« ミャンマーの民主化運動デモ | メイン | コンゴ内戦 »

煩悩の根源

 今日は、年に一度の会社の健康診断であった。とても形骸化した手続きであって、なにほどの意味があるか分からないが、ともかく、労働基準法かになかで、会社は、社員に健康を受けさせることを義務付けられているので、仕方がない。
 それで、検査の列に並んで退屈していると、急に、「全ての煩悩は、肉体から生じる。」という、命題が浮かんだ。正確に言うと、浮かんだというよりも、どこかからやってきた、という感じである。で、考えてみると、確かに、おいしいものを食べたいのは、肉体の要請であり、魅力的な異性と付き合いたいのも、肉体の要請であろう。寒さや痛みを避けたいのも、肉体の要請であろう。しかし、「全ての煩悩は、肉体から生じる。」と言い切れるとは、どうしても思えない。
 例えば、嫉みはどうだろう。名誉欲はどうだろう。画期的なものを創造したいという創作欲はどうだろう。しかし、気持ちの中のその命題は、これは定理なのだから、受け入れなさい、と容赦ない。
 そこで渋々、これを仮説として受け入れることにする。で、逆に質問してみる。もし、「全ての煩悩は、肉体から生じる。」が正しいなら、人間は、死んだ瞬間に、すべての煩悩から自由になるのか、と。すると、たちまち答えが来て、なぜかフランス語風に、「ノン」という。すなわち、煩悩は、肉体から由来するとはいえ、心に刻印されるので、死んだからといって、直ちに心(魂)から消え去る訳ではない、生きている間に心に刻印された煩悩をあるレベル以下に減らすのが、成仏することなのだという。
 それでは、とまた、私は問う。生まれてくるということは、新たに煩悩にまみれることを意味するが、それは、心に刻まれた煩悩を、別の煩悩で洗い流す、いわば、毒をもって毒を制することなのか、と問うと、これには答えがない。どうも私の言い方が気に入らないらしい。
 そうこうしているうちに、検査の順番が廻ってきた。私は一体誰と対話していたのだろう、ついに自分もおかしくなったか、検査で異常を言い伝えられるのか、などと沈思した次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/371

About

2007年10月17日 11:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ミャンマーの民主化運動デモ」です。

次の投稿は「コンゴ内戦」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。