« 西アフリカの石油 | メイン | 著作物性 »

近代哲学史素描

 以前古本屋で見つけたもので、ほとんど売れなかったのでは、と思わせる雰囲気がある本で、「哲学に何ができるか」現代哲学講義 廣松 渉+五木 寛之 朝日出版社 がある。
 この本は、対談形式であるせいか、廣松さんが、わざとものごとを簡略化してしゃべっていて、面白い。例えば、廣松さんは、近代哲学のパラダイムは、デカルトからヒュームで出尽くしている、という。おお、それじゃ、カント、ヘーゲルはどうなるの、と思っていると、カント、ヘーゲルに代表されるドイツ観念論は、ある意味、ヒュームの哲学の変奏曲というか華麗なる完成であって、ヘーゲルでその絶頂を極めた、ということらしい。
 そうして、現代哲学は、ハイデガーで始まるのだという。そこから始まる現代哲学はの3本柱は、マルクス主義、実存哲学、そして分析哲学。ただ、本人もそう言っているように、ハイデガーは、実存哲学の祖ではないので、すると、サルトルあたりになるのだろうか。
 また、廣松さん自身が、深遠なるマルクス哲学の研究者でもあった訳だけれども、確かに、マルクスが20世紀に与えた巨大な影響は、誰も否定し得ない。ただ、ああいう共産主義の結果と、マルクスの哲学が結びつかないのではないかと思われるのは、今でも、真摯なマルクス哲学の研究者がいるからである。
 分析哲学は、ラッセル、ウィトゲンシュタインあたりをその源流とするのかもしれないが、私の粗い知識の範囲でも、1つの分析哲学という範疇で括るのは難しい。例えば、コンピュータ・サイエンスに対して哲学的にものがいえるのは、分析哲学の一派だったりすると思うのだが、主流でないか。
 そもそも、上記対談集は、「粗い」本なので、なかなか、ニーチェも、構造主義もメインテーマではないが、改めて、今の日本では、あまり注目されていないヒュームの偉さを思い出した次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/260

About

2007年6月14日 07:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「西アフリカの石油」です。

次の投稿は「著作物性」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。