« 2007年7月 | メイン | 2007年9月 »

2007年8月 アーカイブ

2007年8月 1日

タクシードライバー

 最近、疲れ気味で歩くのがおっくうなせいか、タクシーを使うことが結構ある。
 それで、私のタクシーに乗る楽しみといえば、雑談である。私は先ず、最初タクシーに乗ると、「最近、忙しいですか。」と水を向ける。すると、みんな、「ええ」くらいは言ってくれるが、そこで、有意義な会話をつなげてくれる人が、だいたい3割くらいで、そうでなければ、話し好きでないと見なして、黙っておくことにする。
 で、当たり前でかもしれないが、かなり年輩の運転手の方が、経験豊富で、話が面白い。それでも特に、おお、と引き込まれるように面白い話をしてくれる人に何人かであったことがあり、よく聞くと、よく知られた会社に勤務していたが、リストラで退職金割り増しを提示されたので、見る聞くなしで申し込み、こうしてタクシーの運転手をしている、という。その人は、コンピュータ・メーカに勤務していた人は、PCは自作する、英語のマニュアルを読みこなして、問題解決するなど、私も敵わない、と思った。また、別の人は、外資系に勤務していて、英語もぺらぺらで通訳の仕事もしていたという。「お地蔵さん」とか、どう英語で説明するか考えましたよ、という言い方は、いかにも本当に英会話で苦労したとしか思えない。
 ということで、リストラされるから無能とは限らない、ということを改めて感じた。また、そういうタクシードライバーは、いやあ、おまけ付きで退職できて、こうやって、好きな車ころがしていられるんですから、幸せですよ、とまでいう。
 私にはよく理解できないが、車の運転が好きなら、タクシードライバーは、マイペースで仕事できるし、なかなかいい商売なのだという。
 ただ、別の人はこうも言っていた。ずっと運転するのは神経を使う。こういうことを続けるためには、ある種の鈍感力が必要ではないか、と。また、別の人は、事情があって会社を辞めてタクシードライバーになったけど、月収が20万円もない。食べていけませんよ、とこぼしていた。
 以上のことから、ある年齢になって、リストラされるとか、会社を退職した人で、退職金などでお金に困っていない人なら、また、運転が好きで、マイペースで孤独でもやっていける人なら、タクシードライバーもよい仕事であろう、と。
 そうして私的には、いろいろな経験をしていて、人生の辛酸をなめ、話術にたくみな人がよい。もしそういう人がいて、指名できるなら、そういう人のタクシーに乗りたいと思う次第である。

2007年8月 2日

チェッカーの計算尽し

 新聞によると、カナダの大学が、50台のコンピュータを、18年稼動させて、チェッカーの全ての場合を数えつくし、チェッカーは最善を尽くすと引き分けになる、という結論に達したという。なんと、アボガドロ定数にも迫る、5 * 2020の場合を計算したという。
 数年前には、チェスで、コンピュータが世界チャンピオンを負かし、将棋も、コンピュータがアマチュアトップに匹敵するようになった、という現実はあるが、しかし、このようにゲームを調べ尽くす、という意味では、将棋よりは場合の数が少ないチェスでも、到底無理である。ましてや、将棋や囲碁となると、先は霞んでいて、全く見えない。もし将棋が完全に極めつくされたら、例えば、初手は、16歩が最善だったりするかも。それに対して、14歩は、先手勝ち、とかいうことになるのだろうか。
 さて、チェッカーの次に極められそうなゲームとして、オセロがある。これは、場合の数が、1022程度で、並列コンピュータをぶんまわせば、何年かで決着がつくのではなかろうか。そもそも、オセロは、手数が固定収束なので、コンピュータには一層やりやすかろう。
 また、数年前から、公開鍵暗号を高速で解くと喧伝される、量子コンピュータができたら、こういうゲームの計算の分野で、さらなるブレークスルーが起きるのだろうか。いや、プログラミング自体がなかなか、おっつかないものと思われる。実は、最初に戻って、たかがチェッカー程度にコンピュータがそんなに難渋するの、というのが素朴な疑問である。ということは、将棋ですら、極めつくすのは、人類が続く範囲では難しそうである。人類自体、生き延びるのに苦労しそうであるからである。

2007年8月 4日

建築工事差し止め

 テレビの報道によると、漫画家の楳図かずお氏の建設中の建物が、近隣の景観を損なうとして、近隣住民が、建設工事中止を求める仮処分を申請したという。そもそも、民法の一般的な不法行為では、差し止めは認められない。日照権を侵害する建物の工事に対する差し止めもよほどでなければ認められず、せいぜい、賠償金で済まされるのが常のようである。
 もし、近隣の景観を損なうとして建設工事中止を求める仮処分を申請するとして、その根拠はどのような法律なのだろうか。建築基準法を眺めてみても、地方公共団体による許認可の規定はあっても、住民が訴える根拠の条文はないはずである(よく知らないが)。話は違うが、米国でのeBayに対する特許侵害差し止め訴訟の例をみても、国家は最近、差し止め訴訟にとても慎重になっている。よって、常識で考えて、その差し止め仮処分は、認められないであろう。
 では、楳図かずお邸は、どんなひどい景観をもたらすのか。彼の別荘の写真から類推するに、それは、赤と白のストライブが入った壁面で、確かに少し奇抜であるが、日照権を侵す訳ではなく、また、異常な騒音や臭いを発する訳ではなく、察するに、楳図かずお=恐怖漫画の作家で、不気味という印象が強いのではあるまいか。私は、子供の頃、氏の蛇女の漫画を読んだあと、しばらく一人でトイレに行けなかったほどであった。
 かくのごとく、イメージのもたらす効果は大きい。それだけではないのだ、と近隣住民にしかられそうであるが。

2007年8月 5日

どんびき

 テレビを見ていたら、現代流行用語で、「どんびき」というのがあるようだ。私は、この用語の話者でないので、正確なニュアンスはわかりかねるが、どうも、「気持ちが萎える」みたいに意味らしい。数年前から「引く」という言い方があり、どうも気が引けるとか、怖気づくとか、気持ちを他に向けたくなるとか、気が進まないみたいな意味らしいのだが、この「引く」との絡みで、「どん」を強調の意味に理解して、「どんびき」を「ものすごく気が引ける」という意味かと思っているが、そうであるような、ないような、やはり正確なニュアンスはわからない。
 また、面白いと思った現代用語に、「どんだけ」というのがある。例えば、他人を悪く言うときに、「あいつは、どんだけ自分が偉いと思っているのか。」みたいに言うことがあるが、その「どんだけ」のところだけ取り出して、後はぼかす、このニュアンスが面白い。単に「どんだけ」だけ言うことによって、「どんだけ」何なのか、人によっていろいろと想像するだろう、この曖昧さがいい。
 さらに、もうすっかり若者に定着した言い方に、「微妙」がある。これもニュアンスを言い表すのが難しい。聞いているとどうも、少しネガティブなニュアンスのようである。「この服、似合う?」 「ううん、ビミョーかも」。ということでまるっきり駄目というのではないが、趣味に合わない、という意味もあるようだ。全然話にならないようなことも、「微妙」でぼかやす言い方もあるようだが、この辺も分からない。
 よって、私にとって、このような現代の単語は、丁度、英語の単語で、辞書的な意味は一応分かるのだが、正しい用法とか正確なニュアンスはと゜うも掴めない、というあの感じに似ている。
 言語というのは、このように、時間的にも、地理的にも、独自の変容を遂げて、それから距離のあるものがどんどん理解困難になる。だからバベルの塔は必要なく、もし最初が単一の言語からスタートしても、言語は、時間と場所の差で、カオス的に、必然的に多様化していくのである。
 

岩田達明

 私は毎日新聞を購読しているが、今、囲碁欄では、若手の花形、井山裕太七段と、岩田達明九段が対戦している。これはとても画期的なことである。もちろん、井山ではない。彼は弱冠17歳であるが。既にその強さは折りつきで、それ自体にニュース価値はない。
 私がすごいと思うのは、岩田達明、既に81歳である。囲碁のプロはあまり競争が激しくないので、半ばレッスンプロを決め込めば、健康が許す限り、負け続けても現役プロ棋士を続けることはできよう。
 ところが、今の井山対岩田は、本因坊リーグ採集予選、すなわち、ここまで来るには活きのいい棋士を何人も負かさなくてはならず、それは、とりもなおさず、岩田の棋力が、ばりばりの現役であることを意味する。このように高齢で高い実績を維持していた棋士として、囲碁では、橋本宇太郎がいる。
 では、高齢でも高い実績を残すための必要条件は何なのだろうか。まず、それは必ずしも棋風ではない、というのは、橋本は、豆を蒔いたような軽妙な碁であったが、岩田は剛直である。すると、先ず必要条件としては、清廉な活き方、があると思う。要するに、智謀政略で生きていないということである。そのような例としてまず浮かぶのは、米長邦雄である。彼が当代の一流の才能の持ち主であることを疑う人はあるまい。しかし、彼は今60代であるが、彼の将棋が最早、とるに足らないレベルに堕ちてしまったことは本人が一番よく知っているであろう。一方、加藤一二三や内藤国雄をみるがいい。70歳前後でいまだにB2を維持している。これは、とても驚異的なことで、羽生でさえも、その歳で、彼らの棋力を発揮できているか、はなはだ怪しいのである。
 あとは、暴飲暴食しないこと。この点、内藤国雄はどうなのだろうか。注意した方がよい。
 それと本質的なことは、やはり、囲碁と将棋の違いであろう。囲碁は将棋よりも局面が広いが、その分、ぎりぎりまで読まなくても感覚で済む場合が将棋よりも少なくないのではないだろうか。すると、ある程度浅読みで済むので、高齢になっても若手に対抗できる。ところで、今のコンピュータ囲碁は、コンピュータ将棋と違って、まだレベルが低いが、このあたりの形というか筋のヒューリスティックを入れて、なんとかプログラムできないか、と思われる。
 最後に、岩田や加藤一二三のように歳とっても活躍したいなどと、常人は願ってはいけない。それは、神が、運命が決めるもので、それを願うというのは、とても深い煩悩である。それを願わない、ということを、彼らのように活躍できるための必要条件に挙げたいほどである。

2007年8月 6日

西垣 通

 久々に、西垣通の本を読んだ。「ウェブ社会をどう生きるか」岩波新書、である。ずっと昔、「マルチメディア」という本だったかを読んで、科学哲学的な論調に好感をもっていたが、なぜか、10年以上、彼の本を手に取ることもなかった。
 今回の本の趣旨は、ひと言でいって、「反Web2.0」である。私なりの至極勝手な要約は、次のとおりである。
 まず、情報は伝わらない、ということ。Googleであれ、Web2.0であれ、要するに、情報は小包のように届けることはできない、ということである。確かに、Web2.0では、情報は、知って、それで完結する、ということが仮定されている。例えば、梅田望夫氏などは、Web大学を想定し、それでほとんどの科目がインターネット上で学べる、というようなことを言う。しかし、とても非物質的な科目である数学ですら、面と向かった議論で切磋琢磨しないと理解できないこともあろう。なかなか、真に理解する、といういことは、日本の人口が何人になったとか、○○の犯人は誰だ、とか、Webで眺めて知る以上のことが大きい、ということである。言い換えると、暗黙知は伝えられない、ということか。
 次に、Web2.0は、10年以上も前の、素朴な人工知能理論の繰り返しである、と西垣氏は説く。それは、一神教の伝統である、とも説く。素朴な人工知能理論とは、知識を沢山集めて、コンピュータで処理すれば、おのずとすばらしい知能ができあがる、というものである。しかし、実は、鳴り物入りでデビューした人工知能の研究は、結局確たる成果をもたらさなかった。Web2.0もそうではないか、といわれると、説得力がある。
 また、Web2.0は、エリートのためのシステムにすぎない、とも説く。確かに、Googleには、紛々たる知性エリート主義が見える。
 結局、Web2.0は、オートポイエティック(自己創生的)な生物の概念に馴染まない、それは機械論的だから、ということになる。
 ただ、西垣氏も、一極集中型の構造を緩和して、地方を強化する目的には、Web2.0は馴染む、と説く。これはまさに、失敗したという人工知能の研究も、その成果は、翻訳システムなどに取り入れられて脈々と活用されている、という程度に、Web2.0も、インフラとして活用されるであろう、ということを意味する。私は、西垣氏の著書をそう読んだが、どれほど当たっているだろうか。
 それと、この著書は、Web2.0の本が与えるような、底抜けの明るい未来は描かない。で、沈んだ気持ちのときに元気にしてくれる効果はないが、リアリティというのは、そうしたものであろう。Web2.0なんて、話半分で、ロックミュージックを聴くように酔えばいい、とも言える。

2007年8月 7日

朝青龍、厳しすぎないか

 新聞などの報道によると、相撲協会から最近受けた処分に関して、朝青龍は、悩んで鬱病状態にあるという。確かに、怪我を理由に巡業を休んで、故郷のモンゴルに帰り、そこで中田英寿とサッカーをしてことを報道されたことが、日本相撲協会の逆鱗に触れた、という訳である。
 確かに、怪我で帰省中に、スポーツに興じるとは、とても不謹慎であるが、しかし、二場所連続の出場停止は、厳しすぎないか。せいぜい一場所であり、私的には、始末書を書いて平謝りに謝るので許してもよいと思う。どうも、その背景には、普段の言動の横綱らしくなさ、という点で、日本相撲協会に不満が球ってり、これはよい機会と、重罰を課したように思われる。また、世の中は、コンプライアンス強化流行りであるが、日常的にコンプライアンス遵守がきちんと行われているかどうか、なかなか外部から覗い知る機会はない訳で、もしあるとすれば、なにかの不祥事に対して、厳罰でのぞみ、このような厳しい態度をとっているのだから、当部門、当協会は、とても統制のとれた組織なのである、とアピールする意図であろう。
 このことは、日本スケート協会にも言える。というのは、織田信成のバイク飲酒運転事件に対して、国際大会5カ月停止、国内競技会は三カ月の出場停止とし、連盟の特別強化指定選手も五カ月間解除という厳しい処分を下したからである。バイク飲酒運転事件は、確かに道路交通法違反である。しかし、人身事故を起こした訳ではない。四輪でもない。ここまで、厳しい処分を下す、というのは、数年前の日本スケート協会の不祥事を、なんとか厳罰で払拭しようとしている、としか思えない。
 しかし、冷静に考えてみるがいい。朝青龍に厳罰を下すことで、日本相撲協会はどれくらい信用を回復したのか。日本スケート協会もどうなのか。世間に、やりすぎではないか、という静かな反応を巻き起こしているだけではないか。
 厳罰のよくない点というのが少なくとも1つあって、よくないことの責任を集中させることで、他の人の悪さを隠してしまう点である。例えば、朝青龍のスキャンダルで、中田英寿はどうなのか。私は、朝青龍と同じくらい軽率であると思う。そもそも、中田英寿の引退の仕方も、私は気に入らない。ワールドカップで、他のメンバーとチームワークがうまくいかず、そのせいではないのだけれども、日本が予選を通過できないと、むくれて突然引退してしまった。これは、とても子供じみた行為ではなかろうか。それで、世界を旅して、何を学ぼうというのか。つまみ食いのような世界旅行にどんな意味があるというのか、そんなことをするなら、山に籠って瞑想してもしたほうがよっぽど意義があろう。
 と最後は脱線してしまった。で、結論。厳罰のための厳罰は止めて、何が真にメリットをもたらすか、何が妥当な処分なのか、相撲協会も、日本スケート協会もよく考えてほしい。厳罰に、何の哲学も見えないのである。

2007年8月 8日

将棋脳とコンピュータ

 新聞によると、理化学研究所と富士通が、将棋を指す人間の脳と、コンピュータとの本質的な違いを共同で研究するという。このため、将棋連盟の米長会長は、連盟の一流棋士を積極的に参画させるという。
 ただ、私的に感じるのは、そのような研究はなるほど、大脳生理学的に意味があるかもしれない。しかし、コンピュータ・サイエンス的にはどうか。というのは、将棋を指す人間の脳の働きをきちんと記述できる道具立てが、コンピュータ・サイエンス的に可能かどうか、とても疑問だからである。今から20年くらい前、LISPだのPROLOGだの、第5世代コンピュータ言語としてもてはやされたことがある。しかし、結局、人間の知性解明というところには、ほとんど貢献できなかった。LISPはともかくとして、PROLOGは今となっては、ほとんど聞かない。
 次に現れたのが、ニューロコンピュータである。これは、脳のシナプスの発火機構をシミュレートし、ある種の文字認識アルゴリズムには、貢献した。しかし、やはり、脳の基本的な働きの解明に貢献した、という話をあまり聞かない。
 このように死屍累々なのは、技術というものの本質的な欠点ではあるまいか。
 例えば、機械翻訳1つをとってみても、多くの研究にも拘わらず、7割程度の精度の翻訳しかできていない。これは、コンピュータの本質的欠点で、文脈や係り具合を特定できないからである。今は発展途上で将来は、というよりも、そこに本質的困難がある、というのが、この分野の研究者の意見であろう。そもそも、最早、機械翻訳の研究は、研究の名では呼ばれにくくなっており、適切には、開発であろう。
 このような背景から、将棋を指す人間の脳と、コンピュータとの本質的な違いの目指すものが、私にはどうしても見えない。
 また、個人的には、将棋でなく、科学理論を解明する脳の働き、脳がもつ必然的な残虐さ、利他性の発露のようなことの方が、100倍も重要だと思うが、それはチャレンジングすぎるので、とりあえず将棋なのだろうか。一アマチュア将棋ファンなのに、なぜかあまり興味をそそられないのである。

2007年8月11日

震洋と桜花

 毎日新聞で、特攻の兵器について特集されているが、あまりにも物悲しいのは、震洋と桜花である。先ず震洋。木製のモータボートのような船の先端に、爆弾が付いているだけである。確かに、回天のように、ハッチを閉められ、潜水艦式で自力で出れないとなると、不退転の決意をせざるを得ず、いろいろな意味で息苦しい。しかし、震洋のように、下手な漁船にも劣る装備で、特攻をさせられるのは、また別の惨めさが溢れる。実際、このような船が戦艦や駆逐艦に近づくと、一発で見つかって迎撃されてまう。しかし、こちらからは衝突する以外に何の攻撃手段もないのである。まさに、晒し者。
 桜花も、酷い。一応飛行機ではあるが、そもそも、自分で離陸する機能をもたない。では、どうするかというと、他の飛行機に、文字通り爆弾を抱えるように抱えられて、敵艦に近づくと、放たれる。そこからは、桜花に乗っている特攻隊員が自力で操縦するのであるが、そもそもが爆弾の塊であって、航空機能が乏しいので、敵のレーダーに見つかっても、方向転換もできない。簡単に迎撃されて、ほとんど成果をあげられなかった。連合軍はこれを、BAKA BOMBと呼んだという。BAKAは、日本語のバカである。
 このような貧しい特攻兵器をみると、敵にいかに被害を与えるか、という成果主義ではなく、何でもいいので、死ぬことに意義がある、というような虚しい精神主義を感じる。それはまさに、特攻を仕切った、大西瀧二郎の発想でもあった。
 先日は広島と長崎の原爆記念日であった。このような殺戮兵器を、多数の非戦闘員に用いることは甚だしい国際法違反であり、人倫に悖る。しかし、特攻を仕切った人々は、原爆を開発した人達、原爆投下を決定した人々に比べてどれだけ上等なのか、そもそも比べるべくもない虚しい問いかけをしてみるのである。

2007年8月13日

クローン豚

 新聞によると、クローン豚の体細胞からクローンを作る反復生産で、第4世代のクローン豚を作ることに成功した、という。すなわち、豚の唾液腺の細胞核を、核を抜いた未受精卵に移植してクローン卵を作り、雌豚の子宮に入れて出産させる、ということを繰り返すのだが、2、3代で、寿命の縮みを示すテロメアの短縮は、窺われなかった、という。数年前のドリー羊では、こんなに世代を経ることができなかったので、なにかしら技術革新があったに違いないが、どのような革新があったのか、新聞には触れられていない。紙面の制限か、専門的すぎるのか、あるいは、こういう技術情報は、詳しく説明することに支障があるかのどれかであろう。
 それで、このような技術に鑑みると、倫理的には許されないが、人間に適用できないと考える理由はない。すると、死者であっても、一部の細胞が生きて得られると、クローン人間が作られることになる。
 では、自分と同じ人間を作ることができる日が来る、と考えると、それは違うと思う。すなわち、そのようにして作った人間は、なるほど、もとの人間と同じ遺伝子をもっており、よって、一卵性双生児のように、もとの人間と同じ風貌を呈するであろう。また、同じ遺伝病の素質ももつであろう。しかし、もとの人間がもっていた経験や才能は引き継がれない。というのは、そもそも、経験というのは、生まれて経験したことの集積なのであるから、クーロン氏が新たに経験しなおさなくてはならない。それは、おそらく、もとの人間と全く違うものとなろう。
 また、人格も、スピリチュアル的な観点から言うと、肉体に、ある霊が結合したものであるから、単に遺伝子が同一である、ということは、何ほどの同一性も意味しない。言い換えれば、われわれの記憶の大部分と才能は、この現実世界外にある、霊的なサーバから供与されているので、肉体をいくら精査しても大したことは分かりはしないのである。そういう観点からは、クーロンは甚だつまらないもの、ということになる。
 そういう前提があったとしても、有性生殖を経ない生物は、遺伝子の多様性を生み出さないという点で、望ましくなく、そういう間接的な理由で、やはり倫理的にもよろしくない、ということになる。

2007年8月14日

痛覚について

 新聞によると、8月13日の朝6時頃、54歳の男性が、浜名バイパスで、バイクに乗って中央分離帯に接触、右足を膝下10cmのところで切断したが、それに気づかないで、その後2kmも走ったという。そこで初めて気がついた、というのであるが、一体そんなことがあるのだろうか。
 新聞には、痛みが強すぎて、感じられなかった、とも書かれている。それもにわかに信じがたい。ただ、私には下記のような経験がある。昔、A型肝炎を患って、入院したことがある。その病院は随分野蛮で、腹鏡といって、お腹に穴をあけ、肝臓の細胞を採取する、という検査を行うしきたりがあり、その時点で、その病院に入院したことを後悔したのだが、それが、部分麻酔で、虫垂炎に手術なみの規模なのであった(だから、大したことがないともいえる)。
 ただ、医師は、手術後、動いてもいいよ、という。それで、夜中にトイレに行きたくなったので、一代決心して起き上がってみた。すると、施術の傷跡に激痛が走った。幼少の頃から病院経験が少なくもない私にとっても、その時点で人生最大の痛みであった。ただ、気を失わなかったので、大したことがないとも言える。
 そのことをあとで友人に話したら、人間が感じられる痛みには上限があるのではないか、などと呑気なことを言う。ただ、今にして思えば、もっと強い痛みなら、気をうしなったので、あれは結構感じられる上限の痛みなのかも、と思わないでもない。
 その意味で、上記のバイク事故の場合、いきなり、人間が感じられる痛みのレベルを超越してしまったのだろうか。
 それに関連して、戦中に特攻で死んだ人の手記を読んだことがある。すると、多くの人は、死ぬときにとても大きい苦痛があるのではないか、という恐れを抱く。少し膝をその辺で打ち付けたくらいでとても痛いので、その類推は尤もであるが、おそらくは、特攻の最大の苦しみは、この世からいなくなる、ということの不安であろう。ドフトエフスキーだったか、偽りの死刑執行宣告をして、直前になって、実は死刑執行は中止である、と宣告する、というとても酷い試みをした皇帝がいたという。これの巻き起こす不安は、きっと、どんな肉体的苦痛にもまさって、それにより発狂する人もいたという。
 こうしてみると、人間は、何よりも肉体的人間ではなくて、心的人間であることが理解される。肉体的苦痛が大したことないなんて、私は言えない。しかし、肉体を支配するものが精神であることを、改めて感じるのである。

鉄腕、中原

 先日、NHK杯戦の将棋をみていたら、中原対平藤であった。大抵の常識としては、いかに中原に実績があるとしても、まあ、若手の方が勝つだろう、と思っていた。
 果たして、平藤の角交換力戦向飛車に対して、中原は、玉を囲おうとしない。どうするのだろうと思ったら、突きこされている9筋から、逆襲で、歩交換をした。この時点で何をするのだろう、と思った。というのは、後手は、銀冠に組めるので、普通、こちらからの端攻めは無理である。ところが、無謀にも、中原は、飛車を9筋に廻す。そうして、無理やり、85桂とはねて、手を作ろうとする。解説の桐山も言っていたが、だいたいこうした攻めは無理である。せいぜい、飛車、桂馬、香車の攻めであり、銀冠が頑張っている。
 ところが、無謀にも、中原は、これを手にしてしまう。そうして、ついに押し切ってしまった。往年の中原対大山を見るようである。すなわち、大山は、受けに自信があるので、この局面ではまだまだと思ってしまう。ところが、中原が、いかにも無理そうな攻めを繋げてくるのである。で、はっと気づくとどうしようもない劣勢に陥っている。中原の本質は、自然流ではなく、この鉄腕の無理攻めであった。この力強さに、流石の米長も、とうとう及ばなかった。ただ、中原の最大の汚点は、この無理攻めを実生活で、林葉直子にしてしまったことである。確かに、敵陣は突破できたが、駒損があまりにも大きく、退散するよりなかった。ただ、林葉も、未だにペースをつかめないでいる。すると、中原は、流石の手腕で、なんとか劣勢を収集した、ということになるのかもしれない。

2007年8月17日

伝統の力

 高校野球を見ていて、伝統の力とは何だろうと考える。例えば、今年神奈川代表で甲子園に出場した、桐光学園。昔、ドカベンとかいう野球漫画で、「神奈川を制するものは全国を制する。」という言葉があった。それは、神奈川は、全国で最大の予選を勝ち抜かなくてはならず、また、レベルも高いからである。
 しかし、厳しい予選を勝ち抜いた桐光学園は、一回戦で、優勝候補でもなんでもない、宮崎の日南学園にあっさり(でもないけど)、負けてしまった。これが。横浜だったり、東海大相模だったりしたら、勝っていたのではないか、と思うのは私だけだろか。
 そう思わせるのは、伝統の力と、甲子園における実績である。では、伝統とは何か。一言でいうと、勘違いでもいいので、レガシーを背負っていると思うこと、儀式化されたもの、籠められた暗黙知である。
 そういうレガシーが甲子園で力を発揮するのは、甲子園がまた、レガシーと伝統の場所だからである。まさに、「思い過ごしも恋のうち」という歌があったが、「思い過しも伝統のうち」で、自分達が伝統校であるという錯覚は、場合によって、何ほどか力を発揮するに違いない。
 ところがである、伝統が足をひっぱることもある。それは、ここ3年の、駒大苫小牧の快進撃である。少なくとも、駒大苫小牧には、拠るべき伝統はない。しかし、独自の工夫と、昨年の田中投手のように遠方からも集まった優秀な選手により、一躍、野球名門校にのしあがった。これはまさに、伝統がないがゆえの、アメリカ的強さである。
 こうして高校野球は、伝統を中心にして廻り、それを乗り越えるか、それに拠るか、勝ち上がるためには、その二つに1つである。ん? 何か意味がある命題になっているかな?

ジュンク堂と紀伊国屋書店

 私は、基本的に都心の雑踏を嫌悪するが、数ヶ月ぶりに、新宿に行った。それは、ある専門分野の書籍を買うためである。すなわち、Web2.0とかいって、Amazon.comもそうであり、Web2.0のスローガンに、ロングテールがあるので、かなりマイナーな本も、アマゾンに揃っているであろう、というのが1つの仮定である。しかし、分野によっては、かならずしもそうではない。例えば、私が今回買おうとした、音声工学という専門分野では、アマゾンで検索してもほとんど本が出てこない。よって、大きい書店で、目視で探さなくては、ということで、重い腰を上げて、新宿に出向いた。
 以前にも述べたように、どうも新宿のジュンク堂は、日本一の蔵書点数を誇るようなので、先ずジュンク堂に向かった。ところが、なかなか音声工学については、品揃えがとても乏しい。そこで、近くの紀伊国屋に行ってみたら、少なくとも音声工学の分野では、ジュンク堂よりずっと充実していた。そこで、ジュンク堂 > 紀伊国屋 みたいな仮定は、どうも必ずしも妥当でない、という当たり前のことが今更分かった次第である。
 すなわち、これだけさまざまな本が氾濫し、多様な分野があると、どれだけ物理的に蔵書スペースを増やしても、どうしても手薄な分野が出てきてしまう、ということである。
 それでも、このような巨大書店は、その点数の多さで、いろいろな人の要望にこたえることができ、また、出版社からしても、有力なカスタマであることは疑いない。しかし、苦しいのは、全国に1万数千軒あるという、個人経営の書店である。そもそも何が問題かというと、個人経営の書店には新刊本が行き渡らなくなった、という。理由は明白で、出版社は、返本になるのが怖いので、よほどの本でないと、1万部以下しか発行しない、すると、これは、全国の小売書店の数よりも少ない、ということである。
 こうして、個人経営の書店はどんどん見向きされなくなり、インターネットでの注文がメインになると、経営が続かなくなる、という次第である。1つの方法は、ある分野に特化することであるが、例えば、田舎で、歴史本に特化したとしても、大して売れるとは思われない。すると、せいぜいが、雑誌くらいしかおけなくなって、そんなのはコンビニでも買えるので、ということになる。あ、そうか、コンビニの一角を本屋にすればいいのかも。雑誌以外にも、ちょっと講談社新書や岩波新書を置く、という手もある。既に、セブンテレブンだったか、本の取次ぎをやっている。ただ、こういうアイデアしかないのは、やはり哀しい。

2007年8月20日

道仁会と誠道会

 ニュースによると、九州最大の暴力団組織である、道仁会の松尾義久会長が、対立する誠道会の者と見られる刺客に、福岡市中央区の路上で、射殺された、という。ことの発端は、昨年5月、道仁会の跡目相続問題で、村上一家(福岡県大牟田市)が離脱して、対立する誠道会に走ったことで、道仁会と誠道会の抗争が激化した。
 このようなニュースを見ると、どうしても、山口組と一和会の壮絶な抗争を思い出さざるをえない。山口組と一和会の抗争も、もとを質せば、山口組の田岡組長亡き後の跡目相続問題であった。それで、若頭の竹中正久が跡目を継いだことで、組長代行山本広らが、反発して一和会をつくった。
 このようにヤクザ社会では、絶対の権力をもつ首領が亡くなったり、引退したりすると、誰が後を継ぐかで、紛糾することが多い。ただ、紛糾するだけでなく、ゴムが弾けるように一団の人々が離れていく訳だから、ただでは収まらず、血で血を洗う抗争になることが多い。
 ただ、私は、反発して離れていく人達は、跡目上の正統性をもたないので、一時は優勢でも、次第にじり貧になっていく、と思っている。それは、一和会が結局、消滅してしまったことからの類推である。
 しかし、誠道会の後ろには、山口組のサポートがあるようだ。これは、道仁会の、山口組との抗争史の遺恨に基づく。
 ところで、イラクの自爆テロで、一度に200人以上が殺される時代に、拳銃で、相手組織の頭目を追跡して仕留めることは、最早古典的な殺人である、といってよい。実際、イラクで起こっていることをエミュレートして、トラックに爆弾を搭載して、相手の本部に突っ込む、というような荒業も、なくはない。しかし、時代は変遷しても、ヤクザにはヤクザの仁義とプライドがあり、ある一定の枠組みの範囲内でしか、相手を追い詰めない。そこに美学をみる、といったら、大変誤解を招く。しかし、米軍に比べて、合理性はないが、いささかの美学はあるのではないか、とあえて言ってみたいのである。

2007年8月25日

急所で負ける羽生善治

 将棋連盟のサイトを見たら、羽生が、竜王戦挑戦者決定戦の1つ前で、佐藤棋聖に負けていた。王位戦の方は、深浦に追い詰められ、ほとんど皮一枚である。一体どうしたんだろう、と思うが、そういえば、数年前も、1冠だけになって、あやうく無冠というときもあった。それから一時は四冠まで復活したが、不思議なのは、アマチュア・レベルで、私や、将棋仲間の友人で、羽生はもう駄目なのか、と懸念してみても、プロ間では、羽生ブランドが不滅であるように見えることである。
 やはり、実際に戦った者は、羽生の強さが身に沁みているのだろうか。それとも、宣伝効果として、将棋連盟は、羽生最強神話を維持しなくてはならないのだろうか。私には、後者に思えてならない。組織には、どうしてもカリスマが必要で、そのためには誰かを奉る必要があるのだろう。そして、将棋連盟の顔は、当面、羽生以外になかなか代替が見つからないのだろう。
 で、一体、羽生は悔しくないのか、その淡々たる様子からは、窺えない。やはり大物か。

2007年8月26日

ブッシュ演説

 ブッシュ大統領は、8月22日の演説で、下記のように言う。

I'm going to describe why helping the young democracies of the Middle East stand up to violent Islamic extremists is the only realistic path to a safer world for the American people.

 要するに、米軍がイラクに駐留するのは、中東の若き民主主義者たちが、イスラム過激派に向かって立ち上がるのを支援するためである、ということを主張している。

If this story sounds familiar, it is -- except for one thing. The enemy I have just described is not al Qaeda, and the attack is not 9/11, and the empire is not the radical caliphate envisioned by Osama bin Laden. Instead, what I've described is the war machine of Imperial Japan in the 1940s, its surprise attack on Pearl Harbor, and its attempt to impose its empire throughout East Asia.

 そしてここで、オサマ・ビン・ラディンと天皇を類似視しようとする。

Ultimately, the United States prevailed in World War II.

 結局、米国は第2次大戦で勝利を収めた。それは事実。また、ブッシュはこの後、米国が、日本、朝鮮半島、アジアに民主主義をもたらした、と主張する。

There are many differences between the wars we fought in the Far East and the war on terror we're fighting today. But one important similarity is at their core they're ideological struggles.

 これは、本当にそうなのか。日本は狂信的神道主義者で、イスラム原理主義者と並び称されるのか。

Some said Japanese culture was inherently incompatible with democracy. Joseph Grew, a former United States ambassador to Japan who served as Harry Truman's Under Secretary of State, told the President flatly that -- and I quote -- "democracy in Japan would never work." He wasn't alone in that belief. A lot of Americans believed that -- and so did the Japanese -- a lot of Japanese believed the same thing: democracy simply wouldn't work.

 あんなことがあっても、日本の民主化は成功した。いんやイラクをや、という論理か。

Those who said Shinto was incompatible with democracy were mistaken, and fortunately, Americans and Japanese leaders recognized it at the time, because instead of suppressing the Shinto faith, American authorities worked with the Japanese to institute religious freedom for all faiths. Instead of abolishing the imperial throne, Americans and Japanese worked together to find a place for the Emperor in the democratic political system.

 またしても、神道が、妨げになると思った、というのか。神風アタックは、神道のせいなのか。大西瀧次郎らのアイデアにすぎないのではないか。そもそも、狂信的神道主義者など、日本にほとんどいない。そもそも、日本はともかくも、civilized nationで、長い歴史を持つ。イラクは、イギリスその他の欧米列国による人工国家なのではないか。社会インフラが違いすぎる。ただ、確立した社会インフラをもつ日本がどうしてあのような世界大戦の奔流に流されていくのか。それは今でも、とても疑問である。

Finally, there's Vietnam. This is a complex and painful subject for many Americans. The tragedy of Vietnam is too large to be contained in one speech.

おお、ついにそこに来たか。で、ベトナムに関しては歯切れが悪く、あままり意味のあることが言われていない。

Despite the mistakes that have been made, despite the problems we have encountered, seeing the Iraqis through as they build their democracy is critical to keeping the American people safe from the terrorists who want to attack us. It is critical work to lay the foundation for peace that veterans have done before you all.

で、これが、イラクに米軍が駐留し続けるjustificationなのか。あと、とても気になるのが、"free"とか、"democratic"とかいうことが、絶対善として、なにもきちんと定義されないで、使われていることである。それは、十字軍のいう、キリスト教の教義となんら変わるものではない。

Prevailing in this struggle is essential to our future as a nation.

 えっ、いまさら、prevailできるのか。それは、勝つまで止めないという、落ちぶれギャンブラーと何が違うのか。

 Exit strategyは何なのか、それはまだ、見えない。

2007年8月28日

責任をとる、ということ

 新聞によると、新しい内閣のメンバーが発表されていた。案の定、小池防衛大臣は留任していない。先日のインドネシアへの訪問の際、イージス艦の機密漏洩問題に関連して、誰も責任をとっていないので、その責任をとって留任しないとほのめかしていたが、そうでなくても、残されなかったであろう。防衛省内で、人事的に不適切な対応が目立ったからである。それでも、ブッシュ大統領に、日本は女性が防衛大臣になるまでに民主的な国家になった、と言わしめた、なんとも、名誉?なことであろう、あの大ブッシュに賞賛されたのであるから。
 で、話は「責任をとる」、ということである。イージス艦の機密漏洩問題が起きたとき、小池は、それとは全く関係ない地位にいた。また、防衛大臣着任後、イージス艦の機密漏洩問題に対して歯止めなどの、具体的な対策をとった、という話を聞かない。すると、小池は、イージス艦の機密漏洩問題は、因果論理的に、全く無関係であり、せいぜいその地位にあることから必然的に生じる、善後策の検討であろう。そういうことを全くせず、ただ退任を仄めかすというのは、せいぜいが無責任という言葉が適当で、どう論理的に考えても、責任をとる、とはいえない。
 これを一般化して言うと、何かの事件をきっかけに退任したり、甚だしい場合は自殺したりする、ということで責任をとることになる、といえるのはどんな場合があるのだろう。ちょっと考えても、なかなか思い浮かばないくらい難しい。もしあるとしたら、例えば、ある地位にあって何か責任ある仕事をしようとしていたAという人を、私が権力で押しのけて、閑職に追いやり、私が自分のやり方で、実行する、しかし、そのやり方がうまくいかず、結局、Aに謝って私が自分の地位をAに譲り、Aを補佐する立場になって、Aがうまくいくように協力する。これくらいしないと、責任をとったとはいえない。以前、日銀総裁であったか、失政の責任をとっと称して、高い退職金をもらって辞め、悠々自適の暮らしに入った人がいたが、そういう暮らしは、ある成果をあげた人に、恩寵として与えられるものでありこそすれ、責任をとるとか、懲罰的な色合いが全く感じられない。それを責任をとるといい、それを世間も認めるとはもってのほかである。
 責任をとる、ということで私が典型的に思い出す事件がある。それは、いまから30年以上も前、岩手県雫石の上空で、自衛隊機が全日空機に衝突し、自衛隊機を操縦していた飛行士は、パラシュートで逃れたが、全日空の乗客、乗員は全員死んでしまった、という事故である。その飛行士は大変なミスを犯してしまった訳であり、気の弱い人なら、「責任をとって」などと称して、自殺したであろう。しかし、飛行士は、自殺することなく、遺族一件一件を廻って謝罪する、という旅行脚をした。行く先々で、遺族から受ける非難は、通常の神経では堪えがたいものであり、自殺するよりある意味辛いかもしれない。こういうのが責任をとるといえるかどうか分からないが、少なくとも、責任をとろうとしている、と言えるであろう。
 かくのこどく、責任をとる、ということは大変なことなのであって、高々辞任くらいで責任をとった気持ちになってはいけない。甘すぎる、というべきである。

2007年8月30日

エロスとタナトス

 岩波新書「日本語の歴史」によると、今昔物語集の巻5の第1話に、次のような話がある、という。
 すなわち、僧伽羅という貿易商が、仲間とベンガル湾あたりを船で航行していたとき、にわかに逆風が吹いて、船は、とある南の島に流され着いた。一行は、意図しない島に着いて嘆き悲しんでいると、向こうから、美女が10人ほど、歌を歌いながらやってきた。見れば見るほど美しい女性たちであり、おのおの美女が誘うので、一行は誘われるままに、各々屋敷に入って行った。そして、それぞれが気に入った相手の美女と愛し合った。
 ところが、僧伽羅は不審に思った。そもそも、男が他に一人もいない。そこで、僧伽羅は屋敷内を歩き回り、恐ろしいものを発見した。なんと、屋敷の奥まったところに多くの人間が閉じ込められ、ある者は既に死に、ある者は瀕死で呻き、既に白骨化しているものもあった。美女の正体は、羅刹鬼であった。
 それで、一行は命からがら日本に逃げ帰るのだが、当の美女は、二年後にひょっこり、僧伽羅の目の前に現れた。経緯を知る僧伽羅は、斬りつけたが、女は逃げ、国王に取り入った。すると、その容貌に騙され、国王は美女と暮らし始めた。ところが、国王は案の定、食われてしまう。
 で、結局、僧伽羅は、その女を退治するとともに、兵を引き連れ、南の島に赴き、美女こと羅刹鬼を滅ぼしてしまう、という荒唐無稽なストーリーである。
 ただ、このストーリーに、単なるおぞましだけでなく、すさまじく妖艶なものを感じてしまうのは、私だけだろうか。そしてなぜか私は、先日の、ストーカー警官による女性射殺兼自殺事件を思い起こしてしまうのである。というのは、一般の男は、なかなか僧伽羅のように冷静になれない。特に美女であると、理性を失ってのめり込んでしまう輩がいて、その典型が、くだんの警官の制服を着たストーカーであろう。そうして、最悪の場合、至上の愛を、至上の死に結び付けてしまう。
 実は、性愛(エロス)と、死(タナトス)は、とても近いところにあって、人類の根源のタブーの1つであろう。こういう事情で、私はキリスト教の説く「愛」を、とても誤解を招くものとして、遠ざけたいのである。本来、その愛は、性愛ではないのだが、エロスと、タナトスを結びつけようとするパトスが蠢いていて、ときとして噴出してしまう。だから、仏教やエピクロスの説く欲望を滅却した世界を志向すべきと思うのだが、資本主義がそもそも、巨大なる欲望マシーンなのである。ああ、救いがたきは、人間。

2007年8月31日

哲学者の死に様

 ここで、哲学者として、ヒューム、ウィトゲンシュタイン、アインシュタイン、ゲーデルを挙げる。ちょっと待てよ、ヒューム、ウィトゲンシュタインはいいけど、アインシュタイン、ゲーデルは違うのではないか、と言われそうである。まあ、堅いことは言わないで、古代的、中世的な意味では、アインシュタイン、ゲーデルも、すぐれて哲学者である。
 で、何が言いたいかというと、皆、死に際して淡々としていることを単に言いたい。先ず、ヒューム。癌になり、助からないことが分かっても、最後まで友人に明るく振舞っていた。
 ウィトゲンシュタインは、その兄弟のほとんどを自殺で失うという変わった経緯にありながら、なんとか自殺しないでとどまった。おそらく哲学することが捌け口になったのであろう。しかし、彼は、癌になっても治療を受けることを拒否し、ぎりぎりまで、オックスフォードにとどまって友人と哲学を語った。凡そ、死の影におびえた様子はない。淡々と死んでいった。
 アインシュタインもそうである。その名声にも関わらず、アインシュタインも、晩年は厭世的になり、やはり癌だったと思うが淡々と死を受け入れた。
 ゲーデルは、天才にありがちの人見知りの強い性格で、晩年は、極端の人間不信に陥り、食べ物に毒が入っているとの懸念から、食事に口をつけず、餓死を選んだ。
 このように、哲学者は、死を恐れない。死を厭わない。生きながら、死と融和しているのではなかろうか。まさに、プラトンの「哲学することは、死を考えることである。」を地で行ったのが、上にあげた人々であろう。
 ただ、「死を恐れない。死を厭わない。」は、哲学者たることの必要条件でも十分条件でもないであろう。ただ、「人間は死ねばゴミになる。」と言った、伊藤某という検事総長がいたが、あのような輩が哲学者でないことは、どう控えめにみても是認されるのではないか。
 ということで、哲学者でなくても、私は、なるべく物質にとらわれず、淡々と死んで生きたい、とささやかに願うのである。

About 2007年8月

2007年8月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。