« はしかの流行 | メイン | すきやばし次郎の鮨 »

プルタルコスの「怒らないことについて」

 以前に、仏教的な観点から、怒りについて、簡単に整理してみたが、ローマのストア派の一人といってよいのか、プルタルコスの「怒らないことについて」も、なかなか含蓄があって、面白い。岩波文庫「似て非なる友について」他三篇、柳沼重剛訳に収められている。
 先ず、プルタルコスは、画家が、自分で描いた絵を他人に見てもらったり、時間をおいて自分で見るのはいいことだ、ということから始める。すなわち、理性をもって客観的に、自分を顧ることが重要だ、ということである。年をとると、エロスの力が低下する。ただ、ある人が、怒ることが少なくなってより温厚になったとしても、それは、決して、怒るエネルギーが低下した、ということではない。理性が増した、と理解しなくてはならない。
 ネロに追放されたストア派のムソニウスの言:「一生平穏であろうとすると、絶えず我が身を気にしながら生きなくてはならない。」要するに、理性が常に、心を見守っていなくてはならない、ということだ。
 怒りは、「心をよそへ連れ出してから、恐ろしいことをしでかす。」だから、他人の理性で、自分の怒りを説得するなんて、到底無理で、自分の心の中に、理性を養っておかなくてはならない、ということだ。
 怒りが湧き起こると、即座に判断力が怒りに立ち向かうようにしなくては。二、三回、怒りに立ち向かう、という経験をすると、レウクトラの決戦で、向かう所敵なしと喧伝されていたスパルタ軍を初めて押し返し、以後、スパルタ軍に一度も負けなかったテバイ軍もかくや、ということになる。
 怒りも、起こり始めは、些細だったりする。そこで、理性は、早期にこれを押し止めなくてはならない。
「つまりね、君、感情を和らげるのには、これは独裁者に接するのと同じで、大声でどなり、陰険な目つきをし、おのが胸をたたいて嘆くときは、そのままには従わない、耳をかさないのがいちばん。」ということになる。
 悲しみは、号泣によって、涙とともに和らげられる。しかし、怒りは、怒りによって、更に増される、という訳だ。
 怒って発言すると、誰よりもまずそんな言葉を口にした本人を汚し、頭のてっぺんから足の爪先まで不名誉で満たしてしまう。たとえそれほど、もともと大きな邪悪な考えがなくても、プラトンの法律にあるように、「ごく些細なことのために最も重い罰を受ける」ことになるのである。
 また、怒りの本性は、育ちのよくなさ、男らしくなさ、人間の小ささの証なのである。ただ、取り乱しているのを、活動的、脅しつけるのが勇断敢行、人の意見に耳をかさないのが強固な性格とされたりするけど、これは違う。非常に弱い精神にあっては、初めから苦痛にまける傾向があるが、そのために弱ければ弱いほど怒り方もひどくなる(注:なんか、ポルポトや毛沢東を彷彿とさせるね)。
 なるほど、「一人の人間にそなたは不正をはたらきながら、それに堪えろと彼にいうのか。」というのはある。でも、勇気というのは、多くの点で正義と折り合うものだが、ただ、穏やかさを得るため、正義とも戦うものなのだ。
 怒りというやつは妬みとくらべても劣等なものだよ。だってそうではないか。どうせこっちが苦しむなら、相手を押しつぶしてやれ、とそんなことばかりねらうのだ。
 長くなってしまった。最後に、「あらゆる感情は習慣化されねばならず、我々の中の不合理なもの頑迷なものを、訓練によってすなおに服従させねばならないが、どんな感情よりも怒りこそ、召使を相手にしてこの訓練を積むのに適している。」今の時代、召使なんていないけど、要するに、つい怒りをぶつけやすい対象によってこそ、怒らない訓練が必要、ということである。
 さて、仏教の怒りの分析もいいが、ストア派も実践的で、悪くない。私はキリスト教は、その普及によって、ストア派の良識も押し流してしまつたのではないかと懼れる、ナザレのイエスの意図に反して。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/176

About

2007年5月12日 11:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はしかの流行」です。

次の投稿は「すきやばし次郎の鮨」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。