« イタリアの大学 | メイン | 台風と地震 »

仕事術

 作家というより評論家なのかもしれないが、私の好きな作家の一人に、森清という人がいる。この人は、大学を中退して、旋盤工かなにかをやりながら、働くことの意義、自己啓発など、いわば職場の哲学という視点で、とても地に足のついた議論をされている方で、今は、どこかの短大の教授をされている。今般、岩波新書の「仕事術」を読んでみた。
 ここで、作者は、「公私融合の勤労」を説く。端的にいうと、余暇にも、仕事のことを考え、仕事中でも一歩離れて仕事を見つめ、その意義を広い視野で考える、ということである。このようなことを言うと、場合により、顰蹙を買うかもしれない。すなわち、それだといわば、24時間仕事に心を縛られているのではないか、と仕事中毒ではないか、と。実際、そうでないとはきっぱりと言えない。私は、だらだら仕事をやる癖がある、ということもあるのだが、たいてい土日仕事を家に持ち込み、ほんとうにだらだらとテレビを見ながら、雑用のような仕事を家でこなしている。それが見るからに楽しそうで、しかし、ある意味、生活から仕事を取ったら、何も残らない訳で、そういうのがとても貧困である、という家内の批判は、妥当であろう。
 しかし、一方で、言い訳であるが、ある程度そういう生活パターンにして、半ば遊びのように仕事のスキルを高めていかないと、なかなか生き残れないのではないか、という私の根拠のない反論もある。
 しかし、森清の言いたいことは、このようなこととは少し違っていて、私に公が入り込むだけではなく、公に私が入り込む、ということも強調する。公に私が入り込む、というと、仕事中に私用の会話をよくする、ということかと思われるが(私自身が、仕事中の無駄話が大好きである。そのために、週末自宅での仕事で補っている、という面もなくはない)、そうではなくて、公における、私としての個を確立する、ということである。もっというと、公の中で、私としての個性を認めてほしい、そのために、公たることをある程度利用するのも意義なしとしない。寧ろ、有為の人材は、公を、コンプライアンスに違背しない範囲でうまく利用する、と説く。誤解かもしれないが、私の今までとってきた生き方は、これと大きくずれるものではなく、そこで、私はわが意を得たり、と頷くのである。
 このような背景に基づき、森清は、手の技術、縁の技術、知の技術、育む技術について説く。
 手の技術とは、旋盤工なら、文字どおり金属を削ること、銀行員なら札束を数える、サラリーマンならFAXを送る、Eメールを送る。これらは、会社で下手に偉くなると、とても疎かにされる。そうして、そういう人物が会社を辞めて、^別の会社にいくなりして、雑用をサポートしてもらえないと、はたと困る。何もできない自分に気づく。よって、ベースの仕事力として、手の技術は重要である。私は指先が不器用なので、手の技術云々はできないが、しかし、Perlで、簡単なツールは日常的につくる。これなども、手の技術に入れて戴きたいところである。
 縁の技術とは、人間関係のこと。意外と思われるかもしれないが、私はこれを大変重んじている。それは、いろいろな人との縁で、いろいろな人に支えられてここまで生きてきたことを知っているからである。どんなスキルがあっても、縁がなければ、何も始まらない。筆者は、コミュニケーション・ツールが発達した昨今でも、縁の技術の重要性は、全く変わらないという。まさしくそうで、ただ、Eメール、チャット・ツールは、それなりの取り扱いの注意は必要である。文字として一人歩きするので、場合により、間違えると、とても険悪な雰囲気を醸し出しかねない。
 知の技術は、立花隆など、多くの著書があるので、ここでは触れない。特に、目新しい点はないように思われた。
 育む技術は、私は、とても後悔と反省が多い。私は、長く管理職であったが、部下に任せるよりも、面倒でつい自分でやってしまう傾向があった。demandingでない、という面で民主的な管理職であったかもしれないが、スキルの醸成、リーダーシップという点でどうだったろうか、それでも、パワハラからは遠い、という意味で、A,B,CのB-くらいの評価を戴きたいところである。それでも、後輩の育成ということで、つい指導側に廻ることもあったが、すると、私特有の細かさが出てしまう。結構、丁寧だがうっとおしい教え手のようなのである。バランスが難しい。
 ということで、つい自分のことを書いてしまったが、それは、森清氏の視点は、つい、私のそれとだぶってしまうのである。
 結論として、働く人は、どんな仕事であれ、個を維持するためにきちんと自己啓発し、社内外の人脈を大切に生きてほしい、という平凡で実はなかなか難しいことを、森清氏は説いててるのだと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/297

About

2007年7月16日 13:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イタリアの大学」です。

次の投稿は「台風と地震」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。