« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月 アーカイブ

2007年7月 1日

M理論

 M理論というと、何やら怪しげな響きがあるが、超弦理論を発展させた理論として、近年注目されている。そこで、自分の理解のために、簡単にM理論について、まとめてみた。
 先ず、前提として、物理学の力には、下記の4つが知られている。
1. 電磁力
2. 強い力 - 原子核やクォークなどのハドロンを結びつける力
3. 弱い力 - ベータ崩壊やニュートリノ反応を起こさせる力
4. 重力

 標準理論としての場の量子論は、電磁力、強い力及び弱い力を統一的に扱うことに成功している。標準理論の枠組みで、重力も統一的に組み入れようと、さまざまな努力がなされてきたが、それはまだ、成功していないはずである。
 それが成功しないのは、重力を統一的に扱おうとすると、発散してしまうからで、要するに、素粒子の大きさを考慮に入れないのがその1つの理由である。
 そこで、素粒子を、紐のような広がりをもつものとして考慮してみる、というのは1つの自然な考えである。これが素朴な紐理論であるが、話はそれだけでは済まない。すなわち、共形不変性を満たす必要があるが、その条件を保ちつつ空間を量子化すると、相対性理論の要請を満たすために、特別な次元しか許されない。ボソンだけが入った系だと、そういう次元は26になり、ボソン以外にフェルミオンも入った系だと、次元は10になる。ところが、さらに超対称性の要件を入れると、下記の5つの場合しか、超弦が存在しない、ということが分かった。なお、下記は全て10次元である。
1. I型超弦
2. IIA型超弦
3. IIB型超弦
4. ヘテロ型超弦 - SO(32)ゲージ対称性
5. ヘテロ型超弦 - E×E
 このように5種類の超弦があるとき、それをどう解釈するかが、問題であったが、1995年に、天才物理学者ウィッテンが、M理論を提唱することで突破口が開かれた。ちなみに、ウィッテンというのは、現代の物理学界にあって、天才中の天才で別格と看做されているが、意外にも大学の専攻は歴史学である。大学院の専攻も数学であったが、忽然と1995年に、このM理論をひっさげて、華々しいデビューを果たした。このM理論によれば、11次元の超重力理論が提唱され、とても非自明にも、上記5つの10次元の超弦は、11次元超重力理論が異なる条件下でコンパクト化した場合として導き出される。かくして、5つの超弦が統合的に扱われる。なお、M理論の頭文字は、membraneという、曲がった膜を意味する、英語による。
 さて、M理論が提唱するところは、5つの超弦のパターンは、弦の結合定数が小さいときにだけ成立する摂動的な描像である、ということである。よって、素粒子というのは、その実体は、単なる閉じた、あるいは開いた紐というだけでなく、もっと多様なものである、ということになる。しかし、それが何なのか、数学的な実体にすぎないので、安易な類推を許さない。
 M理論とは何かという粗い素描を描いてみたので、今後、どうやってこれを少しでも理解した、といえる段階になれるのか、いろいろ努力してみたいと思う。
 ところで、全く余談であるが、超弦理論の共形場を扱う数学的道具の1つに、Kac-Moody代数というのがある。これは、仮名で書き下すと、カッツ・ムーディであり、例の、とてもお粗末なピン芸人の、ムーディ勝山の名前につながる。もし、その芸名を、Kac-Moody代数から取ったのであれば、また、実は彼がしがない物理の大学院生で、食べていくためにあれをやっているのであれば、とても意表で、別の意味のM理論ということになる。

超能力捜査

 昨日、テレビを見ていたら、超能力捜査を報道していた。1つは、イギリス人美人英会話講師が、日本人男性に殺害され、その犯人が未だに逃亡している、という事件であるが、このために呼ばれた、ある米国人の超能力者は、いろいろな状況を先ず聞き、また関連の場所を訪れた後、睡眠中に、夢の中でインスピレーションを得る。もっと言うと、夢の中で、殺されたイギリス人美人英会話講師と出会い、いろいろな示唆を受ける。例えば、犯人が潜むであろう街の番地、道路の番号、など。そうして目が覚めたら、早速それをメモする。
 このような方法は、スピリチュアリズムとも矛盾しない。すなわち、人間は睡眠中、みんな霊界に行っており、そこで死んだ人とも会う。しかし、目的をもってある人と会うためには、その人のイメージを抱く必要があり、そのために、写真をみせてもらうとか、殺人現場に行くなどの前準備が必要となる。
 それで、夢を見たことは、通常の人は忘れてしまう。睡眠中に霊界で交信するために使う脳の箇所が、通常と違うのだろうと思われる。よって、その超能力者は、睡眠中に霊界と交信したことをきちんと記憶に留め、覚醒中に思い出すことができる点に、その超能力があることになる。
 もう1つの件は、密室殺人された女性がどういう風に殺されたか、ということを、別の超能力者が、被害者の写真や持ち物から想起し、頭の中でプレイバックできる、というものである。これは、スビリチュアリズムで言うところの、アカシック・レコードを思わせる。すなわち、この世に起こったことはすべて、アカシック・レコードという、霊界にあるストレージに書き込まれ、シルバーバーチによると、あまり高級でない霊も、これを随時参照する能力をもつという。よって、過去のことを言い当てて、尊敬される霊がいるが、シルバーバーチによれば、それは、霊界では、誰でもできることであるから、このことをもって高級霊とみなさない方がよい、ということになる。
 それでは、その超能力者は、アカシック・レコードにアクセスできるのであろうか。私の想定では、人間は直接そういう能力をもたないので、その人の守護霊がサポートしているのだと思う。すなわち、その人は守護霊からのメッセージやイメージを受け取ることができる、という意味では、超能力があるのだと思う。
 一般的には、こういう超能力捜査を話半分で、眉に唾をつけてみている人が多いのではないかと思う。実際、テレビ局では、その手のやらせもあるだろう。しかし、冷戦時代、ソ連が、超能力者を養成して、例えば、米軍の核弾頭を操り、爆発されるという訓練をしていた、と聞いたことがある。それは、何ほどか真実であると私は思う。FBIなどでも、行方不明の人を、超能力捜査官が透視し、山中で死体で埋まっている場所を探し当てた、ということもある。
 こういうことが眉唾と思われているとしたら、そう思わせておく方が警察や軍関係者には好都合である、という事情もあるのではないだろうか。

久間防衛相「原爆しょうがない」発言

 久間防衛相が、「原爆はしょうがない。」という発言をした、という。私は、広島県出身で、小学校のときは、夏休みの8月6日は、原爆のことを考えるために、登校日だった。それで、長崎県を除く他県の人一般よりは、原爆に対して思い入れが深く、もし、久間防衛相が、本当に「原爆はしょうがない。」という発言をしたなら、それは大変遺憾で、つい、「おい、責任を取って辞めなよ。」という言葉を吐いてしまった。
 しかし、久間防衛相はさておいて、帝国日本軍は、本当に、原爆なしで、あのタイミングでポツダム宣言を受諾したのだろうか。
 私のいくつかの戦史の関する読書で、天皇陛下は、玉音放送を予め収録しておいたのだけれども、その放送を邪魔しようとする強大な軍勢力があったことを知った。その邪魔は、間一髪防げたのだけれども、厚木航空基地では、半ばクーデターのような行動を起こした一派がいたし、宇垣中将のように、玉音放送を聞いてから、あえて特攻に出撃したような軍法破りの行動をとった人もいる。そういう輩が、原爆のことを知っていたか、というとそうではあるまい。すると、原爆投下は、寧ろ、政府高官、軍の最高意思決定者たちに深甚なる影響を与えたに違いない。
 原爆があっても、天皇を含む御前会議で、ポツダム宣言を受諾するかどうかの決定は、大変に紛糾した。まだまだやれるとの意気盛んな軍司令部の意向が強かった。原爆がなく、ポツダム宣言の受諾が遅れ、本土決戦になっていたら大変な被害、それも女子供に及ぶ凄惨な多数の悲劇をみたであろう。原爆がなかったら、結局、戦争継続論の軍部に押し切られてしまったのだろうか。
 一方で、日本軍の意向とは関係なく、アメリカは、原爆の威力を、仮想的には最大の敵であるソ連に見せ付けるために、必然的に原爆を落としてみる意向だったのだろうか。
 いずれにしても決定的に無視され軽んぜられているのは、戦闘員、非戦闘員に拘わらず、多数の人の命である。

2007年7月 3日

日本共産党

 ソ連が崩壊して、15年にもなる。共産党は、中国にも、ベトナムにも、はたまたキューバにもあるのかもしれないが、それがマルクス主義に基づくものであるかどうか、最早とても怪しい。そんなとき、私の素朴な疑問は、日本共産党が、この典型的な資本主義の日本で、どうしていまだに生きながらえているかである。と思っていたら、今週号のTIMEに、日本共産党の記事があった。すなわち、日本共産党は、40万人もの党員と、7.3%の得票をもち、アジアで、第1党でない最大の成功している共産主義政党なのだという。でも、なぜ、それが可能なのか?
 いろいろな解釈が可能であろう。1つは、戦時中の共産党の活動。治安維持法などに基づく強い弾圧にも関わらず、戦後まで生き延び、戦争が終わると、寧ろ英雄扱いされた。そういえば、ギリシャ哲学者の出 隆などは、戦時中の軍国主義者から、戦後、共産主義者にぶっ飛んだ。そのことは、決して彼のアリストテレスに関する著書の名著性を貶めるものではないが、しこりは残すのである。
 他には、日本における労働組合の存在。私が大学を卒業して入った会社では、ユニオンショップで、必ず労働組合に入らなくてはならなかった。それで、駅前でビラ配りもやらされたが、学生時代、ノンポリで通した私には、嫌で仕方がなかった。ただ、こういう風土が、共産党なり社会党なりの活動を助長することは間違いない、と言いつつ、社会党も民社党も崩壊してしまい、一番少数派だった共産党は、今でも、どっこい草の根的に生きている。
 さらに言うと、日本は何ほどか共産主義国家である、ということである。実際、これほどの資本主義で、これほど、国民の貧富のない国家があるだうか。そのことが共産党の貢献とは私は決して思わない。寧ろ、そういう共産主義体質の国が、共産党の活動と存続を許すのである。
 さて、日本共産党の拠って立つところのマルクスの理論は、未だに学ぶに値するのか。これに関して、アルチュセールも、ドゥルーズもマルクスに関する著書をあらわし、日本では廣松 渉の独創的な著書もある。また、ブロガーの池田信夫氏によれば、今のように過剰に情報が溢れ、切羽詰って働かなくてもOSSだのブログだの、優雅に書いていられる社会では、再びマルクスの理論が蘇るという。にわかに信じ難いが、1つ確実にいえることは、日本共産党は、依然として、日本で一定の支持者と党員を抱え、存続するであろうことである。確かに、自民党だの民主党だと、似たようなことを言いながら足を引っ張り合っている日本で、草の根の日本共産党の存在意義もあるかもしれない。

2007年7月 4日

氷殺ジェット

 テレビを見ていたら、バルサン氷殺ジェット、というコマーシャルが放映されていた。なんでも、殺虫成分を使わず、噴霧の気化熱で瞬間冷凍殺虫するのだという。噴霧の気化熱で冷たくなる、というのは理解できる。冷蔵庫もたしか、そういう原理で動いている。しかし、冷凍で殺虫できる、という概念がよく分からない。それは、次のような実験を知っているからである。
 すなわち、金魚が水槽に泳いでいる。これを液体窒素に浸すと、一瞬で凍る。そうして、温かいお湯に戻して、解かすと、金魚は甦る。
 こういう実験から、私は、虫を瞬間冷凍して殺したと思っていたら、時間がたってみると、虫は解凍されて、生き返るのではないか、という思いを否定できない。金魚と違って、昆虫はキチン質なので、冷凍によって、組織が不可逆に破壊されてしまうのだろうか。
 このあたりの詳しいことを調べてみようと、ライオン株式会社で、殺虫と冷凍というキーワードで、特許を検索してみた。すると、意外にも特許がみつからない。断熱膨張というあまりにも自明に物理現象をもちいた、平凡な用途技術であるので、特許されない、というとのようである。

アメーバ経営

 日経情報ストラテジーの8月号によると、京セラの川村社長が、「アメーバ経営の原点回帰に取り組む。」そうである。アメーバ経営とは、創業者の稲盛氏が編み出した手法で、なんでも、全社員を、6~7人単位のアメーバに細分し、その中で、次年度の累計及び各月り採算計画「マスタープラン」を作り、新年度が始まったら、毎月末に月次管理会計表を取りまとめ、マスタープランと比較し、その結果に応じて翌月の予定採算表をつくる、というものである。
 これを見ただけで、うんざりしてしまった。京セラ、うざい、と。確かに、企業は、経費で動いているので、そういう管理は意味があると思うが、私には息がつまりそうである。
 ただ、京セラにとって、稲盛名誉会長は、教祖のようなもので、「アメーバ経営手法」というのは、絶対不可侵の教義のようなものらしい。川本社長も、「アメーバ経営を見直す、という意味ではない。全社的に、この手法の再徹底を図るというものだ。」という。
 ただ、川本社長の「大学を出たての何も知らない人間が、この手法で、半年もすると経営が分かるようになった。」と言っているのは、分かるような気がする。で、分かるんだけど、アメーバ経営は、ちょっとね、というのが私の素朴な感想である。ああ、息が詰まる。

2007年7月 5日

元米兵死刑求刑

 新聞によると、イラクにいた当時、イラクの14歳の女の子をレイプして殺し、その6歳の妹と両親も殺害したという元米兵に、米国の検察当局は、死刑を求刑した、という。これは、ある意味、とても画期的なことである。
 というのは、2005年11月にも、米国海兵隊によるイラク民間人大量虐殺事件があったが、一般法廷であれ、軍事法廷であれ、きちんと追訴された、という話は聞かないからである。
 すなわち、上記事件であれ、上記海兵隊の事件であれ、普通にあの程度のことをしてしまえば、通常、死刑は免れない。しかし、いつ民間人の扮したゲリラや自爆テロリストが襲ってくるかもしれないイラクでは、米兵が過剰に反応してしまうことはある程度大目に見られていた。実際、絶えざる緊張で、精神はおかしくなるはずである。性欲も亢進して、レイプする頻度も高くなることも考えられる。実際、上記事件の被告は、精神に変調を来たし、薬物治療を受けていたという。
 それでも、検察が、死刑求刑に踏み切ったということは、イラク侵攻を計画したブッシュ政権が、末期の段階に差し掛かったということを意味するのではないだろうか。すなわち、法律的に、戦時の罪を平時で問えるのかどうか、私は知らない。しかし、明らかに言えることは、反ブッシュの勢力が検察を牛耳っているということである。ただ、死刑を求刑したものの、本当に死刑が執行されるかどうかは、甚だ疑問であるが。
 一方、アフガニスタンがイラク化し、市街で、自爆テロがひきもきらない、という。そうしてあれほど米国が心血を注いでアフガニスタンから駆逐したタリバンが次第に復活してているという。このように自爆テロが跋扈するのは、私の解釈では、米国の傀儡政権があるからである。イラクもまさに同様である。自爆テロは、傀儡政権に対する当てつけのように、米兵や罪もない民間人を無差別で殺傷し、政権に抵抗する。
 こうしてみると、アフガニスタン、イラクへの侵攻は、米国にとって、数千人規模の米兵の犠牲と、なんと数十万の規模の現地の人々の犠牲をはらいつつ、何も実りをもたらさなかったことになる。これを壮大なる愚挙と呼ばずして、何を愚挙と呼ぶのであろうか。
 流石に、米軍は、アフガニスタン、イラクから兵を引き上げる時期に指しかかっている。遅きに失したが、いまからでも、早い方がよいのである。

2007年7月 7日

生命は、重いか?

 何の脈絡もなく、「生命は、重いか?」などと問われると、人は、怪訝に思うであろう。時と場合によって、例えば、暗い夜道でこう聞かれたら、殺人鬼や強盗と間違われるかもしれない。で、断じてそのような脈絡で言っているのでないことに留意して戴きたい。今思い起こしているのは、「人ひとりの命は、地球より重い。」という命題に対してである。
 数学でいう背理法のような問いであるが、もし、「人ひとりの命は、地球より重い。」が正しいとすると、どうして、命は、例えば、たかが、コンニャクゼリーを喉につまらせたくらいで亡くなってしまうのだろう。どうして、ちょっと母親が目を離してしまっている間に、幼児用の浮き輪が、お風呂場で転覆したくらいで、命は、失われてしまうのだろう。
 命の前提となっている肉体だってそうである。先日、ある女性が、自転車で入っているとき、側を通ったトラックの、何かのドアが外れて落下し、そのせいで、女性は、肩から、腕一本を切り落とさなくてはならないような重大な怪我を負った。このように命の前提となっている肉体も、常に危険性にさらされ、また。物理的にそれは、とても脆弱なものである。
 肉体を内面から支えている心だってそうである。なにかのいじめ、借金、リストラ、スキャンダルなどをきっかけに、心は、この心が棲み付いている肉体を、亡きものとしようとしてしまう。
 一方で、あなたが1000万円の現金をもっているとしよう。すると、それを自宅のテーブルに放置したままにするだろうか。鞄につめて、常時携帯するであろうか。おそらくは、重要なので、盗まれたらいけないので、銀行に預け、銀行はそれを金庫に仕舞うであろう。
 ところが、あなたは、1000万円の現金よりも、比較にならないくらい重要な(地球よりも重いのなら、そうである)あなたの命を支える肉体と心を、日々、電車に乗ったり、車を運転したり、ビルの工事現場に置いたり、とても難しいプロジェクトに参画してストレスに晒したり、要するに、私にはまるで、ほら盗んでくれ、と常時1000万円の現金を持ち歩く人よりも用心深いとは、とても思えない。
 それで、常時1000万円の現金を持ち歩く人が、私はこよなくお金が大事なんです、と言っても、人は笑うであろう、本当にそうなのか、じゃ、なんでそんなに無用心なのか、と。
 このような論理から、私は、人が本当に、「人ひとりの命は、地球より重い。」と思っているのか、とても疑問に思う。新聞に、事故殺人事件、その他訃報で、人が亡くなった、という記事をみない日はない。しかし、よほどスキャンダラスな殺人事件でもないかぎり、その扱いは、とても小さい。それよりも、10億円の収賄事件の方がよほど大きく扱われる。こうして、どうしても、「人ひとりの命は、地球より重い。」の建前性に着目せざるをえない。
 このように言うと、では、君は、人の命なんでどうでもいいのか、殺人を容認するのか、と下手をすると人非人のように言われかねない。私が言いたいのは、「人ひとりの命は、地球より重い。」という命は、実はとても脆いものである、だから大事にしなくてはならないが、例えば、現金を金庫に仕舞うように、命が大事たから、と一歩も自宅の外に出ないと、社会生活を営めない、必要な公共の福祉も果たせない、ということである。だから、「人ひとりの命は、地球より重い。」という命題は、とてもいろいろな制約条件の下で、留保付きで使用しなくてはならない、ということである。
 このように下手をすると暴論とも捉えられかねない意見を述べるのは、とても難しい。ただ、私が言いたいことは、「人ひとりの命は、地球より重い。」みたいな前提で社会の仕組みを組み立てて、で、命の本質的な脆さから、いろいろな原因で人は亡くなるのだけれども、そのようなとき、「人ひとりの命は、地球より重い。」の原理では、なにも具体的な有意義な思索につながらなくて、却って機械論的にものごとが処理されていくのではないか、と甚だ歯切れの悪い結論で締めくくる次第である。

棋聖戦第4局

 棋聖戦第4局では、あっさり、佐藤が勝って防衛となった。最近の渡辺の不調に鑑みると、予想された結果ではある。戦形は、渡辺がまさに棋聖戦挑戦権を勝ち取った、ごきげん中飛車、超急戦形。先手が58金右とし、角交換から先手は、21飛成と桂馬を取り、後手は88角成と、銀を取るかたちである。
 私の棋力の低さから、その棋聖戦挑戦決定局をみて、この戦形の決定版が出た、と思い込んだ。それほど見事な渡辺の勝ちであった。しかし、実は全くそうではなく、寧ろ、ごきげん中飛車側が有利なのかもと思ったのは、何の棋戦か忘れたが、谷川が阿部に、ごきげん中飛車側をもって、この戦形で快勝したからである。このような文脈から、佐藤がここにきてごきげん中飛車を採用したことは何の意外でもなく、寧ろ、ここで58金右として超急戦の変化に入り込むのは、渡辺にとっても、研究と些かの決意を要するところであった。
 そうして、55桂に対して、佐藤の54歩が出る。これは新手ではないのだろうが、普通は54香と打つ別の局面もあったりして、打ちにくい。
 で、細かい変化を論じることは私の棋力を超えることなので、控えるが、あまり綾のない、きっちりした佐藤の勝ちなのではないだろうか。
 そうして一方で、竜王戦の決勝トーナメントで、羽生が深浦に勝って、ベスト4に進んだ。18世名人を森内にさらわれた羽生は、怒り狂うというほどでもないにしても、面白くあるまい。で、今期の竜王戦の挑戦は、羽生なのではあるまいか。ということは、渡辺も正念場であろう。渡辺も、一度堕ちて、そこから甦るがよい。何度も羽生がそうしたように。

2007年7月 8日

非難決議

 少し古い記事であるが、今年の3月に、米国議会の下院で、90年前のアルメニア人虐殺でいまのトルコを非難する非拘束の決議案が出され、採択される見通しも生まれてきたという。今の時点では、実際に採択されたかどうか、決着がついているはずであるが、どうなったか私には分からない。
 一方で、どうみても、上記アルメニア人虐殺よりも重大性が少ないと思えるのだが、日本の慰安婦非難決議案が採択されるかどうか、その決定の時期にさしかかっている。
さらに、元防衛省大臣久間氏の「原爆、しょうがない」失言に関連して、日本も、米国に対して、原爆投下非難決議を採択すべきである、という意見が少なくなかった。上記日本の慰安婦非難決議案に対する報復的な意味合いも強いだろう。どう考えても、従軍慰安婦と、原爆投下では、鼎の軽重が違いすぎるからである。
 さて、非難決議には、次のような多くの疑問がある。


  1. 国際法的に、どのような拘束力、効果をもつものであろうか。これについては、私は、国際法の入門書で、きちんと学んだことがなくて不勉強で知らない。ある一国が、個人レベルではなく、政府レベルで、ある他国の過去の行為を、遺憾と思っていことを、公式に表明する、という以上のものなのであろうか。
  2. また、一般に、民事訴訟、刑事訴訟などの判決は、被告に対して、一定の金額の支払い、謝罪、立ち退き、予防措置、拘束、監禁などを国家権力で強制するものであるが、国際法的には、そのような法的拘束力をもつ決定はできないであろう。すると、上記非難決議は、他国に対して、謝罪しなさい、という非拘束的な決定なのだろうか、あるいは、単に、国家レベルの遺憾の意の意志表明に過ぎないのだろうか。
  3. 次の疑問は、時効はないのか、ということである。従軍慰安婦は、60年以上も前のことであり、上記トルコのアルメニア人虐殺は、90年も前のことである。すると、どうも、非難決議に、時効を考慮する必要はなさそうである。ということは、アメリカ政府に対する、インディアン虐殺の非難決議を出したり、スペイン政府に対する、インカ帝国の現地人に対する非難決議を出したり、ということが、テクニカルには、あり得る、ということになる。
  4. ナチスに対する、ユダヤ人虐殺の非難決議というのもあり得るのか。これについては、明言されていないが、歴史的にその悪行の判断が決着がつき、当事者政府がそのことをきちんと認めている場合は、改めて非難決議は出さない、ということのように思われる。
  5. 政府の当事者性。例えば、ルーマニアで、チャウシェスク政権がなした悪行を非難して、現ルーマニア政権に非難決議は出さないであろう。明確、現政権が、チャウシェスク政権を打倒した、と認識されているからである。日本は、トルコは、流石にそうではなく、連続性は否定できないだろう。
  6. このように、非難決議として持ち出すためには、現代史の歴史学者で、非難決議内容が、通説の域にまで達していなくてはならないと思われる。ところが、従軍慰安婦問題は、とても議論が多く、それを否定する通説があるのではなかろうか。よって、通説にきちんと従うというけじめは、必ずしもない、と言ってよいであろう。
  7. それで、結局、非難決議を出す意味は、何なのだろうか。凡そ、一定以上の歴史をもつ国で、非難決議に相当することを行ったことがない国は皆無に近いであろう。すると、非難決議を出す意味は、次しか思い当たらない。
    • 国内問題から、国外に目をそらす。国内の不満勢力に、捌け口を与える意味がある。
    • 親米の日本、トルコに対して、敢えて距離を置き、田中宇氏の言う、多極化構造の世界をつくりだす。


 だいたい、主な論点はカバーしたと思うが、どうであろうか。

2007年7月11日

ベジタリアン食

 会社で、海外から人が集まるコンファレンスが開催され、それの世話役というか、雑用係りを担当していたので、忙しくて、ブログを書くのがおろそかになってしまった。だからどう、ということはなく、だれか期待してくれている読者もいないのであるが、なんとなく、駄文でも毎日、というペースを続けたかった。
 ところで、上記コンファレンスの知り合いの一人は、インドから来た女性であるが、純粋ベジタリアンで、日本ではなかなかしかるべき食べ物がないので、レトルト・ベジタリアン食を必ず持参する。
 今回は、少し余分に持ってきたようで、余ったせいか、帰国する前に、余ったのをもらってくれないか、という。ベジタリアン食で、しかも、レトルトと聞いただけでまずそうで、かなり、気持ちが引けたが、折角の好意なので、戴くことにした。
 ところが、自宅に持って帰ったら、好奇心で、味見してみたくなった。複数のパックをもらったが、いろいろ眺めてみると、決して、ベジタリアン食であることを直接示唆する記載はない。ただ、よく見ると、「THE PROMISE OF PURITY」という文字があり、どうもこれが、動物性のものが入っていませんよ、という保証の文句なのかも、と思った。
 それで食べてみると、意外においしい。改めて、成分を眺めてみると、Rice, Onion, Beans, Carrot, Knol khol, Beetroot, Coconut, Refined sunflower oil, Cauliflower, Bread cube, Garic, Ghee, Salt, Lemon concentrate, Ginder, Sugar, Red chill, Coriander, Tumeric, Black pepper, jeera, Dry mango, Mace, Fennel, Nutmeg, Caraway, Clove, Capers, Bay leat, Bengal gram flour, Ajowan, Big cardamon, Cinnamon, Cardamom and Asafoetida. と、ずらっと、知らない単語が沢山並んでいる。はっきり言って、動物性のものがあるかないか、この表記からは、私には全く自明ではない。
 で、食べてみて思ったのは、動物性のものがないと、おそらく、アミノ酸で言えば、イノシン酸の旨味が出せないので、レモンの酸っぱさ、塩の辛さ、カレーの香辛料、ニンニクその他で、懸命に味を出そうとしている。譬えはとてもよくないが、家庭で、お父さんが何かの事情でいないので、兄と弟と姉が力を合せて頑張っている、という感じである。なんか、おいしいと思わないと、申し訳ないという、左門豊作と対決する星飛雄馬みたいな気分になる。
 その一方で、独特の香辛料は、癖にさせるものがある。これも漫画ネタだが、私の好きな料理漫画で、包丁人味平というのがあった。それで、「カレー戦争」と称して、おいしいカレーで、味平と対決するインド料理の専門家がいたが、その専門家は、味平には勝ったが、強い香辛料で中毒になって、精神をやられてしまう、というストーリーがあった。そのようなストーリーを思い出させるほどである。
 ということで、お荷物になるかともって帰ったインド・レトルト食であるが、意外に早くなくなりそうである。頑張れ、左門豊作。

2007年7月12日

コルベ神父

 将棋の加藤一二三九段は、クリスチャンであり、その関係で、加藤九段の著書で、コルベ神父に言及された文章を見たことはあったが、実際はどういう人なんだろう、と考えたこともなかった。
 ところが、最近たまたま、ある雑誌で、コルベ神父の生涯の概要を知るに至ったので、自分のメモとして書いてみる。 コルベ神父は、1894年に、ポーランドに生まれた。12歳のとき、教会で祈っていると、白と赤の冠を手にした聖母マリアがあらわれたという。そうして、「白は清い心を、赤は殉教を意味します。この冠がほしいですか。」と聞くので、欲しいと答えたら、聖母マリアは、優しく少年をみつめて、消えたという。
 こうして、コルベ神父は、ローマの大学で哲学と神学を学ぶと、司祭になり、ポーランドに帰って、「聖母の騎士社」を設立したのだという。聖母マリアを奉るのは、キリスト教の経緯からして、どうなのかと思うが、それは擱く。
 コルベ神父は、1930年には、長崎に行き、そこで修道院を設立した。コルベ神父は、1939年にポーランドに戻ったが、そこで、ナチスのユダヤ人迫害に遭い、ユダヤ人を救う活動を始める。そうして、ゲシュタポに捕まり、アウシュビッツに送られた。
 アウシュビッツでは、一人の脱走者が出ると、無作為に10人が選ばれ、なんと、「餓死刑」が科せられるのだという。それは、一滴の水も食料も与えないで、死に至らしめる、というもので、考えただけでも恐ろしい苦痛の死刑であるが、実際に人々に餓死刑が宣告されたとき、コルベ神父は、なんと、そのうちの一人に対して、身代わりを申し出た。驚異的な殉教精神である。
 そうして、コルベ神父は、地下の餓死室に全裸で閉じ込められ、他の受刑者が次々に死んでいく中、祈って他の囚人を励ましながら、2週間まで生き延びた。そうして、最後は毒薬を注射されて死んだが、なんと、その日は、聖母マリアが亡くなった日であった。
 こういう生涯を知ると、キリスト教だの仏教だの、特定の宗教とは独立に、犠牲精神の溢れた立派な生き方、というものがあり得ることが分かる。魔女裁判のように、宗教を理由に、他人に犠牲を強いる人との違いは何なのだろうか、改めて考えてしまう。

 

2007年7月13日

一人っ子政策

 先日のコンファレンスの続きであるが、中国から来たチーム、7人と夕食をともにする機会があった。気の置けない仲間なので、けっこうざっくばらんな話もするのであるが、そのうちの一番若い男性に、君は独身かと聞いたところ、彼曰く、中国では、男性の方が女性よりも4000万人も多いのだという。
 日本の人口でそのようなアンバランスがあると大変であるが、なにしろ、13億もの人口を擁する大国である、4000万人は頷ける。
 で、彼は続ける。すなわち、そのようなアンバランスの結果、独身男性が中国では、溢れているのだという。確かに、それは、社会現象である前に、数学的・統計的真理である。
 ただ、一人っ子政策=男性が多い、という命題は、単純な論理操作からは出てこない。それが成立するためには、「最初に生まれる子供は、男である確率が高い。」ということになるが、本当にそうなのであろうか。
 兄弟で生まれてくる順序に関わらず、男が生まれる確率の方が、女が生まれる確率よりも少しだけ高い、という話は聞いたことがある。これはどうも、男性の方が生命力が強くなく、子供のうちに病死する確率が少しだけ高い、ということによるようである。
 しかし依然として、、「最初に生まれる子供は、男である確率が高い。」ということの説明になっていない。無理やり理屈を考えるとすれば、母体が若い方が生まれてくる子供が健康である可能性が高い、ということは先ず言える。そうして、男の方が生命力が弱いとしたら、母体は、なるべく、育ちにくい男を、先に産もうとする、という論理が成立する。どうしても牽強付会のきらいは免れないけれども。
 ともかく、結果的に、中国では、おそらく日本よりも男性が余っている。これも、その結果かどうか分からないが、中国では相当に女性の立場が、日本より強い。例えば、ある知り合いの中国人女性は、結婚して働いているが、家事は一切、ご主人の両親に任せてタッチしないという。それでは肩身が狭くないのか、と聞くと、働いて稼いだ金を、家計に充てることで、立場が維持されるのだという。
 また、別の統計であるが、中国では、家事は原則、夫婦分担であり、それと関係があるかどうか分からないが、離婚、特に、女性が男性を見放す離婚が多いという。
 これらは全て、男性が余っていることが原因なのだろうか。全てではないが、part of reasonsであることは、争えないと思う。
 そうして、私の知っている中国人をみると、女性はみんな活気にあふれ、元気がよい。一方、男性はみんな、少し鬱屈している。日本でもそうでなくはないが、中国は、はっきりとそういう傾向が際立っていて、まあ、下手に封建的、儒教的社会よりも、その方がよいのだろう、と思うことにする。

2007年7月14日

羽生に拮抗する者

 現在、羽生王位と、深浦八段の王位戦が戦われていて、第1局は深浦が勝った。この結果をみて、私は、うん、と頷くだけである。というのは、深浦八段こそが唯一、直接の対戦成績で、羽生に拮抗する者であるからである。細かい戦績は、現時点で14勝15敗である。
 森内名人は、羽生王位と相当よい勝負であるが、それでも、数番負け越している。佐藤、谷川、藤井に至っては、ダブルスコアに近いのではあるまいか。
 このような状況に鑑みるとき、深浦の対羽生の戦績は、瞠目に値する。
 では、なぜ深浦は、羽生に拮抗できているのか。私の皮相的かもしれない観察は、まず、深浦の深い序盤知識にある。彼が書いた「定跡最前線」は、棋書ではベストセラーで、その緻密な内容は、私のようなアマチュアには到底理解できないが、少なくとも、将棋の奥深さと、なによりも、深浦の研究の広さ・深さを示唆するに十分である。羽生に勝つためには、勿論それだけでは十分ではない。
 深浦の別の特徴は、終盤の腰の重さと受けの強さがある。よく分からないけど、羽生は、藤井、佐藤のように力強い攻めに特徴のある棋士には十分な戦績を残すが、深浦や森内のように、特徴ある受けをする棋士に苦戦する傾向がある。これは、羽生が、鋭い寄せよりむしろ、じっくり構えて力を溜めて攻めるタイプだからかも、と思う。攻めに力点をおく棋士だと、混戦になったとき、受けが少し手薄になっていて、羽生に攻め負けてしまう。
 ただ、深浦に関して気になるのは、先端の戦法を網羅した棋書を書くことに、巧みすぎる点である。棋書を書くことが優れている棋士は、庄司七段、勝又五段、等であるが、いずれも一流棋士とは言い難い。
 ともかく、ここで羽生からタイトルを取ると、ブレークスルーがあるだろうが、今回も私は、今一歩及ばないで、タイトルは奪取できない、とみる。是非、期待を裏切って戴きたい。

2007年7月15日

現代倫理学

 大学の教養で、倫理学を取った、という記憶はない。もしかしたら、単位を取ったかもしれないが、もうそうだとすると、それはきっと、倫理学の先生が単位が甘い、という理由であって、倫理学が面白そう、という理由では決してないだろう。
 ところが、手許に、「現代倫理学入門」加藤尚武著、講談社学術文庫、という本がある。
 この本の目次を書き連ねてみよう。


  1. 人を助けるために嘘をつくことは許されるか。
  2. 10人の命を救うために一人の人を殺すことは許されるか。
  3. 10人のエイズ患者に対して、特効薬が1人分しかない場合、誰に渡すか。
  4. エゴイズムに基づく行為はすべて道徳に反するか。
  5. どうすれば幸福の計算ができるか。
  6. 判断能力の判断は、誰がするか。
  7. <・・・である>から、<・・・べきである>を導き出すことはできないか。
  8. 正義の原理は、純粋な形式で決まるのか、共同の利益で決まるのか。
  9. 思いやりだけで道徳の原則ができるか。
  10. 正直者が損をすることはどうしたら防げるか。
  11. 他人に迷惑をかけなければ、何をしてもよいか。
  12. 貧しい人を助けるのは豊かな人の義務であるか。
  13. 現在の人間には未来の人間に対する義務はあるか。
  14. 正義は時代によって変わるか。
  15. 科学の発達に限界を定めることができるか。

以上のように、「現代倫理学」は、とても実質的な命題を扱うもので、単にソクラテスがどうした、というような黴のはえた(というのは言いすぎであるが)議論に終始するものではなくて、興味深い。
 著者は、これらの命題のなかで、「他人に迷惑をかけなければ、何をしてもよいか。」を中心的な命題とする。そして、筆者は、なんらかの道徳律を想定して、他人に迷惑をかけなくても、必ずしも何をしてもよい訳ではないことを説く。すると、上記他の命題に対しても、答えは、単純なYESではない、と想像がつく。
 もとより、上記のような命題というか、問いかけに対して、絶対的な回答がある訳ではない。筆者は、この書物の一部で書いているように、基本的に、ジョン・スチュアート・ミルの「自由論」に依拠する。ということは、ジョン・ロックと、ヒュームの系譜にも連なる。
 これがドイツ系ならば、カントであれ、ヘーゲルであれ、もう少し、上記の命題に対して、断定的な結論を出すのであろう。
 こうして、倫理学に対する歯切れの悪さは、晴らされることがない。倫理学に対して現代的な意義を見出し、考え直す、それだけでよしとしなくては。

イタリアの大学

 イタリアに、どのような大学があるか、よく知らない。きっと、ローマにはローマ大学があって、日本の東大のように、イタリアでは名門なのだろう、といかにも日本人的発想で、考えてしまう。あ、そういえば、思い出した。確か、イタリアのボローニャ大学は、世界最古の大学だったっけ。調べてみると、ダンテ、ガリレオ、コペルニクスが学んだ、というのだから、ローマ大学よりも、ボローニャ大学の方が、伝統という意味では、よほど名門、ということになる。ピサの斜塔で知られるピサ大学も名門で、ガリレオはここの卒業ということになっている。私が真っ先にローマ大学を思い起こしたのは、天才原子物理学者、エンリコ・フェルミが、ローマ大学の出身だったからである。
 このように、伝統という意味で、イタリアの大学が、世界に冠たることは、ほとんど疑いがなさそうである。するとまた、日本人的発想。イタリアの大学は、世界から秀才が押し寄せるので、入試は、とてつもなく難しいのだろう。
 ところが全く違う。イタリアの大学は、医学部など資格につながるいくつかの学部を除き、ほとんどの学部で入学試験がないのだそうである。要するに、登録すれば、誰でも入学できる。これは、SATなどの点数を要するアメリカの大学よりも更に、入りやすい。そもそも、登録しさえすればよいのだから、入りやすいとか、入りにくいとか、議論すること自体が意味がない。
 しかしである。予想されるように、イタリアの大学は、卒業することが、とてつもなく難しい。例えば、統計によると、入学した学生のうち、32%が1年以内に中退する。自発的に辞めるのか、それとも、中退を勧告されるのか、その辺は、分からない。さらに、規定の年数で卒業できるのは、なんと、1000人中、たったの18人である、という。このような状態であるから、イタリアで、大卒、というだけで大いに自慢できるのだという。いろいろな意味で、日本と大きな違いである。
 ただ、このような考え方はあるだろう。すなわち、入試がないのだから、とてつもなく能力の低い人も、入学することもあり得て、そういう人は、早々についていけなくて辞めてしまうので、中退率が高いのだろう、と。確かに、そういう面はあると思う。しかし、アインシュタインやダーウィンのような、入試は苦手であるが、ポテンシャル能力の高い人を、このようなシステムは、救うことができる。
 かくして、イタリアのような大学制度だと、少数の、とても能力の高い人達をじっくり養成できるだろう。車で言えば、フェラーリなど、少数の人が斬新なデザインで設計できる。
 ところが、工業化社会にあって、大衆車を量産する会社(トヨタのことを、私は想定している)に人材を送り込もうとすると、イタリアのような大学制度だと、甚だ能率が悪い。入試がないことによる、学生の能力の不均一から、一斉にあるレベルの教育をマスプロできない。この点で、入試である程度絞り込む、日本のような、あるいは中国や韓国のような大学入試制度は、意味があることになる。
 それでは、Web2.0といわれるような社会になってくるとどうだろうか。ううん、時間はかかるが、日本でも、イタリア型の大学も重要になってくるのだはないだろうか。個性重視、発想重視である。いずれにしても、生き残りは大変である。ただ、入試の重圧が低く、それでいてそれなりに名門とみなされ得る大学が、日本にも出来る、ということは意義があると思う。少なくとも東大は、そうならないだろう。日本の中枢にいる、東大出身の人達は、出身大学が、誰でも入れる大学になるこことを喜ぶはずがないからである。

2007年7月16日

仕事術

 作家というより評論家なのかもしれないが、私の好きな作家の一人に、森清という人がいる。この人は、大学を中退して、旋盤工かなにかをやりながら、働くことの意義、自己啓発など、いわば職場の哲学という視点で、とても地に足のついた議論をされている方で、今は、どこかの短大の教授をされている。今般、岩波新書の「仕事術」を読んでみた。
 ここで、作者は、「公私融合の勤労」を説く。端的にいうと、余暇にも、仕事のことを考え、仕事中でも一歩離れて仕事を見つめ、その意義を広い視野で考える、ということである。このようなことを言うと、場合により、顰蹙を買うかもしれない。すなわち、それだといわば、24時間仕事に心を縛られているのではないか、と仕事中毒ではないか、と。実際、そうでないとはきっぱりと言えない。私は、だらだら仕事をやる癖がある、ということもあるのだが、たいてい土日仕事を家に持ち込み、ほんとうにだらだらとテレビを見ながら、雑用のような仕事を家でこなしている。それが見るからに楽しそうで、しかし、ある意味、生活から仕事を取ったら、何も残らない訳で、そういうのがとても貧困である、という家内の批判は、妥当であろう。
 しかし、一方で、言い訳であるが、ある程度そういう生活パターンにして、半ば遊びのように仕事のスキルを高めていかないと、なかなか生き残れないのではないか、という私の根拠のない反論もある。
 しかし、森清の言いたいことは、このようなこととは少し違っていて、私に公が入り込むだけではなく、公に私が入り込む、ということも強調する。公に私が入り込む、というと、仕事中に私用の会話をよくする、ということかと思われるが(私自身が、仕事中の無駄話が大好きである。そのために、週末自宅での仕事で補っている、という面もなくはない)、そうではなくて、公における、私としての個を確立する、ということである。もっというと、公の中で、私としての個性を認めてほしい、そのために、公たることをある程度利用するのも意義なしとしない。寧ろ、有為の人材は、公を、コンプライアンスに違背しない範囲でうまく利用する、と説く。誤解かもしれないが、私の今までとってきた生き方は、これと大きくずれるものではなく、そこで、私はわが意を得たり、と頷くのである。
 このような背景に基づき、森清は、手の技術、縁の技術、知の技術、育む技術について説く。
 手の技術とは、旋盤工なら、文字どおり金属を削ること、銀行員なら札束を数える、サラリーマンならFAXを送る、Eメールを送る。これらは、会社で下手に偉くなると、とても疎かにされる。そうして、そういう人物が会社を辞めて、^別の会社にいくなりして、雑用をサポートしてもらえないと、はたと困る。何もできない自分に気づく。よって、ベースの仕事力として、手の技術は重要である。私は指先が不器用なので、手の技術云々はできないが、しかし、Perlで、簡単なツールは日常的につくる。これなども、手の技術に入れて戴きたいところである。
 縁の技術とは、人間関係のこと。意外と思われるかもしれないが、私はこれを大変重んじている。それは、いろいろな人との縁で、いろいろな人に支えられてここまで生きてきたことを知っているからである。どんなスキルがあっても、縁がなければ、何も始まらない。筆者は、コミュニケーション・ツールが発達した昨今でも、縁の技術の重要性は、全く変わらないという。まさしくそうで、ただ、Eメール、チャット・ツールは、それなりの取り扱いの注意は必要である。文字として一人歩きするので、場合により、間違えると、とても険悪な雰囲気を醸し出しかねない。
 知の技術は、立花隆など、多くの著書があるので、ここでは触れない。特に、目新しい点はないように思われた。
 育む技術は、私は、とても後悔と反省が多い。私は、長く管理職であったが、部下に任せるよりも、面倒でつい自分でやってしまう傾向があった。demandingでない、という面で民主的な管理職であったかもしれないが、スキルの醸成、リーダーシップという点でどうだったろうか、それでも、パワハラからは遠い、という意味で、A,B,CのB-くらいの評価を戴きたいところである。それでも、後輩の育成ということで、つい指導側に廻ることもあったが、すると、私特有の細かさが出てしまう。結構、丁寧だがうっとおしい教え手のようなのである。バランスが難しい。
 ということで、つい自分のことを書いてしまったが、それは、森清氏の視点は、つい、私のそれとだぶってしまうのである。
 結論として、働く人は、どんな仕事であれ、個を維持するためにきちんと自己啓発し、社内外の人脈を大切に生きてほしい、という平凡で実はなかなか難しいことを、森清氏は説いててるのだと思う。

2007年7月17日

台風と地震

 昨日、新潟で、震度6の地震があり、9人が亡くなり、負傷者は1088人、倒壊した家多数という甚大な被害があった。これは、中越沖地震の名付けられ、数日前からの九州での台風被害と相俟って、とても悲惨な印象を与える。地震の被害に遭われたある老人の、「どうして新潟ばかり・・・」という声は、まさに本音であり、誰もその答えを用意することばできない。
 一方で、大リーグのイチローは、オールスターで最優秀選手賞を獲ったばかりでなく、月給に直して2億円に相当する高給で、マリナーズとの契約を更改した。まさに、幸福の絶頂であり、新潟で二度に亘って地震に遭われた人は、イチローと較べて、彼我の幸福の差に唖然とするに違いない。
 しかし、本当にイチローは、幸福なのだろうか。そんなことを口走ると、正気を疑われるか、とてもやっかみの強い人間に思われてしまう。しかし、私がそう考える理由は、イチローが30代半ばで、その絶頂を極めてしまったことにある。このような状況で、謙虚になることはとても難しい。実際、イチローは本来、とても傲慢というタイプではないが、オールスターでのインタビューでは、ちょっとどうかと思われる思い上がりがみてとれた。それは、状況がハッピーすぎるからである。こうして、一旦絶頂を極め次第に落ちぶれていく人生が、新潟の地震の被害者よりも本当にましなのか、ふと、平家物語のストーリーを思い出しながら、考えてしまう。
 私は先日ある人に、数年前、インドネシアの津波で20万人以上が一挙に亡くなった災害も、運命を動かす存在からみると、何ら不幸ではないのではないか、とメールで書いたことがある。その意味からは、新潟の地震の被害者も、イチローも、単なる人生の旅人に過ぎず、その差は何ほどのことがあろうか。
 このような表現は、新潟の地震の被害者にとっても、イチローにとっても、どちらにも不愉快であろう。ただ、平家物語、方丈記から流れる日本の無常の伝統を、ふと思い起こす次第である。

2007年7月18日

頑張れ、今泉三段

 週刊将棋をみると、30代半ばで、プロ試験を受けて三段リーグに参加した今泉三段が、8勝2敗と、稲葉三段とともに、トップを走っている。最初2連敗したので、やはり無理なのか、とがっかりしたが、その後は、本来の調子を取り戻したようだ。もしこのまま三段リーグを一期で抜けるようだと快挙である。瀬川四段のプロ試験よりもずっと厳しい条件をクリアしたことになる。
 ただ、最近感じることがある、それは、三段リーグのレベルが下がっているのではないか、ということである。そういう理由は、いまから10年近く前、三段リーグを抜けてC級2組に入った人は、即昇級候補であった。行方あたりがC級2組に入った頃かもしれない。ところが、どうしたことか、折角三段リーグを突破したのに、C級2組で負け越し、ひどい場合は、いきなり降級点をとる者もあらわれている始末である。これをもって、三段リーグのレベル低下と看做しても、不当ではあるまい。
 もしレベル低下が正しいとすると、その理由は、過度の情報化社会の到来にある。将棋界にあっても、10年前よりずっと、定跡の最新情報が氾濫し、例えば、昨日羽生が指した新手を、今日は、皆知っている、ということがありえる。こうした傾向があると、よほどの天才でもないかぎり、ひたすら、最新情報を追うことに躍起になり、自分で考えることが疎かになってしまう。すると、定型化した、中終盤のひ弱な、沢山の棋士が輩出されることになる。それでも、三段リーグは「相対評価」だから、半期に一度、上位2名が四段になれる。
 私のような一弱小アマチュアが言うのは僭越であるが、最近定跡を追っかけることは、若い時代に、詰め将棋を解くなどして、十分か基礎をつくってから、するべきだろう。羽生や佐藤などは、それでいいのである。しかし、受験勉強の偏差値競争のように最新定跡の知識を追っかける若手から、時代を画するような棋士を期待することは、難しい。
 そのような現状だから、元奨励会三段とはいえ、ブランクの長い今泉に、いきなり快走を許してしまうのである。ともかく、今泉が晴れて四段になれると、自信をもってプロに挑戦するアマが増えるであろう。将棋のプロが次第においしい仕事ではなくなるつつある、という現状はさておいても、プロ棋界が多極化すること自体は、いいことである。
 

2007年7月19日

秀才は作れるか

 私が、昔から考えてる命題の1つに、「秀才は作れるか」というものである。これは、言い換えると、「どのような人材でも、教育環境を整えてあげれば、秀才になるか」という命題である。
 先ず、秀才ではなく、一般的な人間の知能という意味では、それは、作らなくてはならない、ということは、狼に育てられた少女の例からも明らかで、人間は、生まれてからある一定期間内に言葉やその他の文化を教えないと、標準的な知能さえももつに至らない。
 ところが、世間でいうよい学校の入試に合格できることを以って秀才と定義し、「秀才は作れるか」ということになると、議論は分かれるであろう。ここで明らかに言えることは、若年の入試であるほど、無理やり作りやすい、ということである。例えば、子供を慶応の幼稚舎に入れるために躍起になる親がいるが、これは、親の家庭環境がそこそこで、子供がある程度従順であれば、うまくいくかもしれない。しかし、小学入試、中学入試、高校入試と、年齢が上がっていくにつれて、自我が強くなってきて、地道な勉強の努力が苦手な子供だと、次第に、受験指導を素直に受け入れにくくなってくるであろう。
 それでも、受験に定評のある高校は、必要な指導教程を高校2年の中頃あたりで終えてしまって、あとはひたすら受験指導する、というから、そういう風にすれば、必然的に、世間でいうよい大学に受かる人数が増えるのは、ほとんど統計的必然であろう。
 よって、「秀才は作れるか」という命題に対しては、YESと答えて、それで終わりである。
 しかし、と私の思索は、ここから始まる。先ず、秀才を作ろうとしても、受験勉強の素質がある程度ある人を前提としなくてはならない、ということである。世間のかなりの子供は、受験勉強の十分な素質をもっていない。だから世間の親がやきもきするのであるが、そういう素質のない子供に無理して受験勉強をさせても、多くの場合、精神的な歪をきたし、最悪の場合、不登校、家庭内暴力、自殺などにつながる。よって、もともと、「秀才は作れるか」に対する答えは、留保つきYESなのである。ここのところが分かっていない親が多すぎる。例えば、100mを11秒で走れるというのは、世間からみて相当速いが、努力すれば万人が達成できるレベルとは普通、誰も信じないだろう。しかし、学校の勉強となると、みんな、あるメソッドで学べば、何となり、ではないのは、単に努力不足である、と思ってしまう。決してそうではなく、運動に運動音痴があるように、勉強に勉痴があることをいくら強調しすぎても、しすぎることはない。
 また、受験指導で秀才がめでたく作られ、よい大学に入ったとする。それでめでたしなのだろうか。私はそうではないと思う。大学に入って、学問をしようしたとき、作られた秀才の能力は役に立たないことを知るだろう。すなわち、そこでは、問題意識、人生観、創造性、他者との協調性が問われるからである。ここにきて、秀才は、実は作りえない、と認識することになる。
 ただ、大学といっても広うござんすで、受験秀才がそのまま活躍する場がある。それが、公務員試験であり、あるいは、司法試験などの資格試験であろう。そこでは、確かに受験能力が活きる。作られた秀才のどこが悪い、という議論が再び復活する。
 だから、「秀才は作れるか」という命題を語るとき、その論じる分野を明確に分けるべきであろう。それがきちんとんされていないので、とても中途半端な議論になってしまった。
 無理やりまめてみると、次のとおりである。
 ある才能をもっている人にとって、その才能の方向では、確かに、秀才は作りえる。
 しかし、才能が欠如しているとき、それを補うような「秀才の作り方」は、ない、と断言してよいのではないか。
 そこで問題になるのは、才能の有無をどうやって見極めるか、である。それは結局、必要条件として、ある努力の後に、そのことを楽しんで努力できるかどうかであり、十分条件として、数年以内の努力で頭角をあらわすことであろう。
 また、哲学的、文学的才能のように、とてもロング・レンジのものがあり、そういう人生観がにじみ出るようなものは、とうてい作りえない、と、甚だ穏当な、インパクトのない結論であった。
 

ダイコトミー

 まだ買っていないが、講談社新書で、生物と無生物のあいだ、という名著があるのだという。そのうち買うことにしているが、おそらく、細菌と、ウイルスの違いなどから論じ始めているのではないか、と推察する。
 そこで、私なりに、有意義と思われるダイコトミーを考えてみたので、以下、列挙する。


  1. 物質の非物質のあいだ:これは、何も神秘的な話ではない。事象一般を、非物質と呼ぼうとするだけである。
  2. 科学と非科学のあいだ:あきらかなエセ科学というのは、いろいろある。しかし、DブレーンやM理論などの話となると、大手を振って科学と呼んでいいのか。そうだ、ということにしないと、世間のパラダイムには沿わないことになる。
  3. 動物と植物のあいだ:これも、珪藻類、ゾウリムシなどを考えると、微妙な場合がある。
  4. 人の人非人のあいだ:これも、犯罪者とそうでない人を分ける趣旨であるが、人間はみんな罪深いのよ、みたいな議論があって、微妙だったりする。
  5. 哲学と非哲学のあいだ:こういう生き方が私の人生哲学なんです、という言い方もあったりして、本人が哲学と言えば、そうだ、みたいなニュアンスもある。どうなんだろう。
  6. 学と非学のあいだ:学問的営為と、非学問的営為を分けることができるか、というと難しいと思う。例えば、会社経営も、1つの経営学の研究だったりするのではないか。
  7. 病気と健康のあいだ:これも、場合によって難しい。とりあえず、本人が苦痛がなく、医師も病気と認定しなければ、健康か。
  8. 宗教と非宗教のあいだ:これは、神を信じるかどうかか、非宗教とは、無神論のことなのか、違うような気がする。
  9. 生と死のあいだ:これは、要するに、肉体を纏っているかどうかの違いなのだろう。

 という、実りのないダイコトミーであるが、思索を深める1つのきっかけにしたいと思う。

2007年7月20日

ペンネームの由来

 このブログの親ページの方で、私が使っているペンネーム「森 綾太郎」について、ある人から由来を聞かれたので、簡単に説明させて戴く。
 ことは、大学時代、将棋部に在籍した頃に遡る。その頃、将棋を指していて、とても助かる緩手や悪手を指してもらうと、「望外!」と言って喜ぶのが常だった。少しだけ普通と違うのは、その使う頻度が多すぎるだけである。そうして、単に「望外」といってもつまらないので、作家の森鴎外をもじって、「望外、望外、森望外」というようになった。ところで、森鴎外の本名は、森 林太郎であった。そうして、当時の将棋部には、「綾」という言い方があった。すなわち、「この局面なら綾がある。」「もう、綾なしである。」のように使う。すなわち、ここでは、「綾」を、ここではなにか手段がある、みたいな意味で使っている。譬えは悪いが、暴力団が、「綾をつける」という言い方をして、因縁をつける意味に使うが、それとあまり違わない意味である。日常では、「綾」という言い方は、とても使用頻度が低いが、将棋部ではとてもよく使った。そこで、森 林太郎の「林」を、「綾」におきかえたのが、ペンネームの由来なのであった。
 注意して戴きたいのは、私は決して森鴎外の小説を沢山読んでいる訳でも、森鴎外のファンである訳でもないことである。寧ろ、彼の軍医の時代、脚気に対して適切な対応をとらず、多くの将兵を無駄に死なせてしまったことの大失態を咎めたいほどである。それでも、記号的な意味しかないので、私は、「森 綾太郎」というペンネームを使い続ける。

対偶命題

 例えば、写像の単射の定義で、f(x) = f(y) ⇒ x = y というのがある。これが真だとすると、その対偶をとって、x ≠y ⇒ f(x) ≠ f(y) も、真である。
 それなら、この命題は、どうであろうか。
「叱られないと勉強しない。」
 これの対偶?をとると、「勉強すると、叱られる。」で、レレレということになる。
 これは、今月号数学セミナーにあった例であるが、要するに、「叱られないと勉強しない。」は、時間の入った因果関係なので、論理関係ではないのだという。すなわち、叱られない、ということで、その結果、勉強しないで遊ぶ、ということになる。では、ついでに、「叱られないと勉強しない。」から、「叱られると勉強する。」が導き出せるのか、というと、叱り方によるだろうし、人にもよるだろう。また、「叱られないと勉強しない。」が真だとして、依然として、「勉強すると、叱られる。」という命題を否定している訳でもない。
 よって、時間が入った因果関係の命題は、とても扱いにくい。
 ところで、よく日本語は論理的でなく、英語は論理的である、と言われるが、実は、自然言語で書かれた命題には、上記のことも含めて、本質的な曖昧性があり、英語だ日本語だ、という問題ではない。
 では、記号で書けばいいかというと、「クレタ人は皆嘘つきである。」のパラドックスがあり、ラッセルのタイプ理論などを駆使しなくては、矛盾を解消できない。このように、論理の問題は本質的であって、簡単ではない。

2007年7月21日

宮本茂

 雑誌に、任天堂の宮本茂のインタビュー記事が載っていた。彼の名前は漠然と知っていたが、「スーパーマリオ」、「ゼルダの伝説」、「ドンキーコング」などの一連のヒットキャラの作者であるとは知らなかった。
 インタビューで、一番インパクトがあるゲームは何だったか、と聞かれて、彼は、「スペースインベーダ」だと、答える。これに出会っていなければ、ゲーム作者になんかなっていないだとう、という。
 ニンテンドーDSの成功に続いて、現在、彼はWiiの普及に力を注ぐ。実際、この加速度センサーを備えたツールは、また新たにゲームに今までと違ったパラダイムを導入した。そのWiiの世界は今発展途上で、どんな応用があるか全貌が見えない。
 宮本茂は言う、今までゲームはポップ・カルチャだったが、今後は一般社会に浸透していく、と。ということは、ゲームがビジネスのツールの一部にもなっていく、映画のように正統な芸術として認められていく、ということであろう。セカンドライフをみていても、単なるゲームではなく、そこでビジネスが展開され得るような仮想世界を構築しようとしていることが分かる。なお、ビジネスが展開されるということは、アバターを使って効果的に商談を行う、という意味と、リンデンダラーを使った、支払いも含めた交易システムを提供する、という2つの意味がある。Wiiのようなツールは、仮想世界での有効なインターフェースを与える可能性を秘めており、任天堂は、宮本茂は、当然それを視野に入れているに違いない。
 ところで、宮本茂は、Wiiの発明者なのか、と疑問をもった。そこで、調べてみると、特開2007-83024、特開2007-80002、特開2007-54114など、数件のWii関連と思われる任天堂の特許公開公報があるが、宮本茂は、発明者として入っていない。ちなみに、宮本茂自身は、1997年以降、50件もの任天堂の特許の発明者であり、彼の現在の専務取締役という地位に鑑みると、以前は実開発者であったが、現在は、更新の育成、広告塔、渉外などの役割に移行したものと推察される。ただ、彼のゲーム鑑識眼は衰えておらず、寧ろ、彼こそが、任天堂のストラテジーを取り仕切る者であろう。

2007年7月22日

アスペルガー症候群

 新聞の書評をみていたら、発達障害の一種として、アスペルガー症候群というのがあるという。ダニエル・タメットという著者は、数字に対して異常な感性を示す発達障害で、例えば、自分は1月31日生まれだが、31は素数だから、滑らかで丸い。水曜日は、数字の9と同じようにいつも青い色をしている、云々と、どんな数字にも、そこに「意味」を見て取り、やりすごすことができない。
 その結果、二万桁以上もπを記憶する異常な記憶力と、アイスランド語をたった一週間でマスターする驚異的な語学力を備える。
 記憶力と語学力に卓越することが、何が悪いのか、と世間の人は思うことだろう。実際、そういう能力に優れると、日本の大学入試では、間違いなく勝者になれるはずである。
 ところがである、アスペルガー症候群の人は、自閉症に近く、他人と心を通わせることが、極端に苦手である。また、環境の変化に適応するのも、とても苦手である。
 このように見ていくと、優れた数学者は、何ほどか発達障害なのではないか、と推察させる。実際、小平邦彦だったか、ある優れた数学者の伝記を読むと、彼にとって、数学的概念とは実体で、そこにあるものであり、とても存在感のあるものなのだという。私は、下手の横好きで数学が好きだが、そのような実体感を感じたことがない。その点からして、とても数学者にはなりえなかったことが大いに推察される。
 さらに敷衍すると、文明の源は、程よい発達障害である、ということもできよう。すなわち、アスペルガー症候群になると、数字などの概念操作能力が向上し、記憶力も増大する。文明を担う者は、まさにそのような能力の持ち主である。
 一方で、そのような発達障害の持ち主は、コミュニケーション能力、適応能力がなにほどか欠ける訳で、そういう人々が文明を引っ張っていく訳だから、ある意味そういう精神不具者が快適に生活できるような装置を提供するのも、文明の重要な役割である。
 さて、昔ラジオを作製したときの経験から、増幅回路を構成するためには、あるポジティブ・フィードバックを、回路にかける必要があり、ほどよいフィードバックは、増幅率を向上されるが、少しフィードバックを強くすると、回路は自己発振して、最早増幅回路として動作しなくなる。このような類推から、文明の源は、程よい発達障害であるとすると、程よくない発達障害の輩も沢山いて、矩を超えた常軌を逸する行動にでる、ということがあり得る。そういう輩が、殺人、戦争、その他の災いをもたらすのでは、という考察も十分成立する。
 以前、ネオテニーのことを述べたが、ここで、そのことがまさに、発達障害の同義反復であるように思われる。
 また、以前、トルストイの「イワンの馬鹿」という童話を読んだことがあるが、これは、今にして思えば、小賢しい発達障害の輩に対するアンチテーゼとも読める。
 ともかく、発達障害と文明の関係の考察は、まだ、端緒についたばかりである。

2007年7月24日

FON

 雑誌によると、FONというサービスがあるという。すなわち、私があるインターネットのプロバイダに加入しているとする。すると、私は、FONルータなるものを、1980円で買ってきて、自宅のパソコンに取り付けると、自宅の50m周囲の人は、私の家のアクセスポイントを経由して、WiFiの無線LANに入ることができる。こういうボランティアが増えると、都会では、いろいろなところで屋外でも、スタバでも、マックでも、無線LANに入れる。
 これはすばらしいと思うが、でも、個々のプロパイダがそれを許すのだろうか。そもそも、私の自宅の無線LANでも、ちゃんとパスワード管理されていて、パスワードを知らないと入れない。また、沢山ユーザーがログインしたり、重いダウンロードをしょっちゅうしたりするとどうなるのだろうか。など、疑問は尽きない。また、なんとなくタダ乗りっぽいが、オープンソースの時代にそんなケチなことを言っては時代遅れなのだろうか。
 ともかく、FONのホームページから、宣伝用のリンクを貼り付けておく。
Join the FON movement!

定年後

 Web上のニュースによると、夕刊フジのアンケートによると、サラリーマンの3人に2人が、「定年後」も働くということである。これは、おそらく、年金がきちんともらえるかどうか不安、というのもあるのではないかと思う。
 また、定年時、仕事の継続や再雇用を会社に期待したり、シルバー人材センターも活用したい、という。
 このような結果をみると、私と同じ気持ちなので、深く頷くとともに、これは、おちおちしていられない、と焦りを感じる。すなわち、私のような予備軍が沢山いることになり、競争が激しくなるとともに、もし就職できても、代わりはいくらでもいる、ということで、給与を買い叩かれてしまう。
 私ができることは1つで、森清の本にあったように、手の技、知の技、縁の技を磨くのみである。そうして、あまり高齢でない適当な時期に病気になり、大して寝込むこともなく、逝くことができれば、これに優ることはない。ゲーデルのように、あまり食べないで、次第に弱って、緩和された餓死みたいなのもありかとも思う。ちょっと、暗い話になってしまった。

2007年7月25日

長寿の秘訣

 ファンケルの「元気生活」によると、食べ物の観点からは、長寿の秘訣は、下記のとおりだという。
1. ベータカロチンをきちんととる。
 ニンジン、ピーマン、ゴーヤなど。
2. 豚は、丸ごと、余すところなく食べる。耳にも、栄養があるという。
3. 麹を使った発酵食品を食べる。
4. 豆腐や納豆などの大豆蛋白をとる。
5. 魚介類、海藻類をたくさんとる。
 魚のDHA、EPA、海藻のヨウ素など。
6. キノコをたくさん、たべる。
 長寿県である長野では、エノキダケやナメコなどの生産と消費がさかん。キノコは、繊維質、ビタミンB・D、βグルカンなどを含む。
 酒は、百薬の長と言われるが、流石に、沢山酒を呑んだらいいとは、言わない。上記の項目を見ていると、典型的な日本食でよいわけで、バランスをとればよいのだろうと思われる。また、小食がよい、菜食がとも言われるが、長寿の人は、ちきんと肉や魚も食べていてる。
 あと、運動不足による肥満はよくない、とあるが、運動嫌いで、いつも部屋に篭っている私には、耳が痛いところである。
 あと、長寿といっても、結局遺伝ではないか、と私はどこかで思っている。というのは、あまり健康的な生活を送ったとも思えないバートランド・ラッセルは、90歳をすぎても矍鑠としていたが、誰かから、どうすれば、そうやって歳をとっても元気でいられるのか、と聞かれて、それには、「親を選びなさい。」と答えたという。身も蓋もないが、そういう面はなくはないのであろう。

2007年7月26日

梅雨明け

 7月になっても、雨模様の日が続いたが、ここ数日、晴れ間が見られるようになった。それで、気分的には梅雨明けなのだが、気象庁によれば、関東地方は、まだ梅雨明けではないそうである。それで、素人的には、一体どんな根拠で、気象庁はそういう判断を下しているのだろう、と訝る。
 天気図も読めないような素人は、黙っていればいい、と言われればそれまでだが、今までも、雨のあまり降らない時期が続いたにも拘わらず、梅雨明けが宣言されず、そういう状態が続いて知らぬ間に梅雨明けが宣言されていた、ということが少なくなく、あまり梅雨明け宣言に納得したことはない。
 それで、無理やり、気象庁になったつもりで言い訳してみる。
- ええ、あの段階で、日本海に前線が停滞していました。この前線は、例年だと、関東地方に張り出すので、もう一度雨が降る時期が関東地方にやってくると予想されていました。しかし、予想に反して、太平洋沖に高気圧が張り出し、前線を追いやったので、時期は、ずれましたが、梅雨明けを宣言するに至りました。
 もしこのような言い方に妥当性があるとすると、どうも、気象予報の微分方程式は、ブラック・ショールズのような確率微分方程式なのであろうか。すると、どうしても相当の誤差はやむをえない、ということになる。
 ただ、気象予報の確率微分方程式が、金融工学の確率微分方程式と違うとしたら、気象予報の確率微分方程式の場合、本当は、決定論的な方程式が存在するのであるが、計算量的・観測的に、現実的な解を求めることが不可能であるが故の代替であり、金融工学の確率微分方程式の場合、社会現象に適用した1つの数理モデルであるから、本質的な不確かさとして、あらわれる、ということである。しかし、どちらであれ、人間にとっては、不確かであることに変わりはなく、してみると、梅雨明けの不確かさを云々するのは、単に大人気ない発言にすぎない、ということになりそうである。
 実は、カオスとしての気象と、経済物理学でみた、金融現象というのは、もう少し勉強してみたいテーマなのであるが、なにしろあまりにも準備不足なので、ここは一旦擱く。

2007年7月28日

バフンウニ

 今朝、テレビを見ていたら、北海等名産の旅ということで、北海等の日本海側の海産物の特集をしていた。そこで、北海チラシと称して、エビ、イクラ、鮭など、豪勢な具材をご飯の上に乗せていくのだが、最後のトリをつとめる具材は、ウニ、しかも高級ウニとされる、バフンウニ。何!? 馬糞? 思わず顔をしかめてしまった。いくらなんでも、高級な食材となるものに、馬糞という命名はないだろうと。あまり想像力の逞しくない私でも、バフンウニと聞くと、道端に落ちている馬糞を思い出して、げんなりしてしまい、折角の高級な北海チラシに対する食欲を失ってしまうだろう。
 これと似た体験として、私の知り合いが昔、奈良に観光に出かけた。そこで、買ってきた土産の名前は、「鹿のフン」。これにもがっかり。確かに、小粒のクッキーで、鹿のフンを彷彿させないでもないが、その命名はないだろう、と思った。育ちが粗野で、大抵の下品なことには平気な私も、このセンスにはがっかりである。
 あとは、・・と思っていたら、そういえば、マグソコガネという昆虫がいたよね、と思い出した。でも、これはいかなる意味でも食料ではないし、こんなのを食べなくてはならなくなったら、人類も終わりである。ということで、最後のは無関係であった。

2007年7月30日

イラク撤退

 先週号のTIMEに、イラク撤退の特集があった。ゆっくりしか読めないので、一周遅れになったりする。
 ところで、TIMEの記事によると、米国内では、早期撤退派と、撤退慎重派の2つの意見があるという。特に新鮮味はないが、書下してみる。
 早期撤退派:これ以上、イラクに米軍が駐留していても、アルカイーダに、テロの口実を与えるだけである。また、米軍の犠牲者も増大している。国際威信も下がっているので、一刻も早く撤退すべきである。
 撤退慎重派:イラクに民主主義が根付くまで(いつまで?と聞きたい)、米軍が駐留すべきである。不満分子は、きちんと掃討しなくてはならない。今直ちに撤退したら、一層の混乱と騒擾を招くだけである。
 ということで、常識的に考えるなら、そろそろ、少なくとも撤退のプランは立てるべきである。一気に撤退すると、勢力の均衡が崩れる。一番困るのは、米軍とともに行動している多数のイラク人である。彼らは、親米派と見られて、只でさえ、自爆テロなどのターゲットになっている。それでも米軍の武力に護られて、なんとか保っているが、米軍が去ると、最悪、皆殺しにされてしまう。
 あと、一口に撤退というが、数十万人の兵士と、数万台の軍事用乗り物がある現在、一度に撤退するのは、物理的輸送上、無理である。また、兵法にあるように、引き上げ時には、後方が手薄になり、追撃の格好のターゲットになってしまう。このため、アフガニスタンに侵攻した旧ソ連も、完全撤退には、9ヶ月を要したという。
 また、かつてアフガニスタンは、一時そこに、オサマ・ビン・ラディンがいたように、テロリスト天国であり、養成所もあった。アフガニスタンのテロリスト養成所は、米軍によって蹴散らされたが、もし米軍が去ると、今度はイラクが、テロリスト天国になる懼れがある。
 そこで、一番現実的な方策は、TIMEによれば、次のとおりである:
1.市街地の米軍は、砂漠などの遠隔地に引き下がる。というのは、市街地にいると、自爆テロのターゲットになりやすいからである。
2. 遠隔地に引き下がっても、空軍などを駆使すれば、テロリスト掃討能力は、あまり下がらない。また、駐留に必要な人数も少なくて済むし、犠牲者も減るであろう。
 これが一番妥当なシナリオで、結局、限定残留が、ほぼ永続的に続くのではないか。べトナム戦争との違いは、現地の人たちどおしで、激しい内戦が続いており、テロリストも跋扈していることである。
 で、素朴な疑問は、イラク侵攻は何だったか、ということである。サダム・フセインの治世がとても最善とは思えないが、今より悪いと考える人は少数派ではないか。おそるべく愚挙という歴史の判断が下ることにそれほど時間は要さないと思うが、どうだろうか。

About 2007年7月

2007年7月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。