« 複線キャリア | メイン | オイラーの豊穣 »

When sadness is a good thing

TIMEを読んでいたら、"When sadness is a good thing" という記事があった。その内容に、ここでは詳しく触れないが、改めて思い起こしたのは、「痛み」の効用である。
 例えば、手術や怪我などで痛い目に遭った人は、肉体的な痛みなどなければよいと思ったことがあるに違いない。もちろん、私もそう思った。だから、痛覚などなければ、人生幸せ、とつい考えてしまうのも、自然である。ところが、ものの本によると、痛覚がなくなる病気があって、そういう人は、長生きできないのだという。というのは、痛みがないと、体がちょっとした危険や外傷にも対応できずに、次第に生命を維持できなくなる、という。痛みが危険を知らせるシグナル、という訳である。
 ということは知っていたが、でもやはり心は違うのではないか、思っていた。どう違うかというと、心の痛みは流石によい影響はもたらさないのではないか、ということである。例えば、ストレスが昂じて鬱病や病気になる人が少なくない。だから、体の痛覚は、生命維持に必要であるが、心の痛覚は、百害あって一利なしだと。
 しかし、TIMEの記事によると、心の痛みも、精神の平衡に必要らしい。言われてみると納得だが、世の中、悲しいことが多いので、肉体の痛み以上に、心の痛みが必要である、というように思うことは、納得がいかない。どういう場合に心の痛みが必要なのだろうか。例えば、精神病のある症状に、多幸症というのがある。いつも楽しくて、エヘラエヘラ笑っている、というイメージであるが、それだと、きっと、なにか精神の箍を維持できないのだろう。
 ただ、戻って、肉体の痛みが生命の維持に必要ということは、やはりどうしても直感に反するし、心の痛みが精神の平衡に必要である、というのはもっと直感に反する。本当に正しいのだろうか、と再び疑問が湧いてきたところで、一旦擱くことにする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/349

About

2007年9月23日 14:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「複線キャリア」です。

次の投稿は「オイラーの豊穣」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。