« イスラム教の結婚式 | メイン | 被害者参加制度 »

ニュース時事能力検定試験

 新聞をみていたら、ニュース時事能力検定試験の案内があった。
 そこにあった問題の1つは、このようなものだった。
「戦後の歴代の内閣就任期間が長い順番に並べたものとして最も適当なものを下記から1つ選べ。
① 中曽根康弘 - 小泉純一郎 - 吉田茂 - 村山富市
② 佐藤栄作 - 吉田茂 - 小泉純一郎 - 中曽根康弘
③ 小泉純一郎 - 中曽根康弘 - 池田隼人 - 羽田牧
④ 小泉純一郎 - 橋本龍太郎 - 小渕恵三 - 中曽根康弘」
これを見た私は、桜塚やっくん風に言うと、がっかりだよ~
 というのは、ニュース時事能力検定試験というのは結局、クイズダービーの時事問題版にすぎないと思われるからである。私はてっきり、「今後の中国と日本の外交関係について論ぜよ」とか、「ブッシュ大統領のとった施策のうち、望ましいと思われるものを挙げ、その理由を説明せよ」のようなものかと思っていた。いや実は、そう期待していたというべきである。
 で、なぜがっかりかというと、例えば、一番の首相の長期政権が佐藤栄作だったとして、それが何なんだろう。寧ろ、佐藤栄作がどのような方針で何をしたか、また、いまの政権にまで継承されているものはあるか、とか論じなくてどうするのだろう。
 すると、こう反論されるかもしれない。いや、そういう時事問題の知識の断片でも、ないよりずっとましである、と。
 それも一理あるのだけれども、なまじこういう時事問題試験の勉強をして、とても浅い知識の習得にこだわって、何も論じられないようでは悲しいのではないか、と思うのである。ちょっといいがかりに近い面もあるが、そう思った次第。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/247

About

2007年6月 6日 23:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イスラム教の結婚式」です。

次の投稿は「被害者参加制度」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。