« ベジタリアン | メイン | 憑依について »

公理的運命論

 適切かどうかは、関係ないが、1つの運命論として、下記のようなものがあると思う。


  1. 運命は、無価値である。
    - 価値を付与し、解釈するのは、例えば人間である。それは、運命自体とは関係ない。

  2. 運命は、時間的・場所的に、非局所・等方的である。
    - 運命にとって、特別な時間・場所など、ない。

  3. 運命は、個々の配役の本来もっているポテンシャルだけを使って実現される。
    - 本来もっていないポテンシャルが、ある時点で特別に関与することはない。

  4. 運命は、非可逆である。
     - これは、他の命題と無矛盾かどうか、分からない。しかし、人間的には、そうとしか思えない。

 これは、もしかして、老子の説く、道(タオ)と似ているのかもしれないが、微妙に違うような気もする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/109

About

2007年4月17日 09:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ベジタリアン」です。

次の投稿は「憑依について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。