« 父娘一家 娘餓死事件 | メイン | 水槽のバクテリア »

人生の目的

 人生の目的というか、何のために生きているのだろう、という問いを生涯に亘って発しない人は、少ないだろう。
 私は、10代の頃は、甚だ楽観的で、科学者になって、なにか画期的な理論を考え出して、世の中に貢献できばよいと思っていた。それで、私なりに一生懸命勉強したが、20代の前半にその試みに挫折したとき、突然、生きる意味が分からなくなった。あの状態で、他の不幸が重なるか、または、精神状態が不安定だったら、自殺したかもしれない。
 20代の半ばで、友人の勧めで、ライヘンバッハやラッセルなどの科学哲学、及び、その系列でウィトゲンシュタインなどの本を読むようになつてからは、論理的人生観をもつようになり、すると、当然の帰結かもしれないが、人生は論理的に無意味である、と思うようになった。
 そうしていると、A型肝炎に罹り、3ヶ月入院した。見合いで結婚もした。そうやって世間の軋轢に晒されるようになると、ニーチェだったか、ショーペンハウアーだったか、認識の徒という言葉が頭から離れなくなった。すなわち、人生は、生きて、いろいろなことを考え認識するためのものである。ということである。人生という巨大な映画を観るのだ、ということである。そこには、自分も、劇に参加する、という意識はあまりなかった。
 ところが、30代後半だったか、たまたま、スピリチュアリズムの本を、別の友人に紹介された。そこには、人生の一番大事な目的は、他人を助けることである、とあった。これはある意味、とても分かりやすい。しかし、当然であるが、私はというか、人間全般は、我欲があるので、言うは易く、するは難しの典型であった。実際、他人を助けるという方針でやってみると、却って、これでもか、と次の困難がやってくるのである。丁度、学校で、ある練習問題がとけました。と先生に申告したら、じゃ、これも解いて、ともっと難しい問題を与えられるようなものである。しかし、私の能力というか忍耐力には限界があるので、ある程度以上の難しい問題は、うっちゃっておいて、今に至っている。
 また、認識の徒として世間を眺めることも続けており、このような拙いブログを書くこともその一環であるが、映画のように、事象から距離を置いて眺めるだけでは、認識は深まらない、ということも分かった。すなわち、意義深い映画は、それなりに料金を払わないと見せてもらえないが、人生の認識の徒たる料金は、人生で味わった辛さ、流した涙、痛みである。そんな料金を払う必要があるなら、人生の認識の映画館に入るんじゃなかった、と思うのだが、もう遅い。
 ただ、幸いなのは、もう、何のために生きているのだろう、と悩むことはなくなった。悩むことに不自由しないからである。幸いというべきなのだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/152

About

2007年5月 2日 07:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「父娘一家 娘餓死事件」です。

次の投稿は「水槽のバクテリア」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。