« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月 アーカイブ

2007年10月 1日

ワーキングプア

 宝島新書「ワーキングプア」によると、日本では、ワーキングプアの定義は、年収200万円以下。日本では、550万人のワーキングプアがいる、という。ちなみに米国では、ワーキングプアは、3700万人。人口比で、日本より多い。
 また、生活保護を受ける要件は、年収100万円以下。
 一方、法的に最低賃金は、610円/時。
 このように日本にワーキングプアが多い理由として、非正社員の多さがある。日本では、15~34歳の非正社員は、600万人。そのうち派遣社員は、370万円。
 このようになった理由の1つは、就職氷河期の存在。企業が決定的に新卒の採用を絞ったので、新卒学生で非正社員になる者が増えた。
 一方で、企業のリストラにより、中高年の非正社員が増えた。
 新卒学生で、正社員になれないと、とりあえずできるのは、コンビニ店員のような比較的単純労働である。すなわち、これで食いつないで、正社員の機会をまつ。しかし、新卒でなくて途中入社として応募しようとすると、実務経験が問われるのが普通である。すると、いままで単純労働しかしていないと、そこで撥ねられてしまう。そこで考えられるのは、学校に通って資格をとることである。例えば、昔は高嶺の花であった司法試験も、法科大学院に行くと、5割程度の合格率で、弁護士/検事/裁判官になれる。ところが、法科大学院の授業料は半端ではない。毎年300万円程度かかり、それと生活費もあるとすると、相当な貯金があるか実家からの支援が期待できないと、無理である。こうして、一旦新卒学生で非正社員に就くと、そこからなかなか脱出できなくなる。
 中高年の非正社員の場合、ある意味もっと悲惨である。というのは、家族や住宅ローンを抱えていたりするからである。それで、会社での仕事がある程度の地位以上の管理職で、社内調整型の仕事をしていると却って次の仕事がみつけにくかったりする。というのは、そういう仕事だと、他社で通用しにくい。また、いままでなまじ高い年収だったので、余計に使いにくい。すると、スキルのポータビリティという観点からは、経理のスキル、翻訳のスキル、特定の技術の開発スキル、コンピュータ・スキルのように、社内では単なる実務家としてあまり昇進の対象なりにくいような特定スキルの方が有利、ということになる。ところがなかなか、会社はそういう仕事ばかりで動いている訳ではないので、リストラされて困窮する人は、あとを絶たない。
 こうして、日本でも、ワーキングプアは増えるばかりである。池田信夫氏など、その原因を、日本の会社の正社員保護システムに求める。すなわち、一旦会社に採用されると、よほど不祥事を起こしたり、能力不適合であることが判明しないと、会社は、社員をクビにできない。リストラを言い渡されても、ひたすらしがみつく方法はある。よって、正社員が減らないので、どうしても会社は、採用を控え。都合により簡単に辞めてもらいやすい派遣社員の比率を増やそうとする。もし、正社員を比較的簡単に辞めてもらえるようにし、また、労働市場を活発化すれば、次第にワーキングプアの問題は、解決される、というのが池田氏の論旨である。しかし、私は、今の日本の社会では、会社を辞めるということは、相当な一方向関数で、その逆関数は、とても求めにくい。
 実際世の中をみていると、例えば、和文英訳などの分野で、需要は結構ある。従って、よい英文が書ければ、仕事はある、ということになって、上記一方向関数の逆関数のポテンシャル・バリアを超えられる、ということになる。
 しかし、ある水準をみたす英文を書くことは、平均的な日本人にとって、とてつもなく難しい。ひたすらマニアのように単語を調べ、英文を練り上げていく、偏執狂のような人だけが生き残れるであろう。和文英訳は1つの例で、世間で広く通用する専門スキルというのは、大抵そうしたものであるはずである。そこで、インテル元会長、アンディ・グローブの、「パラノイアだけが生き残れる。」という至言の意味が分かる。
 しかし、パラノイアが世の中においそれといるものでもなく、また、そういう人が溢れる世界は、おぞましい。かくして、ワーキングプアの問題は根が深い。
 思うに、大会社のCEOなど、年収10億円とか、使いきれないほどの報酬を得ている訳で、こういうのをワーキングプアとの平準化をはかれるように、少しでも均すことができれば、絶対多数の幸福は増大すると思われるが、そういう共産主義みたいな言い方は、とても嫌われる。ワーキングプアは、そのうちフランス革命のようなことでも、起こすか。まあ、無理だけど。
 そういえば、アメリカに対するテロも、ワーキングプアのイスラム教徒によって、起こされたという面もある。なかなか、そう単純に図式ではないにしても。
 ちょっと論旨がまとまらなくなってきたので、いったん擱いて考えなおすことにする。

2007年10月 2日

国際熱核融合実験炉

 私が、しがない物理学科の学生だった30数年前、次世代のエネルギー源は、核融合であるといわれ、ああ、そういう研究者になれれば、と憧れていた。そして、電磁流体力学などという本を、買いもしないで、ただ眺めたりしていたが、核融合炉というのは、どうも実用は無理らしい、という風評になり、そのうち、核融合云々というより、物理学から見放されて、さらにしがないサラリーマンになった。その間も、核融合というのは、無理なんだよね、と今にいたるまで思っていたら、なんと、レーガンのゴルバチョフの対談で、約20年前に、国際的な核融合実験炉の計画が立ち上げられていた。知らなかった。それは、50万KWを安定的に出力できるようにすることを目標とするもので、実験炉の建設費は5000億円、2016年の完成を目指すのだという。
 しかし、少なくとも30数年前には核融合炉の研究はそれなりに行われていた。で、2016年の完成を目指すということは、少なくとも40年は研究開発に時間がかかる、ということになるが、何か一体そんなに時間がかかるのか、プラズマ電磁流体が、そんなに捉え難いのか、閉じ込めにくいのか、で短気な私は、結局、そんなん見込みないんちゃう?とつい思ってしまう。
 そういう目でみると、5000億円なんて大した額ではなく、ちょっとしたビル程度である。
 そこで考えてみた。核融合炉は、可能性は低いが、世界の投機的事業なのだと。世界は、特に核融合炉に期待していない。ものになればラッキーと思っている。少なくとも、核融合炉が、ポスト化石燃料の旗手であるなんて、信じている人は少ない。ただ、科学者として、エンジニアとして、核融合炉というのは夢が託せるのだろう。
 ともかく、これをきっかけに、核融合を少し勉強してみることにする。

2007年10月 3日

とりかえしのつかなさ、について

 先日、テレビをぼんやりと見ていたら、ある映画のプロモーション・インタビューをしていた。すなわち、映画の封切前に、監督や出演者がならんで、インタビューを受け、「苦労して演技しましたので、是非、見てください。」とかいう、ものである。ところが、この番組は、どうもおかしい。主演の女性がやたら、不機嫌で寡黙なのである。インタビューされて、「別に。」とか、黙りこくったりしている。
 とても違和感を感じていたら、後で、その女優は、私は知らなかったが、沢尻エリカとかいって、最近売れているそうである。
 また、理由があって不機嫌を通したなら、突っ張ればいいのに、後で、自分のホームページで、平謝りに謝っている、という。
 しかし、女優のような人気商売で、しかもああいう場で、不機嫌さを醸し出しては、致命的である。相当に取り返しがつかない。
 このように、よく言われていることであるが、人生では、信用を得るのは、とても大変であるが、失うのは一瞬である。これを人生の一方向関数という(私が勝手にそう言うだけである)。
 どうしてそういう一方向性が人生に生じるか、というと、人生がなりよりも、宗教でいうところの修行の場だからである。すなわち、人生は、精進し続けて生きなくてはならない、というルール折込で作られている。すなわち、世界をXとすると、そういう一方向関数fがあって、数学的に言うと?、X≡(X,f)と定義される。では、fが一方向関数ではなく、f = f -1のような世界はどういうものかというと、それは、例えば、ゲームの世界である。例えば、将棋である。すなわち、将棋の世界に限るなら、負けたら、また並べ直せばよい。
 ところが、ゲームは人間が競技するものであって、例えば、ある勝負に勝ったら、1000万円の賞金が出る、ということになると、可逆的なゲームのはずなのに、実世界へのプロジェクションにおいて、可逆でなくなる。こうして、ゲームの中にも、実世界の一方向性、すなわち、苦悩が導入される。
 では、現実の苦悩を減らすにはどうすればよいかというと、問題は、fの一方向性にあるので、fを、より逆関数を求めやすいf’に置き換えることである。
 それは、1つには、独居し、1つには、名声を離れた生活を送り、またさらには、欲望を滅却することである。こうして、仏教でいうような生き方が自然に導出されるのである。えっ? 何が言いたいかって? 別に

2007年10月 5日

流石、羽生

 王座戦は、羽生が久保を3タテで破って、なんと16連覇を達成した。王位失冠の失意を感じさせず、というよりも、王位失冠の怒りをぶつけたような凄い将棋ばかりで、特に、第3局は、ありきたりの対振飛車早繰銀かと思っていたら、羽生が、12王とかわしたばかりでなく、63のと金に金を逃げず、52、41とと金で金を2枚も取らせたのだから、驚き入った。どうしてここまで激しく指す必要があるのだろうと、思われるほどである。
 こうして華麗な技を見せつつも、羽生のタイトル数は次第に減っていく。要するに、大山みたいに貪欲でないので、がっつくことが苦手なのだろう。羽生は、第1線のまま意外に早く引退して、周囲をあっと言わせるのではないだろうか。

2007年10月 8日

サイバーテロ

 新聞によると、電子立国として知られるエストニアで、今年の4月、政府機関や金融機関が1ヶ月に亘り、サイバーテロに遭ったという。
 サイバーテロには、私の知る限り、下記のものがある。
- DoS : 従量攻撃
- 不正侵入してデータを盗むこと、及び改竄
- コンピュータ・ウィルスをばらまくこと
 今回の攻撃は特に、DoSによるものであった。それもBotnetといって、コンピュータ・ウィルスを世界中にばらまき、PCに感染させる。感染したPCは、そのユーザが気がつかないところで、感染したコンピュータ・ウィルスによって遠隔操作され、例えば、ある外部命令によって、感染した多数のPCが一斉にあるサイトにアクセスを仕掛けるということが可能になる。
 これを守る側は、もしDoSが、海外からのものだと分かると、海外からのゲートウェイを閉じるよりない。すると、有意義なパケットも遮断されてしまうかもしれないが、仕方がない。
 また、Botnetによって踏み台にされないためには、各PCが、ウィルス駆除ソフトを導入して感染を防ぐよりないが、これは、アタックを受ける側にとってコントロール外なので、どうしようもない。
 ところで、マイクロソフトのセキュリティパッチが出る度に思うのは、絶対にコンピュータ・ウィルスの感染を許さないようなオペレーティング・システムはないのか、ということである。例えば、アプリケーションも含めてすべてのコードがROMに焼き付けられたようなシステムなら、コンピュータ・ウィルスが感染不可能であるが、それだと、あまりにも融通が利かなくて、軍事用ならともかく、ビジネスや家庭用には向かない。そこで、新たなアプリケーションを受け入れつつ、インテグリティを保つオペレーティング・システムはないのか、ということになり、その方向では当然に研究がなされているに違いない。例えば、セキュアOSという概念であり、近年、Trusted Computing Group(TCG)という、セキュアOSの標準団体も存在する。
 一方で、DoSを受けるサーバ側であるが、質ではなく量による攻撃なので、セキュアOSというのとは別の概念であるが、既存の技術としては、DoSであることを検出すると、これにフィルターをかける技術である。あるいは、DoSのパケットを通しつつも、利用している物理ページ数がプロセス自身が要求したページ数を下回らずかつ利用している物理ページ数と利用したい物理ページ数の差が最も大きいプロセスを発見して、これをスクリーンアウトする技術もある。ただ、こういう技術は2000年に入ってさかんに研究されているが、それでもエストニアのような事例があるところをみると、正しいアクセスは通しつつ、不正な量の攻撃を阻止するというのはなかなか難しく、まだ、技術として発展の途上にある、と思われる。

野村 楽天

 今日テレビを見ていたら、どうやって、野村監督が、楽天を強くしたか、という特集番組がNHKで報道されていたので、私なりにメモをとってみた。
 以下、その要約である。
 先ず、楽天は、今年も、1勝5敗と、悪いスタートを切った。そのときの野村監督のコメントが、いかにも彼らしい。「野球が好きな奴がいない。」
 ともかく、冷静に考えると、楽天を率いるということは、とても不利である。なぜなら、実績がある選手があまりいない。寄せ集めでスタートと言ってよい。
そこで、野監督が採った手段は、思い切って経験のない若手を起用する、というものであった。そうして、野村が強調したことは、自分で考えて野球をする、ということ。
 大物ルーキー、元駒大苫小牧の田中将大がデビューした。しかし、いきなりプロの洗礼ということで、集中打を浴びた。そこで、呼びつけて叱らないところが、野村らしい。野村は、田中将大に直接何も言わないで、単に、記者会見で、「真面目すぎる。」とだけコメントした。それを、翌日のスポーツ新聞が取材報道して、それが田中の目に入る、という次第である。
 野村の主義があって、それは、「やらせてみる、考えさせる。」というものである。ID野球の真骨頂である、とも言える。
 いくら野村でも大胆すぎる、と思われるのは、チームの要のキャッチャーに、ルーキーの嶋を起用したことである。野村曰く、ルーキーのキャッチャーを起用するのは、古田以来だと。分からないけど、野村といえども、古田にせよ、嶋にせよ、その能力を見切った訳ではあるまい。清水の舞台だったのではあるまいか。しかし、嶋は立派に野村の期待に応えた。
 再び野村は言う。「考えさせる。」と。答えは自分では言わない。また、失敗を恐れない。失敗してからまた考えればよい。
 田中将大が、出れば勝ちということが続いたことがあった。それに対して、野村監督のコメントが奮っている。「マーくん、神の子、不思議な子。」
 楽天復活の立役者の一人に、山崎武司(38歳)がいる。彼は、かつて中日で活躍しながら、その後のロッテで戦力外通知を受けて、いわば楽天に流れてきた。その山崎にも、野村は言う。「焦る必要はない。考えなさい。」と。
 こうして、楽天は、8月は15勝12敗と快進撃であった。
 それで面白いのが、野村監督の反応。決して素直に喜ばない。「いいときばかりじゃないよ。」と。実際、9月に入ってメタメタ。
 それでも、何とか持ち直して、10月には4位を確定した。楽天の戦力を考えるとき、これは上出来であろう。
 野村監督は、そこで、「気合が入っているかどうかだ。」と言う。
 以上から、野村監督のコメントを纏めると次のとおりである。
 - 野球を好きになること
- 自分で考えること(経験は、必ずしも関係ない)
- 失敗を恐れないこと
- 焦ってはいけないこと
- 悪くても腐らないこと
- 気合を入れること
 

特許制度の未来

 ブログの論客、池田信夫氏は、特許や著作権制度に対して、とても厳しく、一時は、発明者、著作者のインセンティブを鼓吹したこういう制度も、最早、世の中の発展を阻害する側に廻っていないか、とコメントする。
 私は、確かに、そういう面はなくもないと思う。すなわち、特許制度は19世紀のランプや蒸気機関のような物理的実体を保護するために相応しく、現代のソフトウェアやオープンソースになじみにくいものになっていると思う。
 また、著作権も、グーテンベルグの活版印刷の延長線上にある出版物の保護からなかなか抜け出ず、最近のコンピュータで簡単にコンテンツがばらまかれ、且つ容易に改変できる自体にそぐわなくなってきている。
 では、そろそろ、特許制度や著作権制度をなくしてしまうべきか、というと私はそうは思わない。理由は、少なくとも特許制度について、下記のとおりである。
 まず、今の特許制度は、自分の発明に対する保護を求めるために、きちんと発明を記述して、公開することを要件とする。これは、とても重要なことであって、これによって、後に続く者たちが、検索して、先行技術を効果的に検索できる。もっと言うと、公開される特許情報は、出願人、発明者、出願日、など内容のみならず書誌事項も充実していて、特定の技術に関していつからどういう会社がどういう内容で研究を行っているか、ということを知るために、何ら特殊な解析技術を要さない。また、特許庁のホームページから無料で検索できるため、費用もかからない。
 もし特許制度がないと、なかなか、こういう組織だった情報公開はなされず、下手をすると、江戸時代の家元みたいな奥義にとどまってしまう危険性がある。池田氏は、私と違って、特許調査ということをやったことがないので、この辺を肌で理解することが難しいのだと思う。ただ、あえて余計なことを言うと、特許明細書を書く弁理士または特許技術者がきちんと技術を理解していないため、相当ピントのずれた開示内容になっていることがある。この点、発明者自身にきちんと記述してもらうとともに、弁理士または特許技術者も、相当の技術の勉強が必要であろう。さらに言うなら、特許明細書のフォーマット自身が、とても硬直して記載の自由度が小さい。例えば、特許図面でカラーは許容されないし、複雑な数式は、GIFなどのイメージで記述するしかない。この辺は、特許庁は工夫の余地があると思われる。
 さて、こういう公開の見返りに保護を求めるというのが特許制度の趣旨になると、最早、差し止めということはよほど悪質である場合した認められず、ほとんどは、ライセンス実施料程度の金銭補償による保護、ということになろう。言い換えると、特許制度保護のRAND化である。
 知的財産の枠組みの中でも、著作権は、特許とは違い、上記の議論をそのまま当てはめることはできない。しかし、特にディジタル時代になって、著作者人格権あたりの融通の利かなさは、最早時代遅れもいいところで、いまは緻密な議論はできないが、やはり、著作権も妥当な印税程度の保護にとどまる、ということになろう。
 このあたり、もう少しきちんと議論をするべく勉強してみる。

2007年10月10日

超人、トルコ人宇宙飛行士

 世の中には、多芸多才な人というのは沢山いるが、しかし、発明という雑誌に紹介されていた、アニリール・セルカンというトルコ人宇宙飛行士よりも多芸多才な人な人はなかなかいないと思われるので、その多才ぶりを少し記述してみる。
 アニリール・セルカンは、1973年、ドイツ生まれ。しかし、トルコ国籍。大学卒業までドイツ、スイスで過ごし、しかしなぜか、イリノイ工科大学建築科卒。こう書くと普通の秀才だが、スキー選手として国の代表にまでなったこと、18歳で、パイロットの資格を取ったこと、8カ国語をマスターしている、というあたりから、「ううん、只者でない。」ということになってくる。
 しかし、これは序の口。2001年には、NASAで、宇宙構造材料系客員研究員となり、建築の素養と、その後学んだ宇宙物理学をうまく融合させる。
 また、宇宙飛行士としての訓練も受けている。惑星間有人ミッションの候補として、月す火星のどちらかに行く計画があるという。
 その間にも、宇宙エレベータに関する研究で、US Technology Award他いくつかの賞を得る。
 また、8カ国語といっても、半端でない。ドイツに生まれたので、ドイツ語は当然として、両親がトルコ人なので、トルコ語は話すし、祖母が現代ギリシャ語の話者なので、現代ギリシャ語も話す。また、古代語として、ラテン語、古代ギリシャ語、とそして、なんとシュメール語。これは、古代メソポタミアで使用されていた言語で、世界に読める人が26人しかいないという。
 今は、東大の工科大学院建築専攻大学院の助教授。日本が好きになった理由は、長野オリンピックのトルコのスキー代表として、日本に来たのがきっかけというから、一体、どのタイミングで宇宙物理も勉強していたのだ、と聞きたくなる。
 ともかく、なかなかユニークな人がいるものだ、とただ感心するのみである。
 

2007年10月11日

プライマリー・ライフ

 最近、セカンド・ライフと称する、コンピュータによる仮想世界が話題に上っている。要するに、これのアカウントをもった者は、アバタと称する姿形を選び、仮想世界内で、そのアバタの姿で、歩き、ワープし、飛ぶことができる。
 そこで、誰もが考えそうなことを書いてみる。
 すなわち、この世が実は、ある別世界であるプライマリー・ライフから見た、仮想世界である、というものである。プライマリー・ライフは、どんかものなのか、私もよく分からないけれども、この世よりも軋轢が少なく、快適な世界であるとする。そこで、プライマリー・ライフの住人は、リアル・ライフという仮想空間プロバイダと契約して、現世にログインする。現世にログインするとき、アバタとしての容姿と、養育してもらう両親を選ぶ。また、なぜか、リアル・ライフでプレーしている最中は、プライマリー・ライフのことの記憶は、ほとんどなくしている。
 リアル・ライフでのプレイは、プライマリー・ライフでの生活に較べて、とても不自由で、苦しい。プライマリー・ライフでは、1つのところから遠方に行くのに、簡単ワープすればいいのに、リアル・ライフでは、歩いたり、乗物に乗ったりして、移動するしかない。リアル・ライフでは、いろいろなアバタや両親が選べるけど、ゲーム開始時の世話役は、なるべく醜いアバタと、貧しい両親を選ぶように忠告する。その方が、「徳」というポイントを積みやすいから、ということらしい。そこで、とても苦しい病気をもってリアル・ライフにログインしようとする人もいる。世話役は、流石にそこまでは推奨していない。しかし、そうして一気に徳を得ようとする者もいる。
 リアル・ライフにログインしたものは、皆一様に後悔する。とても苦しいからである。しかし、アバタが壊れるまで、ログアウトは許されない。ただ、何時間か毎に、意識をプライマリー・ライフに戻すことができる。その間は、リアル・ライフでは、アバタは休眠している。そういう意識を戻す時間がないと、アバタは、リアル・ライフで活動を続けられない。
 そんな苦しいリアル・ライフなのに、プライマリー・ライフで申し込む人が後を絶たない。なぜ申し込むのか、どんな生活がそこにあるのか、行って帰ってきた人は沢山いるのに、誰もリアル・ライフのことを多く語る人はいない。
 という訳の分からないことを考えてみた次第である。

2007年10月12日

戦略的謙虚

 昨日の内藤対亀田のボクシングWBCフライ級世界王座戦は、とても惨めだった。昨年からビッグマウスで鳴らしてきた亀田は、マスコミに十分なネタを提供してきた。とりあえず勝つことで話題が沸騰するので、勝てる相手を探してマッチメーキングされてきた。それをいいことに、亀田は大言豪語を繰り返し、アンチファンを鼓吹しつつも、話題をさらってきた。しかし、私は、亀田を可哀想に思ってきた。なぜなら、あのように大言豪語を繰り返して得するのは、マスコミばかりであり、勝負に常勝はありえないので、あのままだと負けたときの損失が大きすぎるからである。
 そして、今、敗戦を迎え、アンチファンは、溜飲を下げ、またしても、それを記事にするマスコミに格好の記事を餌を与えてしまった。
 さて、チャンピオンの内藤であるが、戦略的謙虚とでもいうべき冷静を保ち、マスコミに騒がれることはなかったが、勝った後も、相手を讃え、チャンピオンとしての威厳と品位を保った。しかし、最後にこう付け加えるのを忘れなかった、前チャンピオンより弱かった。
 ところが、私は、こういう亀田が嫌いではない。人間の弱さ、脆さを隠していない。平気でマスコミに乗せられてしまっている。馬鹿かもしれないが、悪い奴ではない。なぜか、いとおしくてたまらないのである。ただ、次は大言豪語しないで、謙虚に戦おうぜ、まだまだ強くなれるのだから。

2007年10月13日

ペルソナ・マーケティング

 日経情報ストラテジーの10月号に、ペルソナ・マーケティングの特集があった。しかし、ペルソナ・マーケティングと聞いても、その意味するところは、字義から自明ではない。そこで、例によって自分用のメモのために記述してみる。
 ここでいうペルソナとは、ターゲットにする典型的な顧客のことである。それは、組織とか、ある年代の人々のような集合的対象ではなく、個人、あるいはせいせいが、その個人の家族である。また、具体的な個人ではなく、抽象化された個人である。
 では、そのペルソナをどう絞り込むのだろうか。そこは、実は、なかなか自明ではなく、各社のノウハウでもあるのだろうが、ともかくそのとっかかりは先ず、いくつかの個人に徹底的なインタビューを行い、詳細なプロファイルを作成することである。その人選は、ホームページへのアクセス、メールマガジン、コールセンターなどである。手始めに100人以上にアンケートをする場合もある。
 ある会社では、6家族にインタビューを行い、それぞれに2時間をかけたという。こうして、それらを集約し抽象化することで、典型的なある一人または1家族のペルソナが浮かび上がる。
 一旦ペルソナができると、そのペルソナが満足を示すであろうとする方向で製品の開発が行われ、あるいは販売戦略がとられる。
 確かに、実際に商品を購入するのは、一人一人の個人であって、グループではないので、ペルソナを作ることの意義は分からないではないが、でも、集約し抽象化することで抜け落ちるものが沢山ないのか、という素朴な疑問は、消えない。また、インタビュー結果からペルソナを作成する過程も、相当に恣意的で、よりペルソナができる保証があるのか、ということにもなる。
 そういう疑問に、千葉工業大学のデザイン学科山崎教授は、次のように答える。「一家の主婦が夕食を作るとき、家族のことを思い浮かべる。主婦なら、仕事帰りの夫であり、具体的に顧客を思い浮かべることが、創意工夫を生む。そういう具体的なイメージをいだくことのメリットがあるので、人物像を絞り込むことによるリスクは大したことがない。」
 ペルソナの作成は、データマイニングのような大数の法則を使ったものではない。限定された人物に対するインタビューの結果の言語的結果に対する、感性的処理である。よって、データマイニングの数理処理を補うものと理解することにする。

2007年10月14日

アル・ゴアのノーベル平和賞

 池田信夫氏のブログで、数日前から予想されていたが、案の定、アル・ゴアがノーベル平和賞を受賞した。アル・ゴアの作品「不都合な真実」に対して、イギリスのある父兄から、内容に間違いが多いので子供向けに放映さないでほしいという訴えが、英国高等法院に提訴されていたが、英国高等法院は、確かに、いつくかの間違いはあるものの、環境保全と人間の活動が温暖化など環境に影響を及ぼすことを効果的に訴えている、として訴えを却下した。
 私は、反地球温暖化シンパなので、アル・ゴアのノーベル平和賞を、とても冷ややかに見つめる、その中の少なくない人々の一人なのであるが、しかし、今ふと、彼が副大統領時代に提唱した情報ハイウェイの構想を思い出した。実際、それは、米国の情報インフラを改善するのにとても役に立ったのであり、それをもって改めて、彼がとても優れた旗振り手であることを認識するのである。その点で、ブッシュは足許にも及ばない。ゴアが地球温暖化防止運動に与したおかげで、それはとてもメジャーになった。冷静に見ると、それは、ある政治的な勢力に利用された、とも言えるが、二酸化炭素削減の科学的妥当性はともかく、有限な化石燃料資源を考慮しても、エネルギー消費を抑えなくてはならないことは、必然である。
 さて、やはり池田信夫氏のブログによると、次期米国大統領は、ヒラリー・クリントンで決まりであり、アル・ゴアは、ヒラリーととても良好な関係にある、という。すると、アル・ゴアのノーベル平和賞は、ヒラリー登場の恰好の露払いであり、誰か分からないけれども、ある黒幕のような人々が描いたシナリオの一つが、このノーベル平和賞ということになろう。ノーベル平和賞の茶番性は、つとに人口に膾炙しており、アル・ゴアの受賞で、今更、茶番性に新たなページが付け加えられる程でもない。そういう意味では、なんともニュース性の乏しい出来事ではある。

羽生マジック

 最近の羽生の戦績をみていると、なんのかんのと言っても3局指して2回は勝つ、というペースは何とか維持しているので、不調とも思えないが、しかし、一時のオーラは感じない。依然トップ棋士ではあるけれども、他のトップ棋士とどんくりの背比べ、といったところである。そんなだから、終盤の競り合いになっても、勝つことは勝つが、結構平凡な決め手を見落として負けることもあり、よって、一時流行った、「羽生マジック」という言い方は、ほどんど死語になっているように思われる。
 そんなだから、今日のNHK杯戦、羽生対中川も、順当にいけば羽生なんだろうけど、中川が勝っても全然おかしくない、と思った。実際、戦型は予想どおり相居飛車であったが、中盤からなんとなく、羽生の陣形の模様がおかしい。普通に指していると、じわじわと羽生陣が不利になるので、羽生から手を作っていくしかない、という様子である。案の定、羽生の無理な動きを咎めて、中川が優勢を拡大していった。もう少し形勢を保つ手段もあったと思うが、羽生がどんどん敗勢に陥っていく。58の王に対して、66歩から急所を攻められ、風前の灯火。84角成と、とりあえずぶらさがるような手に対しても、64飛で、王手角取りで、只で馬を抜かれた。ここで投げても、誰も文句を言わない形勢である。ところが、羽生は、65銀と中合いで頑張る。これを羽生マジックと呼んだら、私は笑う。なぜなら、全然相手玉に対して響いていないからである。
 ところが、中川が81飛と、結果的に一手パスになる手を指して、少しだけ流れが変わった。羽生の王は、49まで下がり、小康を得た。しかし、依然として形勢は大差。ついに飛車が成ってくる。この飛車成りがあるから、81飛を一手パスと呼ぶ。解説の加藤一二三は、ここで39玉の方が正解で、逆転の余地もあるかも、という。しかし、羽生は、98角と打った。単に、54銀と王手で進めるだけのことである。38に逃げた王に対して、99龍と中川が迫る。羽生は、とりあえず26飛車と、飛車で桂馬を食いちぎる。ところが、同歩に、22銀、同金に対して、びっくり。43銀成で、ぴったり詰んでしまっているではないか。最後に、98角が利いている。羽生マジックと呼ぶには、あまりにも迫力のない、タナボタみたいな詰みであった。ただ、わずかの可能性を残すように指すやりかたは、結果論であるが、流石である。
 ところで、最近、運命論のようなことを考える。すなわち、ある悲劇に巻き込まれた人の運命を見ると、羽生マジックならぬ、運命マジック、とでもいうべき流れがあるようだ。典型的には、10くらい選択肢がある中で、なぜか、一番悪い選択肢を選んでしまう。客観的に、まずくなった状況に気付いて手を打つはずなのに、変に楽観的というか鈍感で、不急の関係ない手段ばかりとっている。そうして、周囲から出ている黄信号、赤信号に気付かないのである。
 言い換えると、将棋でうまく逆転する人は、運命が人を陥れるテクニックをマスターしている、と言える。そんなテクニックを人間が駆使していいのか、そのことに後ろめたさを感じるような人は、まあ、人生の成功者たりえず、それはそれでいいのだ、と諦念をもっていきていくことになるのである。

2007年10月15日

オイラーと力学

 先日のオイラーに関するブログ、オイラーの豊穣で、オイラーは、力学にあまり貢献がないのではないか、と書いたが、これは大変な不明、霊界にいるオイラーが見たら、呆れて、どこかに行ってしまうような愚かな命題であった。
 というのは、数学セミナーのオイラー特集号をさらに読むと、「ニュートンのプリンキピアには、力学の法則は、"運動の変化は、及ぼされる駆動力に比例し、その力が及ぼされる直線の方向に行われる。"というように、文章でのみ書かれている。」という。
 これではなかなか現実の系に適用できないが、この法則を初めて、二階連立常微分方程式の形に書き下したのが、オイラーである、というのだから、オイラーこそが解析力学の父なのであった。それだけではない。力学に、大きさがなく重さだけがある質点の概念を導入したのも、オイラーであるという。これは、とても大切なことで、もし大きさがあると、慣性モーメントなどが生じて、運動方程式がとても複雑になってしまう。典型的には、独楽の運動方程式がそうである。
 それだけではない。オイラーは、質点の概念を考えただけではなく、流体の連続方程式を考えた。これは、ベクトル解析で、divと書く、ダイバージェンスという式を使う、要するに、偏微分方程式である。オイラーは、これをさらに発展させて、ニュートンの方程式を連続流体に適用した、流体力学の方程式に想到した。これには、ナブラ、あるいは、gradとも書く、ベクトル解析の別の式が使われる。
 ここまで紹介すれば、霊界のオイラーは、許してくれるだろうか。えっ、そんなブログを書く暇があったら、ちゃんと勉強しなさい、って? すいません。

2007年10月16日

ミャンマーの民主化運動デモ

 最近、ミャンマーの民主化運動デモが報道されている。特徴的なのは、敬虔な仏教国で伝統的に高い尊敬を集めている僧侶が、何万人単位で参加していることである。ミャンマーの軍政は45年も続いており、なぜここにきて急に、という素朴な疑問が生じる。ミャンマーでのデモ行進と言えば、1988年に、学生反体制派がデモ行進しているところに、軍隊が襲撃し、数千人が殺される、という惨劇があった。しかし、それ以来、20年もの間、アサンウンスーチーさんの軟禁は続くものの、目だったデモ行動はなかった。
 目だった変化といえば、2004年に、秘密警察のトップだった、Khin Nyuntが追放されたこと。別の変化といえば、首都が、ラングーンからネピトーに遷都したこと。これにより、ラングーン市民が、軍事政権から受けるプレッシャが減った。いろいろ原因はあるが、このことは、デモの理由として大きいと思う。一方で、やはり、長年の軍政で、庶民の不満も頂点に達しているのだろう。
 さて、僧侶が多数デモに参加するとなると、そのデモ隊を襲撃することは、どうしても僧侶を傷害することは避けられない。ただ、敬虔な仏教国であるミャンマーでは、通常の状況で、僧侶に手を上げることは、とても冒涜的である。ある僧侶は、兵士に言った。お前は、地獄に落ちる、と。それを聞いた兵士は、恐怖の叫び声を上げた。こういう脅かしが仏教の趣旨に適うのかどうかわからないが、子供の頃から仏教に親しみ、僧を尊敬して育ったミャンマー国民には、軍事政権の施政者を含め、何ほどか、意味があろうし、あって戴きたいものである。
 さて、「民主主義の旗手」である、アメリカ合衆国は、こういう動きを緩和するために、軍事政権との対話を求めた。
 このようなミャンマーであるが、まだ北朝鮮よりましである。なぜなら、北朝鮮では、いかなる意味でも、民主化デモなどありえないからである。また、ある意味中国よりも民主的である。なぜなら、北京では、政府が糸を引く、反日デモのようなものしか許可されないからである。
 ただ、イラン、イラク、北朝鮮のような注目を、なかなかミャンマーは、浴びない。それは、ミャンマーが、豊富な天然資源国でもなく、地勢的な要所でもないからである。そのことから、軍政は当分は安泰であろう。ただ、ミャンマーを結局突き崩すのは、インターネットなどを通して入ってくる、世界のさまざまな情報だろう。
---
これを書いた後、友人から指摘を受けた。
> ミャンマーは、豊富な金属鉱物、非金属鉱物、工業用鉱物に恵まれ
> はては「宝石」類にも富んだ国であり、質・量ともに
> アジア諸国中でも有数だということです。
>
> だからその利権をめぐって、軍事政権がのさばっているのです。
> 彼らは、その宝石を押さえたいのです。
 なるほど、そうだったのか、と納得。勉強します。
 

2007年10月17日

煩悩の根源

 今日は、年に一度の会社の健康診断であった。とても形骸化した手続きであって、なにほどの意味があるか分からないが、ともかく、労働基準法かになかで、会社は、社員に健康を受けさせることを義務付けられているので、仕方がない。
 それで、検査の列に並んで退屈していると、急に、「全ての煩悩は、肉体から生じる。」という、命題が浮かんだ。正確に言うと、浮かんだというよりも、どこかからやってきた、という感じである。で、考えてみると、確かに、おいしいものを食べたいのは、肉体の要請であり、魅力的な異性と付き合いたいのも、肉体の要請であろう。寒さや痛みを避けたいのも、肉体の要請であろう。しかし、「全ての煩悩は、肉体から生じる。」と言い切れるとは、どうしても思えない。
 例えば、嫉みはどうだろう。名誉欲はどうだろう。画期的なものを創造したいという創作欲はどうだろう。しかし、気持ちの中のその命題は、これは定理なのだから、受け入れなさい、と容赦ない。
 そこで渋々、これを仮説として受け入れることにする。で、逆に質問してみる。もし、「全ての煩悩は、肉体から生じる。」が正しいなら、人間は、死んだ瞬間に、すべての煩悩から自由になるのか、と。すると、たちまち答えが来て、なぜかフランス語風に、「ノン」という。すなわち、煩悩は、肉体から由来するとはいえ、心に刻印されるので、死んだからといって、直ちに心(魂)から消え去る訳ではない、生きている間に心に刻印された煩悩をあるレベル以下に減らすのが、成仏することなのだという。
 それでは、とまた、私は問う。生まれてくるということは、新たに煩悩にまみれることを意味するが、それは、心に刻まれた煩悩を、別の煩悩で洗い流す、いわば、毒をもって毒を制することなのか、と問うと、これには答えがない。どうも私の言い方が気に入らないらしい。
 そうこうしているうちに、検査の順番が廻ってきた。私は一体誰と対話していたのだろう、ついに自分もおかしくなったか、検査で異常を言い伝えられるのか、などと沈思した次第である。

2007年10月18日

コンゴ内戦

 新聞によると、アフリカ中部の、コンゴ共和国で、政府軍と反政府軍が衝突し、10月9~11日の戦闘で、101人が死亡、女性多数がレイプされたという。
 この抗争の中心は、2004年、フツ族から離脱した、ヌクンダ将軍率いるツチ人数千人。
 抗争の背景は、1994年のルワンダ虐殺に遡る。そのとき、フツ族政権が、ツチ人を大虐殺。これの報復を恐れたフツ人が、コンゴに流入し、コンゴ政府が、フツ人を保護したのでだという。
 ここで、アフリカの不安定さの原因は、というと、どうしても、18世紀、19世紀からの白人の侵略がある。植民地主義の西欧国家にとって、鉱物資源の豊富なアフリカは、とても魅力的であった。もともと、組織的な軍事力をもたなかった現地住民は、あっという間に、制圧されていった。
 そのようになっても、部族主義は残っており、部族間で一致団結して西欧からの侵略者に対抗しようとする動きはでてこない。上記のフツ族と、ツチ族の悲惨ないがみ合いは、そのような名残である。また、欧米からの武器商人が暗躍し、現地の富と引き換えに、銃などの武器を提供するものだから、それ武器を使った抗争が絶えない。経済や運輸の仕組みも整備されないので、資源の分配の著しい不均衡が生じ、よって、莫大な財産をもつ少数の人達と、明日の糧食も保障されない、餓え行く多数の人達とが存在する。
 このような当たり前のことを書いても虚しい、アフリカを救う、どんな方策があるのだろうか。池田信夫氏も指摘するように、地球温暖化防止に費やされる費用の一部を、飢餓を救うために廻すと、随分沢山の人の命が救われる。しかし、アフリカが多くの人の注意を引くことはない。日常とかけ離れているからである。アフリカを救う、どんな社会工学の手法があるのだろうか、机上の研究だけではなく、場合によっては武器を手にして戦う必要があるかもしれず、その遂行はとてつもなく困難である。
 こんな抽象的な議論は意味ないので、次は、もう少し具体的に考えてみたい。

竜王戦第1局

 将棋連盟のホームページを見たら、知らない間に、竜王戦第1局が終わっており、なんと渡辺が先勝していた。「なんと」という言い方は、現竜王の渡辺に対して失礼であるが、順位戦で1勝5敗と負けが混んでおり、下手をしたら降級もありえる状況であるし、その他の棋戦の戦績もいまいちである。正直言って、今の佐藤に対するのは、きついのではないか、と素人考えしていた。
 渡辺不調の一番の原因は、私が見るところ、3月のボナンザ対戦にある。ボナンザを確実に負かすため、渡辺は、対ボナンザ専用とも言うべき、不自然な手を研究した。例えば、わざと角銀交換する、などである。
 そのお蔭で、本来の手が歪んだ。筋のよさに翳りが出た。それが、不調の原因とみる。特に、人間的な、あまりに人間的な手を指されると、まだボナンザの余波が残っていて、微妙に波長が狂うのではないか。特に、佐藤の超力戦振飛車など。
 ところが、佐藤が今回、先番で採った作戦は、最早レトロと言ってもよい、矢倉森下システム。結局、佐藤は、攻めきれないで、自分の玉頭から猛反撃をくらい、最後ははっきりした大差であった。こういう、きっちりした定跡形は、もともと、渡辺の庭であり、不調感をもつ渡辺は安堵したことだろう。
 すると、振り駒の結果、佐藤が先番を引いたのが、佐藤にとって軽いアンラッキーということになる。なぜなら、先手番で、あの超絶力戦振飛車を採用するのは、なんとなく気がとがめるからである。
 ともあれ、まだ、一局終わったばかり。次はいよいよ、佐藤の超絶力戦振飛車だろうから、そこからが本当の勝負と言える。ただ、私の根拠のない直感は、渡辺の4-2での防衛、とある。果たして当たるだろうか。

2007年10月19日

デカルト・ニュートンのパラダイム

 デカルト・ニュートンのパラダイムとは、仮説設定-演繹-実験という手続に基づくものであり、演繹主導型の推論方法である。還元主義とも呼ばれ、中世の蒙を啓に、多大なる貢献があった。代表的にデカルト・ニュートンと呼ばれているが、私は、ケプラー、ガリレオあたりからの多大なる寄与があったと信じる。
 さて、このように、いまや当然ともいえるデカルト・ニュートンのパラダイムに言及するのは、それが、そのままではとてもナイーブな方法論であり、どういう場合に当てはまらないかを考えることが、とても有意義だからである。
 先ず、演繹推論の限定性。これは、私の理解では、最初にきちんと述べたのは、ヒュームである。すなわち、例えば、下駄を放り投げて裏になったら、次の日が雨、ということが100日続いても、101日目にもそれが当てはまるとは、はっきり言い立てることができない。より精緻な議論は、20世紀になって、バートランド・ラッセル、ウィトゲンシュタインなどによって行われている。
 他のパターンとして、「非適切問題」がある。例えば、電荷の分布から、電場を計算することは、一般的に自明である(計算が簡単とは限らないが)。しかし、電場から電荷の分布を計算することは、著しく難しく、多くの場合、不可能であるか、または、粗い近似しか求めることができない。
 もう少し非適切性の弱いものに、データマイニングあるいは、機械学習と呼ばれる分野がある。これは、決定木、ニューラルネットワークなどの手法を活用して膨大なデータを解析し、クラスタリングによってあるモデルを構築するもので、一見、仮説設定-演繹-実験の流れを逆に辿っているようにも見える。しかし、データマイニングあるいは、機械学習のためには、かっちりした理論の枠組みを予め組んでおくので、かなり自由度は低い。
 さて、仮説設定-演繹-実験に戻って、この枠組みで問題になるのは、仮説設定である。例えば、アインシュタインが一般相対論を思いついたのは、数理審美的な感覚で、確たる根拠がある訳ではない。よって、仮説設定のところには、恐るべき恣意性が存在する。それが何がわるいのか、と言われそうである。なぜなら、恣意的なアイデアのうち、明らかに間違えているものは、演繹-実験で、振り落とされるであろう、と。カール・ポッパーのいう、反証可能性であろうか。
 ところが、一般相対論などよい例であるが、そもそも、演繹がとてつもなく難しい。とても基本的の解であるシュバルトシルトの解が発見されたのは、一般相対論が提示されてから、10年以上もたってからである。そうやって解けても、宇宙では実験は覚束ない。
 最近の超弦理論、M理論になると、実験など夢の夢である。
 もう少し現実的な理論でも、NP問題で、計算に1000年もかかったりするものがある。ここでも演繹は無理で、限界に行き当たる。
 なお、上記では、私の不勉強もあって、社会科学には言及していない。もう少し議論を煮詰めて、再訪する。
 

2007年10月21日

石原莞爾

 石原莞爾は、伝説の武官である。明治22年に山形県に生まれ、幼年学校、陸軍士官学校から陸軍大学校を卒業したエリートであったが、いわゆる官僚型ではなく、寧ろ思想家であった。文句ない秀才であったが、従順とは遠く、軍事だけでなく、歴史、宗教など広く勉強した。
 関東軍の時代に、板垣征四郎などとともに、満州事変を主導した。これだけみると、とても好戦的な人かと思われるが、日中戦争の時代には、不拡大の方針を主張した。しかし、この頃から、敬遠されて、一線からは遠ざけられたと思われる。
 石原莞爾の出色は、最終戦争論である。石原によると、戦争は、決戦戦争-持久戦争-最終戦争と進むという。彼が偉大なのは、このことを、昭和15年の段階で発表していたことである。
 まず、決戦戦争であるが、例えば、アレクサンダー大王の時代の戦争である。これは、政治的なものが絡まず、短期間で決着がついた。ローマの時代もそうで、当初は国民皆兵で、すると、あまり長引くと、国内の運営が留守になるので、早めに切り上げた、ということもある。
 ところが、ローマが成熟してくると、国民皆兵ではなくなり、傭兵制度が取り入れらられた。すると、傭兵は、金で雇われている訳でから、早く終わっては稼げない。よって、だらだらとした持久戦が多くなった。
 フランス革命の頃になると、ナポレオンの天才が、一点集中突破法を編み出し、連戦連勝、決戦戦争が復活した。
 そうして、科学技術の発展により銃器が発達すると、特に機関銃が開発されてくると、機関銃部隊が守っていると、そこを抜くことは用意ではない。こうして再び持久戦争になる。しかし、このサイクルは、石原によると、ずっとは続かない。航空機の時代になり、それが空から爆弾を落とせるようになると、防御することは、とても難しい。
 石原は、こうも言う。「一発で、何万人もがペチャンコにやられるところの、私どもには想像できないような大威力のものができなくてはなりません。」これはまるで、5年後の原子爆弾の登場を予想するかのような言説である。大阪も、東京も、北京も、上海も、廃墟になりましょう、とも言う。これが最終戦争。それは、陸海軍だけではなく、女子供、草木も戦争の渦中に入り、忍従を強いられる、という。
 この壮絶な最終戦争をへて、世界は、戦争のない状態になる、というが、実際それは、部分的に、第二次世界大戦後を予想している。
 このような石原莞爾であるが、早めに予備役に廻され、日の目をみることなく、アンチ東条英機として、戦後、戦犯に指名されることすらなく、寂しく病死した。天才の末路は、こうしたものである。

2007年10月24日

セカンドライフの現状

 今年の始めあたりから注目を集めている、仮想世界のセカンドライフであるが、評判とは裏腹に、いまいち伸び悩んでいるという。
 先ず、明確にしておきたいのが、セカンドライフが、ラグナロクオンラインのようなMMORPGとは違うということである。極端に言うと、それは、仮想世界サーバ貸し業といったところで、例えば、ある人がカンドライフにSIMをもとうとすると、初期費用20万円で毎月、35000円かかる。まさに、リンデン社は、アパートの大家さん、といったところである。
 ということは、部屋を借りる人が何をしようが、家賃をはらってくれさえすれば基本的にはあまり関与しない、ということになるが、そうはいっても、目に余るユーザもいて、流石にリンデン社は、今年の7月になって、リンデンドルでのギャンブルの禁止と、自動ポルノの禁止を行うこととした。
 さて、セカンドライフであるが、知ってはいるけど、今はユーザにならない、という人が結構多い。私もそうである。1つの理由は、結構敷居が高いということである。
 先ず、かなり高速のCPUやグラフィックカードや、豊富なリソースがないと辛い、ということがある。また、アバタの操作が結構難しい、どこに行けば面白いものがあるか、なかなか分からない、オブジェクトを作るのも緻密な作業が必要、リンデンスクリプトというプログラミング言語を知る必要がある、主要な言語が英語である、などクリアすべきハードルは、すごく高くはないかもしれないが、多い。
 こんなで、セカンドライフは、クリエータ/広告媒体を求める企業やユーザ/稼ぎたいユーザ/観光客の4種類のユーザに類別される。
 クリエータというのは、まあ、コンピュータオタクのようなもので、オフラインの環境でも、VBなどでいろいろ作って楽しむタイプ。世の中全体としては、あまり多数を占めない。
 広告媒体を求める企業は、実は、○○の会社が、セカンドライフにSIMをもちました、という新聞の報道の方がずっと広告価値が高かったりする。でも、その新鮮味もなくなってきた。そうして、実際にセカンドライフに作ったSIMには、閑古鳥が鳴く、ということもありえる。
 テレビで年収3000万円以上をセカンドライフで稼ぐという報道がなされたこともあって、利に敏いユーザでセカンドライフに参入している人達がいるらしい。でも、これはある意味、現実世界で稼ぐ以上にスキルを要すると思う。
 あとは、観光客。ツアーガイドみたいな仕事も段々出始めているらしい。
 ラカンドライフの別の問題は、1つのSIMに、50~100人のアバタしか同時に滞在できない、という制約である。これは、アバタの存在がとてもシステムリソースを消耗する点にあるらしい。
 あと、セカンドライフの問題点は、サーバの維持費が高いので、通常のウェブのような掲示板や無料ブログのような機能を提供しにくい、という点である。オブジェクトの製作には、スキルのあるクリエータ/プログラマを抱えなくてはならないが、これも大変。
 ということで、問題点をまとめてみると、
- サーバの性能の限界が低いこと
- 操作性がよくないこと
- クライアントもリソースを要すること
- コンテンツが揃っていないこと
- セキュリティ的な不安
 というとになろうか。
 それでも、仮想世界への傾向はとどまることを知らない。もしかして、スプレッドシートでビシカルクやロータス123が先鞭をつけ、その後完全にマイクロソフトのエクセルにとって換られたように、セカンドライフは、その先行性で痛みを覚えつつ、貴重な先鞭をつけ、後続の仮想世界の魁となっている、と考えることもできる。

櫛田陽一

 週刊将棋をみると、C1以下の今期の勝率一位はなんと、櫛田陽一で、11勝2敗であった。
 櫛田と言えば、アマ時代、圧倒的な強さを誇り、将棋ジャーナルの企画で全国を行脚したりした。それで、奨励会に入ったところ、比較的短い期間で奨励会は通過できたものの、プロになってからは、いまいちであった。やはり、子供の頃から努力した、というのでないので遅かったのか、それとも、もともとその程度の棋才だったか、両方かもしれない。
 とはいえ、NHK杯戦で優勝した経験があり、このあたり、瀬川よりも大分冴えていると言える。
 ただ、櫛田がアマチュアぽいな、と思ったことがあり、それは、NHK杯戦を見ていて、私だったらあんまり考えないでポンと指すという局面で、一流プロなら腰を落としていろいろ考えるという場合がいくつかある。しかし、櫛田は、私だったらあんまり考えないでポンと指すような局面で、やはり考えない。これは、どうかと思った次第。
 で、案の定、NHK杯戦優勝という実績がありながら、C2から昇級できないで、自分で見切りをつけて早々にフリークラスに転出してしまった。きっと淡白な性格なのだろう。
 櫛田は、四間飛車党で、「世紀末四間飛車」という著書がある。しかし、これが戴けない。というのは、無理やり居飛車側に悪手を指させて、これにて四間飛車よし、のようにしてしまう。いまどき、こういうのは流行らないのではないだろうか、すなわち、最近の棋書は、プロ的にも正しい応酬を書いて、難解であることも厭わない。
 あと、櫛田で印象的なのは、小池重明に文字通り引導を渡したことである。すなわち、小池重明が、病院から退院して、またアマ棋界に復活する、というとき、将棋ジャーナルの企画で、櫛田との3番勝負が行われた。
 そうして、最初の一局。とても変則的な将棋で、小池が勝った。おおっ、どうなるか、と見ていたら、その後の2番は、あっけなく、小池が負けてしまった。もしかして小池は、体力の限界だったのかもしれない。その後、程なくして小池は、亡くなった。ただ、私としては、櫛田が引導を渡した、という印象が拭えない。
 そんな二流のプロの櫛田であるが、流石に、瀬川よりも上である。すると、瀬川は、ずっとプロ棋界にいても、あまり幸せになれない、ということになるが、瀬川が結構謙虚で、将棋を指してたべていけるだけでも幸せです、と思い続けられるなら、それもよしである。

2007年10月25日

成毛 眞

 本屋に行ったら、「他人と10倍差がつく勉強法」という、いかにも、ハウツー丸出しみたいな軽いビジネス本があった。普通はこういうのは無視するのだが、パラッと眺めたら、マイクロソフト日本法人 元社長の成毛 眞の勉強法が載っていたので、つい、それだけの理由で、この本を買ってみた。
 成毛氏の勉強方法は、読書である。それも半端ではなく、年間数百万円を本代につかうそうである。だいたい、月に100冊は買うそうである。それじゃどう読むか、というと、精読はせず、ぱらぱらと要点だけめくるそうである。ああ、それを聞いて安心した。月に100冊買って、全部きっちり読む、なんて言われたら、馬鹿馬鹿しくなってしまう。
 読書範囲は、経営的なものに限らず、歴史、文学、科学、美術など多岐に渡り、自宅の地下には数万冊の蔵書があるそうである。特に、歴史書は有効で、マイクロソフトに入社したときは、マキアベリの君主論のやりかたで、ばっさり不要な人材を切って成功したという。
 そんな成毛氏は、好奇心が旺盛で、それであるがゆえに、マイクロソフトの社長業が飽きてしまって、いまは、「インスパイア」という投資コンサルタント会社をやっているという。
 ともかく、そうやって読書を活かして活躍している有名人がいることは、単なる読書好きの私にも、幸いである。

2007年10月26日

日本ハム球団の復活

日本ハム球団の復活

 ある雑誌によると、長年低迷していた日本ハム球団が、どうやって復活したか、ということに関して、オーナー、大社 啓二氏の談話があった。
 先ず、最初にやったことは、北海道にフランチャイズを移すこと。これは、日本の重心から遠く離れる訳だから、いろいろと反対があった。重心から遠いという意味では、ソフトバンクがいる福岡もそうであるが、福岡は長く、西鉄球団のフランチャイズであって、日本の重心から遠い、というよりも、別の重心といってよい。
 しかし、北海道にフランチャイズというのは、経費的な意味で、ほかにオプションはなかったのだという。
 ところが、北海道に行ってよかった。というのは、もともと地元のプロ球団というものをもったことがなく、地元から熱烈な歓迎を受けたからである。
 一方で、日本ハム球団は、理念を明確化することに努めた。その理念とは先ず、売上げ、すなわち球団に足を運んでくれるファンの増加である。そのためにファンファースト、いわばお客様第一主義を打ち出した。
 そして、監督の人選は、ある監督を迎えて、その人の方針でやってもらう(野村監督だったら、どうしてもそうなるだろう)のではなく、理念や方針を明確化してそれに合致する人を選ぶ、ということである。その適材が、ヒルマン監督であった。
 そういう方針に関して、チームを明るくし、ファンファーストの方針を推進する新庄が加わってくれたことは。とてもラッキーだったという。
 また、職務分掌を明確化して、フロントが余計な口を出せないようにした。このことが、監督や選手のやる気を引き出した。
 ファンファーストという意味では、負ける試合もそれなりに面白くする工夫は必要であるが、しかし、どうしても勝つことを主眼とすべきである。ということで、個人の成績やタイトルよりも、チームの勝つことを重視した。
 最後に有効であったのは、BOS(baseball operation system)。これは、要するに、選手の成績の推移、対戦相手とのデータなどをデータベース化して検索できるようにするものであるが、費用は明らかにしないけれども、びっくりするほど費用がかかったという。しかし、二軍が千葉にいて、本体が札幌にいる、という状態で、効率的に選手を管理するためには、BOSはどうしても必要で、実際とても効率的に活用されている、という。
 こう書いてみると、当然のことが、当然のごとく行われただけかもしれないが、ヒルマン監督、新庄の獲得など、いくつかの行幸があいまって、このような実績になったと思われる。さて問題は、ここからの日本ハムで、どう好調を維持するか、である。やはりキーポイントは、よい選手をどう確保するか、という当然のことに行き着く。

バルンガ病

 扶桑社新書 「狂い」の構造は、なかなか面白い。精神科医の春日武彦という人と、ホラー作家の平山夢明という人の対談形式である。
 最初、ほう、と思ったのは、「面倒くさい」が狂気の始まり、というステートメントである。例えば、2歳の子供を一人残して、スノーボードに行ってしまった母親がいた。あれなど、何も悪意はない。スノーボードに行きたい、どこかに子供を預けなきゃ、でも面倒くさい、まあいいか、と子供を置いて出かけてしまう。普通だったら、一人にされた子供は泣きつかれて、寝てしまう。しかし、火事になって亡くなってしまった。
 このように、とても身近な狂気というのを彼らはあぶりだす。
 春日はまた、バルンガ病という言葉を出す。えっ、何だと思ったら、自我が異常に肥大することをいうのだそうだ。「王様病」「女王様病」というと分かりやすいかもしれない。例えば、ある女優が、みんなにお菓子を配る。まさに、お姫様から受け取るように、みんなは、ありがたく、押し戴く。ところが、ある男がいて、甘いものがどうしても苦手なので、「すいません、ちょっと、甘いものは苦手なんです。」と答える。すると、女王様の顔が、さっと豹変する。「えっ、私のお菓子が要らないの?」 そこで男は、空気にはっと気づく。あ、もらわなきゃ、いけないんだ、と。そこで、「ああ、戴けますか。」。でも、もう遅い。女王様は言う。「誰がテメーなんかにやるかよ。うっせーな。」一体、あの、恭しかった女王の態度は、どこに。
 こうしてみると、ある種の狂気は、通常の常識人がもつ優先順位のセットを、少し変えたところだけで成立するらしい。優先順位が少しだけ変わる理由は、ちょっと度外れの面倒くささであったり、肥大した自我であったりする。肥大した自我がなぜ優先順位を変えるか、説明は不要だと思うけど、あえて説明すると、肥大した自我を護るために、他人の安全や名誉や、あるいは自分自身の名誉までが、どうでもよくなるのである。こないだの、沢尻エリカもそうだったか。
 「面倒くさい」と似ている概念に、「雑」がある。すなわち、世の中には超雑な人々がいて、例えば、部屋が足の踏み場もないほど、汚い。数ヶ月前食べたカップラーメンが、汁が入ったまま部屋の隅に放置されていて、いまや腐臭を放っている。あ、いかん、これは私の、独身時代の部屋だった。
 こうして、面倒くさがりやであったり、自我が肥大しすぎたり、雑すぎる狂気が語られるが、この本の後半は、ハイになる人、シリアルキラーと続き、この辺になると、精神病というよりも、犯罪心理学の世界である。しかし、後半は、事件が淡々と語られるだけで、最早説明されない。一体、シリアルキラーの心理をどうやって説明したらいいのだろう。その欲求不満は残るが、なかなか面白い本であった。

2007年10月27日

A級順位戦

 昨日のA級順位戦で、佐藤が羽生に負けて、4連敗となった。佐藤が羽生に負けることに何の意外性もないが、しかし、今期、佐藤と谷川という二人の元名人が、ともに4連敗というのは、流石に意外である。
 佐藤のあとの相手は、というと、藤井、谷川、行方、久保、木村。このうち、今の佐藤だと、流石に3勝は堅く、3勝6敗でなんとか残留ではないだろうか。
 一方の谷川であるが、久保、佐藤、藤井、三浦、羽生と、結構相手がきつい。このうち、おそらく勝てそうなのは、藤井くらいである。すると、谷川は、今期、2勝7敗で、ついにA級から陥落と、私はみる。谷川は確かいま、45歳で、20歳でA級に上って、ここに至るまで一度も陥落していないのは、すごい。かの神武以来の加藤一二三も、結構、A級とB級1組のエレベータであった。
 ただ、谷川ほどの棋歴だと、どうしても、升田や大山と比較し、ううん、升田にはともかく、大山には劣るよね、ということになってしまう。これを覆すために、なんとか今期頑張って残留してほしいところである。ただ、谷川は、大山と比べて、あまりにも勝つことに淡白である。スパッと決めようとする。まあ、性格だから仕方ないか。
 一方の挑戦であるが、希望的観測も含めて、今期は羽生としたい。郷田はあと、木村、藤井、三浦、丸山、行方であるが、このうち、木村と丸山に負けて、7勝2敗となりそうである。一方の羽生も、残りは、行方、久保、丸山、木村、谷川で、丸山と木村のどちらかに負けそうである。こうして、羽生対郷田の、挑戦者決定とみる。
 谷川が陥落するとして、もう一人の陥落者は、仕方がないが、行方であろう。
 実は、A級が始まる前に、このブログで、その粘り強い棋風から、行方は結構頑張り、木村はなかなか通用しないだろう、と予想し、それが全く当たっていないのが、現状である。だから、私の予想は、本当にあてにならない。知りつつ、懲りないのが、人間というものである。

お笑い芸人養成所

 今日の新聞に、吉本興業が設立した、吉本総合芸能学院、略称NSC( new star creation)が紹介されていた。1982年に大阪に設立され、東京にも、1995年に設立された。
 従来、漫才師などの芸人は、師匠について何年も修行するものであったが、この芸能学院は、年限は1年、その間に基本をマスターし、早ければ、高校を出て一年でデビューできることになる。たった1年の修行で大丈夫か、と思うが、関西からは、ダウンタウン、トミーズ、ハイヒール、今田耕司、雨上がり決死隊、ナインティナイン、中川家、陣内智則、東京校からも、品川庄司、インパルス、森三中、ハリセンボン、オリエンタルランドなど、沢山のメジャーなキャラクタが輩出しており、その養成システムの有効性がうかがわれる。そうはいっても、ここを出れば必ず売れる、ということは到底考えられず、相当な才能と、運が必要であることは言うまでもない。
 授業内容は、ダンス、ボイストレーニング、表現、漫才・コントのネタみせ、など。何でも基本があり、基本が大切なのだろうが、こういうお笑いの世界は、税理士などの資格の勉強とかと比べて、本人の個性や工夫の余地が大きく、発想力の乏しい受験秀才は辛いだろう。とはいえ、オリエンタルラジオは、慶応出身なので、いろいろなパターンがある。しかし、流石に、東大出身のお笑い芸人は、寡聞にして知らない。皆無とは思えないが、売れてないのだろう。
 最近のお笑いブームもあって、カルチャーセンター並に、芸能学院に来る学生もいるという。それで、結局芸人にはなれなくても、マナーや対人関係、表現力が高まるので、営業マンとしてやっていくのにプラスになる、という。
 すると、大学の芸術学部に、マンガやアニメコースができる昨今、お笑いコースが出来る日も遠くないのであろう。また、ある芸人が売れるということとか、長続きするかどうか、というのは、広い意味で哲学的課題であると思うのだけれども、本気で研究する哲学者が出てくるだろうか。少なくとも、ベルグソンの笑いの哲学は、浅薄で、感心するには遠い。

三教指帰

 空海に、「三教指帰」という著書がある。儒教と道教と仏教を比べて、結局、仏教が優れている、ということを説くものであるが、原文は、漢文の白文なので、私には手も足もでない。ところが幸い、中公の日本の名著の「最澄・空海」の巻に、「三教指帰」の現代語訳が載っているので、これを読んでみた。
 三教指帰は先ず、亀毛先生が、儒教を讃えることろから始める。亀毛先生は、大変偉い儒者で、古代の主要な儒書を諳んじており、当然ながら、父母を重んじ、主君に仕えることを勧める。
 次に登場するのは、道教の虚亡隠士。道教は、儒教よりもさらに適当にしか紹介されておらず、なにやら仙薬を使って、不老長寿を叶えるものとして紹介される。どうも、老子のタオの趣旨がかなり歪曲されているような。
 そこでトリで登場するのが、仏教の仮名乞児。とても惨めな姿形から、次第に、儒教と道教に反駁を加えていく。その主要な論旨は、仏教の空。すなわち、忠孝の空なることを以って、儒教を論駁し、向かうところ敵なきがごとくに、大乗仏典の教義を説く。
 しかし、このような論旨は、ある意味フェアではなく、例えば、航空工学の専門家と、医師と、物理学者が議論して、物理学者が、君達の研究している基礎は、物質の根源の素粒子にあるのだ、と言うのと似たような論旨で、仏教がその根源の土俵に引きずり込んでいるのである。しかし、現世の処世術なら、仏教よりも儒教が長けており、要はどこに座標をおくかである。という意味で、「三教指帰」は、とても名著というのではない、と思われる。
 ところで、空海の特徴と思われるのは、とても表現が豊富で、修辞が巧みであることである。最澄のような宗教家というよりも、文学者の風であって、この短い作品にも、空海の個性がにじみ出ている。

2007年10月29日

離散対数問題

 b ≡ am mod n のような計算を考える。すなわち、a, m, nを適当に与えたときの、bの値を求めるのである。これは、mやnが100桁程度の数だったとしても、コンピュータで計算するのは、それほど困難ではない。というのは、m = kr + s のように書き表すと、
am = ak × ak×・・・×ak + as
 と順次、計算できるからである。
 しかし、b, a, nが与えられて、b ≡ ax mod n を満たすようなxを求めなさい、という式になると、全く事情は異なる。これが実数の世界なら、x = b/log(a)であるが、整数式の世界では、そのような計算は、許されない。実際、aという値が与えられたとき、a mod nがどのような値になるか、aとnを引数とする適当な関数は存在せず、b ≡ ax mod nを求めるために、最悪、x = 1..nまで試して、計算結果がbになるかどうか確認する必要がある。しかし、もしnが100桁程度の整数であると、その計算には、宇宙開闢的な時間がかかる。これを、離散対数問題の困難性といい、RSA暗号など、いくつかの暗号が、これの困難性を利用している。
 さて、離散対数問題を高速で解くアルゴリズムは存在するのだろうか。ものの本には、量子コンピュータがそうだというが、私には全く理解不可能である。離散対数問題のmod計算を、楕円曲線のmodに置き換えると、さらに解きにくさが高まる。
 ふと、周囲の人との会話で、離散対数問題が話題になったので、整理してみた次第である。

2007年10月30日

エハラー

 スピリチュアル・カウンセラー、江原啓之のファンを、エハラーと呼ぶそうだ。私は、特にエハラーではない。しかし、「オーラの泉」を好んで観るし、基本的には、スピリチュアリズムの大枠は、理解し賛同しているつもりである。
 そんな江原啓之が、「江原啓之 本音発言」という本を出したので、読んでみた。
 この本は、あの世や霊の存在など信じないと称する記者と、江原の対談という形をとっている。それで、江原の本来言いたいことを引き出すための相方の役割を果たすのだけれでも、結構応えにくい質問を江原に投げて、困らせたりもする。例えば、焼肉屋から出てきたことがありますねとか、豪邸を2件も建てていますね、とか、ホスピスを作るといいながら、一向にはかどりませんね、とかである。その度に、江原氏は、懸命に反論する。反スピリチュアルの香山リカの意見と称するコメントにも、一所懸命に答える。
 そうして、記者の質問は、子供の教育、恋愛、家庭、仕事、病気、死と及ぶが、江原氏の回答はぶれない、いわゆる、シルバーバーチのいう、人生の苦労は修行である、死は悲しみではない、霊魂は不滅である、人間は、本来的に霊的存在である、をきちんと踏襲する。また、物質主義を嫌悪する。低級霊の憑依も説く。流石にイギリスで修行しただけあって、正統的なスピリチュアリストであるといえる。
 ただ、シルバーバーチが説いていないことがあって、それは、江原氏が前世を言い当てることである。シルバーバーチは、前世は先ず分からないと説く。また、シルバーバーチは、オーラの色のような発言は一切していない。だから、江原氏は、前世とオーラのことは、方便で言っているのかもしれない。
 ただ、江原氏は、シルバーバーチのような発言をすると、当然に、世の中の通常のパラダイムと異なるので、世間一般から大層な反発を受ける。一番反発するのは、がちがちの物質主義者、現世主義者ではなくて、宗教家であり、精神科医である。自分のテリトリを侵されるように感じるのだろう。それで、流石の江原氏もうんざりしてきて、流石に何か反論させてよ、というのがこの本の趣旨であろう。すると、やはり、霊など信じないという対談相手の記者は、実はサクラということになる。それはそれで、よいのだと思う。
 ところで、シルバーバーチが説くスピリチュアリズムは、イギリスでのモーリス・バーバネルの交霊会、その著書を見事な文章で翻訳した近藤千雄氏などによって広められてきたが、まだ、一部の好事家にとどまっていた。ということで、私は、江原氏が、いろいろな非難にもめげず、テレビにも出演して、なんとかスピリチュアリズムを広めてほしいと願う次第である。そのためには、芸能人の人気を利用したり、多少の方便を使うことも、善意から発したことであるなら、是認されると思うのである。

藤崎マーケット

 最近のお笑い芸人で、馬鹿馬鹿しくて面白いじゃん、と思ったのは、藤崎マーケットである。男二人が独特のリズムで、喋りながら、エアロビをする。はっきり言って内容はないのだが、誰が内容を期待するだろうか、深遠な哲学を聞きたいと思うだろうか、面白ければいいのである。そういう意味では、オパピの小島よしおも、まさにそうである。
 こういうリズム系で最早メジャーになりすきてしまったグループとして、オリエンタルラジオがいて、また、あまり有名ではないが、私が面白いと思ったグループに、狼少年がいる。リズム系は、大脳前頭葉ではなくて、小脳あたりに訴えるのではないか。大脳前頭葉が考えるお笑いなら、小脳は考えないお笑いである。
 藤崎マーケットは、上述のように、エアロビの乗りであり、オリエンタルラジオは、空手の組みの乗り、狼少年は、といえば、学ランを着た、応援団の乗りである。どれも、他に似たようなグループがいないのがよく、独自性と、リズムがいのちである。
 ただ、1つ問題は、どうやって芸人として長続きするかだが、もともとそういう芸人を養成する吉本芸能学院あたりも、そんなの関係ねぇ、と思っているのかもしれない。すなわち、フローとしての瞬間的に売れる、一群の芸人がいればいい、ということになる。
 そうやって生き残る芸人うちのほんの一部は、ドラマやバラエティ番組に出演できたりする。一方、本当に漫才やコントで生き残ろうとすると、タカアンドトシ、次長課長のような卓越した才能を要する。あるいは、オール阪神巨人のように、師匠について、鍛え上げられた芸を発揮するかである。
 で、瞬間的に売れて、後は売れなくなった芸人はどうする、全く日の目を見なかった芸人はどうする、ということになるが、バイトで稼いで、老人ホームを慰問すればいい。あるいは、努力して、サラリーマンになればいい。一時的にでも売れたことを鼻にかけないで、地道に努力すれば、元芸人であったことが、プラスに活きるのではないかと思われる。
 

裁判員制度の政府広告

 新聞に、裁判員制度の政府広告があったので、コメントする。赤字が私のコメントである。


  1. 多くの場合、裁判員の仕事は、3日以内で終わる。
    3日も平日空けるのは、辛いことがある。
  2. ひとりひとりの素朴な疑問を大切にすることが、正しい裁判を作り出す。評議での遠慮は、NG。
    一番素朴な疑問は、どうして裁判員として、ここにいなくてはならないか、ということではないか。
  3. 裁判員には、交通費と一日1万円以内の日当が支払われる。
    1万円以内という表現は、微妙では。
  4. 証人や被告人の話を聞いて判断する。大量の書類を読むことはないし、法律知識も不要。
    そうは言っても、刑事訴訟法の証拠の概念の基本は、理解しておく必要があるのではないか。また、庶民の素朴な常識を信じる、という立場だろうが、それでいいのか。訓練を受けていない人間はとても間違いやすい。
  5. 裁判員の名前や住所は公にされない。
    しかし、顔は覚えられてしまう。それで犯人に後で突き止められないか。

2007年10月31日

社長室は、なぜ立派か

 今日の新聞をみたら、経営が傾いたNOVAが、社長室を改装するのに7000万円かけていた、という記事があったが、それを見ても特に驚かない。なぜなら、大抵の会社で、社長室は立派だし、経費削減でも、社長自身は優遇されることが多いので、最後に聖域になっているからである。
 そこで、今更であるが、社長室は、なぜ立派か、という愚問を発してみた。すると先ず最初の答えは、社長室が、迎賓室である、というものである。すなわち、社長室には、滅多な客は通さなくて、ここに通された客は、VIPということになる。ブッシュ大統領の、自営の牧場みたいなものである。それは、委細を尽くした立派なものでなくてはならないだろう。
 他の答えは、今の商法では、代表取締役というものがあって、大きい権限をもっている。すると、社長自身が本当に偉いかどうかはさておいて、他の社員から威厳と権威を感じてもらう必要があり、そのための装置として、立派な社長室は必要であろう。また、オーナー会社や同族会社ではなくて、普通のサラリーマンでも頑張れば社長になれる、という能力主義を標榜する会社だと、頑張ればたどり着ける到達点が、立派であるのは励みになるだろう。
 蛇足を重ねて、もう少し言うと、人間が階層社会を好むということもある。丁度、猿がそうであって、この点、人間は、組織化された猿であるにすぎない。ところが、犬もまた、階層社会をつくるのであって、犬が飼われている家で、犬は、自分をある位置におく、ということはよく知られている習性である。これが故に、猿と犬は仲が悪いのだろう。一方、猫はそれほどでもなく、すると、猫が進化したらどのような社会を作るのか、とても興味深い。もしかしたら、オープンソースのコミュニティみたいかもしれず、すると、猫的社会はそれで、希望がもてそうだ。そうなると、立派な社長室は、猫的社会では無用となる。
 ここで、独断。立派な社長室は、人間の幼稚性の発露にすぎない。

レッドソックスの優勝パレード

  レッドソックスの優勝パレードを見て、思ったことがある。それは、松阪と岡島という、日本人が加わったチームが、ワールドシリーズを初めて制した、という感激ではない。こういうパレードというのは、セキュリティ的には、なんと脆いのだろか、ということである。すなわち、有名選手が、オープンカーで、市街を行進していく。ジャッカルの日や、ケネディ大統領暗殺事件で分かるように、オープンカーで練り歩くほど、ビルの谷間からの狙撃手の標的になりやすいものはない。
 また、観衆は優勝に浮かれて、気分は緩みっぱなし。こういう状況ほど、イラク市街型の自爆テロの好餌はない。しかし、何も起きない。それがあまりに当然であるほど、アメリカは平和である。
 私が何が言いたいかというと、こんな状況で、どうしてイラクが脅威であったのか、どうしてイランが脅威なのか、ということである。寧ろ、イランにとってのアメリカの方が、100倍脅威である。
 また、遡って、9/11のテロが、アメリカにとって、あまりにも特異点なのである。数学でいうと、その点で微分不可能であり、解析接続不可能なのである。言い換えると、その点を基準にして、その後の政策を決定することが、あまりにも不適切なのである。9/11の後、アメリカ国内があまりにも平和なのである。
 平和の方がよいではないか、何が文句あるのか、と言われたら、あるはずがない。しかし、そう感じれば感じるほど、9/11のテロが、特異点が、妖しく光る。

About 2007年10月

2007年10月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。