« Amazon.comのカスタマ・レビュー | メイン | 三省堂のブックサイト »

名人戦第1局

 名人戦第1局、森内名人対郷田九段は、いきなり波乱があった。それは、第1日目に、郷田の扇子を鳴らす音がうるさいと、森内が郷田にクレームをつけたのである。その協議のため、10分間の中断があった。
 今までも、対局に際して、棋士どおしで言い争いになったことがないではない。例えば、木村名人が、升田に、煙草の煙を吹きかけたとか、大内が、加藤一二三の無神経さに腹を立てたとか、大山が、山田道美が、盤上に屈みこんでいるのをみて、「暗くしなさんな」と怒ったり、ある棋士は、暑いから窓を開けろ、一方の棋士は、寒いから閉めろ、などである。
 しかし、多くの場合、怒った側が歩が悪い。冷静を失うからであろう。この勝負も、怒った森内がまずいかと思っていたら、さきほどホームページを見たら、119手で、やはり郷田が勝ったそうである、
 ただ、郷田の場合、今期のA級で汚点があった。それは、対久保戦での、「時間切れ」疑惑で、一時間中断があったからである。このように、滅多にない中断で、どちらも郷田がからんでいるとなると、郷田に何か非があるのではないか、と人情としては、つい考えてしまう。
 もし、これを郷田が、無意識のうちにやっているとしてたら、本質的に無神経なのかもしれない。では、このまま、無意識を続けていると、郷田は勝てるか、というとそれは別問題である。
 そもそも、相手を怒らせるのが小さい怒りなら、相手の棋力は一時的に低下する。しかし、そうではなくて、大きく深い怒りなら、思考は冴え渡り、棋力は逆に向上する。
 このように、怒りのエネルギーは、かき集めると、とても大きい。さて、名人戦は、第2局以降どうなるか、私は、森内が持ち直す、とみる。そして、最後は、4-3で森内であろうか、どうも予測がつけにくくなった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/90

About

2007年4月11日 23:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Amazon.comのカスタマ・レビュー」です。

次の投稿は「三省堂のブックサイト」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。