« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月 アーカイブ

2007年6月 1日

裁判員選任制度

 新聞に、裁判員選任制度の説明があった。これによると、裁判員に選任されると、
1. 重病
2. 親族の介護
3. 日程変更できない冠婚葬祭
4. 極めて重要な仕事
 があれば、辞退できる、とあるが逆に言えば、選任されたら、上記以外の理由では辞退できない、ということで、思ったより厳格である。また、選任を辞退する場合でも、とりあえず、裁判所に出向かなければならない、ということで、かなりの負担になりそうである。
 総論として私は、裁判員選任制度は、国民から遠いイメージがある司法制度が国民に馴染みあるものとなる、という意味で、賛成であるが、一方で、下記のような懸念がある。
- 刑法の理論は、例えば、正当防衛1つをとってみても、結構一般の常識とは、異なるものである。このあたり、裁判官から事前にブリーフィングがあるのだろうか。ただ、あったらあったで、特定の結論の方にバイアスがかからないだろうか。
- 裁判の過程で知りえた機密(多くの場合、個人情報)を、裁判員たる一民間人は、きちんと守りえるのだろうか。会社の要職にあって、機密保持の訓練を経ていても、難しいことがある。
- 知り合いが、次のように話していた。すなわち、もし被告が、ホリエモンのようにリッチな人だと、絶対厳しい判決の方にもっていくよね、と。要するに、一般的な嫉妬の感情であるが、まるっきり冗談とも思えない。確かに、そういう面はあると思う。それをどう中和するかは、意外に大きい問題だと思う。
- あと、見えないのが、裁判員の結論と、専門の裁判官のした判断の兼ね合いである。きっと、裁判員法を読めば分かるのかもしれないが、実際上、運用はなかなか難しいことになると思われる。結局は、専門の裁判官の判断が主要になると、制度は形骸化する。
- また、このような制度は、明らかに英米法系の陪審制度に倣ったものであろうが、大陸法系で、このような制度が導入されたという事例を、いままで寡聞にして知らない。英米法系の判例主義ということくらいは極めて大まかに知っているが、主として大陸法系である日本に導入したとき、法的一貫性の点で齟齬は生じないのか、と思うが、なにしろ、この分野の知識が皆無に近いので、まずその手の入門書でも読まなくては、と思う次第である。

名人戦第5局

 名人戦第5局、郷田九段対森内名人、久々の相懸りだったが、またしても森内があっさり勝ってしまった。郷田が残念なのは、折角最初ニ連勝して勢いを引き寄せたのに、下手な相振飛車をして、完敗してしまったことである。
 そこでまた気合を入れなおすかと思ったら、第4局の矢倉も、途中でポキンと折れてしまった。星数だけみていると、それほど一方的ではないが、ある意味、これほど下らない名人戦も近年稀である、と言ってよい。
 やはり、郷田が、対久保戦で時間切れを誤魔化して指し続けた、そのツケが回ったとしかいえない。天網恢恢、疎にして漏らさず。
 ええい、郷田よ、男だったら、意地を見せろ。私は羽生ファンなので、18世名人は、森内ではなく、羽生になってほしいのだ。なんかもう雲行きは怪しいと言えるが。

新垣結衣

 あまりテレビは見ないし、コマーシャルなんてさらにどうでもいいのだが、ほんの一、二回しか見たことがないのに、とても印象に残っているコマーシャルに、グリコのポッキーのコマーシャルがある。
 よく分からないけど、これって近年のコマーシャルの名作ではないだろうか。動きがとても印象的なのである。特に、出ている女の子が気になるので、ネットで調べてみたら、新垣結衣といい沖縄出身であるという。とてもフレッシュなキャラクタに、周りの情景がよく合っている。
 私は、Web2.0など調べていて、テレビの広告は、段々ネットの広告で置き換えられるのかもしれないが、こういう広告は、テレビで見たいと思う。

2007年6月 2日

死刑確定

 Webニュースによると、大阪市浪速区のマンションで平成17年11月、姉妹2人を刺殺して現金を奪ったなどとして強盗殺人罪などに問われ、大阪地裁で死刑判決を言い渡された山地悠紀夫被告(23)が、弁護側の控訴を自ら取り下げ、死刑が確定した、という。
 ここで再び、永山基準を引用すると、「死刑の選択は(1)犯罪の性質(2)犯行の動機(3)犯行態様、特に殺害方法の執拗(しつよう)さ、残虐さ(4)結果の重大さ、特に殺害被害者数(5)遺族の被害感情(6)社会的影響(7)犯人の年齢(8)前科(9)犯行後の情状―を考察し、その刑事責任が極めて重大で、罪と罰の均衡や犯罪予防の観点からもやむを得ない場合に許される」というものである。
 山地被告は、山口母子殺人事件に比べて、犯行時既に成人であった訳であるから、(7)犯人の年齢、という要件の該当性は大きい。また、姉妹を同時に殺害した、という事実が死刑判決の決め手になったように思われる。もし、姉妹の一方を殺害し、他方が傷害でとどまっていたら、無期懲役に減刑されたかもしれない。この点で、当然ながら、(4)結果の重大さ、特に殺害被害者数、の要件は大きい。また、詳細の事実は不明であるが、(2)犯行の動機(3)犯行態様、特に殺害方法の執拗(しつよう)さ、残虐さの要件では、山口母子殺人事件の方が残忍さ、ニュースを聞く者に与える不愉快さの点で上回り、(7)犯人の年齢の要件を補ってあまりあるように思われる。
 さらに注目すべきは、山地被告の態度で、弁護側の控訴を自ら取り下げた。これは、被告の人生観というか、諦念に基づくものなのであろうか。いずれにしろ、歴史的な切腹の習慣を知っている日本人のメンタリティには、望ましく思われるかもしれない。なお、弁護側が高裁にしていた主張も、精神鑑定のやり直しという、穏当なものであった。
 ここにきて私は、死刑観が、被告であれ、原告であれ、第三者であれ、その人の人生観にとても影響される、という当然のことに改めて気づくのである。
 そこで私は、刑罰に関する古典的名著である、ベッカリーア「犯罪と刑罰」岩波文庫の死刑の章を読んでみた。恥ずかしながら、この本は、もう20年以上も前にある人から紹介されて、単に買いおいたままの状態になっていたものである。この本の原著は、なにしろ、フランス革命よりも25年前に出版されたものであるから、死刑をやむを得ないものとして論じている、と予想した。ところが、「人間が同胞をぎゃく殺する権利をだれがいったい与えることができたか。この権利はたしかに主権と法律の基礎となっている権利とは別のものだ。」という趣旨で始まる。そうして、「死刑はいかなる「権利」にももとづかないものである。」と結論付ける。そう、ベッカリーアは、反死刑論者なのであった。そこからの主張がまた素晴らしい。すなわち、人間は一瞬の苦痛なら耐えられる。だから、死刑が一瞬で生命を奪うものであるなら、犯罪者にとって抑止力にならない。そこで、ベッカリーアは、終身隷従刑なるものを提案する。そうして、その存在を知らしめる。すると、あのような苦役を生涯に亙って受け続けるのは勘弁して欲しい、という感情を引き起こさせるのだという。そこには教育刑の観点はないが、死刑に代わるものであるから、仕方がないのかもしれない。さらに付言すると、25年後に勃発するフランス革命では、ギロチン刑の嵐が吹き荒れたのは、歴史の皮肉というべきか。
 私も実は似たようなことを独立に考えていて、先日、友人に送ったメールの一節を引用する。「死刑の是非は決して論理的に導けないと思います。歴史的に、死刑は是認されていたが、未来の法では、次第に、なくなるのではないかと思います。きっと多くの人には是認してもらえないかもしれないが、私は、死刑の代わりに次のような終身の刑罰がよいと思います。例えば、世の中には、誰がボランティアの人がやった方がいいけど、面倒且つ採算がとれないので、誰もやらないことがあります。例えば、どこかにトンネルを掘るとか、マイナーな語学の辞書を編纂するとか。要するに、死刑に値するような囚人に、そのスキルに応じて、社会に貢献してもらうのです。もしプログラムを書くスキルがあれば、必要なオープンソースのコードを書かせます。苦役なので、ロードを高めにします。その一部には、被害者に対する補償を必ず含むようにします。」
 ブログとしては長すぎるので、この辺で一旦擱く。私の死刑論の議論はまだ端緒に立ったばかりである。

日本女子プロ将棋協会

 テレビを見ていたら、女流棋士の新団体は、日本女子プロ将棋協会という名称で、法律的には、有限責任中間法人なのだという。確か、民法によれば、法人は、法律で認められたものしかあり得ないということだったので、調べてみたら、(平成13年法律第49号)で中間法人法というものができて、社員に共通する利益を図ることを目的とし、かつ、剰余金を社員に分配することを目的としない社団なのだという。もともとは、同窓会や管理組合のようなものに法人格を与えるために作られた法律なのだそうである。有限責任中間法人は、設立に際し最低300万円以上の基金を必要とする。基金の拠出者は法人の債務に関して対外的な責任を負わない。新公益法人法施行後(平成20年)は一般社団法人とみなされる。
 では、なぜ、将棋連盟のように、日本女子プロ将棋協会は、社団法人として出発はなかったのだろうか。社団法人は、一般に公益法人をさし、公益法人とは、民法第34条に基づいて公益のために設立される法人の一つで、学術、技芸、慈善、祭祀、宗教その他の公益に関する社団であって、営利を目的としないものである。また、その設立には、①公益に関する事業を行うこと、②営利を目的としないこと、③主務官庁の許可を得ることが必要、とある。また、「公益法人の設立許可及び指導監督基準」では、いわゆる同窓会・同好会、互助会、後援会等は、公益法人として適当でない、とあるので、「日本女子プロ将棋協会」というのは結局、同好会程度のものなのだろうか、という疑問が湧く。ただ、平成20年には一般社団法人とみなされる、というので、ある意味、こういう中途半端なかたちで出発して、うまくいかなければ、また元の鞘に納まればよい、あと2年くらい頑張れれば、一人前になれるかも、くらいの気持ちである、という見方もできる。
 囲碁・将棋ジャーナルを見ていたら、解説の青野九段(現将棋連盟理事)が、日本女子プロ将棋協会には、タイトル保持者が一人もいませんね、と苦笑交じりで言っていた。その口調は明らかに冷ややかで、好意的でない見方が、将棋連盟の大勢を占めているのではないかと思う。去年、名人戦が毎日から朝日に移るかもしれないというとき、羽生、森内、渡辺などのトッププロは、明白な懸念を表明した。しかし、彼らも、新しい女流棋士の団体のことに対しては何もコメントしていない。おそらく、どうでもよいと思っているのではないかと思う。

捕鯨禁止

 最近すっかり鯨を食べる機会がなくなったが、しかし、IWC(国際捕鯨委員会)での、調査捕鯨禁止、沿岸捕鯨禁止、アメリカ、ロシア、デンマークなどの先住民の生活のための捕鯨だけは許す決議だという。
 そのため、少なくとも調査捕鯨はキープしたい日本は、IWCにおいて決定的に不利な立場になった。日本の捕鯨が制限を受けるのは、IWCのメンバーであるからで、テクニカルには、日本がIWCを脱会すれば、自由に捕鯨できるようになる。それは、なんとなく、松岡洋右が、国際連盟の脱退を宣言したときのような妙な興奮と気まずさを感じさせるが、しかし、今の国際協調社会で、IWC脱退を宣言できる勇気は、今の日本にあるまい。
 よってこのままでは、いよいよ鯨が庶民の口に入る機会が減る。ただ、現実問題、私が今年に入って鯨を食べた機会は、確か、呑みに行って一回あったきりである。ということは、もし鯨を日本がきっぱり捕獲しなくなったとしても、食物感覚的には困らないが、ただ、日本人のDNAという訳ではないが、鯨は妙に郷愁を誘うものがあって、普段全く会わないけど、もし死別したら悲しくて仕方がない友人のようなものである。
 で、やっぱり困った。アメリカよ、国際牛肉委員会で、ヒンズー教徒の強い反対により、牛肉を食べることが禁止になった。牛はとても神聖で偉い動物だから、貴国は今まで重大な過ちを犯してきたが、今後牛肉を禁止することで、次第に貴国はその罪を消すことができる。目覚めよ、みたいに言いたいが、しかし、われわれとて、牛肉食を根絶できない。やっぱり困った。

2007年6月 3日

野菜工場

 東京大手町にあるビルで、意外にも野菜が生産されている、という。「発明」という雑誌の2007年6月号に特集があるので、簡単にまとめてみる。その施設は、人材派遣会社のパソナが、都会の人に農業を身近に感じてもらいたい、ということで開設した、という。
 植物の栽培というと、光がどうしても必要である。それは、地上から光ファイバなどで太陽光を導いているのかと思ったら、LED、メタルハライドランプ、ナトリウムランプ、蛍光灯などの人口光のみを用いており、そうして花、ハーブ畑、棚田、野菜畑などがあるという。
 密閉された空間で、人口光で栽培する、というのは、幼少のときからひたすら詰め込み教育をされている子供を想像させて、私にはとてもネガティブに響くのであるが、次のようなメリットがあるという。
- 先ず、人口光なので、天候に左右されない。
- 次に、密閉して空間で生育させるので、気温を一定に保つことができ、そういう意味でも天候に左右されないだけでなく、昆虫や病原菌を実質的にシャットアウトできるので、農薬を使用する必要がない。
- 二酸化炭素の濃度を高めて、生育を早めることができる。
 デメリットとしては、次のものがある。
- 果実類であるトマト、イチゴ、きゅうりなどはどうしても太陽光が必要である。よって、人口光に加えて、一部太陽光を導入する必要がある。
- コストの問題。なにしろ、密閉した大きな空間を用意しなくてはいけないので、初期投資が大変である。また、人口光を与えたり、気温を一定に保つためのエアコンなど、膨大な電気代がかかるので、ランニングコストも高い。このため、まだ、畑での栽培に比べて、相当に割高になる、という。
 野菜工場でどんな野菜でも生育できる、ということはなく、現在では、もやし、キノコ、カイワレ、ミツバ、葉ネギ、サラダ菜、リーフレタス、ホウレンソウ、ハーブ、トマト、イチゴ、バラなど。ただ、上にも書いたが、一部の作物には、太陽光が必須である。
 上記パソナは、実験農場であるが、マヨネーズで有名なキューピーは、福島県白河市に、本格的な野菜工場をもっているという。太陽光をまったく使わず、高圧ナトリウムランプだけで栽培する。出荷コストに占める電気代の比率は20%、その電気代のうち80%が光源で、残りが空調である、という。通常の3倍の濃度の二酸化炭素を提供することで、野菜の生育も3倍速いという。これって、二酸化炭素の排出規制を唱える環境論者に対する、1つの反論にならないだろうか。
 ところで、「野菜工場」のキーワードで特許を検索してみた。すると、特に、野菜に光を与える装置で、意外にも、ブリジストンがダントツであった。ほとんど独占と言ってよい。あとは、設備関係で、石川島播磨重工業、栽培方法で三菱化学が目に付く程度である。

現代のパラダイム

 下記は、私が想定する現代のパラダイムで、必ずしも否定的な論旨で書いているとは限らない。また、一部誇張している命題がある。書き出してみたら、いくらでもあって際限がないので、途中で打ち切った。誰でも、1000個くらいは書き連ねられると思う。

- 民主主義は、結局、最善である。
- 資本主義は、結局、最善である。
- 死んだら、人生は終わりである。
- 集合知は、偉大である。オープンソースやウィキペディアがその例証である。
- Web社会は、人類の知性の発達を促す。
- 科学の発展に限界はない。紆余曲折はあっても、科学の発展は、人類の福祉の増大に貢献する。
- 楽しく、面白おかしく、好きなようにやって暮らす人生が、よい人生である。
- 人間は、各々が欲望を追求すればよい。すると、神の手が働いて、最適な世の中になる。
- 肉体が死んでも、霊は存在し続けるという人は、頭がおかしいので、まともに、相手にしない方がよい。
- 全ての自然科学の法則は、物理学の法則に帰着される。
- 宇宙は、無からビッグバンにより生じた。
- お金は、とりあえず、より多くあった方がよい。
- 二酸化炭素排出を減らすことは、即、善である。
- 利益を多くあげている会社が、よい会社である。
- 脳の働きは、結局、脳細胞とそれをつなぐ神経の生理的作用に帰着される。
- 人生は、長く生きるほどめでたい。
- 虫の知らせ、テレパシー、気功の働きなどは、物理法則で説明できないので、単なる人間の思い込みである。
- 人類は、万物の霊長である。
- ローマ法王は、キリスト教神学を極めた、とても徳の高い方である。
- 大学入試の偏差値が高い医学部の出身者ほど、信頼できる医者である。
- 世界で一番よい宗教は、キリスト教である。
- 出身大学は、その人の能力を保証するよい指標である。
- 病気や怪我の少ない人生ほど、よい人生である。
- 中高一貫教育は、中学・高校別教育よりも優れている。
- 結婚は、しないより、した方がよいにきまっている。
- 地位が高い女性が多い職場は、とても先進的な職場である。

Zardの坂井泉水

 癌の治療中であった、Zardの坂井泉水について、事故死か自殺かといろいろ議論されているが、どちらにせよ、残念な末路であることには変わりない。
 実は私のような年代の者には、Zardをカラオケで歌うということもあまりなく、その音楽性もよく知らなかったのだが、その記録を調べてみると、下記のとおり凄い。
- アルバム総売上げ枚数 1870万枚 (歴代8位、女性歌手歴代5位)
- シングル、アルバム、DVD総売上げ枚数 3641万枚 (歴代8位。女性歌手歴代4位)
- シングルTOP10獲得数 40作 (女性歌手歴代1位)
- アルバムの連続ミリオン獲得数 9作 (歴代1位)
- 90年代のシングル総売上げ枚数 1670万枚 (女性歌手歴代1位)
 それでふと、美輪明宏がその著書で書いていた、プラス・マイナスの法則のことを思い出した。その法則でいくと、坂井泉水は、その人生の前半にとても大きなプラスを抱え、後半そのプラスを消化しきれずに、30代後半での癌という、大きなマイナスに出会ってしまったと思う。その絶頂のとき、とてもつまらない男と結婚し不幸になって、離婚したりしていれば、あるいは運気が緩和されたのであろうか。
 では、あれほど絶頂を極め、今も隆盛を続けているビル・ゲイツはどうなんだ、プラス・プラスではないか、と批判があるかもしれない。しかし、ビル・ゲイツは、大好きだった母親を、若くして亡くしているのである。これは大きなマイナスではないだろうか。
 ところで、今、東京六大学野球の早慶戦が行われている。斉藤祐樹が登板で、これで勝つと最高の盛り上がり。5回までで、斉藤はほぼ完璧なピッチングで、得点は8-0で早稲田が勝っている。私は憂慮した、これでは話が出来過ぎではないか、と。ところが、斉藤は、6回に疲労のためか、慶応打線に捕まり、4点を失った。ああ、これでいいのだ、斉藤君。君の運気はまだ尽きない。
 試合は結局、早稲田が勝って、優勝が決まった。

Winnyの顛末

 佐々木俊尚の「ネットvs.リアルの衝突」文春文庫の、Winnyに関して訴えられた、作者の金子被告のことが書かれていたので、その本を参酌しつつ、他の本やネットも参考にして、コメントする。
先ず、作者の金子さんのプロフィール。1970年茨城県生まれ。茨城大学の博士課程修了。専攻は、シミュレーション環境やOS。原子力研究所勤務。その後、東大大学院情報理工学研究科で特任助手。そこで、戦略ソフトウェア創造人材育成プログラムを担当していたという。彼自身が、戦略ソフトウェアを作るスキルがあった。
 金子さんは、P2Pソフトをとてもチャレンジングな、先進的なものと考えていた。それで、FreenetというP2Pソフトを使ってみて、使いにくいので、自分で作ろうと思い立つ。スキルがあるだけではなく、時間の余裕もあったようである。
 金子さんの1つのキーポイントとなるのは、2チャンネルでその開発を予告し、また、他の2チャンネラーから支援されていたことである。そうして、自分のホームページに、完成したWinnyをアップロードしたところ、早速、何人かのユーザーに使用されることとなった。仕方がないことであるが、そのWinnyを使って、商用コンテンツやプログラムを不法に交換して著作権侵害する輩があらわれた。そのような著作権侵害に気づき、京都府警のサイバーパトロール班は、なんとかその証拠をネット上で掴もうとした。しかし、Winnyの高度の匿名性(ID隠蔽性)により、IPアドレスを割り出すことができなかった。
 ちなみに、なぜ京都府警なのか、というと、警察組織にあって、インターネットに詳しい者は多くない。それで、たまたま京都府警にその手の経験を積むものがいた、ということらしい。
 そこで、京都府警は、2チャンネルなどの掲示板に目をつけた。そこには、○○をアップロードするから、という書き込みや、それに対する応答の書き込みがあり、そこから、著作権侵害者を割り出すことができた。
 京都府警はまた、こういうP2Pソフトを開発するプログラマ自体をも快く思わなかった。しかし、米国で、P2Pソフトの開発者自身が著作権侵害で訴えられ、結局、無罪になったという判例もあり、このままでは手の出しようがなかった。
 ところが、金子さんは、若気の至りか、京都府警の事情聴取に対して余計なことを言ってしまう。すなわち、「著作権を侵害する行為を蔓延させて、著作権をを変えるのが目的だったのです。」この発言が起爆剤となって、京都府警は、金子さんを何とか逮捕するべく論理がためを図る。そこで、刑法の幇助犯(正犯に対する従犯のこと)の理論を構築した。幇助犯とは、構成要件に該当する実行行為以外の行為によって、正犯(この場合、他人の著作権に係る著作物をアップロードする者)の実行行為を促進すること、とある。
 ここで付言すると、他人の著作権に係る著作物をアップロードすることは、著作権法第23条の送信可能化権の侵害となるが、一方、ダウンロードすることも、著作権法第113条よれば、情を知り複製することは違法となる。すなわち、違法にコピーされたものであると知りつつダウンロードすることも、著作権法違反となる。
 金子さんには、きちんと、著作権に詳しい弁護士が付いた。そうして、幇助犯の成立性について、真っ当な反論をし、また、日本におけるインターネットの開祖ともいえる、慶応大学村井純教授を証人尋問したが、結局、第1審で、金子さんは敗訴し、150万円の罰金を課された。判決の日は、去年の12月13日と、まだ最近のことである。金子さんの余計な発言もさることながら、アンティニーGという、Winnyを凶暴化させて、ディスクの中身を意図しないのに公開してしまうウィルスの存在が、世間を騒がせたことも、裁判官の心証を悪くしたのだろう。
 その後、金子さんが控訴したとは聞かない。きっと、裁判などに関わるよりも、その時間を好きなソフト開発に充てたいのだろう。
 結論としては、今後もP2Pソフトは、どんどん現れるだろう。何しろ、サーバを介さない接続形態が、今後の主流になるかもしれないからである。そこで求められるのは、P2Pソフトの使用者の高い倫理意識であろう。

2007年6月 4日

Googleでの検索

 以前は全くヒットしなかったが、Googleで、Commuitative Weblogと入れると、私のこのブログがトップでヒットするようになった。実に3ヶ月もかかった訳であるが、1つには、Googleは、リンクの件数でランクするシステムであるからかもしれない。すなわち、実質的に私のブログにリンクを張るような物好きな人はいない。
 私のブログがGoogleでヒットするようになった理由はおそらく、梅田望夫や池田信夫氏などの有名プログに私がコメントして、そこにURLも残したせいかもしれない。
 ともかく、それでどうってことはないけど、やっとブロガの文字どおり末席に加えてもらったようで、一応安心した次第である。

社内Web2.0

 今から5~6年前頃だろうか、knowledge managementというのが流行って、結構ミーハーの私は、その分野の教祖的存在である、野中郁次郎氏の「知識経営のすすめ」ちくま新書、などを一生懸命読んで、自分が属する会社組織の活性化、ということを真面目に考えたものであった。それで、試みたのは、潜在知識の顕在化、ということで、部門内のベテランの人に、仕事のやり方を書いてもらった。そして、Lotus NOTESのDBに入れて、皆が見えるようにした。それはそれで、意味がなくはなかったが、特にマニュアル的なところは、古くなってもなかなか更新されない。また、本当のノウハウのところは、なかなか文書化できないことが分かった(だからこそ、潜在知識なのであろうが)。で、どうしたものかと思っているうちに、奔流のように仕事が押し寄せてきて、KMどころではなくなった。要するに、KMなどと格好をつけて言っても、業務的にはおまけの仕事であり、本業の傍ら、KMDBを作成する、というのは大変である。
 そうこうしているうちに、誰もKMなどと言わなくなり、今や気づくと、Web2.0である。Web2.0といっても広うござんずで、マッシュアップ、PodCast、ブログ、SNS、Wikiなどであるが、企業内で考えると、ブログ、SNS、Wikiといったところが使えるのではないか、というのが、日経情報ストラテジーなどに書かれているところである。確かに、SNSだと、招待制のため、限定されたメンバーで、立ち入った議論をするのによい。同様のことは、Lotus NOTES DBにアクセス制限をつけても実現できるが、メンバーの招待のところで、SNSの方が自由度が高そうである。ブログというのも、例の梅田望夫氏が役員を務める、はてな、という会社では、社員がブログに書くことが、コミュニケーションの基本になっているようである。
 ただ、自分で個人的にブログを書いてみて思うのだが、いま書いているような形式で書く内容が、かりに社内向けで仕事に関連したとしても、どれほど有効であろうか、とふと思う。まあ、自分のメモにはなり、それを一部他人が見ることができるのは、意味があるかもしれない。
 Wikiは、ある意味、一番会社で使われているのではないだろうか。Lotus NOTES DBだと、文書のオーナーシップと、編集権限の設定が面倒である。Wikiはその分自由であるが、逆に、誰かが勝手にまずい内容に書き換えることができるのが難点である。
 こうしてみると、社内Web2.0というのは、以前のKMよりも、目線が低くて、とりあえずやってみるのによい。ただ、依然として、業務命令でもないかぎり、そのことに時間を費やすということにはなかなかならない。ということで、KMと同様に、トップダウンの指示が必要であろうが、ブログなどはもともと、書きたいから、書きたいことを書くという種類のものであって、トップの指示で、さあブログを書きなさい、というのも、なんか気がひける。
 で、結局、世知辛い世の中で、KMと同様に、社内Web2.0も、一過性のもので終わってしまうのだろうか、しかし、KMが、DBによるチームルームを普及させたように、社内Web2.0も、SNS、ブログ、Wikiなど、一部をインフラ化させる作用はあるだろう。
 

2007年6月 5日

阪大学長

 今朝の新聞をみたら、阪大の学長に、鷲田 清一さんが就任したという。第16代の学長ということだが、なんとはじめての文系学長ということで話題になっているそうである。鷲田 清一さんの専攻は、哲学。たしかに、阪大は、医学・工学が強く、理学も、数学・物理を中心にそれなりに存在感がある。一方、文系は、経済はそれなりに有名だが、法学、文学部は、少し影が薄い。
 それで、哲学書は、本屋で背表紙を眺めるくらいのことはするが、不明にも、鷲田 清一さんの研究分野も著書も知らないので、簡単に調べてみた。
 すると、下記のような著書がみつかった。
- 「待つ」ということ
- じぶん・この不思議な存在
- 京都の平熱 哲学者の都市案内
- 「聴く」ことの力 臨床哲学試論 
 その他
 これらのタイトルをみると、カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデガーなどを論じつつ自説を 展開する伝統的なスタイルとは少し違い、なるべく自分のことばで哲学を語ろうとするタイプなのかも、と思った。
 強いていうなら、中村 雄二郎のようなタイプなのだろうか。あと、阪大で思い出したが、阪大医学部の哲学の先生で、澤瀉久敬という人がいた。その著書は、医学概論というタイトルで、実は、医学倫理学の本である。この本は名著ということで、誰かに紹介してもらった記憶がある。
 ともかく、哲学者が学長になる、というのは、プラトンの哲人政治を思い出させる。理系的実学の伝統が強い阪大で、哲学者が学長になる、というのは、先行きの見えにくい時代に、なにか指針を与えることが期待されたのだろうか。どのように大学が運営されるのか、見守りたいと思う。

郷田九段の戦意喪失

 今日の毎日新聞の将棋欄は、名人戦第4局の投了の局面だったが、改めてがっかりしたことがあった。というのは、この投了図は、森内名人をしても、そこからどう決めるのかわからない、という。それで投げてしまうというのは、郷田は、名人戦をなめているのではないかと思った。
 また、投了後、森内が郷田に、こうすれば難しいでしょ、と聞いても、郷田は薄笑いをうかべるだけだと言う。悔しがりもしないのは、いよいよ戦意を疑う。
 さらに、普通、感想戦というのは、両対局者で行うものだろう。しかし、森内が誰かと1時間くらい感想戦をしている間、郷田は、他の人と呑みながら、談笑していたという。
 それでも、第2局までは気合が入っていたように思う。第3局で、とてもまずい相振飛車をしてから、ガタガタになってしまった。扇子の音騒動が第1局であったが、もしかして、二人はとても険悪なのだろうか、しかし、もしそうなら、逆に闘志が湧くはずだが、と史上最低の名人戦に対して、無理やり興味を喚起しようとしているのであった。ええい、名人戦よ、早く終われ、どうせ次で郷田が完敗するであろう。

2007年6月 6日

イスラム教の結婚式

 ある雑誌に、宗教原理主義が台頭してきたイランでの、イスラム教の結婚式のことが書かれていた。そもそも、イスラム教では、結婚前の男女がダンスホールで一緒に踊る、ということすらも、刑法に触れて逮捕されることがあるという。その解釈を敷衍して、結婚式というのは要するに、今から結婚するという訳だから未婚である訳で、そういう男女が公式の場で一緒にいるのを防ぐために、本来のイスラム教に則った結婚式は、完全に男女が別の部屋に分けられる、という。例えば、次のようになる。
 テヘランに住むあるアメリカ人の夫婦が、イラン人の友人の結婚式に招待される。イランの結婚式というのはどんなだろう、きっと、美しい絨毯が敷き詰められた、すばらしい結婚式なのだろう、とエキゾチックな期待を抱いて、結婚式場に向かう。ところが、式場の受付で、夫はこちら、妻はあちら、と別の部屋に案内される。行ってみると、夫は、部屋には男性しかいないことに気づき、妻は、部屋には女性しかいないことに気づく。男性部屋には、そのうち、新郎がやってきて、漫談などの催しが行われる。そこで、夫は、妻に携帯メールで、そちらはどう、と聞く。すると、妻は、ええ、こちらには新婦が来て、宝石の飾りがあってきれいよ、でも・・と言葉を濁す。やがて妻は、出し物が、男性の方にしかないことを知り、その男女差別に落胆する。夫は、これって、結婚式というよりも、ちょっと盛大なお茶会だよね、とやはり落胆の色は隠さない。というのは、男性陣は、華やかな新婦をみることも、友人の女性に会うこともできないからである。
 それで、これを補うために、DVDに各々の部屋を録画し、後で配る業者がいるらしいが、いかにも間接的である。
 それでもどうしても男女同席して結婚式を挙げたい人のために、テヘラン郊外に貸し部屋を提供する業者があるという。ところが、この貸し部屋のレンタル料は法外に高い。その理由は、どうも、レンタル料には、所轄警察への鼻薬を含むらしい。これで、見逃してくれ、と。ただ、行き違いか、鼻薬が安すぎるのか、それでも警察の手入れを受けることがあるという。 あと、裕福な人は、私設ガードマンを雇い、また、警察の車が入ってこれないように、バリケードを置いて結婚式を挙げる人もいる、という。これではまるで、結婚式ではなくて、麻薬パーティのようである。
ともかく、このような凄まじい努力で、イランでは結婚式が営まれているということだ。確か、ハーバード大学のある教授だったか、昔栄華を誇ったイスラム社会は、こういういろいろな宗教的桎梏を自らに課すことで、自縄自縛で進歩がとまってしまったのだ、という論旨の著書があり、それはたしかに、反イスラムにバイアスがかかった本であったが、まるっきり的外れにも思えない内容であった。今後、イランはその宗教原理主義を強めるのか、緩和するのか、まだみえてこない。

ニュース時事能力検定試験

 新聞をみていたら、ニュース時事能力検定試験の案内があった。
 そこにあった問題の1つは、このようなものだった。
「戦後の歴代の内閣就任期間が長い順番に並べたものとして最も適当なものを下記から1つ選べ。
① 中曽根康弘 - 小泉純一郎 - 吉田茂 - 村山富市
② 佐藤栄作 - 吉田茂 - 小泉純一郎 - 中曽根康弘
③ 小泉純一郎 - 中曽根康弘 - 池田隼人 - 羽田牧
④ 小泉純一郎 - 橋本龍太郎 - 小渕恵三 - 中曽根康弘」
これを見た私は、桜塚やっくん風に言うと、がっかりだよ~
 というのは、ニュース時事能力検定試験というのは結局、クイズダービーの時事問題版にすぎないと思われるからである。私はてっきり、「今後の中国と日本の外交関係について論ぜよ」とか、「ブッシュ大統領のとった施策のうち、望ましいと思われるものを挙げ、その理由を説明せよ」のようなものかと思っていた。いや実は、そう期待していたというべきである。
 で、なぜがっかりかというと、例えば、一番の首相の長期政権が佐藤栄作だったとして、それが何なんだろう。寧ろ、佐藤栄作がどのような方針で何をしたか、また、いまの政権にまで継承されているものはあるか、とか論じなくてどうするのだろう。
 すると、こう反論されるかもしれない。いや、そういう時事問題の知識の断片でも、ないよりずっとましである、と。
 それも一理あるのだけれども、なまじこういう時事問題試験の勉強をして、とても浅い知識の習得にこだわって、何も論じられないようでは悲しいのではないか、と思うのである。ちょっといいがかりに近い面もあるが、そう思った次第。

2007年6月 7日

被害者参加制度

 ニュースなどによると、刑事訴訟裁判で、被害者が、被告に直接質問したり、検察とは異なる量刑を提案できる、被害者参加制度を盛り込んだ刑事訴訟法の改正案が今国会に提出される予定だという。
 これに対して、日弁連は、被害者のため、という結論が先行し、刑事司法全体に与える影響について、つっこんだ議論を欠いている、と懸念を示している、ということだが、私も、日弁連の懸念に賛成である。
 というのは、刑事事件で、その被害者が被告に抱く憎しみというのは、考えられる憎しみのレベルで最高のものであろう。例えば、何度も引用した申し訳ないが、光市の母子殺人事件を例にあげると、殺された女性の夫は、到底まともに被告と対峙できず、激しい憎悪は、理性で抑えられる範囲を超えるかもしれない。私には、このような憎悪を合理的にコントロールすべが思いつかない。というのは、被害者として裁判に参加したとき、怒りを抑えるべき、みたいなインセンティブが働かないからである。
 また、被害者参加制度が、裁判員制度と組み合わされたとき、量刑が、被害者の期待するより重い方にドライブされる、ということも十分考えられえる。尤も、それこそが、被害者の望むことなのであるが。
 また、セキュリティにも一層注意が必要となる。というのは、被害者が、一瞬の隙をみて、被告を襲撃することもありえるからである。実際、犯罪に巻き込まれた被害者は自暴自棄になることがある。そのとき、自分が新たな被告になる可能性があっても、復讐に手段を選ばない人もでてこよう。
 私は考えすぎであろうか。ただ、裁判では事実認定として上がっていないが、被害者だけが知っている細かい事実というのは沢山ある。よって。被告が陳述するとき、その矛盾を一番衝けるのが、被害者ということがありえる。よって、被害者参加制度はまるっきり無意味ということはないのであるが、感情の爆発のコントロールや、セキュリティの問題は、どんなに留意してもしすぎることはないと思うのである。

2007年6月 8日

女性のバスの運転手

 私は、結構な頻度で、自宅から最寄の駅まで、バスを利用するが、今日おやっ、と思ったのは、運転手が結構若い女性であったことである。おそらく、30代であろう。ただ、研修中なのか、年輩の男性職員が、後ろから見守っていた。
 大型トラックの運転手で、うら若き女性というのは、ときどきみかける。しかし、私は、半世紀以上生きてきたが、日本で、女性のバスの運転手を見たことがなかった。注意していた訳ではないが、米国では見たような気がする。これは、当然か。
 それで、運転であるが、私が乗る路線は、比較的狭い道もあるが、それなりに無難に運転をこなしていた。無難に、と簡単に言うが、免許の更新のとき、運転免許試験場に行くと、ときどき、バスの実技試験が行われている。見ていると、かなりの頻度で失格になっている。車体が大きいので、ちょっとハンドルを切るタイミングが早いと、すぐにポールにひっかかっしまう。ということで、私のような運転音痴には論外であるが、その女性も、相当苦労したか、あるいは、とても運転センスがあったか、のどちらかであろう。
 で、運転そのものは、とりあえず無難であったが、車内で、バスカードの販売を求められると、当惑していた。また、最終地点で乗客を降ろすとき、他のバスが既に停まっていたので、乗客を降ろす地点をどこにするか迷って、男性職員の指示を受けていた。バスの運転手というのは、単なる運転以外にいろいろ習得すべきことがあるようだ。
 ということで、私は、多くの男性がそうであるように、女性は嫌いではないが、タクシーの運転手と、バスの運転手が女性だと、嬉しさより不安感が先立ってしまう(飛行機のパイロットだと、もっとそうであろう。見えないけど)。きっと単なる偏見なのだろうけど。

谷歌?

 谷歌とは何か、と怪訝がられるであろう。あるいは、ああ、谷間に流れる美しいメロディーかと。実は、谷歌は、Googleの中国語表記なのだという。
 そういえば、以前、Googleが中国進出を図るのあたって、当局と折り合いをつけて、検閲を受けることにした、ということで批判を浴びた。
 そういうGoogleであるが、中国国内では、中国国産の検索サイトの百度というのがあって、こちらの方が、ほとんどの中国人には圧倒的に人気なのだという。下記の検索サイトを参照頂きたい。
百度の日本語版
百度の中国語版
 このサイトにアクセスしてみると分かるが、初期画面は、ほとんどGoogleのパクリである。また、同じキーワードで、Googleでてくるものも、百度では出てこないので、流石にGoogleほどの性能はないようである。
 ところで、以前参照したTIMEの記事によると、中国人女性の夫が社会活動家で、公安当局に連行された。そこで、その女性が、ブログで世界に向けて訴えたら、夫は解放されたものの、その夫婦は軟禁状態である、という。
 これから分かるように、中国の社会インフラはまだまだであるが、とりあえず、頑張って国産検索エンジンを作ったのは、えらいと思う。道理で、日本政府が、日本も国産検索エンジンを、と焦るはずである。

2007年6月 9日

ハンカチ王子と、ハニカミ王子

 テレビを見ていたら、ハンカチ王子こと早大野球部の斉藤祐樹と、ハニカミ王子こと、アマチュアゴルファーの石川遼が、大人気で、経済効果も大きいという。実際、斉藤祐樹が登板する早慶戦は、下手な巨人戦よりも観客が入るし、石川遼が出場するゴルフの選手権は、アマチュアの大会なのに、ギャラリーがひしめく。これをもって、ハンカチ王子、ハニカミ王子はすごい、新しいアイドルだと騒ぐ気持ちは分かるし、特に否定もしない。
 しかし、冷静に考えてみると、彼らは、たまたま、少しイケメンで、少しだけ同世代の同じスポーツに励む人達よりも技量が優れているにすぎない。よって、敵は本能寺ではないけれども、ハンカチ王子、ハニカミ王子をスーパーアイドルたらしめているのは、単に、大衆の心のある種のプロトコルにすぎないことに、改めて留意すべきである。これには、次のようなアナロジが有効であろう。すなわち、例えば、インフルエンザのウィルスを考える。すると、それは、何らかのDNAやRNAの並びと、それを包む糖衣体にすぎない。吹けば飛ぶよな将棋の駒に、ではないが、吹けば飛ぶよな単なる塩基体にすぎない。しかし、ひとたび人体に入ると、人体は、ご丁寧に、それらのDNAやRNAの並びで指定されている分子言語を解釈して差し上げて、自らに害をなすような物質を作り出している。
 別の例を挙げると、コンピュータ・ウィルスがある。これは、情報的には単なるバイトの並びにすぎず、ご丁寧にも解釈申し上げるのは、他でもない、オペレーティング・システムのAPIである。
 これと同様に、大衆は、ハンカチ王子、ハニカミ王子の印象を自らの心象に投影して、楽しんでいる。もっというと、プログラミング言語的にいうと、われわれは、スーパーアイドルの仮想クラスを心の中にいくつかもっている。そうして、いろいろな人物の印象が入ってくるたびに、仮想クラスからインスタンスが生成されて、あるメソッドをほどこす。ところが、多くの印象は、そのメソッドをほどこした結果のスコアが低いので、インスタンスは消されてしまう。ある特定の印象だけが、スーパーアイドルのインスタンスの存続を永らえしめて、大衆の心の中で育てられる。どのような属性の印象が、インスタンスの存続を永らえしるものかは、ある意味もっと難しい本質的な問いなのであるが、ここでは、とりあえず問わないことにする。
 君は、ハンカチ王子、ハニカミ王子を、インフルエンザ・ウィルス、コンピュータ・ウィルスに譬えているのか、と問われるかもしれないが、まあ、そうである。ただ、私は、ハンカチ王子、ハニカミ王子の現象の真の原因が、彼らの属性より寧ろ、大衆の心象の仮想クラスにある、という、当たり前のことを指摘したいだけである。そして、改めて、心の枠組みへの注意を喚起したい次第である。

EU加盟、非加盟

 この分野はあまり詳しくないので、EU加盟について調べてみた。すると、比較的最近EUに加盟を許されたのは、下記の国である。
- チェコ:2004年に加盟。チェコの特徴は、国民性がシニカルで冷静であることである。脱共産化も、スロバキアの切り離しも、軋轢なく、すんなりやってのけた。あまりにすんなりなので、それはビロード革命と呼ばれる。ボスニア、ヘルツェゴビナなどとの違いは何だろう。共産主義の時代から、工業先進国である。
- ハンガリー:2004年に加盟。ハンガリーも発展している国である。ところが、ハンガリー語というのは、非インド・ヨーロッパ語族であって、特殊であるため、ハンガリー語以外しゃべれない人が7割もいるという、このあたり、英語が得意でない日本人の国民性を彷彿とさせる。EU加盟後、物価の上昇が激しく、国民の生活は楽になっていない。財政赤字も多く、ユーロ通貨を導入するインフラがまだ整わない。
- ルーマニア:2007年加盟。チャウジェスク政権を倒して民主化の道を歩み、ようやくここにして、EUに加盟できた。ただ、EU加盟によって、外国人労働者が増えた。経済は上向きになったが、物価の上昇のためやはり、市民の生活は楽にならない。
 ところが、EU加盟の条件を満たしながら、加盟しようとしない国に、ノルウェーがある。その理由は下記だという。
 ・ノルウェーのための政治をやりたい、EUに振り回されたくない。
 ・貧しい国々と連帯したい。
 ・環境問題。EUは、経済発展を、環境よりも上位におく、という。
 ・国際問題に対する自由意志の行使。独自の意見を主張したい、ということである。
 ・本質的に、農業・漁業をベースとする国であること。
 ということで、EUに加盟して、世間並みの国際化をエンジョイしたい一部の賛成派を、農業・漁業をベースとする大勢が抑えている、という構図になる。
 また、EUに加盟したいと運動し、加盟直前に断られたトルコ。丁度、婚約までしておきながら、結婚式の直前に破談になったようなものである。経済インフラは十分と判定されたが、アルメニア人虐殺、キプロス問題などを理由に、2006年12月に断られてしまった。実際は、イスラム教国というのが潜在的には、嫌悪されたのだと思われる。
 こうして、さまざまな国のさまざまな思惑に動かされながら、ともかくEUは進んでいくのであった。

ビル・ゲイツ2.0

 今週号のTIMEを眺めていたら、ビル・ゲイツのことが書かれていたので、そのことを適宜参照しつつ、ビル・ゲイツについて述べる。
 今回の記事によると、ビル・ゲイツは、名誉学位をもらうために、ハーバード大学を訪れたという。ソフトウェア会社を立ち上げるために中退したビル・ゲイツにとって、名誉学位なんて今更、どうでもいいと思うのだけれども、TIMEの記事がふるっている、すなわち、ビル1.0とビル2.0の隙間を、これが埋めるのだ、と。
 ビル1.0とは言うまでもなく、マイクロソフトを立ち上げ、CEOとしてガンガンにやっていた頃のビル・ゲイツ。ビル2.0とは、今の、慈善活動家としてのビル・ゲイツ。まあ、流行の言い方である。
 それにしても、ビル1.0は、どうしてあそこまで発展し成功したのだろう、きっと誰もが抱く疑問というか、感慨であろう。それで理由を考えると、まず第1は、マイクロプロセッサの勃興にうまく目をつけ、これが世界を変える、と信じたことだろう。すると、そもそもマイクロプロセッサの上で動く便利なソフトなんかない訳だから、自分で書くよりない。こうしてマイクロプロセッサを使ったシステムにのめり込んで行ったのが第1点。
 第2に、マイクロプロセッサを使ったシステムを広めようとする強烈な意志。ゲイツは、マザコンで、母親にも使えるシステムを、という思いが強かったようだ。
 第3に、運がよかった。1970年代の末期、IBMは、マイクロプロセッサ上のOSを作れるスキルがあったに違いない。なにしろ、マイクロプロセッサといっても、メインフレームとアーキテクチャが大して違う訳ではない。でも、IBMは、BIOSは書いたけれども、マイクロプロセッサ用のOSの作成を、マイクロソフトに任せてしまった。きっと、当時、その重要性が分からなかったのだろう。こうして、マイクロソフトは、MS-DOSをリリースし、大成功を収める。
 第4に、ビル・ゲイツは、とても優れたビジョンの持ち主だった。というのは、MS-DOS→Windows3.1の路線で大成功を収めてきたのに、突然、デービット・カトラーを雇い、今までの異なる文化の下、堅牢な、サーバにも堪える真の32ビットOSの開発に着手する。実際、その結果出来上がったWindows NTがなければ、今日のマイクロソフトはない。
 第5に手段を選ばぬ強引さ。IEで、ネットスケープを封じ込めたあたりなど、その白眉であろう。
 ただ、TIMEは説く。ゲイツは、とてもよい時期にマイクロソフトから降りたのだ、と。というのは、iPodは審美的な革命であり、MySpaceは、社会的な革命であり、YouTubeは、エンターテイメント的な革命であり、どれも、マイクロソフトは得意でないからである。それをゲイツが、意識していたのかどうかはわからないけど、もう、ソフトウェアの分野で、これ以上大きく世界を変えることができない、と悟ったのかもしれない。
 そこでゲイツは、慈善事業の分野で、その豊富な資金で、世界を変えようとする。フォーカスするのは、保健というか健康と、教育。その分野がゲイツに得意とは、とても思えない。ただ、とても意義深く、チャレンジングであるのは確かで、ゲイツは、残りの人生でそこに生きがいを見出そうとしているのだろう。
 

2007年6月10日

低価格PC

 新聞をみていたら、台湾の大手PC部品メーカーである、ASUSが、199USドル・パソコン、Eee PCを発表した、とあるので、ネット上で仕様を調べてみた。すると次のとおりであった。
 まず、重さは900g、2GバイトのSSD(Solid State Disk)。ディスプレイは、7インチの液晶ディスプレイ。メモリは512MBで、CPUは、630MHz Celeron M。LANインターフェースを内蔵。OSは、Wiindows XPと、Linuxの2種類。Eee PC1001と、701の2種類があるらしいが、詳細は不明・おそらく、SSDの容量が違うのだろう。
 また、別の系統で、OLPC 100ドルPCというのもある。これの詳しいことは、OLPCプロジェクトのURL:http://laptop.orgを参照。OLPCというのは、世界の恵まれない子供達にPCを使ってみてもらいたいという慈善活動である。これには、例のビル・ゲーツは関与していないのだろうか。
 それで、OLPC 100ドルPCの仕様であるが、AMD 500MHzプロセッサ、128MB RAM, 500MBのSSD(フラッシュ・メモリ)。無線LANが標準装備。この仕様では、Windows XPは苦しいのでは、と思っていたら、OSは、Linuxのみ。
 現物をみた訳ではないが、セカンドマシンとしては使ってみたいと思うが、メインPCがこれだと、結構辛そうである。SSDを増やしたり、ディスプレイを本格的なものにすると、結局、通常のPCと似たような値段になりそうである。当然かもしれないが。
 

なつくこと

 約8ヶ月ぶりに、神主兼占い師の知り合いの家を訪れた。もう70歳を過ぎた年配で、猫を5匹くらい飼っている。なんでも、引越しその他の事情で他所で飼えなくなった猫を引き取るのだそうである。その5匹の猫のうち4匹は、私が訪れてもどこかに行ってしまうか、あるいは私を無視するが、そのうちの一匹の小太りのアメショーは、なぜか私に擦り寄ってくる。そして、頭をなでていると喉を鳴らして私の膝の上に乗ってきて、ついには気持ち良さそうに寝始める。これは実は私にとってとても意外なことである。
 というのは、私は自宅で、トラという、サバトラの猫を約4年前から飼っているが、一度も私の膝の上に乗ったことがない。トラがネズミくらいの大きさで、掌にのっかるくらい小さかったときから飼っているのに、である。無理やり膝に乗せても、すぐにどこかに行ってしまう。では、家族皆に対してそうなのか、というと、家内の膝には乗る、すなわち、家内には一番なついている。それは、単に家内が一番餌をあげるから、とか、一番一緒にいるせいかも、と思っていたが、神主さんのところのアメショーに出会って、そうでもないのかも、と思うようになった。要するに、なにか分からない相性なのではないか、と。
 すなわち、神主さん曰く、そのアメショーは一番人見知りが激しく、大抵の来客には逃げてしまう、という。だから、滅多に会うこともなく、自宅の飼い猫にさえもあまりなつかれていない私が、そのアメショーになつかれるのは、とても不思議である。
 そういえば、今朝のテレビに、湯原昌幸と荒木由美子の夫妻が出ていた。聞くと、湯原は、荒木よりも13歳も年上で、湯原は歌手とはいえ、まるでコメディアンみたいで、あまりイケメンではない。一方、荒木はというと、当時、歌やコマーシャルが絶好調で、飛ぶ鳥を落とすような勢いであった。ところが、なんと23歳でこれから、というとき、湯原と結婚し、すぱっと芸能界から引退してしまう。しかし、客観的にみて、条件のよい結婚ではない。というのは、湯原は13歳年上だけではなく、老いた母と同居で、しかも結婚後直ぐに、母は、病気で介護が必要になり、また、認知症で、日々悩まされることになる。そういう困った義母を荒木は、20年も面倒をみても離婚もせず、頑張ってきた、というのだから、驚異的である。
 猫と人間、人間の男女間について、例をみてきたが、その相性云々というのは、誠に不思議というよりない。
 こういう不思議さと、宇宙の究極の不思議さを比べて、流石に後者の方が不思議だろう、ということで、以前に、謎の位階というブログを書いた。でも、本当にそうだろうか、少なくともこれらについては、順序づけられないのではないか、と思い始めている。

湯島聖堂

 さて、その神主兼占い師の知り合いであるが、定期的に、占い師の集まりとして、湯島聖堂に出向くのだという。湯島聖堂は、五代将軍綱吉によった建てられた孔子廟であるが、今では、易経の総本山でるある、という。そこには、孔子だけではなく、孟子、など数人の孔子の弟子も祀られている。すなわち、徳川幕府の御用学問は、朱子学だった訳だから、朱子学の遠いルーツである孔子とその一派が祀られるのは、理解できる。ただ、易経が孔子に結び付けられるのは、どうもよく分からない。というのは、私の浅い論語の知識では、そこには、易経のことは出てこないからである。寧ろ、孔子は、そういう占いのことは、あえて避けて通ったのではなかったか。
 そこで、神主さんに聞いてみると、易経は、古代中国に由来しているので、易経の総本山として、湯島聖堂を借りている、ということだそうである。その神主さんが教えを請う易経の大家くらいなると、占ってもらうのに予約が必要というか、基本的には、一見さんは無理で、それで、政治家、実業家などが見てもらうのだそうである。その見料であるが、最低でも一回30万円、というのだから、基本的に庶民が利用できるものでもない。 また、湯島聖堂のパンフレットを見せてもらったが、その前身は、現在の筑波大学や御茶ノ水女子大のルーツでもある、という。昌平坂学問所とも関係があるようだから、東大のルーツでもあるようだ。すると、少なくとも、京都や奈良はともかく、関東地域では、学問的には一番由緒ある場所、ということになる。一度行ってみなくては。

2007年6月11日

英国国教会の怒り

 読売新聞ネットニュースによると、ソニーが販売しているゲームソフトの戦闘場面で、英マンチェスター大聖堂の内部の様子が無断で使用されているとして、英国国教会がソニーに対し謝罪とソフトの販売停止などを求めているということである。
そのソフトでは、同大聖堂を舞台に人類を襲う未知の生物との銃撃戦の場面があり、多くの犠牲者が出る設定となっている。英国国教会は「大聖堂を侮辱しており、謝罪や販売停止の措置を取らなければ法的措置も検討する」ということであるが、語るに落ちた、というべきである。
 というのは、イエス・キリストはきちんと、父なる神は地上にはいらっしゃらない、伽藍のよう聖堂は無意味である、とおっしゃっている(典拠をきちんと示せないのが、悲しい)。そのような文脈で、大聖堂に拘ることからして、キリスト教の精神に悖るものである。すっかり、大聖堂という非本質的な物質に囚われてしまっている。ああ、おぞましい。
 また、大聖堂を舞台に、銃撃戦があったとしてどうしてそれが大聖堂を侮辱することになるのかも、理解できない。例えば、SFで、国会議事堂を、怪獣や宇宙人が壊したとして、そのSFは、国会議事堂を侮辱しているのであろうか。私にはそうは思えない。また、法隆寺が空襲を受け焼失する映画があったとして、そのことが法隆寺を侮辱しているとも思わない。寧ろ、仏教の説く、一切は空の諦観の、よき例証になるであろう。
 ただ、もしイエス・キリストが巨大化して光臨し、宇宙人と戦うようなストーリーであると、流石に、英国国教会は、というか、キリスト教世界は、NOを言う権利があるだろう。
 英国国教会は、このようなことに拘っている暇があったら、原点に帰って、聖霊やスピリットの教えに耳を傾けてほしい。英国は、スピリチュアリズムの世界先進国である。かのシルバーバーチが説くように、もし霊団を率いるのが、ナザレのイエスであるなら、英国国教会は、教えを請う一番よい地の利にあるのである。

真部九段の囲碁

 将棋の真部一男九段に、「升田将棋の世界」日本将棋連盟、という著書があって、これは、升田九段の指し将棋を紹介するのであるが、なかなか面白い。特に、一章で一局紹介するのであるが、そこで必ず随筆の前書きがあり、それだけ読んでも興味深い。真部九段の一番の趣味は、囲碁なのであるが、囲碁に費やした努力を次のとおり書いている:
1.費やした時間:40980時間。一日8時間費やすとしても、5000日で、約14年。14年間毎日8時間ずつ努力できるものだろうか。
2.打った番数:5000局。これは意外に少ない、と本人も言っている。
3.読んだ棋書:18200冊。流石にこんなに囲碁の本は日本で出版されていない、と思ったら、真部九段は同じ本を何十回も読むので、その延べ数も数えるのだという。それにしても凄い。一日2冊読むとしても、25年かかってしまう。
 その努力の結果、真部九段は、河口五段と並んで、将棋界有数の碁打ちということになる。
 それでも、囲碁のプロの武宮九段に、三子で且つ三面指しで、10番に2~3番入るだけ、というのだから、囲碁のアマトップに、かなり及ばないようである。思うにこれは、頭のかなりの部分を将棋が占めていることがあると思う。
 人は一般的に、いろいろなことをやって頭を使った方が、頭が良くなって、ある特定の狭い分野のことも冴えてくる、と思われるかもしれない。そういう面はなくはないが、私は、ある1つのことに没頭すると、どうしても時間が空いても、他のことに才能を延ばしにくくなると思う。
 例えば、囲碁のプロ棋士が、将棋も強いと思われるかもしれない。しかし、将棋の職域団体戦のB級で一度、日本棋院チーム出ていたが、一回戦で負けてしまった。確か、私が所属するチームは、そのB級で優勝したので、もしかして囲碁のプロ棋士の将棋のレベルは、せいぜい私と同等以下かと思ったことがある。もしそれが正しかったら、本当に、大した棋力ではない。
 そうやって、他のことに頭を占有された状態で、真部九段のような努力をしても、せいぜい、県代表レベルである。よって、何事も努力が大事だが、最終的に才能がないとどうしようもない、という当たり前の定理を改めて確認するのであった。

2007年6月13日

西アフリカの石油

 知らなかったのだが、TIMEによると、アフリカの西海岸、すなわち、ナイジェリア、ギニア、ガボン、ギニアのあたりの、特に海中部分に、数十億バレルの石油の埋蔵量が見込まれるという。これがどれほどの量なのか、私にはピンとこないが、相当な量ではあるらしい。
 そのうち、ナイジェリアはある程度実績があるが、他の国は、シェブロロン、エクソンなどの石油メジャーはまだ、採掘計画を立てていないという。
 石油の膨大な埋蔵量自体は、よいことなのだろう。ところが、問題はその地のインフラである。西アフリカは、とても政治的に不安定であり、クーデターや大量虐殺がしょっちゅうである。また、反政府ゲリラが常に跋扈しており、関係ない他国からの民間人も、拉致や襲撃の危険性にさらされており、決して安穏としていられない。その結果かもしれないが、その地は、地球上でも、最も貧しい地域の1つで、平均年収がわずか、390ドルである。それを日収とみなすと、年収は、ほぼ1560万円くらいになるから、その程度の日収のサラリーマンも、日本だったらざら、ということになる。
 それで問題は、折角石油が出ても、その地が潤される可能性が低いことである。そこからあがった利益は、進出きた石油メジャーの職員や担当員、政府関係者で独占され、現地の人は下働きの安い日当くらいしか、恵まれない可能性が高い。
 それでも、欧米その他の国にとって、西アフリカの石油は魅力的である。まず、硫黄分が少なくて、良質であるため、精製のコストが低い。また、大西洋は太平洋よりも狭いが、その大西洋を隔てて向かいに米国があるため、地理的に米国には有利である。実際、昨年の統計によれば、米国は、中東からの石油輸入量を、アフリカからの石油輸入量が上回ったそうである。西アフリカが、欧米や中国、また日本などの石油大量輸入国にあって有利なのは、中東のような土着石油メジャーがいないことである。そのため、政府は当面、外国資本の導入を歓迎している。しかし、政府も、その利権の大きさに気づき、次第に「自我」がめざめてきて、富をできるだけ独占しようとするかもしれず、すると、そこにさまざまな勢力が入り混じって、新たな抗争の原因となる可能性が高い。
 蟻の組織にとって、新たな食物がみつかることは、文句なくgood newsで、そこに沢山の蟻が群がって、食べ物を巣に運んでいく。それは整然とした活動で、抗争はない。しかし、人間にとって、新たな利権は、常に新たな抗争の種となり、下手をすると喜ぶ人よりも苦しむ人の方が多くなることになる。誠に困ったことで、確実に言えることは、人間がそれを克服するように道徳的に進化する時期よりも先に、石油が枯渇する時期が先に来るだろう、ということである。

2007年6月14日

近代哲学史素描

 以前古本屋で見つけたもので、ほとんど売れなかったのでは、と思わせる雰囲気がある本で、「哲学に何ができるか」現代哲学講義 廣松 渉+五木 寛之 朝日出版社 がある。
 この本は、対談形式であるせいか、廣松さんが、わざとものごとを簡略化してしゃべっていて、面白い。例えば、廣松さんは、近代哲学のパラダイムは、デカルトからヒュームで出尽くしている、という。おお、それじゃ、カント、ヘーゲルはどうなるの、と思っていると、カント、ヘーゲルに代表されるドイツ観念論は、ある意味、ヒュームの哲学の変奏曲というか華麗なる完成であって、ヘーゲルでその絶頂を極めた、ということらしい。
 そうして、現代哲学は、ハイデガーで始まるのだという。そこから始まる現代哲学はの3本柱は、マルクス主義、実存哲学、そして分析哲学。ただ、本人もそう言っているように、ハイデガーは、実存哲学の祖ではないので、すると、サルトルあたりになるのだろうか。
 また、廣松さん自身が、深遠なるマルクス哲学の研究者でもあった訳だけれども、確かに、マルクスが20世紀に与えた巨大な影響は、誰も否定し得ない。ただ、ああいう共産主義の結果と、マルクスの哲学が結びつかないのではないかと思われるのは、今でも、真摯なマルクス哲学の研究者がいるからである。
 分析哲学は、ラッセル、ウィトゲンシュタインあたりをその源流とするのかもしれないが、私の粗い知識の範囲でも、1つの分析哲学という範疇で括るのは難しい。例えば、コンピュータ・サイエンスに対して哲学的にものがいえるのは、分析哲学の一派だったりすると思うのだが、主流でないか。
 そもそも、上記対談集は、「粗い」本なので、なかなか、ニーチェも、構造主義もメインテーマではないが、改めて、今の日本では、あまり注目されていないヒュームの偉さを思い出した次第である。

著作物性

 日本の著作権法第2条第1項に、著作物の定義があって、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう。」とある。これだけでは抽象的すぎるので、同第10条に例示があるのだけれども、ともかく、この条文を見ると、私が普通に書く雑文も、たいてい、私の思想の表現なのであって、著作物として保護される、というのが普通の解釈であろう。ところが、判例によると必ずしもそうではないらしい。
 例えば、平成9年に東京地裁に提訴されたPC-VAN事件というのがあって、これはようするに、ある2人の人が、パソコン通信の上で言い争いになって、一方の人が今までのやりとりを勝手に別の通信網に載せた、ということで、他方が名誉毀損、著作権侵害で訴えた、というものである。
 これに対して、名誉毀損の方がどうなったか知らないが、東京地裁は、日常的なやりとりの文章は、文芸・学術の著作物に当たらないとして、著作物性を否定した。これは常識的には、とても意外である。というのは、私が今書いているような淡々とした文章ならいざしらず、諍いなのであるから、互いの感情の吐露もあったであろう。よって、よほど素っ気ない内容でもない限り、著作物なのではないか、と思われる。
 他の例では、例えば、雑誌の通知などで、「長い間○○を、ご購読ありがとうございました。○○は、X月X号をもちまして休刊致します。内容を一新して、インターネット関係の記事も充実させて、また再刊致しますので、よろしくお願い致します。」というのも、著作物性がないと、裁判所は例示するが、これはまあ、分かる。
 ところが、古文文法の記憶のための語呂合わせで、「頭打ちつけ突然の死」とかいうのが、著作物性があると認定された、というのだから驚く。また、SMAPのタレントっぽくわざと話したような話し方も、日常のことなのに、著作物性があると認定されたという。
 要するに結果著作物の経済効果が期待できそうな場合、オリジナリティを条件に著作物性を認める方向にあるのだと、思われる。
 プログラムも著作物の例の1つなのだが、これもやはり、とても平凡な処理を連ねたものだとなかなか著作物性を認定されず、短くてもパズルのように奇天烈な処理をするプログラムなら、著作物性を認定されやすいのではないか、と思われる。
 著作物性については、昔から議論があって、これだけで一冊の本があるくらいである。もう少し勉強して、そのうち、より突っ込んだ議論をしてみたい。

2007年6月15日

ThinkFreeてがるオフィス

SourceNextからの通知メールによると、SourceNextが、Web上で使える、ThinkFreeてがるオフィスの日本語版をサポートしている、という。
 一時Googleなどでも話題になった、MSオフィス製品と互換性をもつ、Web版である。
 基本的に、インターネットに繋がったブラウザがあればよく、何も導入する必要がない。作ったファイルを友人と共有することもできるし、ある人にだけ見せるということもできる。また、e-mailにリンクとして貼り付けることができる、という。
 使うためには、名前とメールアドレスの登録だけが必要で、無料。しかも、1GBの容量がもらえるという。また、複数人間のコラボレーション機能、ブログなどへの公開機能、PDFの作成機能もある、という。
 こういう機能は、通常のhttpのプロトコルだけでは無理だったが、最近流行のAjaxを使うと、実現できるのだ、とものの本で読んだことがある。
 これだけ言われても、まだなんとなくしっくりこないのは、こういうWebオンライン・アプリケーションにいまいち、馴染みがないのと、どうせレスポンス・タイムがよくないのではないか、などと偏見があるからかもしれない。
 それで気になるのは、確かGoogleで同等のものがあったけど、あれはどうなったか、ということ。
 もう一つは、マイクロソフトがどう感じているか、ということ。脅威に思ってるのだろうか、それとも、どうにあんなの玩具、と思って高をくくっているのだろうか。今の時代、後者だとは考えにくいけど。

2007年6月16日

名人戦第6局

 私は、流れからして、名人戦第6局も、森内が勝ち、あっさり18世名人になる、と思っていた。実際、一日目の棋譜をみても、がっぷり四つの矢倉で、馬で押さえ込むような森内好みの手厚い局面で、いかにも郷田が勝ちにくそうだった。二日目に入るとさらに森内が優勢になる。森内は、馬はつくられたものの、無条件で急所の53にと金をつくった。また、と金で金をとった手が、王手飛車になり、急所の攻め駒である、19の龍まで取ってしまう。これは、素人目にも、森内の勝勢である。郷田の王は、23にむき出しである。
 郷田の唯一の拠点は、87に作った、と金。25に飛車が迫り、郷田王は、14。33馬と切って必死をかけたと思った瞬間、形作りのような郷田の王手。しかし、森内が逃げ間違えてしまう。46桂から、25の飛車を王手で外されて、投了。
  このような負けは、森内にとってとても意外であるが、実は伏線がある。それは、一週間前に森内が羽生と戦った、竜王戦一組の本戦出場決定戦で、王を王手飛車の筋にうっかり移動してしまう、という森内らしからぬミスで、あっさり負けてしまったからである。
 これ以外にも、森内は王位リーグでもかなり負けており、とても好調とはいえない。
 一方の郷田は、というと、5月は、4局指して1勝3敗で、やはり好調とはいえず、「冴えない名人戦」というのは、このあたりの数字からもうかがえる。
 で、いよいよの第7局の予想であるが、私は依然として森内を推す。羽生と名人戦で死闘を演じた経験が活きるのではないかと。ただ、ここにきての郷田の意外性も侮れない。ちょっと大き目の扇子をもってきて鳴らし、森内を刺激すれば面白いと思うが、流石の郷田もこれはやらないか。ともかく、最後も、戦形は、矢倉とみる。それでこそ、互いに悔いなく戦えるであろう。

「愛国の作法」 - 姜 尚中

 姜 尚中の「愛国の作法」を読んでみた。そこで彼は、しきりに愛国を鼓吹する人が、そもそも「愛するとは何か」を掘り下げていない、と主張する。それは同感で、その文脈で、藤原正彦の「国家の品格」を批判するのであるなら、妥当であろう。
 また、国家というのが、正当な物理的暴力行使の独占を要求する人間共同体である、という指摘も、この上なく正しい。死刑制度なども、この文脈で理解されるべきであろう。
 さらに、旧日本軍と、ナチス・ドイツを峻別する論法は慧眼である。旧日本軍は、ナチス・ドイツに比較して、既成事実への逃避と、権威への盲従がある、とも指摘する。
 ただ、こうして同感するいくつかの命題に出会っても私は、では、国家に対する愛国心と、どう向き合うべきか、という明確なビジョンが読み取れない。1つには、引用が多すぎる、ということがある。自分オリジナルの意見というのはなかなかもてないので、誰かの引用であってもよいと思うが、学術書ではないので、特に出典を明記しなくて、もっと自分の意見として述べてほしかった。
 あと、旧日本軍の横暴は憎む私であるが、一部左翼系の新聞が、例えば、教科書で、侵略と書いていたのを転進と書き直さされた、などありもしない虚偽の事実を示して、わざと韓国や中国の非難を煽ったりする。日本がとても完璧な国ではないにしても、必要もなく非難を煽ることはやめて欲しい、と思うし、教科書は、ある程度自国に誇りをもてるように書いても許されるべきである。丁度、子供に対して、よほどどうしようもない父親でない限り、父親を愛し尊敬するようにもっていった方が妥当である、という程度くらいには。 こういう観点から、姜氏は、何も意見を述べていないが、残念である。
 ところで、私は、若い頃、コスモポリタンというのが理想の姿だと思っていたことがある。もしかして、バクーニンの無政府主義なのかもしれない。で、今はこう思う。コスモポリタンという理想を追求したとき、どんな素晴らしいことがあり、どんな困難に出会うのか。コスモポリタンは、オリンピックを下らないと思うのか。どんな言語でしゃべるのか。エスペラントか。そうやって考えることが、パトリオットとか何か、を改めて考えてみるよい視点になるのではないか、と今考えている。

2007年6月17日

ヒューマン2.0

 渡辺千賀の「ヒューマン2.0」 朝日新書は、ある意味、梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」ちくま文庫と類似のテーマの本であるが、それと一貫性を保ちつつ、少し異なる、ライフスタイルという観点で書かれていて、興味深い。先ず、渡辺千賀という人であるが、名前からも分かるように女性で、東大都市工学科を卒業、三菱商事、スタンフォード大学MBA卒という、絵に描いたようなキャリアウーマンである。2000年からシリコンバレーに住み、現地で、エリート中国人と結婚している。これって結構興味深くて、私が知っている若干の米国に住んだ日本人は、なぜか皆中国人と結婚している。アメリカ人でもなく、韓国人でもなく、はたまた現地にいる日本人でもなく、中国人であるのはどうしてか、と考えると興味深い。単に、中国人がユビキタスというだけのことだろうか。
 それと、どうでもいいけど、向こうで「オタク」を意味する'nerd'と、'geek'のどちらが肯定的な意味をもつか、ということで、梅田氏は、'nerd'の方を肯定的に使っていたけど、渡辺千賀は、'geek'の方を肯定的に使っている。それで、会社の上司であるアメリカ人に以前このことを聞いてみたら、どうも'geek'の方を、超変人みたいにネガティブに言うので、この辺は、アメリカ人でも意見が分かれるのかもしれない。
 さて、渡辺さんは、なにかの技術で卓越していないとシリコンバレーでは、やっていけないと断言する。それは、梅田氏の意見とも全く同じ。
 そういう前提で、渡辺さんは、下記のようにシリコンバレーライフを特徴づける。
- 会社から個人にもリスクが転嫁された。
- 失業期間があるのは、普通。
- 働いている間の報酬は高い。
 ここで、「失業期間があるのは、普通。」というのは、コメントが必要。すなわち、特にシリコンバレーでは、会社やプロジェクトの盛衰が激しくて、どんなに凄い学歴でどんなに優秀でも、仕事がなくなれば、レイオフされる。一方で、本当に能力がなくて、「クビ」というのもあって、こちらは、layoffではなくて、fire。会社もfireするのは本人から恨まれるから嫌なので、なんとかlayoffにみせかけようと、layoffにあわせて、クビにしたりするそうである。
 こういう前提で、下記のようなカテゴリの働き方を紹介する。
- フリーランス
 要するに、ある(ニッチで、狭いかもしれない)スキルを切り売りして、生活する。そもそも小さい会社だと、いろいろなスキルの人を抱えておく訳にいかないので、そういう需要はある、という。要は、その分野で、真のプロのスキルをもつこと。実は、渡辺さん自身も、ある分野のフリーランスで、社長といいながら、一人会社なのだという。
- ライフスタイルワーカー
 自然が好き、海外旅行が好きなどの自分のライフスタイルに重点をおいて、それを維持できるように田働く。例えば、海外のホテルからネットにログインしながら、プログラムを書くプログラマなど。
- チャンスワーカー
 一定期間働き、そのお金で楽しく暮らし、お金がなくなったら、また働く。これの典型は、ストックオプションで一生使い切れないくらいのお金を手にして、遊び呆ける人もいる、ということ。そんな生き方をして罰が当たらないのか、と私のような古い価値観の人は思ってしまう。
- ポートフォリオワーカー
 余暇に別の仕事をしてリスク分散する。これはあり得る生き方だが、結局、のんびりする時間がないのだから、体力的にきつい。
 また、これは有用だと思ったのは、リファレンスという概念。すなわち、シリコンバレーでは、2~3年の頻度で転職し、その度に新しい職場の面接で、リファレンスを求められる。すなわち、前職や知り合いで、問い合わせされる人のことである。そこに問い合わせをして、どういう人かと聞く訳だけれども、普通にやっていれば、まあ、そんなに酷評されることはない。だから、辞めるときも、円満退社しなさい、ということになって、これは、いかにも日本的だが、共通の真理かも。私が勤めている職場でも、一時、驚くほどの人が辞めたことがあった。それで、私としては、多少身勝手かも、と思う人はいたが、どうしてもこいつは許せんみたいなのは、だいたい1割くらい。その一割については、もし聞かれていたら、酷評したであろう。
 また、渡辺さんは、自分と異なる人を受け入れるとか、オープンソースな人になるとか、多くを期待される場に身を置く、英語を身につける、本当の自分を探さない、時にはあきらめる、体力をつける、文句を言わないなど、当然のような処世訓も述べる。
 ただ、これは身につまされると思ったのは、大抵のシリコンバレーの住人は、とてもケチである、ということ。それは、シリコンバレーでは、生活費がとても高く、いつ仕事をなくすかもしれないので、決して贅沢しない、ということで、シリコンバレーは、もう涸れてしまった老人がのんびり住むにはどうなのか、と思わざるをえない。才能もスキルも野心もない人は、シリコンバレーなんてやめときなさい、という、ありがたい、というか当然の教えが聞こえてくるような気がする。

将棋NHK杯戦

 今日の将棋NHK杯戦は、堀口一史座 vs 平藤真吾。堀口は、B級1組で、A級をも狙う位置にいる強豪。平藤は、低迷という言い方は似合わないが、C級1組にいる。ということで、常識的に考えれば、堀口が勝ちそうである。見ていると、平藤が後手番一手損角換に誘導して、案の定、堀口が銀冠に組めて、作戦勝ちになった。51角と割打ちしたときは、もう決まったと思った。ところが、46銀と一旦自陣に手を戻したあたりから流れがおかしくなる。攻め合ってどうだったか。
 そこからははっきり、堀内の流れがおかしくなって、気づいたら、大差で平藤の圧勝であった。
 強腕、堀口が完全に空を切った。プロというのは、なかなか見かけの順位だけでは分からないものである。これで、対戦成績は、平藤の4-1であるから、相性もあるのだろう。

2007年6月18日

作れたら面白い、複雑な物

 よく、男として生まれたら、野球の監督か、連合艦隊の司令長官をやってみたい、のように言われる。私はそういうのはあまり興味がなくて、時間的にも能力的にも全く無理なのだけれども、次のようなものが作れれば、さぞかし面白いと思う。


  1. CPUの論理設計。最近、テレビのコマーシャルで、インテルのCore DUOが放送されている。2重のCPUだと、論理はより複雑であろう。細かい実装は、コンピュータでやるのだろうが、CPUのアーキテクチャを考えるのは、とても面白そうである。
  2. コンパイラの設計。CPUほどではないにしても、コンパイラは結構複雑である。特に、C++のような大きい処理系だと、複雑さがさらに増す。コンパイラのベースとなる、コンピュータ言語の仕様の設計も、かなり面白そうである。
  3. オペレーティング・システムの設計。地上で人間が設計する、最も複雑な創作物がオペレーティング・システムであろうと勝手に思っているが、似たようなことを言う人がいない。あまりにもインフラとして使われているせいだろうか。
  4. 法律の設計。なるべく曖昧な法解釈が少なく、また、人権保護の観点にも立脚し、さまざまな想定できるものごとを解決できるような、矛盾の少ない法律の体系を作ることは、チャレンジである。
  5. ロケットの設計。特に米国で、複雑なことの代名詞として、「ロケット工学」のように言われる。確かに、何万点もの部品を組み入れて、整然と宇宙に行って返ってくるロケットは、貴重である。
  6. 橋、ダム、の設計。強度計算、必要な資材の調達は、確かに複雑であろう。
  7. 新しい物理理論の構築。例えば、場の量子論しかないところで、超弦理論を思いつき、構築すること。
  8. 画期的な政治制度の構築。例えば、絶対君主制の元で、三権分立を思いつき、その制度を立案すること。

 とても発想が貧困なので、これくらいしか思いつくことができない。これと併せて、複雑度の定義を与えられないかと思っているが、どう取り付いたらよいのかさえもアイデアはない。

2007年6月19日

エリート論

 古本屋のカートで、100円均一で売られていた、「新英才論」志水速雄 PHP研究所という本を読んでいるが、実に有意義である。そこに述べられているエリート論というのを簡単に述べる。
 要するにろ、エリートというのは、その字義どおり、「上から選ばれる」者である、ということ。田中角栄が、ある種の政治的天才であるとしても、叩き上げであり、上から、ある基準で引き上げられた者でないが故に、エリートではない。ただ、彼が一旦、政治の中枢に位置し、ある基準で人を選別したとしたら、そうして選別された者はエリートである。
 さて、エリートであるが、ある特定の分野で、能力を発揮してある組織なり国家なりに奉仕するために選ばれるのである。よって、そこでエリートはプライドをもってよいが、同時に、強い責任感をもたなくてはならない。
 また、エリートは、そうして選ばれたが故に、非エリートよりも金銭的恵まれたり、なにか芸能人の妻を娶ったり、ということが、まあ、あってもいいかもしれないが、それは何ら本質的ではなく、寧ろ、世間的にみてエリートとは呼ばれ難いパチンコ屋の経営者の方が金銭的に恵まれているかもしれないし、映画俳優の方が美人の女性と付き合う可能性が多くてよいのである。
 さらに言うと、エリートは、単に特定の分野でエリートであるに過ぎない、ということである。日本は、明治維新で、欧米に追いつき追い越せで、きちんと法制度を整備し、それを運用する必要があった。それで、主要なエリートは、帝国大学、特に、東大、京大の法学部、経済学部出身の者であった。それは、当時の1つの基準として肯定できなくもない。そういう人材がどの時代でも不要になることはないので、今でもかなりのエリートがそういうコースから輩出されていてよい。しかし、日本の問題と、そういうエリートコースが、時代が変わっても、中心に位置付けられている、ということである。そのため、複雑な国家の技術的問題を論じるのも、東大法学部出身の官僚であったりする。ああ、何と的外れの議論が、いわゆる高級官僚によってなされていることであろう。
 そういうコースがあるので、本当は、芸術や料理、スポーツで才能を発揮すべき、かなりの人で、出世欲の強い人が、面白くもなんともないと思いつつ、法学部や経済学部に進み、結局成功しない。当然である。
 もっとあからさまに、料理のエリート、絵画のエリート、芸能のエリートが選別されるべきである。当然であるが、コンピュータ技術のエリートは、場合により、法律のエリートよりもずっと必要になることがあろう。国家的に選別することはとても意義深いと思う。
 そういう限定的な役割を担わせ、責任を負わせることで、エリートは限定的にプライドと自覚をもち、また、大部分の非エリートは、責任を軽さをエンジョイしながら、まあ、一部限定的にエリートに嫉妬しつつ、そのもてる範囲の能力で、世の中に貢献すればよい。すると、内紛が続くアフリカ西部の国々ではなく、現在の日本であるから、飢え死にすることはあるまい。それでよいではないか、と後半は、志水さんの書物の趣旨から少し逸脱して、私流になった。非エリートの遠吼である。

2007年6月20日

欲望のトポロジ

 昨日テレビを見ていたら、折角美人の女性と幸せな結婚をしておきながら、奥さんの留守に自宅に女性を連れ込んで浮気を繰り返し、そのいう女性が四人もいた、という。また、そういう女性どおしが仲良く買い物に行ったりしていた、というのだから、更に呆れる。さらに驚くのは、そういう女性の一人が同居していた、というのだから、奥さんの気苦労は、並大抵ではなかったはずだが、果たして、諍いになって、奥さんは、夫に殺害されてしまう。
 こういう話を聞いて、なんとひどい話といってしまえば、それで終わりだが、私はつい、欲望のトポロジということを考えてしまう。すなわち、人間がどのようなことに強い欲望を抱くかは、生来の性格や、生い立ちで決まるのだと思うが、その結果規定される欲望のトポロジというか、欲望のマップは、一々世間の常識や法律を勘案して決まる訳ではない。法律や常識が関与してくるのは、欲望のトポロジの画定そのものでなくて、欲望のトポロジの現実世界へのマップ、すなわち、現実への発露のところである。
 で、長い前提の後に言うと、上記の男性は、次々と女性と関係を結ぶことに偏在したトポロジをもっていると思われる。そのような欲望が皆無の男性はほとんどいないであろう。しかし、多くの場合、スポーツとか、ギャンブルとか、会社の仕事とか、より社会的に問題になりにくい領域に欲望を拡散させていて、なんとか問題なく生きていける。だから、私が表面的に、上記問題の男性よりも社会的に無難に生きているとしても、それは、道徳的に高潔であるというよりも寧ろ、無難な欲望マップをもっている、ということにすぎない、とも言える。
 例えば、こんな社会があるとする。すなわち、本を読むことは犯罪であり、男女の自由な交わりは、子孫繁栄のために寧ろ奨励されている。これに近い社会は、あながち空想的ではなく、古代あったのではないかと思われる。というのは、妙な本を読んで下手な思想に染まると、支配者にとってとても有害であるからである。適当に恋愛をして楽しくやってくれる方がずっとよい。このような社会があると、私はとても苦しい。闇ルートで読みたい本を入手しようとする。しかし、それがばれて、警察に連行される。本を読む息子ということで、親にも見離される。きっと反社会分子として、まともな死に方をしないであろう。
 このように、たまたま、欲望のトポロジが社会の許容範囲とずれていると、日々、その軋轢に直面する訳であるから、大きなストレスにさらされる。そうしていくうちに、本来は、単なる女好きで気のいい人なのに、追い込まれて殺人を犯してしまうこともあろう。
 君は、犯罪を容認しようとするのか、と言われそうである。いや、違う。よく分からない前世の業なのか、不幸の生い立ちのせいなのか、社会的に偏った欲望のトポロジを抱え、苦しむ人が沢山いる、というその現実を考えているだけである。ギャンブル狂、シリアル詐欺師、殺人鬼、暴政の支配者(つい、ポルポトを想定いる。いや。スターリンか)。ずれた欲望のトポロジにどんな解決策があるのだろうか。

将棋18世名人

 昨日のA級順位戦で、羽生が藤井に勝って、まず一勝をあげた。私の知る限りでは、藤井は、羽生にここ数年、ほとんど勝てていない。藤井は、羽生だけでなく、佐藤、森内、谷川などの第一線級にもとても分が悪い。ただ、なぜか丸山には分がいいようだ。で、私の観察であるが、「藤井システム」みたいに、はっきりとスタイルを打ち出すと、まるで動かない標的みたいで、長い目でみて、プロ的にはとても損なのではあるまいか。ともかく、それでも藤井がちゃんとA級にいて、そこそこの勝率を維持できているのは、準一線級である、鈴木、久保、行方などの面々にきっちり勝っているからである。この点で、一線級と、準一線級の差は、わずかだが超えがたいものがあるようだ。
 ともかく、森内が名人戦第6局で信じられないような逆転負けを喫し、羽生がA級の第1局を勝ったことで、羽生を18世名人に就ける、という、神の見えざる手が動き始めたと、考えたいが、気が早すぎるか。

2007年6月21日

ヒサノ・ヤマザキ

 米軍向けのラジオ放送である、AFNを聴いていると、ときどき、ヒサノ・ヤマザキという、日本人女性がしゃべっている。例えば、"What's happening outside the gate ?"と称して、今日は、渋谷でこういう催し物がありますよ、という内容を話すのであるが、ちょっと苦笑するのが、結局、発音が日本人英語なのである。また、ときどき、ヒサノ・ヤマザキが米国人としゃべっているシーンもあって、とりあえず通じている。私の経験では、とりあえず通じる、というところまで努力するのは結構大変なのであるけれども、ヒサノ・ヤマザキが、微妙な発言で誤解されたり、言いよどんでいたりするのを聞くと、ああ、僕とあんまり違わないじゃないか、と思ってしまう。こういう言い方は、傲慢に聞こえるかもしれないが、外資系企業に勤めていて、英語の達人が沢山いるはずの社内をみても、同様の感想を抱く。すなわち、結局、ヒサノ・ヤマザキのレベルではないか、と。
 それでも、だいたいがTOEIC900点超だったりして、英会話初心者からすると、凄いということなのかもしれないが、そういう人もみんな、とりあえが通じるレベルで満足してしまっている。
 私は何が言いたいかというと、ときどき、シンガポール人、香港人が話すのを聞いていて、それはもうレベルが違うからである。どうしてそういうレベルまで努力する人が日本人でいないか、というと、TOEIC900点超程度で、日本にいたら、だいたいアメリカ人ととりあえず話せるし、まわりから英語が出来る、と煽てられて、いい気になれる。そのようなとき、どうして語彙をさらに増やしてTIMEがすらすら読めるようになろう、とか、もう少しネイティブに近い発音と言い回しを身に着けようとか、努力するインセンティブが沸くだろうか。
 で、私の英語のレベルと普段の不勉強を完全に棚に上げていうと、たかだかTOEIC900点超程度で、英語ができるなんてプライドをもってほしくないし、プライドをもつなら、さらに努力して相応の実務レベルを目指す人がもっといてほしい、ということである。でも、ヒサノ・ヤマザキの英語をもう5年くらい前から聞いているけど、全然上達していないように思われる。米軍の人と付き合うという環境にあっても、である。だから、私の言うことは、暴論に近いくらい無理なことなのかもしれない。
 

2007年6月23日

ブラックホールはない?

 数日前の読売新聞のウェブサイトに、「ブラックホールは存在しない」米物理学者らが新説、という面白そうな記事があった。
米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学の物理学科の研究者が、発表したのだという。そこで、実際に、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のホームページを訪ねてみた。すると確かに、そこに、下記のようなタイトルの記事があった。
Black holes don't exist, Case physicists report
Case researchers may have solved information loss paradox to find black holes do not form
 それを研究した物理学者の名前は、Tanmay Vachaspati, Dejan Stojkovic及びLawrence M. Krauss。Vachaspati。彼らは、次のように言う。
「ブラックホールを、何かそこで物体が失われていくものとして定義するなら、そんなものはない。ブラックホールは、そこに何かが落ちていく前に蒸発してしまうからだ。」このブラックホールの蒸発とは、ホーキングの理論による。
 さらに、その研究者によれば、初期のブラックホールの端にある質量は、事象の地平線と呼ばれるものの内側には落ちていかない、という。この辺から、私の理解がついていけなくなるが、もう少し頑張ってみる。
 それで、非熱輻射は、情報を失わないので、結局、ブラックホールの生成によって、情報が無になることはない、ということになる。そうして、ブラックホールは、重力崩壊を起こすことなく、消滅してしまう。
 で、結局、ケース・ウェスタン・リザーブ大学の物理学者達が主張するのは、アインシュタイン方程式のシュバルツシルトの解の解釈の結果として予想されたブラックホールの生成機構自体を否定するものではなく、そのようなブラックホールが生成されたとしても、それは、宇宙生成の初期においてのみであり、その後消滅しているのであるから、今の宇宙には存在しない、と言いたいのではないかと思う。
 それと、手許の「相対論的宇宙論」ブルーバックス、佐藤文隆、松田卓也著をざっと眺めてみると、もちろん、ブラックホールに言及はあるが、その一章は独立しており、ブラックホールの(永続的な)存在を仮定しないと、彼らの主張する相対論的宇宙論が破綻するようには、どうしても読めない。
 すると、Vachaspatiらが主張するように、宇宙の初期にはブラックホールがあり、今はない、と主張しても、ブラックホール自体の生成が否定された訳ではないので、現在の相対論的宇宙論の面子は失われず、意外にVachaspatiらの主張は、穏当なのではあるまいか。

興味の変遷

 世の中には、加算無限個の不思議がことがあり、どれが一番不思議なのか、また謎というか不思議は順序づけられるのかというブログの記事を以前書いたことがある。そういう抽象的な議論は今はさておいて、昔からとても身近で不思議と思っているのは、興味の変遷である。すなわち、なぜ人の興味が移り変わり、また、移り変わらないのか、ということである。
 自分自身を顧ると、物心つく最小の年齢である3~4歳の頃は、やたら鉄道が好きだった記憶がある。たしか、オレンジや黄色の電車をみると、とても心ときめいていたのを覚えている。ところが、小学校に入る頃は、何かに没頭していた記憶が全くない。とりあえず、小学校の勉強を適当にしていたのだろうが、何かに特に興味をもっていたという記憶がないのである。
 それから、小学校4年の頃だろうか、図鑑の類が非常に好きになった。特に、昆虫の図鑑、岩石と鉱物の図鑑、海岸生物の図鑑が、私の中で三大マイブームであり、当時とても貧乏だった我が家で、母親に懇願してやっと買ってもらった。親に叱られても、友達に虐められても(結構、いじめられっ子であった)、家に帰って図鑑を眺めると心が休まった。学校に行っても、友達と遊ぶよりも、図書室に行って図鑑を眺める方がはるかに楽しかった。図書室には、私がもっているよりもずっと立派な高価な図鑑があった。まあ、そうやって、友達と付き合わないので、余計にいじめられる、という悪循環なのであるが。その頃は、大学に行って、昆虫か鉱物の研究者になりたい、と思っていた。
 ところが、小学校6年で、将棋と出会う。これが、最初は指しても指しても惨敗するばかりで、悔しくて仕方がない。この時点で、将棋が、私にとって数少ない遠距離力をもった趣味になろうなんて、考えてもみなかった。で、将棋はなぜか飽きもせず、今も細々と続けているが、中学2年になって、たまたま、鉱石ラジオを作ってみて、電子回路に興味をもった。それで5球スーパーという真空管ラジオも作ってみた。それで、高校は工業高校に行って、エンジニアになりたい、と先生に相談したら、その頃は、田舎だったので、クラスで比較的成績が上位で、普通科から大学に行って、そういうことを専攻すればよい、と言われた。その頃は、純朴で謙虚だったのだなあ、と今の傲慢な自分をみて思う。
 高校になって、その興味が抽象化され、物理とか数学が好きになった。それが、大学で物理を専攻するようになったきっかけである。ところが、物理も数学も、クラスの平均点に満たないのであるから、お笑いである。
 それでもラッキーで大学の物理学科に現役合格すると、今まであまりまともに勉強したことがなかったので、勉強が楽しくて仕方がなかった。またも将棋も大学で本格的に再開し、強い先輩に鍛えられて、なんとかアマ三段くらいまでになった。
 ところがである。大学3年の頃、突然、勉強が手につかなくなった。一種のノイローゼなのかもしれない。専門用語で、スチューデント・アパシーというらしい。この頃からである、自分の意志や興味は、実は自分ではどうしようもない、ということが分かったのは。それで、その頃の心の空白を埋めてくれたのは、クラシックギターへの興味であった。やることもなく、暇さえあれば、ギターの練習をした。なんとか、初心者に毛が生えた、アルハンブラ宮殿の思い出をかろうじて弾けるくらいまでにはなった。
 そうしているうちに、スチューデント・アパシーなどと親のすねを齧って甘えている訳にもいかなくなり、仕方なく単位をそろえて卒業した。ところが、卒業して就職したら、猛然と物理や数学の勉強がしたくなった。それで、クラシックギターへの興味は次第に薄れ、こちらはまあ、短距離力に終わった。いまは、ギターを手にすることもない。
 就職して、不本意にも特許部門、しかも事務みたいなことをやらされてとても不満で、生きがいは、将棋に打ち込むことと、数学を勉強することになった。会社を辞めて数学または理論物理の大学院に行きたかったが、どうしても生活の目途が立たなかった。親元を離れ、勉強なんて無駄と思っている親に頼ることはできない。将棋は、当時住んでいた関西の強豪に鍛えられて、かなり強くなった。しかし、アマ強豪のレベルにどうしても届かない、才能が足りないことを思い知らされ、悲しかった。数学だってそうで、数学はほとんど独学で勉強したが、なかなか大学3年の数学科レベルを超えられない。どうも自分は、1つの突出した才能ではなく、凡庸な幾つかの才能のポートフォリオで勝負するタイプになのかも、と自分を見極めてきた。不本意であったが。
 それで、たまたま外資系の会社に転職し、そこでも特許の仕事を担当することになった。これは今でも続いている。そこで、外資系ゆえなのか、弁理士の試験勉強を勧められた。それがないと昇進にとても不利なのだという。ところが、ここでも、意志の不随意に出会う。どうしても、自分をそういう資格試験の勉強に振り向けることができない。私は、記憶力はそんなに悪い方ではなかった。過去の将棋の局面を言い当てて、将棋仲間を驚かせることもあったので、部分的にはよい方だと思っている。それなのに、弁理士にもチャレンジすることもなく、くすぶって今に至っているが、自分としては、困難に挑戦しないのはなんとなく悔しい、というのもある。
 ただ、今の会社で、コンピュータのプログラミングに詳しい人がいて、この人にいろいろと刺激を受け、簡単なものなら、CやC++で書けるようになった。幸いにも、コンピュータのプログラミングは、私にとって数少ない長距離の趣味となった。
 外資系の会社に入ってからしばらくしてから、これは仕方なくであるが、真面目に英語と英会話を勉強した。すると、本当に私の努力したもののなかでは数が少ないが、英語はある程度使えるレベルになった。また、いろいろな人と付き合う関係で、韓国語と中国語にも興味をもった。しかし、これらは、悲しいほど成果がでなかった。
 このように、いろいろなことに興味が移り、多くのものは短距離で消え、長距離のものも、ほとんどが成果で出ていない。ただ、こうして考えると、大学に在籍していた頃からの最大の趣味といえば、読書で、これは本当に私にとって長距離の趣味だといる。
 もともと、興味の変遷の一般論を書くつもりだったが、つい、自分の興味史になってしまった。ただ、本当に不思議なのは、どうしてあることが突然好きになるのか、突然興味を失うのか、どうしてあることの興味は続くのに。あることは続かないのか、興味を差し向けることさえできないのか、ということである。この好きになる、興味を失う、続く、続かない、という原理は、男女間の恋愛と似た原理で動いているに違いないが、そちらの方はとんと疎いので、言及しないでおく。
 ともかく、こういう各論はいいので、もう少し興味変遷の原理というのをそのうち考えて、稿を新たに起こすことにする。

2007年6月24日

渡辺明の不調

 ここのところ、渡辺明の調子がおかしい。まず、B級1組の順位戦の第1局で、高橋九段に負けた。まあ、高橋は、最近調子がいいし、勝負の綾かもしれない。続いて、棋聖戦の第1局にも負けた。佐藤にはもともと分があまり分がよくないので、仕方ない。次に、王位戦の挑戦者決定戦で、深浦に負けた。もともと、深浦には、分がよくないらしい。このあたりは、勝負はみずものといえるが、順位戦の第2局で井上に負けたあたりから、流石に?である。昨日の棋聖戦の第2局も、渡辺は、角換で、早繰り銀模様で調子よく攻めたが、佐藤の剛直な反撃手段に対して、たいした工夫もなく、敗れてしまった。
 ここにきて、はっきり不調といってよい。顧ると、渡辺は、竜王を取ったあたりから、目だった不調もなく、とんとん拍子でここまできた。それ自体が、快挙であると言えるが、ここで一旦腰を落として、どう大勢を整えるかが、今後真の超一流棋士になれるかどうかの分かれ目であろう。
 佐藤がそうであるように、既存の棋風を一旦壊し、スクラップ&ビルドする時期なのであろう。今期のA級昇級は無理かもしれないが、ここで落胆せず、力を溜めてほしいものである。

特攻について

 たまたま、古本屋で、「神なき神風」という本を買った。三村文男という医師の方が書いた本で、戦時中は、軍医の見習いだったという。まだ途中であるが、この本を読んでいろいろ考えることがあったので、自問自答形式で書いてみる。


  1. 特攻の権化、大西瀧治郎中将は、蛮将であったか?
     - 私は今まで、大西中将は、泥を被る形で、あえて憎まれ役を果たし、終戦後は、責任をとって華々しい自決をしたのか、とある程度前向きに考えていた。ところが、上記の著書によると、大西は、特攻を形式的には志願としながらも、志願に応じない者は叩き斬る、みたいな激を飛ばしていたという。彼自身が、一種の英雄気取りであった面もなくはないと思う。
  2. 志願であったか、命令であったか?
    - これは、形式上志願であったが、実質的に、明らかに命令であった。
  3. 特攻は、有効な作戦であったか?
    - 確かに、相手がまさか、という時点で奇襲的効果はあったであろう。飛行機が自爆的に突っ込んでくるのだから、相手は本当に驚いたろう。しかし、一旦相手が慣れて、対応策をとられると、相当効果は低減した。一般の勝負術でも、奇襲は、ときたま実行するから有効なのであって、常態化すると通用しなくなる。特攻も後半は、空しい命の消耗となったと想像する。
  4. 特攻は、作戦の外道、統率の外道なのか?
    - 大西自身も、特攻を統率の外道と呼ぶくらいであるから、そうなのであろう。しかし、大西は、それをしりつつ、悠久の大義と美化し、若者を追い立てて行った。
  5. 天皇は、特攻を肯定したのか?
    - 記録には、天皇が特攻に反対した、というものはない。軍部は、詳しく説明しなかったのか。あるとは、天皇も、ある程度そういう犠牲はやむをえない、と考えたのか。
  6. suicide attackとしての特攻は、世界初なのか。
    - 私は歴史に詳しくないが、確かに、随分酷い目に遭った軍隊は沢山いたが、特攻のようなことを組織的に命じられたような事例は、過去知らない。
  7. 特攻は、神道の思想と結びついているのか?
    -神道に、そういう思想はないのではないか。詳しくないので、根拠は希薄だが。
  8. イスラム教の自爆テロは、日本の神風攻撃を真似たものか?
    - これは、どうもそうらしい。よって、特攻は、空前であるかもしれないが、絶後ではないのである。
  9. 井上成美、米内光政は、特攻をどう考えていたか?
    - リベラル派の最たる存在であった彼らも、特攻については、なにもコメントがない。終戦工作という大の虫からみて、どうしても小の虫であったか。

 最後に私なりにコメントすると、自分の死が、日本国家の隆盛に貢献すると、特攻に出向いたならば、確かに、その精神は崇高であろう。しかし、軍部は、それを命じてはいけないと思う。非常に多くの場合、死ぬよりもずっと大きなことが、生きている人によったなされ得る。なんとか、特攻でなく、普通の作戦がとれなかったのか、明らかに工夫が足りないと思う。

2007年6月25日

厚生年金記録不明問題

 新聞によると、年金記録不明問題は、コンピュータの処理ミスの可能性が高いという。すなわち、当庁は、年金記録のオンライン化にともない、処理を早くするために、氏名を漢字から片仮名にすることにした。この作業をコンピュータによって自動処理したのだが、当然ながら、漢字の読みは多様なので、正しい読みにならない可能性が高い。
 もうそうだとすると、それはとても初歩的なミスであるが、しかし、年金記録データには、固有の識別番号があるのだから、そちらの方で依然として識別できるのではないだろうか。もし氏名と固有番号の対で識別する仕組みであるなら、その一部のキーに対して不適切な変換処理をほどこすことは、コンピュータ処理的に、あまりにも不適切である。
 このようにコンピュータはとても怖いのであって、私は、仕事の処理ルーチンを作成していて、これでよいのではとある自動変換処理を施したら、数百件の不適切データが生じて、真っ青になったことがあった。これで辞めるしかないかも、と思ったほどである。それで手作業でこつこつ直してなんとか事なきを得たが、ある一括処理をする任務というのは、とても責任が重い。
 話をぶり返すが、特攻の責任者であった大西中将は、その一存で、いくらでも若者を、特攻に駆り立てることができた。現に、ポツダム宣言受諾の報を聞いて、これに反対し、新たに2000万人の特攻を提案し、これをもって米軍の肝胆を寒からしめることにより、戦時の継続を図ることができる、と考えたという。なんというおそるべき他人の命の軽視であろうか。自らの地位の責任の重さを自覚していたのであろうか。それは、その後、ポツダム宣言受諾後の自決くらいで償えるものではない。このようなとき、私はスピリチュアリズムを信じる。すなわち、死後、苦しむことにより償う機会がある、ということに。
 その点では、いかなくてもよい兵士をイラクに送り、3000人以上も無駄に死に至らしめたブッシュにも言える。あ、3000人は米軍で、無辜のイラク人を加えると、何十万にもなるかもしれない。このような罪は、どうやって償えるのだろう。私の浅薄なスピリチュアリズムの知識では、全く分からない。

2007年6月26日

車検について

 私が乗っている車は、トヨタのイストという、どうってことない大衆車であり、大衆車の名前に違わず、街を走っていて、同タイプの車によく出会う。それを気恥ずかしいと思うことも最早ない。その車が、購入して5年目で、2回目の車検を迎えた。
 そこで、先日の日曜日、ディーラーに持ち込んで車検を受けた。私のイメージでは、車検というのは、数日かかるので、その間、どうしても車が必要なら、代車を出してもらう。ところが、聞くと、車検は、たった1時間で終わるという。それで、コーヒーを飲みながら、適当に本を読んでいると、直ぐに終わってしまう。これなど、システム化の進歩の1つの例証ではないだろうか。ただ、これには若干の裏があって、実は、その一週間前に、一度ディーラーに持ち込んでいる。その際、ディーラーは、30分くらいかけて事前点検し、交換を要する部品はないか、もしあるならその部品は、在庫があるか調べ、もしないなら、事前に取り寄せておく、という次第である。こうして、1時間車検が達成される。めでたし。
 それでも、車検の費用が安くなる訳ではないので、やはり、いろいろな意味で、うっとおしさは否めない。米国などはそもそも、車検制度がない、という。それでも、問題はないらしいが、私としては、それだと若干の不安があることがある。すなわち、車検制度の下でも、今の前の車で、一度、運転していて、私は急にエンストになったことがある。もちろん、ガス欠ではない。バッテリが疲弊していて、バッテリ液が限界まで減っていた。こういうのって、結構気づかないのではないだろうか。それで、だましだましエンジンをかけて、最寄のガソリンスタンドに行って、ついでの点検をしてもらったら、ブレーキパッドが磨耗してこれも限界であった。こういう経験に鑑みると、車検のないアメリカだと、突然、人里離れた山道で、エンストになってどうしようもない人がいるのではないか、と推察する。それで、もし極寒の季節だと、場合により、命取りになる。
 で、命が惜しくない人はいないので、きっと米国では車の自己点検がきちんとなされるのだろう、と思うことにした。田舎に行くと、どこでも銃が備えられている国である。それくらいの自己防衛は常識なのではないか、と思った。
 そうして省みると、日本の車検はやはり、頻度が多すぎて、値段が高すぎる。国土交通省と、業者の暗黙の癒着であるに違いない。たまたま、渡辺千賀のブログを見ていたら、いかに日本が閉鎖的であるか、また、そういう閉鎖的さを実験的に助長するのも悪くないのかも、みたいなニュアンスで書かれていた。車検一つをとってみても、私の思いは、アンビバレンツである。正解は一体何なのだろう。

2007年6月27日

SOAについて

 ある雑誌を眺めていたら、SOA(service oriented architecture)について書かれていたので、自分の勉強も含めて、簡単にまとめてみる。
 まず、この仕組みは、コンピュータ・サイエンスとしては、とても当たり前で、寧ろ、業務にとっては違和感のあるものかも、ということである。例えば、コンピュータでは、いろいろなアプリケーションから呼ばれるモジュールは、ダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)として作成され、保存される。いろいろなアプリケーションは、そういうDLLを随所で呼び出し、また、開放できる。SOAは、これの業務アプリケーション版なのであって、物流、生産、会計などの異なる業務で使われるソフトウェアにつき、業務の観点で分析し、モジュール化できるものは単体で用意し、こうして結果として、沢山のSOAモジュールが出来上がることになる。
 しかし、SOAの下でのモジュールの作成は、寧ろ業務の観点から大変である。というのは、既存の異なる業務内容を分析し、処理単位に分割し、他の業務との兼ね合いで共通に使用できるかどうか、検討しなくてはならないからである。ある例だと、コンピュータ・サービス・ベンダのコンサルタントと、会社の業務担当者とが膝を突き合わせて、なんと800もの、SOAとして定義される仕様を作成したという。
 こうして仕様が決まると、その呼び出し記述は、WDSLで書かれる。データは、XMLである。また、一番肝心のビジネス記述は、BPEL、データの連携は、ESBで記述される。
 このように、SOAは、ソフトウェア工学的には、スマートで、プログラムの再利用性に富み、更新が容易で、情報の共有化に貢献し、汎用ツールで組めるので、ある程度熟練すると社内のIT担当者でも、開発・保守できる、というメリットがある。
 一方で、まだあまり使われておらず実績が蓄積されていない、サービス定義が大変、社内のシステムデータが整備されていなければ機能しない、ベンダ間で規格が統一されておらず、既存のオープンシステムのように、マルチベンダでうまくいかないことが多い、という欠点もある。
 ところで、SOAと大変紛らわしい用語に、SOAPがある。これは、もともと、Simple Object Access Protocolであるが、それは名は体を現していない、として、Service Oriented Architecture Protocolと呼ぶ人もいる。すなわち、SOAは、それには限定されないとしても、多くの場合、通信のプロトコルとして、SOAPを使用する、ということのようである。

2007年6月29日

青森県母子殺人事件

 新聞やウェブによると、青森県八戸市で、6月28日、会社員沢田秀人さん宅で、妻と子供三人の他殺体がみつかった、という事件があった。夫の秀人さんが一人行方不明で、警察が捜索したところ、一戸市で、秀人さんの車と秀人さんが発見された。そこで、警察が事情聴取しようとしたところ、秀人さんは自分の首を刃物の切り、また、車を発進させて、がけ下に転落したが、その車から、秀人さんが死体でみつかった、死因は、首からの出血死だという。
 また、6月28日の朝、といっても深夜の午前2時、アパートから2キロ離れたパチンコ店にマスク姿の男が入り、包丁を突きつけ、店員を縛って金を要求する、という強盗未遂事件があった。付近に秀人さんのものらしき車があったことから、秀人さんとの関与も疑われる。
 このような状況では、秀人さんがなにかの金策に困って強盗をはかり、また、一家無理心中(といっても、殺人以外の何物でもないが)をはかった、という可能性が大であろう。
 どうしてここまで、と思うが、先日、梅田望夫氏のシリコンバレー精神という本を読んでいたら、ロシアから来た技術者が、シリコンバレーで会社を設立し、一旦成功していたが、何かの原因でうまくいかなくなり、奥さんと娘さんを殺害して自分も自殺する事件があったそうで、なんとなく、これとの類似性を推察させる。
 こういう事件をみていていつも思うのは、憑依のこと。しかし、今はそれはあまり突き詰めては言及しないことにする。もう1つ思い起こすのは、ウィトゲンシュタインが、世界は、事の集まりであって、物質の集まりではない、と言ったことである。すなわち、借金したり、事業に失敗したり、それは事の世界であって、物質の世界のことではないはずなのに、とても大きい力で、事は物質に迫ってきて、場合により、肉体という物質を破壊してしまう。
 ということは、宗教、特に仏教は、そういう事から肉体に及ぼされる影響を滅却しなさい、ということを言っているのではないだろうか。
 それにしたって、関係のない家族を殺害するのは、あまりにもやりすぎである。大脳前頭葉の思索の暴走と、それと、やっぱり、悪霊の憑依ということを私は、考えてしまうのである。

2007年6月30日

名人戦第7局

 毎日新聞のWeb記事を見ると、結局、森内が、158手で名人戦第7局を制して、ついに第18世名人に就いた。森内は、今期、勝率が5割にも満たず、将棋の内容もよくなく、それは、第6局の逆転負けにも例証されるが、こういう状況で、名人を維持できるというのは、それこそ、神のご加護というべきだろう。ううん、もはや棋譜を見る気もしない。
 あの勝負強さは、やはり名人たりえるのか。一方、いろいろ勝手に酷評したが、郷田もよく闘った。これ以上コメントもない。

About 2007年6月

2007年6月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。