« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月 アーカイブ

2007年5月 1日

父娘一家 娘餓死事件

 数日前、父娘一家 餓死事件というのがテレビで報道されていた。
 背景は、次のとおりである。父親は、50代後半でも建設作業員。娘は、30歳で、少し精神的に障害があって、介護が必要であるが、自分で料理を作って食べることはできる。この一家には、母親がいたが、昨年病死したという。
 このような状況で、娘が餓死した。体重は、20kgしかなかったという。こういう状況だと、誰がもが父親を疑う。すなわち、娘をどこかに閉じ込めて、ずっと食事を与えない、という状況を想定する。ところが、餓死した娘は、特に物理的に拘束されている様子はなかったという。また、さらに疑問なのは、冷蔵庫には、食べれる状態の、調理済みの食料があったという。この数日で、娘自身が調理したと推定される。
 では、父親はどうしていたか、というと、娘の介護に疲れたのかどうか知らないが、2月から、このアパートに帰っていないという。娘は、というと、食事をつくって、父親の帰りをずっと待っていたのではないか、と推定されるという。すなわち、父親が一緒にいないと、食事しない、ということである。
 このような心理は、流石に、理解を超える。それで思い出したのが、原始キリスト教で、信者として投獄された女性やその幼い子供達も、信仰を救いとして、飢えても渇いても、取り乱さず、キリストを祈りながら死んでいった、という。また、9.11テロの爆弾自爆犯をも思い出させる。これらに共通するのは、自己の生存本能を打ち負かしてしまう、ある種の精神である。宗教にあっては、これは、殉教ということになるのだろうが、その娘の場合、残された唯一の肉親かもしれない、父親への思いが、宗教的な高みまで達したのだろうか。
 これは、いわゆる美談、というとのとは、違う。しかし、私には、いろいろ考えさせる事件である。

2007年5月 2日

人生の目的

 人生の目的というか、何のために生きているのだろう、という問いを生涯に亘って発しない人は、少ないだろう。
 私は、10代の頃は、甚だ楽観的で、科学者になって、なにか画期的な理論を考え出して、世の中に貢献できばよいと思っていた。それで、私なりに一生懸命勉強したが、20代の前半にその試みに挫折したとき、突然、生きる意味が分からなくなった。あの状態で、他の不幸が重なるか、または、精神状態が不安定だったら、自殺したかもしれない。
 20代の半ばで、友人の勧めで、ライヘンバッハやラッセルなどの科学哲学、及び、その系列でウィトゲンシュタインなどの本を読むようになつてからは、論理的人生観をもつようになり、すると、当然の帰結かもしれないが、人生は論理的に無意味である、と思うようになった。
 そうしていると、A型肝炎に罹り、3ヶ月入院した。見合いで結婚もした。そうやって世間の軋轢に晒されるようになると、ニーチェだったか、ショーペンハウアーだったか、認識の徒という言葉が頭から離れなくなった。すなわち、人生は、生きて、いろいろなことを考え認識するためのものである。ということである。人生という巨大な映画を観るのだ、ということである。そこには、自分も、劇に参加する、という意識はあまりなかった。
 ところが、30代後半だったか、たまたま、スピリチュアリズムの本を、別の友人に紹介された。そこには、人生の一番大事な目的は、他人を助けることである、とあった。これはある意味、とても分かりやすい。しかし、当然であるが、私はというか、人間全般は、我欲があるので、言うは易く、するは難しの典型であった。実際、他人を助けるという方針でやってみると、却って、これでもか、と次の困難がやってくるのである。丁度、学校で、ある練習問題がとけました。と先生に申告したら、じゃ、これも解いて、ともっと難しい問題を与えられるようなものである。しかし、私の能力というか忍耐力には限界があるので、ある程度以上の難しい問題は、うっちゃっておいて、今に至っている。
 また、認識の徒として世間を眺めることも続けており、このような拙いブログを書くこともその一環であるが、映画のように、事象から距離を置いて眺めるだけでは、認識は深まらない、ということも分かった。すなわち、意義深い映画は、それなりに料金を払わないと見せてもらえないが、人生の認識の徒たる料金は、人生で味わった辛さ、流した涙、痛みである。そんな料金を払う必要があるなら、人生の認識の映画館に入るんじゃなかった、と思うのだが、もう遅い。
 ただ、幸いなのは、もう、何のために生きているのだろう、と悩むことはなくなった。悩むことに不自由しないからである。幸いというべきなのだろうか。

水槽のバクテリア

 一昨年から金魚を飼っている。たまたま、夜店で掬ったものだが、5匹いて、どうせすぐ死ぬと思っていたら、確かに、最初の一匹の黒出目金は直ぐ死んだが、後の4匹は、とても元気である。餌を与え続けていたら、大きくなったので、大きい水槽を買ってきて移した。
 先週末、どうもエアポンプの空気の出方が減っているので、フィルタを買いに、近所のホームセンターに行った。そのついでに、ああ、確か水槽が濁っているね、と思って、浄化剤なるものを買った。
 浄化剤は、何かの化学薬品かと思ったら、なんと、バクテリアだった。すなわち、金魚といえども、ある意味人間と似た生理作用で生きているので、当然、オシッコもする。すると、水中にアンモニアが出る。これが溜まって、水中のアンモニア濃度が高まると危険なので、浄化剤には、アンモニアを分解する、ニトロモナス属というバクテリアが含まれている。ところが、ニトロモナス属がアンモニアを分解すると、亜硝酸になって、これがアンモニアよりも却って有害なので、浄化剤にはさらに、ニトロバクターFという、亜硝酸を分解するバクテリアが含まれている。浄化剤には、それらのバクテリアの働きを助ける酵素も含まれている。こうして、アンモニアが無毒化される。
 浄化剤には注意書きがある。すなわち、基本的には、砂利敷きにバクテリアは着床するので、もし砂利敷きがない場合は、規定により少なめに、浄化剤をいれるべき、だそうである。そうしないと、着床できない浮遊したバクテリアが、金魚のエラに付着して、最悪の場合、金魚を呼吸困難にして死に至らしめるという。
 さらにまた、これらのバクテリアは、バクテリアとしては珍しく、好気性細菌なので、エアポンプで、十分な酸素を供給する必要がある、という。
 ううん、こんな狭い世界で、なんと複雑な生化学反応がひしめいているのか、とうなってしまった。
 しかし、この水槽の中は、まだしも単純な生物的系であろう。これが水中でなく土壌となると、そのバクテリア系の複雑さは、想像を絶する。大学の教養のときに、たまたま、生物の講義で、岩波新書「大地の微生物」という本を使った。著者は、服部勉という東北大学の先生。私は、その講義で、土壌のバクテリアのめくるめき世界を知った。火星の生物世界を知ったような驚きであった。
 世界を記述しようとするとき、極小の素粒子の世界と、果てが知れない宇宙の間を線で結んでみるのが、1つの方法である。しかし、このバクテリアの世界は、その線上にない。なぜなら、物質的に記述する世界では、バクテリアの目眩きさは、視座に入らないからである。
 こうして、ウィルス、バクテリア、その他の小動物から始まる系列を別途考えている必要があり、世界を記述することは、なかなか困難なのである。

2007年5月 3日

見切りについて

 梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」を読んでいて、あれっ、と思ったことがあった。それは、梅田氏が、13歳からプログラムを書き始めて、大学でコンピュータ・サイエンスを専攻したのに、23歳で、才能に見切りをつけて、コンピュータ・プログラムを書くのを止めた、という件である。
 私は、プログラムを書き始めたのは、27歳くらいで、大学でそういう勉強はしていないし、だからという訳ではなく、才能がないからであるが、本当に恥ずかしいレベルのものしか書けていない。100%に近い自信をもって言えるが、梅田氏の方が私よりもコンピュータ・プログラムを書く才能というか、スキルがあるに違いない。
 そもそも、私にとって、その巧拙はともかくとして、コンピュータ・プログラムを書くことは、ちょっと比類のないくらい楽しいことであり、才能がないから止めるというのは、ご飯を食べる才能がないから、もうご飯を食べない、というくらいに私には理解できないことである。それで、私は、次のようなことを仮定してみた。
 先ず、梅田氏は、凡そ、打ち込んでやる、ということに対して、ある一定水準以上のレベルに到達できる見込みを重視する。よって、私だったら、そのレベルでいいじゃん、というようなレベルのプログラミング・スキルが、梅田氏には、我慢できないのであろう。
 更に、梅田氏には、コンピュータ・プログラミングよりももっと、遣り甲斐をもって、才能を発揮できることを見出したのだろう。すなわち、先端技術に触れつつ、コンサルタントというか、経営的な手腕を発揮することであり、そういうグローバルな才能にとっては、変数宣言のちょっとしたミスがバグにつながるようなコンピュータ・プログラミングは、少し息苦しいかもしれない。
 私は、同様の例を、京都大学英文科の大学院教授、若島正氏に見る。若島氏は、京都大学理学部数学科出身で、趣味の世界では、指し将棋の強豪だし、詰将棋では、その業界で知らぬ者もない達人であるが、数学の方でも、教授が褒めるほどの才能を発揮していたという。彼が数学に打ち込んだら、相当のところまで行くに違いない、と。しかし、若島氏は数学を捨ててしまった。理由は、大学の同じクラスに、凄い才能のある人がいたせいだと、何かの書き物で読んだことがある。若島氏は、自分には考えられないような数学的概念を、同僚には見えていると知って、愕然としたそうである。ここでも梅田氏との共通点をみる。すなわち、自己の才能に対する要求水準が異常に高く、それに達せられないと分かると、やる気がなくなってしまうのである。
 若島氏は、大学を卒業してしばらく、定時制高校の数学の先生をしていた。しかし、勉強したいという気持ちは抑え難く、当時、数学と並んで好きだった英語を勉強して、京都大学英文科の大学院を受けた。そうしたら、意外にも?受かって、大学院を卒業後、一旦神戸大学だったかの助教授に就いてから、京都大学の助教授、教授と進むことができた、という次第である。こういう表面的な順風満歩にも拘わらず、若島氏にとっては、数学を捨てたことは、忘れられない失恋のように辛いことかもしれない、と私は勝手に推察している。
 ともかく、梅田氏であれ、若島氏であれ、私が下手の横好きでたまらない、プログラミングと数学を捨て、別の世界で成功している、というのは、私にとって、どう感想を言い表してよいのか分からないことである。別に乗り換えなくたって、その道で地道にやっていれば、そこそこ成功して楽しくやれていたでしょうに、とやっかんでみたり、でも、きっと本当に好きなことを捨てたんだから、それなりに古傷も痛むよね、と勝手なことを思っている次第である。

憲法9条について

 テレビを見ていたら、作家の瀬戸内晴海が出ていた。彼女は、尼僧でもあるので、さまざまなところで、法話を依頼されるのだという。
 それで、こんな話をしていた。ある法話を終わって、何かコメントか感想はあまりせんか、と聞いたら、前にいた一人の中学生が、「憲法9条は、改正されますか。」と聞いたという。「どうして?」と聞いたら、「憲法9条が改正されたら、戦争になるんでしょ。僕は、戦争になって、死ぬのは嫌だ。」と答えたという。そういう話は、いかにもありそうであるが、瀬戸内晴海は、「こういう話もあるように、憲法を改正してはいけない。」と結論付ける。
 で、私は、ちょっと待ってよ、と思うのである。例えば、こういう話だったとしたら、どうだろう。一人の中学生が、「税金は増やされますか。」と聞く。「どうして?」と聞いたら、「だって、税金が増やされたら、使えるお金が減って、生活が苦しくなる。税金が増えるのは、許されないです。」
 私が言いたいのは、庶民の我侭を、そのまま憲法や公共のことに敷衍することは必ずしもできない、ということである。すると、そういう庶民感覚こそが政治に重要なのだ、と反論を受けるかもしれない。
 すると、こういう例はどうだろう。会社のある部門に、PCサーバがあるとする。多くの社員は、単なるユーザーで、一部のシステムに強い社員が、本来の仕事とは別に、サーバをメンテナンスしている。そこで、サーバの不具合でダウンして、業務に悪影響が出たとする。そこで、ある一般社員が、サーバがダウンするなんて、もってのほかだ。仕事ができないではないか。システム担当者は何をやっているんだ。自分は、いつでも使いたいときに、サーバを使う権利があるはずだ。自分の権利を奪うんじゃない、と怒るかもしれない。そのとき、上記の瀬戸内晴海の発言は、「そうよね。あなたは正しいわ。あなたの権利は、なんとしても護られるべきで、そういう貧しいインフラを提供している会社が悪いし、システム担当者がきちんと対応しないのが悪い。」といっているように、私には響くのである。実際会社に不手際があったかもしれないが、サーバというのは、原因不明で使えなくなることがある。そのとき、単に権利を主張しないで、少なくとも、一緒に原因を考えたり、苦労の一端をみんなが担おうではないか、というのが私の言いたいことである。死にたくない、面倒なことをしたくないのは、誰でもそうである。ただ、状況に応じて、命を懸けてでも、誰かが公共の福祉のために頑張らなくてはならないことがある。単なる我侭を大義名分にすることは、できれば避けてほしい、とささやかながら願うのである。

Early Retirement

 Early Retirementというのは、要するに、早期退職のことである。ところが、梅田望夫の「シリコンバレー精神」によると、生涯働かなくても食べていける時点を、Early Retirementのゴールと呼ぶのだという。
 私が勝手に作った記号でこのことを説明する。いま、E(Y1, Y2)を、年齢Y1から年齢Y2までで稼ぐ金額とする。当然、Y2>=Y1である。同様に、S(Y1,Y2)を、年齢Y1から年齢Y2までで使う金額とする。
 そうして、Early Retirementのゴールの年齢を、Gとする。
 Early Retirementのゴールの計算では、便宜上、78歳で亡くなる、と想定するそうである。
 また、これも便宜上、大学を23歳で卒業して、そこから働きはじめるとする。また、簡単のため、大学を卒業するまでは、親に負担してもらい、特に貯金などはないと想定する。すると、次の式が成立する。
E(23,G) - S(23,G) > S(G,78)
式を変形して、S(23,G) + S(G,78) = S(23,78)であることを利用すると、
E(23,G) > S(23,78)
 すなわち、23歳から、G歳で引退するまでに、S(23,78)以上の金額を稼ぐ必要がある。
 これも便宜上、1年に1千万円必要と仮定すると、S(23,78)は、5億5千万円。
 もし、50歳で悠々自適の生活をしようとすると、だいたい、年収2000万円を、23歳からコンスタントに稼ぐ必要がある。しかし、大学を出てすぐは、そんな高い給与は普通無理で、30歳くらいまで貯金はできないと仮定する。そこで、30歳くらいから貯金し始めると仮定すると、
E(30,G) > S(30,78)
 すると、だいたい、年収2400万円を、30歳からコンスタントに稼ぐ必要がある。これは、パートナー弁護士になるとか、シリコンバレーで起業するとか、腕利きの医者や会計士になるとか、伸び盛りの会社に入ってストックオプションをもらうなどの方法以外では難しそうである。
 まあ、だいたいが、50歳で悠々自適の生活をしようという発想が横着で、病気でもない限り、また、社会に貢献できるかぎり、働くのがよい、という当然の結論であった。


ワシントン高級売春摘発

 朝日新聞のホームページによると、ワシントン政策エリートが、高級売春を利用したとして、辞任騒動が起こっている、という。
 "女性は「DCマダム」と呼ばれ、電話を受けて女性を派遣、06年に売春組織を経営したとして起訴された。裁判で証言を求めるため、に電話番号から利用者を割り出すことを決意。"とあるが、どうして、利用者を割り出して裁判で証言を求めることが、意味があるのか、よく分からない。単に、売春の罪を確認するにすぎないのではないだろうか。それとも、そうやって利用者の政府高官にプレッシャを与えることで、体のいい「強請」を行っているのかも、とも邪推したくなる。
 こういうふうに、政府高官が、コールガールを利用する、というストーリーは、ゴルゴ・サーティーンなどでもよくあったが、ゴルゴ・サーティーンでは、そのこと自体のスキャンダルもさることながら、寝物語に、政府高官が、コールガールに、国家機密を話してしまう、というものだった。その際、コールガールは、他国のスパイ、というのもよくあるストーリーだったが、冷戦が終わって、そういうストーリーも流行らなくなったかもしれない。
 そうでなければ、政敵の罠、というのもよくある。すなわち、男は、その手の電話攻勢になかなか強い意志で抗うことができない。執拗に誘われれば、かなりの確率で、嵌ってしまうのではないだろうか。
 しかし、それでも、軽率さは、言い訳の余地はないと思う。

2007年5月 4日

梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」

 梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」を読了したので、例によって、コメントを交えつつ、要約してみる。
 まず、シリコンバレーとは、現代のゴールドラッシュの地である、ということである。
 第1に、気候が温和で、年間を通じて、暑すぎもせず、寒すぎもしない。治安も比較的いい。東部のような閉塞感はなく、自由の気風に溢れている。
 第2に、伝統に縛られないで、ベンチャーキャピタルという、返さなくていい資金の制度が発明された。ここでは、アイデアを説明して、ベンチャーキャピタリストに、資金を提供させるためのプレゼンテーションが必要となる。
 こうして、アイデアが認定されると、ハイリスク・ハイリターンの、いわば、鮭の卵の孵化のような、多産多死モデルを試すことができる。確率は低いが、一攫千金である。
 但し、条件がある。すなわち、素人の思いつきは通用しない、ということである。アイデアは、少なくとも大学院レベルのきちんとした学識に裏打ちされていなくてはならない。この地に、産学協同のメッカ、スタンフォード大学があるのは、当然ながら、偶然ではない。グーグルの創始者たちも、スタンフォード大学で研究して、線形代数の数理を、インターネットの相互リンクの構造をたどる数学的モデルに適用するアイデアを思いついた。そうして、大学の片隅で、ガラクタのコンピュータを組み立てて、自らのアイデアをインプリメントした。
 このように、シリコンバレーには、コンピュータ・ナードの存在が必須である。コンピュータ・ナードは、風采はあがらないかもしれないし、金儲けに興味はないかもしれない(money just doesn't hurt = お金はまあ、邪魔にならない)。そうして、ひたすら、プログラミングのアイデアを考え、コードを書くことに喜びを見出す。決して典型ということはないが、Linuxのリーナス・トルバースは、1つの例であろう。ビジネスの興味があってもなくてもよいけれども、ともかく、そういう沢山のナードたちがいなければ、シリコン・バレー自体が成り立たない。
 シリコンバレーにあっては、その、喜びを見出す、というか、自分のアイデアに惚れ込む、ということと、困難を突き進む(muddle through)ということが本質的である。多産多死モデルにあっては、muddle throughしたからと言って、成功する可能性は、かならずしも高くない。しかし、困難がないということはないのだから、粘り強く、また、自分のアイデアに、惚れて惚れまくらなくては、成功は覚束ない。
 さて、ナードと、ビジネスセンス溢れる人達がいたとして、その人たちと、ベンチャーキャピタリストとを仲介する人達も必要になってくる。梅田氏が興したのも、そういう会社である。
 そういう仲介の会社は、ある程度の資金と、技術の目利きと、相当の人脈が必要である。例えば、ベンチャーキャピタリストから支援されて、ある程度成功を収めると、そういう会社を、マイクロソフト、HPなどの従来型の大企業に買い取ってもらう機会が生じ、それによって、巨万の富を得ることになる。
 こうして、富と、技術の目利きと、相当の人脈を以って、かつての企業家が、今度は、ベンチャーキャピタリストまたは仲介者になる、という途もある。
 技術の側面に戻って、ここからは私の意見であるが、シリコンバレーにあって、IT技術というのが本質的である。梅田氏がいみじくも指摘するように、よいアイデアは、会社ではなく、個人から出る。従って、シリコン・バレーでは、パーティがあっても、ファースト・ネームだけが大書され、姓や会社名は、申し訳程度に書かれているに過ぎない。しかし、特に、個人の能力やアイデアは、IT技術において、顕著に活かされる。これが、例えば、鉄鋼、家電、自動車産業だったとする。そこにも当然、個人の能力やアイデアは活かされるが、そもそも、例えば、個人が思い立って、鉄鋼会社を作り出すことなど不可能である。IT技術は、最低限、インターネットに接続されたパソコンがあれば、なんとかなる。OSも、ソフトウェア・ツールも、只でも入手可能である。
 ITであっても、OSなどの複雑なソフトウェアだと、やはり、個人で立ち上げるのは難しいかもしれない。
 ともかく、Web2.0のマッシュアップの時代では、既存のツールを組み立てて新しいビジネスを立ち上げることが可能なので、まだまだ個人のアイデアが活かせる。シリコン・バレーも健在である、と信じる。

日本の数学 - その1

 岩波新書「日本の数学」 小倉金之助著、を読んでいる。あまり知らない分野なので、自分用のメモとして、少しずつまとめてみる。
 先ず、辿れる範囲の歴史としては、欽明天皇の時代に、百済から暦に関連するものとして、数学書が伝来した。時代としては、6世紀中ごろということになる。そうして伝来すると、租税の計算、土木、天文に関連して、発達した。当時は、算木を利用して、数字が表現された。この算木は、現代の占いにも引き継がれると思われる。
 平安朝時代、すなわち、8世紀になると、既に九九の計算が知られていた。ただ、平安時代は、数学としては、特に見るべき発達がなく、戦国時代になって、復活することになった。
 1622年には、毛利重能の算術論が発行された。日本で始めての数学書といえる。これは、珠算の本で、特に割り算を扱ったものであった。
 1627年になると、吉田光由の「塵劫記」が発行された。これは、中国で発達した数学を、改めて書き直したもので、整数、度量衡、比例、按分、利息計算、級数、平方根、立方根、幾何図形、面積、体積、測量などを、具体的に取り上げた。この本はさらに、鼠算として、ネズミが子を産んで増えていく計算や、その他の難しい計算も、実例に即して取り上げた。さらに、ピタゴラスの定理、多角形、円周率の計算、一次方程式にも及んだ、というから、今の中学生レベル、場合によっては高校生レベルに達するものであろう。
 一方、中国には、天元術、すなわち、未知数の変数を使う代数が13世紀からあって、1299年に、元の朱世傑は、「算学啓蒙」という書物をあらわし、天元術を紹介した。
 これらの書籍に拠りながら、橋本正数は、天元術に精通し、その門人の沢口一之は、1670年に、「古今算法記」を著した。これはまさに、中国伝来の天元術を消化したばかりではなく、さらに前進させた名著であった。すなわち、二次方程式を、17世紀の段階で、組織的に解くことができたのである。
 こうして、次なる和算の発展の基礎ができたが、長くなるので、次稿に譲る。

日本の数学 - その2

 和算の中興の祖は、何と言っても、関 孝和である。関は、おそらく1640年に生まれ、1708年没。
 関を含めた、この時代の和算家の業績は、点竄と称する、筆算代数の確立である。ただ、関だけの業績ではないようで、誰の貢献なのかは、不明。
 さて、関 孝和の業績は、行列論、整数論、方程式論、また、円理と呼ばれる、円周の長さや円周率の計算など、多岐に亘る。また、中国などから輸入した知識をうまく総合し、一門をつくって、弟子の用養成に努めた。その高弟の一人に、建部賢弘(1664 - 1739)がいる。建部は、帰納法を確立した。また、鬼才、久留島義太などもいる。
 余談であるが、詰将棋の天才、伊藤看寿は、1719の生まれで、ほぼ同時代人。将棋を知らない人には説明困難であるが、伊藤看寿の煙詰も、相当にすごい。
 また、西洋のニュートンやライプニッツともほぼ、同時代であった。よく話題になるのは、関 孝和と、ニュートンやライプニッツとの独創性の程度と先行性である。ところが、なぜか、著者の小倉氏は、関 孝和の肩をもたない。すなわち、門外不出にしたことと、特殊な使いにくい記号にとどまってしまったことで、和算の発展が止まってしまったことから、ニュートンやライプニッツに軍配をあげる。
 私は、身びいきと、与えられた中国数学からの出発というハンディで、関 孝和の和算の一派も凄い、と思いたい。

2007年5月 5日

日本の数学 - その3

 和算は、安島直円(1733-1800)に至って、洗練された。すなわち、安島は、叙述的な、すなわち冗長な旧来の和算の本の記述を合理化し、見通しをよくした。
 また、安島は、円理の発展に貢献し、微小切片の和としての、積分のような技法で、円の面積を求めることを可能にした。
 藤田貞資(1734-1807)は、安島とほぼ同時代であって、その「精要算法」において、和算を簡単化し、また、その序文に、「今の算数は、用の用あり、無用の用あり、無用の無用あり。」と説く。まさに、前世紀のイギリスの数学者、ハーディの「純粋数学は、何にも役に立たないところに、美がある。」を彷彿とさせる。
 江戸時代にあって、和算は、ある意味、習い事のような技芸であり、それゆえに、流派や、流派間の対立があった。そこで、会田安明は、関孝和の流れをくむ藤田貞資に、論争を挑み、「・・・関氏も達人にあらざることは明らかなり。」と批判する。流石に、関孝和が達人でない、ということはないので、論争のための論争の面もなくはない。
 文政の時代(1804-1829)になると、和田寧(1787-1840)は、和算をさらに洗練させて、積分の計算をさらに簡単化させた。ここに、和算は、その極みに至ったといえる。
 ここで、和算が途絶えてしまった理由を考える。すると、やはり、明治時代になって、西洋から、西洋数学が入ってきたことに、一番の原因がある。和算は、problem solvingにそのエネルギーを注ぎ、その成果は精妙を極めたが、しかし、産業の発達が伴わなかったので、和算の成果が、産業に応用される可能性は、ほとんどなかった。わずかに、天文学にその応用をみる。しかし、偏見かもしれないが、ケプラーやニュートンのような定式化には至っていないはずである。
 また、西洋では、カントやライプニッツが、数学と哲学(神学?)とを関連付けたが、そういう思想的な深みにも至らなかった。
 こうして、和算は、いまや、数学史家の研究にしか、その名残をみることができなくなった。しかし、例えば、フェルマーの定理の解決の道筋を考えてみるがよい。そこには、谷山-志村の予想があり、また、岩澤健吉の定理もあらわれる。要するに、現代数学で、日本人数学者は、とても枢要な役割を果たしており、私には、日本人のDNAに脈打つ和算の伝統が、そこに利いてきているように思えてならない。
 また、「日本の数学」の著者の小倉金之助氏は、西洋数学に対して、和算をどうしても低く見る論調であるが、丁度、ガロアやアーベルの論文から、現代数学の課題が生じてきたように、関孝和や安島直円などの書物から、新しい数学的概念が抽出されないとも限らないと思うのである。
 

ゼロ円の携帯

 以前、携帯を買い換えたという記事で、新規契約ではなく機種変更なのに、携帯が1円だった、と書いた。それだと、販売店の利益がないはずなので、怪訝に思っていると、今日の毎日新聞によると、1円やゼロ円の携帯であっても、携帯電話会社が、「販売奨励金」なるリベートを払うため、販売店は、利益を得るのだそうである。
 こういう風に1円以下で販売される携帯は、少し前の機種であるが、いまのように機能や仕様が成熟すると、少し前の機種だからといって、それほど機能に遜色がある訳ではない。多少、テレビ機能などの最近の機能で見劣りするだけである。そのため、ドコモの2割、AUの8割は、1円以下の携帯なのだという。それで、丁度昨今のプリンタが、本体を安くしてインクで稼ぐように、携帯も、本体を只同然にして、通信費で稼ぐ、という仕組みであろう。
 こういう販売奨励金は、一般の人の通信費に上乗せされているという。よって、この仕組みがあると、どうしても通信費があまり安くならないことになる。また、新規契約でなく、機種変更が1円以下だと、実質的に通信費は増えないかもしれない。それでも、携帯自体の世代交代は進むので、携帯メーカーの在庫は捌ける。携帯は、よほど雨に濡れたり強い物理的衝撃にさらしたりしなければ、なかなか壊れないので、使い続けようと思えば、何年も使い続けられる。そのように買い控えられると、携帯メーカーは困る。部品の在庫の処理からも大変であろう。それなら、多少利益を損なっても、新機種に循環してもらった方がよい、ということになる。いわゆる環境保護のためのリサイクルの話とは逆であるが、このことがまずいというように言われる話は、あまり聞かない。このような事情は、英国でも同じで、「販売奨励金」を規制しているのは、ノキアのあるフィンランド他、わずかの国であるという。韓国も一時、規制していたが、産業奨励的理由からか、徐々に自由化されているという。
 どこかで折り返し地点に至ると思うが、いつ、どうなるのか、まだ見えない。

2007年5月 6日

高野連の特待生の対応

 新聞のスポーツ記事をみていると、高校野球連盟の、高校野球部における特待生の対応が報道されている。すなわち、野球の技術が優れていることを理由として、授業料免除などの特典を受けている特待生に対して、1ヶ月の対外試合出場禁止の措置をとり、横浜高校など、特待生が多い、主要な野球部の部長もにも、活動を禁止する、というものである。
 これは、専大北上などの野球名門校の野球部の生徒に対して、西部球団、早稲田大学などが、金銭的な援助をしてきたことに対する、自粛促進措置なのかもしれないが、明らかに行き過ぎである。
 その理由は、サッカー、卓球その他の多くのスポーツで、同様の特待生の制度が認められており、それらとのバランスがとれない、ということである。また、学業の方でも、成績優秀の者に対する特待生制度というのは、普通である。
 もし、野球を逆の意味で特別視するとしたら、高校野球は、高給につながりやすいプロ野球やメジャーリーグに関連が大きく、利害がからみやすい、ということがある。しかし、プロにつながりやすいという意味では、サッカーもそうである。
 私は、専大北上の事件から、「羹に懲りて膾を吹く」ようなことを高野連がやっていると、ただでさえ人気の凋落がささやかれているプロ野球の人気が、一層落ちてしまうと思う。すなわち、単純には、特待生の恩恵が受けられないことで、スポーツ優秀者が、サッカー、テニス、ゴルフなど、やはり高給が期待できる他のスポーツに流れてしまう。
 また、高野連のこの措置には、人間特有の嫉妬の感情を感じる。すなわち、一部のスポーツ優秀者に、野球で、うまい汁を吸わせてなるものか、という感情である。もっと言うと、嫉妬は怒りとともに人間の二大(他にもあるかもしれないが)感情であり、人間は、いつも、合理的に怒り、また合理的に嫉妬の感情を満たす機会を窺っている。きっと、一生うだつの上がらないような、挫折した野球人も抱える高野連にとって、自分が果たせない夢を果たしそうな特待生を凹ませるのは、格好の機会なのではないか。と、ちょっと私自身も、捻りすぎの感想をもってしまった。ともかく、高野連よ、馬鹿な措置は即刻止めろ。話せば分かる。

ジェネリツク医薬品

 テレビを見ていたら、ジェネリツク医薬品のコマーシャルが流れていた。ジェネリツク医薬品とは、特許が切れた医薬品のことで、通常、特許権者の会社とは別の薬品会社により製造される。同等の薬効の医薬品のほぼ半額なのだという。
 2002年までは、病院などでも、10%くらいしかジェネリツク医薬品が使われていなかったが、最近では、厚生労働省の方針もあって、ジェネリツク医薬品が積極的に認可され、患者は、病院で、安い価格で同等の薬効のジェネリツク医薬品を指定できるようになった。おそらく、このような厚生労働省の方針には、大手薬品メーカーの大きな反対があったであろう。というのは、代替のジェネリック医薬品が導入されることで、大手薬品メーカーは、大きな売り減となるからである。その背景には、ジェネリック医薬品のメーカーからの盛んなロビー活動もあったろうし、また、医療費を削減するという国民の福利厚生の増大の大義名分もあったであろう。
 そこで、当然の疑問であるが、ジェネリツク医薬品とは、その特許権が切れているので、その開発は、少なくとも20年前に行われたものである。すなわち、ジェネリツク医薬品とは、20年をタイムシフトされた新薬であって、そういうもので代替できるというが、それで薬効としては、足りるのだろうか。もしそうだとしたら、多くの分野で、医薬品の薬効は飽和していることになる。
 すると、医薬品は、癌や免疫緩和剤などの先端的ないくつかの分野を除き、最早、研究開発しなくても足りるのだろうか。なにしろこの分野は、「土地鑑」が全くないので、これ以上、なんともいえない。少し調べて、また戻ってくることにする。

2007年コンピュータ将棋選手権

プログラム名1234567順位
Bonanza6○7○8○3○4○524
YSS8○7○6○5○3○1○611
TACOS7○8○256
激指6○8○2○7○3○523
棚瀬将棋1○3○4○7○8○6○612
備後将棋3○8○7○345
竜の卵078

 2007年コンピュータ将棋選手権の速報であるが、今年は、上記のように、YSSが、本命の?ボナンザを破って優勝した。ボナンザ、YSS、棚瀬将棋(東大将棋?)、激指の4つ巴で、ほとんど力の差はなく、指運ならぬ、乱数運なのかもしれない。ところで、ボナンザは、渡辺竜王と戦ったバージョンなのであろうか。多分、あれより弱い通常版なのではないかと推察する。

2007年5月 7日

定年制度

 日本では、だいたい60歳を過ぎると、会社が定年となって、あとは、旅行したり、庭弄りをしたり、要するに、「余生を送る」モードになるのが、普通である。よって、70歳くらいで、第一線で働いている老人がいると、日本では珍しがられる。
 一方、特に、アメリカ合衆国では、もちろん、以前このプログで言及した、チャールズ・シモーニーのように、莫大な財産を保有して、田舎に居を構えて、文字どおり悠々自適の生活を送る人もいるが、80歳近くになっても、大学教授で第一線の教育や研究をする人が少なくないように思われる。例を挙げると、先日、私が勤務する会社に講演に来られた、小林昭七氏は、75歳であるが、いまだに現役の、カリフォルニア大バークレーの数学科大学院の教授である。バージニア工科大学の事件でも、銃で撃たれて亡くなった方の中に、77歳の現役の固体力学の教授がいた。また、ザリスキーという偉い数学の教授(広中平祐の指導教官だったかと思う)は、70歳すぎても現役で、過去の研究成果をまとめた全集を執筆するように依頼されても頑として断り、専門分野の代数幾何で、未来の研究の展望しか語ろうとしなかった、という。さらに、有名な経済学者のガルブレイス氏は、90歳を過ぎてもアメリカ政府のご意見番で、死ぬ直前まで、執筆していたという。
 このように、少なくともアメリカでは、どのような年齢でも、相応に能力を発揮しているなら、引退した方かよい、というようなプレッシャはかからないし、いい年をして年寄りの冷や水だ、みたいにも思われにくいようである。
 一方、日本では、あまり高齢で働いていると、よく思われないことが多いようだ。その理由として、昔から日本では、「隠居」の伝統があったせいかもしれない。また、日本はアメリカよりも人口が稠密で、その分、仕事のポストの口も少ない訳だから、老人がいつまでも、ある地位で頑張っていると、若い人はやりにくくて仕方がない、ということがある。そこでは、儒教的な伝統が逆に作用するかもしれない。すなわち、儒教的な伝統により、老人が、単に年長である、という理由だけで、重みを与えられる。それで、存在そのものがまわりにうっとおしくなる。一方、アメリカでは、儒教的な気風はほとんどないので、80歳の教授と、20歳の学生がファースト・ネームで呼び合いながら、議論する、ということもありえる。
 で、私は、だいたいにおいて、西欧のカルチャに違和感を覚えるものであるが、老人が能力があれば働ける、という気風においては、日本よりアメリカの方が優っていると思う。というのは、私の観察では、人間というものは、重篤な病気にならない限り、痴呆症にならない限り、死ぬ直前まで精神的な能力は衰えないからである。80年なり生きてくれば、相当のノウハウはあるであろうに、引退して庭弄りでは勿体ない、というのが素朴な感想である。
 そうやって老人が頑張っていたら、若い人のポストがなくなるということなら、給与が高かったり、責任が大きい仕事は、若い人にゆずればよい。世の中には、そんなことをやっても誰も評価してくれず、働き損であるが、それにも係わらず、世間的にみたら意義がある、ということがある。例えば、ある老人に、コンピュータ・プログラミングのスキルがあるとする。そうしたら、只で、オープンソースのプログラムを書けばよい。生活費は、贅沢しなければ、年金で食べていけるだろう。そういう理系的な分野は、と怪訝に思われるなら、ある地方の方言の研究とか、郷土史をまとめるとか、地味で、評価されにくいけど、長期的にみて必要な分野はいくらでもある。
 私が真に尊敬する中国文学者の白川静さんは、90歳になってもバリバリで、漢字の研究をされていた。白川さんのようになんて望むべくもないが、私でもできれば、一生、地味な仕事をしたいと思っている。
 学習院大学の数学教授の飯高 茂さんによると、80歳すぎても、ちゃんと入試をうけて数学を勉強しにくる人がいる、と言っていた。ともかく勉強熱心で、
夜を徹しても勉強する。それで、勉強しすぎたのか、朝になったら疲労で亡くなってしまったそうだが、ああ、なんと幸せな死に方だろう、私もあやかりたいと思った次第である。

2007年5月 8日

肝機能の話

 ファンケルから送られてくる、「元気生活」に、肝機能の話があったので、例によって、コメントしつつメモしておく。
 先ず、酒が強いということと、肝臓が強いということは、関係がない、ということが重要である。酒が強いというのは、単にアルコール分解酵素が多いだけで、酒による肝臓へのダメージは、酒に強い人も弱い人も変わらない。酒豪とまではいえないけれども、若い頃酒が好きだった私の父(77歳)がよく言うのは、若いとき酒で無茶をしていると、歳をとって必ず反動がくる、ということである。アマチュア将棋真剣師の大田学さんが、90歳を過ぎても元気で将棋を指せていたのは、彼が酒を呑まない体質だったことと無縁ではないと思う。将棋の花村元司九段も酒を呑まなかったが、60歳を過ぎて、直ぐに肺炎で死んでしまった。これは、仕方がない。更に余談であるが、香港のある100歳の老人に、どうしてそんなに長生きなのかと、マスコミがインタビューしたら、「それは、酒を呑まないことと、セックスをしないことだ。」と答えたそうである。その老人は、酒はもともと呑まないが、奥さんを30歳のとき亡くしてから、一度もセックスをしていないという。それでも全く悶々としたことがないというのは一種の特異体質かも、と思われるが、ギリシャのエピクロスの「性交によって、体が利されるということはない。」という言葉を彷彿とさせる。ちなみに、享楽主義者をエピキュリアンと呼ぶことがあるが、実際はこれは正しくない。エピクロスは、アタラクシアといって、観想の世界の楽しさを説いたのであった。
 あ、余談が過ぎた。では、酒を呑まなければ、肝臓は平気か、というとそれは違う。ストレスも、飲酒と同じくらい肝臓に悪いそうである。よって、ある程度酒を呑んでストレスを下げておく方が却ってよい、ということになる。これは、酒飲みの自己弁護か。
 肝臓機能の、健康診断的数値として、GOT、GPTがある。これは、アミノ酸代謝をあらわす指標で、35IU/I以下であることが望ましい。あと、γ-GPTは、解毒作用をあらわす指標で、55IU/I以下でうることが望ましい。
 肝機能を高めるものとして、タウリンがある。これは、カキ、エビ、アサリ、タコなどに多く含まれる。リポビタンDなどのいくつかの健康ドリンクには、タウリン配合を謳い文句にするものもある。
 あと、大豆のサポニン、ピーナッツや胡麻に含まれる植物ステロール、それからビタミンA、C、Eも肝臓機能の維持に有効だそうである。

2007年5月 9日

山利喜

 昨日たまたま、グルメ自慢の友人に、都営新宿線の森下という駅のそばにある、「山利喜」という居酒屋に連れていってもらった。
 私は、だいたい、グルメなんてどうでもいいと思っている方で、要するに、酒なんて、呑む相手が気の合った仲間なら、白木屋だろうと養老の瀧だろうと構わない、と今まで思ってきた。
 ところが、「山利喜」は、そういう私の乏しい感覚を一気に打ち破った。まず、出てきたのが、もつ煮込み。これが、肉が溶けるまで煮込まれていて、ドロッとして絶品なのである。そこに付いている、外側が真っ黒になるまで煮込まれていている卵もいい。
 次に出てきたのは、焼き鳥風なのだが、豚肉をすりつぶした微妙な串カツ。手間がかかるので、一人2本限定なのだという。この少しガツンとくる舌ざわりがまた、いい。
 そこで、マグロを頼んだ。これが、一番マグロと言って、築地の河岸で荷揚げしたマグロを品評して、一番から順にランクをつけていくのだが、その一番マグロを独占して仕入れている、山善という業者がいるのだという。そこの一番マグロだけを使ったマグロの刺身を、5切れ1200円で、山利喜は提供しているのだが、この通の友人によると、これは銀座の料亭では、1切れ1000円だという。ところが、山利喜は超人気店とはいえ、結局は大衆酒場なので、出血大サービスでマグロを提供しているのだという。
 酒は、埼玉の秘蔵酒蔵の、神亀。これが、また絶品。
 ということで、通の人にはそれほどでもないのかもしれないが、グルメ素人の私には、驚きと愉悦の時間なのであった。

宇宙創生理論

 宇宙創生論といっても、「はじめに光あれ」という宗教の話ではない。ビッグバンなどの理論の話である。
 19世紀にはそもそも、どうやって宇宙ができたのか、ということを、科学的にまともに議論する人はいなかった。
 宇宙全体の構造を、まともに数学的というか幾何学的に考えたのは、アインシュタインであろう。アインシュタインは、重力の存在による時空のゆがみを、リーマン幾何学で定式化して、画期的な一般性相対性理論を1915年に提唱した。
 一方、ハッブルは、1929年に、遠い銀河系ほど、赤色遷移が大きいことを観測した。これに先立って、1922年に、ロシアのフリードマンが、宇宙はダイナミックに膨張するものだ、という説を唱え、ルメートルが1927年に、宇宙は、火の玉が爆発して生成した、という理論を唱えていた。
 ハッブル自身は、遠い銀河系ほど、赤色遷移が大きいという観測結果を、宇宙膨張に関連付けて解釈しなかったが、1946年に、ジョージ・ガモフ、ラルフ・アルファ、ロバート・ハーマンは、火の玉の爆発、すなわち、ビッグバン理論を推進し、原始の火の玉から分離した背景輻射の温度を5Kと計算した。このころから、背景輻射の観測結果を以って、ビッグバン理論の証拠とみなそうとする傾向が生じた。
 一方、イギリスのフレッド・ホイルらは、1940年代後半に、定常宇宙論を唱えた。定常と言っても、有限の宇宙空間を想定すると、その中での引力によって、物質は集結し始めるはずであり、遠方の赤色遷移の観測結果と合わない。それで、宇宙は膨張するが、真空から物質が創生され、隙間を埋めるので、宇宙全体の密度は一定である、という、準定常宇宙論である。
 さて、初期の素朴なビッグバン理論では、観測結果による放射の均一性を説明できないことが分かり、これを説明するため、1980年頃、ゴダード宇宙センターりデモステネス・カザナス、東大の佐藤勝彦、MITのアラン・グースが独立に、インフレーション・ビッグバン理論を提唱した。これは、宇宙全体が、真空の量子的ゆらぎから一気に生じた、とするものである。
 こうして、いまや、インフレーション・ビッグバン理論と、準定常宇宙論が、現代の二大宇宙創生理論であるが、現代では、インフレーション・ビッグバン理論が圧倒的に有利である。というのは、1964年に、ペンジアス(Arno Allan Penzias 1933-)とウイルソン(Robert Woodrow Wilson 1936-)が銀河の外部からやってくるラジオ波放射の観測からあらゆる方向からやってくるマイクロ波を発見し、これがビッグバンの証拠とみなされたからである。そこで、ビッグバン理論を継ぐインフレーション・ビッグバン理論も、正統と見なされている、ということになる。
 しかし、準定常宇宙論も、星間物質からの輻射で、背景輻射を説明しようとする。
 インフレーション・ビッグバン理論は、準定常宇宙論の、真空から物質が創生される過程の物理法則を疑問視する。単に、真空から、物質と反物質の対が生じる、というディラックの量子電磁理論のような結果よりも、大掛かりな仕組みが必要だからである。
 ところが、実は、インフレーション・ビッグバン理論だって、その理論的根拠は、相当に無理がある。すなわち、無から有が生じるときに、最初、光の速度の10の22乗倍以上の速度の膨張が行われる、とされるからである。
 それでもインフレーション・ビッグバン理論が現在優勢なのは、1964年のマイクロ波の観測が、ビッグバンの根拠として認知されたしまい、それによって、科学理論趨勢のドミノ現象が生じて、体勢がそちらになびいてしまったからである。
 今後、超弦理論の後継のM理論、Dプレーンなどの理論によって、宇宙の暗黒物質に対する理論的予測がなされて、準定常宇宙論、インフレーション・ビッグバン理論ともに、発展していくであろう。しかし、宇宙創生論特有のスケールの大きさから、いかなる理論といえども、統一的な見通しを与えることができず、理論の混迷は続くであろう。そうして、インフレーション・ビッグバン理論の与党的立場は、当面揺るがないであろう。

2007年5月10日

将棋名人戦第3局

 将棋名人戦第3局は、負けたから言うのではないが、郷田が採った作戦は、いただけない。
 1つの理由は、2局連勝した余裕で、不慣れな相振飛車を採用したことである。森内名人は、相振飛車の経験は十分であり、大勝負で、未経験の戦法を試してみたかったのだろうが、本当はそんな余裕は、今の郷田にない。得意戦法でぶっちぎる意気込みでなくてはならない。大勝負で、未経験の戦法を試す正当化としては、昭和48年の大山対中原の名人戦がある。中原は、大山に名人戦で初挑戦して、2勝3敗と追い込まれ、一見自棄のような三間飛車を採用した。これは、そこにしか活路がなかった、という意味で、今回の郷田の相振飛車とは全く異なる概念に基づくものである。
 次にまずいのは、性急な攻めで、森内の鉄板の受けに名をなさしめたことである。野球でいえば、わざわざ抑えの切り札が出てくる場面をつくり、そのままきっちりセーブポイントを稼がれてしまった。これは、流れを変える、とても悪い方法である。
 もし、郷田が、次の第4局に持ち直すとしたら、その鈍感力の発揮にあるだろう。もし郷田がジンクスのようなことにこだわり、とらわれるタイプなら、自滅するだろう。私は前者であると信じる。そうでなくては面白くないからである。これ以上つまらない名人戦は見たくない。
 ところで本日、棋聖戦で、渡辺明が、久保八段に勝って、佐藤棋聖への挑戦を決めた。これは明らかに面白い。名人戦の倍、面白い。渡辺明は、ボナンザとの対戦を経て、一皮剥けたようだ。やはり、対コンピュータの、勝って当たり前、は相当のプレッシャだったようだ。一方の佐藤は、どうするか。週間将棋の5月9日号に佐藤の棋風特集があり、さかんに「こわれた佐藤」の表現があったが、これは冗談にしても適切でない表現である。私だったら、アモルファス佐藤と呼ぶ。要するに、形がない。よく分からないが、こちらの方がスマートである。もし、なんらかのひらめきがあったら、佐藤論については、別稿を起こしたい。

英語学習について

 アルクという雑誌の最新号によると、日本人の英語学習の壁は、下記の順序だという。
1.時間がない
2.やる気がない
3.英語を使う機会がない
4.家族など周囲が協力的ではない
5.お金がない
 しかし、私の経験に鑑みると、一番の原因は、「3.英語を使う機会がない」であって、もともと英語が好きな一部の人を除けば、必要性がないと勉強する気にはとてもならない。
 では、必要性とは何かというと、身近には、入試、就職、昇進、英語の話者と付き合わざるを得ないこと、などがある。この中で、一番切実なのは、英語の話者と付き合わざるを得ないことである。例えば、私は英会話が大の苦手で、40歳になるまで、海外旅行で簡単な買い物、すなわち、How much ?に毛が生えたくらいしかしゃべれなかった。しかし、どうしても海外出張に行ったり、アメリカ人の上司と話さなくてはならなくなり、病気になりそうなくらい悩み、仕方なく毎日、2時間くらい、漫然とではあるが、英語のテープを聴くようにした。それでも、このアルクの本によると、3000時間の法則がある、という。すなわち、1日8時間英語を勉強して、丸1年。私のように1日に2時間だと、丸四年。ただ、40の手習いなので、5~6年かかり、それでも、まだとてもたどたどしくしか話せないし、ちょっと速くネイティブが話すとついていけない。話は戻るが、このような努力を、よほど好きでなければ、必要性がなければ、誰がするか、ということになる。
 最近では、就職や昇進にも、TOEICの点数が条件となつていることが多いと聞く。例えば、韓国の例であるが、サムスン物産という韓国の一流商社では、文系900点、理系850点のTOEICの点数が、そもそもの応募資格である、という。ロッテ系列の会社も軒並み850点以上が応募資格である、という。おいおい、大丈夫か、というのが私の懸念である。すなわち、TOEIC900点以上というのは、万人が努力して達成できるレベルを少し超えている(将棋でいえば、アマ3~4段レベルともいえるから、できる人には大したことはない、ともいえるが)。このように英語の才能がある人を集めると、私が理解している能力の凸凹の法則だと、英語の凸に応じて、他の能力の凹があり、特定の分野で凹があると、それを誰かが補わなくてはならない。しかし、みんなTOEIC900点以上だと、なかなか凹を補う人材がみつからない、ということになる。これは、ある意味、進化論が教える、サバイバルのための能力多様性の理論なのであるが、どうしてこんな簡単なことを、大企業ともあろうものが理解しないのか、とても怪訝である。
 また、日本人や韓国人が英語が苦手で、習得に大変な努力を要するのは理解できるが、ヨーロッパ人でも、意外に大変なのだという。それでも、ドイツ人やオランダ人は、ゲルマン語族ということで、同系なので、明らかに、他の言語の話者よりも習得が容易であるようだ。ただ、一部、ドイツ語、オランダ語的な英語になるのは仕方がない。ところが、ヨーロッパ人でもフランス人、スペイン人、イタリア人だとも決して英語は容易でないようだ。そもそも、発音体系からして違う。
 逆に、アメリカ人を見るがいい。これほど外国語が苦手な国民はいない。相当教養の高い人でも、結局、母国語の英語しかしゃべれなかったりする。これは1つには、どこにいっても英語で足りてしまう、ということがある。また、結局、異なる体系の外国語を習得する、ということはとても大変である、ということである。少なくとも言えることは、大部分のアメリカ人には、日本人の英語下手をわらう資格はない、ということである。

700勝達成 - 将棋

 将棋連盟のホームページによると、森内名人が、先日の郷田との名人戦第3局に勝って、700勝を達成した、という。現在のところ、退役・逝去棋士を含めて、700勝以上勝っている人は、18人しかいない。
 さて、問題は、700勝勝つために、何局指す必要があったかである。これは、言うまでもなく、少ない方がよい。その点で、最小は、羽生の939局であった。流石である。次は、全然意外でなく、大山の987局、次は中原の1011局、次に、現名人の森内の1053局がくる。更に次は、谷川の1057、佐藤康光の1069。その次が少し意外で、森下の1111.次が米長の1113。それから、森安の1145、内藤の1149、加藤一二三の1161と続き、文句なく一流棋士といえるのは、この辺までであろう。
 山田道美も、今のように棋戦の数が多ければ、在命中に700勝に達したと思われる(いや、微妙か)。
 ともかく、さりげなく、改めて、羽生と大山の凄さを再確認したのであった。

2007年5月11日

藤沢秀行

 囲碁の本因坊戦が始まった。高尾紳路本因坊に、依田紀基九段が挑戦するものである。
 高尾紳路といえば、藤沢秀行の秘蔵弟子であり、師匠の手厚い棋風を一番引き継ぐと言われる。以前よりその強さは喧伝されていたが、なかなか、実績には結びつかなかった。しかし、その手厚い碁風と同様に、厚みを蓄えていたのであろう、2年前に、張本因坊を一気に4連勝で下し、ついにその強さが発揮されることとなった。
 一方の依田紀基であるが、捨石を得意とし、誰もが認める超本格派の棋風である。名人を長く保持し、その実績はトップクラス。依田は、藤沢秀行の直接の弟子ではないが、やはり、藤沢秀行に目をかけられ、薫陶を受けた。
 このことはほんの一例であるが、藤沢秀行が囲碁界に与えた影響は、はかり知れない。純粋の囲碁の実績では、坂田、趙治勲にはひけをとるかもしれない。しかし、その一見自堕落でいて、しかし、芸に対する熱心さ、中国棋界も含めた広い視野での普及と指導は、並ぶ者がいない。
 将棋の芹沢、米長などとの交友も知られるが、芹沢は、藤沢秀行の、ギャンブル好き、酒好きの自堕落の面だけを学んだのではないだろうか。その棋才からして、藤沢秀行の芸に対する打ち込みの方も倣えば、まだまだ若い者に伍して一線で頑張れたであろうに、一種太宰治的な自堕落な生活に陥り、自殺的ともいうべき酒浸りの日々で体を壊して、50代前半で亡くなってしまった。本位ではなかったろうに、私の見るところ、鈍感力が足りなかった。
 そこへいくと、藤沢秀行は線が太い。癌になっても、莫大な借金を抱えても、その人徳で周囲の人に支えられながら、熱い囲碁への思いと努力で、周囲に影響ょ与えてきた。引退した今も、囲碁に対する情熱はからわないと思う。そうして、秀行先生に棋譜をみてもらいたい、という弟子もひきもきらないであろう。
 将棋界には、藤沢秀行はいなかったし、今後もいないであろう。米長会長には、藤沢秀行の十分の一の人徳もない。
 

棋聖戦挑戦者決定戦

 棋聖戦挑戦者決定戦、渡辺竜王(先手)対久保八段を並べてみた。
 一時期流行した、後手ごきげん中飛車で、先手の58金右に対して、55歩と延ばし、24歩からの飛車先交換から、56歩、同歩、88角成、同銀、33角から、銀を取らせる代わりに飛車が21に成りこむ、超急戦の一番激しい変化である。この形は、21飛車成以下、88角成、55桂、62玉、11龍、99馬、と進むが、ここで、66香、75角、33角のどれかが定跡である。
 渡辺は、33角を選び、44銀、同角成、同歩、となって、ここで、66香、72銀となったが、それで平凡に82銀が好手であった。以下、27馬と攻防に利かせたとき、91銀成と香を取り、89馬、81成銀。そこで、当然のように57歩、同金、45桂、58金引、57香とからんだが、これが敗着ではないか。63桂成と殺到させて、一気に受けなしになった。具体的にはいえないが、桂と歩を温存して、自陣に手を戻すよりないのかもしれない。しかし、左右の桂香をとられては作戦負けで、この一局は、あるいは、ごきげん中飛車のこの急戦にとどめを刺すものとなるかもしれない。ただ、25歩とされたとき、55歩とせず、32金としておけばよく、また、55歩に、24歩、同歩、同飛に、32金でもよいので、ごきげん中飛車が悪くなる訳ではないが、いかにも気合がよくない。
 25歩とされたとき、アモルファス佐藤流では、88角成、同銀、22銀であろう。それでまあ一局で、特に気合が悪い、ということもないと思われる。
 ともかく、手合い違いのような、渡辺の勝利であった。ちぇっ、ボナンザの方が手ごたえあるぜ、のような嫌がらせは、流石の渡辺も言わないであろう。
2007/05/12 10:23amに追記:渡辺竜王のブログによれば、敗着は、最後に久保が79馬と詰めよをかけたことで、63香成以下、詰みが生じているのをうっかりしたようだという。58香成としないで、一旦64桂と受けておけば、とても難解だそうで、この「この一局は、あるいは、ごきげん中飛車のこの急戦にとどめを刺すものとなるかもしれない。」というのは、全くの勘違い。私の弱さを暴露することになってしまった。

2007年5月12日

はしかの流行

 新聞によると、上智大学、明星大学、創価大学などで、学生にはしかが流行し、上智大学では、5月12日から17日まで、全学休講とする、という。えっ、今更?というのが正直な感想である。
 私がこどもの頃、母親に、「お前は1歳の頃、とてもひどいはしかに罹った。でも、たいてい、3歳くらいまでに罹り、すると、もう罹らないので安心である。そうでなくて小学生くらいになってかかると、ひどくなることがあって、大変である。」というような意味のことを言われた。それで、これは生まれてから早めに罹っておく方がよい、と思い続けて、今に至っている。
 私が結婚して子供ができたときも、確か、1歳くらいで罹った。症状としては、発疹して熱がでる。外見からは、結構大変そうだが、罹った本人は、結構平気で、2~3日で直る。それで、ああよかった、と安心するのである。
 ところが、上記の記事をみると、大学生になるまで罹らない人が増えているらしい。これには、次のような解釈がありえる。
 その1として、環境の変化で、はしかのウィルスを仲介する、昆虫や寄生虫などが減った。これによって、人間が、はしかのウィルスに晒されにくくなった。
 その2として、若者の免疫力の低下である。寄生虫学者の藤田紘一郎さんによると、過度の清潔が、人間の周りから、昆虫や寄生虫を駆逐して、人間の免疫力の低下をもたらす、という。
 その3として、はしかのウィルスの変異である。私の理解では、ペスト菌であれ、はしかウィルスであれ、決してし絶滅することはない。ただ、ハイバネートして潜伏するだけである。そして、宇宙線の作用なのか、蚊、その他の昆虫の体内での交配によるものか、遺伝子を変異させ、そのうちのあるものは、感染力を増すことになる。一時期、主として中国を席捲したSARSなどもそうであろう。
 私の解釈では、致死性でなければ、はしかの流行も悪くないと思う。人類の免疫機能を呼び覚ますからである。ともかく、世間の人は、疲労・ストレスなどで免疫機能を低下させないで、また、なるべく人ごみは避けて、様子をみるよりないと思う。

プルタルコスの「怒らないことについて」

 以前に、仏教的な観点から、怒りについて、簡単に整理してみたが、ローマのストア派の一人といってよいのか、プルタルコスの「怒らないことについて」も、なかなか含蓄があって、面白い。岩波文庫「似て非なる友について」他三篇、柳沼重剛訳に収められている。
 先ず、プルタルコスは、画家が、自分で描いた絵を他人に見てもらったり、時間をおいて自分で見るのはいいことだ、ということから始める。すなわち、理性をもって客観的に、自分を顧ることが重要だ、ということである。年をとると、エロスの力が低下する。ただ、ある人が、怒ることが少なくなってより温厚になったとしても、それは、決して、怒るエネルギーが低下した、ということではない。理性が増した、と理解しなくてはならない。
 ネロに追放されたストア派のムソニウスの言:「一生平穏であろうとすると、絶えず我が身を気にしながら生きなくてはならない。」要するに、理性が常に、心を見守っていなくてはならない、ということだ。
 怒りは、「心をよそへ連れ出してから、恐ろしいことをしでかす。」だから、他人の理性で、自分の怒りを説得するなんて、到底無理で、自分の心の中に、理性を養っておかなくてはならない、ということだ。
 怒りが湧き起こると、即座に判断力が怒りに立ち向かうようにしなくては。二、三回、怒りに立ち向かう、という経験をすると、レウクトラの決戦で、向かう所敵なしと喧伝されていたスパルタ軍を初めて押し返し、以後、スパルタ軍に一度も負けなかったテバイ軍もかくや、ということになる。
 怒りも、起こり始めは、些細だったりする。そこで、理性は、早期にこれを押し止めなくてはならない。
「つまりね、君、感情を和らげるのには、これは独裁者に接するのと同じで、大声でどなり、陰険な目つきをし、おのが胸をたたいて嘆くときは、そのままには従わない、耳をかさないのがいちばん。」ということになる。
 悲しみは、号泣によって、涙とともに和らげられる。しかし、怒りは、怒りによって、更に増される、という訳だ。
 怒って発言すると、誰よりもまずそんな言葉を口にした本人を汚し、頭のてっぺんから足の爪先まで不名誉で満たしてしまう。たとえそれほど、もともと大きな邪悪な考えがなくても、プラトンの法律にあるように、「ごく些細なことのために最も重い罰を受ける」ことになるのである。
 また、怒りの本性は、育ちのよくなさ、男らしくなさ、人間の小ささの証なのである。ただ、取り乱しているのを、活動的、脅しつけるのが勇断敢行、人の意見に耳をかさないのが強固な性格とされたりするけど、これは違う。非常に弱い精神にあっては、初めから苦痛にまける傾向があるが、そのために弱ければ弱いほど怒り方もひどくなる(注:なんか、ポルポトや毛沢東を彷彿とさせるね)。
 なるほど、「一人の人間にそなたは不正をはたらきながら、それに堪えろと彼にいうのか。」というのはある。でも、勇気というのは、多くの点で正義と折り合うものだが、ただ、穏やかさを得るため、正義とも戦うものなのだ。
 怒りというやつは妬みとくらべても劣等なものだよ。だってそうではないか。どうせこっちが苦しむなら、相手を押しつぶしてやれ、とそんなことばかりねらうのだ。
 長くなってしまった。最後に、「あらゆる感情は習慣化されねばならず、我々の中の不合理なもの頑迷なものを、訓練によってすなおに服従させねばならないが、どんな感情よりも怒りこそ、召使を相手にしてこの訓練を積むのに適している。」今の時代、召使なんていないけど、要するに、つい怒りをぶつけやすい対象によってこそ、怒らない訓練が必要、ということである。
 さて、仏教の怒りの分析もいいが、ストア派も実践的で、悪くない。私はキリスト教は、その普及によって、ストア派の良識も押し流してしまつたのではないかと懼れる、ナザレのイエスの意図に反して。

すきやばし次郎の鮨

 グルメの知人によると、銀座に、「すきやばし次郎」という高級鮨屋があるそうである。そこのシェフは、小野二郎さんといって、ミシュラン世界の料理人ベスト10のひとりなのだそうである。
 以下、その知人のコメントを引用する。
「運良く、20貫プラス巻き物を、全て二郎さんが握ってくれました。仕事モノのネタは、香り、火加減など全て私の鮨の常識を覆すモノでした。生のマコガレイやまぐろなども、質、保管状態、食べ時など計算しつくされ、若手よ、これが年季のある職人の姿だ。君たちも頑張り給え、と鮨が話しているようでした。滞在27分、28000円、時間当たり約6万。」
 どうも、とてつもなく高級で、且つ、それに見合った値段の鮨らしい。値段もさておいて、生来のグルメでない私は、もし、味わったとしても、そのおいしさをきちんと理解できる自信がない。
 映画や芸術でもそうで、私は感覚的な意味での一流ということをどうしても理解できず、それに時間とお金をかける気になれない。仕方がないと、今では諦めている。

塩谷賢

 脳科学者、茂木健一郎さんのブログを読んでいたら、哲学者、塩谷賢という友人が紹介されていた。
 Webでそのプロフィールを検索すると、1962年生まれで、東大理学部数学科を卒業後、厚生省に勤務するも(数学科と厚生省はなんとなく結びつかないが、何か医学統計でも研究していたのだろうか)、結婚後!哲学に目覚め、東大大学院科学史科学哲学専攻に入学し、かの廣松渉氏の薫陶を受ける、とある。その後、千葉大学に勤務するものの、そこを辞めて、フリーターのような生活をしながら、時間論などの哲学に鋭い意見を吐いている、という。
 ちなみに、Amazonでみても、塩谷賢の著書はリストされない。どんな人なのか、興味がつきない。また、そういう暮らしをしていて、もし離婚していないとしたら、親がとても資産家なのか、奥さんが働いてヒモのような生活なのか、ともかく、夏目漱石に出てくる、高等遊民のような人に違いない。
 私がふと思うのは、こういう人を養える、ということが、文明の証しなのである。ともかく、私としては、実物の塩谷氏に会って話を聞く機会、というのも難しそうなので、何か本を書くか、ブログを立ち上げるのを待ちたいと思う。

フィーチャリスト宣言

 梅田望夫氏と茂木健一郎氏の対談、「フィーチャリスト宣言」を読んだので、例によって、コメントしつつまとめてみる。ただ、私にとって既知のことは省き、おお、と思ったことに絞ることにする。
 先ず、目に付いたのが、偶有性。確かに、インターネットは有象無象の世界であるが、私は、そこから検索エンジンで、絞って道筋をつけるものと思っていた。そこで、茂木は、インターネットは、偶有性でよい、という。確かに、そこで何を選ぶかは無限の可能性がある。そこに、セレンディピティの余地がある。
 また、グーグルのことに言及して、ヤフーなどとは違って、リンク数のアルゴリズムを用いた純システム的なものであることに着目し、「システムの一人勝ち」という。どういうことかというと、誰がブログを書いても、誰がホームページを作っても、結局、グーグルの検索エンジンのダシにしかならない、ということ。
 茂木は、大学はもうネット社会では、終わっているという。根拠は、学校できちんと教科書をマスターすることが、ネット社会で陳腐化している、ということ。情報のフリー化で、講義内容も、ネットで得られるからという。ただ、私が思うに、ネットでカバーできるのは、文系学問、理系だと数学、コンピュータサイエンスくらいのものなのではないだろうか。建築学、医学、電子工学、物理実験、とてもネットだけでは無理である。あのう、ネットは分を知るべしなのだ。
 とはいえ、ネットの過剰な知的資源が、社会に重大な変化をもたらす、というのは納得。まさに、マルクスのいう、量が質に変わるという、あれである。マルクス自身が、大英博物館の書物を全て読んだことから、資本論のアイデアに至ったのであった。
 梅田は、ネットでは、脱エスタブリッシュメントだと解く。負け組が、ネットで、敗者復活できる、というものである。ううん、これは、いかにも建前。ただ、ネット上での一人の強烈な狂気が、世界を変えられる、というのは、分かる。グーグル自体が、たった二人の強烈な思い込みの学生から生まれた。
 また、茂木は、アインシュタインではなく、ダーウィンを目指すという。意味はどうも、統一的な(数少ない)原理で、世界を記述するよりも、多様性をそのまま是認して世界を記述したい、という意味だと理解する。狭さより広さの創造性である。ただ、狭く突き進むことにリスクがある、というのは、分かるが、学問の世界は、狭く突き進まないとどうしようもないことがいくらでもある。例えば、双子素数の無限性を証明しようしたら、それはそれは狭く突き進むよりない。こういう狭さについていけなくて、総合的なものを目指すというのは、私も、感性としてはそうだから分かるけど、でも、それはどうしても二流のそしりを免れにくい。
 ただ、ネットの世界にあっても、参照点としての紙の書物、参照点としての古典(プラトン、アリストテレスなど?)というのは、とてもよく分かる。ネットがそういうものに依拠しないと、とても軽薄なものになってしまう。グーグルの検索エンジンだって、古典的な線形代数とグラフ理論の駆使である。
 で、結論としては、面白い本だったが、感激はいまいちであった。梅田さんの本が3冊目であるためか、頭が疲れていてるせいか、まあ、おそらく後者だろう。とても元気のないブログになってしまった。

2007年5月13日

Googleが目指す方向

 今から数年前のある雑誌に、次のような記事があった。すなわち、カリフォルニアのハイウェイの傍に、次のような看板があった。「πの計算で、8888という数字が初めて現れるのは、何桁目か。これが分かる人は、回答とともに、xxx@xxxx.xxxというメールアドレスに応募されたし。」こんなのをじっと見ていて運転していたら、危ないと思うのだが、なんと、これは、Googleの求人広告なのだという(筆者注:数字の8888のところは、本当は違う数字だったと思う。ともかく、πの10000桁以内に現れる、適当な数字の並びであることは確かである。ちなみに、8888は、πの4751桁目に初めてあらわれる)。
 このことから理解されるように、Googleはまず、数学的、コンピュータ・サイエンス的に高度な研究者・エンジニアを中核に据えようとする。実際、その検索エンジンのアルゴリズムは、ページランクというアルゴリズムを用いる。詳細は、http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~baba/wais/pagerank.htmlを参照のこと。
 私は、このアルゴリズムの詳細を理解している訳ではないが、要するに、あるページjのページランクとは、ページjにリンクを張っているページiすべてについて、のページiのページランクを、ページiから出ているリンクの数で割ったものを、足した数、として再帰的に定義される。ここからが更に非自明なのだが、あるページiからページjにリンクが張られている場合1、そうでない場合0として、これは巨大な行列として表現される。ページランクは、この巨大な行列の固有ベクトルを求めることに帰着される。これは、コンピュータの計算としても、かなり「しんどい」ものであって、実際、Googleは、この計算を、数万台規模のLinuxによる並列計算で行っているそうである。
 ここで気づくのは、この計算において、ページに含まれるリンクの数という純粋な数学的量しか使われていないことである。そこでは、ページに含まれる文章の意味は一切配慮されない。分かりやすい表現を用いると、「涙なしのランク計算」と言えよう。これも詳細は知らないが、ヤフーなどは、もう少しページの意味に配慮したランク付けを行っており、このため、専任の編集者も何人かいる、という。
 このようにシステムをぶん回して、世間を席捲してきたことをもって、梅田望夫氏は、「システムの一人勝ち」という。
 さて、このようなGoogleの一人勝ちは、続くのであろうか。これに対して、いろいろ意見はあろうが、面白いと思ったのは、「爆発するソーシャルメディア」湯川鶴章著、ソフトバンク新書の最後にあった一節である。すなわち、「クリエイティビティが爆発するソーシャルメディアとグーグルの争いの結果はもうすでに見えている。爆発するクリエイティビティの圧勝である。そのことを知っているグーグルは、戦おうともしていない。」実際、グーグルは、ブログ、セカンドライフなどのコンテンツ創生に何も関与していないように見える。本当にそうなのか、実は秘策があるのか、注目していたきたい思う。
 

IT屋よ、驕るなかれ

 IT屋よ、驕るなかれ、というのは、必ずしも誰かを非難していうのではない、というのは、私自身が、IT業界に身を置き、そこから碌を食んでいるからである。ただ、「フィーチャリスト宣言」、「爆発するソーシャルメディア」を続けて読み、IT礼讃のシャワーを浴びたので、別のことも書いて、バランスをとらなくては、と思った次第である。
 すなわち、数日前に、トヨタ自動車が2兆円の利益を上げた、とあった。過去最高なのだという。数年前も過去最高と言っていたので、まあ、いつまで伸び続けるのだろう、と呆れる。ここで留意しなくてはならないのは、「能力構築競争」という本にもあるように、トヨタは、膨大なノウハウ・スキルを蓄積し続けており、このような業績も、その成果が利いていると思う。
 ところで、社会のインフラは、自動車産業だけだろうか。もちろん違う。列挙すると、電力、鉄鋼、建設、建築、石油、ガス、化学、医薬品、農産、海洋、軍事、など沢山あり、それぞれに膨大なノウハウがある。私が言いたいのは、IT屋は、こういう既存産業からの、インフラ、資金で生きているともいえる。
 上記の既存産業では、大学院出たての若者のアイデアだけでは通用しない。そもそも、巨大な装置が前提になっている。
 私は、何が言いたいのであろうか。うん、言いたいのは、ITだけやっていて、ドッグイヤーだの、時代の先端を行ってるの、まあ言って酔っていてもいいのだけれども、ふと、実は、上記の既存インフラ産業の釈迦の手のなかに自分がある、ということを忘れてほしくないのである。これは、私自身にも自戒として言っている。確かに、ITの影響力は大きい。しかし、社会のインフラで驚くほど変わらないことが沢山ある。川の流れが速いとしても、その傍らに悠然と流れる本流がある、ということである。

自爆テロリスト

 昔から素朴な疑問としてもっているのは、9.11などの自爆テロリストに志願する人がどうしているのか、ということである。自爆という形は、戦争中の日本軍の特攻隊が原型であろう。それは、志願という形式だったが、実は、ほとんど強制であった。米国に対する、イスラエルに対する、強い憎しみと、閉塞感が、志願の自爆テロリストという形をとらせるのだろうか。
 出身地は、フランスのアラブ人貧民街であったり、ロンドンの下町だったりする。ほとんどの自爆テロリストは、貧しい家庭の出身であるが、裕福な人もいる。必ずしも自宅が敬虔なイスラム教徒とは限らない。基本的に根が真面目で、親思いだったりする。上昇志向が強いが、アラブ系であるが故に差別され、思うように進学、就職できない。とても閉塞感が強い。純粋である。そうこうしているうちに、イスラム教のモスクに誘われ、過激派と出会う。
 過激派にとって、イスラム教の教えは方便であると思われる。というのは、イスラム教の本来の教えに、自爆テロリストを是認するものはないはずだからである。ジハードは、通常の戦争で戦って死ぬことであるはずである。
 もし、うまくマインドコントロールできて、自爆テロを、殉教の最高の手段聖戦と位置づけ、そのために敵を殺傷して、自分も死ぬと、天国に行けて、そちらでずっと楽しく暮らせる、と説くなら、明らかに神を冒涜している。しかし、自爆テロリストたちは、そのことにあまり疑問をはさまないようである。オーム真理教に加わっていた高学歴の教団員と比較されるが、それと同じなのだろうか。
 中東で貧しい、あるいは閉塞された環境の子供達は沢山いる。出口の見えない人が沢山いる。しかし、イスラム過激派に加わる人たちはその一部であり、自爆テロリストになるのは、さらにその一部である。多くの人は、我侭で物欲から自由になれない。一部の人が、純粋に自分を追い込むことができるようである。すると、人間は、適当に不純な方がよいのであろうか。分からない。
 霊的な意味で、自爆テロリストが、死後、幸せであるはずがない。しかし、彼らの心を満たす、どんな代替の方法があるのだろうか。単なるアラーの祈りではなぜ、足りないのだろうか。

ソニーの3奇人?

 ソニーの3奇人というと、井深さんとか、盛田さんとか、普通人は思うかもしれない。
 私は、独断と偏見で、下記の三人を選んだ。


  1. 天外 伺朗
  2. 坂本 政道
  3. 茂木 健一郎

 事情を知る人は、えっ、二人はOBではないか、と思われるかもしれない。そうである。ただ、そのOBの二人もいかにもソニーらしい。で、ご存知の方もいらつしゃると思うが、簡単に紹介する。
 まず、天外 伺朗は、本名、土井利忠で、元ソニー上席常務。CD、ワークステーションNEWS、AIBOの開発責任者を勤めた。こういうまともな仕事以外に、霊界のようなことを書いた本もあり、当時、まだ現役のソニーの開発責任者だったので、その本を読んだ私は、ソニーというのは、なんと懐の広い会社だ、と感心した記憶がある。比較的最近には、「マネジメント革命」講談社 を出版し、反成果主義をとなえた。実際、ソニーは、パソコンのバッテリの開発で大失敗をしており、往年のソニーでなくなっているのかもしれない、と思わせるものがある。
 次に、坂本 政道。彼は、ソニーにそんなに長く在籍した訳ではない。しかし、モンロー研のヘミシンクに与し、今ではすっかり、日本におけるモンロー研の紹介者になった。「死後体験」という題名の一連の著書があり、自らヘミシンクで、あの世と交信した経験を綴る。私も機会があったら、ヘミシンクをやってみようと思うが、なんとなく踏み切れないでいる。
 最後は、フィーチャリスト宣言で、梅田氏と対話した、茂木 健一郎。脳科学。クオリアの研究者で、現役のソニー社員。でも、ちょっと「いかれている」私が言うのも変かもしれないが、なんとなく少し妖しい雰囲気も漂う。
 このように、ソニー出身の有名人は、なんとなく精神世界がかっている。もちろん、私は、肯定的な意味で引用している。最近のソニーを見ていると、なんとなく、こじんまりとまとまって、面白みに欠ける。もしかして、成果主義の毒が廻ったのだろうか。なんとか、井深氏の時代の技術志向のソニーが復活することを期待する。

2007年5月14日

ネット選挙

 先週末、自分の銀行口座から、オンラインで、固定資産税を払った。Pay-easy(ペイジー)という名前で、単に数字を打ち込むだけでよいので便利だった。
 そこで、このPay-easyにヒントを得て、ネット選挙の方法を考えた。とても簡単でセキュアだと思うので、ちょっと書いてみる。
 まず、選挙管理委員会は、有権者の数だけ、一意的な12桁の数字を生成する。12桁あると、約1兆とおりの場合の数が実現できるので、地球全体の人口でも足りる。次に、この12桁の数字から、秘密のハッシュ関数で、8桁の数字を生成する。そうして、選挙管理委員会は、有権者 一人一人に、この12桁+8桁=20桁の数字を割り当て、それを印刷して、有権者に送る。そのとき、対応する番号のバーコードも印刷しておく。
 有権者は、その投票識別紙を受け取って、選挙当日になると、投票所に行ってもよいし、自宅でネット投票してもよい。
 投票所に行くと、係員が、投票識別紙をスキャンする。それで、その番号に関連付けられた有権者は、サーバ側で、投票済みのステータスになる。一応、投票識別紙は、回収される。
 一方、自宅でネット投票する場合は、有権者は、インターネット・ブラウザで、所定のURLにつなぐ。そこで、投票識別紙の20桁の数字を打ち込む。サーバは、12桁の部分から、8桁のチェック部分を計算し、それが投票識別紙にあるものと一致していたら、ログインを許す。これによって、セキュリティが達成される。というのは、数学的に、12桁の部分から、8桁のチェック部分を計算する場合の数はとてもつなく大きいので、ハッシュ関数がばれない限り、有権者が、受け付けられる20桁の数字を任意に生成することは不可能である。
 こうしてログインすると、候補者が画面に表示されるので、有権者は、マウスのクリックなどで候補者を選び、完了というボタンをクリックする。すると、サーバは、その番号に対応する有権者のステータスを投票済みにする。これによって、その有権者が、投票識別紙をもって投票所にいっても、既に投票済みなので、受け付けられない。よって、二重投票が防止される。
 ワンタイムの識別番号を付与し、それにハッシュを関連付けるところがミソで、実現性の高いとてもよい方法だと思うのだが、どうだろうか。
 ほとんど100%に近い信念で、誰かが既に類似の技術を考え、特許出願している、と思うが。

2007年5月15日

ローマ法王

 読売新聞のウェブ・サイトによると、「ローマ法王ベネディクト16世は13日、ブラジル・サンパウロ州アパレシダで開幕したラテンアメリカ・カリブ司教会議の開会式に出席し、地域のカトリック離れとプロテスタントの伸長に対する強い危機感を表明した。」とある。
 先ず、貧富の格差の緩和に失敗したとして、資本主義と共産主義を批判するとともに、「新たな偽物の宗教の熱心な勧誘」などにより、カトリック教会が「確実に弱体化している」と懸念を示したそうである。ここでいう「「新たな偽物の宗教」とは、イスラム教でも仏教でもなく、どうも、プロテスタントのことらしい。シーア派とスンニ派の抗争のところでも述べたが、ここでも、近親憎悪の悪弊が見て取れる。
 第1に、真の宗教団体だったら、カトリック教会が隆盛しようと衰退しようと、そんなことはどうでもいいことで、要するに、人々の心の平安が高まればそれでよいはずである。もし、自分の団体の拡張が主たる意向であるなら、一私企業と変わるところはない。
 また、貧富の格差の緩和に失敗したとして、資本主義と共産主義を批判する、というのも、あまりに的を外れていてる。確かに、共産主義は、私有財産共有の美しい理想を掲げ、その理想と現実のギャップに対する無関心により、却って、支配者と非支配者の間の富の格差を広げてしまう、という重大な過ちを犯した。また、資本主義が、富める者と、そうでない貧者との格差を助長している面があることがあることも事実である。
 しかし、どのような資格で、カトリック教会がそれを批判することができようか。魔女裁判も、十字軍も、インカ帝国殲滅も、すべて、カトリックの名の下に行われたのではないか。また、カトリック教会が、貧しい者、虐げられた者に、どのような救いの手を差し伸べているのか。
 カトリック教会は、今一度、ナザレのイエスの教えに戻るべきである。イエスは、悲しみ、絶望しておられるに違いない。

朝日オープン

 将棋の朝日オープンは、羽生が、3勝1敗で防衛した。防衛といっても後がないのであるが。
 阿久津もよく頑張った。この将棋も、腰掛銀模様で、58飛と廻るなど、新機軸を出したが、56銀と上がったとき、65桂から、飛車先を切られて、食いつかれた。56銀では、素人目では、48金とか先に上がるのだろうか。
 結局、盟友、橋本七段の言うとおりの結果となってしまった。
 橋本七段といえば、先日のNHK杯戦で、阿部八段の立石流に、作戦勝ちから圧勝していた。橋本も、阿久津も、一見生意気であるが、実は礼儀正しい。将棋に対する態度も真面目である。先崎あたりも、もう少し真面目になればいいのに、と思う。何をいう、俺は大真面目だ、と叱られそうであるが。
 ともかく、朝日オープンはなくなるし、名人戦は朝日・毎日の共催になるらしいし、どうなるんだろうと思う。また、ボナンザやAI将棋など、着々と力をつけて、プロの牙城を狙っている。弱小アマチュアとしては、とりあえず野次馬として、面白がっていればいいんだろう。

2007年5月16日

福島・母親殺害事件

 残念であるが、息子が母親を殺害する事件というのが、それほど稀ではなくなってきている。数ヶ月前にも、岩手だったか、息子が、友人に依頼して母親を殺害する事件があった。
 しかし、最近報道された、福島県会津若松市の事件は、更に不可解である。というのは、息子が、殺害した母親の頭部をもって、警察に自首した、というのであるから。
 犯人の少年は、高校生で、発達障害で精神科に通っており、また、4月13日から登校していなかったという。昨日の朝4:55分にネットカフェに来て、6:20にタクシーで、出頭したという。
 母親は、保育園勤務で、14日も午後普通に勤務し帰宅したそうである。よって、当然ながら犯行は、14日の夜ということになる。岩手の事件でもそうであるが、離婚その他の理由で、父親がいないのが共通している。尤も、男親がいれば、そうそう安易に暴力的なことは許されない訳であるが、精神的にも父親の不在は大きいに違いない。
 母親は、先月、担任教師に、登校を無理強いしないでほしい、と電話で依頼していたようである。実際、不登校に関する何かの本で読んだが、担任教師は、ともかくも受け持ち生徒がきちんと登校して卒業まで至ることを使命と考える傾向にあり、個別の精神的な悩みまで関与しない傾向にある。
 母親も、担任にそうはいったものの、ずっと登校しないかもしれない息子に不安を抱いて、何か息子と言い争いになったということも考えられる。
 ともかく現時点では、情報が限られているのでこれ以上のコメントは控える。また、発達障害についても、別途調べてみたいと思う。

小野修一八段の引退

 週刊将棋によると、小野修一八段が、3月末で引退した、という。まだ、49歳である。そして、今の順位戦は、というと、まだB級2組で、しかも、成績は、4勝6敗と、決して悲惨な成績ではない。森けいじ九段などは、60歳なのに、一昨年、頑張って、B級2組から、B級1組に昇級した(その後、全敗で、またB2に落ちはしたが)。ということで、どうみても棋力的に限界ではない。また、何か重篤な病気がある、という風でもない。
 すると、次のような原因が考えられる。まずは、独身である、ということ。すなわち、生活費があまりかからないので、頑張って働かなくても、いままでの貯えと、少し稽古でもすれば、地味に食べていける、ということである。
 次の原因は、こちらの本質的かもしれないが、要するに、切羽詰った勝負が好きでない、ということである。人間は、大きなプレッシャを寧ろ楽しむような人がいて、一流の勝負師や、大企業の幹部にもこういうタイプを見かけるが、本質的に、小野八段は、将棋の純理的なところで将棋が好きなのかもしれないが、少なくともプレツシャを楽しむタイプなのではないのだろう。それで、フリークラスに転出することもなく、お金をもらって指す、いわば本気の将棋からもう足を洗いたいと思ったに違いない。いまの趣味は囲碁だ、というから、切羽詰った勝負でなければ、構わないのだろう。
 辞めてどうするのか、というと、指導・普及に関わっていきたいそうである。私は、折角なので、掘り下げた定跡書でも書いてもらいたいと思うのだが、これはこれで、特別の才能を要するのだろう。実際、今の棋士で、よい将棋の棋書が書ける人は、島九段、深浦八段、勝又五段、庄司七段あたりで、かなり限定されている。いうまでもないが、暗黙知として知っている、ということと、それを本に書ける、ということは全く別物である。
 さらに言うと、伊能忠敬は、50歳、すなわち、ほぼ小野が引退した歳に、家督を譲って、ある人に師事して天文学・測量学を学んだ。それから、56歳のときに、測量を始めて、70歳すぎるまで測量で活躍し、当時としてはとてもレベルの高い地図を作成した。これを引き合いに出して、小野さん早いじゃないか、伊能忠敬を見習いなさい、ということは簡単である。私のようなも限りなく乏しい才能の人間でも、死ぬまでなにか現役でやりたいと思っているくらいであるから。しかし、小野には小野なりの美学があるのだろう。人は人それぞれに、生まれてきた固有の理由と課題がある、ということを私は、50歳すぎてようやく学ぼうとしているところである。

ボナンザの評価関数

 日経エレクトロニクス 2007-5-7号に、ボナンザの評価関数のことが書いてあったので、例によって自分用のメモとして、書いておく。ボナンザの保木さんは、前にも書いたが、理論化学の研究者で、そこで、化学反応のプロセスを理論的側面から探求する手法を、評価関数のブラッシュアップに利用した。
 すなわち、保木さんが研究する化学反応の制御では、照射するパルス・レーザの波形を変えることで、目的とする化合物の生成を促進することができる。このとき、目的とする物質の生成量を、パルス・レーザの波形(スペクトル)を関連付けて計算する技法がある、という。この手法により、パルス・レーザのスペクトルを、ボナンザの評価関数に見立て、結果の化合物を、棋譜の指し手に見立てた。すると、アルゴリズムとしては、評価関数に未知のパラメータを与え、サンプルとしての6万局の棋譜に関して、その結果の手を導くように、未知のパラメータを調整した。この自由度を高めるため、保木さんは、1万ものパラメータを評価関数に与えた、という。他の将棋ソフトでは、このようなパラメータは、数百らしいので、桁違いである。
 このように、保木さんは、既存の将棋ソフトのことを知らず、また、将棋そのものにも初心者であることを逆利用して、革新的な将棋ソフトを作ったのである。文化人類学の周縁の理論。
 今回のコンピュータ将棋選手権で、ボナンザは優勝できなかったが、それは、上記手法が限界に達している、と私は思いたくない。上記評価関数の手法を直線的に延長したのでない、何か非自明な工夫をもう1つ工夫を入れて、さらに強くなったボナンザをみたいものである。

2007年5月17日

幸福論?

 ときどき、意味不明のメッセージが浮かぶのであるが、最近、車に喩えて、「不幸はガソリン、幸福はエンジンオイル」というメッセージが浮かんできた。
 スピリチュアリズムでは、確かに、苦しい体験こそが人間を進歩される、と言われるが、しかし、そこまで言い切られると立つ瀬がないではないか、と思った。
 だいたい、世間一般では、誰かが、「僕は、楽しいことに没頭して生きていきたいんです。」と言ったとしても、ほとんどの人は、「ああ、そうだよね。ご尤も。面倒なことは最小限にしたいよね。楽しいことに没頭することで、人間は100%力が発揮できるよね。」と同意するであろう。だから、、「不幸はガソリン、幸福はエンジンオイル」なんてことを言おうものなら、冷水を浴びせるようなものである。そもそも、不幸はガソリンなどというけど、その車は、そのガソリンで、どこへ行こうとするのか、という問いにも、答えはない。
 まあ確かに、100%不幸で、幸福というエンジンオイルがなければ、エンジンは潤滑油がなくなって動かない訳であるなら、そこは分かる。
 こうして、自分が思いついたことに自己突っ込みをかけて、しかも甚だ歯切れが悪いことになっている、というのだから、どうしようもない、というべきである。

映画「ブッシュ暗殺」

 時事通信社によると、映倫が、映画「ブッシュ暗殺」を却下、題名の変更を求めた、という。蓋し、当然であろう。映倫では、「あらゆる国の主権を尊重し、元首、国旗、国家及び民族的習慣の取り扱いに注意する」という規定に、タイトルが抵触している、というが、そういう規定を持ち出さなくても、現職の大統領を引き合いに出すのは、常識的に考えて、まずい。
 原題は、「Death of a President」で、ニュース映像を交えてブッシュ大統領の暗殺後を描いているそうだが、よくこんな映画をアメリカ国内で作ったものだと思う。実際、米国内では、大手映画チェーンが上映を拒否したそうであるが、これもまあ、常識的であろう。逆に言うと、こういう映画の作成が許される、というのは、米国で健全なる民主主義がよく機能している、ともいえる。
 さらに深読みすると、ケネディは、大幅な軍縮を意図したために、軍事産業から恨まれ、あのような惨劇を招いたという説が有力である。すると、軍事産業に大いなる恩恵を与えたブッシュが、その手の刺客に狙われる、ということはとても考えにくく、それであるが故に、安穏と、あのような映画の作成が許されたのであろう。ブッシュにとっても、反ブッシュの人々の溜飲を下げるが故に、寧ろ歓迎だったのではないだろうか。ただ、流石に、常識的に、通常の放映はまずい、と思う。

2007年5月18日

憑依?

 昨日、元暴力団員が、自宅で、家族を人質にしてたてこもり、駆けつけた警官のうちの二人が撃たれ、一人は重傷、一人は死亡、という事件があり、これを書いている時点ではまだ解決していない。
 これを聞くと私はどうしても、長崎市長射殺事件、町田市暴力団立てこもり事件、バージニア工科大学乱射事件、70歳の老人が親戚の女性を射殺して自殺した事件との関連を考えてしまう。さらに言うと、会津若松市で、高校生が、母親を殺して首を切った事件とも、である。
 一般的に考えると、たまたまそういう事件が続いただけて何の関係があるのか、ということになろう。しかし、C.A.ウィックランド著「迷える霊との対話」ハート出版をざっと読んだことから考えるのであるが、全てが霊の仕業とは言えないにしても、私は、迷える性質の悪い霊が増えているとしか思えない。
 というのは、上記ウィックランドの著書によると、多くの殺人事件や自殺などが、実は霊の憑依の仕業である、というからである。
 もし悪い霊が増えているとすると、1つの原因は、米軍によるアフガニスタン侵攻と、その後のイラク戦争があると思う。これは、とてつもない憎悪を撒き散らしていることは明らかである。人間はいずれにせよ死に行くものであるが、病気で仕方なく死んでいくのではなく、流れ弾のような爆弾で殺戮された非戦闘員の無念やいかばかりであろう。天国に行けると信じて自爆テロを遂行した人も、死んで実は全くあてが外れ、愕然としているに違いない。自然科学ガチガチの人も、死ぬときときのとてつもない怨念が、周りになにかしら影響を与えるのではないか、ということは少しは是認してくれるのではないだろうか。
 ただ、憑依という側面で考えるのが妥当かどうか分からないしもそれが稔りあるかどうかも分からない。しかし、通常の人文科学や社会科学の範囲で考えても手かがりは得られないので、なけなしの自分の理性を番人としつつ、憑依という側面も考えてみたいと思っている次第である。

名人戦第4局

 名人戦第4局は、先手の森内の誘導もあって、がっぷりの相矢倉となった。
 特に郷田は、こうでなくてはならない。佐藤棋聖なら、自由奔放な将棋を指すのだろうが、郷田は、加藤一二三とはまた違うが、そのキャラクタに融通の利かないものがある。それをネガティブな意味ではなく、ポジティブに捉えたいと思う。
 この将棋はキーである。この将棋に勝った方が、7番勝負を制するのではないか、と、まあ、誰もが考えそうなことを、私も考えている。

2007年5月19日

名人戦第4局(続き)

 名人戦第4局は、またしても郷田の完敗であった。やはり、第3局の相振飛車で、流れが森内に変わってしまったようである。最後の投了図も、まだもうちょっと粘れるのに、戦意が、闘志がない、としかいえない。
 次は、郷田の先番であるが、矢倉か、はたまた、相懸りか、見る方も興味を喚起することに努力を要するのであるが、見守ってみよう。

純粋培養

 ある将棋のサイトを見ていたら、子供のころから将棋漬けにして純粋培養するのは、危険である、という議論があった。要するに、例えば、子供のころから将棋漬けにして純粋培養すると、将棋しか知らない人間になって、常識がなくなり、危険である、というものである。中原名人が、林葉直子にストーカー行為をしておかしくなったときも、子供の頃から神童で、将棋ばっかり指していたから、という意見があった。
 確かに、そういう面はある。しかし、純粋培養を悪く言うというのは、われわれのような、特に誇る才能のない凡人の妬みがあることは否定できない。純粋培養でないからといって、特に常識に富むとは限らない。私の理解では寧ろ、世の中には、偏った個性の人が必要である。数学にしても、チェスにしても、囲碁にしても、少年の頃から狭く深く極めないと、一流にはなれない。すると、ある人は言うであろう。純粋培養した結果、才能が花開かなかったとすると、その子は犠牲になるのではないか、と。それも仕方ないところである。一流になれるかどうか、やってみないと分からない。その場合は、その道で一流の人にみてもらえばいい。かなりの確度で、その道で成功できるかどうか、言い当てられるだろう。
 私がいう純粋培養の問題は、次のような点である。例えば、ある物理学者がいたとする。大変優秀で若くしてノーベル賞をもらったとする。すると、世間は、もてはやして、専門の物理学だけではなく、教育問題、社会問題まで、本人に聞いたりする。そこで、本人も、専門ではないので、と謙虚に断ればいいのに、つい、いい気になって分かったようなことを言ってしまう。
 もっと甚だしいのは、戦時中の陸軍幼年学校である。あれはあれで純粋培養なのであるが、そのまま青年になって、軍事のことしかしらないのに、政治に口を出し、クーデターを起こして政権をとろうとする輩がいた。人間の権力欲、名誉欲は限りない。純粋培養です、と書いたラベルを貼っていてほしいくらいである。それが自分で認識できるくらいなら、純粋培養じゃない、というとになりそうであるが、そうではなくて、将棋の羽生など、結構バランスがとれているような気もする。違うだろうか。
 

脳トレ

 新聞をみていたら、川島隆太・東北大学教授の「脳を鍛えましょう」と題して、いろいろな練習問題があった。しかし、それを見て愕然としてしまった。というのは、大脳の前頭葉の創造的な部分を刺激するものであるようには見えないからである。問題を引用してみる。
 まず、第1は、「余禄」を音読しましょう。
 これは要するに、毎日新聞のコラムである「余禄」のある記事を掲げて、これを速く正確に読む、というものである。ええっ、内容を理解して、感想を述べるんじゃないの?というのが、素朴な感想。
 次は、六枚の16枡パネルに間欠的に、ひらがなが入っていて、重ねたらどうなるでしょう、というもの。これも、ああそうなの、それで、という感じ。
 三番目は、囲碁の終盤の局面。次の一手は?とか、どちらが何目勝っているでしょう、というのかと思ったら、黒石が何個あるでしょう、だって。
 これって、呆け老人が、少しでも回復するリハビリ、というのなら分かる。でもそうでないなら、下手な俳句をひねっている方が、頭の活性化によいのではないだろうか。私は、上記のような脳トレが無意味だというのではない。しかし、例えば、会計業務を手伝いながら、その流れで計算をする、というように、何かのついでに脳トレのようなことをするのは賛成だが、それだけ切り離してトレーニングするのは、無味乾燥なのではないの、と素朴に思う次第である。

南太洋のCO2吸収

 5月18日付けの毎日新聞に、次のような記事があった。
 著作権の問題があるので、そのまま引用しないで要約すると、国際研究チームは、1981~2004にかけて、南極・昭和基地など南太洋での11地点で大気中のCO2濃度を観測し、その結果、CO2の南太洋の吸収力が次第に低下し、今ではほとんど吸収していないようだ、ということである。その理由は、温暖化やオゾン層破壊による気象の変化で、南太洋での風が強まった。それによって、海の循環が変化し、CO2濃度が高く、CO2吸収力の乏しい深海の海水が上昇し、海表付近に広がった、というものであるが、これは本当に、科学論文に値するのだろうか。
 疑問を書く。
 まず、温暖化でどうして、南太洋の風が強まるのか。
 次に、オゾン層破壊でどうして、南太洋の風が強まるのか。単に紫外線が強まるだけではないのか。
 風が吹いたとして、どうして、CO2濃度が高く、CO2吸収力の乏しい深海の海水が上昇するのか。その逆に、吸収力が高い海水が上昇してもおかしくないのではないか。
 そもそも、海水にとけたCO2なんて、海水中でかなり速く拡散してしまうのではないか。
 そもそも、「今ではほとんど吸収していないようだ」ということが言えるのだろうか。空気中のCO2分子の大域的な流れを追うことができるのだろうか。
 ということで、私には、この記事が、地球温暖化論者の提灯記事であるように思えてならない。この記事が意図するところはこうである。すなわち、「皆さん、かなりのCO2を、海が吸収すると思っていたでしょう。ところが、調べてみたところ、どうもそうではないのです。南太洋など、ほとんど吸収していないことが分かりました。このことは、今までのCO2削減策では間に合わないことが分かりました。もっと抜本的なCO2削減策を考えようではありませんか(バチバチ - 地球温暖化論者からの拍手喝采)。
 でも、頼むから、木に竹を接いだような不自然な論旨ではなくて、もっと説得力のあることを言ってほしい。

オーラの泉のエピローグ

 オーラの泉を見ていると、番組の最後に次のようなコメントが出てくる。
 「前世」や「守護霊」は、科学で証明されたものではありません。人生をよく生きるためのヒントです。
 しかし、これは、いかにも蛇足ではないだろうか。先ず、「科学で証明されたもの」とは何かが、甚だ気になる。だいたい、確実に、「科学で証明されたもの」といえるのは、ニュートン力学が使える範囲。例えば、山の上から石を落として、それが下に落ちていく、ということ。その石に当たったら死ぬかもしれない、という生理的法則。携帯の間の通信をとりもつのが電磁波である、という電磁気学の法則。こういうのが、科学で証明されたもので、ここから先に行くと、かなり怪しくなる。
 例えば、ケインズの法則と、フリードマンの自由経済の法則のどちらが正しいのか。目に見えないクォークが本当に実在するのか。超弦理論というけど、紐の形を見た人がいるのか。宇宙のダークマターというけど、一体何なのか。癌になる原因は何なのか。愛というのは実在するのか、計器では計れないのではないか。正しい怒りと、邪な怒りを区別する方法はあるのか、死刑制度は正しいのか、等等、「科学で証明されたものではありません。」と言った途端に、パンドラの箱を開けてしまうのである。
 だから、「場の空気」としては、余計なコメントはつけない方がいいのだけれども、もしかして、何かの宗教団体とか、どこからか抗議が来たのだろうか。でも、言うけど、突き詰めると、キリスト教だって怪しい。世の中には、追求しても分からないこと、追求すべきではないこと、科学というのは、AならばBという関係は説明できるけど、Aがどうして存在するか、というオントロジーは説明できないこと、など哲学的に考えれば考えるほど、軽々しく余計なコメントは言えなくなるのである。じゃ、江原さんの話はどうなのか、だって? まあ、話半分としては、それなりに有意義ということで、なんとなく収めればよいのではないだろうか。

穴熊戦法

 将棋をご存知の方には、説明の要もないが、将棋に、穴熊戦法というのがある。要するに、隅の香車を1つ上げて、その隙間に、王が潜り込む。振飛車の場合は、右穴熊、居飛車の場合は、左穴熊となる。この戦法は、将棋における1つの特異点で、初心者どうしだと、大抵、穴熊の方が勝ってしまう。というのは、堅くて、遠くて、初心者では、なかなか攻め落とすことができないからである。
 しかし、私が若い頃、あまり穴熊をやってはいけないと言われた。それは、穴熊に入ると、雑な攻めでも通用してしまうことがあり、緻密性が失われてしまい、それが上達の妨げとなるからである。また、駒が偏るので、プロには通用しないと言われた。
 ところが、大内九段は、プロ棋士なのに、穴熊を連採して、名人に挑戦し、ほとんど名人位を奪取する寸前まで、当時の中原名人を追い詰めた。これで、振飛車穴熊は、プロの世界でさえ市民権を得た。いわんや、アマチュア棋界をや、である。本当は、穴熊で勝つのはそれなりに大変なのだが、アマチュア的には、固めてポン、は魅力的であった。
 そうして、穴熊といえば、振飛車穴熊だったが、確か昭和50年頃であろうか、当時の田中虎彦四段が、居飛車穴熊を案出した。すると、これが面白いように成功した。というのは、最初、振飛車側は、穴熊なのに、対舟囲いと同じように捌き、はっと気づくと、王の固さが違い、その時点で敗勢なのであった。
 こうして、振飛車にとって、居尾車穴熊を克服することが、最大の課題となった。そのような中で、ひとり大山康晴だけが、その受けの強さで、居尾車穴熊と五分の戦いを続けていた。
 ところが、1990年代中ごろになって、藤井が、例の藤井システムを考案した。これは、居飛車感覚を振飛車に持ち込むもので、王を囲うよりも、相手の穴熊を攻めつぶすことに重点をおく駒組みであった。飛車だって、平気で端にもっていって、穴熊を潰すことに参画する。これは猛威をふるい、一時期、居飛車穴熊が減ったほどである。
 しかし、振飛車党も手を拱いておらず、現在では、いろいろな対策が双方にあらわれ、今では、混沌たる状況である。しかし、これほど、対穴熊は、プロでも大事なのであって、その戦法の特異点の地位は、変わらない。
 それで、遡って私がまだ大学生だった頃である。囲碁部の友人で、将棋もある程度分かる人がいて、囲碁に穴熊みたいな戦法はあるの?と聞いたことがある。すると、その友人は、少し考えて、囲碁に両三々という布石はあるにはあるけど、と答えていうには、結局は単なる布石で、特殊な対策を要するものではない。寧ろ、両三々を打ちこなすことの方が大変である、ということだった。どうも、囲碁には、穴熊に匹敵するような特異点みたいな布石はないらしい。中国流も、秀策流も、そんなんじゃないようだ。
 では、他の分野ではどうだろうか。野球に、穴熊みたいな戦法はあるのか。敬遠しまくるのか? それも違うような気がする。政治には? 人生自体には? 人生自体だと、強いていえば、若いとき猛勉強して、いわゆる有名大学に合格しておくことが、穴熊戦法に匹敵するだろうか。穴熊だって、そこに囲うまでは手間がかかる。ただ、そこに収まってしまえば、あとは、強く戦える、という点で、学歴と似ていないこともない。また、そのメリットに拘りすぎても、却って手痛いことになる、というのも、また、それでも人はそこに惹かれ続けるというのも、穴熊と学歴の共通点である、といえる。

2007年5月20日

ハードディスクのアルミ板

 今朝、テレビを見ていたら、栃木県が、ハードディスクのアルミ板の世界のシェア100%を占めている、という。すなわち、ハードディスクのアルミ板は、世界で月産5500万枚で、神戸製鋼の栃木事業所が、月産3000万枚、古川電工の日光事業所が、月産2500万枚なのだそうだ。
 ハードディスクのアルミ板というのは、要するに、単なるドーナツ状の薄いアルミ板なので、一見、誰でも作れそうである。しかし、実はそこにノウハウが必要で、昨今の高密度のハードディスクにあっては、ヘッドが、ディスク表面ぎりぎりを飛翔するので、ハードディスクのアルミ板には、極端な平坦度が要求されるそうなのである。このことが、日本以外のアジアの国々の参入の壁になっているのかもしれない。
 日本の独自の精密技術が要求されている分野は他にもあって、例えば、スペースシャトルのある部品は、大田区のある小さい町工場でしか作れない、と聞いたことがある。
 このような状況に鑑みると、World is Flatとか言って、ソフトウェア技術などが、どんどんインドや中国のエンジニアによって、担われているけれども、なかなか一朝一夕ではどうしようもないのが、ハードウェアがらみのノウハウ、ということになる。
 グローバル・スタンダートとか言って浮かれるのはそれでよいが、日本のこういう強みを再度確認したいと思う次第である。

山崎七段と千日手

 今日のNHK杯戦は、飯塚六段と山崎七段、という、分かる人には分かる、とても素晴らしい対戦なのであるが、解説の浦野七段によると、山崎七段は、今まで一度も千日手がないのだという。これには驚嘆した。というのは、大体、プロは勝負に辛く、千日手模様にして、相手から動かせ、暴れてきたところを反撃する、というのが普通で、この意味から、後手番だと、三浦八段のように、露骨に千日手を狙う棋士もいて、それをせこいとか咎める雰囲気は、プロ棋界にあまりない。かの羽生だって、また、佐藤康光だって、千日手は仕方ないし、場合によっては、重要な戦術の一環と思っているようである。
 このような状況であるから、山崎七段が、今まで一度も千日手がないというのは、驚異的なのである。もし、千日手を避けて山崎七段が負けてばかりいると、誰も驚嘆しない。しかし、あの七割にも達する勝率である。それが大きい。
 もしかして、山崎七段にメンタリティで似ている棋士がいるとしたら、谷川九段である。谷川九段も、確か千日手が嫌いだし、また、入玉も異常に嫌う。それでいて、やはり、とても高い勝率を誇る。それで、芹沢九段などは、生前、羽生よりも谷川の方を高く買っていたが、分かるような気がする。実際、谷川のようなけれん味のない指し口であれだけ勝つのは実にすごいことで、もう少し辛く指せば、羽生と同等の実績もありえると思う。しかし、それに甘んじないところが、美学の美学たるゆえんである。このせこい時代に、山崎にもその美学を貫いてほしいと思う次第である。

にしおかすみこ

 昨日、エンタの神様を見ていたら、「にしおかすみこ」が出ていた。最初に、にしおかすみこを見たとき、なんかあばずれっぽい顔と、それに不釣合いなほと゜プロポーションのよい肢体が妙に目を引いた。また、最初に、鞭をもってギャーッと叫ぶパフォーマンスには、少し驚いたが、まあ、大したキャラでもあるまい、と高をくくっていた。話の内容が、いまいち単調だからである。
 でも、昨日の話はよかった。半分実話と思われる自分の10年にも亘る片思い話を切々と話す、その自己諧謔は、切なくて笑わせるものがあり、ううん、にしおか、やるじゃん、と思った。
 すると、こうなってはやはり、あのスラリとした肢体が活きる。あのボディを前面に出さず、さりげなくやっているのがいい。ううん、もう少しだけブレークするかな。
 あと、昨日のタカ・アンド・トシは、いまいちだった。もともししゃべりの名手なのに、昨日は、アイテムを使った。でも、アイテムは、彼らには似合わない。そうか、芸域を広げようとしているのだな。

Google - 佐々木俊尚

 佐々木俊尚という人が書いた、Googleに関する有名な本が1年以上前に出されている、というので、今更であるが、読んでみた。それで、例によってコメントしつつ要約してみる。
 まず、佐々木氏は、グーグルニュースが、日本の新聞社の反対を呼んでいるところからはじめる。すなわち、日本の新聞社のウェブサイトは、トップページに広告があって、そこを経てみてもらうから意味があるのに、下位の個別の記事からリンクされては困る、ということである。
 実際、読売新聞などは、そういうニュースのリンクを生成する会社を訴え、勝訴している。それを踏まえて、Googleは、日本にも進出してきた。しかし、Googleのユビキタス化の前に、新聞社も仕方なく黙認せざるを得なくなつてきたのであった。
 グーグルはグーグルニュースで、一文も稼いでいない。他にも、オフィス製品をネットで無料で提供するなど、フリーでインフラを公開しようとする。これは。既存の情報産業に対する破壊と言っていいが、なぜGoogleはこのようなことをやろうとするのだろう、という素朴な問いが生じる。
 それは、Googleのアドワースと、アドセンスという広告サービスに秘密がある。アドワースは、広告連動広告、アドセンスは、ブログなどのコンテンツの内容に応じて自動的に広告を挿入するサービス。これらによる収入は、なんとGoogleの98.8%を占める。
 実際、羽田空港傍の零細駐車場が、Googleの広告で、稼げるようになった。また、三和めっきという地方のめっき会社も、ネット広告で、息を吹き替えした、という例が掲げられる。
 それでGoogleが目指すのは、ロングテール広告。塵も積もれば式の、薄く長い層から、広告代を稼ごうとする。そのため、インフラを着目し続ける。場合により、中国政府やアメリカ政府との迎合も辞さない。また、アドセンスを提供したブログサイトなどで、クリックの異常があると、説明の余地なく、即刻サービスを停止してしまう。そういう傲慢さもGoogleにあらわれてきた。
Googleの試算によると、全世界の情報の総量は、500万TB。Googleがディスクに格納したのは、170TB。でもGoogleは300年かかっても、全世界の情報の総量を検索可能にしたいと思っているそうである。私の限られた歴史の知識によれば、壮大且つロングレンジの野望をもつ者は、意外と早く崩れる。足元を見ていないからである。Googleはどうなのだろうか。私はあと数年でターニングポイントを迎えると思う。そうして、電力会社が地味ながらがっちり営業しているように、Googleも、その頃はすっかり地味になり、ITインフラ会社として、それなりに営業していることだろう。強力なライバルがなければ、であるが。

斉藤祐樹

 NHKの教育で、囲碁番組をみていて、それが終わったら、いつもは、「心の時代」なのだが、今日はなんと、東京六大学野球中継だった。それも、早稲田対明治で、なんと、あの斉藤祐樹が、先発するという。
 普通、東京六大学野球は、優勝戦くらいしか中継しない。しかし、これは優勝戦ではない。ところが、「祐ちゃん」効果で、なんと観客は3万人。だいたい、東京六大学野球は、観客は関係者ばかりで外野席など閑古鳥が鳴いているのだが、この日は外野まで一杯。人気の落ちているプロ野球の、巨人対ヤクルト戦でも、神宮球場で、下手をすると3万人入らないという。
 それで、先発の斉藤。これがまた、実に落ち着いたよい投球をする。例えば、味方の内野手がエラーをしてランナーを出しても慌てない。確実にアウトをとっていく。6回になると流石に疲れてきたか、2アウト満塁のピンチを迎えたが、2-1からの落ちる球で、きっちり三振に切って取った。その間、チームの打線が爆発して、5-0.しっかり勝ち投手の権利を確保したところで、監督は交代を告げた。
 見ていて、斉藤は、冷静なのがいい。謙虚そうなのもいい。バックの先輩たちも信頼しているようで、その信頼が、打線にもうかがえる。斉藤がある間、早稲田はきっと、何度も優勝するだろう。
 ただ、私の根拠のない予想では、流石の斉藤も、大学3年あたりでスランプに陥るだろう。一年くらい駄目で、4年になって復活し、なんとかプロからの指名をかちとるだろう。そうして、プロでもそこそこやれるだろう。一流になれるかどうか、それは、今後どれほど深いスランプを経験し、それをどう克服するかにかかっている、と思う次第である。

2007年5月22日

壁について

 最近、たまたまバス停で立ち聞きしたのだが、ある人の知り合いの女性は、高校時代優秀で、国公立大学の医学部を目指したのだそうである。よくある話である。それで、具体的な大学名は知らないし、もし聞いていても、ここで書くつもりはないが、ともかく、国公立の医学部を受け続けて、6度落ち続けたそうである。要するに、6浪である。よく本人も粘ったし、また、家族も許したと思う。それで、流石にそれ以上浪人するのはどうか、ということで、ある有名私立大学の看護学部に受かり、そちらに入ったという。そこなら、現役で受かれた、というのだから、6年の月日は、勿体ないというべきかもしれない。
 また、別の例で、ある知り合いの親戚の男性は、高校時代まあまあの成績で、MARCHレベルの大学に受かったそうである。私から見ると、それで十分だと思うのだが、本人は、それより1ランク上、すなわち、早慶レベルを再受験しようと努力して、結局、受かれず、それだけならいいが、精神的におかしくなって、入院したままの状態だそうである。
 そこで私はすぐに、才能の限界とか思ってしまうのだが、石の上に三年でもっと頑張れば壁を越えることもあるので、一概に言えないが、ただ、一見、かなり有望のような人が、いくら努力しても、あと一歩、どうしても壁を越えられないで、とどまってしまう、ということはあると思う。
 それはまさに、ギャンブルと同じ心理である。負け続けて、今度は勝てるかも、ということである。また、一時期成功した体験があって、それが忘れられない、ということもある。あるレベルまで直ぐに上達できた、ということが、その上のレベルに行けるということを必ずしも保証しないのである。甲子園の活躍した高校生が必ずしもプロで大成できず、高校時代に無名であった人が却って大成する、など。
 それで、私が言いたいことは次のことである。まず、3年くらい頑張ってみて駄目なら、別の途を考えてみるのが賢明な場合が多いのではないか、ということ。意地になって苦手なことを努力すると、精神の変調をきたしてしまうことが少なくないような気がする。世の中の少年犯罪の少なくない部分が、受験勉強の無理からきていないだろうか。すなわち、優秀な人材が、受験勉強が得意である確率は高い。それでもともと頭がよくないと周囲に思われ、本人もそう自覚している場合は、上を目指さないであろうが、ときどき、もともと頭がいいのに、受験勉強が得意でない人がいる。例をあげると、エジソン、アインシュタイン、ダーウィンなどである。こういう人に受験を強いたら悲惨なことになる。それこそ、最悪の場合、鬱積した気持ちが犯罪まで駆り立てることがあるかもしれない。例の会津若松市の高校生母親首切り事件なども、また、奈良県高校生自宅放火事件なども、これが主な原因ではないかと推察させる。
 こういう議論が世間であまり受け入れられないとしたら、世論をリードするような人達は、あまり壁を感じないで、一流大学に合格・卒業できた人達であるからである。そういう人には、壁というものがなかなか理解できないであろう。しかし、壁は、当然ながら誰にもある。私の理論によれば、長所は、それを補償するような欠点に支えられているのであるから、一流大学に合格してうまくいっている人の欠点は、潜在的にとどまっている。その欠点の分野で努力するような羽目にならなければ幸いというべきである。
 また、世間一般に言えることであるが、見栄や思い込みで、苦手な分野にこだわりすぎてはいけない。冷静に自分を見渡せば、なにか世間の平均以上にできることがあるはずである。それは、必ずしも好きなことではないかもしれないが、少なくとも、そこの能力を活かせば、食べていけるだろう。それをやり続けて、それが苦手でなければ、そこそこ好きになれるはずである。
 こういう風に割り切れれば、とんなにか楽だろう、と自分に言い聞かせている次第である。

Queen Rania

 Queen Raniaと言っても、大抵、ご存知ないだろう。無理もない、私も、TIMEを読むまでは知らなかった。TIMEのMAY 21, 2007号に、ヨルダンの女性外交官Queen Raniaのインタビューがあるが、まるで、日本で言えば、アイドル女優のような容姿である。
 それで、インタビューに答えて言うことは、ヨルダンが、女性に対する蔑視が次第に解消されてきている民主化された国家である、という宣伝である。イスラム教国家は、女性に社会的に高い地位を与えない、という世間を風評を打破するかのような登用人事であると思う。
 このような人事を見ると、私は、逆に、ヨルダンでまだ、女性蔑視が根深いと考えてしまう。丁度、アメリカの国務長官が、黒人のCondoleezza Riceであるように。Riceなどは、あるイギリスの外交官が訪れてきたとき、わざわざ、黒人が虐殺されたことで有名な教会にその外交官を案内したそうである。そのanti-racismは、筋金入りである。
 話が戻って、Queen Raniaの例で思うのだが、日本でも、優秀で容姿が優れた若い女性を外交官として登用すべきである。そういう女性が外交官試験に受かって外務省に入っても、いまだと当分下働きであろう。勿体ないと思う。そういう女性を早めに外国との表舞台に出すことで、日本も先進性を想定してもらえる。当然、外務省内で、嫉妬や軋轢はあるだろうが、ある程度は仕方がない。現実問題、容姿は、国際社会であっても、ワークする。単なる美人で中身がなかったら、一瞬で飽きられるが、本当に優秀で美人なら、国際社会で、よい日本の広告塔になれる。
 ただ一点、そのような女性は、かなり強いプレッシャを強いられる。よって、強い精神力と体力が要求されるが、すると、結局、とても得がたい人材ということになってしまうかもしれない。

2007年5月23日

名人戦共催

 今週の将棋新聞をみると、名人戦共催に関する、米長会長のインタビューがあった。以下、個別に述べて、コメントをつける。

1. 順位戦
 毎日新聞がA級を主体に、朝日新聞がB級以下を主体に観戦記を書くそうであるが、これは、将棋ファンにとってgood newsであろう。というのは、B級以下の対戦で、A級以上の好取組があるからである。例えば、前期の渡辺竜王対山崎七段、など。ただ、カードによっては、両新聞が重複して掲載することがありえる、という。これは、「チームワーク」が必要であろう。

2. 名人戦7番勝負
 これは、両新聞が報道と観戦記を競い合う。運営は、両新聞が協力しあう。さて、軋轢は生じないであろうか。また、観戦記者は、競争なのでプレッシャがかかる。競争原理が働いていいではないか、となんとなく素直に言う気持ちになれないのは、なぜかしらん。

3. 将棋普及協力金
 両新聞社から、将棋普及協力金として、1億2千万円が供与され、これは、棋士の派遣、学校への盤駒の貸与、遠征する棋士への旅費・宿泊代、グッズの提供、などに使っていく、というがここは、いまいち不透明。ここでいう「遠征」というのは、対局でなくて、普及目的でないとおかしいが、その点の明記なし。また、グッズの提供というが、ネット販売のものだろうか。すると、将棋普及協力金をそれに充てるのは変である。私は、過去の棋譜の一部をオンライン化し、Webで無料公開することに将棋普及協力金が使われるのが一番よいと思うのだが、いかがであろうか。また、両新聞社は、昭和初期から中期にかけての観戦記(木村義雄、花田、塚田、升田、大山など)を無料でネット公開したらどうであろうか。その辺の観戦記を出版している訳ではないので、実質的な遺失損益はないと思う。

文系・理系

 大学での専門は、大きくは、文系・理系に分かれる。それで、ある友人から、大学で理系を専攻した人は、会社に入って事務的な仕事に就いていても、文系の人よりも頭がよいのではないかと思い込む傾向があるのではないか、と問題提起を受けたので、これについて考えてみる。
 するとまず、確かにそういう傾向はなくはないかもしれない。1つには、偏見であるが、また一部正しい面もなくはないが、文系は結構遊んでいても卒業できるのに、理系は、レポートや実験をきっちりこなさないと卒業できない、ということがある。よって、理系の人は、俺達は、文系の奴らよりもきっちり勉強してきたんだ、と思うことになる。ただ、説得力がなくなるとしたら、確かに大学では勉強したかもしれないが、会社に入ってからは、呑み会とゴルフなどにうつつをぬかすような場合である。また、会社に入ってからも真面目に勉強していたとしても、対人関係が苦手で、また協調性が低いと、なかなか仕事はうまくいかない。このようなとき、周りは、あいつ何やってるんだ、と思うし、本人は、俺は理系で偉いんだ、あいつらとは違うんだ、と思うことになる。
 さて、文系・理系という分け方は、私の意見では少し粗すぎる。次のような分類を提唱したい。
文系 :
法律・経済系
  哲学系
  文学系
理系
  理学系
  工学系
 文系の法律・経済系というのは、当然ながら、会社で一番羽振りがよい。規則を解釈し、現実的に適用するのがうまい。また、文言の論理解釈にとてもこだわり、そういうことに杜撰な人は、許容できない。
 哲学系は、大きな枠組みで、原理原則を考えているが、それを実際に適用することは、かならずしも得意ではない。内心、法律系・経済系を馬鹿にしているが、現実にはあまり恵まれない。女性にももてにくい。
 文学系は、感情の機微がこまやかである。人生論を語らせると、結構面白い。話題が豊富で、女性受けもよかったりする。しかし、会社生活で、人間味があるとは言ってもらえるが、出世するとは限らない。
 理学系は、文系の哲学系の理系版。理論的なことにこだわるが、かならずしも動く仕組みをつくれるとは限らない。一方、工学系は、理論はともかく、なにか作れる。実際向き。
 会社の出世とはまた別で、私の造語であるが、「知の司祭」のイドラというものがある。なんとなく、高尚なことをやっている、知っている、という印象を与える。例えば、理系の中では、数学が知の司祭と呼ばれる。例えば、物理学は、数学的・幾何学的であることを目指すが、数学は物理学的であることは目指さない。すると、数学 > 物理学 ということになる。
 この分でいくと、、「知の司祭」度は、下記のとおりとなる。
 理学系  > 哲学系 > 法律・経済系 > 工学系 > 文学系
 くりかえすが、これは、出世度、異性にもてる度と全く関係ない。また、大学での専攻とも全く関係ない。工学部出身でも実は技術には興味がなく、法律が好きだという人はいるし、理学系でも、本当は小説がかきたい、という人はいる。
 私が言いたいことは、本当は、序列なんて関係ないので、社会の構成要素として、お互いの個性を尊重しましょう、ということである。

フィンランド語

 私は、フィンランドという国をほとんど知らない。フィンランド語というのも、もちろん知らなくて、おそらく、デンマーク語、ノルウェー語とあまり違わないのだろう、語族としては、ドイツ語のようなアングロサクソン語族なのかも、と思う。
 なぜ唐突にそのようなことを書くかというと、ある信頼できる友人が、フィンランド語は、日本語に似ていると聞いた、というからである。
 ええっ?と私は困惑してしまった。私の限られた言語学の知識をどう捻っても、その結論は出てこないからである。
 ただ、フィンランドには面白い名前の人がいる、とは思ったことがある。例えば、冬季オリンピックの大回転かなにかの金メダリストだった、アホネン。日本人だったら、どうしても、この名前を読み上げるとき、笑いをかみ殺してしまうのではないだろうか。また、同様にニッカネンという人もいた。「ニッカネンさん、練習に精が出ますね。」「ええ、日課ねん。」という寒いギャグを自分で考え、あまりに寒いので、誰にも話せず、いまこうして書いている。
 ところが、上記友人の知り合いにフィンランド人の人がいて、その人の姓が、やはりアホネンだという。すると、アホネンは、フィンランドでは、日本でいう、田中や鈴木のようなものなのだろうか。あんたもアホネン、うちかて、アホネン。また、その友人によると、フィンランド人の知り合いで、男性で、ミカという名前の人がいるそうで、とても性別が困惑するそうである。
 で、やっと意味が分かった。フィンランド語は、日本語に似ている、というのは、フィンランド語で、日本人がつい別の意味があるように聞いてしまう単語が結構ある、ということだと。
 ただ、そういうことだと、ドイツには、スケヴェニンゲンという地名がある。
 また、アメリカ合衆国には、オハイオという州があり、それは、日本語の「おはよう」と発音が似ているので、日本語と英語は、同じルーツである、という主張を、ニューヨーク州立大学教授とかいうちゃんとした肩書きの人の本で読んだことがある。
 さらに、イエス・キリストは、ユダヤ人の迫害を逃れて、日本の津軽にやってきて、そこにイエス・キリストの墓があるとか、源義経は、平泉で、難を逃れて、大陸に渡り、そこでジンギス・カンになったとか、いろいろな話がわっと、押しかけてきた。
 だんだん収集がつかなくなったので、きちんと言語学の語源の本を読んで、フィンランド語について調べて、また、稿を新たにすることにする。

2007年5月24日

言語の冗長性

 分かりきっていることを、改めて書く。英文雑誌を読んでいて、"heinous"という単語に行き当たった。見たこともない単語なので、辞書を引くと、「憎むべき」とか「凶悪な」とかの意味がある。そこでふと思ったのは、例えば、"malicious"という単語とのニュアンスの違いは何なのだろう、ということである。きっと、Oxford English Disctionaryで語源を確かめると、その微妙なニュアンスの違いが分かるのかもしれないし、結局、分からないかもしれない(私の能力とバックグラウンドだと、後者の可能性が高い)。
 何が言いたいかというと、言語は、1つの意味を表すのに、ほとんどニュアンスの違いの分からない複数の単語・表現の冗長性に満ちている、ということである。この冗長性であるが、次のような特質をもつ。
 先ず、人間の精神が本質的に、冗長性を好む、ということがある。表現の多様性を作り出す性質がある、と言い換えてもよい。例えば、英語で、「美しい」という意味を表現するのに、beautifulという単語しかないとすると、どんなにか、おぞましいであろう。
 次に、例えば、「おぞましい」という意味に対応する複数の単語が英語である、としたとき、その微妙に差異を際立たせる役割は、1つのには語源学者、さらに1つには、文学者、詩人あるいは小説家に委ねられる。語源学者は、ギリシャ語やラテン語に立ち返って、その差異を説明するであろう。文学者、詩人あるいは小説家は、語源学者の成果を取り入れ、あるいは無視してその本人の直感または感性に基づき、書いている詩や小説の一節の文脈における単語の適合性を選択するであろう。さらに、評論家は、その単語選択を妥当性を論じるであろう。こうして、一見差異の分からない微妙な違いを論じて理解するのが、文化の重要な1つの側面となる。
 表現の冗長性は、次のような役割をも、もつ。例えば、大学に入学したとき、教養の英語の授業で、英作文の課題があった。それで、「雨が降り止んだ。」という課題に、私がたまたま、"It has ceased to rain."と書いたら、教授にえらく褒められた記憶がある。ceaseという単語が格調が高いのだという。私は、そんな深い意図はなく、他の人の違う単語を使ってみたかっただけであった。ただ、その後の私の英作文は、教授に一顧だにされなかったので、ビギナーズ・ラッキーの類であったようだ。要するに、みんなが使わない単語を仕入れて、わざと使う、というのは、見栄というかペダントリーとしては、結構有効である、ということになる(その後の文章が貧しいと、すぐにメッキが剥がれてしまうが)。
 更に述べると、このような冗長性は、なにも単語に限らない。宗教、コンピュータ言語などに共通である。例えば、仏教1つをとってみても、驚くほどの沢山の宗派があって、その違いを、専門家でない人が理解するのは困難であろう。コンピュータ言語にしても、C++やJavaというそれなりに完成された言語があるのに、わざわざ、C#などというのを考える人(馬鹿とはいわないが)が、いる。
 で、全然結論になっていないが、そのように冗長度を高めていって、その間の微妙な差異を楽しみ(あるいは、苦しみ)、やっていくのが、人間文化の動力学、ということなのであった。長々と書いたが、結局、意味のあることは何も論じていないようである。

整体と健康保険

 最近、会社の健康保険組合から、封書で、注意書きがきた。すなわち、趣旨は、接骨師や整体師は、健康保険が適用可能となっているけれども、その適用を厳密にしてほしい、というものである。
 すなわち、単に、ちょっとくらい腰が痛いとか、体がだるいくらいで、健康保険を適用して、整体師にかかってほしくない、ということである。そうして、健康保険を適用して、整体師にかかるのを、緊急度の高い、やむをえない場合のみにしてほしい、というものである。
 この背景には、昨今の健康ブームで、接骨院や整体院が増え、気軽にマッサージなどを受ける人が沢山いて、そのついでに健康保険が適用になるならラッキーと、どんどん健康保険を適用して、保険組合の支払いが増えてしまった、ということがありそうである。
 もしそうなら、事情は理解できるのだが、私的にはとても残念である。というのは、今まで何回か、整体院に通って、鍼などの治療も受けたが、実に快適であった。40分くらい治療を受けて、健康保険が適用になると、1500円くらいで済む。ああ、快適且つリーズナブル、と満足していた。ところが、もし健康保険が適用にならないと、1500円が一気に、4000円~5000円となって、これはかなり辛い。
 では、どうしようもないほど切羽詰まった事情で整体に行くことがあるか、というと、それはなかなか考えにくい。すると、実質的には整体にかかる気がしなくなる。少しくらい腰が痛くても、薬局でサロンパスを買って貼ってごまかそう、ということになる。
 これだと、整体院も売り上げ減少で困る。ただでさえ、あちこちに乱立していて競争が激しい。それに対する整体院の対策はまず、健康保険が適用になる認定をうまくアドバイスする、ということである。しかし、これは、明らかに濫用できない。すると、次なる施策は、健康保険を適用しなくても払えるように値段を下げることである。これは、沢山整体師を抱える整体院としては、所定の給与を払えなくなって、苦しい。ううん、どういう活路があるのだろうか。
 ともかく、いろいろな国民の反対を押し切って、接骨院や整体院には健康保険が適用されないように法律が変わってしまいそうである。そうでなければ、医師の診断書があれば、はじめて接骨院や整体院で健康保険が適用される、とか。だって、健康保険組合は、背に腹はかえられないもの。
 そしてともかく、私はハッピーでない。仕方ないか。

ブッシュのイラク侵攻戦略とマキアベリ

 今日の毎日新聞に、マキアベリの書物の内容を引用することで、ブッシュのイラク侵攻戦略がいかに間違いであるかが説明されていた。すなわち、マキアベリによると、国家は、ある独裁者の下で一枚岩の国家と、群雄割拠で、独裁的な支配者がいない国家とに分けられ、もし戦うとなると、前者は一糸乱れず統率がとれているので、とても手強いという。一方、後者の国家は、統制がばらばらなので、戦争になってもとても弱い。あっという間に攻め込まれて、負けてしまう。
 ところが、戦争が終わって、支配する時代となると全く逆なのだという。すなわち、独裁国家は、一旦敗れると、新しい支配者が、旧独裁者にとって代わることで、スムーズに支配される。丁度、戦時中の日本がそれに該当する。帝国日本軍は、特攻を含め、最後まで連合軍を苦しめ続けた。しかし、一旦無条件降伏してからは、一部の軍部の不逞の輩による不穏な行動はあったものの、あたかもマッカーサーが天皇の地位に置き換わったがごとく、日本は従順に支配された。逆に、統制がばらばらの国家は、支配したつもりでも、いくらでも反乱分子がいる。ゲリラ戦を展開されて、新支配者は、心休まることがない。
 上記毎日新聞の記事によると、ブッシュ政権は、イラク政権を、旧日本の天皇制のような、サダム・フセインを独裁者とする国家だと見誤り、フセインを取り除くことで、イラクを支配できると思い込んだ、と認定している。そうして、それが決定的に過ちだったので、あのような泥沼に陥ったのだという。これは、竹を割ったように分かりやすい説明であるが、果たして本当に、ブッシュ政権は、フセインを取り除くことで、イラクを支配できる、と考えたのだろうか。私には、その戦略をみていると、そのように思っている、と思わせようとするように行動していた、としか思えない。
 実際、ブッシュは、イラクへの米軍の駐留が最早決定的に有効でない、と思われる段階になっても、駐留軍を引き上げようとしない。これは、単に意地を張っているのだろうか。田中 宇の示唆に影響されているのかもしれないが、私はどうしても、ブッシュ政権が、世界に多極化構造を作り出そうとしているようにしか思えない。すなわち、ある程度意図的に、わざと失策を演じ、アメリカの世界における地位を低下させる。どうして地位の低下をわざわざ、と思うかもしれない。しかし、会社で管理職を経験したことがある人なら分かるかもしれない。地位が高く、責任が重い、ということは必ずしも幸福を意味しない。寧ろ、ステップダウンすることが、安寧と繁栄をもたらすことがある。アメリカは、ブッシュ政権は、望まれてステップダウンしたいのではなかろうか。そうした結果の多極化された世界で、それなりの居所を、アメリカは見つけていく、という構図である。
 私が100%納得して、この言説を書いている訳ではないので、とても歯切れが悪いものになってしまっている。しかし、次のことは言えるかもしれない。すなわち、ブッシュの次の大統領が誰になるにせよ、ブッシュ政権から次政権に引き継がれるものがあり、そこで、ブッシュ政権の考えた布石が何であったかが、今より分かるであろう。

2007年5月25日

山口県光市母子殺害事件公判

 最高裁で死刑として、広島高裁に差し戻された、光市母子殺害事件の裁判であるが、弁護側は、今更、「傷害致死罪」を主張している、という。すなわち、「弥生さんについては、騒がれたため口をふさいだら誤って首を押さえ続け窒息死させた。夕夏ちゃんついては泣き止まないので首にひもをまいて、喋々結びにしたら死んでしまった。」という事実認定の論理を、弁護側が考え出したのだという。
 傷害致死罪(刑法205条)とは、殺人について故意がないが、暴行か傷害について故意がありその結果死なせた場合に該当する。もし、殺害が弥生さんだけであったら、状況によって、ぎりぎり主張し得たかもしれない。しかし、夕夏ちゃんまで殺害したとなると、この主張は、流石に使えない。
 弁護側は、被告を最善の論理で護ろうとする職業倫理があると思うが、この主張は、流石に常軌を逸していると考えるのは、私だけだろうか。
 また、被告が何としても死刑を免れ生き延びようとしているなら、最低限、被告には、生き延びたときどのように犯した重大な罪を償おうとするかのきちんとしたアクション・プランを提出する義務があると思うが、そういうものは窺われない。抽象的な改悛の情では、意味がない。
 それでも、被告は、弁護団と相談して、ともかく生き延びることに価値を見出そうとしているなら、罪を償うことなくただ生き延びる人生にどれほどの意義があるのか、じっくり考えてほしいと思う。
 私は前に書いたように、死刑そのものの意義には疑問をもっている。しかし、被告の側で、従容として死刑を受け入れる、という生き方もあると思う。そのために、わざわざソクラテスの例を引き合いに出す必要は、最早あるまい。

フィンランド語(続き)

 フィンランド語について、もう少し調べてみたところ、私の理解に間違いがあったので、訂正する。まず、隣接しているからといって、フィンランド語は、スウェーデン語や、デンマーク語と同系統ではなかった。すなわち、スウェーデン語や、デンマーク語は、英語、ドイツ語、オランダ語のようなゲルマン語の系列であるのに、フィンランド語は、ウラル語族で、寧ろ、ヨーロッパで(バスク語ほどではないにしても)異端とされている、ハンガリー語と、同系統なのだという。
 ウラル語族の上位概念に、ウラル・アルタイ語族があり、アルタイ語の方に、トルコ語、モンゴル語、朝鮮語、日本語と連なる。
 すると、フィンランド語と日本語は、ある人の配偶者の実家の本家の分家の次男の娘と、ある人との関係くらい、近い関係にある、ということになる。ううん、なるほど。ともかく、フィンランド語が、インド・ヨーロッパ語族という誤解は解いておく必要がある。
 西欧史って全然詳しくないけど、ハンガリー語やフィンランド語というのはきっと、とても恐れられた、アッチラという残忍な首領を長とする、フン族のヨーロッパ侵略の結果、ヨーロッパで話されるようになったのではなかったろうか。これも、今度調べておくことにする。

最長手数

 本因坊戦第2局 先番:依田紀基九段、後手:高尾紳路本因坊で、ちょっとした記録があった。すなわち、手数が343手で、最長手数記録なのだという。碁盤の目の数は、19×19=361だから、囲碁は、361手より長くなり得ない、ということは、理論的にはない。すなわち、劫があるし、また、抜き跡に打ち込む、ということもあり得る。しかし、だいたい、押し詰まって狭いところに打っても仕方ないことが多いから、作為的に長くしないかぎり、なかなか、300手を超えることはないと思われる。また、長さを競おうと思えば、ある程度手数が長くなるように打つことができなくもない。よって、最長手数記録だからといって、そんなに話題になることもない。
 将棋の場合、囲碁よりも短手数であることが多い。すなわち、囲碁が、だいたい200手を少し超えるくらいが平均だと思うけれども、将棋は、分からないが、100手を少し超えたくらいが平均手数ではないだろうか。それで、将棋の場合、最長手数記録というのは、囲碁よりももっと意味がない。というのは、将棋は、囲碁と違って、終盤で手の場合の数が次第に減る訳ではない。だから、長くしようと思えば、攻めていかないで、適当に駒を動かしていれば、いくらでも手数を稼ぐことができる。そういう作為ではなくても、双方が入玉になると、やろうと思えば、1000手くらいなんとかで指せる。理論的に∞もありえる。ただ、手としてどれくらい意味があるかは、別問題である。よって、最長手数記録が、将棋では、囲碁以上に、問題にならない訳である。
 ただ、詰将棋となると、話は別である。詰将棋だと、意味のない駒は配置してはならず、玉は最長で詰むように逃げなくてはならず、攻め方は、最短で詰ますように攻めていかなくてはならない。このような制約は、とても大きく、長手数の詰将棋というのは、もし平凡な手順だったとしても、その長さ自体に意味がある、とされる。というのは、手数が長くなるように駒を配置することに、凄まじい工夫が要求されるからである。長い手順の詰将棋として有名なのは、伊藤看寿の将棋図巧の第100番「寿」の611手である。この手数は、長く、記録だったが、1986年に、橋本孝治が、自らミクロコスモスと名づける、1525手の詰将棋を完成させた。まさに驚嘆である。
 ところで、詰将棋創りの、文字どおり末席を汚している私であるが、なんとか手数だけは長いのを、と思って、馬ノコだけを駆使して、111手詰の作品を作ってみたことがある。これは完全と信じて疑わなかったが、最近コンピュータに解かしてみたら、97手で詰むは、歩がどうしても余るは、で不完全と分かった。このように、単に長い詰将棋を、破綻なく作るのも、とても大変なのである。

2007年5月26日

役人の心得

 新聞を見ていたら、末広厳太郎という明治の偉い法学者が、皮肉の意味で、役人の心得として、下記のような三箇条を掲げたそうである。
 第1条は、役人は万事広く浅く理解すべきで、専門的興味は出世の妨げである、ということ。
 第2条は、おおよそ役人たらんものは、法規を盾にとり形式的理屈をいう技術を習得する必要がある、ということ。
 第3条は、平素から縄張根性の涵養に努めるべき、ということ。
 今、世間を観察してみると、これが、全然皮肉になっておらず、今でも実際に通用しているように見受けられる。また、役人には限らず、大抵の民間企業も、官僚的要素があり、上記のような要素を排除するのは難しい。
 そこで、上記の心得に私なりにコメントしてみる。
 まず、第1条であるが、会社で、結構革新的な技術のブレークスルーを達成した人は、その専門的技術的実績と興味に留まる限り、あまり昇進しないで専門職にとどまる。例えば、島津製作所の田中耕一さんは、ノーベル賞を貰わなかったら、今でも、一専門職に留まっていたであろう。このように、もし出世が第一であるなら、ものごとに深く取り組んではいけない、というのは、今でも鉄則であると思う。ただ、このことをネガティブにだけ考えることもできない。というのは、もしある組織の長たろうとすると、どうしても広い見識が必要であり、すると、興味を狭くとどめていては、うまく管理することができなくなる。しかし、私が観察していると、それでは、上に立つものが、よし専門は極めていないにしても、本当に広い興味と見識、広い意味で哲学があるかというと、そういう人物は極めて稀で、むしろ哲学・思想があると、却って出世できないことになる。旧日本軍の石原莞爾を彷彿とさせる。よって、第1条を補足すると、すべからく、組織内の政治力学と人間関係に興味をとどめるべし、ということになる。
 第2条については、法規に忠実に従う、というのは、とても偉いやり方、ということになる。というのは、それにそって物事を進めて、うまくいかないことがあっても、すべては法規のせいにして、責任を回避することができるからである。では、法規がない場合はどうするか。それは、組織の上長の意見を須らく仰ぐ。そうして、上長の指示が、現状に即さないと思っても、金科玉条のごとく、疑いをもってはいけない。その結果、部下や取引先が困ったとしても、仕方がないと諦めるべきである。
 第3条は、要するに、自部門のことだけ考えなさい、ということである。自部門のことだけで忙しいはずであるから、他部門の利害など考えている暇はないはずで、余計な配慮は無駄、ということなのである。

Qooqle

 グーグルのもじりだと思うが、qooqle.jpという検索サイトを、雑誌でみつけた。まさに、Ajaxの仕組みを利用して、キーワードを打ち込むと、検索ボタンをクリックしなくても、部分キーワードの段階で、ヒットするサイトを多数、リアルタイムで表示していく。
 これはなかなか面白く、特に、プログ関係が沢山ヒットするので、つい読んでしまう。もともとは、ITの論客の池田信夫氏のブログを探していたのだが、ついでに、オープンソースの議論で懐かしい、山形浩生氏の日記に出会ったりした。
 それで、コメントやトラックバックを通じていろいろな記事を読んでくると、当然ながら、本当にいろいろな意見が書かれていて、私のような者がいまさら何を言ったって、屋上屋ではないか、という空しさを感じざるをえなかった。もともと、論考の格調の高さなんてありえないが、少なくとも、論点のユニークさはなんとかなるのでは、と思っていた。しかし、それも次第に自信がなくなってきて、少し時間をおいて、まあ、私は自分のために書いているので、・・といういい訳にようやく戻ることができた。
 で、他人のブログを読んで、改めて感じたいくつかのこと。
 その第一は、ネットの上では、どうしても議論が過激になり勝ちであること。例えば、池田信夫と山形浩生の、ある経済学の談義では、池田氏が、過剰とも思える論旨で、山形氏を批判している。それに対して、山形氏が、米国の知り合いの一流経済学者に、自分の理解は変か?」と素朴に聞くのが面白かった。私は、池田氏のファンになろうと思っているのに、その辺は冷静になってほしい。
 第二は、ブログとはいえ、結構皆、きちんと勉強して、まともな議論をしていること。特に経済学ヤマスコミ論など、私は全く不勉強で、恥ずかしくなった。
 第三は、私は、ちょっとカテゴリを発散させすぎているかも、ということ。もともと広く薄い興味なのであるが、ペダンチックに意図的に広げすぎているところがあるかもしれない。ただ、何かトピックに絞るかどうか、まだ分からない。

国家の品格

 今更であるが、ブログを検索していて、藤原正彦氏の「国家の品格」の書評が、目に付いた。私自身は、「国家の品格」の耽美的な趣旨が気に入り、続編の「この国のけじめ」文藝春秋 まで、買ったほどである。
 それで、ブログを見ていてのネガティブな書評の趣旨は、下記のとおりである。
- 市場主義を完全に誤解している。
- 国家論になっていない。
- 単なる復古主義である。
- 何も具体的な施策を示していない。
- 藤原氏自身、数学者としてほとんど実績がない。
 私は、そのような批判は、それなりに妥当だと思う。そうして、全く論破するつもりはない。それでも尚且つ、私は、現在の合理主義の気風に対する、1つの感傷的アンチテーゼとして、藤原氏の論旨に、救いを感じたのである。詳細についてここで述べるつもりは全くないが、どうもそのことは、私の、会社における管理職としての経験に根ざしている。私は、今では管理職でないが、10年くらい、管理職を経験した。私の管理職としてのやり方は、どちらかというと、民主的且つ友達的であった。そうして、どちらかというと、合理的というよりも、浪花節的であった。私が勤務する会社は、一応外資系なので、私のようなやり方が許されていた、というのは、まあ、古きよき時代だったのだろう。しかし、堀田力氏の著書「驕るな上司」という本をみると、私のようなやり方は、どうも最悪ではなく、ぎりぎり平均点のようである。それで、少なくとも、管理職不適合で退場を言い渡される、ということはなかったと思う。
 ところが、2002年くらいからであろうか、成果主義というか合理性の風が会社で吹き始めた。学校ですら、生徒の成績があるくらいであるから、会社で成果が問われない、ということはない。それで、建前としての成果主義に異論はあろうはずもないが、私から見て、成果主義の導入のされ方が、超合理主義で、とても私の感性に障るのである。それは、どういうことかというと、成果主義の前提となる評価1つをとってみても、個々の社員の個性や感性をきちんと把握して、仕事の多様性を前提として慎重に押し進めていかなくてはならないのに、あまりにも限られたスキル、見えやすい成果にだけ基づいて、論理的に進められていくのである。そのような鬱積した気持ちをもっている私が、藤原氏の「国家の品格」を読んで、論理よりも感性という趣旨に深く共感するのも当然であるかもしれない。
 しかし、人間関係において、あるいは人間界のこと一般において、感性→論理という順序は必然なのであって、論理→感性では、なかなかうまくいかない。このあたり前の事実を思い出させるだけでも、藤原氏の書物は意味があると思う。それを認識してから、後は、書かれている命題の論理の杜撰さを指摘するがいい。
 実は私も、藤原氏が一流の数学者ではないことは知っている。当代の日本で、誰が一流の数学者かというと、例えば、佐藤幹夫、深谷賢治、永田雅宣、志村五郎、野水克己、小林昭七、飯高茂(全く枚挙するものではない)などであろう。しかし、数学であるレベルの業績を上げるのは、情報処理分野、法律分野、経済学分野でそれなりの業績を上げることに比べてとてつもなく難しい。例えば、情報処理分野では、ある処理系を書けば、それなりに業績とみなされるだろう。法律分野では、判例批評のようなことをして、それをまとめればよい。
藤原氏が数学において、感性と美を唱えるのは、多くの数学者も同意するであろう。実際、感性的な感動と美がなければ、そもそも、数学に対する興味も始まらない。計算はその後であり、証明もその後なのである。
 このような感性と美に対する理解なく、ただその稚拙な経済論議という論調で、「国家の品格」を批判するのは、ちと哀しい。私が言えるのは、それだけである。

DRM

ソニーのウォークマンのディジタルオーディオプレーヤーを購入した。メモリ1GBで、コジマ電気で、9800円であった。2年半前に買った、RIOのディジタルオーディオプレーヤーは、メモリ128MBで、特に支援ソフトもなく、曲は、一旦メディヤプレーヤーでHDDのマイミュージックのところに取り込んでおいて、あとは、手作業で、エクスプローラでコピーするだけである。この単純さを案外気に入っていた。
 ところが、このソニーのウォークマンだと、専用のSonicStageというソフトを、導入しなくてはならない。
 添付されていたCDから、プログラムを導入して、SnoicStageを立ち上げると、HDDに存在しているwav, mp3などの既存のファイルを走査して、プレイリストを生成する。そうして、プレイリストから選択して、ウォークマンに書き込むことになるのだが、そこで、困ったことが起こった。すなわち、私は、太田裕美のアルバム(古い)から一連の曲を書き込もうとしたのだが、突然、ポップアップのメッセージが現れた。
 「転送する権利がありません、さらばシベリア鉄道」
 えっ、なんでやねん、と思った。このアルバムは、合法的に、「つたや」で借りて、メディヤプレーヤーで取り込んだものだし、また、別にネット配信しようとしていなくて、自分で聞くためだけにウォークマンに入れようとしているだけなのに。また、分からないのは、他の大部分の曲は、すんなり取り込めることである。一体どんな著作権の縛りが、「さらばシベリア鉄道」にあるのだろう。ともかく、これが噂のDRMすなわち、ディジタル著作権管理なのか、と訝ったが、少なくとも、転送する権利がありません、というからには、例えば、著作権者が○○を制限している、のような説明が必要なのではないだろうか。
 あと、SonicStageを見ていると、明らかに、iPodのiTuneを真似している。すなわち、このプログラムからネットで曲を購入もできる。しかし、偏見かもしれないが、洗練度でiTuneに及ばない。あ、実は、「転送する権利がありません」の腹いせを言っているだけだった。だって、iTuneは、そんな分からないことは言わないもの。

2007年5月27日

こんにゃくゼリー

 先日の新聞をみていたら、小学生がこんにゃくゼリーを食べて窒息死する、ということが、3月に1件、4月に1件あった。また、これとは全く関係ないが、今朝の新聞で、遠州灘で遠泳していた女性が、高波にさらわれ、水死する、ということがあった。それで、遺族の方はとても悲しいと思うが、つい宗教的というか哲学的に考えてしまうのは、人間は、なにかのきっかけで、簡単に死んでしまう、ということである。
 もう25年も前であろうか、私は突然、A型肝炎にかかり、入院したことがあった、それで、大変苦しくて、医師は、A型肝炎は劇症肝炎になると、死亡率8割なのですよ、と安静を促した。そうして、検査・検査の日々を送るうちに、ああ、普通に健康に生きている、ということは、実は大変なことなのだ、と感じた。
 このことを一般化していうと、Aという集団の人がいる。Aのほとんどの人は、無事に過ごしていて、周囲ともうまくいっている。ところが、Aのうちほんの一部のBというグループの人(例えば、0.1%の人)は、うまくいっていない、とする。うまくいっていない、とは、例えば、病気になる、不登校になる、暴力沙汰を起こす、ストーカー行為をする、とする。
 このようなとき、常識的な考えは、Bのグループの人には、何かまずい要因が働いて、おかしくしている、というものである。例えば、自閉症、人格障害、分裂病、発達障害などである。このような発想は、集合において、絶対的に少数の要素に起こることが、異常である、という常識による。しかし、それは実は、ドクサ(臆見)ではないか、というのが私の主張である。
 考えてもみてほしい。人間が健康で生きている、ということは、怪我をしていない、癌ではない、精神病でない、ということで、実は、これは大変な奇跡なのである。癌1つをとってみても、癌細胞というのは、毎日、体のあちこちで生じている。それで、潜在的に癌でない人はいない、といっても過言ではないと思うのだが、体の免疫機能は偉大で、いちいち、癌細胞を認識して、潰していっている。これが奇跡でなくてなんであろう。
 また、毎日会社にきちんと行く、学校にきちんと行く、ということを考えてみよう。これも、満員電車に揺られて、毎日片道2時間もかけて会社に行く人が多数だし、毎日学校に行って、宿題もこなし、帰りに塾にも行く、という子供が多数いる。これなども、考えれば考えるほど驚異である。
 さらに言うと、先日、電車の中で女性が強姦されるという事件があった。これなど、おきてはならないことであるが、しかし、自分の青春時代を省みて、若い頃、とても性欲が強く、もてあましていた時期があった。それでも、私は世間並みに理性を働かせることができ、大過なく今の歳までやってこれたが、そうでない不逞の輩が、頻発していたとしても、それはそれで、意外ではない。
 これ以上例をあげても仕方がないが、言いたいことは、世の中の多くのことは、普通であるされることが、普通でないとされることと比べて、決して、理性的に考えて維持しやすいことではなく、もしそうであるとしたら、とても抽象的な意味で、そこに偉大なる神の御加護が働いている、というべきである。
 すると、次のようなコメントも出てこよう。それでは、普通でない惨めな、あるいは罪深い人は、神の御加護から見放されているのか、と。
 そこで私は、宗教的な判断に苦しむ。例えば、病気や事故などで苦しむ人が、寧ろ試練を与えられるという意味で、特別の神の御加護を与えられている、と言う言い方はできよう。しかし、電車の中で強姦してしまう人はどうなのか。それにも特別の神の御加護が与えられている、となると、流石にとても受け入れ難い。
 こうして、神の御加護は、人間の常識的な判断を超えていて、測りがたい、ということになる。我々のできることは、せめて、理性的な判断を働かせて淡々と生きていくことだけである。きちんと生かされていることの意味も、きちんとでなく生かされている意味も、あまりに難解、というべきである。

ブログの慣性

 ブログの慣性というのは、ブログの感性の、仮名漢字変換間違いではない。言いたいことは、ブログを沢山書いていると、頭の中で、ある種の慣性作用が働き、具体的に言うと、思考が短距離走になってしまう、ということである。
 例えば、ブログを書き始めてから、本を読んでその内容をダイジェストするのは、多少うまくなったように思う。しかし、明らかに低下した、と思うことがあって、それは、詰将棋を解いたり、作ったり、コンピュータのプログラムを書いたりする、という意味では、ネガティブに働いているように思われる。
 真のブログの達人というのは、きっと、短距離力と長距離力をうまく使い分けているに違いない。この辺のノウハウはよく分からないが、ちょっと意識して、長距離力も使うようにしてみよう。その結果、ブログの件数が減ったとしても、それはそれで仕方ないことである。

将棋連盟理事選挙

 将棋連盟の新しい理事が決まった。
 米長邦雄会長(再任)
 西村一義(再任)
 田中寅彦(再任)
 桜井昇(新任)
 青野照市(新任)
 中川大輔(新任)
 淡路仁茂(再任)
 西川慶二(新任)
 前理事で、理事選に出馬しなかったのは、中原誠、森下卓、島朗、東和夫。また、新たに出馬したのが、青野、中川、大野、桜井、武者野。
 森下卓、島朗が出馬しなかったのは、分かる。要するに、まだA級復帰が狙えるので、将棋に専念したいのだろう。中原は、やはり、米長とは意見が合わないのだろう。東は不明。
 新たに出馬したうち、選任されたのは、青野、中川、桜井。中川は、A級が狙えるだけにもったいない。もしかして、師匠の米長からの直々の指名で、断れなかったか。大野は、選ばれてもよかったと思うが、意外。ほとんど嫌がらせのような出馬は、武者野。著作権問題で、米長に勝訴したものの、米長から蛇蝎のごとく嫌われているのは確かで、単に、1つの自己主張としか思えない。
 ただ、私は、米長が、毎日新聞との契約を更新しないとか、朝日新聞との両天秤にかけるなどの施策をとったとき、いくらなんでもまずいのではないか、と思ったが、とりあえず、なんとか収束しそうで、もしここまで読んで米長が策を取ってきた、というなら、立派である。なにしろ、尋常な方法では、将棋連盟は、ジリ貧なのであるから。
 また、米長は、改めて、武者野のような存在に感謝すべきであろう。なぜなら、このような不透明な時代にあって、一枚岩の体質では、その施策の方向が正しくなかったときに、玉砕する。ネットにも詳しい武者野を、あえて、理事に迎える、というのもありと思うが、まだ時期尚早か。

Googleの特許戦略

Googleが日本に出願し、公開されている特許出願をリストしてみた。
下記のとおり、36件あるが、おおもとのアルゴリズムに関する、基本的な検索の仕組みは、少なくとも日本では特許出願されていないといえる。また、広告に関するものが圧倒的に多い。これは、Googleの売り上げの98%が広告収入であることから、当然である、ともいえる。会社の規模からすると出願件数は多くない、ともいえるが、業務自体の範囲が広くないので、こうしたものかもしれない。

特開2005-533327,インターネット上でコンテンツ特有のノードを通して広告を提供するシステム及び方法
特開2005-534118,インターネットを利用したフィルターされ及び/又はマスクされた広告の提供方法及び提供システム
特開2005-537591,広告ディストリビュータの収益を最大にするためにインターネット上での配給の広告一覧の変動を提供する方法とシステム
特開2006-048683,情報検索システムにおけるフレーズ識別方法
特開2006-048684,情報検索システムにおけるフレーズに基づく検索方法
特開2006-048685,情報検索システムにおけるフレーズに基づくインデックス化方法
特開2006-048686,フレーズに基づく文書説明の生成方法
特開2006-500698,関連性のある広告を供給するための方法及び装置
特開2006-500699,コンテンツに基づいた広告を供給する方法
特開2006-500700,広告供給制約情報を提案する、及び/又は提供すること
特開2006-500701,eメールに関連付けられた情報を使用して広告を供給する方法
特開2006-502480,関連する単語のクラスタに基づいて、文書を特徴付けるための方法および装置
特開2006-505077,クライアント側デバイスサポートでコンテンツ関連広告を供給すること
特開2006-505079,電子メールを介して動的なテキスト広告を配給する方法とシステム
特開2006-512641,電子メッセージの表示および応答方法および装置
特開2006-519425,与えられたコンテンツの関連情報を特定すること、及び/又はコンテンツ関連広告と関連して関連情報を提示すること
特開2006-526853,ユーザ要求情報及びユーザ情報を使用して広告を供給すること
特開2006-527891,検索結果に対し選好国偏向をもたらすシステムおよび方法
特開2006-528388,収集されたユーザの行動データを利用するコンテンツ絞り込み型広告方法の改善
特開2006-529044,定義付けシステムおよび方法
特開2007-128547,ドキュメントをスコア付けする方法
特開2007-500899,知識項目に関する情報を用いて知識項目の意味を理解する方法及びシステム
特開2007-500900,文書の意味を決定して文書とコンテンツを一致させる方法及びシステム
特開2007-500903,拡張検索クエリを有するユーザインターフェースを提供するシステム
特開2007-504512,ドキュメント専用競合広告等の広告の識別及び/又はブロック
特開2007-504556,広告システムにおける配置情報の決定法及び/又は利用法
特開2007-504561,サーチクエリのリファインメントを提供するシステム及び方法。
特開2007-505403,母集団情報を用いて探索ランク付けを改善する方法とシステム
特開2007-506168,電子商取引の実行方法
特開2007-507752,広告システムにおけるエンドユーザー現地時間情報の決定及び/又は使用
特開2007-507796,ターゲットページとは異なる文字セットおよび/または言語で書かれたクエリを使用する検索のためのシステムおよび方法
特開2007-507798,ドキュメントをスコア付けするための方法、ドキュメントをランク付けするための方法及びドキュメントをスコア付けするためのシステム
特開2007-507801,ウェブ検索の個人化
特開2007-507812,コンテンツにターゲットを特定した広告を電子メールニュースレター等の電子メールで提供すること
特開2007-510197,インターネットデータ及び従来の媒体データから、オンライン広告用の情報を生成すること
特開2007-511009,ユーザによるオンディマンドで、テキスト広告と図型広告間の転換を可能にするインターネット広告配信システムと方法

TIMEの「最も影響力のある人達100」

 TIMEという雑誌で、The Most Influential People in the World - The Time 100ということで、いろいろな人物がリストされていた。映画や芸術に疎い私には、ほとんど知らない人ばかりであるが、自己メモとして、リストしてみる。

Barack Obama - 黒人の大統領候補
Condoleezza Rice - 紹介不要: 米国務長官
John Roberts - 米国最高裁判長
Raul Castro - キューバのFidel Castroの後継者
Nancy Pelosi - 米国議会報道官
Michael Bloomberg - ニューヨーク市長
Ayatullah Ali Khamenei - イランの極右宗教指導者
Hillary Clinton - 紹介不要:次期大統領候補
Hu Jintao - 中華人民共和国主席
Osama bin Laden - 説明不要
Angela Merkel - ドイツ女性首相(ドイツ版鉄の女?)
Pope Bendict XVI - 原ローマ法王
Sonia Gandhi - インド首相
Liu Qi - 中華人民共和国オリンピック委員会会長
Omar Hassan al-Bashir - スーダンの大統領
Queen Elizabeth II - 英国女王
King Abdullah - サウジアラビアの支配者
Peter Akinola - 英国国教会を粉砕できる力をもつ司祭
Arnold Schwarznegger - 説明不要
General David Petraeus - バグダッドを把握する米軍大将
Tzipi Livni - イスラエルの俊英外交官
Thierry Henry - フランス・サッカーの英雄
Chien-Ming Wang - 台湾出身のヤンキースのエース投手
Tyra Banks - 米国ファッションモデル
George Clooney - 米国の俳優
Warren Buffett - 米国の著名な慈善家
Oprah Winfrey - 米国著述家
Timothy Gittins - 米国の勇敢なる兵士
Youk Chhang - カンボジアの活動家
Judith Mackay - 禁煙活動家
Michale J. Fox - 俳優
Garry Kasparov - チェス・チャンピオン
Maher Arar - 米国政府にテロリストの疑いをかけられたシリア生まれカナダ人。シリアとカナダは、嫌疑を否定。
Roger Federer - テニスチャンピオン
Tony Dungy - フットボールのコーチ
Armr Khaled - イスラム世界のロック・スター
Zeng Jinyan - 北京秘密警察に対する戦いを挑む中国人ブロガー
Drew Gilpin Faust - ハーバードの最初の女性学長
Wesley Autrey - ニューヨークの地下鉄の線路に落ちた人を救った
Elizabeth Edwards - 乳がんと闘う女性
Sir John Templeton - スピリチュアルな研究に投資する資産家
Bill & Melinda Gates - マイクロソフトの創始者で、いまや慈善活動家
Angelina Jolie -難民、災害被害者、孤児などを支援する、国連の活動家。
David Rockfeller - 元チェーズ銀行の頭取
George Soros - 国際的投資家
Yu Panglin - 中国のホテル大物経営者
Prince Alwaleed bin Tala al-Saud -サウジの投資家
Rania al-Abdullah - ヨルダンの王女
Li Ka-shing - アジアで最も富める男
Gordon Moore - インテルの創始者
Pierre & Pam Omidyar - eBay 億万長者
Anil Agarwal - Vedanta Resourceの創設者
Craig Venter - 人の遺伝子をマップし、今や、同様のことを、海洋の微生物に対して行おうとしている。
Lisa Randall - 特に宇宙論に関する女性理論物理学者
Richard Dawkins - 啓蒙的遺伝学者
Al Gore - 元大統領、大統領候補及び環境活動家
Chris Anderson - Long Tailの提唱者
Nora Volkow - 中毒に対する処方を見つけた脳科学者
Frans de Waal - 人類学者
Paul Allen - Bill GatesのMicrosoftの共同創設者
John Mather - 宇宙を観察する顕微鏡の研究者
Elizabeth Blackburn - 藻類を癌と闘うために使う研究者
Svane Paabo - 遺伝子研究者
Steven Nissen - より安全で有効な薬の探求
Alan Stern - NASAの科学研究部門管理者
Tullis Onsstoff - 宇宙生命の研究
Klause Schwab - 経済学者
Neil deGrasse Tyson - 宇宙に関する啓蒙書の著者
Douglas Melton - 幹細胞の研究者
Kari Stefansson - レイキャビクに住む神経学者
Cate Blanchett - 女優
America Ferrera - 女優
Brad Pitt - 俳優
Kate Moss - 女優
Kara Walker - 女優
Rick Rubin - ミュージシャン
Martin Scorsese - 映画監督
Anna Netrobko - オペラ歌手
Justin Timberlake - 音楽家
Youssou N'Dour - 歌手
Alber Elbaz - イスラエルの兵士
Rosie O'Donnell - テレビ・ホスト
John Mayer - ブルース
Shonda Rhimes - テレビ脚本家
Brian Williams - ニュース・アンカー
Simon Fuller - テレビ・プロジューサ
Sacha Baron Cohen - コメディアン俳優
Tina Fey - コメディアン女優
David Mitchell - 小説家
Brian Grazer - ハリウッド・プロジューサ
Leonardo DiCaprio - 俳優
Nora Roberts - 恋愛小説家
Shigeru Miyamoto - 任天堂のゲーム・デザイナ
Stephen Schwarzman - Backstone GroupのCEO
Indra Nooyi - PepsiCoのCEO
Ken Lewis - 銀行家
Clara Furse - ロンドン証券取引所の代表
Steve Jobs - アップルのCEO
Ho Ching - シンガホールの技術官僚
Lakshmi Mittal - インドの鉄鋼会社のCEO
Rhonda Byrne - law of attractionについて書いた本の著者
Steven Cohen - ヘッジ・ファンドの経営者
Philip Rosendale - Second Lifeの構築者
Erik Lie - ストック・オプションのパズルを解いた男
Katsuaki Watanabe - トヨタ社長
Chad Hurley & Steve Chen - YouTubeの創設者
Bernard Arnaut - ファッション界のドン
Cyril Ramaphosa - 南アフリカの事業家
Pony Ma - 中国のインターネット先駆者
Richard Branson - バージン・グループの創設者
Michael Moritz - ベンチャー・キャピタリスト

2007年5月28日

全日空のシステム障害

 新聞によると、昨日、全日空でシステム障害があったという。5月27日未明に障害が発生し、午後3時半まで復旧されなかった。内容は、端末とホスト・コンピュータとの間の通信機能の障害で、これにより、チェックインができなくなったようである。
 130便以上が欠航、306便が1時間以上遅れ、6万9300人の足に影響があったそうである。
 原因とおぼしきものとして、5月24日の通信機能プログラムの更新があるようだ。すなわち、通信機能プログラムを更新した後、通信のレスポンスが寧ろ低下したようだと感じられたようである。そうして、土日になって通信量がある閾値を超えたとき、通信機能がダウンしたのだろう。それで、通信機能を古いプログラムに置き換え直したら、復旧したそうである。
 これを見て、なんと杜撰なシステム管理か、と笑うことは簡単である。しかし、システムというものは絶えざる仕様変更とアップデートに晒されるものであって、システムの更新は避けられない。そのとき、限られた納期で、あらゆる機能をテストすることは、組み合わせ論的に言っても、とても難しい。
 SEでもない私の根拠のない推測であるが、おそらく、更新したプログラムの通信機能は、機能強化によって、ある部分のメモリの消費が増えたにも関わらず、配列宣言での領域確保が不十分で、結局、バッファが溢れて、バッファオーバーランのようなことを引き起こしたのではないかと推察する。
 このようなテストであるが、実機でのテストにさける時間が限られているとすると、あとは、シミュレータでテストするよりない。しかし、過剰通信負荷状態をうまくつくれるのかどうか、その辺は調べてみないと分からない。
 ただ、証券取引所や空港など、現代社会が、個々のソフトウェア・モジュールの完全性に依存していて、それが実は結構、脆弱ということになると、IT社会はかなり怖いということになる。対策は、多重化と、人的なサポートの余地を残しておくことだろうか。

2007年5月29日

アル・ゴア

 クリントンの時代に副大統領であったアル・ゴアについて、私は、よく知らない。ただ、思い出すと、情報ハイウェイという標語を掲げ、ITイントラの強化を図ったのは、彼だった。
 TIMEの5月28日号を見て、ああ、そういえば、2000年の大統領選挙で、現職のブッシュと、デッドヒートを演じたのは、彼だったことを思い出した。アル・ゴアは、得票数で、ブッシュを上回っていた。とても不透明なテキサス州などでの票の計算の結果、ブッシュが薄氷の勝利を収めた。そのとき、一体、ゴアは地団駄踏んで悔しがっていたのだろうか。私には、妙に透明な、さめたゴアしか印象に残っていない。
 私は、突拍子もないことを考える。いや、政治の奥底に疎い人なら私ならずとも、同じことを考えるかも。それは、ゴア大統領だったら、9月11日のテロが起きていたのだろうか、ということである。
 アメリカ合衆国に対してテロを行おうとする勢力がいることは、クリントンの時代から分かっていた。実際、中東やアフリカの米国大使館がターゲットになっていたからである。しかし、9月11日のテロのプロットは、まるで、真珠湾攻撃を遂行しようと太平洋を東に進む日本軍の艦隊のように看過された。いろいろな状況に鑑みると、意図的に看過したような風が、いくつもある。将棋でいえば、一本桂馬を自陣に入れておけば、完全に相手の攻めを切らせることができる、ということはある。ゴア大統領だったら、簡単な三手の読みを、怠らず遂行したであろうか。そうして、9月11日のテロは防げたであろうか。
 私には、やはりそうとは思えない。やはり何らかの形で、テロは起きたと思われる。9月11日にではないかもしれないが。では、ゴア大統領だったら、その後のアフガニスタン侵攻はあったか。分からない。思いとどまったかもしれない。しかし、何らかの報復的掃討作戦は取られたであろう。
 では、イラク侵攻はあったか。これは、ゴア大統領の下では起こらなかったであろうと思われる。その結果、アメリカは今より幸福であったか。うん、戦死者がずっと少なくて済んだ、という意味ではそうだろう。ゴア大統領だったら、京都議定書に調印していたであろうか。それは、そうと思われる。
 ただ、私にどうしても解せないことがある。それは、アル・ゴアの、環境問題に対する、過度なナイーブさである。地球温暖化の二酸化炭素説を、つゆも疑う様子がない。
 アル・ゴアに、来年の大統領選に出馬してほしい、との声は大きいそうである。彼が、環境問題で稼いだ人気は、とても大統領選に有利に働くだろうと思われる。しかし、彼の、2000年落選のトラウマは、まだ大きい。彼は、大統領の権限の大きさを、クリントンの片腕として働いて、心底知っている。その大統領の権限で、自ら信じる環境問題を推進することはとても意義が大きいと知っている。
 ただ、私は、アル・ゴアを、一環境活動家に封印してしまいたい。あの理想主義、ナイーブさは、到底大統領の職責に耐えられない。では、ブッシュがその点で、優れた大統領なのか。分からない。ただ、ブッシュには、偉大とも言うべき鈍感力がある。清濁あわせ飲む度量がある(濁の方が多すぎないか)。
 私は、次期大統領に、オバマを推したい。初の黒人大統領は面白いかもしれない。ただ、気をつけないと極端に走るかもしれない。軍部とうまく付き合えるだろうか。下手をすると暗殺されるかもしれない。そういう意味では、無難なのは、ヒラリーかもしれない。彼女の欲の深さが、却っていい意味の歯止めになって、バランスの政治が達成されるかもしれない。
 アメリカは次第に落ちぶれていくのではないか、などと対岸の火事みたいなことを言っている余裕は、日本にない。中国とも、韓国とも、北朝鮮ともそれなりに付き合うよりない。イランとも、中東とも。そんなとき、日本の次代を担うべき若者達が妙に視野狭窄で、目先のことにとらわれているように思うのは、私の考えすぎだろうか。

死刑適用のための永山基準

 例の山口母子殺害事件の被告の弁護に集った21人の弁護士の主要な目的は、被告自身の弁護もさることながら、最高裁によって変更されようとしている、死刑適用のための永山基準を、あるべき姿に戻すためである、という。
 ここでいう永山が、連続4人射殺事件の永山則夫であることくらいは私も分かるが、死刑適用のための永山基準というのは、寡聞にして知らなかったので、ネットで調べてみた。すると、次のようなものであるらしい。
 死刑の選択は(1)犯罪の性質(2)犯行の動機(3)犯行態様、特に殺害方法の執拗(しつよう)さ、残虐さ(4)結果の重大さ、特に殺害被害者数(5)遺族の被害感情(6)社会的影響(7)犯人の年齢(8)前科(9)犯行後の情状―を考察し、その刑事責任が極めて重大で、罪と罰の均衡や犯罪予防の観点からもやむを得ない場合に許される。
 このような基準を設けたのは、刑法で、殺人に対して、死刑が規定されているとはいえ、死刑という極刑は、濫用されることがあってはならず、そのため、基準を明確化する、ということであろう。実際、例えば、旧ソ連のスターリン政権の下で、きちんとした基準に基づき、粛清が行われていたと考えることは難しい。
 で、その弁護団の趣旨は分かるが、どういう意味で、山口母子殺害事件が、永山基準に該当しないと考えるのだろうか。すると、(1)犯罪の性質(2)犯行の動機(3)犯行態様、特に殺害方法の執拗(しつよう)さ、残虐さ(4)結果の重大さ、特に殺害被害者数(5)遺族の被害感情(6)社会的影響までは、該当しそうである。(9)犯行後の情状も、あまり改悛の情をうかがわせない。すると、(7)犯人の年齢(8)前科、であろうか。犯人は、犯行時18歳であったし、前科はなかった。
 しかし、神戸少年Aの事件を嚆矢として、犯罪の低年齢化に鑑み、(7)犯人の年齢(8)前科の点の適用を広げたのが、今回の最高裁の趣旨なのだろう。
 別の稿で死刑無意味論を展開したが、しかし、常識的に考えて、最早永山基準は、再考せざるをえないのではないだろうか。私は寧ろ、狭山事件などに鑑みると、事実認定に至る厳密性に拘るべきとおもわれる。
 それにしてもよく分からないのは、やはり山口母子殺害事件の弁護団である。どうして永山基準なのか、それは、一時点のスナップショットではないか、いっそ、死刑廃止論というのなら、分かるが。
 

2007年5月30日

ミス・ユニバース

 新聞によると、日本人でプロダンサーの森 理世さんが、メキシコシティーで開催されたミス・ユニバース・コンテストで、一位に選ばれたそうである。このコンテストで日本人が優勝するのは、1959年の児島明子さん以来だというから、とても珍しいことである、といえる。
 ただ、私としては、複雑な気持ちである。というのは、私の基準では、森さんは、美人に該当しないからである。森さんは、ダンサーを目指し、高校からカナダの学校に通ったという。よって、その文化のバックグラウンドは、平均的な日本人よりも西欧ががっていると思われる。そういうバックグラウンドは、もともと西洋文化の枠組みにあるミス・ユニバース・コンテストでは、有利に働くと思われる。
 ただ、このように、私の(古臭い偏った感性からみて)美人ではない人が優勝するとなると、どうしてもある思いが湧き上がってくる。それは、競争の透明性への感性である。
 それは、将棋を主要な趣味とする、あまり一般的でない自分の感性に基づく。すなわち、将棋というのは、結果の透明性で卓越している。結果に、言い訳は一切効かない。そういう意味では、囲碁だって野球だって、サッカーだって同様である。将棋云々というのは、却って変かもしれない。
 ともかくそういう透明性の感性からいくと、フィギュア・スケートだって、体操競技だって、私にはどうしても割り切れないものを感じる。確かに、素人目にも、明らかに卓越した人とそうでない人は分かり、それが評価点にも反映されている。しかし、接戦になったときの評点の不透明さは、どうしても私の理性を納得し得ないものがある。
 その文脈でいうと、もっと納得いかないのは、ミス・ユニバースなどのような美人コンテストである。一体どんな基準で、順位が分かれるのか、どうしても納得がいかない。それでも、私からみて、ううん確かに美人だよね、と思われる人が選ばれているうちはいい。しかし、今回ように私の感性に違和感がある選考結果だと、ミス・ユニバースって何? 美人コンテストって何? という疑問を抑えきれない。
 で、文脈が変だけどあえて言うと、美人というのは、ふっと入った場末の酒場にいたりするんじゃないの、自分ではあんまり美人とは思わないで、ひそやかに生きている人がいいよね、みたいに思うのだけれども、そんなんどうだっていいじゃん、何を拘っているの、と冷ややかに見ている別の自分がいるのであった。

佐々木俊尚の「次世代ウェブ」

 IT論客、佐々木俊尚の別の著書「次世代ウェブ」光文社新書を読んでみた。
 すると、グーグルに関する光文社新書の前著と比べて、内容が一貫してなくて雑多なので、うまく纏められないが、ともかく、簡単に素描しコメントしてみる。
 先ず、最初の章は、「おせっかい」なビジネス・モデル。ここでは、以前ブームになり結局下火になってしまった、ノレッジ・マネジメントが、Web2.0的ツールと、必死の人海戦術・気遣いで、復活するストーリーが描かれている。要するに、なにかロボット的にツールが何かしてくれる、ということはない。また、成功するためには、営業ノウハウが必須ということ。当然か。ここでは、UGCという用語を覚えた。User Generated Contents。なるほど。
 第2章は、進化-復古運動としてのWeb2.0。ここは、何が復古なのか、どうも読めない。
 第3章は、変化-「地主制度2.0」と楽天の岐路。ここでは、楽天が結局、Web1.0であることが説かれる。そもそも、ポータルという概念が、Web1.0。グーグルなどの協力な検索エンジンがあると、ポータルを中抜きできる。ただ、楽天などのポータルは一応、店子に対する与信機能を果たす。中抜きしたとき、どうやって与信するか、そこが難しい。それに対する答えが、第4章の、融合-交差するヤフーとミクシィにある。すなわち、ソーシャル・ネットワークの中では、互いに信頼でき、そこでの紹介が与信機能をもつ。
 第5章は、期待-グーグルを超える「UFOキャッチャー」。でも、UFOキャッチャーが何なのか、どうも説明が足りないようだ。
 第6章は、鉱脈-「リアル世界」に進出する日本の検索エンジン。すなわち、日本で、官主導のプロジェクトがことごとく失敗したことは、主導者の見識不足であったことを説く。そういえば、第5世代コンピュータという人口知能のプロジェクトは、諸外国の肝胆を寒からしめた。しかし、結局はみるべきものはあまりなかった。だから、今回の、日本独自の検索エンジン、という官主導のプロジェクトも、やはり怪しい。ただ、情報大航海と銘打って、いろいろなセンサで情報を取得・記録し、それを検索できるようにしよう、というのは面白い。例えば、車、飛行機などにセンサを積み、そこからのセンサ情報を蓄積し続ける。私がふと思うのは、洗濯機、冷蔵庫などにIPアドレスを付与して制御するという考え方があるが、もしそこからの情報を取得して記録すると、面白いデータが取れるかもしれない。このときの課題は、取得するデータのフォーマットと、アノテーションのやり方であろう。
 第7章は、進出-「無料経済」下の収益モデル。ここでは、mF247という、無料音楽ダウンロード・サイトが紹介される。なんと、ダウンロードは無料で、音楽を登録するミュージシャンの方で寧ろ登録料が必要なのだという。要するに、無名のミュージシャンのよい登竜門になる、ということだが、こうモデルで、どうやって、利益をあげられるのかは、まだ示されていない。
 第8章は、打破-キーワードはリスペククト。ここでは、お金をもらって、宣伝のようなブログを書く女子大生が紹介される。それは、意外。だって、ブログというのは、気ままに書きたいことを書くものではないのか。そういえば、アフィリエイトというのがあるので、その乗りなのか。ううん、ブログも資本主義に飲み込まれてしまうのか、仕方ないのか、と考えてしまった。
 ということで、佐々木俊尚「次世代ウェブ」光文社新書は、結局消化不良であった。結局何か言いたいのか分からない、みたいに言いたいのだけれども、目新しいトピックもいくつかあったので、とりあえず読んで損はない、と言っておく。

2007年5月31日

ムーディー勝山

 テレビで、陣内智則と藤原紀香の結婚披露宴を見ていたら、ムーディ勝山が出ていた。
 要するに、演歌歌手の井出達で、ワンパターンのメロディで、繰り返しのような歌詞を歌うだけで、特に歌がうまい訳ではなく、その創意工夫のなさは、驚異的と言ってよい。これでは、スーパーで売られている、賞味期限つきの刺身のようなもので、今の芸が、売れなくなったら終わりである。
 そういう意味では、先日ここであげた「にしおかすみこ」、桜塚やっくん、既に消えてしまった、小梅太夫とギター侍、世紀のつまらなさの「ですYO」、も同様である。
 本人も、そういう一芸で突き進み、売れなくなったら消えるのはやむをえないと覚悟しているかのようである。テレビ局はテレビ局で、はっきり消耗品と割り切っているようである。それでも、テレビジェニックであれば、司会やバラエティー番組に採用してもらえて、意外に人気は永らえる。大した芸もないと思われるのにそうやって永らえている一人に、プロレスのコスチュームで怒るキャラクターで売り出していたマチャマチャ(魔邪)がいる。
 才能で少し抜けていると思われる、爆笑問題、タカ・アンド・トシ、次長課長などが残るのは分かるが、どうしてギター侍が消え、マチャマチャが生き残るのか、と考えて、その答えは出ないでいる。それは、ベルクソンの「笑い」のように、結構深遠な哲学的課題なのかも、と考えている次第である。また、稿を新たにして書くことにする。

死刑について

死刑制度について、友人から貴重な示唆を戴いたので、それを紹介しつつ、コメントさせて戴く。

 まず、死刑制度是認論の方から。
1.みせしめ - すなわち、殺人を犯すと死刑になる可能性がある、ということで、殺人を思いとどまる。
2.再犯の阻止 - もし釈放されたら、また殺人を犯すかもしれない。
3.被害者の親族等の感情慰撫 - 遺族としては、犯人が死刑にならないと納得しない、ということがある。また、山口母子殺人事件の被害者の夫は、犯人が釈放されたら、殺す、と言っていたことがある。返り討ちにあわないともかぎらないが、ともかく、現法律下では、私的制裁は、禁止されている。よって、そういう私的制裁を防ぐ意味もある。

 次に反対論。
1.みせしめ効果はない - むしろ、どうせ死刑なら一人殺すも二人殺すも同じと、やけっぱちな大量殺人を生む危険性もある。
2.再犯防止だけなら無期懲役で充分 - ただ、日本では、無期懲役と言っても終身刑ではない。だいたい、ある年限で出所できる。
3.必ずしも被害者の慰めにはならない - ただ、多くの遺族は、犯人が死刑になることを希望する。もし私の身内が殺されることがあったら、つい、同様のことを思うかもしれない。別の意味で凄まじいと思ったことがある。それは、昔、連合赤軍の岡本公三が、テルアビブ空港で銃を乱射して、多数の人を殺傷したときのこと。普通、あのようなことをすれば、即射殺されても文句は言えない。しかし、イスラエル当局は、岡本公三を捕まえても死刑にしなかった。イスラエルには、死刑制度がないのだろうか。もし、そうだとすると、テルアビブ空港で殺された人の遺族は、どうやって気持ちを鎮めるのだろう。もともと死刑制度がないなら、死刑になることでの慰撫は、もともと期待しないのであるが。

 反対論のもっと有力な理由は、下記である、という。
4.人が裁くので、冤罪・誤審は皆無にはできない、冤罪・誤審によって死刑にしたら取り返しがつかない。
 確かに、それはあると思う。
 また、他には、
5.人道的理由(死刑以上に残酷な死の与え方は無い等)
 確かに、いかなる法律の下でも、人が人を殺す権利はない、とは言える。

 また、上記友人は、下記のとおり示唆する。
 死刑擁護のもっと奥まった理由は、「権力者側の都合」である。
 確かに、そういう面はあると思う。ただ、「都合」というよりも、「権威の留保」かも。
 無期懲役囚を増やす財源(予算)が無い。
 これは、どうだろうか。無期懲役囚になる人は、それほどゴロゴロいる訳ではない。

 死刑について、さらに考えを深めるとすると、カミュやドフトエフスキーなどのの作品による文学的アプローチと、ハムラビ法典、プラトンなどの法史学的アプローチと、法哲学的アプローチがあると思われる。現時点では、まだ材料が不足しているので、少し勉強してまた、戻ってくることにする。

About 2007年5月

2007年5月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。