« 哲学者の死に様 | メイン | 女子アマ囲碁 »

二重被爆

 広島と、長崎の両方で原爆の被害に遭うことを、二重被爆という。そういう用語を聞いたとき、そんなことはありえるのか、とふと疑問に思ったが、ホームページなどで調べて、その典型的なシナリオを見てみると、なるほど、ありえる、と思った。すなわち、三菱重工長崎造船所といえば、当時、軍艦建造の1つの拠点であった。ところが、広島県の呉もまた、別の軍艦建造の拠点である。
 山口彊さんという人は、三菱長崎造船所の艤装設計課に勤務して、広島の造船所に設計の応援に行っていた。8月7日が、長崎に戻る予定の日だった。しかし、8月6日の朝、広島で原爆に遭ってしまう。髪が燃え、体の左半分が大やけどするほどの被害だった。道路には死体の山。しかし、足がなんとか動くので、造船所に行き、翌日の8月7日、救援列車に乗り、8月8日の昼ごろ、長崎に着いた。顔と両腕を包帯でぐるぐる巻きにして8月9日に長崎の造船所に出勤すると、同僚は皆驚いた。同僚に、広島のすごい爆弾の話をしたが、広島の街が一発の爆弾にやられるなんて、誰も信じなかった。そう話しているうちに、閃光がきらめいた。あっ、あの爆弾だ、と思い、反射的に机の下にもぐったという。
 このような二重被爆者は、100人くらいいるらしいが、みんな高齢で、亡くなるのでだんだん実態がわからなくなるという。上記のように二重被爆者の多くの人は、造船関係者であると思われる。それが、長崎と広島を結ぶ1つの線だからである。しかし、原爆を間近に浴びて、その3日後に、長崎の地に立てるというのは凄い体力と気力である。そこで再び原爆の被害を受けるというのが驚異的な運命であるなら、それを生き延びて平均寿命まで到るというのも凄い。
 話は少し違うが、中世のヨーロッパで、ペストにより人口が3分の1くらいに減ったとき、生き残った人は、特別に恵まれた検疫条件や体力にあった、というよりも、先天的にペストにかかりにくい体質であった、という。その類推からいくと、相対的に放射能被害に強い体質の人がいるのではないだろうか。そうでなければ、広島の原爆で半身が焼け爛れるほど火傷をして、相当の放射能も浴びて、さらに3日後も長崎で原爆を受けて、白血病にもならず、天寿をまっとうできるはずがない。
 ともかく、人間の幸福はワンパターンであるが、人間の不幸というか数奇な運命にはさまざまなパターンがある、というトルストイだったかの言葉を今更のように噛み締める次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/332

About

2007年9月 1日 14:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「哲学者の死に様」です。

次の投稿は「女子アマ囲碁」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。