« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月 アーカイブ

2007年9月 1日

二重被爆

 広島と、長崎の両方で原爆の被害に遭うことを、二重被爆という。そういう用語を聞いたとき、そんなことはありえるのか、とふと疑問に思ったが、ホームページなどで調べて、その典型的なシナリオを見てみると、なるほど、ありえる、と思った。すなわち、三菱重工長崎造船所といえば、当時、軍艦建造の1つの拠点であった。ところが、広島県の呉もまた、別の軍艦建造の拠点である。
 山口彊さんという人は、三菱長崎造船所の艤装設計課に勤務して、広島の造船所に設計の応援に行っていた。8月7日が、長崎に戻る予定の日だった。しかし、8月6日の朝、広島で原爆に遭ってしまう。髪が燃え、体の左半分が大やけどするほどの被害だった。道路には死体の山。しかし、足がなんとか動くので、造船所に行き、翌日の8月7日、救援列車に乗り、8月8日の昼ごろ、長崎に着いた。顔と両腕を包帯でぐるぐる巻きにして8月9日に長崎の造船所に出勤すると、同僚は皆驚いた。同僚に、広島のすごい爆弾の話をしたが、広島の街が一発の爆弾にやられるなんて、誰も信じなかった。そう話しているうちに、閃光がきらめいた。あっ、あの爆弾だ、と思い、反射的に机の下にもぐったという。
 このような二重被爆者は、100人くらいいるらしいが、みんな高齢で、亡くなるのでだんだん実態がわからなくなるという。上記のように二重被爆者の多くの人は、造船関係者であると思われる。それが、長崎と広島を結ぶ1つの線だからである。しかし、原爆を間近に浴びて、その3日後に、長崎の地に立てるというのは凄い体力と気力である。そこで再び原爆の被害を受けるというのが驚異的な運命であるなら、それを生き延びて平均寿命まで到るというのも凄い。
 話は少し違うが、中世のヨーロッパで、ペストにより人口が3分の1くらいに減ったとき、生き残った人は、特別に恵まれた検疫条件や体力にあった、というよりも、先天的にペストにかかりにくい体質であった、という。その類推からいくと、相対的に放射能被害に強い体質の人がいるのではないだろうか。そうでなければ、広島の原爆で半身が焼け爛れるほど火傷をして、相当の放射能も浴びて、さらに3日後も長崎で原爆を受けて、白血病にもならず、天寿をまっとうできるはずがない。
 ともかく、人間の幸福はワンパターンであるが、人間の不幸というか数奇な運命にはさまざまなパターンがある、というトルストイだったかの言葉を今更のように噛み締める次第である。

2007年9月 2日

女子アマ囲碁

 女子学生本因坊の尹 善渶さん(慶応大学2年)は、院生経験があり、個人関東予選で、関東学生囲碁界で頭1つ抜けている存在と看做されている、村上 深さん(中央大学)を、破ったことがある。
 また、早大の下坂 美織さんは、関東学生リーグ団体戦(男女の区別はない)の主将で、男子相手に全勝した、という。昨今の男女平等社会に鑑みると、それがどうした、と言われそうであるが、将棋の女子アマの世界で、そういうことが起きるとは、とても考えられない。女子アマとは言わず、女流プロ最高峰の清水市代あたりを、将棋の学生団体戦である、学生王座戦の主将にもってきたとしても、とても全勝するとは考えられず、せいぜいが指し分け程度であろう。
 このように、女子アマ囲碁のトップが、男子アマ囲碁の上位陣に拮抗するのに、将棋では、女子アマのトップは、いや、女子プロをもってきても、男子アマのトップを脅かすには到らず、せいぜいが、男子アマの中堅どころであろう。
 このことは、チェスでも言えて、チェスのトップクラスに、なかなか女性はいない。このことをもってして、将棋/チェス系のゲームは、女性に向かない、と言ったら、過言だろうか。
 しかし、残念ながら囲碁でも、プロトップまで行くと、やはり女性は大変である。例えば、先日、囲碁のNHK杯戦で、片岡九段と、梅沢由香里女流棋聖の対戦があったが、流石の強腕、梅沢も、片岡九段にきっちりあまされ、最後は大差で、中押となった。
 で、短兵急な私は、囲碁や将棋のような知的短距離走のようなゲームは、どうも、その究極のところで、女性に向かないらしい、と結論づけてしまう。私のささやかな経験でも、育児をするときの心遣いが、男性は、フーリエ変換でいうと、スペクトルが尖っている。これでは、例えば、おむつの交換には熟練できても、むずかる子をあやすことにはお手上げとなる。よって、育児に向くように女性は、なだらかでひろいスペクトルをもつことになり、それは、一点突破型のスキルには向かないのでは、というのが、いかにも私らしい、粗雑な議論であった。
 その理論でいくと、囲碁の方が将棋よりもなだらかでひろいスペクトルなので、まだしも女性に向く、ということである。

2007年9月 3日

そんなの関係ねぇ

 最近、ムーディ勝山を初め、どうかと思われるピン芸人が多いが、おおっと思ったのが、小島義雄。ものすごく平凡な名前で、本名なのかもしれないが、海パン一丁の姿であらわれ、いろいろしゃべるのだが、何かを殴りつける格好をしながら、「そんなの関係ねぇ」を連呼する。
 だいだいが、筋肉系の芸人は、なかなか受けが難しいというのが通り相場であるが、「そんなの関係ねぇ」のリズムとインパクトは、笑いを誘う。
 で、こういうのって、真夏の世の夢ではないが、一夜の火花みたいなもの。それでも、火花ですらない、ムーディよりいいじゃん、と思ってしまう。
 ヘタウマみたいな、ムーディも時によりけれではあるのだけれど。あと、柳原可奈子も悪くないかな。ちょっとしゃべりがくどいけど。でも、そんなの関係ねぇ。

2007年9月 4日

地球にやさしい?

 テレビを見ていたら、ある芸能人が、自分はマイ箸を持参しているので、割箸は使わない。地球にやさしいのだ、と自慢げに言っていたが、そういう言い方はやめてほしい。別に、マイ箸を持参することを非難しているのではない。その程度のことで、環境保護に貢献していると思うのが、大変な思い上がりだ、ということである。そもそも、割箸自体、廃材を利用しているので、木材資源を酷使しているのではない、という意見もある。
 もし本当に環境保護を謳うなら、例えば、飛行機を見てほしい。あれが成田からニューヨークまで飛んだら、どれほどの軽油が消費されることだろう。また、どれほどの二酸化炭素、酸化硫黄、酸化窒素が大気中の成層圏に直接、まき散らかされるだろう。だから、本当に環境保護を謳うなら、なるべく飛行機に乗らないようにしましょう、なるべく車を運転しないようにしましょう、夏の暑いときでも、なるべくエアコンをかけないで、扇風機や団扇で凌ぎましょう、というべきである。そこまで言えたら、本当に環境のことを考えている立派な芸能人だと尊敬する。
 ただ、そうすると、間違いなくテレビ局から干されるであろう。なぜなら、テレビの主要なスポンサーは、航空会社であったり、自動車会社であったり、要するに、エネルギー食いの産業が多く、そんな反資本主義のようなことを言う輩は、不穏分子なのである。
 それをしってか、それでも尚且つ、エコロジストのふりをするために、マイ箸を自慢する。その欺瞞が私には耐え難い。恥を知れ、と言いたい。

2007年9月 5日

法句経

 仏教の経典に、法句経というものがある。パーリ語でダンマパタで、釈迦が直接語ったことを、弟子達が詩編のかたちで綴ったのである、という。
 このように釈迦の直接の言葉が反映されているのに、日本では、般若心経などのように有名ではない。その理由はよく分からないが、般若心経の語句が、とても抽象的、哲学的で、一読しただけでは全く理解できないのに、法句経はとても、分かりやすく地に足がついている。
 例えば、次のとおりである。

 骨もて
 この城はつくられ
 血と肉もて 固められたり
 中には
 老いと死と
 いかりと傲慢が
 蔵されたり

 それは、漢文を書き下しているから分かりやすいのだ、と言われるかしれないが、例えば、般若心経の色即是空を、色はすなわち、空なり、と書き下したからといって、いささかも分かりやすくなる訳ではない。
 法句経は、このような詩編が、423編あって、どても心に染入る。少なくとも、どういう意味なのか、と抽象的に考え込む必要は、あまりない。
 ところが、こういう素朴なよい教えがあるのに、ナーガルジュナ、バスバンドゥらは、どんどん抽象的で複雑な概念を考え出し、庶民が近づき難いものにしてしまう。それはまさに、人類の頭脳の性質といってよい。
 キリスト教にあっても、三位一体から、アウグスティヌス、トマスアキナスなどは、複雑なキリスト教哲学をうちたてた。ただ、それで、キリスト教がより人を救えるのになった訳では全くない。イスラム教もそうである。シーア派やスンニ派の争いは、どれほど、宗教の救いから遠いであろう。
 このように、宗教が煩瑣化して、益々分かりにくくなるのは、エントロピーの増大と同じくくらい必然で、立派な伽藍は出来るのだてけれども、仏はあって、魂の込められる日は永遠に来ない。
 まさに、益なき千の言葉より 心の安らぎを得る 一言こそ いのちの言葉なれ なのである。

2007年9月 9日

般若心経は、不適切な仏典?

 私の好きな仏師に、アルボムッレ・スマナサーラ師がいる。宝島新書からいくつかの著書を出していて、今回、「般若心経は、間違い?」という刺激的な題名の本があったので、早速買って読んでみた。
 先ず最初に断っておかなくてはならないのは、アルボムッレ・スマナサーラ師は、初期仏教、すなわち、小乗仏教と、日本では謂れもなくさげすまれている宗派に属する。その立場に立つと、不磨の聖典と崇められている般若心経もおかしい、ということになる。
 そのおかしさの第1は、空即是色。色即是空の方は、初期仏教に照らしても、正しいという。すなわち、色は肉体であり、肉体が空である、というのは、お釈迦様も説いた真理なのだそうである。しかし、その逆は論理的に成り立たない、すなわち、それは、犬は動物である、というのは正しいが、動物は犬である、というのが正しくないのと同様である、という。なるほど、そういわれてみると、そう思われる。
 次におかしいのは、無色。無受想行識。これは、要するに、五蘊がない、と言っているのであるが、全ては空ということから、筆が走りすぎて、五蘊が空でとめておけばいいものを、五蘊を無と言ってしまったら最後、それは虚無主義で、最早仏教ではない、という。確かに、空でつうろいやすい五蘊を抱えて、修行するところに、仏教の行者としての意義があり、五蘊を無というと、修行の意味がなくなる、という。
 最後に、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。ここは、パーリ語の原語的にも意味はなく、単なる呪文に堕している、という。要するに、すべてを無と言ってしまったものだから、拠るすべがなくなって、仏教になるまじき、呪文に堕してしまっている、けしからん、ということである。
 こう読むと、般若心経のありがたみが薄れてきた。もともと私は、小乗仏教がどうしてあれほど、貶められているか、理解できないでいる。天台宗から日蓮宗に到って、法華経を最高の経典とすることで、すっかり原始仏教が忘れられ、お釈迦様本来の教えが疎かになっている。お釈迦様の教えのデリバティブが奉られている、と思うのである。

オサマ・ビン・ラディン

 ニュースを見ていたら、オサマ・ビン・ラディンの談話が、3年ぶりに放映されたそうである。その発言の内容は、アメリカを非難し、イラクに駐留する米軍を非難するものであるが、それに対して、だからイラクのテロを根絶やしするために、アメリカはイラクに駐留し続けなくてはならない、とすかさず、ブッシュ大統領の談話があった。これを見て思ったのは、もう猿芝居は止めてほしい、ということである。
 というのは、もしアメリカ軍に向けてテロをしたければ、深く静かにやればよい。それを一々、テレビに出て宣言する馬鹿はいない。また、このタイミングで、アルカイーダの象徴として、あのようなアナウンスをすれば、利益を得るのは、ブッシュ大統領だけである。イラク侵攻と駐留が正当化されるからである。このような見え見えの芝居を打つから、猿芝居、ということになる。
 そもそも、オサマ・ビン・ラディンは、数年前から、CIAなどとの関連が喧伝されている。例えば、腎臓の病気で入院中のオサマ・ビン・ラディンに対して、CIAの知り合いが見舞ったという話もある。
 また、おかしいのは、2001年9月11日以降、アメリカ国内で全くテロが起きていないことである。寧ろ、イスラム過激派によるものとみられるテロは、インドネシア、イギリス、スペイン、インドで起きた。もしアルカイーダが、アメリカ国内で、テロを起こそうとすれば、攻めるは一部、受けるは全面、の法則によって、テロを防ぐすべはない。特に、人ごみの自爆テロなど、どうしようもない。それが起きていない、ということは、2001年9月11日のテロで十分、対アフガニスタン、対イラクに対する戦争が正当化され、それ以上、正当化のための国内テロを要さなかったと解釈される。
 こうして、テロ対キリスト教の民主主義という構図は、実は、裏がある、ということになる。それは一体何なのか、関連の書籍に当たってみたいと思う次第である。

マザー・テレサ

 少し前のTIMEのカバーストーリーで、マーザ・テレサが取り上げられていた。その題名は、「Secret Lie of Mother Teresa」。私は、とても俗な人間なので、聖人と崇められていたマーザ・テレサに、実は愛人がいたとか、隠し子がいたとか、そういうスキャンダルを考えてしまった。
 しかし、粗くであるが、TIMEの記事を読んでみると、そうではなく、どうも、マーザ・テレサは若い頃、この世に悲惨なことが沢山あるのを見つめて、神の存在が信じられなかったのだという。でも私は、さもありなんで、若い頃からいきなり、神を信じていたら、却っておかしいと思う。
 典型的には、フランスのヴォルテールが書いた、カンディード。これは、ライプニッツの予定調和説を揶揄したもので、主人公のカンディードは、次々に悲惨に運命に遭っていく。それでも、最初の頃は、予定調和説を信じて、神が救ってくれると思っていたが、ついに、そういう楽観主義を捨てるに到る、というものである。
 しかし、マザー・テレサは、ついに神を信じるに到った、というものであるが、実際に100%ということはないのではないだろうか。また、どのような神か、というプロパティがあまりにも本質的である。
 私はシルバーバーチの教えに従い、とりあえず、法則神のようなものを漠然と信じているが、確信からは遠い。無神論でないことだけは確かである。
 ただ、マザー・テレサが若い頃神を信じなかった、というのが大問題になる、というセンスは、どうしても私には理解できない。寧ろ、人間らしくてよいと淡々と思うだけである。

2007年9月11日

911テロについて

 アメリカの、歴史的ともいうべき911テロから、丁度6年が経過した。しかし、わかっていないことは、あまりにも多い。高々6年くらいで、歴史の評価が定まると期待することは、例えば、ケネディ暗殺事件に鑑みても、早計というべきであろう。
さて、911テロの原因は、論理的カテゴリとして、次の3つに分類される。

1.911テロ 過激派単独犯行説
2.911テロ 米国政府黙認説
3.911テロ 米国政府陰謀説

 先ず、911テロ 過激派単独犯行説であるが、これが最もナイーブな考えである。実際、テロが起きた当初は、ほとんどの人がこれを信じ、今では信じがたいが、ブッシュ大統領の支持率も飛躍的に高まった。しかし、その後露わになるいろいろな事実から、最早、過激派単独犯行説を信じる人は少ない。私が先日のブログでも述べたように、あのあと米国国内で、過激派の仕業と見なされるテロが全く起きていないことからも、過激派単独犯行説は、ありえないと思われる。
 次に、911テロ 米国政府黙認説。これは、丁度、日本軍による真珠湾攻撃に喩えられる。論理的に考えても、これが一番ありえる。ただ、米国政府が黙認するとしても、本当に、イスラム過激派が、米国内のテロを仕組んだのか、という疑問は残る。テロといえば、1995年だったか、オクラホマシティの政府機関ビルが、国内反米組織と目される人々によって、爆破された。こういう米国国内反米組織と、米国に反感を抱くイスラム教徒とが結託して、テロを画策し、それを、政府のある組織が黙認した、ということが考えられる。
 次に、911テロ 米国政府陰謀説。これはいかにも荒唐無稽であるが、1つ言えることは、911テロが、米国政府にとって、あまりにも時宜を得ていたことである。あの直後、待ち構えていたように、アフガニスタンのタリバンに対する掃討作戦が開始され、その後のイラク戦争と続いて、今に至っている。これをやりたくてうずうずしているのに、米国政府黙認説のように、誰かが画策するのを待てるだろうか。これが、米国政府黙認説を満足いく理由と考えない訳である。
 また、田中宇氏がいみじくも指摘しているように、米国国内には、対テロ戦争を、深く静かに、スマートに遂行したい一派と、派手好きで短気なネオコン達がいる。そのせめぎあいから、米国政府の対テロの方針は、一貫したものとなっていない。スマート遂行派にとって、イラク戦争はやりすぎで、将棋で言えば、指し過ぎである。自滅且つ完切れへの道である。
 ところで、米国がどうしてこんなに見るからに愚かな政策を繰り返すのか、ということは、多くの人が指摘するように、軍事コンプレックスの存在である。米国内で巨大な富みをもつ組織は、高価で多数の兵器を生産して利益をあげる必要性から、戦争の継続が必須である。まるで、麻薬患者のようなものであろう。そうして、冷戦が終わった後、宗教対立というする古くて新しい構図がクローズアップされたのである。
 私は、かなりの右翼で、共産主義と聞くと、虫酸が走る。しかし、ここにきて、レーニンの帝国主義論を勉強してみる必要があるかもしれない。それは、レーニンのような人に施政を任せると、理想的な国家が維持される、という意味では全くない。強いアルカリ性を中和するために、強い塩酸が必要である、程度の意味かもしれないが。

2007年9月12日

資本主義のオートノミシティ

 池田信夫氏のブログによると、ロンボルグのCool itという本が引用されていて、孫引きで心苦しいが、ちょっと述べてみると、すなわち、地球温暖化が、あまりにも政治的に利用されている、という。すなわち、二酸化炭素削減みたいな努力が、無意味、ということはないけれども、そのためのコストを、飢餓に苦しむ人に充てると、なんと2億人以上の人を飢餓から救うことができるという。では、問題は、なぜ、どうみても、効果が怪しい地球温暖化対策ではなく、飢餓が病気に苦しむ人の救済に向かわないのかというと、後者が、マスコミ的に地味で、注目を集めないからである、という。すると、そういう活動にも資金がつかず、結局、活動が進まない。
 ここからが私の言葉であるが、言い換えると、地球温暖化対策のために何かすることは、流行であり、sweetなのである。そのことは、軍需産業による兵器の開発にもいえる。より破壊力の強い兵器を開発して、高い売り上げを誇り、それでよい俸給をえて、よい暮らしをすることは、とてもsweetである。あまりにsweetなので、軍需産業の関係者にとって、そういうことを問題視する人の気持ちは理解できないし、軍縮などもってのほかである。場合によっては、あらたな兵器の需要を喚起する活動に与したくなる。
 このように、人気、sweetさを追うことは、資本主義の本質であって、まさに資本主義のオートノミシティ(自律性)と呼んでいい。それは、資本主義という怪物が屯していて、いささかの快楽によって、人間をドライブしている、という図式に喩えてもよい。こういう図式からは、謀略によって、もてる能力を駆使して謀略により戦争を煽っている人々は、尊い犠牲者といってよい。
 話は変わるが、ある知り合いの人が、海にさまようクラゲに言及して、ああいう動物は一体何の意味があっていきているのだろう、という甚だ哲学的な問いかけをしていた。もちろん、私は、それに対して意味がある答えを与えることはできず、単に、クラゲはクラゲなりのオートノミシティで生きている、としかいえない。
 で、問いかけ:宇宙全体→銀河系→惑星系→資本主義→人間→・・・などと、さまざまなオートミックな存在があるが、その一方から他方に、なんらかの準同型写像は存在するのか。
 ああ、誠に答えにくく、答えたとしても何の意味もない問いかけをまた、してしまった。
 

2007年9月13日

武者野六段の引退勧告

 将棋連盟のホームページに、武者野勝巳六段の不戦敗の処分について、と題して、記事があった。この記事の内容は、要するに、今年の8月に、武者野六段と中田功六段に対して不戦敗が多いとのことから、罰金100万円を課したところ、9月11日にも、武者野六段が、王座戦で不戦敗となったことから、将棋連盟理事会は、武者野六段の行為を遺憾とし、引退勧告に至った、ということである。
 この点で、いくつかおかしい点であるので、指摘する。
 先ず、今年の8月に、武者野六段と中田功六段に対して不戦敗が多いとのことから、罰金100万円が、課されたこと。刑法の原則によれば、重大な刑罰を課するときは、そのことが規定に明記されなくてはらない。いわゆる、罪刑法定主義である。また、処罰される行為以前に、その刑罰の内容が規定されていなくとはならない。しかし、将棋連盟で、不戦敗が度重なると、所定の罰金が課せられる、という規定はないはずである。よって、罪刑法定主義の原則に悖ることになる。
 それは、今回の引退勧告にも言えて、そもそも、不戦敗が度重なると、引退勧告される、という規定もないはずである。しかし、100万円の罰金であれ、引退勧告であれ、とても重大な罰則であり、組織の規則として、規程されるべきであり、通常は、規則がないと、課すことはできないはずである。
 だから、これは、理事会、特に米長会長にとって、蛇蝎のごとく嫌いな武者野六段を、将棋連盟から放逐するよい機会と思ったのだろう。しかし、成文のルールに基づかず、恣意的に厳罰に処するのは、独裁政治の主がすることである。
 内規の成文のルールに基づかず、厳罰に処することが許される場合がある。それは、外部の刑法に触れる場合である。例えば、飲酒運転するとか、暴力行為、痴漢行為をする、などである。例えば、数年前、大内九段は、韓国に行くために遅れて空港に着いたところ、既に飛行機が出発していたので、空港職員を殴った。これなど、あるまじき暴力行為で、当然に、将棋連盟を除名になるに値する。しかし、当時の中原会長は、本人が反省しているから、と特に重い罰を課さなかった。これなど、本末転倒で、外部の刑法犯罪を、将棋連盟内部で収めてしまっている。
 しかし、今回の武者野六段の件は、内部的な問題である。新聞掲載予定の将棋でもないので、新聞社に対する責任も小さい。それを、引退勧告とし、しかもホームページで告知するのは、やりすぎである。百歩譲っても、内々の通達で済ませるべきであろう。
 このように、将棋連盟は明らかにおかしい。武者野六段にも非はあろう。ただ、今回は、実体ではなく、手続き的なことに着目してみた次第である。

2007年9月14日

世界トップ研究拠点

 新聞によると、下記の5つのテーマが、政府によって世界トップ研究拠点として選ばれたという。

1. 東北大 - 原子・分子レベルでの革新的な新材料開発(山本嘉則教授)

2. 東大 - 素粒子物理学に基づく、宇宙の進化の解明(鈴木洋一郎教授)

3. 京大 - 幹細胞研究を中心とした再生医学の実現(中辻憲夫教授)

4. 阪大 - 感染症やアレルギー疾患の新たな診断・治療の研究(審良静男教授)
- ナノテクノロジーに基づいた新材料の開発の促進 (青野正和フェロー)

 これを見て思うのは、下記のとおりである。
- そもそも、たった5つしか選ばないのに、阪大が2つも持っているのは変である。東工大、名古屋大、早稲田大、慶応大など、有力校は他にもあると思われるが。阪大が、何か政治力を使ったのか。
- たった5つしか選ばないのに、東北大とテーマと、阪大の2つ目のテーマは、かなりかぶっていないか。
- 阪大の「感染症やアレルギー疾患の新たな診断・治療の研究」は、いかにも小粒ではないか。
- 石油が枯渇し、原子力発電が信頼できないとなると、新エネルギーの研究は、とても喫緊だと思うのだが、そういうものはない。それでいいのか。
- コンピュータ・サイエンスや、数理科学がらみのものはない。それでいいのか。

 ともかくも、政府は予算を確保し、最大300億円の予算を、一箇所に投入するという。
 各々は、10年かけ、200~300人の研究スタッフを擁し、世界の才能ある人々に声をかける。成果主義を取り入れ、言語は英語とし、逐一進捗を報告させる、という。成果主義を取り入れ、言語は英語とし、あたりは、典型的な外資系企業を想定させ、おいおい大丈夫か、と思わせる。
 このような典型的な外資系企業みたいなやり方に一番なじまない研究は、「東大 - 素粒子物理学に基づく、宇宙の進化の解明」であろう。そもそも、成果がとてもわかりにくい。宇宙創生のインフレーション理論だって、30年たっても、さっぱりその妥当性は分からない。
 まあ、いかにも政府系らしい研究計画の建て方ではある。

2007年9月16日

猫が真剣に見る番組

 我が家で猫を飼っていることは、以前に述べたとおりであるが、うちの猫のトラは、液晶テレビの上に飛び乗る癖はあるものの、どんな番組が放映されていようと、我関せずである。たとえ、番組に猫が出てこようとも、である。むしろ、眠いとき、ちょっと番組のボリュームが大きいと、迷惑そうな顔をするくらいのものである。サッシから、外にいる猫を見かけると、異常に反応するので、テレビで見かける猫は、なんとなく、本物っぽさに欠けるのかも、となんとなく思っていた。
 ところが、今日の夕方、テレビを見ていると、トラが画像に反応して、テレビの方に走っていった。それは、鳥が沢山出てくる番組であった。鳥が見えると、トラは、画面に前足で触って、鳥を捕まえようとする。
 で、推察するに、猫は、原始的には、鳥を獲って生きていたのではないだろうか。飛ぶ鳥は、流石に捕まえられないが、木に登れるので、鳥の巣の雛など、恰好の獲物である。実際、窓越しに鳥が見えると、トラは、鳥の鳴き声の擬音を発する。トラが特殊とはとても思えないので、猫はみんなそうしたものなだろう。ここに、猫と鳥の不思議な取り合わせを垣間見る。よく、猫は鼠を獲るというが、実は、鳥のほうが縁が深いのかもしれない。また、猫と魚の組み合わせも不思議である。少なくとも日本では、大抵の猫は魚が好きであるが、川に行って、ましてや海に行って、魚を獲る猫なんて、聞いたことがない。
 このような意外な組み合わせが、犬にもあるのだろうか。偏見であるが、神秘性、謎性は、猫より少ないのではあるまいか。

2007年9月17日

パンタ・レイ

 ベストセラーになっている、講談社現代新書「生物と無生物のあいだ」福岡伸一著、を読んでみて、いくつか興味深い記載があった。その1つに、シェーンハイマーという人が発見した現象がある。シェーンハイマーは、ロイシンというアミノ酸の窒素を重窒素の同位元素で置き換えた餌を、鼠に三日間与え続けた。その鼠は、成鼠であったから、シェーンハイマーは、与えた餌は、ほとんどがエネルギー源として燃やされ、尿として排出されると考えた。
 ところが、三日後に重窒素を目印として測定してみると、対外に排出された、重窒素を含むロイシンは、わずか2.2%で、重窒素のうちの半分以上が、内臓などの体内にたんぱく質として、組み込まれていた、という。しかも、ロイシンとしてではない。鼠は、ロイシンを一旦分解し、別のアミノ酸の一部として組み立て直し、DNAのマップに従って、体のさまざまな場所に、たった三日間で分散された。このことは、生物の体内では、すさまじい速さで、成分の入れ替えが行われていることになる。
 すると、次のようなことになる。体内の悪性の癌細胞であれ、血管の詰まりであれ、数日もたてば、その細胞のほとんどの成分は、別の成分に置き換わっている、ということになる。すると、つい都合のよいことを考えたくなる。悪性の癌細胞は、その成分が置き換わったことで、良性の細胞に戻らないのか、と。
 しかし、そうは都合よくいかない。細胞におけるたんぱく質の置き換えは、なるべく同一性を保持するように行われる。なぜなら、その細胞のDNAの指示によるからである。悪性の癌細胞は、たんぱく質合成の指示自体がおかしくなっているので、どんな材料を与えても、簡単に癌細胞をアポトーシスさせるようなことになる訳がない。そんなことが簡単に起きると、例えば、ある栄養で、肝細胞が別の細胞に置き換わったりすることになり、その、生物に対するインパクトは、癌細胞の比ではない。丁度、警官が一斉に泥棒に変質するようなものであるから。
 ともかく、言いたいことは、生物もまた、その構成物質の変化において、川の流れのようなものだということである。
 古代ギリシャのヘラクレイテスは、「河は同じだが、その中に入る者には、後から後から違った水が流れよってくる。」と言った。まさに、παντα ρει、万物は流転する、である。仏教でいう、空が近いかもしれない。

2007年9月18日

三段リーグ

 三段リーグが終了し、及川が15勝3敗、村田が13勝5敗で四段昇段となった。次点は、一瀬の13勝5敗、次々点は、菊地の12勝6敗、注目の小泉三段は、11勝7敗、最後に追い込んだのに、途中の5連敗が響いた。一時は、8勝2敗で暫定トップだったのに。
 ただ、5連敗の最後の二人が、昇級した二人である。これも運であろう。他の三段メンバーが、26歳以下なのに、一人小泉だけが30歳を超えている。これは、棋力というよりも体力の問題であろう。
 私は、悲観的なので、次期はより小泉に厳しいとみる。なんとか、期待を裏切ってほしいが。
 次期の注目は、初参加の吉田正和である。独学でアマ棋界を席巻し、鳴り物入りで付き出し初段でプロに入ったが、しばらく足踏みした。力を溜めた、とみたい。

2007年9月19日

Windows XPとVista

 日経コンピュータ9月17日号によると、マイクロソフトは、来年1月で、Windows XPの出荷を打ち切るという。一Windows XPユーザーとして、ええっと思ったら、案の定、企業ユーザーの4分の3が、苦情を訴えているそうである。
 実際、企業内部のアプリケーションは、OS依存性の高いものが多い。Windows Vistaは、Windows XPの後継で、ほとんど上位互換であるから、大抵のアプリがそのまま動くと思ったら、甘い。特に、セキュリティ系が厳しい。
 大抵そういう声があがると、どうしてもユーザー重視なので、マイクロソフトは、ユーザーに歩み寄ってきた。しかし、今回は、販売延長の可能性は、限りなくゼロに近いという。
 すると、新らしいパソコンに、Windows XPを入れたいユーザーは、Windows Vistaがプリインストールされたパソコンを買ってきて(要するに、XPプリインストールのものがなくなる訳だから)、企業向け一括Windows XPライセンスにより、CDとライセンス証書を購入して、手作業でWindows XPを導入しなくてはならなくなる。これでは、企業の社内アプリ担当者は、嫌でも、Vistaでの動作検証を急がなくてはならなくなる。
 このようにマイクロソフトが焦る理由は分かりやすい。OSというものは、一旦開発して、あとはそれをメンテするだけだと、収入が先細りになってしまう。よって、嫌でも定期的に新しいOSを開発せざるをえず、そこで互換性がありすぎると、古いOSを使い続ける人が沢山いるので、無理やり互換でなくする機能をつけて、古いユーザーを振り払うよりない。これもまた、資本主義の論理である。
 こういうのを見るにつけ、いよいよ、LinuxなどのオープンソースOSの普及が待たれる。もしそうなると、アプリケーション開発ベンダ、システム構築ベンダのみが生き残ることになる。いや、オープンソースOSを有償でメンテする業者も生き残るであろうが。
 そうこう言われながら、マイクロソフトはしぶとい。Vistaの後のOSも、数年後にはリリースされるであろうか、確実に言えることは、段々誰も騒がなることであるが。

2007年9月20日

複線キャリア

 私が敬愛する、渡辺千賀さんのブログを見ていたら、長年、連邦準備制度理事会の議長を務めた、グリーンスパンの経歴が書かれていた。すなわち、高校を出た後ジュリアード音楽院で学び、サックス奏者としてプロジャズミュージシャンを目指していたが、その後、ニューヨーク大学で経済を学び、コロンビア大学の博士課程に進むが、一旦中退。さらにその後ニューヨーク大学から博士号を贈られる、というものらしい。グリーンスパンの絶妙といわれた経済政策の隠し味として、その音楽素養があった、と考えることは心地よい。
 複線キャリアで成功した人として、他に思い浮かぶのは、アインシュタイン。彼は、大学を出てしばらく、特許庁の審査官をしていた。しかし、どれほど真面目に審査していたか、疑問。アインシュタインの場合に、審査官の経歴がポジティブに利いているのかどうかも分からない。
 他には、天才物理学者、ウイッテン。彼は、大学で最初、歴史学を専攻した。これは、著名な物理学者であった父親への反発があったかもしれない。そうして、ウイッテンは、一時、ジャーナリストをやっていたが、突然、物理学に転身、難解で知られる超弦理論にあって、さらにM理論という訳の分からないものを考え出し、天才として同僚に畏敬された。そういうウイッテンにあって、ジャーナリストの経歴は、分かりやすく考えを他人に伝えるうえで、意味があるという。
 さて、複線キャリアが、どんな場合にも有効か、というと、囲碁、将棋、チェスなどは少し違うのかも、と思う。理由は、囲碁、将棋、チェスは、知能的に短距離走であり、いろいろな人生経験や知識、発想をそこで豊饒に活かす、というものではない。よって、例えば、3歳で囲碁を始めて、小学生のときはもう、プロ初段の力があった、という趙治勲のような経歴が、とても活きる世界であり、逆に、大学で例えば経済学を専攻し、卒業してから突然囲碁に燃え、懸命に努力したところで、せいぜいが、アマ六段が関の山であろう。
 このように知性というか人間の才能はとても多様で、栴檀は双葉より芳し、とか言って分かったような気にはとてもなれない。

2007年9月23日

When sadness is a good thing

TIMEを読んでいたら、"When sadness is a good thing" という記事があった。その内容に、ここでは詳しく触れないが、改めて思い起こしたのは、「痛み」の効用である。
 例えば、手術や怪我などで痛い目に遭った人は、肉体的な痛みなどなければよいと思ったことがあるに違いない。もちろん、私もそう思った。だから、痛覚などなければ、人生幸せ、とつい考えてしまうのも、自然である。ところが、ものの本によると、痛覚がなくなる病気があって、そういう人は、長生きできないのだという。というのは、痛みがないと、体がちょっとした危険や外傷にも対応できずに、次第に生命を維持できなくなる、という。痛みが危険を知らせるシグナル、という訳である。
 ということは知っていたが、でもやはり心は違うのではないか、思っていた。どう違うかというと、心の痛みは流石によい影響はもたらさないのではないか、ということである。例えば、ストレスが昂じて鬱病や病気になる人が少なくない。だから、体の痛覚は、生命維持に必要であるが、心の痛覚は、百害あって一利なしだと。
 しかし、TIMEの記事によると、心の痛みも、精神の平衡に必要らしい。言われてみると納得だが、世の中、悲しいことが多いので、肉体の痛み以上に、心の痛みが必要である、というように思うことは、納得がいかない。どういう場合に心の痛みが必要なのだろうか。例えば、精神病のある症状に、多幸症というのがある。いつも楽しくて、エヘラエヘラ笑っている、というイメージであるが、それだと、きっと、なにか精神の箍を維持できないのだろう。
 ただ、戻って、肉体の痛みが生命の維持に必要ということは、やはりどうしても直感に反するし、心の痛みが精神の平衡に必要である、というのはもっと直感に反する。本当に正しいのだろうか、と再び疑問が湧いてきたところで、一旦擱くことにする。

オイラーの豊穣

 2007年10月号の数学セミナーは、オイラー生誕300年だった。
 そこで、おそるべき多産な数学者、オイラーの業績を垣間見ることにする。
1.グラフ理論
 ケーニヒスブルグの橋を一度ずつ渡る経路があるかどうかを、オイラーが解いた。これが、グラフ理論の嚆矢である。また、平面グラフの点、辺、領域の個数の間の関係式を決定したが、これは、組み合わせトポロジーの始まりともいえる。
2.数論
 オイラーは、フェルマーよりも後世の人であり、フェルマーの数論を発展させた。例えば、正の整数と互いに素な整数の個数の関数を決定し、素数分布と素数を亘るオイラー積を求めた。
3.流体力学の方程式
 ニュートンの力学方程式を拡張して、流体力学の方程式を定式化した。これはこれで、非自明な拡張であるが、まだ粘性の効果は入っていない。それは、ナビエ・ストークスを待つことになる。
4.変分法
 重力加速度gが一定の空間で、点Aから点Bまでを結ぶ曲線で、質点が移動する時間が最短であるような曲線を求めるのが、1つの変分法の問題である。結構特殊な方法のようであるが、後のラグランジュの解析力学のベースとなっており、ラグランジュの解析力学はまた、現代の場の量子論の基礎でもある。
5.平面曲線と楕円積分
 漸近曲線、及びその曲線の長さとしての楕円積分の定式化。楕円積分は、楕円関数として定式化され、後世の精力的な研究への道を開いた。
 こうしてみてみると、当時のほとんどの数学の分野をカバーし、あるいは創設したのであるが、欠落しているかもしれないのは、代数学と、天体力学である。ただ、代数学と、天体力学に触れた論文が皆無とは、とても信じられない。私が見落としているだけなのだろう。
 数学の歴史で、広さと深さの積の和でその業績をあらわすなら、チャンピオンがガウスであることに、異論がある人は少ないだろう。しかし、広さという点でみたとき、オイラーの右に出るものはいないだろう。しかも、彼の広い個々の業績がどれも、現代数学の淵源に繋がっていることは、彼の卓越した先見性を裏付ける。私のような一介のアマチュアがどうこう言うことではないが。

Web広告について

 ある本で、Web広告の説明があったので、自分の整理のために、メモしてみる。
 Web広告の初期の形態は、バナー型広告であった。バナー型広告の場合、課金は、PV(ページ・ビュー)と、CPC(クリック単位課金)の2つがある。CPCは、バナーが実際クリックされた回数で、課金する。
 ある観点からは、次のような分類もある。
1.広告掲載枠:表示位置や枠の大きさで、料金が決まる。
2.インプレッション保証型:何回表示するかで課金する。上記のPVである。
3.クリック保証型:広告主サイトへのクリック数で課金が決まる。上記のCPC。
4.成果保障型:実際に広告主サイトを見たユーザーが、資料請求したり、商品を購入する実績で、課金が決まる。
 このように、1→4で、より精巧で適切と思われる課金となる。
 このような体系をみると、テレビでのコマーシャルでの課金は、上記の広告掲載枠のようなもので、課金方式としては、とても原始的なものであるが、そもそも、テレビが、一方向のメディアである限り、仕方がないということになる。
 別の観点からは、次のような切り口もある。
A.リスティング広告(検索連動型広告)
 検索エンジンの検索キーワードに連動して広告が、表示される。例として、GoogleのAdWords。課金方式としては、クリック課金型である。
B.RSS広告
 RSSリーダー向けに配信される広告。
C.アフィリエイト
 個人ブログなどへの広告の表示。特に、コンテンツの内容に応じて表示される広告として、GoogleのAdSenseがある。
D.ターゲッティング広告
 市場調査により、その商品に興味をもちそうな人に広告を送る手法。
 以上、大まかな自分用のメモであるが、果たして、Web広告が、テレビ広告を売り上げで凌駕する日が来るであろうか。そういう日が遠くないと信じたこともあるが、しかし、家庭で日常的に、テレビと同じようにWebが見られる日がなかなかこないと、それも遠いかもしれない。安泰、電通、博報堂。

2007年9月24日

シーガイアの再建

 1993年に宮崎に開設され、人工波のプールで話題を博したシーガイアであるが、集客力の減少から、2700億円の負債を抱え、2001年2月に会社更生法の適用を申請した。
 その再生のストーリーが、日経情報ストラテジー2007年11月号に掲載されている。結局、2001年6月に、米国の投資会社、リップルウッドが、シーガイアを買収した。そのニュースを私は、興味もなく聞いた記憶があるが、宮崎という立地もあって、再建は難しいとふと思った。
 しかし、それから5年、ようやくシーガイアは、営業利益で、黒字を出すに到ったのだという。リップルウッドがとった策にマジックはない。先ず、ホテルをシェラトンにして、シェラトンの接客マナーを徹底させることで、顧客満足度を向上させ、館内の大幅改築もした。また、ゴルフ場に毎年、タイガーウッズを招いた。
 しかし、これだけでは、十分な業務改善にはつながらなかった。そこで、リップルウッドは、長野県の雇用創出推進局長の職にあった、丸山康幸をスカウトした。ホテル経営の経験がなかった丸山は、ラウンドテーブルと称して、60回以上も、現場の職員と語り合い、現場を歩き回った。
 こうして、①全社コミュニケーション改革、②業務生産性改革、③セールス・マーケティング改革に力を注いだ。
 ①全社コミュニケーション改革は、継続的なラウンドテーブル、定期幹部会議、巨大掲示板で推進した。
 ②業務生産性改革は、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5S、また、DSすなわち、ダイナミック・スタッフィングとして、忙しい部署を、他部署の人が、時間限定で、手伝うものである。DSは、人件費を削減し、社内コミュニケーション改善にも役立った。
 また、社長となった丸山は、「日本を代表するリゾート人材の輩出企業になる。」とビジョンを打ち出し、そのビジョンの浸透と、社員のプライド回復に尽力した。
 こうして業績が回復したが、それは、法人向け営業の拡大と、ゴルフ場、ホテルの業績向上、台湾・韓国からの顧客の増加にある、という。
 経営学の本によると、うまくいっている組織は、末端の社員まで会社の理念が浸透し、常に業務改善をこころがけることと、狭い職能にとらわれず、一人の社員がいろいろな業務もこなせること、というのがあったが、丸山は、まさにラウンドテーブルとDSなどによって、その定跡に従い、地道に風土改革を進めた。
 私は、シーガイアの業績破綻を聞いたとき、あまたある三セクと十把一絡げにして、再建は無理だと思った。その再建は、地道であるが、本当に驚嘆に値すると思う。シーガイアは、宮崎の地にあって、好況を続けることはチャレンジであると思うが、見守りたい。

2007年9月26日

深浦新王位

 深浦八段が、羽生から、王位を奪取した。1勝3敗から2連勝して、3勝3敗まで追い込んだのだが、1勝3敗から一度も7番勝負を制したことがない、という羽生が、ジンクスを破れなかった。
 それにしても、羽生の粘り弱さは、一体何なのだろう。大山であったら、1勝3敗から2連勝して、3勝3敗になったら、まず落とさない。中原もそうであろう。実際中原は、高橋の挑戦を受けて、矢倉を連採して1勝3敗になって、一転して横歩取りを採用して3連勝、名人位を守った。その後、高橋は、一度も名人に挑戦することなく、B級1組に降級した。分水嶺であった。
 そのような芸当ができないので、あれほどの実績を残しながら、歴代の最強者が羽生でなく、大山である、という声が、否定できない強さで、静かに響く。
 ただ、深浦に負けてしまったことについては、羽生は、森内に18世名人を取られてしまったことのショックが尾を引いていると思われる。ああ、羽生も人の子なのだ、などと今更言う気もしない。ともかく、頑張れ、羽生。

2007年9月27日

時津風部屋のリンチ事件

 今日、テレビを見ていたら、名古屋場所前の6月26日、時津風部屋の序ノ口力士「時太山」(当時17歳、本名・斉藤俊さん)が、愛知県犬山市での稽古中に倒れ、急性心不全で死亡という事件で、実は、先輩力士が金属バットで殴ったり、親方がビール瓶で、本人の顔を殴るなどの行き過ぎた暴行があったという、また、家族に無断で火葬を準備していた、というのだから、その非常識は極まりない。
 私のおおまかな理解では、暴行というほどではなくても、スポーツの世界では、鍛えを入れる意味で、多少の暴力は容認されている。例えば、相撲では稽古中に、親方が力士のお尻を竹刀で殴るくらいは常態のようであり、程度が過ぎなければ、それは許容範囲なのだと思う。
 また、時太山が受けた暴行も、もしかしたら、多くの力士なら耐えられたのなのかもしれない。さもなけれは、こうい事件は頻発するはずである。で、私の推察だが、時太山は、力士の卵としては、体質的に殴られ弱かったのではあるまいか。おそらく、力士としても、あまり相撲に向いていなかったのかもしれない。それで、故郷に逃げ帰って、戻ったりすることにより、一層の暴力(相撲の世界では、「かわいがり」というそうだ)を煽ったのであろう。
 だからといって、暴力を振るった側の責任がいささかも軽減される訳ではない。お仕置きとして暴力を振るうことは根絶できないにしても、少なくとも、殴られた者の状況を観察して手加減することは常識であり、必須であろう。よって、これが一線級のスキャンダルであることは否めない。
 朝青龍問題といい、最近の相撲協会は、対応がおかしい。今更言うのもなんだが、相撲協会の会長が元横綱というのもどうだか。一般の識者を会長に据えるべきであろう。このことは、将棋連盟にも言える。米長会長が、バランスのとれたマネジメントをしているようには見えない。一事に徹すれば、一事には通じるかもしれない。しかし、万事には、より通じにくくなろう。人間の能力は有限なのであるから。

2007年9月30日

シス担を雑用係と呼ばないで

 最近、アマゾンから表記題名の本が紹介されてきたので、早速注文して読んでみた。おふざけ系の内容であるが、私は素直に笑えない。寧ろ、身につまされる。それは、私も、長らく、会社の部門で、システム担当者、すなわちシス担を担当していたからである。
 先ず、シス担として、悩みなのは、正式な仕事としてなかなか認められてもらえないことである。すなわち、シス担は、他に正規の仕事があって、パソコンが好きだから、ボランティアでやっている、という建前である。強いて言えば、会社の管理職からすると、正規の仕事の合間として、息抜きでやらせてあげているんだからありがたく思え、でも、本来の仕事に影響がない程度にしよろ、という感じである。
 パソコンが出始めの20年くらい前なら、それでもよかった。その頃は、パソコンは1台100万円くらいして、部門にも数台しかなく、部長クラスの偉い人しか使えないので、シス担だと、サポートと称して、パソコンに触ることができる。それは、当時にしてみれば、無上の特権であり、幸せであった。
 ところが、1994年くらいからだろうか、OSとしてWindows3.1(まだ、95ではない)が普及して、パソコンも一人一台になってくると、シス担も安閑とはしていられなくなった。それは、パソコン普及の初期の頃で、ごく一部の人しかパソコンに詳しくない時代である。私とて、玩具のような短いプログラムをBASICで書く程度で、マニアというにはほど遠いスキルである。それでも、他の人がやらないので、OSの導入からサポートせざるをえなかった。
 しかし、当時は、まだCD-ROMドライブも普及していない。よって、OSの導入もフロッピーから行わざるをえない。これが複数のFDをとっかえするのがやたらうっとおしく、また、部門には、数十人から人がいて、それを一人一人サポートしていくのである。これが忍耐の修行でなくてなんだろうか。すくなくとも、コンピュータのスキル向上にはなんの役にも立たない。同じことの繰り返しだからである。
 導入したら導入したで、Windows3.1はよくハングする。そのたびに呼ばれる。また、当時のパソコンはメモリが2MBと小さいだけでなく、メモリ管理がとても不便で、MS-DOSのメモリ管理に依存しているものだから、640MB以上の領域をうまく使えない。それで、QEMMとかいうメモリ管理ツールを導入したりするのだが、これの最適化がとても大変である。それで、ちょっとアプリを立ち上げると、すぐにメモリ不足で動作不能になる。それでまた呼ばれる。
 こういうシステム本来の不具合によるサポートの必要性とは別に、当時、ソフトウェアの著作権管理の重要性が叫ばれるようになった。すなよち、大きい声ではいえないが昔は、一本のソフトを買って、それを沢山の人に導入することも平気で行われていたが、1995年くらいから、ソフトウェアの著作権侵害が世間中の重大な問題になり、それの管理もまた、シス担の重要な仕事となった。しかし、これがまた、大変。各人にどんなソフトを使っているか管理を依頼しても、いちいちケアしてくれないし、もし違反があると、なぜかシス担の責任ということになってしまう。あるときなど、ある管理職から、必要なのでどうしてもあるソフトを導入してほしいと言われたので、著作権の本数の懸念もあったが、緊急性により導入してあげた。そして、あとで注文すればよいと思った。ところが、ある飲み会の席で、その管理職から、お前が著作権侵害を助長していると非難され、流石に、あのときは切れそうになった。限られた時間で、正式な仕事でなくやっていて、導入作業と、ライセンス管理で、せいいっぱいであったからである。
 それで、当然ながら、何度も、シス担の増員をお願いした。ところが、管理職の回答は、そういう仕事に貴重な部員の時間を割くわけにはいかない、というものであった。これにも、逆上した。なぜなら、他の部員の時間を割くに値しないことを、私は長い時間を割いてやらされている、ということになるからである。
 シス担の他の悩みは、なかなか実質的に会社を休めないことである。休暇中に携帯に電話がかかってきて、プリンタの調子が悪いだの、システムがクラッシュしただの、よくある。マーフィーの法則ではないが、いないときにトラブルが起きやすく、するといっそ休まない方が楽、ということになる。年末年始も、同僚が長期休暇をとるのを尻目に、この本にもあったように、サーバの遮断、電源投入その他のメンテナンスのために、会社に来なくてはならない。
 こうして、頑張ってきたが、2年くらい前から、部門で、シス担の主要な役割を、他の人に引き受けて戴くことができた。それはとてもありがたいことであるのに、時間がたつとその恩を次第に忘れている自分に気付く。こうしてみると、シス担で苦労してきた私でさえそうなのでから、そういう苦労を知らない人が、シス担の存在を空気のように当然に思ってしまうのも、無理もない、のだろうか・・
 ただ、当然ながら、シス担をやっていたよかったと思われることもあって、それは、女子社員や派遣社員をサポートしていると、それなりに信頼関係が生じてきて、なにかのとき、助けてもらったり、励ましてもらったりできることである。これは、結構大きい。また、システムをメンテする必要性から、どうしてもある程度コンピュータのことを勉強する必要はあり、この知識は財産である(ただ、時代の流れは早く、直ぐに陳腐化するのは辛い)。あと、どうしてもシス担をやっていると、辛抱強くなるが、それでも、結構逆上してしまうのは、これはもう、人間の修行がたりない、というよりない。この最後のところが、仏教の修行にも似て、コンピュータのスキルよりも数倍、数十倍も難しい。よって、シス担も結局はヒューマンスキルである、という平凡な結論に落ち着くのである。

About 2007年9月

2007年9月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。