« 秀才は作れるか | メイン | ペンネームの由来 »

ダイコトミー

 まだ買っていないが、講談社新書で、生物と無生物のあいだ、という名著があるのだという。そのうち買うことにしているが、おそらく、細菌と、ウイルスの違いなどから論じ始めているのではないか、と推察する。
 そこで、私なりに、有意義と思われるダイコトミーを考えてみたので、以下、列挙する。


  1. 物質の非物質のあいだ:これは、何も神秘的な話ではない。事象一般を、非物質と呼ぼうとするだけである。
  2. 科学と非科学のあいだ:あきらかなエセ科学というのは、いろいろある。しかし、DブレーンやM理論などの話となると、大手を振って科学と呼んでいいのか。そうだ、ということにしないと、世間のパラダイムには沿わないことになる。
  3. 動物と植物のあいだ:これも、珪藻類、ゾウリムシなどを考えると、微妙な場合がある。
  4. 人の人非人のあいだ:これも、犯罪者とそうでない人を分ける趣旨であるが、人間はみんな罪深いのよ、みたいな議論があって、微妙だったりする。
  5. 哲学と非哲学のあいだ:こういう生き方が私の人生哲学なんです、という言い方もあったりして、本人が哲学と言えば、そうだ、みたいなニュアンスもある。どうなんだろう。
  6. 学と非学のあいだ:学問的営為と、非学問的営為を分けることができるか、というと難しいと思う。例えば、会社経営も、1つの経営学の研究だったりするのではないか。
  7. 病気と健康のあいだ:これも、場合によって難しい。とりあえず、本人が苦痛がなく、医師も病気と認定しなければ、健康か。
  8. 宗教と非宗教のあいだ:これは、神を信じるかどうかか、非宗教とは、無神論のことなのか、違うような気がする。
  9. 生と死のあいだ:これは、要するに、肉体を纏っているかどうかの違いなのだろう。

 という、実りのないダイコトミーであるが、思索を深める1つのきっかけにしたいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/301

About

2007年7月19日 13:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秀才は作れるか」です。

次の投稿は「ペンネームの由来」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。