« 小野修一八段の引退 | メイン | 幸福論? »

ボナンザの評価関数

 日経エレクトロニクス 2007-5-7号に、ボナンザの評価関数のことが書いてあったので、例によって自分用のメモとして、書いておく。ボナンザの保木さんは、前にも書いたが、理論化学の研究者で、そこで、化学反応のプロセスを理論的側面から探求する手法を、評価関数のブラッシュアップに利用した。
 すなわち、保木さんが研究する化学反応の制御では、照射するパルス・レーザの波形を変えることで、目的とする化合物の生成を促進することができる。このとき、目的とする物質の生成量を、パルス・レーザの波形(スペクトル)を関連付けて計算する技法がある、という。この手法により、パルス・レーザのスペクトルを、ボナンザの評価関数に見立て、結果の化合物を、棋譜の指し手に見立てた。すると、アルゴリズムとしては、評価関数に未知のパラメータを与え、サンプルとしての6万局の棋譜に関して、その結果の手を導くように、未知のパラメータを調整した。この自由度を高めるため、保木さんは、1万ものパラメータを評価関数に与えた、という。他の将棋ソフトでは、このようなパラメータは、数百らしいので、桁違いである。
 このように、保木さんは、既存の将棋ソフトのことを知らず、また、将棋そのものにも初心者であることを逆利用して、革新的な将棋ソフトを作ったのである。文化人類学の周縁の理論。
 今回のコンピュータ将棋選手権で、ボナンザは優勝できなかったが、それは、上記手法が限界に達している、と私は思いたくない。上記評価関数の手法を直線的に延長したのでない、何か非自明な工夫をもう1つ工夫を入れて、さらに強くなったボナンザをみたいものである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/189

About

2007年5月16日 12:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「小野修一八段の引退」です。

次の投稿は「幸福論?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。