« 詰将棋をホームページに入れた | メイン | form組み込みブログ »

悲しいのは体

 今日、道を歩いていたら急に、「悲しいのは体」という言葉が浮かんだ。
 どうも意味は、こういうことらしい。すなわち、人生、生きているといろいろ悲しいことがあるが、心は悲しみを通り抜けて行くので、いつまでも悲しみにとどまっていない。ところが、肉体は鈍重で、欲望や悲しみにいつまでも囚われてしまう。肉体は、ただ悲しみを留めていればいいのに、心を呼び込んで、悲しみで染め上げてしまう。そこで、逃げ出す心、捕まえようとする肉体、という図式が見えてくる。
 少し話は異なるが、昨日テレビを見ていたら、ある男性俳優が、一緒にいた広末涼子に、あなたのような美人は、いないと思っている、と歯の浮くようなことを言っていた。私はそれに反論しないが、しいて私の好みを言うと、優香と、滝川クリステルであろうか。それはさておいて、このように美人云々と思うのも、肉体の鈍重さに引きずられた感情である。
 このように、厄介なるもの、それは肉体である。まさに煩悩の根本である。しかし、重い肉体を引きずって苦しむのが人生の修行である。急いで脱ぎ捨ててはいけない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/49

About

2007年3月27日 00:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「詰将棋をホームページに入れた」です。

次の投稿は「form組み込みブログ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。