« 渡辺明の不調 | メイン | 厚生年金記録不明問題 »

特攻について

 たまたま、古本屋で、「神なき神風」という本を買った。三村文男という医師の方が書いた本で、戦時中は、軍医の見習いだったという。まだ途中であるが、この本を読んでいろいろ考えることがあったので、自問自答形式で書いてみる。


  1. 特攻の権化、大西瀧治郎中将は、蛮将であったか?
     - 私は今まで、大西中将は、泥を被る形で、あえて憎まれ役を果たし、終戦後は、責任をとって華々しい自決をしたのか、とある程度前向きに考えていた。ところが、上記の著書によると、大西は、特攻を形式的には志願としながらも、志願に応じない者は叩き斬る、みたいな激を飛ばしていたという。彼自身が、一種の英雄気取りであった面もなくはないと思う。
  2. 志願であったか、命令であったか?
    - これは、形式上志願であったが、実質的に、明らかに命令であった。
  3. 特攻は、有効な作戦であったか?
    - 確かに、相手がまさか、という時点で奇襲的効果はあったであろう。飛行機が自爆的に突っ込んでくるのだから、相手は本当に驚いたろう。しかし、一旦相手が慣れて、対応策をとられると、相当効果は低減した。一般の勝負術でも、奇襲は、ときたま実行するから有効なのであって、常態化すると通用しなくなる。特攻も後半は、空しい命の消耗となったと想像する。
  4. 特攻は、作戦の外道、統率の外道なのか?
    - 大西自身も、特攻を統率の外道と呼ぶくらいであるから、そうなのであろう。しかし、大西は、それをしりつつ、悠久の大義と美化し、若者を追い立てて行った。
  5. 天皇は、特攻を肯定したのか?
    - 記録には、天皇が特攻に反対した、というものはない。軍部は、詳しく説明しなかったのか。あるとは、天皇も、ある程度そういう犠牲はやむをえない、と考えたのか。
  6. suicide attackとしての特攻は、世界初なのか。
    - 私は歴史に詳しくないが、確かに、随分酷い目に遭った軍隊は沢山いたが、特攻のようなことを組織的に命じられたような事例は、過去知らない。
  7. 特攻は、神道の思想と結びついているのか?
    -神道に、そういう思想はないのではないか。詳しくないので、根拠は希薄だが。
  8. イスラム教の自爆テロは、日本の神風攻撃を真似たものか?
    - これは、どうもそうらしい。よって、特攻は、空前であるかもしれないが、絶後ではないのである。
  9. 井上成美、米内光政は、特攻をどう考えていたか?
    - リベラル派の最たる存在であった彼らも、特攻については、なにもコメントがない。終戦工作という大の虫からみて、どうしても小の虫であったか。

 最後に私なりにコメントすると、自分の死が、日本国家の隆盛に貢献すると、特攻に出向いたならば、確かに、その精神は崇高であろう。しかし、軍部は、それを命じてはいけないと思う。非常に多くの場合、死ぬよりもずっと大きなことが、生きている人によったなされ得る。なんとか、特攻でなく、普通の作戦がとれなかったのか、明らかに工夫が足りないと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/275

About

2007年6月24日 20:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「渡辺明の不調」です。

次の投稿は「厚生年金記録不明問題」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。