だに生き残っているからである。
 もちろん、お笑いの世界は、上の例では尽きない。お笑いのパターンの全てを類型化する作業は、まだ端緒についたばかりである。

売れる書棚

 新聞に、ジュンク堂副店長 田口久美子さんの記事が載っていた。記事によると、本は、どの書棚に置くかで、売り行きが大きく変わるのだという。例えば、村上龍の「13歳の~」は、文学のコーナーではなく、就職のコーナーに置いたら、よく売れたのだという。意外だったのは、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」。これはどう考えても純文学だが、建築のコーナーに置くのだそうである。
 ただ、最近大きい本屋に足を運ぶことが減ったとはいえ、そういう意外性を感じて楽しんだ経験は、私はあまりない。逆に、「代数幾何」という純粋数学の難しい専門分野の本が、高校の学習参考書のコーナーに置かれていたのを見たことがある。これは、きっと、「代数・幾何」だと思ったのだろうが、見識不足がばれる。
 ただ、見たことはないが、こういうのがあったら面白いかも、とのものとして、囲碁の「侵略のテクニック」という本が、政治学のコーナーにあったり、法哲学の本が、仏教のコーナーにあったりしても、意表だろう。あと、コンピュータ・ウィルスの本が医学のコーナーにあるとか。
 しかし、考えてみて、意外な組み合わせというのはある程度思いつけるが、実際に売り上げに貢献する組み合わせとなると難しい。うまくいかなかった経験を踏まえて、長年の試行錯誤の結果として、ようやく、田口久美子さんの域に達するのだろう。

三洋電機の人事

 新聞を見ていたら、佐野 精一郎さんという人が、三洋電機の社長に就任する、とあった。入社以来、人事、労務畑一筋のたたき上げである。前任の野中ともよ氏は、起死回生の奇策だったんだろうが、私には成功を予測させるものはなかった。それは、どうみても、会社や社員、製品に対する思い入れが感じられなかったからである。結果的に、人寄せパンダに過ぎなかったのではなかろうか。
 私は、この佐野氏の人となりを存じ上げないが、地道に改善を進めていくのではないかと期待している。例えば、昨年末の約1000人のリストラは前線に立ったが、4月から、賃金カットをやめて水準を元に戻し、弊害も目立つ成果主義賃金制度も見直す、とある。
 社員を疲弊させて活力を失わせてはいけないからである。ここらあたり、日本電産の永守社長の方針と、一脈通じるところがある。
 ソーラーバッテリなど、独特の技術で個性を発揮してきた、三洋電機が、活力を取り戻すことを期待するものである。

成果主義と共産主義

 前稿の三洋電機に関する内容で、「弊害も目立つ成果主義賃金制度も見直す。」と新聞にあったと、引用した。実際、成果主義は、丁度インフルエンザに対するタミフルのようなもので、場合により、とてもよく効くが、副作用も大きい。続けると、体力ががた落ちになることがある。
 え、どうして? 成果に応じた賃金を払うことがなぜいけないのか、みんな頑張って働くから、モラールが上がるのではないか、という当然の反応をする人も少なくないと思う。そこで、それに答える代わりに、共産主義の理念について書いてみる。私は、マルクスやエンゲルスの著作をきちんと読んだことがないので、とても偏った理解かもれない。その前提で書く。共産主義というのは、人間世界で、搾取される者と、搾取される者という二極化構造が、諸悪の根源であり、それはつまるところ、私有財産を認めることろから、端を発している。よって、私有財産精度を廃止し、全てを共有にすれば、物質的な不平等がなくなって、もろもろの悪さが解消され、地上の楽園が出現するであろう、というものである。これは、人間はもともと、所有欲も独占欲もなく、他人に尽くすことに生きがいを見出すものだ、ということが成立するなら、正しいかもしれない。しかし、所有欲も独占欲がない人間というものは、現実問題、考えることができない。それなのに、無理やり共産主義を敷くと、一部、とても所有欲も独占欲が強い人間がいたとき、それを留める効果的な手段が、共産主義の内部にない。よって、独裁者が暴走したとき、どとまることを知らない、ということも起きえる。
 成果主義についても、これと同じことが言える。すなわち、組織が活性化しないのは、年功序列など成果や能力に応じた報酬体系になっていないからだ、というものである。もし人間が、賃金に応じてやる気を出し、互いの業績を客観的に認め合い、例えばAさんがBさんよりも地位や賃金が高くても、Bさんは、自分はAさんよりも業績が低いのだから仕方がない、Aさんよりも高い給料になれるように地道に努力しよう、ということが、ある組織の任意の二人の構成員の間で成立するような組織であれば、成果主義は、すこぶるうまくいくであろう。しかし、現実にそれがいつも起こるということは、極めて考えにくい。実際、成果主義は一般に、その内部に、成果をきちんと測定できない場合の調整機構を組み込みにくい。そもそも、公理として、成果は客観的に判定できるもの、という前提にあるからである。よって、ここでも、共産主義で起きたような、アバランシュが発生し得る。
 以上のような、ある理想的な状況を前提に組み立てられた制度や考え方を、フランシス・ベーコンに倣って、理想化のイドラと呼ぼう。理想化のイドラは、人間精神の宿痾なのであって、プラトンの「国家」などにも見て取ることができる。キリスト教の名の下に、魔女裁判など多くの人が合理的理由もなく処刑されたのも、理想化のイドラによってであろう、と推察される。
 確かに、インフルエンザのタミフルのように、理想化のイドラは場合により、よく効く。実際、現在の資本主義も、共産主義や社会主義のイドラを、無毒化したワクチンのかたちで摂取し、バランスを保っている。しかし、人間の性として、理想化のイドラが頭をもたげてくるので、安定した制度や方策は常にチャレンジである。
 このようなチャレンジは、人間性がとてつもなく向上し、地上天国が出現するまで続くであろう。無理、ということを長い言葉で言い換えているにすぎないのかもしれない。

棋王戦

 私の予想どおり?  棋王戦第5局は、佐藤が勝って、棋王のタイトルを奪取した。戦形は、森内の変則振飛車で、佐藤の圧勝であった。第4局は、逆に佐藤が変則振飛車で、森内の圧勝だったので、どうもその辺の心理はよく分からない。ともかく、森内は、この敗戦をバネに調整し、名人戦は、4-2あたりで防衛するだろう、と予想しておく。郷田から、「奪取感」が感じられないのである。

2007年3月31日

帰省

 3月29日~31日と、所要で、故郷の孤島に帰省してきた。新幹線の時間の都合で、尾道港を19:15に出発する最終便に乗って、夜8時頃着くと、街灯もほとんどなく、電気の点いていない空家も沢山あって、まるでゴーストタウンであった。
  空家が沢山ある理由は、子供達は高校を卒業すると、都会の大学に行ったり、就職したりして、生活拠点をそちらに移してしまう(かくいう私も、そういう典型的な一人である)。要するに、地元にほとんど就職先がない。地場産業として、造船は多少景気を回復しているようであるが、若者にとって、魅力的な仕事とは言い難い。残った老夫婦は、次第に亡くなっていき、こうして誰も住んでいない空家が生じる。
 私の出身の島は、かなり小さい方であるが、瀬戸内海の多くの島で、似たようなことが起きていると思われる。島には、尾道港から、一日7便程度、巡航船が出ているが、当然ながら利用する客は多くなく、経営する備後商船は、大変な赤字だそうだ。かといって、備後商船が潰れると、多くの島民は、足をなくすので、備後商船の経費の半分は、政府の負担だそうである。
 私が18歳まで生まれ育ち、両親の住むこの島が、帰省する度に、一歩ずつ廃墟に近づくのは、身を切られるように辛い。しかし、都会に慣れ親しんだ私には、もうとてもこの島に住む感性は蘇らない。二日もこの島にいると、静寂と刺激のなさで、気が変になる。ただ、あらゆる緊張感がなくなり、夜は、少し酒を呑むと、とてもよく眠れる。早く寝る以外に仕方がない、ともいえる。
 島には、狸が跋扈している。以前は、罠を仕掛けたり、猟をする人もいたが、今では、手間をかけて狸を捕まえる気力のある人もいなくなった。狸の天下である。知り合いに聞くと、狸は、肉食かと思ったら、もちろん鶏なども獲るが、野菜の葉っぱや果物の実も食べるという。要するに、雑食で、とても逞しいといえる。あともノラ猫も少なくない。島民は、魚を主に食べるので、その残飯を猫が漁っているようだ。ノラ猫といっても、我が家で飼っているトラは、実は、この島から、まだ生まれて間もないときに、連れ帰ったものだ。数年前までは、トラの母親と思われる白っぽい猫が、実家の付近をうろついていて、出会うと、「お母さん、よろしく」とよく声をかけたものだ。最近は見かけなくなった。病気になったか、保健所に連れていかれたか。
 ということで、とても寂しい、瀬戸内の島の風物誌であった。

尾道ラーメン

 帰省ネタのついでに、尾道ラーメンにもコメントさせて戴く。尾道駅の土産や、阿藻珍味の通信販売などで、「瀬戸の小魚が隠し味」のサブタイトルで、尾道ラーメンが売られている。しかし、本来の尾道ラーメンは、豚の背脂の醤油味ベースの平麺が基本であるが、瀬戸の小魚は使っていないと思う。きっと、他の地方の人に対する宣伝のため、「らしさ」を出したのだろう。
 尾道ラーメンで一番有名なのは、朱華園で、地元では、「しゅうさん」と呼ばれている。いつも行列ができていて、1時間以上並ばないと食べれないことがある。私が子供であった40年以上も前から、地元で有名であった。ただ、人気が出すぎたのか、多少乱造気味で、往年の頃よりは味が落ちているように思われる。
 私的に、尾道ラーメンで一押しなのは、尾道市尾崎本町12-10というところにある「フレンド」というラーメン屋である。海岸に面した松本病院というところの向かいである。街から福山よりに外れたところにあるので、とても混むということはない。気さくなおばさんと、その娘と思われる人がやっている。朱華園のラーメンよりも、あっさりしていて、食べやすいと私は思う。よくお客さんが、「ああ、うまいね。」と褒める。すると、「別に、普通にしょーるだけで、なんもコツはないんよ。」(普通にやってるだけで、なにもコツはないです、という意味)とおばさんが応じる。
 昔からの事情をよく知っている私の父に聞くと、「フレンド」のおばさんは、昔は、その場所で料亭をやっていて、その頃、尾道は、港として大変栄えて、捕鯨船の船員など、とても金遣いが荒い人たちが押しかけて、一晩で、一万円の厚い束を数えていたという。ところが、文字通り潮が引くように、尾道はさびれ、船員向けの料亭としては採算が合わなくなったので、細々とラーメン屋を始めたのであろう。
 最早、料亭のように荒稼ぎできないが、近くの尾道東高校(林 芙美子の母校)の生徒にも、「フレンドのおばちゃん」と呼ばれて、人気がある。ラーメン屋も悪くないようだ。

数論の系譜

 今日、新幹線の帰りに、サイモン・シン「フェルマーの最終定理」青木 薫訳、新潮文庫を読んだ。フェルマーの定理の証明に至る経緯は、おおまかには理解していたつもりであるが、「ええっ、そうだったの?」と思われることもいろいろあって、興味深く、勉強になった。少なくとも、また数学を勉強し直してみよう、という情熱を刺激された。それで、自分用のメモとして、数論の系譜を書いてみる。すなわち、
 ピタゴラス - ユークリッド - ディオファントス - フェルマー - オイラー - ガウス - クンマー までは、一気に線が引ける。ここからは、フラクタル理論の多重分岐によるカオス化のように、いろいろな人があらわれて、収集がつかない。例えば、ディリクレ、ソフィー・ジェルマン、デデキント、ジーゲル、ヴェイユ、岩澤健吉、谷山豊、志村五郎、カッツ、エルディシュ、そして、ワイルズ。
 ただ、フェルマーの定理を証明してしまったワイルズは、志村五郎の指摘するような、継続的な数学的創造性をその後も発揮し続けているのだろうか。

About 2007年3月

2007年3月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。