« Zardの坂井泉水 | メイン | Googleでの検索 »

Winnyの顛末

 佐々木俊尚の「ネットvs.リアルの衝突」文春文庫の、Winnyに関して訴えられた、作者の金子被告のことが書かれていたので、その本を参酌しつつ、他の本やネットも参考にして、コメントする。
先ず、作者の金子さんのプロフィール。1970年茨城県生まれ。茨城大学の博士課程修了。専攻は、シミュレーション環境やOS。原子力研究所勤務。その後、東大大学院情報理工学研究科で特任助手。そこで、戦略ソフトウェア創造人材育成プログラムを担当していたという。彼自身が、戦略ソフトウェアを作るスキルがあった。
 金子さんは、P2Pソフトをとてもチャレンジングな、先進的なものと考えていた。それで、FreenetというP2Pソフトを使ってみて、使いにくいので、自分で作ろうと思い立つ。スキルがあるだけではなく、時間の余裕もあったようである。
 金子さんの1つのキーポイントとなるのは、2チャンネルでその開発を予告し、また、他の2チャンネラーから支援されていたことである。そうして、自分のホームページに、完成したWinnyをアップロードしたところ、早速、何人かのユーザーに使用されることとなった。仕方がないことであるが、そのWinnyを使って、商用コンテンツやプログラムを不法に交換して著作権侵害する輩があらわれた。そのような著作権侵害に気づき、京都府警のサイバーパトロール班は、なんとかその証拠をネット上で掴もうとした。しかし、Winnyの高度の匿名性(ID隠蔽性)により、IPアドレスを割り出すことができなかった。
 ちなみに、なぜ京都府警なのか、というと、警察組織にあって、インターネットに詳しい者は多くない。それで、たまたま京都府警にその手の経験を積むものがいた、ということらしい。
 そこで、京都府警は、2チャンネルなどの掲示板に目をつけた。そこには、○○をアップロードするから、という書き込みや、それに対する応答の書き込みがあり、そこから、著作権侵害者を割り出すことができた。
 京都府警はまた、こういうP2Pソフトを開発するプログラマ自体をも快く思わなかった。しかし、米国で、P2Pソフトの開発者自身が著作権侵害で訴えられ、結局、無罪になったという判例もあり、このままでは手の出しようがなかった。
 ところが、金子さんは、若気の至りか、京都府警の事情聴取に対して余計なことを言ってしまう。すなわち、「著作権を侵害する行為を蔓延させて、著作権をを変えるのが目的だったのです。」この発言が起爆剤となって、京都府警は、金子さんを何とか逮捕するべく論理がためを図る。そこで、刑法の幇助犯(正犯に対する従犯のこと)の理論を構築した。幇助犯とは、構成要件に該当する実行行為以外の行為によって、正犯(この場合、他人の著作権に係る著作物をアップロードする者)の実行行為を促進すること、とある。
 ここで付言すると、他人の著作権に係る著作物をアップロードすることは、著作権法第23条の送信可能化権の侵害となるが、一方、ダウンロードすることも、著作権法第113条よれば、情を知り複製することは違法となる。すなわち、違法にコピーされたものであると知りつつダウンロードすることも、著作権法違反となる。
 金子さんには、きちんと、著作権に詳しい弁護士が付いた。そうして、幇助犯の成立性について、真っ当な反論をし、また、日本におけるインターネットの開祖ともいえる、慶応大学村井純教授を証人尋問したが、結局、第1審で、金子さんは敗訴し、150万円の罰金を課された。判決の日は、去年の12月13日と、まだ最近のことである。金子さんの余計な発言もさることながら、アンティニーGという、Winnyを凶暴化させて、ディスクの中身を意図しないのに公開してしまうウィルスの存在が、世間を騒がせたことも、裁判官の心証を悪くしたのだろう。
 その後、金子さんが控訴したとは聞かない。きっと、裁判などに関わるよりも、その時間を好きなソフト開発に充てたいのだろう。
 結論としては、今後もP2Pソフトは、どんどん現れるだろう。何しろ、サーバを介さない接続形態が、今後の主流になるかもしれないからである。そこで求められるのは、P2Pソフトの使用者の高い倫理意識であろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/241

About

2007年6月 3日 20:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Zardの坂井泉水」です。

次の投稿は「Googleでの検索」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。