« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月 アーカイブ

2007年4月 1日

女性科学者・哲学者

サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」に、女性数学者のことが、書かれていたので、その本を参考にし、その他の資料も調べて、女性科学者・哲学者について、簡単にメモしてみた。当然ながら、網羅的でも枚挙的でもない。過去の例では、女性科学者・哲学者は、ほとんどが独身であった。それは、昔は、女性であって、哲学者や数学者であることが、世間から大変な軋轢を受けたからであろう。実際、結婚は、多くの場合、大変なエネルギを要する。もし、哲学者や数学者として生きていこうとしたら、他のことを擲って、エネルギを傾注する必要があったのだろう。典型的には、エンミ・ネーターである。
 ところが、最近は、そういう偏見も少なくなってきているようで、下記の石井志保子さんなども、普通に結婚して、特別な苦労なく暮らしているようだ。何かのエッセイで読んだ記憶があるが、石井志保子さんの息子さんたちは、研究に忙しくてあまり面倒をみてもらえなかったけれども、みな優秀で、やはり数学者の道を歩んでいるようである。

テアノ - 「ピュタゴラス的叡知の娘」

サッポー - 古代ギリシア史上最も著名な女流詩人

ディオティマ - プラトンの饗宴で、ソクラテスが、自分の説ではなく、マンネンティア出身の婦人ディオティマに聞いた説として、愛の教説を語る。

ヒュパティア - 5世紀頃にアレクサンドリアで活躍した新プラトン派の女性数学者・哲学者で、キリスト教徒の暴徒に惨殺されたことから古代の終焉を象徴する人物となった。

ソーニャ・コワレスカヤ - 微分方程式論などに顕著な業績があった。

ソフィー・ジェルマン - フランス革命の時期に生まれ、数論、弾性体理論などに顕著な業績があった。

アニェシ - 1718年にミラノに、数学者を父として、生まれる。曲線論で業績をあげた。

キュリー夫人 - ラジウムを発見し、ノーベル化学賞を受賞した。また、放射線現象の研究で、ノーベル物理学賞も受賞した。

エンミ・ネーター - 著名な数学教授のマックス・ネーターの娘として1882年にドイツのエルランゲンで生れた。環論において重要な概念であるネーター環を提唱した。対称性があるところには それに対応する保存則が存在するというネーターの定理は物理学の分野の基本定理である。例えば、一般相対論を勉強すると、ネーターの定理に必ず逢着する。性別に拘わらず、第一線級の数学者である。

 最近の日本では、東北大学の小谷元子教授が目に付く。結晶のような格子構造の性質を、幾何学と確率論を結びつけて解明した。

あとは、東京工業大学大学院教授の石井志保子。広中平祐の創始による、代数幾何学における特異点解消理論の専門家である。

参考:日本女性科学者の会

携帯を買い換えた

Docomoの携帯をもう2年くらい使っていており、もともと、電話とメールくらいしか使っていないので、とりたてて買い替えの必要もないのだが、外装がはげてきたことと、バッテリが劣化してきたので、電気店に行ってみた。私の思い込みでは、新規契約だと0円とか1円で買えるものがあるが、機種変更だと少なくとも数千円は、負担しなくてはならない、というものだった。ところが、機種変更、しかもMovaからFomaへの変更でも1円というものがあり、機種は明らかに型落ちだが、それでもいままでの機種よりは機能が豊富なので、買い換えることにした。
 どうも、Softbankの参入もあって、競争が激化しているようだ。また、古い機種は、誰にも相手にされなくなるので、只ででも引き取ってほしい、というところだろう。値段が下がっていること自体は、ユーザーにとってありがたいが、資源の無駄遣いではなかろうか。
 携帯の買い替えで、とても苦痛なのは、ユーザーインターフェースががらりと変わって、操作に迷うことである。携帯を買い換える度毎に、最低半日は苦闘しなくてはいけない。そういうと、高校生の娘は不思議がる。実際、たいていの高校生は、新しいインターフェースに慣れるのに、造作ないようだ。
 最近、インターネットを勉強していて、そのことの社会的インパクトのようなことも考えているけれども、実際は、その台数からして、携帯の普及と、機能の強化の方が社会的なインパクトは大きいかもしれない。しかし、操作の苦手感が、携帯から私を遠ざけている。なんとかしなくては、と思うのだけれども、おそらく、あの小さい液晶画面が、中年の私には辛い、という必然的な要因もあるのだと思う。

選挙キャンペーン

 選挙のキャンペーンを見ていると、特に野党において、次のようなパターンで、スローガンが生成されていることに気づく。

step 1: 誰も文句の出ない、美しい目標を探す。例えば、絶対平和、地球環境の保護、福祉の増強、減税、個性尊重の教育、医療費削減、医師の不足解消、雇用不安の解消、年金不安の解消など。

step 2: 現政府が、上記の目標を、いかに達成できていないかを記述する。絶対平和 -> 戦後60年の平和が、脅かされつつあります。地球環境の保護 -> 二酸化炭素の排出で、地球環境は悪化の一途を辿っています。福祉の増強 -> 経済効率の追求で、福祉はどんどん後回しにされています。等等。

step 3: そして、次のような言葉で結ぶ。「皆さん、このような政府に政治を任せ続けてよいのでしょうか。」「私は、どうして、こういう政権が、国民の信任を得ているのか、全く理解できません。」「子孫に悔恨を残さないために、皆さん、決断するのは今です。」「皆さん、もうこれ以上我慢する必要はありません。」

 そして、一番重要であるのは、目標を実現するための方策をまったく示唆しないことである。そこさえ注意すれば、あとは適当でよい。

 次に、与党版は、どうであろうか。

step 1は、共通でよい。

step 2は、現政府が、上記の目標を、いかに着実に推進しているかを、「具体的に」述べる。○○をやってきた。△△もやってきた、と。

step 3は、次のような言葉で結ぶ。「皆さん、具体的施策に未経験な野党に、このような大事なことを任せられるでしょうか。」「私は、野党のあのようなマニフェストが、果たしてマニフェストと呼べるものかどうか、全く理解できません。」

 ここで、一番重要であるのは、野党の方策に対して、きちんと論理的に反駁しないことである。なるべく曖昧に、触れるにとどめる。

 私は政治音痴なので、単なる戯言であった。
 

2007年4月 2日

Turbo C++

Borlandのホームページをみていたら、Turbo C++という文字があったので、ええ、今更?と怪訝になっていたら、どうも、Borland Developer's Studioから、単言語で切り出したものらしい。確かに、Borland Developer's Studioは、C++、C#、Delphiなどの統合開発環境をもっているらしかったけど、私のような一アマチュア・プログラマには、値段も機能も、過剰であった。
 で、確認したら、私がいまだに使っている、Borland C++ Builder 3.0とも上位互換性があるらしいので、賞与が出たら、Turbo C++の購入を検討してみよう。ホームページにも書いたが、Borland C++ Builder は、GUIアプリにほとんど挫折しかかっていた私を救ってくれた命の恩人である(別に、命の危険にさらされていない、って!)。でも、もっているBorland C++ Builder 3.0は、Standard Editionだったので、インターネットやSOAなどの通信がらみのアプリは書けなかった。Turbo C++のProfessional Editionは、そこまでカバーしてくれているらしいので、また勉強のネタが増える(と、ブログには書いておこう、ということになるだけかもしれないが)。

梅田望夫さんのプログ

 最近、たまたま、 梅田望夫さんのプログを覘いたら、趣味が、将棋鑑賞とあって、とても嬉しくなった。私は、個人的に、生きる希望をどうやってもっていいかわからないようなことがあって、とても落込んだ時期があったが、梅田望夫さんの著書や、その他の記事を読んで、救われたような気がした。少なくとも、現世が、もう少し生きているに値するところだと思えるようになった。
 梅田望夫さんの将棋のカテゴリの書き込みをみると、金子金五郎の観戦記を賞賛する内容が書いてあった。なんとレトロな、と思わず苦笑してしまった。いや、nagativeな意味で言っているのではない。よくぞ、金子金五郎に言及してくれた、ということである。
 Webやその他のことで、私は、梅田望夫さんを尊敬し、勝手に師匠だと思っているところがある。
 でも、将棋評論となると、私も少しうるさい(単に、声が大きく、うざいだけ)。それで、梅田望夫さんのブログに対して、少なくとも、将棋のところは、何か有意義なコメントができそうな気がするが、私はとてもシャイで(嘘ばっかり?)、将棋のことですら、いまのところ何かコメントする勇気がない。冗談ではなく、羽生三冠が道を通りがかっているとき、たまたまそばにいて、声をかけようか、かけまいか迷っているうちに、結局羽生さんは、遠くにいってしまう、そんな感じである。

ポール・ヴァレリーのカイエ

 私は、哀しいほどに浅いのだけれども、いろいろな分野の書物を眺めてきた。しかし、そんななかでも、美術論、音楽論などの芸術論にはどうしても引いてしまう(文学論なら、まだましかも)。それで、ポール・ヴァレリーの「レオナルド・ダビンチの方法」という岩波文庫の本ももっているのだけれども、たった3ページ読んだだけで、放置している。
 ということで、ポール・ヴァレリーを論じるに私ほど相応しくない人もいないのだけれども、どうしても気になっているのが、「カイエ」である。それは、ある別の本によると、ヴァレリーが毎朝5時に起きて、公表を意図しないで、思いつくまま、綴り、2万ページ以上にもなったものだという。是非眺めてみたいが、なかなか気軽にアクセスできる本ではない。
 私が気になる、という意味は、プログ的な意味で、そこに、ヴァレリーの本音が埋っているのではないか、ということである。せっせと本音を書き出しているうちに、ユンクの言う原意識の鉱脈に行き当たり、個人の思いを超えたなにかがそこに析出しているのではないかと期待する。
 私がこうして駄文を書き続けているのも、いつか、そういう鉱脈に行き当たる日を期待している次第である。

2007年4月 3日

過去における、ある未来予測

 先日、実家に帰って古い本を探っていたら、「10年後」という本があった。いわゆる、未来予測ものである。邦光史郎とグループST 光文社カッパブックス。なんと、1983年刊だから、その10年後でも、1993年である。
 そこに、10年後に無くなっているものとして、次のものがあった。

*憲法9条 - これは、最近ようやく議論され始めている次第。まだまだ、続くと思う。
*昭和元号 - これは、ピンポン。でも、当然か。
*紅白歌合戦 - 視聴率は落ちているとはいえ、まだまだなくなりそうもない。
*8ミリカメラ - これは、知らない。最早、ないんだと思うけど。
*情報誌 - これは、まだ沢山ある。なくなりそうもない。
*モノクロテレビ - これは、然り。逆に、1983年頃は、まだあったんだ、という感じ。
*鯨肉 - 細々だけど、なくなっている、とはいえないと思う。
*電話帳 - これは、まだ結構あると思う。
*水虫 - これは、まだまだ、というか、永遠にありそう。
*湯たんぽ - これは、一部でまだ使われているような気がする。
*汲み取り式便所 - まだ、ある。少なくともうちの田舎では、そう。
*そろばん - 本来の計算機能としては使われていないかもしれないが、子供の頭の鍛錬用に塾がある。私は、柔道や空手のように、そろばん道として、廃れないと思う。
*東京大学の権威 - これも、微動だにしない。教育ママの憧れであり続けるかぎり、不滅だと思う。
*終身雇用制 - ボディーブローを受けて大分弱ってきたが、まだ、死滅していないと思う。最近、また、見直されてきたかも。
*性道徳 - 1983年頃に較べて、特に今が、性的に頽廃しているとは思わない。
*武器輸出三原則 - 憲法9条とも関連する。なかなか、なくならない、と思う。ちなみに、私はなくした方がよい、という意見ではない。
*窓際族 - これは、いつの時代でもいると思う。
*医師優遇税制 - まだ、続きそう。
*ノーパン喫茶 - これは、流石にもうないのでは、知らないけど。
*電柱 - もしかして、電線が地中を這うようになる、という意味か。しかし、電柱は、全くなくなる気配はない。

 以上のように、当たり率は、とても低い。特に、制度に係わるもの、生理的なこと、人間の習慣に関するものは、とても保守的のようである。

タッピング・タッチ

 テレビを見ていたら、被災などで心に傷を負った人の心を鎮めるために、タッピング・タッチというのが、有効だと放送していた。実に簡単で、左右の肩を、交互に軽く手で叩くだけだそうだ。「交互に」というのが、ミソで、これにより、左右の脳に交互に刺激があたえられて、とてもリラックスさせる効果があるのだという。三重大学の臨床心理学の教授が発見したそうである。
 左右の脳に働きかける、というと、ヘミシンクという技法がある。これは、ヘッドホンで、左右の脳に微妙に波長の異なる音を聞かせることにより、体外離脱が経験できる、というもので、興味があれば、モンロー研究所のホームページを訪れて戴きたい。タッピング・タッチはいいけど、ここまでは、ついてこれない、という人がいても、意外ではない。

墓参り

 先週末、実家に帰ったのは、娘が急に田舎に墓参りに行きたい、と言い出したからである。どうして急に行きたがるのか、さっぱり分からなかった。ただ、私は何か抗し難いものを感じて、娘と行動を伴にした。俗な言い方をすれば、先祖の霊が娘を呼んだのであろう。そういえば、会社の知人も、突然、甥が、墓参りに行きたいと尋ねてきたことがある、という。その訳は、その甥が車を運転していて、あやうく事故になりそうになったが、もう亡くなっているお祖父さんの導きで、事故をあやうく逃れたのだという。それで、お祖父さん、すなわち、その知人の父親の墓に行って、お礼がしたいのだという。
 さて、どうして墓なのであろうか。千の風になって、の歌の歌詞にあるように、死者は実は死んでいないし、墓にいる訳ではない。それなら、もぬけの殻の墓を訪ねてどうする、ということになる。
 考えてみるに、それは、慣習的宗教の力である。われわれ日本人は、節目で、墓を訪れて、亡き人にいろいろと報告する習慣がある。それは、仏教というよりもむしろ儒教なのかもしれないが、ともかく、われわれの慣習である。で、もぬけの殻の墓を訪ねても意味がないのだろうか。私は、そうは思わない。スピリチュアル的に言えば、誠心誠意、墓を訪ねたら、亡き人の霊は、きっとそこにあらわれてくれるだろう。
 もとより、霊に場所は関係ない。だから、自室の一角でじっと祈ることが習慣なら、そこにも霊は来てくれる。ただ、人間心理としては、聖と俗を分け、自宅の部屋は、俗に保ちたいのが人情だろう。すると、やはり、自宅とは懸隔した聖なる場所としての墓が必要になってくる。
 出不精の私としては、日常の一部を切り取って、電車な中でも、会社の一隅でも、聖なる気持ちで祈り、墓参りすることは最小限にしたい。日常の喧騒が、それよりも、日常的な仕事の俗気がなかなか、それを許してくれそうもないが。

2007年4月 4日

美人と秀才

 御存知の方は、あまりいないと思うが、「美人と秀才は、稠密に存在する。」という武田の定理というのがある。ここで、稠密に存在する、とは、例えば、実数の中に含まれている有理数のようなものをイメージして戴きたい。意味は、こういうことである。あるグループ、組織、都市などの単位で、その中に、必ず美人と言われる人がいて、また、必ず秀才と言われる人もいる、ということである。なんと当たり前のこと、と思われるかもしれない。また、美人の定義はないか、秀才の定義はないか、と問われるかもしれない。定義は、要するに、なんとなく皆がそう認めている、というだけのことである。
 ここまでだと、何も意味がある命題を述べていない。実は、上記の定理には重要な系があって、それは、「稠密な存在分布は、ほとんどあらゆるところで、ほぼ均一である。」というものである。このままでは大変分かりにくい。例を挙げよう。例えば、人口2000人の寒村で、美人と呼ばれている人がいるとする。その人は内心、「こんな寒村で美人であったとしても、東京に行けば、私なんかごく普通なんだわ。」と思うかもしれない(かなりの確率で、思わないかもしれない)。しかし、分布のドメインを日本大に広げたとしても、やはり美人と呼ばれる確率は、そんなに下がらない、というのがこの定理の保証するところである。別の例を挙げよう。私は、東大に入学したことがないので、これは推察にすぎないが、東大の中にあっても、あいつは凄いと、一目置かれている人は、結構な確率で、ある狭い地方で秀才と呼ばれ、不安な気持ちで東大に入ってみたら、首都圏出身の学生は意外に大したことなくて、やはり、秀才と周りから認めれている人が多いのではないだろうか。
 このあたりで、君は何が言いたいのか、と聞かれそうである。それで、私は、いや別に、とこの稿を終えることにする。

信仰について

 私がいろいろ相談に乗って戴いている師匠のような人に、運命鑑定師兼神主という人がいる。そのような肩書きは、本質的でないのかもしれないが、その人と話す話題の一つに、信仰のことがある。
 私がその方と初めて会ったとき、何か信仰をもっていますか、と聞かれた。私は、それに対して、ええと、キリスト教や仏教とかいうのではありませんが、何か永遠の存在のようなものは、信じています、と答えたら、そうですか、ととりあえず頷いてもらえた。
 要するに、師匠の言う信仰とは、次のようなものらしい。


  1. 入り口は、どんな宗教でもよい。仏教、キリスト教、神道、あるいは特定の宗教に関連しなくてもよい。何か永遠のものをあがめること。
  2. 寛容さと思いやりがなくてはいけない。この点で、ヒズボラを攻撃するユダヤ教徒、自爆テロを仕掛けるイスラム教徒、イラクに侵攻するキリスト教徒は、信仰の名に値するのか。
  3. 死生観に関与しなくてはならない。

 これは、信仰のとても粗い素描のようなものだけれども、既存の宗教が、どうしてあのように非寛容になったのか、殺生に無神経なのか、どうして煩瑣な教義に拘るのか、どうして多くの宗派が生じてしまうか、折に触れて考えている次第である。

大学全入時代

 眺めていると、大学入試が必ずしも易化しているようには見えないが、しかし、現実問題として、大学に行くことを希望する人の数よりも、大学の定数の方が多い、という意味で、大学全入時代なのだという。
 このようなとき、大学の使命は、明らかに、大学生であることが、なんらかの意味でエリートであった時代とは変わってくる。そこで、新しい大学像について、考えてみた。
 先ず、一番必要なのは、前にも述べたメタ学習能力。大学は、実学を身につける場でなくてはならない、という意見もあるが、実学は、ある意味、いつからでも、どこからでも必要に応じて学べる。本の読み方、調べ方、纏め方など、メタ学習能力を学ぶことが重要であろう。してみると、専攻というのは、メタ学習能力を鍛える材料以上の意味をもたない。
 次に必要なのは、哲学というか信仰。ソクラテスの無知の知のようなもの。講学的であっては、寧ろいけない。ただ、国立大学で可能だろうか。ヘーゲルやカントのような哲学書に拠ると、多くの学生はついてこれない。ともかく、みんなで議論して、自分の意見を出し合う。自分の頭で考える訓練をする。そうした中で、哲学書、宗教書を読みたくなったら、読めばよい。
 次に必要なことは、何かを楽しむこと。例えば、スキーでも麻雀でも、映画でもよい。但し節度を保って、である。楽しむことを知らないと、人生、息切れしてしまう。
 次は、というと、とりあえず、ない。大学全入時代にあっては、ここまでをベースとし、これ以上は、オプションである。そうしないと、多くの人が落伍してしまう。強いていうなら、学ぶべきは、プライドと忍耐であろうか。というのは、大学全入時代にあっては、大学を卒業して、ラーメン屋になる者も出てこよう。ガソリンスタンドで働く人もいよう。それでもいいし、立派な稼業であると、自負するプライドがほしい。そこに哲学と信仰が必要であろう。しかし、哲学といっても、難しい哲学書を読むのでない。重ねていうが、自分の頭で考えること。例えば、「女性は産む機械」と失言して非難された大臣がいたが、そういうのを手放しで一緒になつて非難するのではなく、立ち止まって別の観点でみること - 別に、その大臣の発言が問題ないと言っているのではない、あしからず。
 それでも、知的能力に自負をもつ一群の人々がいるだろう。そういう人は、好みに応じて、野心に応じて、また、忍耐力に応じて、努力して、知力を鍛えればよい。求めよ、さすれば、与えられるであろう。数学、物理、医学、法律、材料には事欠かない。知力を駆使して、知的好奇心と、名誉欲と、金銭欲を満たせばよい。
 ただ、ベースとしての、信仰・哲学は忘れないでほしい。あと、ソクラテスの無知の知。一事に徹すれば万事に通じる、は幻想である。一事に徹しても一事にさえ通じないことが多い。一事から万事を見通すパノラマの怪しさを何度強調してもしすぎることはない。また、地位と責任故のノーブレスオブリージュ。
 また、大学全入時代であろうとなかろうと、不逞の輩は、少なからずいる。要は、大学に期待しすぎないことである。
 

2007年4月 5日

大牟田の自宅死体放置事件

 新聞によると、大牟田のある家で、布団に寝かされたままの状態で、5死体が放置されているのが見つかった、という。ある死体は白骨で、別の死体はミイラであった、という。テレビの報道によると、気温が高いときに放置された死体は、白骨になり、気温が低いときに亡くなった死体は、ミイラになる、という。

調べによると、そこの亡くなった人の老婆は、生きているときに、死体を布団に寝かせて祈ると、いつか生き返ると話しており、その家族がそれを信じた、という。
 いかにも荒唐無稽な話であるが、意外にも、こういう話は、結構よく聞く。確か数年前にも、ある新興宗教の教祖が、死体を放置して、生き返るから、とそばで祈り続けていた話があった。
 私は、これは、1つの人間意識の原イメージに基づいているのではないかと思う。というのは、エジプトのミイラの話とつながっているからである。すなわち、古代エジプトでは、よく知られているように、ミイラにすることで、死者が甦ると信じられていた。
 別の例では、イエス・キリストの再臨がある。磔にされたキリストは、伝説では、甦って、再び地上にあらわれたことになっている。
 しかし、今まで、そうして死んだ肉体が本当に甦ったという例は、ないはずである。新聞記事で、新興宗教とスピリチュアリズムを混同し、スピリチュアリズムが、死体の甦りのようなことまで肯定しているかのように書かれたものもある。しかし、シルバーバーチは、イエス・キリストの再臨さえ否定している。
 死んで朽ちてしまった肉体が、甦ることはない。これは、法則であって、自然科学もスピリチュアリズムも関係ない。いかなるレベルの存在であっても、法則や因果律は変更できない。それが、スピリチュアリズムも解く鉄則であって、1つの例外もない。もしスピリチュアリズムが胡散臭がられるとしたら、それは、科学が及ばない範囲のことに対して、命題を提出するからであって、科学の確立した結論に矛盾したことは述べていないはずである。
 話が戻って、重ねて言うが、祈ることで死体が甦る、というのは、分かりやすい迷妄であるが、このような迷妄を我々はまだ、沢山抱えていることだろう。そして、4000年前のエジプトの迷妄が、いまだに突然現代に甦るのであるから、人類が真に理知的になる途は、果てしない、というべきである。

2007年4月 6日

朝日オープン

 羽生対阿久津の朝日オープンの第1局が、昨日あり、順当に羽生が勝った。昔、加藤が中原から名人位を獲った戦形を彷彿させる矢倉の出だしで、私のようなアマ的には、先に金銀を剥がされた先手の羽生の方が苦しそうだったが、流石に、25桂跳ねから、後手の阿久津王を一気に仕留めた。
 事前の週刊将棋のコメントで、渡辺竜王や佐藤二冠が、それほど差がない、とコメントしているのに、阿久津の盟友の橋本崇載が、「普通に考えて厳しい勝負に」とコメントしているのが面白かった。橋本崇載は、将棋はそれなりに強いし、突然金髪にしたり、なかなかユニークな逸材である。
 私も橋本のコメントに賛成で、阿久津は確かに強いし筋もいい。しかし、羽生にとって意外性がない。なかなか羽生が負けにくいと思う。渡辺や森内だと、意外な捻りや受け粘りの手があって、羽生も容易ではない。橋本も予測するように、3-0で羽生であろう。
 ところで、来期から、名人戦は、朝日・毎日の共同開催で、朝日オープンも新装開店だそうだ。一体どんな棋戦になるのか知らないが、少なくともわくわくさせるものはないように思われる。

2007年4月 7日

遊びについて

 前にも書いたが、トラという猫を飼っている。飼い始めた当初は、珍しいので、よく遊んであげたが、最近は申し訳ないが、あまり相手をしなくなった。それでも、たまに遊んであげようという態度をみせると、トラの目が急に輝く。そうして、後ずさりして、匍匐体制になり、さあ遊ぶぞ、と構える。こういうときの活き活きした態度は、餌をもらうときの態度に全く劣らない。このことから、ああ、動物にとって、遊びは本質的なんだ、と改めて感じる。
 遊びに関して、ホイジンガの「ホモ・ルーデンス」という著作がある。これによれば、ホイジンガは、遊びを生の本来の形式ではない過剰なものと規定している。しかし、私の粗い観察によれば、法律も科学も技術も資本主義も宗教もすべて遊びである。このように遊びを汎化してしまうと、遊びの本来の意味を失ってしまうのではないか、という指摘があったすれば、それは、限りなく適切である。
 ただ、私の汎遊び論にいささかの意味があるとすれば、それは、人類は、より面白く遊べる方向に、文化を形作っていく、という命題を提示することにある。よい例がなかなか思い浮かばないが、例えば、コンピュータのデータ形式で、XMLという形式がある。これを勉強していくうちに感じたのは、こういうものはコンピュータにとって処理しやすい形式ではない、また、人間にとってもそんなに理解しやすいものではない、ようするに合理性の観点からは、いまいちではないか、ということである。では、なぜ人間がXMLを推進するかというと、そうやって形式を組み立てていくことの煩瑣な面白さが、どこかしら、人間の楽しみを求める感性の琴線に触れるのであろう。なお、取り急ぎ補足しておくが、ここで人間というのは、全体ではない。ある一部のXMLに興味をもつ人々のことである。
 別の例として、法律がある。筆者は、法律について、XMLなどのコンピュータに関することよりも知識は少ない。よって誤解している可能性がより高いが、その危惧はさておいて述べると、多数の条文を作成し、その間の整合性を考慮し、具体的案件に条文を適用して、解釈を行う、ということもなかなか煩瑣な作業であるが、これもまた、ある種の人間の楽しみの琴線に触れるのだろう。
 こうして、文化は、ある一部の人々がより飽きが来ず楽しめるように、発展していく。また例を挙げると、核兵器の開発とその配備の戦略ゲームは、これはもう堪えられないほど人類にとって楽しい遊びであろう。俗な言い方をすれば、ドーパミンがドバッと出る、ということになる。そうやって楽しく遊んでいると、ちょっとちょっと、そんなに核兵器を開発していると、一発触発で人類が滅びることになりませんか、と危惧する人々が出てくる。すると、楽しんで遊んでいる人達は、「何をっ、俺達の遊びを邪魔するのか。」となる。丁度、楽しく高速でバイクを走らせている暴走族に、警察が注意するようなものである。こうして、一応、フィードバックはかかるが、公共の福祉なんて考慮せず、要するに楽しく飽きないで遊びたいんだ、という気持ちは、萎えることはない。
 他にも、マネーゲームとか、科学の理論構築とか、会社における出世とか、もう挙げれば際限がないので、少し別の命題に移ると、私の仮説は、いかなる生命も、植物も、ウィルスであっても、その大部分の活動は、非個体維持の「遊び」に向けられていて、その遊び率というか、非生命維持活動率は、あまり変わらないのではないか、というものである。ウィルスが、というのは、誰も同意してくれないだろうが、ウィルスのDNAというかRNAのほんの一部しか、自己コピーに関与していないのではないか。
 こうして、私の非生産的な思索は、続く。

進化について

 さて、再度、飼い猫のトラをひきあいに出す。私は沢山の猫を知らないので、トラが猫として優秀なのか凡庸なのか、分からないが、トイレの粗相はないし、留守番させてもちんと待っているし、ということで、飼い主バカで、まあ、普通とおもっておく。
 そこでふと思う。どんな知性体が眺めたとしても、トラよりは私の方が、知能が高いというか、進化した存在だとみなすだろうと。そうでないのでは、という意見は封殺して、一応、そうだ、という前提で話を進める。そこで、問いかけであるが、トラの知能に対する私の進歩の差分を、私に加えたような知能の存在は、一体どのようなものだろうか。
 ここでも、次のような反論を覚悟しなくてはいけない。おいおい、そもそも、知能レペルがそのように量化できるのかと、と。尤もであるが、それも封殺して、次に進む。そこで、次のような困難に遭遇する。すなわち、進化した存在から、進化が遅れた存在はある程度眺め見ることができるが、逆は、想像もつかない、ということである。
 その困難も措いて、先に進む。以前、そのような思索を重ねていたとき、次のようなことを考えた。すなわち、そのように進化した存在は、私が及びもつかない概念操作を行うのだろう、と。例えば、私は、手許に、「層・圏・トポス」という集合論を拡張したような数学の本があるが、読んでもさっぱり理解できない。こういう物凄い抽象概念を、数学だけでなく、日常に駆使して生きているのだろうか、と。
 ところが、前稿で、遊びについて書いていたときふと思ったのは、進化した存在は、遊びの面白さではなく、利他性を重んじるのではないか、ということである。このような発想は、明らかにスピリチュアリズムの影響を受けていてる。
 その路線でいくと、進化した存在は、利他性を重視し、ある程度の霊能力があり、自らを、神の道具とみなす、ということになる。では、計算能力は?記憶力は?抽象概念の操作能力は?また、よく宇宙人のモデルにあるように、運動しないため、手足が細く、蒼白いのか、と疑問は尽きない。
 で、また別の疑問。もし、そのように進化した存在が、高い利他性をもつなら、現在の多くの人は、例えばギリシャ時代の人々によりも高い利他性をもつのか。より残虐性が下がっているのか。また、霊能力は、寧ろ下がっているようだが、と疑問は尽きない。
 結局、私の思考は隘路に落ち込んで、どうしようもないのであった。そもそも、トラに私の煩瑣な悩みが理解できるはずはないのである。

トラックバック

 ブログを書き始めて、もう1ヶ月になるが、未だにトラックバックの意味をきちんと理解していないことに気づいた。昔、免許をとって運転し始めたときに、赤い三角のボタンの、ええっと、停車ランプというんだっけ、あの操作方法が分からなくて、ガソリンスタンドで聞いたことがある。初心者って、恥ずかしい。

井山裕太

 囲碁の井山裕太七段が、わずか17歳10ヶ月で棋聖戦リーグ入りした。最年少記録である、という。見かけは線が細く、おとなしそうなのは、将棋の羽生の10代のときに似ている。
 逆の偏見かもしれないが、囲碁は、将棋と比べて局面が広いので、一流の域に達するのが、将棋よりも時間がかかるのかと思っていた。井山七段をみていると、そうでもないのかもしれないし、あるいは井山七段の才能が図抜けている、ということだろう。
 このような側面とは、逆に、将棋の内藤九段が、次のようなことを言っていた。すなわち、囲碁は、50歳から覚えても、アマ5段までいけるが、将棋は、50歳から覚えても、アマ初段くらいしかいけないだろう、と。実際、定年後に囲碁を始めて、アマ4段という話は結構聞くが、将棋ではそういう話はあまり聞かない。粗い喩えでは、将棋=数学的、囲碁=文学的 ということかもしれない。いま、せいぜい囲碁がアマ1級くらいの私としては、もう少し囲碁も勉強してみたい。地道に詰碁を解くとか、定石を眺めるとか、それくらいしか思いつかないが。というのは、将棋だったら、もし10代の俊英があらわれたら、棋譜をみれば、私でもなんとなくその凄さの片鱗くらいは感じることができる。しかし、囲碁は、井山裕太の凄さを、記事報道的にしか知ることができない。もうちょっと、感じられるレベルにはなりたいと思う。
 

女流棋士独立問題

 なぜか適時に触れなかったが、少し前、将棋の女流棋士が新しい法人を作って独立する、という「事件」があった。一時は、全ての女流がそちらに移るのかと思ったら、結局、下記のようなメンバーだそうである。これ以外に若干のメンバーがいるのだろう。

女流棋士新法人設立準備委員会
委員長 中井 広恵
     蛸島 彰子
    藤森奈津子
    石橋 幸緒

 矢内理絵子女流名人も、そちらに加わろうかと思っていたらしいが、切り崩されたのか、委員を辞任することになったらしい。

 では、女流棋士新法人を設立する理由は、何なのだろうか。
 もともとは、母体の将棋連盟が、女流棋士を抱えることを負担とし、独立を促した、という経緯だったと思う。一方、女流棋士側も、将棋連盟からの俸給が低すぎる、地位が低すぎる、という不満があり、これを渡りに船と思った女流棋士もいたのだろう。
 しかし、独立する、ということは、新聞社などとの契約を独自に行う、ということである。将棋連盟自体が、人気の凋落に苦しんでいるのに、女流棋士の新団体が引く手あまた、ということはとても考えにくい。例えば、私のよう平均的なアマチュア将棋ファンは、女流棋士の将棋を、あまり鑑賞に値するものと考えていない。私のような考えの人は、少なくないのではないか。誤解のなきように言うと、私は最早、女流棋士の数人のトップに勝てない。しかし、見るところ、私の指す手を、質的に大いに凌駕している訳でない。よって、手間をかけて鑑賞に値するとは思えないのである。
 ただ、将棋連盟としても、女流棋士を手放すと、文字通り華を失うことを懼れたのであろう。日本棋院では、棋力は一段落ちても、女流棋士は、普及に貢献している。囲碁の女流棋士は、梅沢由香里、今NHKの司会をしている中島美絵子など、容姿的に、魅力ある人が少なくない。将棋では、対抗できそうなのは坂東香菜子くらいで、棋力的にも匹敵せずスター性に乏しい。
 このような現実を仕方なく考慮して、多くの女流棋士は、将棋連盟に留まり、しかし、一部の女流棋士は、乗りかかった船で、成算もなく?出ていこうとしているのだろう。でも、そういう独立女流棋士の団体ができたとして、新団体のメンバーの既存の女流棋戦への参加は、どうなるのだろう。将棋連盟から村八分にならないのだろうか。
 実は、女流ではないが、昔、坂口充彦などが将棋連盟から独立したことがあった。しかし、結局うまくいかず、ひっそりと将棋連盟に戻った。この例からいくと、独立を唱える新団体の女流棋士も結局、将棋連盟に戻るだろう。目覚しい脚光を浴びていることもないので、やっかまれることもなく、何事もなかったかのように処遇され、それとは別問題であるが、時代が経ても将棋連盟は存続するであろう、少しずつ没落しながら。

地球温暖化説

 私の友人で、趣味で気象予報士の資格をもっている人がいる。その友人は、そのもてる気象の知識も駆使して、反地球温暖化の論陣を張っている。彼は、物理学者の槌田敦のウェブ上の論文も紹介してくれた。私は、大学で物理を専攻したとはいえ、気象の知識がほとんどないので、十分には理解できなかったが、少なくとも、地球における大気中の二酸化炭素の濃度と、気温の経年のグラフにおいて、気温の上昇が、常に二酸化炭素の濃度の増加に先立っており、大気中の二酸化炭素の濃度の増加が、気温の上昇に繋がっている、という説は、因果関係が逆である、という説は、分かりやすくて、賛意を感じた。最近、下記のウェブページを見出したが、そこでも、槌田氏は、上記因果関係の説明が、CO地球温暖化説を解く、主流の学者からきちんと説明されていない、という。
http://env01.cool.ne.jp/index02.htm
 科学的な見地より寧ろ、政治的な見地からも、地球温暖化が虚妄であることを、田中宇氏が、下記のとおり、説く。実際、環境問題は、超弦理論や量子色力学などとちがって、政治的バイアスが強くて、客観的な判断が難しい。研究費の確保が難しい今の時代にあって、どこの団体から研究費が出ているかを調べるのもよいかもしれない。
http://tanakanews.com/070220warming.htm
http://tanakanews.com/070227warming.htm
 友人の影響もあって、また、つい少数意見に傾き勝ちな私の性癖のせいもあるかもしれないが、私には、CO地球温暖化説には、無理があるとしか思えない。今日の毎日新聞の一面にも、「地球温暖化 水不足さらに数億人 IPCC報告書 3度超上昇で」という記事があった。その2面には、中印「プラス面」強調、とあった。実際、冷静に考えてみて、温暖化ではなく、寒冷化した方が怖いのではないだろうか。少なくとも農作物が育ちにくくなり、飢えの問題が深刻になる。ともかく、私としては、CO地球温暖化説が沈静して、「冷える」のを待ちたいと思う。

2007年4月 8日

職団戦

 1年ぶりに、将棋の職団戦に出場した。去年の9月は、事情があって欠席したからである。
 普段全然指していないので駄目かと思ったら、一回戦のNTTデータ戦で、早稲田OBで、元学生名人の外山氏に勝つことができた。矢倉になって、定跡に自信がないので、右王にして待っていたら、無理攻めしてくれて、駒が沢山手に入った。終盤は少し怪しかったが、なんとか勝ちきった。今の私の棋力だと、金星と言っていいだろう。そういえば、職団戦で挙げた金星といえば、遠藤正樹氏に勝ったこと、後輩の高田君に勝ったことくらいである。本当に、何年に一回しかない。
 二回戦は、強豪の日立製作所と当たり、加藤さんとかいう、大将と当たった。ここでも二匹目のドジョウを狙って、右王にした。右王を連採した理由は、以前、日和見振飛車みたいな戦形で、右王をやられて、手詰まりになり、時間切れになりそうになったので、無理攻めして、完敗したことがあったからである。
 この二局目は、右王になれていないせいで、単純に角銀総交換されて、いきなり、とても作戦負けになった。しかし、相手の緩手で持ち直し、自陣に銀を埋め、敢えて持ち駒の角を打って桂馬を取りに行く構想がよく、少しよくなったかと思った。しかし、終盤の構想が悪く、どうやっても一手負けになってしまった。それでチームも負けて、春の職団戦は、終わった。こんなもん、というか上出来であろう。
 ところで、職団戦S級のリコーのメンバーを見たら、細川大市郎、山田洋次、武田俊平、馬上勇人、桑山尚司となっていた。おお、最早、谷川さんも、野山さんも、瀬良さんも、牧野さんも出ないのか、と驚いた。なんという時代の流れだろう。そういえば、最有力ライバルのNECのメンバーは、林隆弘、清水上 徹、加藤幸男、加藤順、長岡俊勝と、相当匹敵するメンバーである。ますます、われわれのような弱小アマチュアの入り込む余地はない。

新宿ジュンク堂

 綾瀬の東京体育館に、将棋の大会に参加したついでに、最大のフロアーを誇るという、新宿 ジュンク堂という書店に行ってみた。新宿三越の6階、7階、8階のフロアーを全て占める。行ってみて感心したのは、いい意味で、本が沢山ひしめいている、という印象を与えない、ということである。というのは、ちょうど図書館のような棚の配列で、棚と棚の間の間隔は広く、座って本を読むスペースもある。随分スペースを贅沢に使っているといえる。では、広さの割に本が少ないかというと、そんなことはなく、例えば、将棋の本、というかなりマイナーのジャンルに絞ってみても、高い書架の4つの全部を占めている。例えば、新宿ジュンク堂目と鼻の先にある、紀伊国屋のような大きい本屋でも、将棋の本は、この四分の一である。紀伊国屋にとってかなり脅威であるに違いない。また、紀伊国屋は、入っているビルが狭いせいか、エスカレータはなく、エレベータも狭くて使いにくい。対抗戦術が注目されるが、私としては、もう紀伊国屋に行く必然性を感じない。尤も、なかなか新宿に出向くことはないのだが。

お勧めの数学出版社

 本日、ジュンク堂に行って、新しい発見があった。それは、横浜図書という、数学書の出版社を発見したことである、横浜図書が、凄い出版社かどうか、短時間で見極めるのは難しい。ただ、これだけは一見で分かった。それは、とても妥当な値段で、専門的な数学書を出版している、ということである。例を挙げよう。「バナッハ空間と、ラドン・二コディム性」という、とても専門的な内容を、なるべく分かりやすく書いている本があって、そのボリュームは、なんと507ページもある。これは、例えば、理工学関係の良書が多いことで知られるシュプリンガー・フェアラークあたりでも、どう考えても5000円は、下らない。しかし、これが、たった、2950円である。その他にも、丁寧に書かれた、初心者向けの良書を、いくつかみつけた。是非、なじみになろうと思う。
http://www.ybook.co.jp/
 別の観点でいくと、マセマ出版社を紹介したい。ここは、もともと、受験数学の参考書がメインの会社であったが、大学教養レベルの参考書も最近出している。ここの本の特徴は、解説がとても丁寧ということである。すなわち、数学書を読んだことがある人は、ある定理の証明が自明と書かれていて、どうしてそうなのか、どうしても分からない、という経験があると思う。マセマ出版社の本は、そこに配慮している。すなわち、難しい概念を、あまり飛躍しないように丁寧に説明し、また、基本的な事項は、再掲を厭わない。昔から数学書に苦労してきた私は、こういう本が欲しかった、と今更思う。実は、ここのキーパーソンの一人、高杉さんは、私とも、個人的に親しい。それで、提灯広告かと思われたら仕方ないけど、でも、マセマ出版社の本は、数学セミナーなどの書評をみても、確実に人気ランキング上位にある。是非、受験生を抱える父兄にもお勧めしたい。
http://www.mathema.jp/

将棋の新手

 現在将棋の戦法で、1つの大きいジャンルをなしているものに、藤井システムがある。藤井システムの比較的新しいバージョンに、四間飛車から、三間飛車に廻って、45歩と捌いていく重要な変化がある。ところが、これに対してさらに、46歩から45歩と仕掛けていく変化があり、これに対しては、振飛車側は結局四間飛車に振り戻すのだけどでも、この手を考え付いたのは、佐藤義則七段と、室岡七段、という、会社でいえば窓際族のような人であるのが興味深い。
 創造するのは周縁、という、文化人類学の定理にも沿っていると思う。

2007年4月 9日

チャールズ・シモーニー

 新聞によると、元マイクロソフトの社員で、WORDやEXCELを書いたことで知られるチャールズ・シモーニーが、今度、ロシアのスペースシャトルで、宇宙旅行をする、という。値段は、30億円ということだが、彼の資産は、1000億円超なので、私がちょっとハイエンドのノートパソコンを買う程度の出費である。
 チャールズ・シモーニーは、現在58歳、ハンガリー出身で、高校のとき既に、自分でコンパイラを書いたという。栴檀は双葉よりも芳し。マイクロソフトのソースコードは、見たことないけど、szFileNameというように、その変数のタイプを変数名の前につける、ハンガリー記法というのを使っているらしいが、これもシモーニーの創案らしい。
 そういえば、WindowsNTの開発のため、ビル・ゲーツに雇われた、デビッド・カトラーは、このハンガリー記法が嫌いで、独自の書き方をしていた、というが、今のマイクロソフトの文化が、どれほどチャールズ・シモーニーの遺産を継承しているか、どれほどデビッド・カトラーの影響を受けているか、興味深いものがある。
 最初に戻って、どうしてロシアのスペースシャトルなのか、と思う。NASAは、そういうのは請け負わない、ということか。昔、日本の秋山さんという人が初めての民間日本人宇宙飛行士として、宇宙旅行したのも、ロシアのスペースシャトルだった。あのときは、たしか、2000万ドルの料金だった。誰が負担したのかも、気になる。

2007年4月10日

提灯記事?

 私は、毎日新聞を購読しているが、数日前に、その一面に、NECが、ウェブ検索で画期的な技術を開発した、とあった。読んでみると、同意語辞書をもち、入力されたキーワードの同意語も、その辞書で探して、一緒に検索するのだという。これのどこが「画期的」なのだろう、と訝った。
 一方、今日の毎日新聞の2面に、NECが植物原料で、高い導電率のプラスチックを開発した、とあった。トウモロコシを原料としたポリ乳酸樹脂に長さ数ミリ、直径0.01ミリの炭素繊維を特殊な結合剤で織り込むのだという。これも、電機業界紙ではなく、こういう一般紙の2面にわざわざ報道するような内容だろうか。
 そこで、私は、次のような可能性を考えた。これは、実は、隠れ広告なのではないか、と。実際、毎日新聞は、読売や朝日に較べて、部数で圧倒的に負けており、資金繰りも苦しいはずである。そこで、NECから、何ほどかのお金をもらって、その企業寄りの記事を書くことがあっても意外ではないのではないか。また、そうすることが、どんな法律に触れるだろうか。また、新聞社の報道倫理に悖るのだろうか。私は、通常の新聞記事のレベルからして、もし隠れ提灯記事だったとしても、明確な証拠はなく、表立って問題にすることはできないと思う。もともと、マスコミはそんな清廉潔白な原理で動いているのでない。

2007年4月11日

ウェブ人間論

梅田望夫と、作家の平野啓一郎の対談形式である。以前、未来予測に関して書いたように、世の中は、とても変わりにくい部分がある。一方で、WEB2.0に代表されるように、ネット世界では、とても動きが速い。数学で、ブラウアーの不動点定理というのがあり、ある写像変換で、動かない点が存在する、というものだけれども、とすると、世の中をディスクの回転とすると、とても速く動いている周縁と、あまり動かない中心部があることになる。すると、ネット世界を堪能している梅田さんは、周縁にあり、ネット世界の動きに同意いつつも疑問を呈している平野さんは、どちらかというとあまり変わらない中心部にいるのだろうか。
 この本の要旨は、梅田さんの前著、「ウェブ進化論」に対して、若干の最近のトピックを拾う以外、それほど新規な点を含む訳ではない。ただ、平野さんの健全な疑問(例えば、本の著作権に対する取り扱い)は、私のように保守的な人間にはとてもしっくりくる。一方で、梅田さんの楽観主義も、落込んだ気持ちを、ウェブの世界で随分慰めてもらっている自分にはよく分かる。
 ただ、1つ気になったのは、梅田さんが、「はてな」という会社で、スターウォーズのDVDを全部見て、その知識を仕入れるように言われた、という件。また別途触れるが、私は若い頃、渡部昇一の「人間らしさの構造」という本を読んで、「いきがいをもった人間は、enculturateされることを嫌う。」という一文にとても感銘を受け、私の人生をほどんど規定していると言ってもよい。そのような感性からは、スターウォーズの世界を強制されることはとてつもない苦痛で、そういう「はてな」は、一体どういう会社なんだろう、と改めて、新興宗教でもみるような感慨を抱いた次第である。
 

小林昭七先生

 原則として、会社での出来事は書かないのだが、このことは、業務とは関係ないので、書いてもよいと思う。本日、私が勤めている会社に、小林昭七先生が講演でいらっしゃった。カリフォルニア大学バークレー大学院の現役教授で、微分幾何学の泰斗である。数学書は、日本語より寧ろ英語の方が多い。
 で、一時間の予定の講演だったが、今日の演題は、専門の微分幾何学ではなく、数の話だった。整数、分数、有理数、無理数、複素数から始まって、三次方程式の代数的解法、連分数、素数の無限性、双子素数、完全数、ゼータ関数、と数論よりの話であった。それなりに興味深かったが、やはり微分幾何の話を聞きたかったようなきもする。ただ、私は、自分がもっている数学書の著者に、生で会ったことはいままでない。それで、まるで、若い女性が、キムタクに会うような感激を味わったのであった。
 あと、曽野綾子さんが、何かの機会に、「二次方程式なんて、なんの役にも立たない。」と言っていたのを引用して、あれは、昔、曽野綾子さんのご主人の三浦朱門さんが、「自分は、二次方程式も解けないような女と結婚しない。」と言っていたので、その恨みであろう、と言っていたのが、面白かった。実際、二次方程式も解けないような数学レベルでは、新幹線も車も設計できない訳で、役立たないなんて、妄言もいいところなのだけれども、数学者としては、やはり嬉しくないのだろう、「自分は、役に立つではなくて、美しさのため、数学をやっている。」と強調されていた。やはり、数学者は、プラトニストなのだ、と改めて感じた。
 あと、嬉しかったのが、会社は最近、余裕がなくなってきて、本当に実務的なことしかしないのだが、こういう風に仕事と全く関係のないことを、仕事中に講演で聴けることである。会社もまだ余裕があるのだ、と少し感じる。そういえば、前回、この種の話を社内で講演で聞いたのは、東大教授の佐藤勝彦さんの、宇宙創生のインフレーション理論の話で、なんと10年以上も前だった。あの頃は・・と思うが、まあこれで擱く。

Amazon.comのカスタマ・レビュー

 さっきたまたま、知り合いに会ったら、本やCDを、Amazon.comでよく買って、また、カスタマ・レビューも、よく入れるのだという。そして、自分のレビューの場所を教えるから、もしよかったら、そのレビューを読んで、「役に立つ」のボタンをクリックしてほしい、という。えっ、それで、自分のレビューに、、「役に立つ」と言ってもらえたら、ポイントが溜まって、本が割引されたりするの、と聞いたら、そんなことはないという。ただ、レビュワーとして、ランクが上がるのだそうだ。今は、1000位なのだそうである。まあ、ちょっとした名誉ポイントか。
 実際、私は、Amazon.comでよく本を買う。カスタマ・レビューも、よく参考にする。しかし、ついぞ、自分でレビューを書こうなんて思ってもみなかったし、レビューを評価する気もなかった。私のWEB2.0の理解が、まだ体に沁みこんでいない証拠である。
 それにしても、WEB2.0におけるAmazon.comは、偉大である。以前使っていた三省堂のWebサイトは、段々使わなくなった。平凡だからである。WEB2.0では、競争が激化する。勝ち組は、一層勝つ。で、それがハッピーなのか、それはよく分からないが。

名人戦第1局

 名人戦第1局、森内名人対郷田九段は、いきなり波乱があった。それは、第1日目に、郷田の扇子を鳴らす音がうるさいと、森内が郷田にクレームをつけたのである。その協議のため、10分間の中断があった。
 今までも、対局に際して、棋士どおしで言い争いになったことがないではない。例えば、木村名人が、升田に、煙草の煙を吹きかけたとか、大内が、加藤一二三の無神経さに腹を立てたとか、大山が、山田道美が、盤上に屈みこんでいるのをみて、「暗くしなさんな」と怒ったり、ある棋士は、暑いから窓を開けろ、一方の棋士は、寒いから閉めろ、などである。
 しかし、多くの場合、怒った側が歩が悪い。冷静を失うからであろう。この勝負も、怒った森内がまずいかと思っていたら、さきほどホームページを見たら、119手で、やはり郷田が勝ったそうである、
 ただ、郷田の場合、今期のA級で汚点があった。それは、対久保戦での、「時間切れ」疑惑で、一時間中断があったからである。このように、滅多にない中断で、どちらも郷田がからんでいるとなると、郷田に何か非があるのではないか、と人情としては、つい考えてしまう。
 もし、これを郷田が、無意識のうちにやっているとしてたら、本質的に無神経なのかもしれない。では、このまま、無意識を続けていると、郷田は勝てるか、というとそれは別問題である。
 そもそも、相手を怒らせるのが小さい怒りなら、相手の棋力は一時的に低下する。しかし、そうではなくて、大きく深い怒りなら、思考は冴え渡り、棋力は逆に向上する。
 このように、怒りのエネルギーは、かき集めると、とても大きい。さて、名人戦は、第2局以降どうなるか、私は、森内が持ち直す、とみる。そして、最後は、4-3で森内であろうか、どうも予測がつけにくくなった。

2007年4月12日

三省堂のブックサイト

 昨日、Amazon.comに関連して、三省堂のブックサイト(正確には、オンライン書店ビーケーワン)には、コメント機能がない、と書いたが、正しくなく、実際見てみると、コメント機能+ブログへのトラックバック機能がついていて、ブログへのトラックバック機能は、Amazon.comにはないので、この点では、進歩といえる。
 ただ、WEB2.0では、というか、なんでもそうなのかもしれないが、一旦先行を許すと、少しくらい優れていても駄目で、何か画期的なことをしないと追い越せない。キリストのいう、「後のものが先になる」ようにするには、大変なのだ。

アメリカの再起物語

 アルクの2007/5号によると、アメリカ人は、再起の物語が好き、とある。よく知らないが、オジー・オズボーン、ハルク。ホーガンなど、落ち目の人たちが、再起を試みるのを取材する番組もあるそうである。脈絡が変かもしれないが、NASAの研究者だった人が、仕事がなくなってタクシーの運転手をしている、という話も聞いたことがある。また、スタンフォードを出て、一流のソフトウェア・エンジニアだったのに、安い労働力のインドに、ソフトウェア開発の仕事を取られ、ポストを失って、今では、細々と数学の家庭教師をしている、という話もあった。あれ、再起じゃなくて、落ち目の話ばかりではないか。
 ただ、アメリカン・ドリームで、なんかできそうなのが、アメリカ。今日テレビで見た、レッドソックスの松阪の、活き活きとした顔が、印象的であった。いつからでも大学に行くのが、アメリカ。通信教育でも弁護士を目指せるのもアメリカ。
 一転して、日本はどうか。いまだに、かなりな程度、出身大学で人生が決まると思われている。韓国はもっとひどい。ES細胞の研究論文がインチキだったことが分かり、罷免された元ソウル大学の教授は、今、何をしているのか。
 あれ、アメリカを賞賛して、アジアの閉塞を批判して終わろうと思っていたら、何度も行ったアメリカ出張で、東洋人なのと、英語がよく分からないので、差別され無視されて辛かったことが思い出されてきた。その後に行った、韓国や中国で、潜在的な反日感情はあるものの、少なくとも、疎外感、被差別感は、感じなかった。
 どうも、「アメリカの再起物語」は、無理があるようだ。ああ、そういえば、スティーブ・ジョブズが奇跡的にアップルに帰り咲いた話があった。彼は別格だ。
 

初めてのアメリカ出張

 テレビ番組で、「初めてのおつかい」というのがある。3歳くらいの子供が、お母さんから用事をいいつれらけて、道路を渡って、買い物に行く、というストーリーである。でも、あの番組は、テレビのスタッフが要所・要所に立って、見張っている。
 一方、私の初めてのアメリカ出張は、確か、今から13年前のこと。今だって英会話は自信がないが、そのころは、まあ、片言で買い物するのがせいぜいのレベル。添乗員付きのツアーで、やっとなんとかなる程度である。ところが、上司は、非情にも、一人でアメリカに行ってこいという。一週間の予定である。誰か東洋人がいますか、と聞いたら、いない、という。場所は、と聞いたら、サウスベリー。ええっ、ニューヨークじゃないの? 場所は、コネチカットだという。地図でみると、ケネディ空港から車で2時間もかかるようだ。私は、アメリカで運転したことはない。どうやって行くのか、それも不明。いろいろ考えていたら、腰痛になった。どうも、心因性のものらしい。医者に行ってレントゲンをとったら、なんでもない。当然である。それで、ついに出張の日が来た。重いスーツケースを引いて、成田空港に向かった。あれっ、俺って、もしかしてエリートサラリーマン? 変な錯覚に陥った。飛行機は、JAL。結構美人のキャビンアテンダントがいる。飲み物は飲み放題。どんどんビールを頼んだ。酔うと、ハイになった。映画も始まった。おお、アメノカに行くんだから、洋画を字幕でみて、リスニングの練習をしなければ。それで寝ないで、映画をみた。ニューヨークは遠い。うんざりしてきた。でも寝れない。
 で、やっと、ケネディ空港に着いた。4月なので、まだ少し寒い。税関は無事通過したが、そもそもリムジン・カウンタで、英語が通じない。I would like to go to Southbury.でも、受付の黒人の女性は、完全に無視している。このまま引き下がれないので、懇願したら、やっと通じた。指差す方に、運転手がいたのでついていった。リムジンというので、でかいバスかと思っていたら、ぼろいバンだった。若い男性のアメリカ人とおぼしき人が二人。ああ、自分は火星に来たのかと思った。
 ところがバンは、目的のホテルには着かない。なにか、バスセンターのようなところに着いた。そこから、電話してホテルに迎えにきてもらわなくてはいけない、でも、アメリカで電話したことはない。必死で、I am a Japanese traveler. Please pick me up. I'm at the community center.とたどたどしい英語でしゃべった。やっとホテルのバンがくる。ああ、ここでもバンなのか、ところが、運転手がインド系で、これまた英語が分からない。とこかくホテルに着いた。あ、チップを渡さなかった。ま、いいか。チェックインして部屋に入る。テレビを見る。英語が分からない。無性に孤独。暗くなっても全く寝れない。時差。
 いろいろ考えているうちに朝になった。ミーティングに行かなくては。すると、私をみて、知らない外人(当たり前)が、話しかけてくる。どうも同じ会社の同僚らしい。それで、ホテルのバンで、会社の会議室に向かう。途中でいろいろ話しかけられるが、10分の1しか理解できない。生返事。
 会議では、座長が私に話しかけてくる。We will speak slowly for you. でも全然嘘。それから。猛烈に眠い。なんでもいいから寝たい。で、コーヒーを飲む。全然効かない。死にそうな思いで一日をやり過ごすと、一目散でホテルの部屋に。部屋から出ない。食事は、自動販売機のポテトチップス。惨め。悲しくて、泣けてきた。でも、時差で寝れない。鬼のような孤独。自宅に電話。日本語、嬉しい。
 でも、三日目くらいから、少しなれてきた。折角アメリカに来たのだから、子供の使いじゃないんだから、と、発言してみた。すると、みんな、生まれた子供が始めて話はじめみたいに、驚く。通じない。親切な人がいて、きっとこう言っているに違いないと解説してくれる。ああ、渡る世間に鬼はない。
 こうして、夜もなんとか、みんなのディナーに加わることができた。困ったことは、金髪の美女に参ってしまったこと。疲れで気持ちがおかしくなったみたい。瞬間恋愛。でも、どうすれば、いいの。
 こうして、ついに最後の日が来た。ああ、解放。土産を買う。でも、コネチカットの片田舎に、大したものはない、みやげ物屋さんの英語は分かりやすい、観光客相手になれているんだろう。
 帰りの飛行機は楽しい。金髪もいいけど、やっぱり、日本人の女性。
 初めてのアメリカ出張は、疲れた。なにも成果はなかったが、少しだけ英語が平気になった。うまくなった訳ではない。それで必死で英会話を勉強するようになった。たどたどしくてもいいので、言いたいことが言えたり、人前で英語で発表できるようになるまでに、5年がかかった。スビードラーニングなどと宣伝されているのは、きっと嘘だろう、特別な才能の人を除いては。

2007年4月13日

日中関係

 最近、中国から、温首相が来日し、安部首相との間で、「互恵関係」が宣言された。アジアの近隣で、中国と反目していては、いろいろとやりにくいので、よいことだと思う。つい先日、「従軍慰安婦」問題が蒸し返され、韓国よりも寧ろ、米国が日本を非難していたのは、寧ろ、意外だったが、すると、これは、やはり、田中宇氏が説くように、見かけ上、日米関係を弱め、相対的に日中関係を強化し、もって、世界を多極化しようとする戦略の一環なのだろうか。
 ところで、昔から素朴に感じるには、アジア近隣国からの「歴史理解」である。太平洋戦争、日中戦争、などをざっとみても、日本が中国、韓国に正当性なく攻め入ったことは確かであろう(正当性の意味は、難しいが)。そこで、残虐行為があったことも確かである。すると、あったことがなかったことにはならない訳だから、「歴史理解」は、永遠の申し立てである。その申し立てによって、中国・韓国は、その都度、賠償金などを日本から引き出してきた。その際、日本は深い反省をするのだが、深い反省が、過去の事実を帳消しにすることはないので、その場しのぎである。
 しかし、あまり「歴史理解」を濫用すると、日本の右派を刺激し、却って不穏な雰囲気が高まる。こうして、今回のような和解と、歴史理解の持ち出しは、今後も繰り返される。しかし、ヘーゲルではないが、その繰り返しは、単なる円環でなく、螺旋である。繰り返しながら、少しずつ別の局面に移っていくのが、歴史的必然である。
 今は収まっているが、また、靖国神社に参る政府高官があらわれるだろう。それに対して、きめられたシナリオのように、中・韓が反発するであろう。そうしてまた、和解があるだろ。私には、それが、歴史の螺旋を廻す発動機の磁極の極性の変化にすぎない、としか思えない。
 一方で、中国は、そのみかけの繁栄にもかかわらず、また、多数の豊富な人材にも拘わらず、インフラの整備が決定的に遅れている。ロシアのように共産主義の外套を脱ぐ日も、まだ見えない。アジアにおける日本の意義は重大であるが、外交に費やされるエネルギーと優先順位が、まだまだ低いような気がする。

2007年4月14日

動物虐待

 昨日の新聞だったか、厚木に住む30歳の男性が、飼っているフェレットを、虐待して死に至らしめただけでなく、その様子をビデオに撮り、2チャンネルにアップロードしていて、動物愛護法違反で逮捕されたそうである。本人は、「気分がむしゃくしゃしているので、ストレス解消にやった。動物に心があるとは思わない。」と、動物機械論を唱えた、デカルトのようなことを言う。では、その男は、とても異常なのかというと、そうでもない、と私は思う。もちろん、私は動物を虐待しないと思う。しかし、子供の頃、昆虫や蛙などの小動物に随分ひどいことをした。また、むしゃくしゃすれば、周囲の人に当たることもある。
 で、結局、弱いものに当たってしまう本能があるのが、人間なのである。いじめ、然り。戦争、然り。本能によって、際限なく弱いものに当たってしまうので、これを抑えるために、動物愛護法があり、刑法があり、平和条約がある。しかし、いじめや争いはなくならない。
 どうすればよいのか。法律でさらに縛ることが、うまくいくとは思えない。結局、意識を高いところで保つしかないと思う。動物も人間も、同じ生き物であるとみなす、仏教は、1つの慰めとなろう。しかし、結局、毎日、心を洗うよりない。洗い続けても、進歩はなかなかない。しかし、洗わないと、心は直ぐに汚れて、真っ黒になってしまう。

依田ノート

 手許に、「依田ノート」という囲碁の本がある。講談社刊で、依田紀基九段が書いたものである。
 同じシリーズで、将棋の島九段が、「島ノート」という本を出していたので、買って読んだところ、力戦振飛車の戦いが、いろいろ書いてあって、面白かった。それで、と思って、「依田ノート」も買って眺めてみたのだが、これがどうも、しっくりこない。すなわち、普通のことを普通に淡々と書いてあるだけなのである。例えば、「最大の手を打つ」、「厚みに近づかない」、「将来の可能性を大切にする」、「利き筋を決めない」が重要な基本だというのだが、これは、他の囲碁の本に、普通に書かれていることである。
 ところが、「依田ノート」の序文には、次のようにある。
「名人位三連覇ができるまでになった私の前半生のすべてが凝縮されているといっても過言ではありません。」「アマチュア向けの棋書としては、プロ棋士が全人生をかけた打碁集などを除いて、これほど時間をかけた本は今後、出ないだろうと思います。」
 私の囲碁の棋力と感性では、どうしても、そこまでま意気込みが感じられない。私が理解する人生の定理の1つに、ある分野の知識が低いと、細部の重要性が見えず、とても重要なことがとても平凡に感じられる。」というものがある。それで、おそらく私が感じていることもそのせいだと思って、時間をかけて読んでみたいと思う。

知のインベントリ

 ブログを書き始めて1ヶ月以上になるが、本当に数えるほどしかコメントを戴けていない。それも、友人からの義理だったりする。それが寂しくないといえば嘘になるが、ここで改めて、ブログを書く意味を考え直してみよう。すると、それは、何よりも、自分を見つめ直して心の平安を得ることであり、また、自分はどんなことに興味があるか、何は理解しているが、何については無知か、という知のインベントリをすることである。
 知のインベントリというと、つい、ペダンチックな俗な楽しみに堕してしまう傾向になるが、当初は、それでよいと思うことにする。ただ、とりあえず書き下すことで、ある立脚点を得ることができ、次にはそこから出発できる訳だから、もし1年後も飽きずにブログを書いていて、今と同じようなことをただ、飽きもせず書いているとしたら、結構悲しい。
 また、ある程度時間を経て書き溜めないと意味がないが、過去の自分の書いたものを読んで、心情の差分を楽しむことができる。きっと、過去の自分が、最早ある程度他人であることに気づくであろう。もっと穿って言うと、過去の自分は、スピリチュアルで言うところの、類魂の別のアスペクトである、とさえ言えるかもしれない。
 また、ブログは、自己紹介のツールとしてとても優れいている、と今書こうとした。理由は、何十、何百ものブログを書き並べていくと、自分をごまかせないからである。しかし、それは、作家の随筆集にもいえることで、例えば、サマセット・モームの「作家の手帳」を読んだとして、とてもサマセット・モームのことがよく理解できたかと問うと、YESでありNOであろう。ブログもまあ、その程度ということになる。

アマ名人の詰将棋

 先週、新宿のジュンク堂に行った時、結局買わなかったのだが、関 則可の「アマ名人の詰将棋」という本があり、その序文を読むと、面白かった。すなわち、関 則可は、アマチュア将棋界では、大阪の沖 元二などとともに、一世を画した伝説のアマ棋士の一人なのだけれども、多くのアマ強豪がそうであるように、関も、詰将棋は、棋力維持のため解く対象ではあれ、創る対象ではなかった。私も、少しだけ詰将棋を創るが、それは、アマチュア全体からみてかなり例外的なことのようだ。
 ところが、関は、60歳にして、果然と詰将棋創作に挑む。それは、ある若手アマチュアとの対戦で、信じられないようなポカをしたので、頭のリハビリを感じたのだという。頭のリハビリ=詰将棋創作というのは、論理的必然性の理解にかなり苦しむが、彼は、創り始める前に、有名な詰将棋作家の堀内和雄にこう問う。「堀内さん、短編の詰将棋なんて、もうあらかた創り尽くされちゃって、ニアミスだらけだよね。」。それに対して、堀内は、「そんなことありませんよ、まだまだいくらでもありますよ。」
 それで、関は、勇気百倍となる。また、創作の方法論であるが、関は、ある程度創作してから、堀内に、「僕なんか、適当に駒を並べて、さあ詰ませるぞ、とやってみるんだけど、それでいいの?」
 堀内は、もう少しソフィストケートされた方法論をもっているんだろうけど、説明するのが面倒なのか、「ええ、僕もそんなもんですよ。」と答える。こうして、関は半年で400題以上も創作し、どうしようもないものを捨てて、取捨選択し、200題をまとめたのが、表題の本である。見てみると、確かに、実戦形でなかなかいい。私は、ああ、関さん、詰将棋の才能があったんだ、と感じた。きっと羽生は、時間があったっても、このレベルものは創れないと思う。このことをもってして、才能の特異的選択性を改めて思い知るべきである。Aに才能があることは、A’'に才能があることを保障しないのである。世間は、このことに、何ほど誤解していることであろう。このことから、ペーパーテストで能力を序列化することの危うさが自然に導かれるが、それはまた、稿を新たにして論じることにする。

寝癖

 多分、多くの人は否定しないと思うのだが、朝起きたときの髪の寝癖というのは、寝る前の精神状態にとても依存する。例えば、ひどい二日酔いの場合、髪が立って、寝癖がひどかったりする。
 実は、今朝、朝起きたら、私はそれはもう、ひどい寝癖だった。嵐と言っていい。ドライヤでも水をつけても、なかなか直らない。そういえば、昨日寝るときは、心が千々に乱れていたっけ、そうであるような、ないような。
 寝癖が生じる理由であるが、考えられるものとしては、寝ている間の寝返りがある。心が乱れているときは、きっと、寝返りも激しいのであろう。でも、私は、それ以外に、頭皮から出ている「気」のようなものを感じることがある。精神的に安定していないと、頭皮から気が乱れ出て、頭髪を波打たせる。なんと非科学的な考え方であろうか。
 ただ、寝癖があるとき、妙に精神の躍動を感じることがある。将棋の羽生が、寝癖がトレードマークであったことがあった。そのときの羽生は、今よりも将棋が未完成だったかもしれない。しかし、ぶっちぎる面白さがあって、空前絶後かもしれない七冠奪取を果たした。今の羽生は、結婚して、歳をとって、将棋に落ち着きが出た。寝癖はもう見かけない。より完成されたのかもしれないが、もう次々にタイトルを奪取することはないのかもしれない。

πの計算

 昔からコンピュータを勉強してきた主要な目的は、πの計算や微分方程式の数値計算を行うためで、今時々書いているGUIのプログラムは、初志ではない。本日、たまたま、「πの計算 アルキメデスから現代まで」共立出版、竹之内 脩、伊藤 隆著を買って、眺めたので、すこし書いてみる。私が、πの計算に使ってきたのは、下記のマーチンの公式で、そのC++のソースをここに示す。このプログラムは、πの10000桁くらいだと、今の仕様のパソコンで、10秒くらいで計算する。しかし、根本的な困難があって、16000桁以上では、正しくない。この基本的困難を克服できないで、今、これ以上の桁数に進むことに挫折している。
 一方、上記のπの本では、下記のサラミン、ブレントの公式が現代的なので、πの計算で有名な東大の金田研は、2002年12月6日に、1兆2411桁を計算するのに、これを使ったのかと思っていたら、意外にも、マーチンの公式と同類の、ATAN公式のうち、高野喜久雄の公式を用いているのだという。すると、私が上記πの計算のプログラムを改善するには、多倍長計算の本質的な部分をきちんと実装しなくてはいけない、ということになる。ともかく、πの計算は、私のコンピュータ・リテラシの原点なので、勉強しなおして、また、挑戦するつもりである。


前世記憶?

 私は、いわゆる前世記憶というものもあるのだろう、と曖昧に信じているが、しかし、それは覗いしれないのだろうとも思っている。だから、前世記憶のようなことを感じても、甚だ根拠がない。
 それでも、記憶の断片を辿って、書き留めてみる。
 私は、3歳で小児結核に罹り、6歳まで、国立の療養施設に隔離入院していた。そのころ、結核は結構死亡率の高い病気で、他の病室で、血を吐いて苦しんでいる女性を見かけたことがある。子供ながらにとても怖かった。私自身も結構重い結核だったらしいが、子供なので、そんなことは知らず、あっけらかんとしていた。それはともかく、その頃、子供だけの小児病棟にいたのだが、私は、小児病棟の子供に、自分は昔、女だったのだ、という意味のことを話したのをはっきり憶えている。どこかの農家に嫁いだ主婦だったようだ。
 それとは全く別に、前世?として自分がある施設にいる、という場面がある。そこは、電気もなく結構暗い。建物があって、向こうに湖がある。そして、草叢があって、コウロギだか虫が、鳴いている。それは、私にとって、至福の静寂で、いつまでも、そこにいたい気持ちである。もしかしたら、私が現生に生まれてくる前の、霊界の1シーンなのかもしれない、と思ったことがある。霊界には、そういうstaticな場所があり、そこにじっとしていると、それなりに幸福なのだが、でも、いつまでも留まってはいられず、上の世界を目指すか、あるいは、さらに修行のため、現生に生まれてくるかの選択を迫られるところなのかもしれない。
 それとはさらに別に、これは、夢なのだが、銃で撃たれたり、爆弾を落とされたりする場面がある。自分は第2次大戦で、兵士だったのか、あるいは、どこかの都会で、空襲をうけて死んだのか。兵士だったのかも、と思われるのは、軍事的なことに、とても親近感を覚えるからである。例えば、座間神社というところに言ったら、ある陸軍中将が署名した、軍馬の労を弔う碑がある。この前を通ったとき、思わず、敬礼し、手を合わせて祈った。涙が流れて仕方がなかった。
 というように、ときどき、いろいろな思いが去来する。心理学でも精神医学でも、その説明をつけることはできようが、ともかく、そういうよく分からない記憶がある、ということを述べるに留める。

ダイエット

 生きていると、どうしてもいろいろ嫌なことがあって、ストレスが溜まってくる。すると、酒量と、それにあわせて食べる肴の量が増え、生活が不規則になって体重が増えることになる。身長が、178cmなので、ベスト体重は、72kgくらいだと思うが、ここ20年くらいで、そういう体重だった記憶がなく、常にそれより重い。で、体重なんてあまり気にしないのだけれども、それでも80kgを超えると、ズボンがきつくなって、苦しい。心なしか、目も霞むような気がする。
 それで、去年の6月頃、たまたま新聞で見かけた、ヨーグルトダイエットというのを試してみた。とても簡単で、例えば、土日、野菜ジュースとヨーグルトしか摂らない。ヨーグルトはもちろん、プレーンである。
 その方法で、土日で、うまくいくと、2kg痩せる。ウイークデーは、仕事があるので、ヨーグルトダイエットは無理である。それで、軽めに食事して、次の土日にまた、ヨーグルトダイエットをする。この方法で、なんとか、76kgまで落ちた。
 しかし、いつのまにかうやむやになってしまって、楽しく飲食する日々が戻る。この、「うやむや」になる仕組みを解明したいと思うのだけれども、それさえもうやむやになって、結局どうでもよくなるのであった。でも、またダイエットしなくては。

2007年4月15日

宇宙論 - 二人の佐藤

 手許に、ブルーバックスの「相対論的宇宙論」という本がある。佐藤 文隆、松田 卓也著。私は、大学で物理を専攻(というよりも、ほとんど、単に籍を置いていただけ、というのに等しい)していたが、そのとき、一般相対論という難しい方程式があるのを知った。物理の講義で、ある、物性理論で有名な教授が、相対論と言っても、特殊相対論は、あらゆる場面で出てきて重要であるが、一般相対論は、あまりに特殊で、なかなか解けないし、まともな研究の対象になりにくい、というようなことを言っていた。
 そうしていたら、ある京大の教授が、一般相対論の新しい解を見つけた、と一般紙にも報じられるくらいに話題にになった。1975年くらいのことだろうか。その解を見つけたのが、富松という人と佐藤という人である、と分かった。その後、私が通っていた一地方大学に、その佐藤、すなわち、佐藤 文隆さんが、講演にいらして、一般相対論の話をした。それを、私は、大層感激してきいた記憶がある。
 私がその後、ひやかしのような自習で、一般相対論を勉強してみたところによると、一般相対論には、シュバルツシルドによるブラックホール解と、カーによる回転解がある(例えば、内山 龍雄著、「一般相対性理論」裳華房 1979.10.25参照)。実は、これ以外に厳密解はほとんどなく、よほど珍しいというか、大変なことだったらしい(改めて、富松・佐藤解が何なのか、調べたけど、カーによる回転解の拡張または一般化かもしれない、くらいしか分からない)。ただ、最早、宇宙論にとって、富松・佐藤解は、過去の一トピックに過ぎない。というのは、宇宙論が、単なる一般相対論だけではどうしようもなくなって、場の量子論と一般相対論を組み合わせたものに移行してきたからである。このあたりの事情を知りたくて、ブルーバックスの「相対論的宇宙論」を手にしてみた。
 この本の内容については、いずれ触れるとして、以前からもっていた疑問を、この本でも確認してみた。それは、宇宙論、特に、そのビッグバン理論において、インフレーション理論というのは、確かに1つのトピックであったはずであり、また、インフレーション理論において、日本の佐藤 勝彦(現東大教授)が、中心的な役割を果たしたはずなのに、佐藤 勝彦の名前は全く言及されないし、インフレーション理論自体、アラン・グースの名前で、かろうじて言及されているに過ぎない。
 そこに私は、作為を感じる。すなわち、佐藤 文隆は、佐藤 勝彦と反目しているのではないかと。さらに調べてみると、佐藤 文隆と、佐藤 勝彦は、京都大学で、宇宙物理学の林忠四郎の弟子であり、すなわち、同門であって、将棋の大山と升田というか、スンニ派とシーア派というか、同門故の反目があるのではないか、と下種の勘ぐりをしてしまう。
 世間の分かりやすい誤解であるが、科学者は、客観的な業績を競うが故に、とてもクールにドライに割り切った人たちばかりで、聖人の淡い交わりをしているのでは、というものがある。しかし、現実は、そうでもないようである。すなわち、宇宙論1つをとってみても、ある観測事実をどう説明するかは多様な方法があり、もし、たまたまある同僚が人間的にウマがあわないとか、あるいは、まかりまちがって、互いがある一人の女性を好きになって、一方が振られるなどということもあろものなら、あいつの業績なんか、死んでも評価するものか、みたいなことにもなりかねない。
 実際、科学といえども、勝れて、あるいは、俗に、人間の一行為なのであり、マートンの科学社会学は、そのあたりの事情を研究する。マートンの弟子だったか、「ノーベル賞の社会学」という著書があり、ノーベル賞を下手にもらったばかりに身を持ち崩してしまう人も描かれていて、人間的な、あまりに人間的な、ということを改めて感じた次第であった。
 

ニュートン法

 ニュートン法で、平方根を求めることを考える。

y = f(x) = x * x - a;

 で、y = 0の場合のxの値がaの平方根である。
f'(x) = 2xなので、x = cでの接線の方程式は、y = f'(c)(x-c) + f(c)
y = 0とおくと、 0 = f'(c)(x-c) + f(c)
 よって、x = c - f(c)/f'(c)
 そこで、x ← c のように漸化式を計算していくと、xの値がaの平方根に収束する。

Perlで、簡単に書くと、下記のとおりである。極めて速く収束することが、見て取れる。検算として、組み込み関数の値も併置してみた。
 この例だと、平方根なので、とても簡単であるが、ニュートン法は、もっと一般的な関数f(x)=0の解を求めるために使えるので、とても便利である。
 ただ、一般的な関数f(x)だと、初期値をどこからはじめるのか、また、値の誤差を見積もるのが難しいことがある。

# これは、2の平方根をもとめる例
$a = 2;
$x = $a;

for ( $i = 0; $i <= 10; $i++ ) {
$x = $x - ( $x * $x - $a ) / ( 2 * $x );
printf "%3.16f\n",$x;

}

printf " -------- \n";
printf "%3.16f\n",sqrt($a);
# -------------------------------------

 結果は、下記のとおり
1.5000000000000000
1.4166666666666667
1.4142156862745099
1.4142135623746899
1.4142135623730951
1.4142135623730949
1.4142135623730951
1.4142135623730949
1.4142135623730951
1.4142135623730949
1.4142135623730951
--------
1.4142135623730951

NHK杯戦 - 囲碁

 今日、囲碁のNHK杯戦をみていたら、金秀俊七段対藤井秀哉六段であった。藤井秀哉六段は初出場だという。一方の金秀俊七段は、若手新鋭である。見ていると、金秀俊七段の終始優勢で、素人目であるが、手合い違いのように感じた。取れる石もとらず、余裕の運転であった。
 こうやって、予選を勝ち抜いてNHK杯に出れる藤井秀哉六段は、まだよい方なのだろう。
 すなわち、囲碁界には(将棋も全く同じであるが)、あまり勝てないで、精神的にくすぶる多くのプロがいる、ということになる。よって、この場合、どうやって自分で納得するか、である。会社だと、さまざまな部署があり仕事の内容も多様なので、能力を一数直線上で考える必然性はない。
 そう考えていたら、哲学者 中島義道の「ぐれる!」という本が目についた。この本は、要するに、だいたいにおいて、人間は、美人でもないし、美男子でもないし、秀才ではないし、何にも悪くなくても不運に見舞われるし、というときに、自分にどう折り合いをつけて生きていくか、という哲学というか方法論を解く、深遠な?書である。私はまだ、この深遠なる書物を読み解くに至っていない。でも、部分的にはもう「ぐれる」を実施している。あとは、宗教ではないが、ある程度利他的な面も取り入れて、「ぐれる」と「利他」のバランスで、うまく生きていければ、と思う。中島義道は、「利他」なんてインチキで下らないというかもしれない。でも、現実問題、それは、意外に賢明な生き方なのである。

2007年4月16日

才能について

 ふと思うのだが、人間の才能について、下記のような性質があるのではないだろうか。


  1. 才能の双対性。意味が分かりにくいが、要するに、偉大な才能があると、必ず、偉大な欠点が付随する、ということである。例えば、アインシュタインは、髭剃り用の石鹸と、体洗い用の石鹸を使い分けられなかったという。このことを以って、似たような才能の人を沢山集めることの危険性が示唆される。負の部分がうまく中和されないからである。
  2. 才能の選択特異性。Aが得意だからといって、A’が得意だと限らない、ということである。例えば、将棋が強い人は、囲碁も強いのでは、とよく言われるが、結構、そんなことはない。あるいは、意外な人に、意外な才能があったりする。「あの馬鹿が、本因坊に石二つ。」である。また、このような数学の教授の発言もある。ある有名大学の数学関係の大学院で、どうも、新入生のレベルが下がっているようだ、ということで、大学院の入試を難しくしよう、とごく常識的な発言があった。それに対して、ある有名教授は、「そんなことをしても無駄だ。単に試験に強い奴が増えるだけだ。」と言ったそうである。
  3. 才能の潜在性。見えている才能は、もっている才能のごく一部だけ、ということである。ときどき、万能の天才みたいな人がいる。それは凄いと思うが、私は、ある意味、潜在能力が、うまく顕在化されているだけだと思う。もちろん私は、才能の総量が、どの人間でも同じ、などと耳障りのいいことを言うつもりはない。そもそも、才能の総量が、計測可能と思うこと自体、ナンセンスである。

東大TLO

 今月号の発明誌に、東大TLOの紹介があったので、簡単に内容を要約してみる。TLOの役割は、大学の研究から出てくる発明を特許出願して権利化し、それを企業にライセンスすることにより、産業を活性化し、それとともに、何ほどかの収入を得て、新たな研究の資金とする、ということである。
 このため、東大TLOでは、グループマネジャの下に、8人のアソシエイトと呼ばれる人が雇われている。この人たちは、弁理士、元研究者、特許技術者だけかと思ったら、意外にも、文系の元営業職もいる、という。役割は、通常の企業の知的財産部における、リエゾンであろうか。
 TLOに発明提出書が届くと、TLOは、アソシエイトを選任し、担当アソシエイトは、2週間以内に、大学として発明の権利を継承するかどうか決定するのだという。この仕組みは、よく分からないが、継承しないとすると、発明者である大学の教授などが、個人名で独自に出願できる、ということなのだろうか。
 東大TLOの方針は、あえて、非専門家である者に、この判断を行わせるのだという。1つの理由は、個人の専門的技能に依存しすぎると、その人がいなくなると、廻らなくなるから、という。なんとなく、人材の定着の悪さを示唆する。
 ただ、個人の判断には限界があるので、Cミーティングと称して、アソシエイドどうしでミーティングして、議論するのだという。
 また、特徴的なのは、プレマーケティングと称して、発明の輪郭だけを以って、企業に打診するのだという。これは、特許出願前だから、ちょっとまずいというか、難しいのではないだろうか。あるいは、機密保持の契約を結ぶのだろうか。
 また、東大ブランドが通じるほど甘くない、と認識しているそうだが、当然である。発明ほど、歩留まりの悪いものはない。
 さらに、産業界に対して、自社開発主義の脱却を呼びかけているそうだが、ここらあたり、大学であるが故の特異な研究分野もあるような気がするが、企業の研究所の方が開発資金や人材で優っているような気もしないではない。私は、大学は、息が長く、また、海のものとも山のものともつかないような研究で、企業ができないようなニッチな(といって、小さい発明という意味ではない)発明を目指すのがよいと思う。

ベジタリアン

 数年前、仕事関係で日本に来た、二人のインドの人の面倒をみたことがある。インドでは、高いカーストの人は、基本的にベジタリアンだそうで、その二人(女性)も、ベジタリアンであった。
 で、付き合ってみると、それはもう、徹底的なベジタリアンなのである。例えば、マクドナルドに行っても、ポテトフライは食べない。豚の脂が使われているかもしれないから。和食でも、野菜だけが入った味噌汁も飲まない。鰹のダシが使われているから。卵は食べないし、牛の乳である牛乳も飲まない。
 では、何を食べるのかというと、レモンライスとかいって、スパイスで味付けして、レモンの汁を混ぜたご飯を食べる。このレモンライスも、なかなか日本では食べられないので、レトルトパックをインドから持ってくるのである。
 でも、折角日本に来たのだから、と日本料理店に案内した。ところが、注文するものがなかなかない。刺身はもちろん駄目だし、赤だしは、ダシの問題で駄目だし、ということで、店長に相談してみた。すると、店長は困って、そうですね、と野菜のテンプラを出してくれた。そうして、めんつゆ系のおつゆも無理なので、塩で食べたら、と言ってくれた。それで、インドの人においしいですか、と聞いたら、苦笑いしている。何が嫌なのですか、と優しく聞いたら、テンプラ油がどうしても、鼻につくのだという。私にはインド料理の香料の方がよっぽど鼻につくのだが、仕方がない。結局、食べるものはないよね、と我々は早々に日本料理店を出た。
 それで、インドの人たちは、早々に宿に帰ることになったが、流石にお腹が減るので、途中でパンを買うという。パン屋に案内したら、食パンを指差して、これには動物性のものは入っていないか、と聞く。店の人に聞いたら、多少卵が使われています、というので、仕方なく、純植物性のパンを聞いて選んだ。
 そういえば、インドの人たちは、アルコール類はおろか、コーヒーなどの刺激性の飲み物も飲まない。
 それで窮して、予め調べておいたインド料理屋に行った。小田急線の大和駅の大和グランドホテルの裏に、そのインド料理店はあって、インド人の男性が経営している。奥さんは日本人で、ヒンディー語、ベンガル語、英語、日本語がしゃべれるという、そこに行くと、二人のインド女性は、そこのマスターと、おそらくヒンディー語とおぼしき言語で話して、とても楽しそうだった。そこのマスターがべジタリアン料理として出すものを、二人のインド女性は、何の疑いもなく食べた。この安心感が、ネイティブ経営のインド料理店なのだろう。
 そして、そのインド料理店を後にして別れたら、どっと疲れた。単にアメリカ人、中国人などと付き合うよりも3倍疲れたと言ってよい。食べ物の習慣の違いほど決定的なものはない。あと、インド英語の聞き取りにくさにも閉口したが、この辺で擱く。

2007年4月17日

公理的運命論

 適切かどうかは、関係ないが、1つの運命論として、下記のようなものがあると思う。


  1. 運命は、無価値である。
    - 価値を付与し、解釈するのは、例えば人間である。それは、運命自体とは関係ない。

  2. 運命は、時間的・場所的に、非局所・等方的である。
    - 運命にとって、特別な時間・場所など、ない。

  3. 運命は、個々の配役の本来もっているポテンシャルだけを使って実現される。
    - 本来もっていないポテンシャルが、ある時点で特別に関与することはない。

  4. 運命は、非可逆である。
     - これは、他の命題と無矛盾かどうか、分からない。しかし、人間的には、そうとしか思えない。

 これは、もしかして、老子の説く、道(タオ)と似ているのかもしれないが、微妙に違うような気もする。

憑依について

 私には、8歳年下の弟がいて、地元の福山市で調理師をしている。その弟と、数年前、地元で会ったとき、次のような話をした。弟がいうには、「兄貴、知っているか、世の中の交通事故のほとんどは、霊の仕業らしいぞ。」そう言われて、普通の人なら、「何を馬鹿なことを言うのか。」と一笑に付すであろうが、私は、「ううん、そういうこともあるかも。」と真面目に考え込んだ。
 実際、憑依というのは、結構あるのではないか、と思う。
 例えば、あなたも私も、スピリチュアルでいうように、本来は霊であって、単に肉体を纏っているにすぎないとする。すると、死ぬということは単に肉体が朽ちるだけのことで、本来は霊であるあなた自身にあまり影響はない。寧ろ、肉体から解放されることで、活動の自由度は高まるだろう。このとき注意を要するのは、肉体から解放される、というそのことだけで、別に道徳性も意識も高まる訳ではないことである。もし、生前その人がギャンブルが好きなら、霊もそのままであろう。
 さて、とても煩悩の強い霊なら、地上的な楽しみに執着があるので、この世にとどまって、人間を観察するであろう。そうしているうちに、ある種の人間にとりつくことができることに気づく。丁度、通信を想定してみる。通信では、ハンドシェーキングというプロセスで、プロトコルが合うと通信することができる。霊も、そのように、プロトコルを共有する人にとりつくことができる。
 さて、考えてみてほしい。人間にとりついて、その意思に働きかけ、交通事故や泥棒、強姦などの犯罪を起こさせることができるとなると、高級でない霊にとって、それは、とても楽しいゲームであろう。霊は、そのおぞましいゲームにしばらく夢中になるであろう。それでも、少しでもまともな心があれば、そのように単に事故や犯罪をもたらすことに、次第に空しさを覚えるだろう。なぜなら、憑依したとしても、実際に肉体を纏う訳でないのだから、実感に乏しい。こうして、ある霊は、地上を離れることを考えるだろう。しかし、ある霊は、いつまでも、その低級なゲームに飽きないであろう。丁度、ギャンブルをやり続けても飽きない人がいるように。こうして、今日も、どこかで犯罪や交通事故がおきる。
 今日は実は、米国のバージニア工科大学で、韓国人留学生が、大学構内で銃を乱射して、32人を殺害する、という大変な事件があった。これなども、憑依を想定させる。きっと、失恋とか、授業についていけないとか、東洋人なので馬鹿にされたとか、いろいろな思いが重なって心が鬱屈し、霊にとりつかれる隙を生じたのであろう。
 では、霊にとりつかれないようにするには、どうすればよいのだろうか。完全にふせぐのは難しいと思う。せいぜい思いつくのは、自分の欲望や怒りを焚き付けないことである。生きている以上、欲望や怒りを感じない、ということは難しい。しかし、怒りを感じるとき、自分の怒りは正義に基づくものだから、もっと怒る権利がある、などと思っては、霊の思う壺である。昔、ディラックの量子力学という本を読んだとき、真空はないのだ、と書かれていた。すなわち、真空から、電子と陽電子に別れで、粒子が発生する。これと同じように、空中に霊は埋め込まれているのかもしれない。欲の皮が突っ張ると、霊が近づく。そして囁きかける。
 霊にもいろいろあって、学問的なもの、恋愛的なもの、ギャンブル好きなもの、等等、こうして、ある人は、霊から新しい発明のアイデアを得るであろう、またある人は、名曲のフレーズを示唆されるであろう、こうして、我々が普段考えていることのどれほどが本来の思考で、どのほどが霊からの示唆なのか、という当然の疑問が湧く。このことへの答えは全くない。
 そういえば、イエスキリストの主要な仕事は、憑依している霊を追い出すことだったようだ。すると、一生を通じて霊に支配される人が昔からいた、ということになる。ヒットラーなどはその典型ではないだろうか。それ故に、ヒットラーは、度重なる暗殺計画をすり抜けることができたのであろう。
 憑依などという、迷信と思われるようなことを持ち出しながら、結局は、常識的な話になってしまった。

2007年4月18日

ネット広告

 新聞によると、インターネット広告費が、2006年は、前年比29.3%増の3630億円で、2007年は、2006年の24.9%増しの、4534億円になる見通しだという。この額の多寡はにわかに判断しにくいが、媒体別では、雑誌を上回り、テレビ、新聞に次いで3位だそうだ。
 ただ、個人的には、ウェブの閲覧で出てくる広告は、あまり見ない。しかし、最近は、記事の内容に関連して出てくるものもあり、すると、多少は関心を喚起される。
 今後増えていくと、新聞は上回るが、テレビを上回ることはないと思う。それは、インターネットも新聞も、あまり広告費で支えられている訳ではないが、テレビは広告費の塊だからである。逆に、インターネット広告に広告を取られると、テレビにとって死活問題だろう。
 ともあれ、広告は、資本主義にWEB2.0が関与するよい例だと思う。

銃社会

 4月17日に、米国のバージニア工科大学で、32人が射殺され、15人以上が負傷した事件で、犯人は、韓国人留学生のチョ・スンフィ(23歳)と分かった。彼は、友人もほとんどなく、孤独だったという。また、計画的で誰かを探していたようだ、ともいう。個人的な思い込みによる恨みが、孤独な生活の中で、自己増殖したのかもしれない。
 大学での乱射事件というと、正確な年代は忘れたが、確か20年前くらいに、テキサス大学で、やはり学生が、塔に登って、そこから銃を乱射した、という事件があった。
 こういう事件があると決まって、銃の規制、という話になって、しかし、そこで全米ライフル協会会長のような人が現れて、銃の保有は憲法で保障された権利ということになって、結局うやむやになってしまう。憲法云々もさることながら、既得権益を減らす、ということが、特に個人の自由を尊重する米国社会にあって、極めて困難なのだろうと推察する。
 ところが、特にその青年期において、人間の妄想は、極大化する時期がある。すると、手許に銃があると、ちょっとしたきったけで、銃を乱射したくなる、ということも、どうしても起こってしまう。霊的には、性質のよくない霊と共感して、憑依を許してしまう。そうして、霊にとって憑依した人間の肉体なんてどうでもいい訳だから、結局、犯人の自殺で終わる。もし自殺でなくたまたま、警察によって生け捕りにされていたら、犯人ははっと我に返り、「えっ、一体自分は何をしていたのか。」と訝るかもしれない。あるいは、映画の銃撃シーンを見るように、他人事だったかもしれない。もしそうなら、霊の憑依を推定させる。科学的に決して証明できない訳なのだけれでも。
 問題は、大学というところは、その性質上、軍事設備のようにセキュリティを強化できない、ということである。また、忘れた頃、このような事件が起きるであろう。そうして、大統領は、深い哀悼の意を表し、結局、実質的なことは何もしないであろう。

長崎市長銃撃事件

 バージニア工科大学での銃乱射事件と同期するかのように、同日、長崎市長が、暴力団関係者に銃で撃たれ、結局亡くなる、という事件があった。こういうのも、シンクロニシティというのだろうか。
 しかし、事件の性質は大きくことなるように思われる。以前も、長崎市の本山市長(当時)が、「天皇にも戦争責任がある」と発言して、右翼に狙われたことがあった。ところが、今回の伊藤市長は、表向きの理由は少なくとも、公共事業絡みだという。また、推理小説だと、その人が亡くなったとき誰が得をするか考える、というのがある。すると、市長選挙の対立候補か、ということになるが、そんな露骨且つ手荒なことが日本で行われるとは考えにくい。
 とっぴな例であるが、オーム真理教で、幹部の村井が、やはり暴力団がらみの人に、刺殺されたことがあった。あれなど、口封じが見え見えだった。
  今回も、伊藤市長の存在が邪魔になった団体からの依頼のような気がする。少なくとも、暴力団は、個人的な恨みだけで、堅気の人を殺めることはない。ヤクザ映画を少しみて、その手の本を少し読んだだけの私の理解が表面的すぎるのだろうか。ともかく、現職の市長が暗殺されるということは、米国でもあまりない。今は事実関係がよく分からないので、もう少し様子をみることにする。

HowとWhy

 ユンク心理学入門 河合隼雄著 培風館 を読んでいたら、最初の方に、物理学者のヘルムホルツが「物理学はWhyの学問ではなくHowの学問である」と言った、とある。最初は、なるほど、ヘルムホルツ大先生のご意見だ、と思っていたが、本当に適切だろうか。考えてみる。
 まず、物理学は、風はなぜ吹くか、雨はなぜ降るか、という問いかけを止めて、風はどのように吹くか、雨はどのように降るか、とWhyをHowで置き換えるのだという。
 まず、私は、このような、whyからhowの置き換えは、物理学に特有ではなく、一般の「事」全般にあてはまると思う。例を挙げよう。
- なぜ、癌になるか:これは、免疫機能が低下するからだ、というのが1つの答えである。それは、裏に、免疫機能はどうやって癌をふせいでいるか、リンパ細胞が、癌細胞を食べているからだ、というhowで回答できる。
- なぜ、自民党は勝つか:豊富な人脈で、地盤を強化しているからだ、というhowで回答できる。
- なぜ、神は、そういう状況で人類を救わないか:そのようにして人類を試しているのだ。というhowで回答てぎる。ええっ、これがhowだと変? 
 ともかく、whyの裏には、必ずhowがある、と言ってよいだろう。
 では、howからwhyへの経路はあるだろうか。
- どうやって、共産主義国家を転覆させるか:なぜ共産主義国家を転覆させるか これは、howからwhyであるが、whyはhowと全く別の命題になってしまっている。
why → howは、ブレないが、how → whyは別物になってしまう、ということは、why ⊃ howといえないだろうか。
 神は、なぜ完璧なのか:神は、あらゆる属性を備えることによって完璧なのである。これは、whyからhow
 神は、どうやってあらゆる属性を備えるのか:神はなぜあらゆる属性をそなえるのか。やはり、whyは、howの外に出てしまう。
 ほぼ、結論が出たと言ってよいだろうか。

2007年4月19日

新たな銃撃事件

 昨日和歌山で、63歳の女性が、70歳の男性に銃で撃たれて亡くなる事件があった。男性はその後自殺した。なんでも、男は、女性の義理の兄で、土地の遺産を巡るトラブルがあったらしいが、怒りが募ったとはいえ、この法治国家日本で銃で撃つことによって物事が好転することはないし、ましてや、その後自殺しては意味がない。バージニア工科大学の事件、長崎市長襲撃、この事件、いずれも銃が関与しているが、単なる偶然だろうか。
 これには、次のような解釈が考えられる。
1.単なる偶然。1つの科学的解釈。
2.ユンクのいう原意識のつながり。
3.憑依霊の仕業。
4.ニュースを見ることによる気持ちの高まり。
 これ以上のコメントは差し控えるが、私には、なんらかのシンクロにシティがあるような気がしてならない。ただ、4のコメントは、世間にも受け入れられるであろう。
 ところで、唐突であるが、2005年11月に、イラク駐留の米軍海兵隊が、多数のイラク民間人を虐殺したことがあった。それにほとんど同期して、広島と奈良で、相次いで、幼児殺害事件があった。そのときも、シンクロニシティなのか、と頭を抱えた。そうして今に至っても、何ら思索は深まっていない。とりつくしまがないという感じである。

ムード

 最近、4月だというのに、とても寒い。昨日など、熊本の阿蘇では、この時期にしては記録的な雪が降ったそうである。
 しかし、テレビなどを見ていても、次のように言う人はいない。
「いやあ、地球温暖化と言われていますが、こういう風に4月だというのに、寒い日が続くこともあるのですね。気象というのは、よくわかりませんね。」
 逆に、冬の日に、テレビで次のように言う人はいる。
「いやあ、2月だというのに、コートのいらない暖かさですよ。桜の開花も早そうです。やっぱり、地球温暖化のせいなのでしょうか。」
 このことから分かるように、世間は、地球温暖化を確立された事実のように思い込もうとしていて、それに反対するようなことを表明しようものなら、よくて無視であり、悪くて、叩かれるであろう。
 社会学はよくしらないが、こういうのを社会のムードというのだろう。ムードというのは怖くて、例えば、ホリエモンが悪い、となったら、擁護するようなことはとてもマスコミでいえなくなる。
 もしかしたら、そういうムードを操作するテクニックがあり、きっと、そういうのは、世相工学とでも呼ばれるに違いない。
 1つだけいえることは、そういう世相工学の結果に流されないためには、努力とそれなりの勉強と、少しばかりの勇気を要する、ということである。その努力の負担ゆえ、ムードに流されまいとする人は、少数派である。当然かもしれない。

楽天の田中将大

 楽天の田中将大(駒大苫小牧出身)が、ルーキーで、ソフトバンク相手に完投勝利を収めるという快挙を成し遂げた。これをみると、田中は、既にプロでやれる力をもっているようだ。早稲田にいるハンカチ王子こと、斉藤も、同レベルであろう。
 一方、松阪や井川が大リーグで通用しているところを見ると、田中将大も、うまく力をつければ、大リーグレベルに追っ付けそうである。
 ここから、私は、下記のような仮定をしてみた。
 - いまや、高校野球のトップは、そのままプロで通用する。
- 高校野球のトップは、大リーグレベルにそれほど距離がある訳ではない。
 さて、この仮定が正しいとすると、その理由を、系統だったトレーニング方法が確立し、全国レベルで共有されているからだ、とみる。
 すなわち、あるレベルの才能があれば、全国どこにいても、トップレベルの力をつけることができる。このことは、高校野球で最近、地方の格差がほとんどないことから推察される。
 私はこのことを、アマチュア将棋の類推で考えている。すなわち、20年くらい前は、アマチュア将棋で強い人は、ほとんどが東京、大阪、名古屋であった。しかし、いまや、北海道にも、東北にも、九州にも、全国レベルの強豪がいる。それは、とてもよい棋書が沢山出版されて、どこでも手に入るからである。プロは最近、最新研究を書物にすることを惜しまない。惜しんだとしても、すぐに流通するので、意味がない。こうして、全国どこにいても、才能と時間があれば、アマチュア・トップになれるようになった。
 野球と将棋というかけ離れたものでそうであるなら、他のいろいろなこともそうであろう。すると、世の中は大競争時代で、まあ、慌しくて喧しい、ということになる。しかし、焦ることはない。こんな時代でも、トップを目指さないで、一人閑居する途はいくらでもある。こんなときこそ、多様性が必要なのである。君は弁護士でも大富豪でもなんでも目指すがよい。私は、静謐な隠遁生活を目指す。

2007年4月20日

現代ヘブライ語

 私は、ユダヤ人が世界中に離散した後も、共通の言語として、ヘブライ語が話されていたのかと思っていた。ところが、それは、会話の言語としては、一旦途絶したらしい。そうして、19世紀にロシアから移住してきたエリエゼル・ベン・イェフダーによってほとんど単独で、書き言葉としてしか残っていなかった古代ヘブライ語から、話し言葉として、復活させられた、ということであるが、これは、私にはほとんど奇跡のような気がする。というのは、そもそも、2000年以上も話されていなかったのだから、発音が分からない。また、そんなに長い間、実用の目的に使われていなかった訳だから、日常の語彙が補充されていない。
 それを、単独の人が、一気に巨大な隙間を埋めて、口語として甦らせたというのは、ありえないような気がする。私は、シナゴーグなどで、密かに話し継がれ、語彙も補充されてきた、としか思えない。私はヘブライ語なるものを知らないが、それは、少なくとも、エスペラントのように、学びやすさを考慮して構築された人口言語ではない。寧ろ、セム語族として、インドヨーロッパ語族の言語になじんだ人には、アラビア語のような絶海のような難しさを感じされるものである、と思われてならない。
 思慮の浅い憶測でいろいろ考えても生産的でないので、ヘブライ語復活のドラマを綴った書物を訪ねることにして、今は、一旦擱く。

言語の距離

 私は、広島県で生まれて、18歳までそこにいて、福岡県に移り住み、23歳で大阪に移り、26歳で東京に来て、今に至っている。それで、日本語の方言としては、ほぼ完璧(と自分では信じる)広島弁と、かなり片言の博多弁と、博多弁以上に片言の関西弁と、まあなんとか人並みと思う、標準語としての東京弁をしゃべれる。こういうのって、いかなる意味でも、多言語話者とは呼ばれないと思うけど、でも、素人目には、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は、かなり近そうだ。文法や語彙がかなり似ているような気がする。これが、同じロマンス語といっても、フランス語やルーマニア語となると、少し毛色が違いそうであるが。
 現代の計量言語学で、例えば、標準語と関西弁の距離を計算し、また、スペイン語とポルトガル語の距離を計算する、という技法は確立していると信じる。しかし、日本の方言間の距離と、ヨーロッパ諸言語の距離を比較考量した論文がある、という話を聞いたことがない。私が知らないだけかもしれないが、しかし、もしないとしたら、日本の方言学者と、西欧言語学者が全く異なる学域に属し、交流がない、ということが原因であろう。
 ただ、思いつきであるが、日本の方言学につき、年代的に変遷を調べてゆく学問があるとしたら、きっと面白いだろう。時代を遡っていくと、日本語のオリジンが1つでないことが分かるかもしれない。そうして、今の日本語が、複数の言語の交配したものである、ということが分かるかもしれないからである。あれっ、それは、既に通説かもしれない。すなわち、日本語は、朝鮮半島から渡ってきた、アルタイ祖語と、インドから来た、タミル語、ドラヴィダ語と、ポリネシアから来た祖語の合いの子だというものである。
 

5W1H系列

 数日前に、WhyとHowについて論じたが、英語の5W1Hについて、同様に系列を考えることができる。

1. What 系列 - これは何ですか。これは、犬です。何の犬ですが。柴犬です。その柴犬の首輪は、何色ですか。・・・のように、What系列は、即物的であり、広がらないが、あまり減衰しないで続けることができる。

2. When系列 - いつ来ますか。明日です。明日のいつですか。午前中です。午前中のいつですか。10時半です。・・・When系列は、あまり続かない。時間という概念が一次元だからである。

3. Who 系列 - あなたは誰ですか。山田太郎です。結婚していますか。いいえ、独身です。・・というように個人情報を探るものであるが、そんなに広がらない。個人の属性はあまり多くないからである。無理やり、国籍、年金番号など広げる手もあることにはあるが。

4. Where系列 - どこですか。太陽系です。太陽系のどこですか。地球です。地球のどこですか。日本です。・・・ Where系列は、対象は三次元かもしれないが、地名空間としては、二次元という気がする。というのは、頭の中では、3次元から2次元への写像が生成されて、そこで答えているように気がする。Where系列は、結構引き伸ばすことができる。

 以上の4系列と、既出のHow及びWhyの6系列を混交して、

(What | When | Where | Who | Why | How)* という正規表現で、任意の問いの5W1H系列をあらわすことができる。
 ここで、定理: 5W1H系列の濃度は、加算無限である。
 証明:What系列を考えよう。1+1はいくらですか。2です。2+1はいくらですか。3です。・・のように無限系列を考えることができ、これは、加算無限である。
 すべての問いの集合は、5W1H系列と同型である、と言えるか? そうであるような気もするが、分からない。

日本昔話 Remix

 新聞の書籍の広告を見ていたら、「日本昔話 Remix」とあった。どんなものかと思ったら、「未来からやってきた昔話!?翻訳ソフトで日本語→英語→日本語と訳して出現した、まったく新しい日本昔話。さて有名な昔話がどうなるか? 」とある。
 そんな、コンピュータの力を借りて、笑いの壺をうまく突けるものなのか、万事保守的な私は、とても怪訝であるが、確かに昔、かな漢字変換のミスで妙に笑えるものがあった。
で、コンピュータに任せきりにしないで、翻訳ソフトで変換した結果の面白い部分をうまく参酌しつつ、人間が間を補間するなら、それなりに面白いものができそうであるが、でも、そういう本が、お金を払って買うに値するものとは、どうしても思えない。そんなの、適当にネットで公開して、ああ面白いねで終わりでしょ、と思うのだが、買って読みもしないで、そうやって予断すること自体、頭が固くなってしまっているのだろうか。

創造的破壊

 創造的破壊という言葉を使ったのは、経済学者のシュンペータだったか、記憶に定かでないが、ともかく、私は、「創造的破壊」という言葉が好きでない。
 ええっ、何で?と怪訝がられるかもしれない。古臭いやりかたを壊して、それを革新的なやり方に置き換え、信じられないような高能率で仕事をできるようにするのが、何が悪いのか、と。
 しかし、ちょっと待ってほしい。創造的破壊というとき、既存の資産やノウハウや、ツールなどを全部廃棄して、すべて一から作り直すのか、と私は聞きたい。そうではないはずである。われわれは、ものすごいレガシーの中で、連綿とやってきた。数学のフェルマーの定理の例を見るがいい。前にも述べたが、ユークリッド、ディオファントス、フェルマー、オイラーと連綿と引き継がれた結果を、ワイルズは全て利用したのである。
 数学は例外、と申されるか。では、より革新が激しいと言われる物理学を見よう。量子力学が登場して、浅薄な科学史では、ニュートン力学が駄目になったように言われるが、そんなことはない。ニュートン力学の数学的形式の粋である、ハミルトンの正準形式が、量子力学にそのまま踏襲された。そして、量子力学でブレイクスルーであったのは、その数学的形式ではなく、結果の解の解釈であった。
 他にも例はいろいろあるが、私が言いたいことは、最も激しい科学革命の申し子である物理学といえども、その数学形式は、とても保守的である、ということである。創造的破壊というが、何も破壊していない。創造的新解釈といえば、言えるだろう。寧ろ、過去の理論的な成果をとても大事にするのが、科学であるといえる。
 では、何が創造的破壊かというと、フランス革命がそうだろう。しかし、その言葉を口にすると私は、とても酸鼻なものがこみあげてくる。あんな無茶な犠牲が必要だったのか。マリーアントワネットを断頭台の露としなくてはならなかったのか。
 私は、できれば、カール・ポッパーが提唱する漸進的社会工学を推し進めたい。Linuxのコードなんか、その典型だろう。多くのソフトウェアのマエストロが集まって、コードを部分修正していく。書き換えであって、破壊じゃないと思う。
 重ねて言う。私は破壊が嫌いである。ガラクタにまみれたって何が悪い、と思う。

2007年4月21日

キリストに罪はない

 私は、キリスト教が嫌いである。理由は、愛だの、右の頬を打たれたら左の頬を差し出しなさい、と説きながら、キリスト教の名の下に、魔女だとかいって罪もない多くの女性を虐殺したり、異教徒を弾圧したり、甚だしいのは、インカ帝国に攻め入るときも、キリスト教の司祭が、現地の人を殲滅するのを、異教徒教化の名目で、神の名の下に認可してきたりしたからである。
 イスラム教も、かなりの程度闘う宗教であるが、これも偏見かもしれないが、少なくとも、安易に愛などと言わないので、偽善の臭いは少ない。
 そんな思いを抱いていたら、どこからともなく、「キリストに罪はない。」と聞こえてきたような気がした。それは、キリスト教自体は悪くない、という意味なのか、または、イエス・キリストは悪くない、という意味なのか、と問うてみたが何も返事はなかった。その代わり、どこからともなく私の意識に上がってきたのは、次の本である。本屋に行って、ほとんど必然のように購入して読み始めた。
「霊界通信 イエスの少年時代」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社
「霊界通信 イエスの青年時代」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社
 この題名をみて、通常の人なら、「霊界通信」というところで、「引く」だろう。あるいは、きっとイエスが、超能力を発揮して、まるで孫悟空のような獅子奮迅の活躍をしていることが描かれていると思うかもしれない。
 しかし、この本は違う。2000年以上前の事実の細部は最早確認しようもないが、また、私は新約聖書について、通り一遍の理解しかないが、この本で描かれるイエス(ナザレとイエスと言うべきであろう)は、聖者のようでなく、とても人間臭くて、その人生の苦悩がありありと理解できて、反キリスト教の私も、感動した。例えば、学校の勉強に興味がなくて、先生やクラスの同僚からいじめられるイエス、大工の息子なのに、兄弟たちと違って、とても不器用なイエス、叔母を思いやって料理を作ってあげるのだが、とても食べられたものではなくて叔母が苦笑してしまうイエスが描かれている。
 分かりにくいのは、十字架に磔になって亡くなり、墓に埋葬された後、墓から忽然と消え、また老人のような井出達で復活する件である。シルバーバーチはイエスの復活を否定するが、イエスを信奉する弟子たちには、姿が見えた、ということはありえる。
 ただ、1つだけいえることは、イエスは、他人に対する深い思いやりをもち、絶大な霊能力を発揮し、それでいて人間的な苦悩から自由でなく、また、安息日だからといって困った人を助けることを逡巡しないような、形式ばらない人であった、ということである。それで明確に言えることは、イエスの後代のどのキリスト教者とも違っていて、決してキリスト教徒とは呼ばれえない、ということである。ブッダが仏教徒と呼ばれない以上に、そうであるような気がしてならない。
 ちなみに、この本の訳者の山本貞彰氏は、立教大学英文科を卒業された神父さんである。スピリチュアル関係で優れた沢山の翻訳書をあらわしている近藤千雄氏という方がいらっしゃるが、その練達の近藤氏をもってしても、この本は、キリスト教関係の深い知識がなくて手が届かないため、拱手していたという。実際、山本貞彰氏の訳は、とてもこなれていて、キリスト教やユダヤ特有の内容に対しても違和感がないように訳出されいてる。蓋し、名訳である。
 歴史、文化を含めて、世界を理解する、という目的のために、好き嫌いはともかく、キリスト教の理解は避けて通れない。そのために、この本から入門するというのは邪道かもしれないが、この本を読んだことをきっかけとして、膨大なキリスト教の文献の一部に馴染み、少しでも理解を深めて、また、ある日この本に戻ってこようと思う。

動物愛護法

私のブログに以前書いた内容のフォローアップであるが、自分が飼っているフェレットを虐待して、その様子をビデオに撮り、インターネットにアップロードした厚木の男性を、相模原区検は、略式起訴し、それを受けて、相模原簡易裁判所は、動物愛護法に基づき、略式命令により、50万円の支払いを命じたという。
 そこで改めて、動物愛護法の概要をネットで調べてみた。すると、「すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱う」というのが、その法律の理念であり、飼い主の責任、危険動物の規制、犬猫の引き取りなどが規定されているようである。
 私はその理念に何の反対もない。ただ、どうしても引っかかるのが、結局、保健所は、多くの犬猫を引き取って、無慈悲(に、私には思える)に処分し、また、もっと言うと、人類は、食用として、多数の牛、豚、鶏を日常的に屠殺していてる、という事実である。子牛の気持ちが分かるなら、お母さんが屠殺所に連れていかれるとき、別離の涙を流していることを気づくだろう。また、肉にするため屠殺されたという事実に慟哭するであろう。このようなことを日常的に考えていては、生活に支障を生じる。エルンストマッハの思考の経済の類推でいうなら、感情の経済というべきだろう。ただ、動物愛護と、こういう屠殺や、犬猫の処分の事実との論理一貫性のことを、月に一度でも意識に上らせてほしいと思う。
 もっというなら、欧米諸国の捕鯨に対する態度である。欧米は、鯨が知能が高い動物だから捕食するのは野蛮だというが、多数の牛豚を屠殺している事実をすっかり忘れている。私は、できれば動物を捕食しなで済むものならそうたいと思う。しかし、私はベジタリアンではないし、どうしても、おしいそうなマグロがあると涎を出してしまう。それで必要悪として、生きていくために動物を食べることもやむをえないと思うのであるが、少なくとも、他人が私が食べないから、という理由で、ある動物を捕食するのを諸手を挙げて反対する気持ちにはなれない。
 ペットを飼うことも、少しニュアンスは違うが、そうかもしれないと思うのは、うちのトラも、ずっと家に閉じ込められて、さぞかし窮屈であろう、と感じる。本当は、故郷の島で、走り回っていたかっただろうに、都会に連れてこられて、仕方なく、家屋に蟄居している。我が家は、愛情をもってトラに接しており意図的に虐めることはないが、しかし、飼ってやってるんだぞ、みたいな驕りがないと言えば嘘になる。
 それで無理やり結論であるが、折角飼うならきちんと飼いなさい、虐めてはいけない、捨ててもいけないという動物愛護法の趣旨には100%賛成であるが、どうしても人間のエゴも見えてしまって、ふと考えてしまうのである。ああ、感情の経済が足らない。

オフィスグリコ

 「オフィスグリコ」と聞いても、何それ?という感じではないだろうか。日経情報ストラテジーの2007年6月号によると、江崎グリコが、通常のオフィスに、富山の薬売りの手法で、箱にお菓子を入れて、置かせてもらうサービスをしているのだという。お菓子はどれも100円で、そのオフィスの社員は、どれかお菓子を取ったら、そばに置いてある集金箱に100円を入れる。お菓子を勝手に持っていっても分からない訳であるが、そういう不埒な人は意外にいなくて、95%以上の回収率である、という。冷蔵商品ではないので、電気代などの維持費がかからないのは、いい。
 こんなローテクの方法で稼げるんだろうか、というのが素朴な感想で、実際、グリコの社内でも、この方法が提案されてから、かなり反対があったらしい。でも、思い切ってやってみると、オフィスでは気軽にお菓子が買えなかったのか、意外に人気を博し、今では、東京・大阪のオフィス街の8万5000箇所にグリコの菓子箱が設置され、売り上げ総額は、26億円にもなっている、という。
 もちろん、グリコ側に工夫はある。まず、お菓子は飽きられやすいので、多様なお菓子を補充していくこと。また、グリコといえども、全方位のお菓子のラインナップをもっている訳ではないので、他社のお菓子を使うことに躊躇わない、ということである。
 このように、商売の工夫は、いろいろなところにネタが潜んでいる。昔からある富山の薬売りみたいな方法でも、温故知新になりうる、というのが面白い。
 ところで、この記事によると、未開拓市場のことを、ブルーオーシャンと呼ぶのだという。へえ、知らなかった。なんか、かっこいい。

知識 賢治

 わざわざプログのネタにするほどのことか、と思われそうだが、日経情報ストラテジー2007年6月号を更に眺めていたら、知識 賢治という名前が目に付いた。おお、何と偉そうな名前だ、誰だ、と思ったら、カネボウ化粧品の社長だという。
 そういえば、カネボウ化粧品は、以前、経営の危機に瀕していた、と新聞記事でみた。雪印や不二家のように、なにか具体的な不祥事があった訳ではない。しかし、化粧品、食品などに手を広げ、放漫経営のツケが溜まった。それで、どこかに身売りするという話もあったが、結局、花王グループに入って、再生機構の支援下で、再建を目指すことになった。花王も化粧品のノウハウはあまりないので、そのスキルはほしかったのかもしれない。それで、火中の栗を拾うような役目を果たすため、知識氏が指名された、という訳である。課長レベルの管理職にも疲れて結局降ろしてもらった私は、爪の垢でも煎じて飲ませてもらうべきかもしれない。
 知識氏がとった方策は、次のとおりである。
 まず、60もあったブランドを一気に減らし、集中と選択を実行したこと。
 また、不採算の国際事業から撤退したこと。このため、大リストラした。仕方がないだろう。
 特に留意したのは、ハンズオン(直接参加)のマネジメントスタイルで動かすことだった。同じ釜の飯を食う、ということか。そのため、情理と合理のトレードオフの中で、ぎりぎりの意思決定をした。
 今後は、花王とのシナジー効果をどうはかるかが、課題だという。

ユンク心理学のメモ

 単なる自己用のメモ:

  タイプ - 内向性と外向性

 コンプレックス - 性格を形作るもの

 個人的無意識と、普遍的無意識 - 元型、影

 心象と象徴

 夢分析 - 無意識の表出

 アニマ・アニムス - 自分の中の、男性・女性

 自己 - ペルソナ

 心理療法

2007年4月22日

バージニア工科大学の銃殺事件の詳細

 雑誌で、例のバージニア工科大学の銃殺事件の記事をみているので、トピックを纏めつつ、コメントしてみる。
 先ず、1つの問題は、バージニア州が、心の病気をもつ人でも、複数の銃をもつことを許したこと。でも、犯人のチョ・スンフイは、精神病院に通った履歴はあるのだろうか。
 次に、ブッシュ大統領のコメント。「彼らは、間の悪い(wrong)時間に、間の悪い場所に居合わせただけだ。」これには流石の遺族も納得せず、顔を手で覆って、こわばらせたそうである。
 犯人のチョ・スンフイは、同僚の学生にとても印象が薄かったそうである。ある教授は、チョ・スンフイに話しかけたとき、まるで、穴に向かって話すみたいだった。同僚が話しかけても会話は全くはずまず、「どこから来たの?」「専攻は?}などの質問に、ほとんど一語で答えるだけだった。もちろん、彼が、武器のことを話すなんて聞いたこともない。みんな、彼が単にとても恥ずかしがりやだと思っていた。
 でも、彼は、密かに、心に憎悪と嫉妬を蓄積していた。「あの金持ちガキめ。」「けっ、ネックレスとベンツだって?」
 彼は、1992年に、両親とともに、韓国からアメリカ合衆国にやったきた。そのとき8歳だった。両親は、アメリカン・ドリームを夢見た訳だった。アメリカに来てから、両親は、クリーニング屋を営んだ。両親の英語はうまくならなかったが、それでも、韓国の家庭にありがちであるが、とても学歴を重視し、姉はプリンストン大学の経済に、弟はバージニア工科大学の英語専攻に。
 彼は、友達もなく、無趣味で、気晴らしと言ったら、夜、バイクで飛ばすことと、音楽をダウンロードするくらいだった。そんな彼のよそよそしさに挑んでみたい、と思う人もいた。シェイン・ムーアという女性。チョを高校で知っていたというクラスメートからの挑発で、チョと昼食をともにした。目標は、彼を笑わせること。でも、結局、うまくいかなかった。質問してもほとんど答えない。いろいろ冗談を言って、やっと、すこしだけ笑わせることができた。
 しかし、2005年11月頃、ある女性が、チョからストーカー行為をされたことを訴えた。また、別の学生は、チョから変なチャット・メッセージをもらって迷惑したという。ある知り合いは、チョに自殺志向があると警告した。それで、構内ポリスが面談し、カウンセラーに会うことにチョは同意した。
 警官は、一時的な留置命令を取り付け、チョは、精神病棟に隔離された。判事は、チョが精神的に病んでおり、自己または他人に危害を加えるおそれがあるため、緊急入院を要する、と判断した。チョがどれくらいの期間、精神病棟にいたかは不明だという。
 彼の担当教師はいう。いつも、彼に、サングラスと帽子を取るように言っていた。他の生徒は、彼を恐れていた。彼が机の下から女子学生を、携帯カメラで撮影しようとするので、いつもトラブルを生じていた。
 担当教師は、迷惑なので、彼を教室から除外しようとした。学部長は、担当教師の心配を理解してくれた。すなわち、構内ポリスは、なにか「事」が起こらない限り、なにもしてくれない。学部長はせめて、チョを他の学生から遠ざけ、私学生のように扱おうとした。
 劇作の時間もまた、トラブルの種だった。チョは、暴力的であったり、強迫的であったり、性的に淫らな作品を書いた。ある作品などは、生徒が先生と同性愛で肉体関係に陥るものだった。でも、同僚は、いつもそれをジョークとして扱っていた。みんな言う。こんなことになるなんて、思ってもみなかった。
 事件の朝、チョによると思われるインターネット・フォーラムへの書き込みがあった。「俺は今日、VTechで、人殺しをするんだ。」
 朝7:15に、二人の新入生が射殺された、とポリスに報告があった。銃声は聞こえたのだが、近くにいた人は、その日は風が強かったので、風でドアがバタンと閉まったと思ったそうだ。チョをみかけた学生は、チョが、ガールフレンドを探して、部屋から部屋に渡り歩いていた、と警察に話した。警察は、恋人同士の関係のもつれによるものと想定して、証拠を集め始めた。犯罪は、それで終わったと思った。
 朝8:25頃、大学の幹部が集まって、どう対応したらよいか話し合った。そこで、一時間後、次のようなメールを全学に向けて発信した。「銃撃があったので注意すること。何か怪しいものをみかけたら、警察に連絡すること。」
 しかし、その段階で、チョを見かけた者はいなかった。自分の部屋に戻ったようだった。そこで、弾を充填して、ナイフをかばんに入れた。彼し、数日前から、NBCに送る映像をQickTimeで用意していた。そこでこう、彼は言う。「俺は、こんなことをする必要はなかった。お前達には、このことを避けるためのチャンスは無数にあった。もう、俺が選べるのは、これだけだ。」彼は、NBCにそれを送ったが、NBCの住所が間違えていなければ、もっと早く着いたであろうに。
 ドイツ語入門のクラスは、205号室であった。そこには、その日の最初の講義として、24人がいた。チョは、誰かを探すように、ちょっとその部屋を覗いた。ある学生は、チョのことをもボーイスカウトみたい、と思った。武器を収めたジャケットを着込んで、チョは、静かに、訳ありに、教室に入った。最初に、講師のジェームス・ビショップが撃たれた。チョは、冷静に部屋内で移動し、撃って行った。
 他の部屋にいた学生は、銃声を、工事だと勘違いした。77歳のリビウ・リビエスクは、同じホールで、固体力学を教えているときに、銃声を聞いた。そこで、学生に窓の方に逃げるように言った。次々に、窓から人の草叢に飛び降りた。彼の背後で、二人の学生が撃たれた。彼が窓をよじ登っているとき、チョが彼を撃ち、彼は死んだ。
 フランス語のクラスで学生が物音を聞いたとき、学生達は直ちに、机をドアの前に置いた。でも、ドアはこじ開けられて、チョが入ってきた。チョは、撃ち始めた。銃声がする度に、ビオランドという学生は、次は自分の番だと思った。それで、完全に動かず死んだふりをした。ある時間がたって、それが5分なのか1時間なのか分からないが、静かになった。ただ、かすかなうめき声だけが聞こえた。何者かが来る音がした。警察かと思った。しかし、チョだった。弾を込めて、またやってきたのだった。
 9:55にまた、学内全体に向けて、メールが送られた。「ガンマンが学内にたむろしている。次の通知があるまで建物から出ないこと。」
 結局、犯人の自殺で、事件が解決したとき、バージニア工科大学の学長が、適切な方策を採らなかったと非難された。
 

2007年4月23日

マンションのコマーシャル

 テレビを見ていたら、○○建物は、工事の途中の様子を、顧客に見せるので安心、とあった。
 工事中でも、お客さんへの見学会を優先するのだそうである。しかし、よく考えてみると、工事の途中を、素人が見学して、一体何が分かるのだろうか。係員がきちんと説明したくれたりすることや、資材が整然と積んであることは、建物が規定の強度をもつ建物であることを何も保証しない。それよりも、私だったら、設計図をもとに、素人にも分かるように、強度計算データを基づき所定の強度が満たされていることを説明するように要求するであろう。しかし、それさえも、素人が指摘するのは、極めて困難であろう。こういうことが機能するためには、顧客側に立つ、マンション会社とは独立の建築のコンサルタントが介在する必要があるが、そういうコンサルタントに余分に手数料を払うということも考えにくい。
 このように、現代社会は、多くのブラックボックスに満ちている。その中で説明責任を果たそうとするものがあったとしても、かなりの部分は見かけであり、ポーズであると思う。
 こうして、われわれのせいぜいできることは、何がきちんと説明されていないかを理解することであり、また、必要に応じて、書籍やウェブなどに当たって、知識を仕入れて考えることである。よく話であるが、癌に罹って、癌の医学関係の書籍を沢山よみ、ある分野なら医者と五分に議論できるよになった人がいる。一点集中すれば、また、操作でなく情報的であるなら、すなわち評論家的でよいなら、素人でも、かなりのレベルになれると思う。

三位一体

 キリスト教で、三位一体を説く正統の教義がある。これは、父なる神と、イエス・キリストと、聖霊が一にして一体を特ものだそうだが、伝記によると、ナザレのイエスは、山に籠って、父なる神からの声を聞き、指示を仰ぐ。もし父なる神と、イエス・キリストが一体であるとしたら、どうして、指示を仰がなくてはならないのだろうか。
 また、そういう議論はさておいて、三位一体かどうか、ということが、困った人を慰め、救済する、という、ある意味、ナザレのイエスが一番重視したことに関して、どう関係があるのだろうか。イエスが、三位一体について、一番困惑するのではないだろうか。
 三位一体について、実に沢山の議論があり、これに同意しない一派は、異端として破門されたそうである。これなど、まさに、人類の思考パターンの典型であろう。
 短く言うと、瑣末主義と、教条主義である。瑣末主義は、ものごとの本質ではない様々な理論のバリエーションを、思考の遊びのように考え出す。まさに、人類の「遊び」なのである。教条主義は、このようにして考え出したバリエーションの1つを、話し合って正統として認定し、それ以外を異端として排除する。この異端として排除するとき、自分は正統なのだと自認して、喜びをかみしめるのだろう。瑣末主義と、教条主義にさらに1つ付け加えると、階層主義がある。キリスト教では、法王を頂点に、沢山を階層を作ってしまう。階層は、意思決定の取りまとめのために、確かに便利である。しかし、そのような便宜的なものであることを忘れ、階層自体を本質的とみなすのである。
 実は、他の宗教団体であっても、大同小異であろう。追々、もう少し議論を精密化することにする。

2007年4月24日

大学 - 自動車学校論

 私は、少なくない人がそういう経験があると思うが、高校時代、少しでも偏差値がよいとされる大学に入ろうと努力したくちであるので、今でも、偏差値によって格付けされる大学のランクなるものに、無神経ではないし、その呪縛から自由である訳ではない。しかし、下記のような議論も、確かに、私の本音の一部である。
 すなわち、大学は、結局、自動車学校と似た機能のものであり、それでよいのでは、というものである。私のように運転が苦手な者にとって特にそうであるが、何トンもの物体を、路上で操る操作というのは、そんなに簡単ではない。よって、そこに技能的訓練、及びもろもろの交通法規やマナーが関与する、というのは当然である。大学も結局、社会に出ていくための技能を身につけるための一機関にすぎない。ただ、ここでいう技能というのは、とても広い意味である。別にコンピュータのプログラミングの技能にとどまらず、アテネでソクラテスがどうしていた、というような一般的教養でもよい。
 でも、大学は結局、総合的な意味で、人生を乗り切るための力を身に付ける場所であって、丁度、自動車の免許をもっている人が、どの自動車学校を出たか、ということを議論するが陳腐なのと同じくらい、どの大学で学んだか、ということに拘ることは、非本質的なのではあるまいか。
 結局、人間の本質は、思考力であり、想像力であり、忍耐力であり、また、他人との協調性である。協調性には、他人の痛みや悲しみに共感する能力も含まれよう。結果的に、よい、とされる大学には、優秀な人材が沢山集まり、その中の切磋琢磨で、能力が鍛えられる、ということはある。しかし、無名の大学にあっても、カリキュラム自体は、有名大学にそれほど劣る訳ではないし、真面目に勉強して、きちんと身に着ければ、社会に通用する。ここでまた、前した議論の蒸し返しであるが、あるスキルを身につけたり、あることを深く考えるようになる、というために、ある教授の指導を受けることが、どれほど本質的なのだろうか。それよりも、じっくり沢山本を読み、よく考え、また、いろいろな経験を積んで、知見を深める、ということの方が本質的であり、私には、どうしても、そこに教授やチューターのような存在の必然性をあまり感じない。
 指導者の必要性を感じるのは、工学部での実験や演習、医学部での解剖実習、臨床実習などであり、ここにこそ、自動車学校とのアナロジが活きる。すなわち、必要な技能に達して、最終の試験に受からなければ、資格が認定されない訳であるから。
 もう1つの自動車学校のアナロジとして、自動車学校は、ある地域の裏道の存在を教えてくれないし、そもそも、道の覚え方も伝授してくれない。大学だって、ある訓練を通じての、基礎的なスキルの習得を助けてくれるだけで、自分の進むべき道の見つけ方をガイドすることは、あまりない。
 それでも、大学格差を世間がなくそうとしないのは、三位一体のところで述べたように、人間に、階層主義というものあるからである。古代から、ある村では、長を指名して、責任をもってもらう。その代わりに、長に意思決定にみんなが従う。こういう仕組みが、いわば、「意思決定の経済」という仕組みで、便利なものだから、人間は、自分を裸の意思決定にさらすことを恐れる。
 大学格差なるものがあると、一応、その出身大学で、能力を推定する、という習慣が生じ、それは、場合により便利である。しかし、それは結局、人物判断を、ある所与の世間の前提に委ねることであり、状況により、適切でないことも少なくない。
 ここでも、きちんと勉強して、人物を見る眼を養いなさい、ということになって、そういうのは努力を要するので、多くの人はしり込みすることになる。

小学生の全国一斉学力テスト

 本日、小学生の全国一斉学力テストが、43年ぶりに再開されたそうである。私は受けたことはないが、私よも少し年上の人は、受けたのだろう。それで、なぜ?というのが、素朴な疑問である。こういった全国一斉学力テストをすると、その点数で、全国の小学校を序列化することが可能となる。ああ、また人間が好きな、序列化が始まる、という感じである。
 文部科学省は、この点数の結果を、どう利用するのだろうか。例えば、平均点が低すぎる学校の教師に、「教育的指導」をするのだろうか。それで、直ちに見て取れる帰結は、下記のとおりである。
- このテストの傾向を、塾などが把握して、模擬テストを作り、テストてよい点を上げる気風を煽る。
- 生徒の点数で、学校の序列化が行われる。
- 生徒の点数で、教師の序列化が行われる。
- テストに関係ない科目や範囲が、一層疎かになる。
 既に、中高一貫校の進学熱が高まっており、このようなテストが、それに対して何かよい影響を及ぼすとは考えにくい。
 テストが終わった後、生徒にインタービューする場面がテレビであったが、楽しかった、という子供もいたり、緊張したけど充実していたという子供もいたり、こんなの二度と受けたくない、という子供もいた。人間の多様性からして、当然であろう。
 全国で、99%の子供が受験したが、愛知県の犬山市は、受けなかったという。なかなか勇気ある決断である。上記したような懸念があったのだろうが、バス乗り遅れる懸念はあったろう。
 私は、焦ることはないと思う。テストの好きな子供は、このテストで自信をつければいい。また、テストが嫌いで個性の子供は、こんなテストの結果なんか、あまり気にしなくて、別の個性を磨いてほしい。テストに強い子供も、強くない子供も、どちらも同じくらい未来に必要である。先生も、表面的には大勢に流されるのは仕方がないが、意地をもって独自路線を進む人もいてほしい。
 でも、結論として、こういうテストはやめてほしい。テスト漬けの人々はもう十分すぎるくらい、いるのだから。
 

世界のプリマ 吉田 都

 テレビを見ていたら、吉田 都という、日本人のバレリーナが、英国王室バレー団で、11年間、40歳を過ぎても、プリンシパル(第一人者)を続けている、ということだった。よくわからないけど、とても凄そう、ということが分かった。失礼ながら、吉田さんは、素顔は、とても華麗な雰囲気や容姿、ということはない。
 しかし、ひとたび舞台に立つと、その華麗なる動き、技は、追随を許さない。
 吉田は、9歳で国際バレーコンクールで入賞して、イギリスに留学するも、容姿の平凡さ、手足の短さなど、コンプレックスに苛まれて、それをバネに人一倍、練習した。それ結果、ロイヤルバレー団のプリンシパルに抜擢されたが、ある日、公演の前の日に、腰に激痛が走り、2週間起き上がれなかった。
 それから、練習一辺倒でなく、休日は、リラックスするようにした。
 それでも、練習風景を見ていると、鬼気迫るものがある。吉田 都の打ち込み方をみると、私の仕事なんて、プロとはとてもいえない。ああ、サラリーマンはなんと平凡なだろう、また、私が知らないで、世界のトップのレベルの人、というのは、なんと沢山いるのだろう。

2007年4月25日

ルーシー・ブラックマン

 昨日、ルーシー・ブラックマン殺害を含め、いくつかの婦女暴行及び殺害に関与した疑いで起訴されている織田容疑者の公判があった。織原容疑者自体は、無期懲役であり、死刑かと思っていた私には意外だったが、ルーシー・ブラックマンの案件では無罪というのは、さらに意外であった。少なくとも、ルーシー・ブラックマンと交際し、部屋に連れ込んでいることが明確なのだから、相当の関与があったと推定するのが相当である。それに関して無罪ということで、わざわざイギリスから来た遺族は、大層落胆していたが、とても気持ちはよく分かる。
 証拠不十分なら無罪というのは、刑事訴訟法の原則であるが、そもそも、一般的な刑事裁判では統計的にそうなっていない。ある本によれば、検察が起訴したうちの99%が有罪となっており、このルーシー・ブラックマンの案件が、1%に入るようなものだとはとても思えない。被害者が外国人の場合、変なバイアスがかかるのだろうか。今はとりあえず、問題提起しておくに留める。

無差別殺人犯の類型

 池袋の通り魔殺人事件の犯人が、死刑判決を受けたということが先日報道されていたが、その本人のコメントを聞くと、何となくバージニア工科大学乱射事件の犯人のコメントと一脈通じるものを感じた。まとめてみると、下記のとおりである。

  1. とても欲望が強い。物欲、名誉欲、性欲、など。しかし、それが満たされていないので、とても強い不満がある。
  2. とてもコンプレックスが強い。自分の欠点にこだわっている。しかし、その欠点を、矯正したり、他の長所を伸ばすことで補償する努力をしないで、寧ろ誇大妄想により、その欠点をないものとしようとしている。しかし、結局、解消されないので、不満が募る。
  3. 現状認識がゆがんでいる。例えば、ある特定の女性に関して、恥ずかしい思いをしたとして、憎しみの対象を、女性全体に容易に広げてしまう。
  4. 他人とのコミュニケーションが苦手である。大抵は寡黙であるが、もし多弁だとしても、独り言であり、誰かとの対話になっていない。

以上が特徴であるが、人間なら誰しも、少しはもっているような特徴である。よって、単に程度問題なのだろうか。あと、付け加えるとしたら、他人を攻撃すること以外に、ストレスの解消方法を知らない、ということがある。
 それでも、誰もが無差別殺人犯になる訳ではないので、私は、何かプラスαが必要であると思っている。しかし、それが何なのか、私は考えあぐねている。
 例えば、悪いバイオリズムが重なること、地磁気の作用、霊の憑依、身近な人が亡くなること、去ってしまうこと、等。
 少し話は変わるが、私は、いままで、一番性質の悪いのは、上記のような無差別殺人犯なのかと思っていたが、ある友人の示唆によると、直接手を下さなくて、ある意思決定で、多くの人を死に至らしめることの方が悪いのではないか、という。
 例えば、第2次大戦中に、インパール作戦を命じた司令官、原爆投下を決定した大統領などである。意外な例として、脚気の原因を示唆されながら、海軍の食料に必要なビタミンを追加することに同意せず、数万人を脚気で死に至らしめた、軍医 森鴎外も、それに該当する。彼は、自説の面子にこがわったのだそうだ。なんと、大きい代償なのだろう。
 このように、現在のように、いろいろな操作が、電子回路の増幅回路的に達成できてしまう。すなわち、わずかな入力の変化で、劇的な結果をもたらすことができる時代になると、権力をもつ悪の方が、無差別殺人よりもずっと恐いということになる。
 現代でなくても、昔の孟子だったか、既にそのことに気づいていて、虎に食われる可能性のある村人に、その村を離れるように言ったところ、「苛政は、虎より猛なり。」と言った、というのがまさにそれ、ということになる。
 心もとないが、権力のアバランシュを防ぐ政治機構に依存するよりない、ということになる。

女流棋士独立問題の続き

 将棋連盟のホームページによると、「日本将棋連盟は、平成19年4月24日(火)午後4時より、東京・将棋会館において、米長邦雄会長、西村一義専務理事、田中寅彦常務理事が出席し、女流棋士独立の件につきまして、報告と経緯説明を以下の通りいたしました。 」とある。
 あれ、もう女流独立派は、確定したはずで、追認なんだろうか。

 また、次は、分かりにくい。
「理事会は新法人を立ち上げる女流棋士の皆さんに「独立」を勧めています。女流棋士は、今まで通り日本将棋連盟所属のメンバー、新法人に移籍する人々に分かれました。 」特に、新法人を立ち上げる、ということは、独立することであり、独立する人に、独立を勧める、というのがどうも分からない。

 また、下記のように書かれているが、ここは、おそらく、女流棋戦について、新女流法人と、将棋連盟とで、新聞社と共同契約し、下記の権利も乗り入れ、将棋ファンに対する見かけ上、今までどおりであるかのようにもっていくのが賢明であると思われる。おそらく、囲碁の日本棋院と、関西棋院は、そういう関係にあるのではないだろうか。ただ、すると今までと何が違うのか。特に、新法人に移った女流棋士にとっである。ある種の催し物は、新法人のみの主催ということがあり得、そこで稼げるなら、新法人所属の女流棋士は、将棋連盟残留の女流棋士よりも高い収入を得ることができる。ただ、それは、いかにも原理原則的な話であって、どこまで現実的なものか、分からない。
「 新法人に移籍される方の諸権利につきましては、弁護士同士で話合っていく予定です。
1) 対局権利
2) 肖像権の扱い(将棋世界、将棋年鑑、ホームページ等)
3) 普及イベントでの扱い(将棋教室、将棋まつり等)
4) ファンクラブの扱い
5) 対局場の問題
6) その他 」
 ということで、ことの帰趨をみていきたいと思う。

将棋名人戦第2局

 毎日新聞のホームページによると、「郷田が森内に連勝 名人戦第2局」とある。とても、というほどではないが、やや意外である。というのは、一日目の終わりの局面で、先手の森内名人は、矢倉で、76銀、66銀の二枚銀の形で位を張っており、後手の郷田から、打開しにくいと思ったからである。
 ここで、郷田に2連勝を許すと、番勝負的には先行逃げ切り型の森内には苦しい。単純に統計的にみても、確か、将棋の7番勝負で、最初に2連勝した者は、6割5部くらいの確率で、番勝負を制する。
 私は、というか、大勢は、7番勝負が始まる前、森内の有利を予想していた。最近郷田は、ずっとタイトルから遠ざかっていたからである。これを裏切って、郷田が2連勝した、というのは、下記のような運命の流れがあるのかもしれない:
- 郷田は、名人挑戦が決まった日の朝、父親を亡くした。父親が、あの世から応援している。
- 森内は、これに勝つと、18世名人となる。18世名人は、森内でなく、羽生なのだ、という天の流れがあるのかもしれない。
 正直言って、いまいち盛り上がらない名人戦であるが、ともあれ、上記の予想がどれだけ確かか、見守っていきたい。

2007年4月26日

幽霊はなぜ怖いか

 だいたい、夏になると怪談話が流行る。それは、幽霊は怖いけれども、怖いもの見たさ、ということであろう。ただ、私は、霊能力がないのか、明確に見た、という経験はない。
 それはともかく、なぜ幽霊はなぜ怖いか、ということを考察してみた。それは、私の理論では、人間が肉体をもっているから、ということになる。死んだら肉体を離れる訳だから、生きていて肉体があるから幽霊が怖い、というのは、当然ではないか、と言われるかもしれない。
 それで、説明を追加すると、肉体はある意味心を支配しているが(縛り付けている、と言ってもよい)、肉体にとって、幽霊というのは、馴染みがあって且つ異質なものである。この微妙さが、心理的に怖さにつながる。異質すぎると、肉体は、怖がることもできず、ただ、あっけにとられるだろう。
 では、死んでしまったら、肉体を離れる訳だから、直ちに幽霊なんて怖くなくなるのか、というとそれは違う。スピリチュアルでは、生死連続の法則というのがある(私が勝手に名前を付けているだけで、公認された言い方ではない)。
 すなわち、人間は、死んだ後も、生きていたときの習慣や気持ちをかなり引き摺る。よく、映画などで、○○さんは、死んで、神様になったのだ、などというが、たかが死んだくらいで、そんな劇的な進化をすることはない。
 ということは、死んだ後も、幽霊を怖がる気持ちを引き摺る人(霊というべきか)がいることになる。で、ここからが私の根拠のない理論であるが、死んだ後も、幽霊を怖がる気持ちを引き摺る霊が、幽霊になって出てくるのである。
 実際、学園祭などでお化け屋敷をやったことがある人は分かると思うが、怖がってもらうのは、結構面白い。それで、幽霊を怖がる気持ちを引き摺る霊は、怖がってもらう気持ちがよく分かるので、病み付きになる、という次第である。大抵の霊は、そんなレベルの低い楽しみに耽溺する期間はないか、あっても短いが、ギャンブルのようにそれに嵌る霊がいて、だれか霊能力のある高僧などが、そういう境地から脱して成仏するように、きちんと説得してあげなくてはならない。
 あと、落語家の林家木久蔵だったか、芸能人には、霊能力をもつ人が多い、と言っていた。私の理解では、芸術には高級なものも沢山あるが、とても低俗な芸能もあって、こういうのは、幽霊が怖がらせる事象の波長と近い内容のことが結構あるのではないか、と推察する。
 以上、全く以って支離滅裂な議論であった。

鈍感力

 最近ときどき、鈍感力ということが言われる。それで、将棋を題材にして話す。今もかろうじて現役であるが、将棋界に、中原誠という人がいる。16世名人であり、一世を風靡した。特筆すべきなのは、当時、絶対の強さを誇っていた、大山康晴に一歩もひけをとらなかったことである。
 中原誠のほぼ同時代には、沢山の俊英・天才棋士がいた。米長邦雄、内藤国雄、やや先輩で、山田道美、二上達也など。しかし、彼らは、大山に歯が立たなかった。棋才で、中原誠は、必ずしも彼らを凌駕していなかったかもしれない。しかし、ひとり中原のみが、大山に対して、優位の成績を残した。
 それは、中原の兄弟子、芹沢がいみじくも分析したように、「中原は、鈍い。」せいなのであった。当時は、鈍感力などという言い方はなかった。
 どういうことかというと、大山康晴は、盤上と同等に、盤外作戦にも凝らす人だった。大山は、内藤と対局したとき、一日目の夕食に差し掛かったことがあった。ところが、内藤は、もたもたしてなかなか夕食に来なかった。いろいろと局面を考えていたのかもしれない。それで大山は、仲居に命じてさっさと夕食を片付けさせてしまった。内藤が夕食に行ってみると、もうお膳もない。さぞかし、当惑しただろう。このように、大山は、ルールに違反しない範囲で、平気で心理戦を仕掛けてくる。そこで立腹したら、手が乱れて負ける。
 ところが、中原は鈍い。大山の嫌がらせが全く通じない。すると、仕掛けた大山が却って焦るのである。精神的に自滅である。かくして、中原が勝ってしまう。誤解なきよういうと、中原は強い。特に、中終盤の強さが大山に拮抗していた。だから勝ったのであるが、しかし、最終的な武器は、「鈍さ」であった。これは、鍛えてつく力ではないので、天性であろう。
 そこへいくと、今期の名人戦で、森内が郷田の扇子の音にクレームをつけたのは、当然と思われるかもしれないが、鈍感力としては、よろしくない。まさか郷田は、森内をいらつかせようとして大きい扇子の音を出したのではあるまい。むしろ、そんなことに無頓着なほど、鈍感であったのだろう。よって、鈍感力に限るなら、郷田の勝ちである。さて、現在、ニ連勝の郷田は、さらに鈍感力を発揮するか、森内は、そんなことに構わず、巻き返すか、あまり興奮しないで注目しよう。これもまた、鈍感力か。

2007年4月27日

才能の遺伝

 以前、ノーベル賞受賞者の精子を保存しておく、とかいう記事を読んだことがあった。なんと馬鹿馬鹿しいと思ったが、要するに、世間では、頭のいい親から、頭のいい子供が生まれる、という伝説があるようだ。
 しかし、私は、基本的に、才能の遺伝を信じない。例を挙げよう。また将棋か、と思われるかもしれないが、一番自信をもっていえる分野がこれなので、仕方ない。それで、いままで将棋のプロ棋士というのは、何百人もいるが、親子二代の棋士というのは、本当に数えるほどしかいない。すなわち、木村義雄名人の息子が、木村義徳。木村義徳は、何かの間違いでA級まで登ったが、到底親父には及ぶべくもない。次は、板谷四郎の息子が、板谷進。板谷進は、木村義徳よりもずっとましであるが、それでも、一流とまではいかないかもしれない。もっとも、板谷四郎も、それなりの実績にとどまったが。
 囲碁の方に目を向けると、顕著なのが、羽根泰正の息子、羽根直樹。羽根直樹は、棋聖、天元などのタイトルをもっていたことがあり、まだ若いので今からも伸びるだろう。掛け値なしの超一流棋士といえる。二世棋士で一流、という極めて稀な例といえる。
 数学の例をあげると、オイラーは10人くらい子供をもったが、誰一人、父親の才能の片鱗も受け継がなかった。ガウスしかり。ヒルベルトしかり。あっ、ベルヌーイ一族がいるが、まあ例外ということにする。
 要するに、私が言いたいことは、天賦の才能なんてサイコロを振るようなもので、親子で同分野の才能を期待いるのは、サイコロでぞろ目を期待するようなものだ、ということである。えっ、能や歌舞伎などの伝統芸能はどうかって?
 それは、要するに、無理やり型にはめて子供の頃からなんとかなる、という範囲だ、ということは、残念ながら将棋の厳しさには及ばないと思う。というのは、プロ棋士が、いくら自分の子供に教えたって、プロ初段(要するに、プロ未満)になることさえ、おぼつかないのだから。

2007年4月28日

カタルシス

 カタルシスとは、広辞苑によると、「悲劇を見て涙をながしたり恐怖を味わったりすることで心のしこりを浄化するという意味。」とある。私はここでは、単に、心の憂さを晴らす、くらいの広い意味で使うことにする。
 なんで急にそういうことを言うかというと、前日のバージニア工科大学の犯人の記事を読んでいて、どうも彼は、周囲の人と打ち解けることができず、心の滓を汲み出す、すなわち、カタルシスことがうまくできなかったことが一番の原因ではないか、と思ったからである。彼は、精神的に病んでいたが、病んでいたこと自体が原因ではない。例えば、躁うつ病だったとしよう。すると、欝状態で滓を溜めても、躁状態である程度解消することができる。よって、カタルシスということがいかに重要か、ということを改めて感じる。
 カタルシスといえば、なぜか、江戸川乱歩を思い出す。私は、学生の頃、彼の作品を沢山読んだ。すると、健全な探偵ものもあるが、椅子に潜り込んで隙間から他人を覗いたり、好きな女性を殺して、納屋に置き、毎日、次第に腐乱していく様を眺めるなど、あまりに猟奇的なものもあり、流石に私もどうかと思うものもあった。それで、江戸川乱歩本人は、作家にありがちの、実生活も乱れていたかというと、全くそんなことはない。彼は、とても優れた実務処理能力をもち、てきぱきと日常的なことをこなし、経済的にも安定していた。そうして、実生活で猟奇的・変態的な面は全くなかった。
 ただ、ときどき、孤独癖を発揮して、部屋に籠り、上記したような、場合により猟奇的と思われても仕方がないような作品も書いたのである。このことから考えられるのは、江戸川乱歩は、うまく、心の中の負の部分を作品を書くことで、カタルシスできた、ということになる。
 ところで、以前、このブログで、ユンク心理学の短いメモを書いた。そのユンク心理学の日本における大家の河合隼雄氏に、「影の現象学」講談社学術文庫、という名著がある。この本によると、どんな人間にも表の面と、影の部分がある。通常人は、表の部分を見せて、影は抑圧して生きているが、あまりに影を抑圧すると、影が復讐することがある。しかし、おそらく社会倫理上、影に全面的な覇権を譲って生きていくことはできない。そこで、重要なのは、影とどうやって折り合いをつけてやっていくか、ということになる。ただ、表=正義、影=悪、という二分法で割り切るのは単純化しすぎである。表=真面目で石頭の自分、影=ギャンブル好きで酒好きな自分、ということであれば、影が異常に悪、という訳でもない。
 さらに言うと、やくざというか、暴力団の存在である。世間の正論から言うと、暴力団は根絶した方がよい、ということになる。しかし、人間の弱さや社会の歪みはどうしてもなくならない。このとき、違法的にものごとを解決する要求がどうしてもでてきてしまう。すなわち、上記のアナロジでいくと、表=一般社会、影=裏社会ということになる。ということで、現実問題としては、距離をおいて眺めるより仕方がない。
 ちなみに、私がこうしてブログを書くのは、一種のカタルシスである。何ほどかの心の平穏には貢献していると思う。江戸川乱歩のように、エログロ・ナンセンスを書きたいという気持ちも、当面ない。それが、私が自分の影を必要以上に抑圧しているのでなければ、幸いである。

ボナンザについて

 今日、NHKテレビを見ていたら、ボナンザのことを放送していた。それで、自分のためのメモも兼ねて、コメントを交えつつ、レポートしてみる。
 先ず、ボナンザの作者の保木 邦仁さんのプロフィール。東北大学理学部化学科出身で、カナダ留学ののち、現在は、東北大学理学部の研究生だという。31歳。私の知る限り、研究生というのは、助手でも大学院生でもなく、中途半端な身分である。いわば、居候という感じ。
 私は、保木さんの専攻は、コンピュータ・サイエンスだと勝手に思っていた。それは、あのような強いコンピュータ将棋プログラムを独力で作れてしまうからである。しかし、実際は、理論化学なのだという。ということは、原子や電子の反応をコンピュータを使ってシミュレートする訳だから、コンピュータに熟練しているのは理解できる。でも、そういうプログラミングというのは、偏微分方程式を解くようなものであるはずで、手の探索を要するコンピュータ将棋プログラムとは、相当に様子が違う。
 また、保木さんは、大学将棋部OBなどのように、アマチュア高段者の棋力があるものと思っていた。しかし、本当に初心者なのだという。これにも相当の意外の気持ちを抱いた。
 保木さんが、こういうプログラムを作ろうと思ったきっかけは、IBMのディープブルーが、世界チャンピオンのカスパロフを破ったニュースをみたせいだそうである。彼は、それで、チェスのプログラミングの論文を読んで、最初はチェスのプログラムを作ろうと思ったが、この分野は、十分に開拓されすぎており、自分が独創性を発揮できる余地がないと思った。それで、子供の頃から、ルールだけは知っている将棋のプログラミングをしてみようと思い立ったそうである。
 保木さんのボナンザの特徴は、次のとおりである。まず、今の局面から3手だけ、全幅探索を行う。すると、1つの局面は、だいたい80通の手が存在するので、3手全幅探索を行うと、80の3乗で、51万2000通りの局面を評価することになる。さらに深めて、5手全幅探索を行うと、32億7680万通りの局面を評価することになる。しかし、評価するということは、その評価結果を一旦保存する必要があるので、よほど大きいコンピュータメモリでないと難しいだろう。それで、3手全幅探索である。ただ、個人的に大変疑問なのは、どうやって、将棋の初心者の保木さんが、局面の評価関数を作成したのだろう、ということである。これは、アマ高段者にも、難しい。駒の利き、玉の堅さ、駒の損得など、何かの将棋の文献を参照したのだろうか。
 さらに、保木さんは、50万手の棋譜をデータベースとして、入力したそうである。現在のものから、江戸時代のものまで。
 保木さんは、たった1年でボナンザを完成したのだという。これは凄い。
 こうして、ボナンザは、昨年、並みいる既存の将棋ソフトを破って、チャンピオンに輝いた。IS将棋や、激指など、複数のスタッフで作成しているのに、それに勝つとは、これも凄い。ちなみに、既存のコンピュータ将棋ソフトは、選択探索法だという。すなわち、良さそうな手を掘り下げる、という意味で、人間の思考に近い。また、ボナンザは、乱暴な攻め将棋である。一方、IS将棋や、激指は実に渋い。大山を思わせる。先入観かもしれないが、渋い方が間違えにくいので、負けにくい。これも意表をつく。
 ともかく、こうして、米長将棋連盟会長の企画で、渡辺竜王との対戦となった。渡辺竜王としては、この対戦を引き受けるに当たって、相当の葛藤があったという。当然であろう。勝って当たり前、負けると体面を失う。しかし、いつかは対戦しなくてはならないものなら、先鞭をつけようと、勇気を出して、引き受けたのだという。渡辺竜王も、対戦に当たって拱手していた訳ではない。同僚のプロ棋士と研究に励んだ。そして、ボナンザが、角銀交換を厭わず攻める、という特性を知った。
 保木さんも、渡辺竜王との対戦に当たって、一部チューニングした。すなわち、全幅探索に、一部、選択探索を組み込んだのだという。
 こうして、対戦が始まった。先手ボナンザの四間飛車に、後手渡辺竜王の居飛車。双方が穴熊になった。途中で渡辺竜王は、ボナンザが角を打って銀と交換したくなる局面を作った。それに乗っては、ボナンザが一気に不利になる。保木さんは、誘いに乗らないように祈った。プログラムの作者といえども、特定の局面でどんな手を選ぶのか、予想できないのである。しかしボナンザは誘いに乗らなかった。一部選択探索の成果か。
 局面は、意外にも、ボナンザの有利で、終盤に来た。終盤こそがコンピュータ将棋の独壇場である、誰もがそう思う。しかし、そこに誤解があるようだ。コンピュータ将棋は、詰みが見えたら、速いし間違えない。しかし、将棋の終盤は単純な詰む、詰まないではない。一旦手厚く駒を入れておくとか、早逃げしておくとか、わざとソッポに駒が逃げる、駒を捨てるなど、単純でない。終盤は、もちろんデータベースに頼れない(現時点で、だけれども)。
 それで、ボナンザはぎりぎりのところで、最善手を逃し、渡辺竜王の僅勝となった。敗れて強し。ボナンザは、プロ、アマ問わず、観る人全員にその印象を与えた。
 私は、ボナンザが、コンピュータ将棋が、これで飽和状態、完成状態にあるとは、到底思えない。後生畏れる可し。アマチュアの私レベルは、とっくに凌駕していてる。アマチュア・トップももう分が悪い。いまや、多くのプロ棋士が、内心焦っているであろう。いつ、実力で、コンピュータ将棋に追い越されるのか、と。

2007年4月29日

スキルの非対称

 スキルの非対称といっても、私の造語だから、なんのことか分からないと思うので、説明する。
 昨日書いたブログで、ボナンザの保木さんのことを触れた。彼は、もともと理論化学者で、いわば、趣味で、コンピュータの知識を活用し、かつ、チェスの論文を読んで、ボナンザを作った。
 それでは、こういうことがあるだろうか。あるコンピュータサイエンスの専門家が、趣味で、理論化学を研究し、新しい反応モデルに関する理論をうちたてる。これは、かなりありそうもない。別の例を挙げる。あるチェコ語の専門家が、チェコ文学に関する英語の文献を翻訳する、ということはあるだろう。しかし、英文学の専門家が、チェコにおける英文学に関するチェコ語の文献を翻訳する、ということは、なかなかありそうもない。
 このように、任意の2つのスキルというか分野をみたとき、どうしても、等方的でない。それを私は、スキルと非対称と呼ぶ。スキルAの専門家が、スキルBの分野をこなす方が、スキルBの専門家が、スキルAの分野をこなすよりも容易であるとき、スキルAはスキルBよりも特殊である、と呼ぶことにする。逆に、スキルBはスキルAよりも一般である、ともいう。
 さて、一般性の高いスキルとは、例えば、英語、コンピュータ、車の運転などであるが、それらはどういう特質をもつであろうか。考察してみる。

  1. まず、義務教育などを通じて、触れる機会が多いこと。英語など、まさにそうである。コンピュータも、情報教育と称して、小学校でも教えている。
  2. 日常生活に密着している。実は、法律がそうである。
  3. たしなむ人の人口が多い。
  4. それによって、とりあえず生活の糧としやすい。仕事をみつけやすい。

 また、例をあげると、大学で、機械工学などの工学系を専攻して、急に法律に興味をもち、司法試験の勉強をして弁護士になった、という例は結構聞く。しかし、大学の法学部で司法試験を目指していたのに、急に、例えば物理学に興味をもち、物性理論の専門家になった、といような話は聞いたことがない。英語、コンピュータ、法律に共通するのは、それに熟練すると食べていく機会をみつけやすい、ということがある。それゆえに、そのための教育を受けるための機関や情報に不足しない。このため、理論化学の専門家が、例えば、英文学を目指したとしても、学ぶ機会をみつけることに困難はないが、英文学の専門家がまかりまちがって、理論化学に興味をもっても、なかなか文献も簡単には手に入らない、ということになる。
 このように、私の考察では、一般論として、スキルの非対称が生じるのは、どちらかというと、そのスキルの外的要因に基づくものであり、スキル自体の性質ではない、ということになる。このことをきちんと理解しないと、例えば、英語学が、チェコ語学よりも易しい、と勘違いしてしまうことになる。しかし、英語学で、ある一定レベルに達する論文を書くことは簡単ではない。研究人口が多く、蓄積も多いが故に、チェコ語学において、その分野で認められる論文を書く以上に困難かもしれないのである。こうして、下層でのスキル易動性の方向が、上層では逆転してしまうかもしれない。
 これに関して思い出す例がある。私は、高校時代、多くの人がそうであるように、どのような分野に進むかで、迷った。物理学を専攻したかったが、科目で、得意なのは、相対的には、英語であった。また、語学全般に漠然とした興味はあった。そのとき、ある友人から、大阪外語大のウルドゥー語学科に入ると、その専門家が日本にあまりいないものだから、かなりの確率でどこかの大学の教授になれる、と聞いた。私の成績で、大阪外語大を目指せるかどうか自信はなかったが、でも、ウルドゥー語学科は一番偏差値が低かった。それで、その方面に行くことを真剣に考えた。今でも、そのキャリアもあったと考えている。というのは、物理学というのは、工学ほどではなくても、教師やコンピュータ会社に行く手はあるので、就職先がみつからない、ということはないかもしれない。しかし、その分野で、一線の研究者を目指すのは相当大変である。どうみても、ウルドゥー語で、ある一定以上の認められる成果を上げる方が簡単そうで、自分の能力と相談して、もっと真剣にキャリアを考えるべきであった。

おっぱい行脚

 テレビを見ていたら、ピジョンという幼児用品の会社の創業者社長の話がレポートされていた。確かに、うちの子供も、赤ん坊のとき、ピジョンの哺乳瓶を使った。トップメーカーというよりも、ほとんど選択肢が、それしかなかったと思う。
 それで驚いたのが、創業者社長(もちろん、いい年をした中年の男性)は、よい哺乳瓶を開発するために、全国の、乳児が生まれて授乳しているお母さんを訪ねて行脚し、実際におっぱいを吸わせてもらったのだという。成人の男が、授乳期の女性のおっぱいを吸う、というのは、私の経験だと、実際のその女性の夫である身分であっても、恥ずかしいというか、結構ためらわれる。それだから、知らないおじさんから、自分の妻のおっぱいを吸わせてほしいと頼まれたら、大義名分はどうであれ、まず言下に断る。
 おそらくそうやって何人もの女性、またはその夫に断られたであろうに、粘り強く説得したのであろう、その社長は、なんと全国で、970人の女性のおっぱいを吸わせてもらうことに成功したのだという。私としては、それを聞くとなんとも複雑な気持ちになる。
 それはさておいて、その成果を活かして、ピジョンは、ゴムではなくシリコーンの伸縮性が、実際のおっぱいに近い、哺乳瓶を開発することに成功したという。
 私は、かの創業者が、妙な気持ちではなく、純粋な企業家としての研究心に基づき、行脚したと信じたい。私のような俗人には、そういう状況で、煩悩を振り払うことは困難であるが。

ボナンザの補足

 ボナンザに関して、言い漏らしたことがあるので、補足する。
 まず、最初の戦法は、設定で指定しておく。相手が居飛車なら、四間飛車で、というように。では、渡辺が飛車を振ったらどうしていたのだろ、それならこちらが居飛車で、穴熊だったか。この辺の設定方法は、どうもよく分からない。
 また、一旦戦法が決まると、次の手は、定跡データベースで選ぶようである。これは、持ち時間の制約があるため、序盤は悪くならなければいい、という発想だろう。少なくとも、コンピュータにとっては、局面を検索して、定跡データベースから探し出すのは、瞬時の技である。
 このように定跡検索モードにしておいて、定跡データベースにない手が指されたときは、そこで初めて考えるようにする。よって、その場合、瞬時でなく、少なくとも3分くらいの短考が行われる。
 また、持ち時間が限定されていると、終盤になって、使える時間が限定されてくる。すると、手の探索を、ある時間内で打ち切って、その範囲で最善手と思われる手を、妥協として選ぶ。
 時間があっても、また、定跡データベースを使っていなくても、ボナンザが瞬時に指す場合がある。それは、私が推測するに、局面の評価関数の値が、ある閾値より大きいときは、他の手をさらに探すことなく、その手を選んでしまうのではないか、と思う。
 怪訝であったのは、投了の手筈である。作者の保木さんは、その棋力でも、流石にこれは負けだ、と最後の局面をみて思ったらしい、でも、自信がないので、駒操作係の奨励会員に聞いていた、これってもう負けですよね、と。それで、確認して、コンピュータの判断ルーチンではなく、作者の手操作で、負けということにした。この辺はなんとなく割り切れないものを感じる。確かに、あの局面は負けで一手一手であるが、まだ持駒が沢山ある。私だったら、特に、将棋の団体戦などであったら、まだ粘る。詰むまで指すかもしれない。NHK杯などでも、視聴者サービスのため詰むまで指すことは少なくないので、そのまでやってほしかった。もしかしたら、ああいう投了方法も、事前に将棋連盟と保木さんと打ち合わせていたのかもしれない。
 ボナンザの今後の課題は、どうプロ棋士、またはアマ高段者の支援を得るかである。今の棋力は、限界というにはあまりに高い、プロ三段近くありそうだ。そうやって高いが故に、ここからのブレークスルーが難しい。あるいは、Linuxのように、オープンソースにして、いろいろなフリークやギークのスキルを取り込むのもありだろう。

憲法改正

 最近、憲法改正の議論が喧しい。憲法改正を反対をする者の根拠の1つは、その象徴的な第9条が説く、非武装平和の理想である。確かに、近隣諸国を侵略して敗戦した直後の日本国にとって、非武装平和という重い枷は、必須であったであろう。アメリカ合衆国を含め、連合国は、暴れる虎を檻に入れるような気持ちであったろう、最早、日本を檻から出すものか、ということであったろう。
 しかし、私の拙い知識では、今の日本国憲法は、当時のGHQの主導で、大急ぎで草稿されたものである。細かい彫琢を経ていない。それを、自衛隊ができても、安保条約があっても、解釈論、解釈論で、ここまで切り抜けてきた。
 最早無理がある、と考えるのが妥当であろう。そもそも、自衛隊をどう「認知」するのか。ある一定規模の国民が、軍隊なしでどうするのか。攻め込まれたら、蹂躙されるがままにするのか。
 ある人々は、憲法九条の理念、理想の美しさを讃える。しかし、共産主義も、成果主義も、その理念は限りなく美しいのではなかったか。
 伊藤真の憲法入門、日本評論社という本がある。このシリーズには、民法、刑法、民事訴訟法などいわゆる六法があって、私のような法律音痴にもわかりやすく書かれていて、基本的には好印象である。しかし、この憲法入門は、いただけない。その人権議論が美しすぎるのである。国民は、理想を追求する権利がある、政府から不当に仕打ちをうけない、と説かれるだけで、それを実現するために、誰がどんな苦労をしなくてはならないのか、国民としてどんな義務を負わなくてはならないのか、見えてこない。
 少なくとも、憲法議論は、国民が苦労してお互い助け合う、という枠組みを導くものでなくてはならないと思う。人権は、そういう土台の上にできあがる。
 また、ヒットラーのような暴挙を阻止するのは、本当に難しい。ワイマール憲法が、とても美しい理念に裏打ちされたものであったことは知られている。われわれは、美しさに安住することはできない。
 国民一人一人が、自分の頭が考え、判断し、他人を助けることに高い優先順位をおく、自分がされたくないことは他人にしない、という黄金律を実行する、ということも地道に実行する土台の上に今の憲法議論がうちたてられるべきであるが、それは、最早道徳論、宗教論であって、憲法論ではないであろう。
 ともかく、安易なのは、今の憲法の理念に酔って、このままでよいと議論を延ばすことである。しかし、敢えて、憲法改正という困難な議論のパンドラの箱をあけて、皆で考え悩もうではないか。その結果、やはりいまの平和憲法がよい、というならそれでよい。議論もしないで、情緒的に、現行憲法の理念にしがみつくのだけは避けようではないか。
 

NHK杯戦 - 趙善津 vs 井山裕太

 本日の囲碁のNHK杯戦は、趙善津 vs 井山裕太。私的には、決勝戦にも匹敵するゴールデン・カードである。趙善津は、見るからに朴訥な人柄と、本格的なけれん味のない碁風で、私の好きな棋士の一人であるが、相手が、井山裕太となっては、天才好きの私としては、どうしても井山裕太を応援してしまう。
 ただ、私は、何度か井山裕太をNHK杯で見たが、私が見ている範囲で勝ったことがない。確か前回も、小林覚に負けてしまった。それで、今日もおっかなびっくり(天才、井山裕太には失礼な話である)見ていたところ、案の定?左上隅で、劫になるところを間違えて、無条件で、死んでしまった。ああまたか、と思っていたら、死んだ石を利きにして、左下に模様を張り、それをそのまま地にしてしまった。
 解説の、地合の計算では天下一品の石田芳夫が、左下がそのまま地になればね、と希望的に言っていたのであるが、中央で、井山のパンチが炸裂して、趙の四子をシチョウに取るとともに、本当に左下が大きく確定してしまった。ところが、趙善津は、苦渋の表情を作りながらも、じりっじりっと直ぐ後ろをついていくような地味な手で、応酬する。細かそうだったが、趙善津が右下をコスんだのに乗じて、井山が右辺を囲って、井山の勝ちが確定した。
 いろんな意味で、井山は、羽生の若いときに似ている。見かけは線が細くて、でも、盤上では、飛び道具のように好手が炸裂する。そんな羽生も今では、ふてぶてしいまでの風貌になった。
 羽生の小さな失敗は、芸能人の女性と結婚したことである。井山は、平凡な結婚をして、地味に伸びていってほしいと望む。

2007年4月30日

ネオテニー

 ネオテニーというのは、幼形成熟、すなわち、大人になっても子供のときの形態をとどめることをいう。なぜそういうことを言うかというと、人間は、どうも同系の猿と比べて、ネオテニーではないか、という説があるからである。確かに、人間は、猿と比べて、大人になっても髭や毛は薄いし、幼猿をそのまま大人にしたのが人間というのは、なんとなくうなずけることである。
 単に外形だけではない。猿は、産まれてそんなに時間が経たないうちに、自分で歩きまわれるようになる。犬や猫などもっと早い。一方、人間は産まれて3年たっても、なかなか自活できない。教育もあるにしても20年くらいたって、ようやく一人前になる。
 何かの本の受け売りであるが、人間は、こういうように長い時間かけて一人前になるところに、進化が進んでいるという根拠がある。
 なぜ突然このようなことを言うかというと、昨日、2つのことを見たせいである。1つは、早大の斉藤祐樹。昨日は、法政を相手に完投勝利した。新人としては、画期的なことだそうである。前にも言ったが、元ライバルの楽天の田中が、プロで通用しているところに鑑みると、斉藤もそれに匹敵するだろう。このような大学1年なのに、である。
 別のこととして、昨日、小学生将棋名人戦をみた。優勝したのは、なんと小学校4年の安西君。私なりに手を追っていたが、実に落ち着いている。昔は、小学生将棋名人というのは、煌めくような手を指すかというと、とてもひどい手を指して落差が大きい。ところが、安西君は、手が踊らない。不利になってもじっと逆転を狙う。
 この、斉藤祐樹と安西君の2つの事象を見ていて、人類のネオテニーのスキームが変わりつつあるのかと、つい随分飛躍したことを考えてしまった。
 私は、早熟の天才という一群の人々がいるのを知っている。ただ、私は、人類の大勢の傾向としての、遅発育というか、ネオテニーが維持されることを望む。というのは、哲学的思考というのが、優れて精神的なネオテニーの成果であるからである。子供のころ、多くの人は、空間とはなんだろう、時間とはなんだろう、と「青臭い」ことを考える。しかし、青春期を過ぎると、大抵は、そんな意味のないことを考えるのはやめて、株のこと、麻雀のこと、ナンパのこと、就職のこと、資格試験のことを考えて、健全に成長していく。それが何が悪いということになる。ただ、私は、世間の薬味としての精神的ネオテニーを大事にしてほしいと思う。人類の危機に際して、そういう人が、何か役に立つ、・・ということはないのだけれども。

イエスの弟子達

 先週、このプログで、キリストに罪はないとして、下記の本を紹介した。
「霊界通信 イエスの少年時代」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社
「霊界通信 イエスの青年時代」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社
 この続編として、「霊界通信 イエスの弟子達 パウロ回心の前後」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社を読んだ。先ず、感じたのは、イエスが刑死した後、その弟子達に対するすさまじいまでの迫害と、キリスト信者のそれに対する、強烈な信心と決意である。
 弾圧の一方は、イスラエルの伝統社会からのものである。すなわち、イスラエルの伝統社会では、ユダヤ教の司祭が絶対的な権力をもち、彼らは、キリスト教の隆盛による、自分達の権力の蚕食を怖れる。しかし、それは自らが、民衆レベルの苦しみを忘れるという愚を冒したからではなかったか。また、殺してはいけないというモーゼの十戒はどうした。これはまさに、宗教は容易に堕落し人間の欲望に迎合する、という例である。
 もう1つは、イスラエルを支配するローマからのもの。当時のローマの宗教はなんだったのか。どうも、ギリシャに由来する多神教のようなものだったらしい。ある意味、嫉妬深く、放埓な神々を、キリスト教徒は、堕落しており、天罰が下る、と断罪する。ローマは、それに対してキリスト教徒が、ローマを転覆させようとしている、と恐れを抱き、ユダヤ教徒と結託して、弾圧の締め付けを強化する。
 パウロはこんな中で、純粋なユダヤ教徒として、キリスト信者に圧倒的な嫌悪感を抱き、弾圧の限りを尽くす。しかし、あるとき、突然回心する。そうして、自分が蒔いた種は自分で刈り取るように、イエスの霊から指示を受け、苦難の人生を敢えて歩む。こうして、現代に至るまで、キリスト教の命脈は絶えることなく受け継がれている。
 私は聖書をきちんと読んだことはない。よって、ここで聖書の内容と、、「霊界通信 イエスの弟子達 パウロ回心の前後」と比較考量することはできない。しかし、この霊界通信の内容に関して、神学博士 W.P.パターソン主教 ダビッド・モリソン教授他20人以上の権威者が、この霊界通信の内容の的確性に折り紙をつける。
 このことは、霊界通信なるものの性質と信憑性を、改めて考えさせる。1つだけいえることは、「霊界通信 イエスの弟子達 パウロ回心の前後」では、イエスの弟子達が、決して美化されず、人間的懊悩、怯懦をもつものとして、とても人間的に描かれている。100%事実まではいかなくても、聖書よりは信頼性があるように、今は、思える。これを機会に、聖書にも親しんでみようと思う。

怒りについて

 確か、ローマのストア派のセネカだったか、「怒りについて」という著書があり、要するに、怒りは破壊するだけで、結局、よいことをもたらさないので、人生は耐えなくてはならない、というような趣旨だったと思う。
しかし、ここでは、ストア派ではなく、スリランカの仏教の泰斗、アルボムッレ・スマナサーラの趣旨に沿って、仏教的な意味での怒りということで述べてみたい。
 先ず、仏教は、無明→渇愛→煩悩→輪廻という流れを説く。
 無明とは、一切は無常であるという真理を理解しない無知な心。
 渇愛とは、尽きることのない欲望。
 煩悩とは、尽きることのない欲望による、放埓、懈怠、破廉恥、吝嗇、嫉み、恨み、欺き、驕り、慢心、諂い、後悔、怒りである。おそらく、それで尽きていないので、「等等」をつけるべきであろう。
 煩悩こそ、感情のデパート、なんと人間の感情は、多彩なのであろうか(少し意味は違うが、私は、刑法各論に記述された、犯罪の種別の多さにも、あきれてしまう)。
 さて、煩悩の一要素の怒りであるが、アビダルマによると、怒りは、嫌なことで怒る「怒り」と、「嫉妬」と、「吝嗇」と、「後悔」からなる。アビダルマによる怒りの定義は、上記の伝統的定義とは、少し異なるようである。
 これらの特徴は、今ふと私が思ったのであるが、「激しく」という副詞句となじむ。「激しく怒る」、「激しく嫉妬する」、「激しく吝嗇である(少し変か)」、「激しく後悔する」など。
 これらの怒りは全て、欲望があって、その欲望が満たされないことから生じる。
 さて、怒りの一番の特徴は何であろうか。それは、破壊である。怒りは、物を投げたりして、物を壊す。他人の肉体、生命、自尊心、心の平静を壊す。怒った本人をも壊す。例えば、病気は、怒った本人の毒素が自らの健康を害することにより起こるという説もある。自分に対して怒りが昂じると、ついには自殺に至ったする。
 では、怒りは、人間にとって例外的な感情なのだろうか。そんなことはない。
 先ず、人間の心は、怒りの海に棲む魚なのである。例えば、私は辛党で、スパゲティには必ず、タバスコをかける。その辛さがたまらない。怒りは、とても美味なスパイスのようである。
 よって、その帰結は、怒りは快感、ということになる。例えば、夫婦がいて、夫が浮気したとする。すると、妻にとって、それは格好の怒りの捌け口である。大手を振って怒ることができる。その結果、夫が出て行って、結局、却って不幸になるかもしれない。しかし、ある種の女性にとっては、そのような帰結に関らず、目の前の怒る、という欲望に抗することはできないであろう。
 典型的な怒りは、フランス革命である。そこに美しい理念はあったかもしれない。しかし、貴族に対する嫉妬その他の怒りが、正当化する途を与えられて、怒りは極限まで燃え上がった。同様のことは、ロシアの共産主義革命、中国の文化大革命、カンボジアのポルポトによる革命(ううん、あれは、革命ではなく単なる虐殺ではないのか)でも、起こり、怒りは、丁度、火事が、まだ燃えるものがある限り燃えつくすように、燎原のごとく広がったのであった。
 ここで、問いを発する。すなわち、怒りは、日常生活で、欠くべからざるものであるが、原子核反応炉の制御棒のように、きちんとコントロールされるべきものなのか、あるいは、完全に昇華して消し去ってしまうべきものなのか、ということである。
 現実的には、前者であろう。ナザレのイエスでも、ブッダでも、必要に応じて怒った。しかし、少なくとも仏教が目指すものは、後者であると思う。
 仏教以外の宗教がどうなのかは、分からないが、私の浅い知識では、キリスト教も、イスラム教も、少なくとも、怒りをシステマチックに解析していない。それどころか、怒りを、布教活動に活用しさえしているように思われる。
 しかし、発癌や臓器別の癌の性質を研究したりしないと、癌を治療することが難しいように、怒りも、組織的な研究の対象とする必要がある。この点で、いまのところ、仏教に優るものはないのではないか、と思われる。

About 2007年4月

2007年4月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。