« 対偶命題 | メイン | アスペルガー症候群 »

宮本茂

 雑誌に、任天堂の宮本茂のインタビュー記事が載っていた。彼の名前は漠然と知っていたが、「スーパーマリオ」、「ゼルダの伝説」、「ドンキーコング」などの一連のヒットキャラの作者であるとは知らなかった。
 インタビューで、一番インパクトがあるゲームは何だったか、と聞かれて、彼は、「スペースインベーダ」だと、答える。これに出会っていなければ、ゲーム作者になんかなっていないだとう、という。
 ニンテンドーDSの成功に続いて、現在、彼はWiiの普及に力を注ぐ。実際、この加速度センサーを備えたツールは、また新たにゲームに今までと違ったパラダイムを導入した。そのWiiの世界は今発展途上で、どんな応用があるか全貌が見えない。
 宮本茂は言う、今までゲームはポップ・カルチャだったが、今後は一般社会に浸透していく、と。ということは、ゲームがビジネスのツールの一部にもなっていく、映画のように正統な芸術として認められていく、ということであろう。セカンドライフをみていても、単なるゲームではなく、そこでビジネスが展開され得るような仮想世界を構築しようとしていることが分かる。なお、ビジネスが展開されるということは、アバターを使って効果的に商談を行う、という意味と、リンデンダラーを使った、支払いも含めた交易システムを提供する、という2つの意味がある。Wiiのようなツールは、仮想世界での有効なインターフェースを与える可能性を秘めており、任天堂は、宮本茂は、当然それを視野に入れているに違いない。
 ところで、宮本茂は、Wiiの発明者なのか、と疑問をもった。そこで、調べてみると、特開2007-83024、特開2007-80002、特開2007-54114など、数件のWii関連と思われる任天堂の特許公開公報があるが、宮本茂は、発明者として入っていない。ちなみに、宮本茂自身は、1997年以降、50件もの任天堂の特許の発明者であり、彼の現在の専務取締役という地位に鑑みると、以前は実開発者であったが、現在は、更新の育成、広告塔、渉外などの役割に移行したものと推察される。ただ、彼のゲーム鑑識眼は衰えておらず、寧ろ、彼こそが、任天堂のストラテジーを取り仕切る者であろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/304

About

2007年7月21日 22:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「対偶命題」です。

次の投稿は「アスペルガー症候群」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。