« 言語の距離 | メイン | 日本昔話 Remix »

5W1H系列

 数日前に、WhyとHowについて論じたが、英語の5W1Hについて、同様に系列を考えることができる。

1. What 系列 - これは何ですか。これは、犬です。何の犬ですが。柴犬です。その柴犬の首輪は、何色ですか。・・・のように、What系列は、即物的であり、広がらないが、あまり減衰しないで続けることができる。

2. When系列 - いつ来ますか。明日です。明日のいつですか。午前中です。午前中のいつですか。10時半です。・・・When系列は、あまり続かない。時間という概念が一次元だからである。

3. Who 系列 - あなたは誰ですか。山田太郎です。結婚していますか。いいえ、独身です。・・というように個人情報を探るものであるが、そんなに広がらない。個人の属性はあまり多くないからである。無理やり、国籍、年金番号など広げる手もあることにはあるが。

4. Where系列 - どこですか。太陽系です。太陽系のどこですか。地球です。地球のどこですか。日本です。・・・ Where系列は、対象は三次元かもしれないが、地名空間としては、二次元という気がする。というのは、頭の中では、3次元から2次元への写像が生成されて、そこで答えているように気がする。Where系列は、結構引き伸ばすことができる。

 以上の4系列と、既出のHow及びWhyの6系列を混交して、

(What | When | Where | Who | Why | How)* という正規表現で、任意の問いの5W1H系列をあらわすことができる。
 ここで、定理: 5W1H系列の濃度は、加算無限である。
 証明:What系列を考えよう。1+1はいくらですか。2です。2+1はいくらですか。3です。・・のように無限系列を考えることができ、これは、加算無限である。
 すべての問いの集合は、5W1H系列と同型である、と言えるか? そうであるような気もするが、分からない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/120

About

2007年4月20日 07:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「言語の距離」です。

次の投稿は「日本昔話 Remix」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。