« 社内Web2.0 | メイン | 郷田九段の戦意喪失 »

阪大学長

 今朝の新聞をみたら、阪大の学長に、鷲田 清一さんが就任したという。第16代の学長ということだが、なんとはじめての文系学長ということで話題になっているそうである。鷲田 清一さんの専攻は、哲学。たしかに、阪大は、医学・工学が強く、理学も、数学・物理を中心にそれなりに存在感がある。一方、文系は、経済はそれなりに有名だが、法学、文学部は、少し影が薄い。
 それで、哲学書は、本屋で背表紙を眺めるくらいのことはするが、不明にも、鷲田 清一さんの研究分野も著書も知らないので、簡単に調べてみた。
 すると、下記のような著書がみつかった。
- 「待つ」ということ
- じぶん・この不思議な存在
- 京都の平熱 哲学者の都市案内
- 「聴く」ことの力 臨床哲学試論 
 その他
 これらのタイトルをみると、カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデガーなどを論じつつ自説を 展開する伝統的なスタイルとは少し違い、なるべく自分のことばで哲学を語ろうとするタイプなのかも、と思った。
 強いていうなら、中村 雄二郎のようなタイプなのだろうか。あと、阪大で思い出したが、阪大医学部の哲学の先生で、澤瀉久敬という人がいた。その著書は、医学概論というタイトルで、実は、医学倫理学の本である。この本は名著ということで、誰かに紹介してもらった記憶がある。
 ともかく、哲学者が学長になる、というのは、プラトンの哲人政治を思い出させる。理系的実学の伝統が強い阪大で、哲学者が学長になる、というのは、先行きの見えにくい時代に、なにか指針を与えることが期待されたのだろうか。どのように大学が運営されるのか、見守りたいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/244

About

2007年6月 5日 07:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「社内Web2.0」です。

次の投稿は「郷田九段の戦意喪失」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。