« 大田 学 | メイン | オーラの泉 »

ウィトゲンシュタインの反哲学的断章

 ウィトゲンシュタインのあまり有名でない、というか、あまり重要視されていない著書に、「反哲学的断章」がある。例えば、次のような一節がある。
「どんな宗派においても、形而上学的表現を誤用したからといって、数学での形而上学的表現の誤用と同じほどの、罪に問われることはなかった。」
 次は、「人間のまなざしは、事物に価値をあたえるという性質がある。もっともその場合、事物はさらに高価なものになってしまうわけだが。」
 要するに、それぞれ独立する命題が、次々に書かれているだけである。
 こういう一連の命題から、意味を読み取るのは難しい。
 これは、彼の「論考」などの著書の前段階の、未成熟なものだろうか。
 一方、「論考」は、次のようにして始まる。

1.世界は成立するものごとの全体である。
1.1 世界は事実の総体であって、物の総体ではない。

 やはり、「断章」は、別系統の書物であるようである。私が言いたかったのは、「断章」はブログ的だよね、ウィトゲンシュタインは、今いたら、よいブログ書きになったよね、というとても陳腐な言説なのであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/20

About

2007年3月14日 23:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大田 学」です。

次の投稿は「オーラの泉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。