« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月 1日

お笑い芸人のネタ帳

 先日、テレビで、お笑い芸人のネタ帳披露みたいな番組を見ていたら、思わず笑ってしまった。というのは、ネタ帳が、私も使っている、100均ショップで、3冊100円の、変形B6サイズのノートだったからである。この番組は何度も見ているが、大抵このノートを使っているようであり、すると、隠れたベストセラーということになる。
 それで、大抵の芸人は、ネタ帳を見るとびっしり書かれており、きっとこのうち日の目を見るのは、ほんの一部なのだろうが、普段街を歩いていたり、電車に乗っているときふと思いついたことをすかさずメモしているに違いなく、そういう発想力は、人前での話術・表現力に劣らず、重要な能力である、と思われる。
 それに関して思うのだが、単に街を歩いて気づいたことを書くだけでは、高が知れている。それで、すぐれた芸人は、堅い歴史書、哲学書のようなものまで、目を通しているのではなかろうか。そうして、そのような抽象概念を卑近なところに落とし込むと、お笑いとして結実することになる。例えば、タモリは、早稲田大学の文学部哲学科中退であるという。また、ビートたけしなども、思想的・哲学的なものを感じさせることがある。
 あと、小島よしおのネタ帳に関して、彼が、「そんなの関係ねぇ」と同じ頃思いついたネタがある、というので、せがまれて、それを披露していたが、いまいち面白くなかった。司会の雨上がり決死隊から、「そんなの関係ねぇ」でよかったネと言われて、小島よしおは苦笑していた。このことから分かるように、自分が面白いと思っても、一般受けするネタでないと意味がない。すると、お笑い芸人は、自分独自のお笑いの琴線というか感覚以外に、一般大衆の笑いのツボを知得しておかなくてはならないので、チャレンジである。
 このような多数の関門があることから、真に受けるお笑い芸人は、なかなか少ない。改めて、結構大変な職業だと思う。

2007年11月 2日

竜王戦第2局

 竜王戦第2局は、佐藤が勝った。佐藤が後手番で、後手から角交換し、向飛車、しかも、穴熊という、素人みたいな戦法である。この戦法は、確か数年前の週刊将棋で紹介されていて、どうみてもプロ的には無理だが、現実に咎めるとなると結構難しい、ということだった。
 ところが、それから、角換振飛車が隆盛を迎える。こういう感覚は、ここ数年で出てきたものである。すなわち、角換振飛車は、一見、振飛車から手の作り方が難しい。ところが、居飛車側も、なんとなく窮屈なのである。それで、はっと気がつくと、振飛車側の方が、角打ちの隙が少ないのである。というよりも、角打ちの隙が少ないように、振飛車側が指している、と言った方が正しい。
 そういう妙な感覚というのは、羽生あたりでも違和感があるようで、佐藤や山崎が角換振飛車をもったときに、羽生でさえも、感覚が掴めないで、圧敗することがある。
 ということで、まだまだ、プロでさえも、角換振飛車の感覚についていっていない、といえる。おかしい、厳密には、こんな戦法ないはずなのに、とつぶやきながら、である。
 この竜王戦第2局も、渡辺のつぶやきが聞こえるようだ、おかしい、なにかおかしい、こんな戦法に負けるはずないのに、と。
 穴熊も当初は、プロからまともに相手にされなかった。正しく指せば、指し切らせて、穴熊を姿焼きにできる、と信じられていた時期があった。でも、今は誰もそう信じない。一方で、研究が進んで、穴熊側が簡単に勝てることもなくなった。してみると、角換振飛車も、きちんと認知されたとき、それで、今よりは楽に勝てない戦法になるだろう。

カリフォルニアの山火事

 10月21日に、カリフォルニアの山林で同時多発的に発生した山火事は、東京都の96%にあたる面積の山林を焼き尽くし、2000棟の家屋、7人の焼死者を出した。山火事の原因は、複数あるようだが、いくつかは子供の火遊びだと分かっている。また、キャンプファイア、バーベーキューの不始末なども原因と言われている。しかし、これほどまでに被害が大きくなったのは、記録的な旱魃で、草木や空気が乾燥していたこと、折からの強風があったことで、それらが被害を増大させた。
 しかし、より根本的な原因は、人口の増加である。このあたりの人口は、1950年代に比べると、3倍にもなっており、すると、どうしても、木が繁っている山中や、森の傍に、家屋を建設することになる。また、想像がつくように、森の傍に住むというのは、魅力的である。朝起きると、木漏れ日がまぶしい。フィットンチッドが含まれた空気は、すがすがしい。森があると、鹿やリスなどの動物が棲み付き、愛らしい。
 ところが、諺ではないが、人間にとっての全ての災いは、人間から生じる。人間が住むということは、どうしても火を使うことから免れ得ない。例えば、調理。ふとした隙に火事になると、あっというまに、山林に類焼してしまう。また、バーベキュー。森を前にしてのバーベキューは、考えただけで楽しい。しかし、私の限られた経験でも、少しの風が、火の粉を、森へと運んでしまう。空気が乾いていると、燃え移るのに造作ない。
 また、子供がうっかりマッチで遊ぶことはあるし、変質者が放火することは、とてもありえる。火は、根源的な人間の憧れだからである。
 こうして、カリフォルニア州当局は、このような山火事は、必然的に今後も起きるだろう、と予想する。この地域から人間が出て行かない限り。しかし、そんなことはありえず、喉元すぎれば、文字通り熱さを忘れる、で人は山中で、自然に恵まれて楽しく暮らす。
 このため、カリフォルニア州は、警告システム、交通管制システム、野球場などへの避難場所など、被害対策システムを充実させ、とりあえず、被害は最小限に食いとめられた、と言える。
 また、救いは、森の自己回復能力である。カリフォルニアは、1970年、1993年、2003年と大規模な山火事に遭い、その焼け跡には、速やかに木が生え、森は回復してきた(ただ、見てとれるように、山火事が起きる周期が確実に短くなっている。これがまさに、地域の人口の増加に対応している)。
 こうして、人々は、一瞬で豪邸も灰塵に帰してしまうというリスクに隣合わせで、何事もなかったかのように、楽しく暮らしていく。次の災害までのつかの間であるが。

2007年11月 3日

アルビン・トフラー

 図書館に行ってみたら、アルビン・トフラーの「富の未来」上下2巻があったので、ざっと見てみた。趣旨は、要するに、知識=富、ということで、堺谷太一が10年くらい前に、「知価社会」で主張したことを敷衍したものであるが、私の読み方が浅いのか、どうも新鮮味がない。もう20年以上前に、「第三の波」を読んだときは、それなりに感激したのだが、今や、未来を語る人が多すぎて、また、ある意味、トフラーの予言はかなり当たり、トフラー自身の主張は、昔からあまりぶれていないので、トフラーの主張が希釈されて、面白くなくなるのは、むしろ名誉なことではないか、と少し皮肉な見方をしてしまった。
 ただ、いつも思うのだが、知識を重んじることについては、私は人後に落ちないつもりだが、この世にいるかぎり、物質的資源は重要で、知識は情報を洗練させ、解決策を提示するかもしれないが、稀少資源を増やしたりすることはできない。エネルギー保存の法則を破って、エネルギーを生み続けることもできない。だから、インパクトは弱いが、知識を語るとき、なにかしらの謙虚さが必要なのである。

麻薬中毒

 Webのニュースを見ていたら、テニスのヒンギスが、コカイン服用疑惑で警察から取り調べを受け、無実を主張しているものの、嫌気が差して、引退を仄めかしているという。確か、年齢も27歳で、今や全盛期の力はない。
 そこで、ちょっとコカインについて調べてみると、とても習慣性が強く、禁断症状が厳しく、健康を害すること甚だしく、要するに、危険な麻薬なのだそうである。そうか、と思ったいたら、どこからともなく、物質自体が麻薬ではないか、という示唆があったような気がした。すなわち、物質の象徴である、物欲、性欲、金銭欲、名誉欲すべて、麻薬ではないか、というのである。
 そこで、私は軽く反論する。確かに、物欲、性欲、金銭欲、名誉欲に溺れて駄目になる人は沢山いるが、コカインなどの麻薬と比べるのはどうか、そもそも習慣性が違いすぎるのではないか、そもそもある程度の物欲は、この世を生きていく原動力であり、そういうものがないと、生きる意欲さえ湧かないのではないか、と主張した。
 それに対して、何も示唆はないので、私なりに考えてみると、どうもこの世に生まれてくる、ということは、習慣性をもつ物欲という麻薬にさらされつつ、それを克服することで個性を鍛え、磨くことではないか、と思われた。物欲の習慣性は、確かに麻薬より弱く、丁度麻薬の習慣性を、物理でいう核力のような強い力に譬えると、物欲の習慣性は、重力のようにとても弱く、しかし到達距離の長いものではないか。しかし、他でもない、到達力の長い物欲こそが、資本主義の源ではないか、また、物欲からの解脱という意味で、宗教の源泉ではないか、などとも考える。
 ともかく、麻薬と物欲の違いは、量的なものか、質的なものか、大抵の人は後者と言うであろうが、私は分からない。あと、魂は、この世で物欲に晒されないと修行できないのか、などとちょっと思考が乱れてきたので、一旦擱くとする。

社長室は、実は簡素?

 数日前に、「社長室は、なぜ立派か?」というブログを書いたが、今朝のテレビ番組をみていたら、必ずしもそうではないことが分かった。
 例えば、ナムコというと、大手のゲームメーカーであるが、テレビで報道されていた社長室はとても簡素で、机は地味で、きらびやかな什器など一切ない。社長も見るからに庶民的な風貌で、その社長は、「社長室の豪華さは、会社の業績に反比例するのですよ。」と笑っていた。NOVAの社長室に対する当てつけであろう。
 別の会社の社長室には、ビリヤードやダーツがあった。業務時間中に、こういうゲームをするとは何と不謹慎な、と思っていたら、実は、社員に対して、就業時間後であるが、勝手に社長室に来て、ゲームに興じてよい、と申し渡してある、という。すると、女子社員など沢山入ってきて雑談する機会があるのだという。
 さらに別の会社では、社長は普通の平社員の並びで普通の机で仕事をしていたのだが、社員からせがまれて、しぶしぶ社長室を作ったそうである。やはり、社長がいつも傍にいると落ち着かないらしい。
 また別の会社では、社長室が、透明のガラス張りであった。透明性を高める、といえば、ほとんど駄洒落であるが、密室性が減って評判がいいという。
 結論として、時代の風潮は、社長室は、権威型から機能型、実務型に移行しつつある、という。ただ、私は、どうしても、NOVAみたいな権威主義の象徴みたいな社長室は絶対まだ沢山あるぞ、とは思う。

実験経済学

 新聞の新刊広告を見ていたら、東大出版会から、「実験経済学」という本が出版されるという。
 つい、なんだこれは、と思った。というのは、経済学の入門書を読むと、物理学などと違って、経済学では実験ができないので、既存の経済統計の数字などを用いて、理論の妥当性を検証するよりない、というような記述があり、深読みした訳ではないが、そこのところの記述につゆも疑問をもったことはなかった。
 そこで、どんなものか、と考えてみたが、せいぜいが、沢山の人にメールを送って、回答をもらって集計することくらいしか思いつかない。それでは、社会心理学の実験にはなっても、経済学とは呼ばれないだろう。
 仕方なく、Webで「実験経済学」を検索してみた。するとどうも、「検証したい経済理論に必要な環境を注意深く実験室内に設計し、学生などを被験者として、その環境内で実験を行う。」というものらしい。そうして、ここからがミソなのだが、そこでの擬似的経済活動の結果のパフォーマンスに応じて、実際に、金銭的な報酬を与えるのだそうである。実際の金銭でなく、クーポン券のような換金性の弱い報酬で行った経済実験は、権威ある実験経済学の論文誌には掲載してもらえないのだそうである。このことから、実験経済学では、いかに、人間の欲望をナマのままで扱うか、ということがキーになるようだ。例は少し違うが、DNAの成分を同定する実験で、実験機器から、いかに細菌やその他の有機残留物を除いて純化しておくか、ということが重要か、という当然の記述を何かの本で読んだが、それと似ているかもしれない。
 ただ、ある部屋に集められる被験者の数は、高が知れており、その人数で有為な結果が出せると看做してよいかどうかは、統計学の検定や標本理論に依存する必要がある。
 こうして、素人的には、その有効性が、どうもしっくりこない。少しでもしっくり来るためには、東大出版会の、「実験経済学」を買って読めばいいのだろうけど、3990円もする。いくら本が好きで、本代をケチらない私であっても、このような積読に終わる可能性が高い本に、3990円も投資する気は、流石におきない。

2007年11月 4日

短手数の作り碁

 阿含・桐山杯囲碁トーナメントの決勝で、張栩が趙治勲を破ったが、なんと、作り碁なのに、129手という短手数であった。もちろん、ダメ詰めは残っているが、意味のある手は終わっている、という意味である。
 ところがこれが記録かと思ったら、121手の作り碁というのが、4年前の名人戦で、張栩対武宮というのがあって、どちらも張栩が絡んでいるのが面白い。
 ところで、簡単な計算で分かるように、129手という短手数だと、ほぼ拮抗している地合とすると、それぞれが125目程度もあって、大味であること甚だしい。
 さて、仮想的に短い手数の作り碁を作ってみると、何手くらいになるであろうか。簡単に考えると、黒が天元を通るラインを縦に、19子を打ち、それに隣接して、白が、19子を打つ。すると、38手であるが、これだと、星の辺りで活きられる。そこで、各々が辺の星目に打ち、また、両三々に打ち、辺の石には、風鈴を打っておく。すると、38+6×2=50手が最短手数ではないか。ただ、これで、全部地かどうか、多分そうだと思うが、証明は難しそうである。
 では、将棋の仮想的な、詰みまでの短手数の棋譜は、というと、おそらくこれであろう。
 ▲76歩、△84歩、▲56歩、△54歩、▲58飛、△62銀、▲55歩、△同歩、▲同角、△34歩、▲33角成 の11手。

定年後の仕事

 岩波新書「定年後」加藤 仁著、を読んで、ちょっと話がうますぎるような気がするストーリーもあったが、定年後の、うまくいく仕事について、この本の内容に基づき、私なりに整理してみた。


  1. 儲かることよりも、好きなことをやること。
  2. 金にならなくてもいいので、生き甲斐としての趣味を重んじること。
  3. 人脈を重んじること。
  4. 地域と孤立しないこと。
  5. よいと思ったら、しばらくしつこくやってみること。簡単に諦めると、なかなか成就しない。
  6. うるさ型批判的老人にならないこと。孤立する。
  7. なるべく他人をあてにせず、できることは厭わず自分でやること。
  8. パートタイムでもいいと思うこと。
  9. 場合により、移住も厭わないこと。
  10. 自分の個性を主張するのと同じくらい、他人の個性も重んじること。
  11. 会社での活動で身についたスキルを活かすこと。例えば、交渉能力や予算折衝能力、あるいは、技術開発能力など。
  12. 自分の能力が社会に還元できることをありがたいと思うこと。間違っても、やってやっているんだ、というように恩着せがましくならないこと。
  13. 会社勤務から、定年のシフトは、ギャップが大きく、なかなか思うようにならない。病気になったり、配偶者の介護の問題がでてきたりする。よって、大幅な軌道修正は常にあると思うこと。
  14. 突然ぽっくり逝くこともあるので、出口戦略をきっちりしておくこと。
  15. 歳だから無理とは、あまり思わないこと。脳は、使っていると、結構、死ぬまで惚けないようだ。また、歳をとったら記憶力が低下するのは確かであるが、語学のように、記憶依存性の高いスキルでも、なんとか実用レベルまでもっていけるようだ。
  16. 夏目漱石の「私の個人主義」というエッセィの、自己本位という考えを理解すること。
  17. 子孫に財産を残すことは、特に考えないこと。
  18. 年金があるという前提で、無給のボランティアやNPOも視座に入れること。
  19. 年金で、毎日が日曜日で生きれるとしても、それでは、張りがなくてつまらない、と知ること。
  20. ホームページやプログも有効であること。
  21. 最悪、貧乏になって栄養失調で死ぬのも仕方ないじゃん、と開き直ること(これは、いかなる意味でも、この本に触発された訳ではなく、私が勝手に思っていること)
  22. 死を終わりと思わないこと。そのために、死のぎりぎりに際しても、頭が働くなら、何か勉強すること、あるいは、周囲の人に尽くすこと。お金も、物も、あの世にもっていけないが、知識と気持ちは、あの世に持っていけると信じること。死が終わりでない、ということは、死が近いと宣言されても、自暴自棄になってはいけない、ということである(これも、私が勝手に思っていることであるが、あまり賛同を得ないかも)

2007年11月 5日

アレックス・ロドリゲス

 新聞によると、ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、契約満了まであと3年あるのに、途中でフリーエージェント宣言したのだという。それには、ペナルティが課されそうであるが、よほど野球選手側に有利な契約なのか、それとも、ロドリゲスは、よほどの逸材なのか、ヤンキースは残りの契約金の8100万ドルをきちんと払うだけではなく(それだけなら、契約の範囲のまま)、2011年以降の5年契約で、1億5000万ドル増額した、2億3100万ドルの額を提示したところ、ロドリゲス側は、3億5000万ドルでないと、契約更改しない、と撥ね付けたそうである。5年で3億5000万ドルということは、5年間に亘って、毎年の年棒が、約80億円ということである。私のような庶民にとって、ロドリゲスは、どんだけ~強欲なのか、と思ってしまう。ただ、それだけ吹っかけるところがある、ということは、もっとよい他球団の呈示があるのだろう。
 ただ、人間の感覚が対数尺度なのは、よく知られていることであるが、こうなってくると、年棒に対する満足度も、対数尺度なのか、と思ってしまう。例えば、対数の底にもよるが、一億円の年棒が、10億円になったとしても、2倍しか嬉しくなく、2倍程度の嬉しさなんて、車を運転していて、ちょっと擦る程度で、吹っ飛ぶかもしれない。
 一方で、実績に対する年棒の額は、指数尺度ではないか。例えば、ホームランを30本打てる人は、15本しか打てない人に比べて、年棒は倍ではなく、もしかして、10倍かもしれない。このことは、安い年棒にとどまっている人にはとても悔しいことかもしれないが、文句があったら、お前も頑張れ、が実力の世界である。
 あと、どうしても解せないことがある。すなわち、もし球団の収入が、球場に来る観客のチケット代に依存しているとしよう。すると、1試合で5万人入るとして、一人の入場料の平均が3000円だとすると、一試合の収入は、1億2千万円である。フランチャイズのゲームだけでないので、年間せいぜいが80試合程度、フランチャイズで戦うとしたら、1年間の球場に来る観客の入場料の合計は、多く見積もってもせいぜい、100億円である。その中から、どうやって、一人のプレーヤに払う80億円を捻出するのだろうか。しかも、ヤンキースでもその他の球団でも、スタープレーヤーは、一人ではないのである。年収10億円程度の選手は、ざらにいる。
 もし、それでも採算がとれるとしたら、球場の入場料以外にも収入がある、ということになる。例えば、選手がコマーシャルに出たら、そのある割合をピンはねするのだろうか。しかし、どう考えても採算がとれるような仕組みが見えてこないのである。

山崎バニラ

 テレビを見ていたら、山崎バニラという若い女性が、和服を着て、無声映画の弁士をやっていた。おお、なんとレトロな、と思ったら、喋るだけではなく、ピアノか大正琴を演奏して、弾き語るのである。その喋りと演奏が絶妙で、また、なかなかに美人であって、ひそかに人気がでているそうである。
 こういうのを温故知新というのだろう。ただ、山崎は、子供のころ、とても自意識過剰で、人前に出ることができなったそうである。こういう性格だと普通、親が心配する。とりあえず現実にあまり適応していないからである。しかし、出来た親だったのか、うまく才能を伸ばせたようだ。
 弁士と言っても、山崎は基本的に、音楽派のようで、無声映画をみたらまず、どういうメロディーがいいかを考えるそうである。そうして、いいメロディーが浮かばないと、過去の成功例を見るのだそうだ。このために、いままでの楽譜はとってある、そうである。そうして、音楽が決まっても、どういう喋りの内容にするか、また、延々と悩む。1本の無声映画を通して、喋りと音楽を付けることは、大変な作業なのだという。だから、音楽を入れるのは、その間しゃべりを控えることができるので、救いなのだそうだ。今は若いけど、いつまで根気が続くか、という気持ちだそうだ。
 ところで、和服を着て、弁士をやっているときの山崎は、髪を金髪に染め、和服を着ているせいで、レトロというよりも少し異様な雰囲気で、まるで、八つ墓村に出てくる、薄倖の美少女のようで、近づきがたい。ところが、普段の様子は、明るい若い女性に戻る。ともかくも、なかなかニッチなユニークな才能なので、売れすぎないで、消耗しないように育ってほしい。

2007年11月 6日

アフリカを救う方法

 最近、ミャンマー云々、北朝鮮云々と言われているが、より貧困なのは、アフリカである。より困窮しているのは、アフリカである。飢餓、病気、内乱は収まるところを知らない。そんなアフリカを救う方法は、あるのだろうか。
 先ず、典型的に必要なのは、政権の安定化である。しかし、どうやって安定化させるのか。どう考えてもうまくいかないのは、民主化のアプローチである。こういう混乱にあっては、まずとうしても、独裁政権であるより仕方ない。例えば、ミャンマーは、アサンウン・スーチーでは、ここまでまがりなりにも安定した政権でひっぱってこれなかっただろう。韓国も、朴正煕のやり方は、あの時点では、ある程度仕方がなかったと思われる。アフリカにとっても、いま、必要なのは、言い方はよくないが、抗癌剤のアプローチである。すなわち、抗癌剤は強い毒性をもつが、癌細胞を抑えるには、とりあえず仕方ない。要は、どうコントロールして使うかである。
 政権が安定化したら、教育と食料、医療品の安定供給である。これは、どうしても、国連や先進国からの援助に頼るしかない。
 しかしである、そのような努力を水泡に帰してしまいかねない強大な趨勢がある。それは、先進国による、資源搾取の構造である。アフリカにとって、災いなのは、石油資源、貴金属、コーヒーなどの嗜好農産物がとても豊富である点である。これらをアフリカから安く購入し、付加価値をつけて巨大な利益を上げる会社が、アメリカ、ヨーロッパ、日本などの先進国に沢山ある。こういう会社にとって、アフリカが貧困にあり、困窮していることは寧ろ都合がよい。なぜなら、それによって、現地労働者を安く使い、低いコストで資源を入手できるからである。妙なアナロジであるが、レーザービームの発振を考えると、それは、人為的に作り出された半導体バンドギャップの間に電圧を加えて、発光させる。それと同じことで、先進国の反映とアフリカの貧困のバンドギャップによって、先進国は繁栄というレーザービームを享受し続ける。
 地球温暖化の問題で、二酸化炭素排出削減が声高に叫ばれても、アフリカの貧民を救おうという声が上がらないのは、そういう理由もあるだろう。地球温暖化が二酸化炭素の原因かどうかはまだ科学的に証明されていないが、確実に有効なのは、経済活動のレベルを単純に下げることである。飛行機の本数を減らすとか、車を運転しないで、ほとんどを電車にするとか。意味のない高い年棒を減らすとか。しかし、結局、そんなことはおきそうもなく、アフリカは困窮のままである。

PROLOGの帰趨

 今から10年以上も前だろうか、PROLOGというコンピュータ言語が流行ったことがあった。当時は、人口知能の第5世代コンピュータ開発ということで、日本の鼻息が荒く、また、日本は未曾有のバブル好景気で、そのこともあって、アメリカは、日本に決定的に人口知能の分野で差を付けられてしまうのではないか、と焦った。
 PROLOGとは、論理型プログラミングの一種で、要するに、手順と目標を論理的に記述しておけば、プログラムの方で勝手に解をみつけて止まってくれる、というものである。
 例えば、有名なハノイの塔の問題だと、
hanoi(1,X,Y,Z):- move(1,X,Y).
hanoi(N,X,Y,Z):- M is N-1, hanoi(M,X,Z,Y),
move(N,X,Y),
hanoi(M,Z,Y,X).
move(N,X,Y):- nl, write([disc,N, from, X, to, Y]);
 と定義しておいて、
hanoi(3,left,middle,right) としてrunさせればよい。
 このように、PROLOGによると、抽象的にアルゴリズムを記述ておけば、勝手に解を探してくれるので、プログラミングは簡単であり、予想されるプログラマ不足の解決に福音である、ともてはやされた。
 しかし、C++, JavaのようにPROLOGが普及することなく、ひっそりと消えていった。同類の人口知能言語のLISPはまだ、使われているはずだ。
 結局普及しなかった理由は、「論理的な、あまりに論理的な・・」ではなかろうか。すなわち、プログラミングといっても、あまりきれいに論理的に割り切れるものは少なく、そういう泥臭いアプリケーションとなると、どうしても、C++, Javaのような手続型言語が有利なのだろう。また、C++, Javaは、オブジェクト指向の波に乗ったことも大きい。というのは、GUIの環境がメインになってくると、属性やメソッドの記述を統一できるオブジェクト指向の概念が必須と言ってよいが、その意味でも、PROLOGは乗り遅れた。
 そうやって、PROLOGが廃れた理由を述べたが、実は、事物は放っておけば廃れるので、廃れる理由を一々説明する必要はない。寧ろ、なぜC++, Javaが流行ったかさえ述べればよい、というのが、芸能の世界からの教訓である。

2007年11月 7日

世界制覇とは

 よく、子供向けのアニメで、悪の軍団が世界制覇を目論み、これに対して、正義のヒーローが一歩一歩、悪の軍団からの刺客を打ち破り、ついには悪の軍団を滅ぼす、というストーリーがある。そうやって、一人一人刺客を送り込むのは、兵力を小出しにする最悪の戦法であって、大挙して押しかければ、孤独なヒーローはなすすべもないのだが、そこはまあ問わないことにする。
 で、何が言いたいかというと、ここでいう世界制覇とは、どういう意味か、言い換えると、どういう状態になれば、世界制覇した、と言えるのか、ということである。
 世界制覇に必要な条件の1つは、悪の軍団(別に悪でなくても、正義の軍団でもいいのだが)が、独自の法律を策定し、全世界の人がそれに従うようにすることである。すると、当然に、そんなの関係ねぇと、海パン一丁で暴れる者も出てくるので、そういう人を鎮圧できる強大な警察力が必要である。
 それと付随して、当然に、資源を搾取する仕組みも必要であり、裁判権も必要であり、そういう支配が、全世界に及ぶとき、世界制覇した、と言ってよいのではないだろうか。そのとき別にスターリンやサダム・フセインのように恐怖政治を敷いたり、粛清の嵐を吹かせる必要はない。また、ブッシュのように、気にいらないからと言って、いいがかりをつけて攻め込む必要もない。ともかく、世界を治めていればよい。
 そこで、疑問。世界制覇したと思っても、アフリカの奥地や、チベットの山奥や、南米のジャングルには、支配を受けない人がいるかもしれないが、それでもいいのか。それに対する答えは、構わない、ということである。
 すなわち、世界をXとするとき、∀d⊂X ⇔ ∃D且つd⊂D⊂Xで、Dにおいて、組織Oに従うと宣言した人が大多数であるとき、世界は、(X,O)で、弱結合の支配状態にあるとする。
 逆に、∀d⊂Xで、dにおいて、組織Oに従うと宣言した人が大多数であるとき、世界は、(X,O)で、強結合の支配状態にあるとする。強結合の支配というのは、ありえないと言ってよい。
 さて、このような意味のない議論をしてきたのは、ロックフェラー家とロスチャイルド家による世界支配の話を聞いたからである。ロックフェラー家=米国は、世界の石油を牛耳り、ロスチャイルド家=ヨーロッパは、金、白金などの貴金属の価格を独占的に決定する。それで、彼らの世界制覇意識は、どの程度のものなのだろう。どれほど、ライバルを追い落としたいと思っているのだろうか。私が思うに、世界制覇などという意識は、子供じみたストーリーなしでは、到底大の大人が想像もできないものである。また、世界制覇でなくても、そうやって、世界のある領域を牛耳っていかなくてはならない、ということは、とても疲れることであり、内心、降りたいのではないか。しかし、体面と、伝統と、何よりも、物心化した欲望の自立的作用で、文字どおり制覇されてしまっている。すなわち、世界制覇することは、心を何物かに制覇されることなのである。それから開放されるには、どのような手段があるのだろうか。

2007年11月 8日

パラレルワールド

 父親はよく友達を家に連れてきては呑むタイプであったが、私が2歳の頃、折悪しく結核に罹っている友人を連れてきた。それで、軽く咳き込むのだったが、幼児で抵抗力の弱かった私だけに、結核がうつってしまった。
 それで、なにしろ、伝染病なものだから、3歳のとき、無理やり親元を離れて、電車で1時間以上かかる、国立の療養所に入れられてしまった。随分悲しかった、というか、心細かった、という記憶がある。それでも、子供というものは柔軟性があるもので、同年代で結核の子供が何人かいたので、すぐに友達になり、楽しく過ごせるようになった。
 それである晩の、何日に一度かのお風呂の日だったと思う。お風呂は、大浴場で、当時4歳になっていた私には、まだ、ちょっと深い湯舟だった。それで、そのとき疲れていたのか、お風呂に入っていたら、急に意識を失った。たまたま、浴場は空いていて、あまり人がおらず、どうも私は意識を失ったまま、お風呂に沈んでしまったようだ。「ようだ。」という言い方には、意味がある。というのは、私は、自分がお湯の中に沈んでいるのを、確かにどこかの方向から「見た」のである。
 その後、私は引き上げられ、意識を取り戻したに違いない。だからここにいる訳であるが、いまだに否定できないでいる考えがあって、それは、私はあのとき、あのままお風呂で溺れて死んでしまった、というものである。臨死体験のように、自分を別のところから眺めたのであるし。
 しかし、あのとき死んだなら、私がいまいるところは、少なくとも、冥界でなくてはならない。すなわち、死後、現世とほとんど同じ環境にあるらしい、というところである。おそらく、冥界は現世と似すぎているので、区別がつかないのかもしれない。
 しかし、私にささやきかけるものがあって、お前はあのとき、パラレルワールドにシフトしたのだ、というものである。すなわち、移った先のワールドがもとのワールドと似すぎているので、ほとんど違いに気付かない、というものである。もしそうだとすると、そのような現象は、冥界や霊界についてもひととおり書物で勉強した私の、どんな知識でも説明できない。
 パラレルワールド自体は、何人かの宇宙物理学者が、その宇宙空間時空方程式の解として、理論的には存在を予想している。しかし、1つのワールドから、別のワールドに移れるなんて主張していないし、死んだ瞬間がそうだなんて、聞いたこともない。それで、結局は、私の妙な思い過ごしだ、ということになるのだけれども、どうしても解せないのである。

DNA歯学

 今朝の新聞を見ていたら、神奈川歯科大学の教授、山田良広さんという人が紹介されていた。なんでも、歯のDNA鑑定の第一人者なのだそうだ。
 その経歴は結構地味で、大学入試で2浪し、歯科医は儲かりそうと、神奈川歯科大学を受験し合格したそうである。神奈川歯科大学がどういう大学か知らないが、偏差値エリートでないことだけは確かである。
 ところが、そこからが少し変わっていて、在学中に、イギリスの遺伝学者ジェフリーズが発表したDNA指紋法に興味を示す。そして、歯のDNA鑑定を研究したいと、東大大学院に籍を置き研究、発表した歯のDNA鑑定に関する論文は、このテーマで世界初で、一躍第一人者となった。
 ただ、そこから悩んだそうである。というのは、歯のDNA鑑定を職業にしても、食べていけないのではないか、と。すると、幸い、母校に講師の職を得て、研究に専念できることになった。それでも、当初、歯のDNA鑑定の依頼は、年に一件あるかないかで、確かに、それだけを職業にしていては、食べていけない、と実感したそうである。
 そのうち、DNA鑑定そのものの仕事がポツリ、ポツリと来るようになった。殺人の被害者から、犯人を割り出すみたいな、法医学的なものが多い、そうである。これを見ると、歯のDNA鑑定と言っても、DNA鑑定の技法は一般的なものなので、広く使えるようである。すると、歯特有のDNA鑑定とは何なのか、そこは、狭い新聞のコラムなので、詳しく書かれていない。きっと、歯のある髄質の部分からDNAを鑑定するための材料を抽出する技術であると思われるが、記事からは分からない。また、歯といっても、骨と類似するので、DNA考古学にも応用が利きそうである。
 ともかく、エリートになるとかどうか、金持ちになるとかどうとか、あまり拘らないで、興味があることをこつこつやっていると、よいこともある(まあ、ないかもしれないが)、という温故知新みたいな教訓を改めて確認した次第である。

ノーベル物理学賞

 ニュースによると、今年のノーベル物理学賞は、巨大磁気抵抗効果(Giant Magneto-Resistive)を発見したアルベール・フェール博士(69)とペーター・グリュンベルク博士(68)に授与された。2人は1988年、磁界を与えることで電気抵抗が大きく変化するGMR現象を同時に独立発見、ということである。GMRが、今や、ハードディスク高密度化の技術として必須なのは、よく知られている。
 発見したのは、この二人の学者であるが、最初にGMRの特許を出願したのは、ソニーで、1992年7月31日である。最初の実用化にほぼ4年かかっているが、それくらいはかかる、としたものだろう。なお、最初の出願はソニーであるが、その後、IBMが数件の基本特許を取得した。その他、松下電器、富士通、日立などが続く。
 ところで、GMRがすごい発見であることは否定しないが、実用に偏りすぎていて、私的には夢がない。まあ、ほとんど実用化されなかったエサキダイオードよりましか。
 噂では、今年のノーベル賞は、カーボンナノチューブを発見した、名城大学教授の飯島澄男という噂があり、久々に日本人のノーベル賞かも、と期待したが、残念であった。しかし、こういう実用化路線だと、青色発光ダイオードの中村修二、PINダイオードその他の発明の西澤潤一にも、そのうち、届くかもしれない。ただ、調べてみると、青色発光ダイオードの基礎的な部分は、名城大学教授の赤崎勇などによって発見されており、中村修二に届くことはなさそうだ。まあ、日亜化学からの数億円の発明褒賞でいいではないか、ということになる。

2007年11月 9日

ウェブ時代をゆく

 梅田望夫氏が「ウェブ時代をゆく」という新刊を出した。例の「ウェブ進化論」の続編というか、完結編とス位置づけられる。ところが、これを買って読む前に、池田信夫氏が、そのブログで、「何も新しいことが書かれていない。15分で読了した。」と書いていた。池田氏は、梅田氏にとても手厳しいので、流石に言いすぎだろうと思い、半ば習慣的に本屋で「ウェブ時代をゆく」を買ってみた。
 すると、流石に15分ということはなかったが、パラパラと、1時間くらいで読み終えてしまい、中身の乏しさに失望した。「中身の乏しさ」という言い方には、注釈が必要である。この本だけを切り出して、独立に評価すると、構成もよく、文章がまずい訳ではない。よく書けていると言ってよいだろう。しかし、「ウェブ進化論」からの差分、佐々木 俊尚の「グーグル」その他の著書からの差分というと、驚くほど乏しい。
 ちょっと面白いと思ったのは、Rubyの作者の、まつもとゆきひろ氏と、伝説のプログラマ 石黒邦弘氏の話であるが、これも、どこかで聞いたことがあるような気もする。
 それで、もともと落ち込んでいたのをその著書で救われた私が、恩を仇で返すようだが、梅田氏は、「ウェブ進化論」の後、知識のスペクトルを広げることを怠り、Web2.0とシリコンバレーの世界に滞留したままなのではなかろうか。すなわち、Web2.0というものは、その技術の根幹を追求すると、Ajaxひとつをとっても、なかなか半端でなく理解が難しい。しかし、評論家的に、あるいは社会現象的にWeb2.0を論じると、それは、単なる入れ物であり、丁度、日本シリーズたけなわなのに、その入れ物にすぎない球場の仕組みを延々と論じるようなものである。そういう議論が、深みをもって長く続くはずはない。
 一方、前述の池田信夫氏は、というと、なかなか論敵に手厳しく、ときとしてその論旨はどうかと思うこともなくはないが、その知のスペクトルは、経済学、哲学、金融論、著作権法、労働問題、その他と手広く、井戸は涸れそうもない。池田氏は、「ウェブ時代をゆく」をして、「丸山真男をひっぱたきたい」で代表されるようなニートの問題にも触れず、徒に楽観論を煽っていると批判するが、それは当たっていると思う。少なくとも、Web2.0が、ワーキングプアの問題にどうアドレスするか、そこがあれば、「ウェブ時代をゆく」も深みを増したであろうに。

2007年11月10日

確率的な、あまりに確率的な・・

 先日、佐賀県武雄で、病院に入院中の男の人が、暴力団の組員と思われる男に、おそらく誤認で撃たれて死亡した。かと思ったら、池袋のパルコ付近で待ち合わせしていた男性が、ビルの屋上から飛び降りてきた女性の巻き添えとなって、意識不明で入院したまま、ついに亡くなった。また、死亡事故ではないが、今日の夕方大阪で、タクシーが阪神高速を3Kmも逆走して、何台もの車にぶつかりながら、高速を降りた、という事件があった。
 こういう事件を見ると、人生なんと、確率的に稀なことが続くのだろう、とついシュレーディンガーの方程式を思い起こす。シュレーディンガーの方程式の確率解釈が正しいとするとき、その確率解釈の理由というか、根拠は問われない。ただ、確率解釈をすると、うまく説明できる、というのが、正統的な考え方である(ん、正しいか?)
 それと同じで、世の中、いろいろな物体が動き回り、いろいろな思惑が交錯して、それでもってたまたま、あのようなおかしな一連の事件が起こった、ということになるが、シュレーディンガーの方程式の方程式の確率解釈は、確かにある有意義な結論に導いたが、事件の偶然論は、何も意味があることをもたらしはしない。この違いは何なのか、というと、おそらく、現実世界は、自由度が多すぎて、有意義な確率解釈では扱えない、ということであろう。また、どうしても人間の意志が絡むので、すると、いよいよ力学的でなくなる。確か、スピノザは、エチカで、人間の意志を力学的に扱おうとしたのだったか。例えば、エチカの定理19には、「人間精神は、身体がうける変様の概念だけで、人間の身体そのものを認識し、また身体が存在することを知る。」とある。すると、エチカは、神の定義から始めて、神と人間の古典力学を記述することを意図しているように思われる。では、一体、エチカの量子力学版を展開した思想家は、いるのだろうか。寡聞にして知らない。

ノーベル化学賞

 全然見過ごしていたのだが、2007年のノーベル化学賞は、ドイツのマックスプランク協会フリッツハーバー研究所のゲルハルト・エルトル名誉教授に授与された。授賞理由は「固体表面の化学反応に関する研究」。エルトル氏は固体表面化学という分野を確立、触媒が働く仕組みを解明した。すると、触媒化学とも呼ばれるのかもしれない。
 この研究分野は、明らかに、半導体の表面処理や、燃料電池に関連しており、物理学賞のGMRと同じくらい、応用がかっている。
 ただ、如何せん、化学には馴染みが薄くて、雑談のようなコメントすら、書き連ねることができない。してみると、延々と愚にもつかないことでも書き連ねられるということは、それはそれで、なにかの知識の証拠と思ってもらえないだろうか。

2007年11月11日

私の個人主義

 夏目漱石が、大正3年に学習院でした講演に、「私の個人主義」という題目のものがある。この講演で、漱石は、自分の英文学の専攻、及び英国留学から話を始める。当時、東京帝国大学を卒業し、英国に留学した漱石は、今では考えられないようなエリートであった。しかし、漱石は、英文学を専攻していても、内心の疼きを晴らせない。そうして、自分の一番やりたいことを探し、貫くことを見出し、小説を書くことに生き甲斐を見出したのであった。
 そのようなことから、漱石は、自分の個人主義を貫くことを説く。しかし、漱石は説く。個性を貫くことは、その立場が、権威や金力のあるものだと、他人に対する押し付けになってしまう。そこで、他人の個性を尊重することを大切と、漱石は説く。また、ノーブレス・オブリージュで、個性の発揮の裏には、きっちりした義務が付随することを、英国滞在体験から説く。
 また、時代が時代だけに、漱石は、国家主義も意識せざるをえない。そうして、個人主義は、国家主義と矛盾するものではない、国家が順調であれば、国家は意識しないですむし、そもそも、四六時中国家のことなんて考えていられない、という。だから、個人が個人を追求することが国家のためにもなる。ただ、国家が逼迫してくれば、個人主義は、国家に妥協するよりない、という。
 また、個人のあるべき道徳に比べて、国家の道徳というのは、ずっと段が低いものに見える、とも指摘する。明治維新の頃からの世界の情勢をみていると、そう判断せざるをえなかったのであろう。ただ、国家の最悪のストーリーは、漱石の没後やってくるのであったが。
 こう書き下してみると、漱石の個人主義の議論は、当然に響く。しかし、明治から大正にかけて、こういう議論をきちんとできた、ということの偉大さを、今更のように理解する必要があると思う。

幻視の構造

 いつだったか、テレビの番組で、バスの運転手の加重労働のことが報じられていた。すなわち、今バスの経路でとても競争が激しいのは、東京・大阪間の経路で、なにしろコスト競争が激しいので、一便あたりの利益が低く、するとバス会社は、薄利多売で、どんどん本数を増やす。しかし、人件費を切り詰めるために、多くのドライバを雇えないので、一人のドライバが長時間運転することになる。例えば、東京から大阪までバスで行くと、7~8時間くらいかかるが、大阪に着いたドライバは、3時間くらい仮眠しただけで、今度は、大阪から東京に、お客さんを乗せて運転して帰らなくてはならないことがあるという。これはとても重労働で、ドライバは運転中、朦朧としてきて、道路の上を白い透明な人間が歩くのが見えたりする、という。
 これを聞いて、スピリチュアルなことに興味がある私は、ふと次のように思った。すなわち、江原氏のように霊感がある人は、普段でも霊が見えるが、バスの運転手も、睡眠不足で朦朧としてくると、意識化に抑えられていた霊感が蘇ってくるのではなかろうか。そもそも、睡眠という行為は、霊界に意識を戻して英気を養うことであり、睡眠を欠くと、現世に、霊感的なものが溢れ出してくる、と考えられる。すると、高速道路で事故でなくなった霊が浮遊していることは十分にありえるので、道路の上に、透明人間をみてしまう、ということになる。
 一方で、3年前に、私の父親が、胃を切る手術を受けたことがあった。手術の翌日、病院に見舞いに行くと、父親は、朝起きたら、蜂が病室内を飛んでいた、という。それで、看護士に、病院に蜂がいていいのか、非衛生だし危険ではないか、と言ったら、実は幻視で、看護士は、笑って取り合わなかったという。これは、麻酔薬による幻視と思われる。また、麻薬中毒患者の手記で、体中を虫が這うような苦痛を味わったというのを読んだことがある。してみると、麻酔薬も麻薬も、脳神経に作用する、という点で類似であって、すると、こういう脳神経に作用する化学物質は、なぜか昆虫の幻覚をもたらす、ということになる。しかし、なぜ虫なのだろうか。人間といえども、進化の途上で、昆虫的なものを内包しており、麻酔薬や麻薬が、そういう原始的な神経を刺激するのであろうか。
 あと、幻視は、ちょうど夢がそうであるように、日常の経験にも引きずられる。すなわち、それは、霊視と神経作用と記憶の非線形な組み合わせで、且つ物質的でないがゆえに、とても理解の困難なもの、ということになる。
 

NOVA破綻の理由

 NOVA元社長の豪華社長室が話題になっているが、それ自体が経営悪化の理由というよりも、杜撰な経営姿勢のあらわれ、と言えると思われる。
 NOVA破綻の理由は、とても分かりやすい。それは、社長の、市場の規模を読まない、いけいけの経営方針に尽きる。
 NOVAの猿橋社長は、大学受験に失敗し、パリの第6大学に留学、物理学を専攻した。そこで、語学で苦労したことが、語学学校をつくろうとしたきっかけだという。
 NOVAの成功の秘訣は、駅前にすべて教室を作ったこと。また、いつでも行けるようにしたことである。それで、最大50万人の生徒、900教室まで発展させた。しかし、社長はこれに満足せず、さらに300教室増やして、マクドナルドのようになることを目指していたという。しかし、そのためのロジスティックや具体的な戦略はなく、新しく開いた教室で思うほど生徒が集まらず、次第に負債が膨らんだ。
 もともとが、イーオン、ジオス、ベルリッツなどあり、競争の厳しい語学教室である。結構低い利益で廻っていたと思われる。よって、少しの業績悪化で、転がるように業績が悪化した。もともと、語学教室で拡大しようとする発想が間違いのような気もするが、豪華社長室にいて現場から遊離していた社長には、現実に沿った戦略は無理だったのだろう。
 経営を引き継ぐジー・エデュケーションは、30教室から出発するという。また、イーオンなどは、元NOVAに通っていた生徒の入会金を無料にするなど、獲得戦略をとり始めているようだ。
 英会話教室の隆盛の背後には、日本のいろいろな会社でグローバル化が進み、社員に英語のスキルを要求するようになったことがあるのかも、と思う。こうして儲かるかもしれないという見込みを与える限り、逆に、また破綻する英会話スクールが出てくるであろう。バイリンガルが破綻したのは、それほど前のことではない。

2007年11月12日

アカハラ

 ある企業の研究者がいた。その研究者は、ある学会で、ある大学教授から、応用物理の准教授として来ないか、と誘われた。そういう話は、一見、とてもよい話で、結局、研究者は、大学に准教授として赴任した。
 ところが、行ってみてびっくり。少し遅刻しただけなのに、いきなり、教授から怒鳴られた。ここは、会社と違うんだそ、と。その後も、ことある毎に、些細なことで、学生の面前で怒鳴られた。決定的だったのは、論文で、教授とは独立に独自に論文を書いたのに、教授から無理やり、主著者として、教授の名前を入れるように命令された。こういうことが重なり、准教授は精神的におかしくなり、とうとう、大学に出勤できなくなった。
 今はたまたま、ある人から別の大学の口を紹介され、やっと精神的に回復しつつあるが、随分時間がかかったそうである。今、大学では、教授が一国一城の主として、予算権限、人事権限を把握しているため、専横を行使する教授が少なくないそうである。もともと、象牙の塔だと、人間的軋轢が少ないので、会社の中のように、社内外のいろいろな人との付き合いで、人格を切磋琢磨される機会が少ない。よって、アカデミック・ハラスメント(アカハラ)のようなことは以前から、結構あったと思うが、大学が独立行政法人化されて、企業に近くなり、すると内部統制ということが必要になることから、以前よりも、アカハラが表にでやすくなったのではないかと思われる。
 典型的なアカハラとして、下記のようなものがある:
- 大学院生や学生に、長時間、無理な作業を強いる。これは、運動部のしごきと同じで、どこまでが限度か、境界が難しい。
- 実験データの改竄を強いる。
- 論文著者への介入
- 女子学生に対するセクハラ強要
- ポスト探しの非協力、邪魔。例えば、紹介状を書かない、など。
- 研究テーマに対する、不同意、変更要求。これは、研究指導との区別がつきにくい面はある。
- あと、学会でのあからさまな、こき下ろし。例えば、カントールやボルツマンなど、他研究者からのこき下ろしで悩んで、自殺したのではなかったか。
 で、人間が愚かなものである以上、また、大学の責任者が、学業はともかく人格の高潔さが保証されない以上、アカハラは根絶されることはない。大学で企業よりもやりにくいのは、学問の自由とかで、企業の管理職よりも自由度が高いことである。医学部の倫理委員会ではないが、とりあえず、大学内に、アカハラ防止委員会でもつくるよりないか。
 

モナド論

 ライプニッツのモナド論は有名であるが、その著作を、あまり一般には読まないと思う。実は私も読んだことがないので、興味津々という訳でもないが、読んでみた。そこで、簡単に要約する。
 先ず最初に、モナドとは何かであるが、内部構造をもたない、不可分の実体である、という。すると、レウキッポスやデモクリトスのいう、アトムと等価なのだろうか。
 ところが、読み進むと、モナドは互いに異なっているのだという。これは、少しでも物理を学んだ者には、とても意外で、物理では例えば、電子は互いに見分けがつかない、と学ぶ。
 モナドさらに、恒常不変なものではなく、変化を免れず、内的に、具体的内容をもつ、という。えっ、するとやはり内部構造をもつのか。すると、有限の大きさもつのか。疑問は広がる。
 さらに、単一のモナドにおいて、多をはらみ、多を表現している状態を、表象と呼ぶ、という。このあたりから、分からなくなる。では、最初は分かっていたのか、と聞かれると、困る。
 さらに、意識に上らない表象は、無ではない、1つの表象から他の表象への変化や移行を、欲求という、と続く。このあたり、その抽象度は、般若心経レベルである。
 また、表象のありかは、モナドにのみある、という。モナドは無形の自動機械であって、魂は単なるモナド以上のもの。では、モナドに何を足したら魂になるのか、という説明はなされない。
 さらに、真理には、思考の真理と、事実の真理があり、後者は分解可能なのだという。
 ここからが本題と思われるが、神こそは、唯一の根源モナドであり、その他の全てのモナドは、根源モナドから生じる。そうして、モナドどうしは、神を媒介することなく影響しあうことはできない、ここから、有名な予定調和説が出てくるらしいのだが、このような議論に誰がついてこれるのだろうか。少なくとも、私は、とっくに降りている。

2007年11月13日

東京ガス都市生活研究所

 新聞によると、東京ガス都市生活研究所の所長、早川 美穂氏は、入浴博士というくらい、入浴に詳しい。例えば、「食欲不振には、みぞおちから指三本分下、脇腹方向に指三本分のところに、シャワーをあてればいい。」とか、「半身浴の方が、ストレスを減らすのにいい。」など、いろいろの薀蓄をもっている。あと、浴室内のカビの減らし方なども研究する。
 その早川氏であるが、既婚で44歳の女性であるが、年齢よりもずっと若く見え、魅力的である。もしかして、少し翳りが見えてきた黒木瞳以上かもしれない。
 それで、上記のことに鑑みると、所長としての管理業務よりも、むしろ、専門職として活躍しているように思われる。よって、管理業務は他のスタップがサポートしているのであろうが、それでも、入浴法を講演して廻る姿は、東京ガスにとって、とてもよい広告塔となるだろう。上層部の慧眼ではなかろうか。
 とはいっても、真に働き者で、自宅でも、風呂場を単にくつろぐ場と考えず、風呂に2時間以上も入ったまま、執筆する。夫からは、「専業仕事人」と呼ばれて、呆れられている。美人だから結婚したけど、もっと普通の奥さんの方がよかったかも、という気持ちがなんとなく感じられる。
 とはいえ、夫からの地道なサポートと、会社でのスタップのサポートで、きっとうまく廻っており、それでいいではないか、ということになる。

論文における不正

 2005年に米国で、約7000人の生命科学、医学、バイオ関係の若手研究者にアンケートしたところ、なんと、約3分の1は、論文の何らかの不正に関与したことがあると返答したという。匿名とはいえ、よく正直に答えたものである。
 その内訳は、下記のとおりである。








内容比率
研究方法・結果の書き換え13.5%
矛盾するデータの隠蔽6.0%
論文の多重投稿4.7%
アイデアの盗用1.4%
データの捏造・加工0.3%

 生命科学、医学、バイオ関係の分野で、実験データが重要であることは論を俟たない。しかし、そうであるが故に、所望の結果が出ないとき、論文を不正操作する欲望に駆られるのだろう。韓国のソウル大学の黄教授の、ES細胞に関するスキャンダルはまだ、記憶に新しい。
 さて、どのような研究部門で、論文における不正が起こりやすいかというと、それは、言うまでもなく、実験データの厳密さを要求される部門であって、上記生命科学、医学、バイオ関係以外に、実験物理、行動心理学、有機化学、無機化学、などである。文系学問でも、考古学、歴史考証学などで、資料や遺跡、文献の正当性が問われる。特に、こういう分野で、業績争いが起きると、人間とは浅ましいもので、論文不正操作へのプレッシャがかかる。その不正の内容であるが、上記の表の例で、ほぼ尽きているであろう。
 では、どういう分野で、論文不正操作が起こりにくいかというと、先ず、数学である。例えば、フェルマーの定理がまだ、フェルマーの予想であった時代に、誰かが、尤もらしくフェルマーの定理を証明しました、と論文を提示して、実はそこに間違いがあったとして、それはスキャンダルになるだろうか。たとえそこに一片の悪意があったとしても、名立たる数学者のレフリーの目を誤魔化すことはできず、名誉を失うことすらできないであろう。なぜなら、名誉を失うためには、一旦名誉を得なくてはならず、飛ばない飛行機は墜落もしないのである。
 それでは、理論物理はどうだろうか。理論物理の場合、自然をどう記述するかであるので、いくらその数学的道具立てがしっかりしていても、自然現象をうまく説明できなければ、相手にされない。しかし、M理論やDブレーンともなると、その抽象度が高すぎて、自然現象云々と結びつかない。受けを狙って、とても突飛な理論を提示することはできるが、結局は、一貫性・妥当性を問われ、そこが駄目なら、相手にされない。
 経済学ではどうかというと、詳しくないので、より適当にしか触れられないが、駄目な理論は単に無視されるだけだろう。ただ、ここでインチキの経済統計を引用する可能性は存在し、そこに、論文不正操作の余地はある。
 ところが、法学となると、要するに論理展開の妥当性・納得性なので、論文不正操作の余地は少ない。もちろん、盗作の可能性は、常にあるが。
 一方、文学となると、資料を駆使する文献学だと、論文不正操作の余地は沢山ある。言語学だって、文献や話者からの情報に依存するとなると、そうである。例えば、古代ムー語があったか、とか、全ての言語の源は、アトランティスにあるとかである(そういうトンデモを相手にする人はいないだろうが)。
 哲学だと、一体、盗作以外の、どんな論文不正操作の余地があるのか、ということになる。ああ、哲学でも神学でも、宗教でも、激しい論争というのはあるが、あれはどうなんだろう。論文不正操作というのとは違うような気がする。
 こうして、より理論的・思弁的・抽象的な学問ほど、論文不正操作が行われにくい、という平凡な結論につながる。そもそも、そういう分野では、競争もはげしくないのだけれども。

病気に強い人

 寄生虫の権威、藤田紘一郎氏の著書によると、病気に強い人は、下記のような特徴があるという。

- よく笑う:これはまあ、分かる。
- 便の量が多い:これも、直感的にそう思う。
- 体臭がある:それは知らなかった。加齢臭も、気にしなくていいのか。それとも、嫌われ者は長生きする、の例か。
- 手を石鹸で洗わない:ははあ、ある程度不潔にしておいて、体に寄生虫を飼った方がいいということか?
- 海藻を食べる:うん、そうだろう。
- 汗をたっぷりかく:これは、分かる。
- 小太り:メタボでも、いいのか?
- 野菜を食べる:まさか、あまり洗わない方がいいなんて、言わないよね。
- 朝日を浴びる:夕日ではないのだね(意味のないつっこみ)
- 長男・長女でない:そんな、勝手なことを言わないでほしい。
- 抗生物質を飲まない:そうはいっても、病気になったら仕方ないではないか。まさか、ビールを飲むように、毎日抗生物質を飲む人はいないだろう。
- コレステロール値は、やや高め:ややであって、いくら高くてもよい訳じゃないよね
- 水かお茶でうがいする:普通、水では。まさか、お酒でうがいする人はいないだろう。
- 60歳以降、ステーキも好む:流石に、控えた方がいいのではないか。
- 豆類・根菜類を好む:さもありなん
- よく歩く:まあ、当然

 と、各論では多少異論はあるが、総論、賛成なのであった。

2007年11月14日

通算勝率7割超え

 少し前まで、200局以上対局して、通算勝率が7割を超えている棋士として、羽生、深浦、木村、渡辺明がいた。しかし、深浦はいまや、0.692、渡辺は、0.693と、ついに、通算勝率が7割を下回っていまった。断言できないが、最早、通算勝率を7割に戻すことはできないだろう。なぜなら、タイトルを保持していたり、A級に上がったりすると、一流棋士ばかりが相手で、そんなに簡単に勝てないからである。木村も、今は好調で、なんとか、0.702の通算勝率を維持いているが、そのうち不調になるので、7割を切るのは時間の問題である。というのは、今の木村の実力で、A級全勝は、出来すぎだからである。
 さて、羽生である。現在のところ、994勝373敗で、0.727、今期の成績は、0.667で、羽生としては、寧ろ、やや不調なのではあるまいか。それでは、羽生がいつまで、通算勝率7割超を維持するだろうか。もし毎年、40勝20敗の0.667の成績を維持すると、18年後に丁度、羽生は、通算勝率丁度7割である。18年後というと、羽生は、確か53歳で、50歳を超えて、通算勝率が7割だなんて、聞いたことがない。この点は、大山も真っ青だろう。しかし、羽生も、60歳になると、流石に、通算勝率は、7割を割っているだろう。かくのごとく、通算勝率7割超えというのは、mission impossibleならぬ、record impossibleなのである。
 ところで、先日、60歳になって第16世名人を名乗るようになった中原の、現時点の通算勝率は、0.628で、この時点で6割を超えているのは、凄い。こうして、通算勝率6割超えというのが、超一流棋士の目安ということになる。なぜなら、加藤一二三も米長もそれを達成していない。木村義雄は知らないが、最近では、大山と中原くらいしかいないと思われる。だから、7割超えなんて、ゆめゆめ口にすまじ、である。

2007年11月15日

やらせ質問

 新聞によると、大統領選で、ヒラリー・クリントン陣営が、学生に「やらせ質問」をさせたことで非難されている、という。
 すなわち、アイオワ州の集会で、クリントンに指名された聴衆の学生が、「地球温暖化の長期的な影響が心配です。」と質問し、それに対して、クリントンは、前日公表したばかりの環境政策を説明した、という。そこまではいいのだが、後日、学生は、大学新聞で、クリントンの選挙対策スタッフから依頼された、と暴露してしまった、という。クリントン自身は関与を否定し、スタッフが自分の意志で仕組んだ、と認めたという。
 これは、いろいろな点でまずいと思う。先ず、学生。確かにあまり感心しない依頼かもしれないが、そんなに安易に暴露するものではない。信義則というものがあろう。安易に暴露するくらいなら、受けない方がいい。
 また、どう考えても、クリントン自身が関与していないということはあり得ない。どうして見え見えの嘘をつくのか、ということになるが、こういう場合は、手下のやったことで知らない、というのが定法なのか。
 さらにまた、この程度のことが、そんなにまずいことなのか、という疑問もある。だいたい、選挙演説には、「さくら」がいる、としたものだろう。まずいという意味なら、ブッシュが2000年の大統領選挙でやったはずの、開票操作の方が100万倍もまずい。しかし、それでさえも、法的な追求手段はとられず、フッシュは、のうのうと大統領のままである。
 ということで、結局は大したことにはなるまい。反クリントン陣営にしてみれば、軽いジャブか。

2007年11月16日

アニメ業界の貧困

 新聞によると、アニメ業界では、昔は動画を1枚描くと、ラーメン一杯が食べれたが、今だと、3枚程度描かないとラーメン一杯も注文できないという。そして、時給換算で、最悪、100~200円程度になることもある、という。
 なぜこんなに安いのか。それは1つには、下請けのチェインが長いのだろう。下請け、孫受けと下っていくと、途中でマージンを取られるため、末端では、もらえるお金がとても低くなってしまう。それと、アニメ業界だと、漫画業界と似ていて、今はこんなに貧乏でも、頑張っていれば将来は花開くこともあるかも、と夢をもちやすいのかもしれない。例えば、ビルのガードマンでは、時給、100~200円程度では、誰も続かない。
 もう1つ考えられるのは、稼いだ利益は、製作会社、監督、原作者、声優その他で山分けし、末端の動画製作者には、あまり降りてこないのだと思われる。
 こういうことが続くと、国内で動画作成を請け負う人が減ってしまい、世界に冠たる日本のアニメ文化が衰退してしまう。アニメのチケット代があまり安いとは思わないので、やはり、製作会社、監督、原作者、声優が貰い過ぎではないか。その辺詳しくないので、どうも分からないが、貧困にあえぐ人がいても、あまり配慮されないのが、現代の風潮のようである。

2007年11月17日

レアメタル

 普段、石油や鉄などの主要資源と比べて、あまり意識されることがないが、産業界には、レアメタルやレアアースと呼ばれる資源も確かに必要なのであって、石油や鉄を米や麦に譬えるとすると、ビタミンに相当するかもしれない。
 さて、レアメタルやレアアースは、どのような製品に使われているのであろうか。リストしてみると、下記のとおりである。
- クロム:車のボディー
- ニッケル:車のバッテリ
- インジウム: 液晶ディスプレイ
- パラジウム:電子基板
- ネオジム:HDDのモータ
- リチウム:モバイル機器のバッテリ
- プラチナ:排気ガスの浄化触媒
- レアアース:車のモータ
 このように文字どおり貴重なレアメタル、レアアースであるが、世界的には、産地が結構偏在している。下記のとおりである。
- レアアース:中国 93%
- タングステン:中国 90%
- ニオブ:ブラジル 88%
- プラチナ:南アフリカ 78%
- インジウム:中国 55%
 このように見ると、意外なのは、中国がレアメタル大国であることである。そのように自国で豊富なレアメタル、レアアースが取れる中国であるが、一方のレアメタル大国であるアフリカにも深く食い込んでいて、世界のレアメタル市場の独占率を高めようとする野望がみてとれる。
 それでは困ると、今、甘利経済産業大臣が、南アフリカを訪問している。南アフリカのプラチナ、金、ダイヤモンドなどを供与してもらう代わりに、日本から原子力発電技術、環境保護技術などを提供する。また、甘利大臣は、ボツアナも訪問、日本の衛星画像を使って、ボツアナのレアメタルを探索することで合意した。しかし、関係者によると、中国などの諸国と比べて、相当後発であり、その格差は大きい、ということである。

サブプライム・ローン問題

 宝島新書の「サブプライム・ローン問題とは何か」を読んでみた。自分としては、あまりなじみのない分野なので、自分の理解用のメモとして書いてみる。自分用にアレンジしているので、誤解が混入している懼れ大だが、気付き次第、訂正する。
 米国のサブプライム・ローン問題の始原には、米国の住宅ブームがある。知られているように、米国は多数の金持ちもいる一方で、それ以上の多数の低所得者層がいる。ただ、貧富にかかわらず、家をもちたい、という願望は誰にもある。豪邸は典型的なアメリカンドリームの証である。
 さて、金持ちが家をもつことに何の障害もない。そもそも、日本などと比べて、土地が広く、そのため、相対的に、日本よりも特に土地は安い。米国から出張で日本にきた同僚と話すと、社内では私とほぼ同格の地位なので、そんなに年収は私と大差ないだろう。しかし、ニューヨークの郊外の50m×50mの敷地に住んでいる、という。日本では、並みのサラリーマンにはありえない話である。
 さて、低所得者が家を購入するためには、どうしてもローンを組まなくてはならない。しかし、日本的な常識的に考えて、低所得者に喜んでローンを融資してくれる銀行はいない。ところが、米国では、サブプライムといって、低所得者向けのローンの仕組みが存在する。すなわち、低所得者なので、破産する可能性は高い。従って、リスクをとるために、利子は高めになっている。それでも、安い中古物件などの融資向けとしては、低所得者にとって、恩恵であった。
 ところが、米国国内で、住宅価格が毎年高騰する、というバブルが、発生した。一方で、サブプライムの意義を変えてしまうような仕組みがあらわれた。それは、ローンの証券化である。ローンを貸した銀行は、ローンの証券を証券会社に売ることができる。例えば、銀行がある人に、7%の利子でローンを貸す。そのローン証券を、6.5%の利回りで証券会社に売る。すると、0.5%は銀行の利益となる。証券会社は、6%の利回りで、投資家に売る。このとき、証券会社は、利回りはよくないが信用の高いローン証券と、利回りはいいが信用の怪しいローン証券をとりまぜて、ポートフォリオ化できる。また、銀行は、ローン証券を売って得た資金を次のローンにあてて、資金を回すことができる。
 こうなってくると、銀行は、短期でローン証券を手放すので、長期に亘った信用調査などしなくなる。こうなると、甚だしいのは、NINJAローンと言われるものである。それはすなわち、No Income No Job and no Assetの頭文字をとったもので、収入も資産もない者にもローンを貸す、ということである。このようなことが成立し得るのは、住宅の価格が上昇し続ける、という前提があればこそである。すなわち、住宅の価格が上昇すると、持ち家の価値が上がるので、収入が少なくても、ローンを借り換えなどで、低所得者も利益を重ねられるのである。
 しかし、バブルは必ずはじける。不景気から会社のリストラが増えてくると、仕事を失ってサブプライム・ローンの焦げ付きが生じてきた。すると、住宅を手放さなくてはならなくなって、住宅の供給バランスが崩れ、住宅の値段が下がってきた。こうなってくると、低所得者のローン借り換えのスキームは成立しなくなる。そのため、ローン証券は、一気に不良債権化してしまった。ところがである。証券会社を経て、ローン証券の投資家は、世界中に広がってしまっている。すると、投資家は、資金を引き上げる。すると、ローンの大元の銀行は苦境に直面する。投資した銀行には、欧州の主要な銀行もある。そういうところも、利益率がいいので、半端でない投資をしており、欧州中央銀行や米国連邦銀行は、そういう銀行を支えるために、キャッシュを投入した。
 銀行の苦境の原因の1つは、その関連会社であるSpecial Purpose Companyに買わせて投資家に販売させるAsset backed commercial paper (ABCP)に。サブプライム住宅ローンの証券を混入させたことであり、それによって、一気に信用を失った。
サブプライム問題はまだ解決した訳ではなく、寧ろ今後の動向如何にかかっているといえる。最悪のストーリーとしては、世界恐慌もありえる。目が離せないところである。

2007年11月18日

国際アピリンピック

今、静岡で、国際アピリンピックというものが開催されている。要するに、技能のオリンピックであり、下記のような競技がある。特に、義肢や籠製作というのを見ると、競技がかなり恣意的に決められているような気もするが、冬季オリンピックのカーリングなども、なんだこれは、と思うので、競技というものは、そうしたものだろう。国際アピリンピックの特徴は、あくまでも、具体的なものに拘っている。例えば、コンピュータプログラミングの競技もあって、すると、一見、抽象的なアルゴリズムを競うようであるが、そうではなく、汎用ロボットアームを動かすためのプログラムである。
 実は私自身がとてもbookishで、実家の母親に言わせても、実際の役に何も立たないタイプなので、こういう、物を作るスキルというのに、とても憧れる。こういう競技が、その方面のスキルのある達人を養成することに役に立てば、と思う。

義肢 - 競技では汎用ロボットアームに、指定された図形を描かせるためのプログラムを作成。
籠製作 - 指定された材料を使用して、定められたサイズの籠を課題の指示に従い製作。
建築CAD - 与えられた建築平面のスケッチ図を基に、CADソフトを使って、建築基本設計図としての平面図を作成。
機械CAD - 機械装置の組立図面で指定された部品図をCADソフトを使って作成。
コンピュータプログラミング - 競技では汎用ロボットアームに、指定された図形を描かせるためのプログラムを作成。
ホームページ作成 - 指示されたコンテンツを盛り込んだホームページをデザインし作成。
データベース作成(応用)- 指定されたソフトを使って、表作成、データの取り込み、取り出し及び更新・削除、フォーム作成及びデータ入力・分析レポート印刷、メニュー作成などを行う。
データベース作成(基礎)- データベース作成の基礎部門の競技では、指定されたソフトを使用し、帳票に従って、データの入力を行う。
歯科技工 - 課題により指定されたものを製作し、国内大会では義歯が課題となっている。
洋裁-婦人服(応用)- 支給された材料を用いて課題により指示された婦人服を仕立てる。
洋裁-婦人服(基礎)- エプロン製作など洋裁の基礎技能を発揮する競技。
電子機器組立及びテスト - 指定された部品を使用して、回路図、部品端子図、シャーシー組立図及びプリント板組立図に従って電子機器を作成し、仕様の通りに正しく作動することを確認。
電子回路接続 - 支給された部品を使用して、仕様書に基づいた電子回路を作成。
英文DTP - DTPソフトを用いて、課題の指示に従い印刷物を作成・編集。
英文ワープロ - Windows MS Word を使用して、見本どおりの文章を作成する。
フラワーアレンジメント - 植物や飾りを選び、課題に指定された用途にあったアレンジメントを完成させる。
家具製作(応用)- 与えられた材料を使用して、仕様及び図面に従って各パーツを作成し、組立図の通りに正確で見栄えの良い家具を完成させる。
家具製作(基礎)- 「挽く」「欠き取る」「削る」「掘る」などの基本的技能を駆使し、「のこぎり」「のみ」「かんな」等の手工具を使って指定された作品を製作する。
貴金属装身具 - 指定された工具と機械を用い、指定された課題を製作する。
機械組立 - 自転車の分解・組立を行う。指定された工具を使用し、自転車の一部を分解、その後正しく組立、調整を行い、完成車に仕上げる技能を競う。
パソコン組立 - 支給される各パーツを使用して、仕様書通りにパソコンを組立、さらに指定されたOSをインストールして、パソコンを作動させるまでの技能を競う。
写真撮影 - 人物、自然、建造物等を指示されたテーマに沿って撮影する。
ポスターデザイン - パソコンを使用して、与えられたテーマに沿ったポスターをデザインし、標語の文字を入れて完成させる。
精密板金 - 工作機械を用いて、与えられた製作図に従い、冷間圧延鋼板で2点の部品を製作し、組み合わせる技能を競う。
洋服-紳士服 - 支給された材料を用いて、紳士用衣類を製作する。
木彫 - 与えられた図面に示されたデザインを木板に彫刻する技能を競う。

超ウラン元素

 ある本を読んでいたら、1999年に、米ローレンスバークリー国立研究所が「最も重い元素」であるウンウンオクチウムを発見したと発表したが。しかし、2002年7月、この研究成果は研究者による捏造であったことが発覚した、とあった。
 そこで、他の超ウラン元素についても調べてみた。
103番目の元素:ローレンシウム
104番目の元素:ラザホーニウム(ウンニルクアジウム)
105番目の元素:ドブニウム(ウンニルベンチウム)
106番目の元素:シーボーギウム(ウンニルヘキシウム)
107番目の元素:ボーリウム(ウンニルセブチウム)
108番目の元素:ハッシウム(ウンニルオクチウム)
109番目の元素:マイトネリウム(ウンニルエンシウム)
110番目の元素:ダルムシュタッチウム
111番目の元素:レントゲニウム(ウンウンウニウム)
112番目の元素:(ウンウンビウム)
113番目の元素:(ウンウントリウム)
114番目の元素:(ウンウンクアジウム)
115番目の元素:(ウンウンベンチウム)
116番目の元素:(ウンウンヘキシウム)
117番目の元素:(ウンウンセブチウム)
118番目の元素:(ウンウンオクチウム)
 2006年10月9日、米ローレンスリバモア研究所と露ドゥブナ合同原子核研究所(JINR)の研究チームがウンウンオクチウム294を発見した。
 ということで、現時点で、ウンウンオクチウムが最新の超ウラン元素ということになる。ちなみに、ウンニルとか、ウンウンとかの元素名の接頭辞は、正式名をつけるまでの仮の元素名である。ラテン語で、1がウン、0がニルであることから、こう名付けられている。112~118までの元素名に正式名がまだないのは、国際純正・応用化学連合(IUPAC)がまだ、正式名を受け付ける段階にない、と判断していることによる。こう書いて思った、ああそうなんだ、こういう超ウラン元素を発見するためには、高速で元素どうしを衝突させる必要があり、それ自体は、物理的であるが。元素名というのは、まさに化学の範疇なのだ、と。
 次に発見すべきなのは、119番目の、ウンウンエンシウムなのだけれども、まだそれが発見されたとは聞かない。果たして超ウラン元素の生成には、原理的な限界があるのか、また、宇宙の果てのブラックホール近傍では、とてつもないエネルキーにより、1000番目くらいの未知の超ウラン元素が生成されているのか、さっぱり雲を掴むような話である。

ヒラリー・クリントン

 11月19日号のTIMEに、ヒラリー・クリントンの記事があったので、独断と偏見で、まとめてみる。
まず、この記事によると、ヒラリーが大統領選挙で、先頭走者であることは、皆が認めているようである。しかし、先頭を走るものが一番風を受ける理屈で、やれ信用のおけない女だ、野心が強すぎるだ、タフすぎる女だ、と批判は数知れない。しかし、ヒラリーの強みは、具体的に政策を記述でき、きちんと問題点にアドレスしていることである。例えば、財政赤字を均衡させるための増税策しかり、医療保険問題しかり、である。こう見てみると、驚くほど、夫のビル・クリントンの政策に似ている。当然といえば、当然であるが、きっと、ブレーンとする人間も同じなのだろう。
 夫のスキャンダルに冷静に対応したことは、必ずしもプラスに理解されておらず、却ってずるい女、という印象を与えているようである。しかし、オバマであれ、エドワーズであれ、いろいろとヒラリーの政策に難をつけるものの、いわばブッシュの負の遺産に対する解決策を、ヒラリーほどきちんと提示しえていない。このような状況で、ブッシュの後を継ごうとすることは、イラク問題にしても、対イランにしても、火中の栗を拾うようなもので、とても勇気のいることだと思うのであるが、野望に燃えるヒラリーにとって、それほどまでに、大統領という地位は魅力的なものなのか。
 ヒラリーにとって都合のよいことは、軍部との関係がよいことである。しかし、それは裏を返せば、ブッシュのとってきた軍事外交路線に対して急ハンドルは切らず、とりあえず、踏襲するつもりである、ということを意味する。実際、ヒラリーは、イランに対する経済制裁をサポートする姿勢を示しており、こういうことを見ていると、ヒラリーが大統領になったとしても、中東政策が急変するとは、思えない。そもそも、アメリカ国内には、強大なイスラエル・ロビーの一派がおり、そういう人々とうまく折り合いをつけなくては、フロントランナーのヒラリーといえども、当選はおぼつかないからである。

2007年11月19日

ベル研での論文捏造

 中公新書ラクレ「論文の捏造」 村松 秀著を読んだ。推理小説のように面白くて、久々に、一気に読めた。ベル研の若手研究員だった、ヤン・ヘンドリック・シェーンの壮大とも言える、論文捏造のストーリーである。
 シェーンは、ドイツの中堅大学から、米国でも、超一流と目される、ベル研にやってきた。そういう経緯からも分かるように、鳴り物入りで来た訳でもない。最初はひっそりと、地味な研究に打ち込んでいた。もともと、彼の大学での専門は、太陽電池であり、その経緯から、フラーレンを使った有機物超伝導の研究に着手した。
 ところがである、研究に打ち込んで、たった数ヶ月で、有機物超伝導の超伝導臨界点温度の世界記録を打ち立ててしまう。その論文に、世界は驚愕した。その手法は、フラーレンの表面にアルミ酸化膜を蒸着させて、電界を印加する、というものであった。フラーレンの超伝導性も、アルミ酸化膜も、既知のものであったが、これらの組み合わせは誰も思いつかなかったもので、専門家にも、「筋のよさ」を感じさせるものであった。
 そこで、当然ながら、多くの専門家が追試したが、誰一人として、シェーンの結果を再現できたものはいない。そこに、シェーン独自のノウハウがあると誰もが思ったが、シェーンは論文では一切実験の詳細には触れず、一片の実験サンプルも提示しなかった。
 そうして、次々に画期的な論文を提出していき、ノーベル賞も間違いなし、と言われる一方で、疑念をもつ研究者の数も増えてきた。理由はいくつかあるが、例えば、実験データが綺麗すぎるのである。それと、意外なことに、シェーンの同僚や上司の誰一人として、シェーンが実験しているのを見たことがない。こうして、いくつかの疑念を抱かれつつも、シェーンは、ベル研の寵児となっていく。内部告発を試みた研究者は、みな、ベル研の上層部に握りつぶされてしまう。ATT傘下から分割され、ルーセントによって管理されるようになったベル研は、多数の研究者のリストラの危機に晒され、華々しいテーマがほしかったのである。
 シェーンは、フラーレンの超伝導性の研究から更に、単分子層デバイスという別の驚くべきアイデアを提出した。これもまた、喝采をもって迎えられた。
 シェーンがベル研に帰属している間に、ルーセントから出された特許出願は、下記の3件である。いずれも、トランジタ・デバイスに関するもので、超伝導性に関するものではない。フラーレンの超伝導性の論文は、特許としての対象の工業的な具体性まで至らなかったと思われる。上2件は、有機FETに関し、三番目が、モノレイヤ・デバイスに関する。
"出願日","公開/公表番号","特許/実案登録番号","発明(考案)名称","出願人","発明(考案)者","国際特許分類","IPC","要約"



"20020514","2003031816","","装置、有機トランジスタ及び能動有機デバイス","ルーセント テクノロジーズ インコーポレイテッド","ゼナン バオー,ジョン エー ロジャース,ジャン ヘンドリック シェーン","7"," H01L 29/786 , H01L 21/336 , H01L 21/8236 , H01L 27/088 , H01L 29/78 , H01L 51/00 ","(57)【要約】【課題】 無機FETと同等の移動度及びドレイン電流のON/OFF比を有する有機FETを提供する。【解決手段】 3端子デバイスは、第1の電極と、第2の電極と、ゲート電極と、第1の電極と第2の電極を結合する能動チャネルを有する。能動チャネルは共役多重結合を有する有機分子の層を有する。共役多重結合に関連する非局在化π-軌道は有機分子層に対して垂直に延在する。"


"20020710","2003092411","","有機半導体デバイス、有機電界効果トランジスタ及びその製造方法","ルーセント テクノロジーズ インコーポレイテッド","ゼナン バオ,ジャン ヘンドリック シェーン","7"," H01L 29/786 , H01L 51/00 ","(57)【要約】【課題】 新規な有機電界効果トランジスタ(OFET)を提供する。【解決手段】 有機電界効果トランジスタ(OFET)はゲート、ソース及びドレインを有する。OFETは、ゲート電極、ソース電極及びドレイン電極の間に形成された有機分子の単層も有する。この単層はOFETのためのチャネル及びゲート誘電体層として機能する。"


"20020913","2003197901","","トランジスタと装置","ルーセント テクノロジーズ インコーポレーテッド","ゼナン バオ,ロバート ウィリアム フィラース,ピーター キヤン・ホーン ホー,ジャン ヘンドリック シェーン","7"," H01L 29/06 601, B82B 1/00 , H01L 21/28 ZNM, H01L 21/336 , H01L 29/786 ","(57)【要約】【課題】 小型のFET素子を形成する。【解決手段】第1素子と、第2素子と、前記第1素子の上に第2素子が形成されるのを阻止するモノレイヤと を有し、前記モノレイヤの長さ分だけ第1素子と第2素子が離間していることを特徴とする装置。詳しくは、ドレイン電極とソース電極を分離する距離を減らしそしてチャネルの幅を減らしてFETの切り換え速度と周波数応答を向上させるような光リソグラフ技術の限界を解決することである。"


 しかし、シェーンはついに、複数の論文の間の数値データの矛盾を突かれてベル研を解雇され、なすすべもなく、ドイツに帰った。そこで、ある企業に勤めており、マスコミのいかなる取材にも応じないという。
 こんな、いずれ、ばれて失墜することがわかっているようなことを、どうしてシェーンがしたかは、謎である。また、アイデアだけみると、フラーレンとアルミ酸化膜の組み合わせといい、モノレイヤ・デバイスといい、とても筋がいい。優秀である、と断言してもよいと思う。地道に努力すれば、何かのテーマは、きちんと花開いたかもしれない。また、不可解なのは、共著者の態度である。結局名前を連ねるだけで、研究の中身に関与せず、悪戯に論文の信憑性を高めるだけであった。
 なお、いうまでもなく、上記3件の特許出願は、審査請求されることなく、放棄されてしまっている。
 このような不正に根本的に対応することは難しく、人間が、名誉を追求する存在である以上、このようなことはまた起きるであろう。ただ、人間の業の深さを改めて感じ入るのみである。
 

芹沢博文と小池重明

 ブログのトピックは、前もってある程度決めているのだけれども、突然、降って沸いたようなテーマがどこからともなく来ることがあり、それが、「芹沢博文と小池重明」である。子供の頃、ある程度将棋を覚えたとき、特に棋書などないものだから、新聞の将棋欄を眺めるのが、唯一の楽しみであったが、あるとき、内藤国雄対芹沢博文が、将棋欄に載っており、それは確か、内藤が中飛車で、芹沢が居飛車であったが、ある譜で、悲惨の大悪手とあった。なんと、芹沢がとても悪い手を指して、一気に敗勢になってしまったのだった。そのときから、子供心に、芹沢って、勝負弱いんじゃん、という偏見がやどり、とうとう拭えなかった。
 しかし、いろいろと将棋界の事情が分かってくるにつれて、芹沢が、中原名人の兄弟子で、子供の頃から鍛えた、ということが分かった。米長も芹沢に鍛えられたり、アドバイスされて強くなった、ということを知るにつれ、おお、芹沢って、将棋の本で言えば、将棋大観みたいな本格派では、と少しずつ尊敬する気持ちも生まれてきた。しかし、それを打ち消すように、やる気のない棋譜が新聞に載る。なんでも、普段から大酒をくらっているらしい。なんか、24歳でA級八段になって天狗になり、それが災いして、段々勝てなくなったというけれども、そういう言い訳って、と天才から遠い私には到底理解困難であった。
 一方で、私が社会人になった頃、大阪にいて、正棋会というところに所属して、大阪のアマ強豪に鍛えてもらった。その代表格が、沖 元二で、小林正美他の強豪には多少何番か入れることがでたが、大阪3強のうちの二人、沖 元二と長谷興民の二人には、どうしても歯が立たなかった。そのころ、愛読していた将棋雑誌に、将棋ジャーナルがある。そこに、正棋会には所属していないけれども、加賀敬治という真剣師が大阪におり、小池重明という者と、番勝負をする、という。ん、小池とは何者?と、そのとき思った。昭和54年頃の話である。その小池が、結局、加賀に少し勝ち越したのではなかったか。その棋譜もあったが、私の棋力では、並べても、その凄さは分からなかった。ただ、あるとき、正棋会の首領、沖 元二と、小池が、将棋ジャーナル誌上で、一騎打ちした。私は、沖さんの強さを知っているので、流石に、小池も簡単に勝てまい、と思った。しかしである。あの沖さんが、小池にまったく勝てない。これは意外だった。力負け、というよりも、波長が合わないと言った方が正しいかもしれないが、勝負の世界は、負けは負けである。すると、私<<沖<<小池、ということになる。今の言い方だと、どんだけ~、ということになる。
 そこで、芹沢に戻る。芹沢は、あいかわらず、真面目に将棋を勉強しないで、馬鹿なことばっかり言っている。例えば、将棋連盟が、どんなに負けても、C級2組からは陥落しない(今は、当然違う)と言ったのを受けて、じゃ、俺は、負け続けてやる、とわざと連敗する。とはいえ、当時の芹沢だったら、本気で指しても、体力的にどうだったか。また、芹沢は、バラエティ番組に出て、勝手なことをのたまう。私は、もういい加減にやめてくれ、と言いたくなった。
 一方の小池である。お世話になった人からかなりの大金を借りたまま、とんずらして行方不明である、という。これは、禁治産者ではないか、と私は将棋仲間と話したものである。久々にこっそり姿をあらわし、今度は真面目にやります、と宣言して焼肉屋の店長を任されながら、女を連れて駆け落ちしてしまう。
 こうして、芹沢も小池もどんどん堕ちていく。ただ、私が見るところ、この二人は、不思議に接点がなかった。もしかして、小池は接点をもちたかったかもしれないが、芹沢が、独特のエリート意識から、そもそも、アマ強豪を相手しなかった。ところが、1987年に突然、亡くなってしまう。人は、あれは、緩慢なる自殺である、と言った。体を壊しても節制せず、自堕落な日々だったからである。太宰治のようであった。
 一方の小池も、1992年に、重度の肝硬変で亡くなる。誰も言わないけど、小池だって、緩慢なる自殺ではないか。というのは、きちんと生活できるチャンスを与えられても、自分で壊してしまうからである。そういう意味で、見事に接点のない二人だが、私の中で、印象がめちゃくちゃだぶるのである。そういうと、芹沢の声が聞こえてくる。おい、小池なんぞと一緒にするんじゃない。小池は、というと、黙って、一局指しませんか、という顔をしている。そして、自信がないのか、単に芋将棋が嫌なのか、芹沢はプイと横を向くのである。
 

2007年11月20日

東京ミシュラン

 新聞を見たら、東京ミシュランといって、3つ星に指定されたレストランがリストされていた。すなわち、下記のとおりである。
「かんだ」日本料理
「カンテサンス」現代風フランス料理
「小十」日本料理
「ジョエル・ロプション」現代風フランス料理
「すきやばし次郎」すし
「鮨水谷」すし
「濱田家」日本料理
「ロオジエ」フランス料理

 日本にあるレストランなので、日本料理が多いは当然として、ミシュランというくらいだから、フランス料理に偏るのも致し方ないだろう。よくホテルなどで5つ星と言われるが、どうも料理の場合、3つ星が最高らしい。1つ星でも随分と名誉なことのようである。ちなみに、「すきやばし次郎」は、以前にも、このブログで取り上げた。
 で、思うのだが、こういうレストランの格付けというのは、すぐれて資本主義の要請するところである。というのは、資本主義をやっていると、偶然あるいは実力や才覚により、とても儲かる人々が出てくる。資本主義には、儀式として、そういう儲かった人々が自らの成功を確認し喜びに浸るための装置が必要である。そのためには、並みの稼ぎの人々の足を遠のかせるような値段のレストランが必要である。例えば、一食5万円は下らないコースなど。ただ、人間の味覚はかなり鈍いものなので、本当は、とてもおいしいかそうではないか、あるレベル以上になると、味覚の識別能力を超える。例えば、テレビの番組で、目隠しで、30万円とワインと、2000円のワインの味を識別する試みがあったが、むしろ2000円の方が高級な方では、と判断する人の方が多かった。
 こういう状況で、成功確認マシーンを作り出すためには、無理やり何か権威があるとされる組織が、レストランを格付けする必要がある。高く評価してもらうためには、間違ってもお手ごろな値段にしてはいけない。また、簡単に予約がとれてもいけない。庶民には届かない雰囲気をかもし出さなくてはならない。こうした結果選ばれるミシュランの基準が、かなり恣意的なものであることは、想像に難くない。しかし、資本主義の装置として、よく働いていれば、それでいいのである。
 

ある心身二元論

 もう何千年も前から議論されていて、何も目新しいことはない心身二元論であるが、ちょっと思いついたことがあるので、書いてみる。
 まず、体は、自分のDNAの複製を作りたがっている。それが、性欲の根源である。しかし、体に宿る心にとって、そんなのは知ったことではない。もともと、心と体は、犬猿の仲なのである。しかし、嫌でも、体に宿る心は、体から影響を受けてしまう。
 それでは、恋愛というのは、体だけの欲求なのか、というと、そんなことはなく、心が惹かれあうことも関与している。すると、恋愛=心が惹かれあうこと+体が求め合うことなのか、というと違う。そもそも、心と体の結びつきは非線形であって、一次結合的な重畳ではない。
 そのように、体の大きな影響を受ける心であるが、修行により、体からの影響を減らすことができる。それが、宗教の修行であり、悟りである。
 さて、心と体は互いに影響し合うのだが、体が心に及ぼすものは、物欲である。一方、心が体に及ぼす影響の主要なものが病気である。一方、体は、体自身の由来によっても病気にある。例えば、酒を飲みすぎるなどである。よって、病気は、心由来のものと体由来のものの、やはり非線形な結合であり、恋愛における心と体の結合態様と同型である。
 心は本当は、体を離れて自由になりたがっている。その典型が睡眠である。しかし、体は、心を引き戻す。嫉妬深い女が、男を呼び戻すように。
 体は三次元の世界にある。しかし、心は三次元の世界にない。三次元の世界から見たとき、心は三次元に埋め込まれている。従って、脳科学者など、物質を研究する人たちが、物質の働きから生じるものとしての心を研究することは、限りなく正当である、影を見つけるためだけであるが。心は、その研究を異次元から見つめつつ、ただ困惑するだけである。
 心は、異次元にあって、物質的研究の枠外にある。だからといって、三次元にある体の方が、心よりも捉えやすい訳ではない。体も、心と同じように謎である。
 心に刻印された物質的なものが欲望であり、体に刻印された心的なものが病気である。後者の命題に注目して戴きたい。このため、病気が起きる原因というのは、とても分かりにくい。癌が、例えば、喫煙のせいとか、明確に言い当てられることはほとんどないだろう。
 体は、体を傷つけることができる。しかし、心は心を傷つけることができるか。私はその答えをもたない。本当は、できないような気がする。
 体は、心を染め上げようと躍起である。心は逃げ回る。しかし、立ち止まると、欲望に絡めとられてしまう。痛みや苦しみは、体の概念であって、心のそれではない。しかし、欲望の形で、心に響く。痛みは、体から心に響く欲望の音波である。その意味で、肉体の快楽も、痛みの変形としてのある周波数で心に届く欲望の音波にすぎない。

 という、訳の分からないステートメントをふと、書いて見る気になった次第である。
 

2007年11月21日

オノマトペ

 オノマトペとは、擬音語、擬態語のことで、日本語でいう、ドンドンや、ブンブンなどである。
 私の知る限り、韓国語にもオノマトペはある。ただ、日本語ほど自由に作れるだろうか。あまり調べもしないで勝手に、日本語のオノマトペが一番豊富で、自由だと思っている。
 オノマトペの便利なところは、なんとなく意味を伝えられることである。「どんどん、いこうぜ。」「ぐんぐん、伸びるよ。」「おなか、ペコペコ」など、日本人なら、しっくりくる。また、適当に即興で作れて、なんとなく意味を通じさせることができる。例えば、グアンブ、グアンブ、うなりながら進む、などである。
 欠点は、まず外国語に訳せない。例えば、「車のエンジンがおかしくて、シュンシュン音を立てていた、」というのを正確に英語にすることは無理で、「エンジンが静かに降る雨のような音を立てていた。」のような言い方を英語でするよりない。これは、ニュアンスが違うこと、甚だしい。もし普通の日本の小説を、英語に訳そうとしたら、こういう場面は沢山出てくるはずで、すると、よい訳になるかどうか、翻訳者の力量に負うところが大きすぎる。だから、よく言われているように、川端康成や大江健三郎がノーベル文学賞をもらった、と言っても、だれの貢献なのか、ということになる。
 別の欠点は、なんとなく読む人が分かった気になるけど、実はあまりにも感覚的、ということがある。例えば、ぺけぺけと勉強する、というと、何となく読み過ごしてしまうが、意味は結構不明だったりする。
 さて、どうしてオノマトペが日本語と韓国語にあるのだろうか、というのは、きっと、言語学でも難問なのではないだろうか。ウラル・アルタイ語にはある、というなら分かる。しかし、どうもモンゴル語には、ないようである。もし内陸地帯の言語にはなく、日本や韓国にあるとしたら、海からの由来、ということで、南方諸語の影響ということが考えられる。なぜなら、ハワイのカメカメハみたいな言い方は、なんとなくオノマトペを想像させるからである。
 すると、韓国語にはもともと、オノマトペはなく、日本語に、南方諸語からオノマトペが入ってきて、それが韓国にも伝わった、と考えるのが自然ではないだろうか。それで書きながらふと思った。こういう分野って、絶対精緻な研究があるよね、と。それで、そういう研究者からみたら、きっと、支離滅裂な馬鹿馬鹿しい議論をしてしまったに違いない。あ、そういえば、小島よしおの「オッパッピ」というのも、オノマトペなのだろうか、さて、その定義さえ、おぼつかないのであった。

コンピュータは羽生を超えられるか

 今週の週刊将棋に、「コンピュータは羽生二冠を超えられるか」という特集があって、羽生と、はこだて未来大学の松原教授の講演記録が掲載されたいたが、紙面の制約もあって、あまり画期的な記事はなかった。強いていえば、松原教授が、「5~10年でプロ棋士に勝てそう。」と言って、それに対して羽生が答えず、「直感でやっていることのプロセスを説明できないのが、プログラムする際に大きいのでは。」と答えていたのが、印象的であった。
 そこで、私なりに、どうやってコンピュータの棋力を上げるか、ということを考えてみた。そのとき、いいと思っている方法は、ボナンザのアプローチである。それは、次のような方法として特徴づけられる。
- 局面で、すべての手を3手読む。
- 多数の棋譜から、評価関数のパラメータを統計的に決める。
 後者は、統計数学では、機械学習と呼ばれるものである。
 そこで、私の提案も、まず、統計数学あるいはデータマイニングのアプローチに基づくものである。すなわち、データマイニングでは、決定木という方法をもちいて、データをクラスタリングする。そこで、将棋プログラムにおいて、戦法決定木と、局面決定木を用意する。
 戦法決定木は、居飛車/振飛車と分け、その中で、振飛車を、中飛車、四間飛車と分けていく。
 局面決定木は、おおまかには、序盤、中盤、終盤と分ける。その分け方は、例えば、王将の緊迫度で決定する。すなわち、どちらかの王将が露出して、緊迫していると、終盤とみなす、というような具合である。
 このように局面をクラスタリングする理由は、戦法毎に、局面の段階毎に、評価関数が異なるだろう、という仮定に基づく。
 その仮定の下に、たくさんの教師棋譜(教師局面)を読み込んで、決定木を学習させる。その教師局面には、戦法ラベル、局面進行度ラベル、優劣ラベルをつけるのであるが、そこは、人間が行う。例えば、大学の将棋部部員をアルバイトに雇う。ただ、あるレベルのプロ棋士(庄司七段?)が全体を仕切る。
 一方、すべての局面で、すべての手を3手ではなく、5手読むようにする。すると、ボナンザよりもはるかに多くの手を読まなくてはならないが、そのために、グリッドコンピューティングの概念によって、並列計算できるようにする。とりあえず、1000台くらいつなげばいいであろうか。
 これでもかなり強くなるであろうが、問題は、羽生も指摘するように、どうプロ棋士の直感を取り込むかである。たしか、ディープブルーは、あえて直感の問題に関与せず、計算機の腕力だけでチェスのプログラムを組み、世界名人を破った。しかし、直感を入れないと、羽生にときたま勝つことはできても、羽生をして、「うん、僕よりはっきり強いです。」と言わしめることはできないような気がする。ここは、多数の棋譜を読ませて、ニューラルネットワークを組むのだろうか、それくらいの月並みなことしか思い浮かばない。ああ、貧困。

ミャンマーの軍政

 週刊エコノミストに、なぜ、ミャンマーの軍政が、長く安定しているのか、という説明があった。理由は、天然ガス資源を軍政が一手に管理し、フランスのトータル社、イギリスのプレミア社からの外貨が稼げるからだそうである。このような財力を以ってか、ミャンマーの軍隊は、1988年の10万人から、現在はその4倍で、こうした軍事力で、いまや、周囲の少数民族とも、安定した関係にある。
 一方で、スーチー率いる民主化勢力は、なかなか、強大な軍事力をもつ政府に対抗するだけの力をもちえない。そうはいっても、田中宇氏によれば、民衆のデモが起きたのは、IMFの勧告により、ミャンマー政府が、ガソリン代などを大幅値上げせざるをえなかったからだ、という。ということは、米国政府は、IMFを通じて、ミャンマーに揺さぶりをかけている、ということになる。しかし、米国政府は、イラクやイランに対するように、深くミャンマーに関与することはない。それはおそらく、中東やイランの対応に忙しく、どうしても優先順位が低いのだろう。また、少々の関与で、民主主義革命が起きるとは思われず、要するに、ポテンシャル・バリアが高い、ということではなかろうか。
 実際、世間はもう、ミャンマーのことは忘れつつあり、注意は、虚勢を張っているイランの大統領の方に集まっている。ミャンマー情勢は、当面、動きそうにない。

2007年11月22日

世界は、いじり倒せるか?

 最近、ロックフェラーだのロスチャイルドだの本を読んだり、考えたりしていると、突然、表題のようなトピックが頭に浮かんだ。簡単に言うと、ロックフェラーだのロスチャイルドだのは、世界をいじり倒しているのではないか、あるいは、そもそも、世界をいじり倒すことは可能か、ということである。
 その答えは、YESであり、NOである、なぜなら、世界をいじり倒すとはどういうことか、何も明確でないからである。しかし、感覚的に、例えば、ロックフェラーは世界をいじり倒している。なぜなら、石油価格を不当に吊り上げ、私を含む庶民の家計を圧迫しているからである。また、当然ながら、石油に頼る多くの企業もいじり倒されているであろう。大いに迷惑である。
 それでは、他にどんないじり倒しがあるか。まず、上述の石油価格。こういうのを資源を使ったいじり倒しと呼びたい。第2次大戦前の、日本に対する石油封鎖も、いじり倒しの最たるものだろう。
 次に、金融のいじり倒し。金利を不当に吊り上げる。為替レートを不当に操作する。資金を引き上げる。融資を停止する。過度の自由化を求める。いろいろなバリエーションがある。
 より典型的なのは、軍事的ないじり倒し。当然だが、これが一番きつい。例えば、難癖をつけて爆撃する、兵を送り込む、傀儡政権を打ち立てる、核兵器をもっているだろう、公開せよ、と痛くもない腹を探られる、等等。
 で、書いてみて分かった。世界はあまりにも容易にいじり倒せるのである、ある権力と資金を握る者にとって。このようにいじられやすい世の中にあって、どんな対策があるのだろうか。一番分かりやすく且つ困難なのが、自分もいじり倒す側に廻ることである。困難と書いたが、飽くなき執念とバイタリティーで励めば、道は開けるかもしれない。確か聖書にもある、求めよ、さすれば与えられるだあろう、と。
 しかし、普通はそうもいかない。すると、庶民にとっての別策は、エピクテトスの教えに従うことである。すなわち、自分の責任範囲でないことはどうしようもないのだから、諦めなさい。しかし、自分の責任範囲のことは、きちんと自律的に治めなさい、というものである。これも、言うは易く、か。
 上記と全く別の観点から、世界をいじり倒すことができる。まず、宗教。マホメットは、イスラム教が世界宗教になることを見ることができなかったが、確実に、イスラム教は、世界をいじり倒している、と言える。実は、キリスト教のいじり倒し方は、その比ではないのだけれども。
 マルクスはどうなんだろう。確かに、彼の説いたことは、多くの人々に無意識、あるいは意図的に曲解されて、多くの人に仇をなしたと思うのだが、やはり、マルクスも世界をいじり倒した、と言いたい。
 そろそろ、この意味のない文章も結論である。私は、いじり倒されたくもないし、いじり倒したくもない。ただ、荘子のように、世間を離れて静謐に生きたいだけである。
 

トリックスターとしてのイラン

iran ahmadinejad で、Google検索したら、イランのアフマディネジャド大統領が、「もし、ドイツやオーストリアが、第2次大戦中のユダヤ人虐殺の責任を感じているなら、ドイツやオーストリアが、イスラエルに、居場所を提供すればよい。どうしてアラブの地をユダヤに提供する必要があるのだ。なぜなら、イスラエルは、中東にあって、腫瘍のように、周囲との軋轢を生じているからだ。」とか、無茶苦茶言っている。また、USドルの下落についても、アフマディネジャドは、こき下ろしている。
 しかし、つらつら考えるに、これを、単に反米と、額面どおりに受け取ってよいものか。
 理由は、アメリカ合衆国には、常に仮想悪者である、トリック・スターが必要であり、1940年代前半はそれは、東条英機であったかもしれず、その後日本が降伏すると、悪者はスターリンになり、ブレジネフになり、ホーチミンになり、毛沢東になり、アンドロポフになり、そして、オサマ・ビン・ラディンになり、サダム・フセインになった。
 しかし、実はオサマ・ビン・ラディンは、最早生死すら不明であり、サダム・フセインは死刑になり、金正日は、最早脅威ではない。すると、アメリカ合衆国は、新たなるトリック・スターを希求する。ところが、いい候補がいた。それが、イランのアフマディネジャド大統領である。核問題で追求すると、露骨に反米・反ユダヤ的姿勢を示してきた。アメリカ合衆国にとっては思う壺である。しかし、ちょっと話がうますぎないか。すなわち、アフマディネジャドが暴言を吐いたとして、一体誰が得をするのか。どう考えても、イランではない。すると、その受益者は、アメリカ合衆国、ということになって、アフマディネジャドの暴言は、芝居じみている、ということにならないか。
 すなわち、密かにアメリカ合衆国からの依頼で暴言を弄することによって、アメリカ合衆国は軍備増強の理由付けを得る。一方、アメリカ合衆国は、イラン追求の手綱を緩める。しかし、このあたり、微妙な綾であって、アメリカ合衆国の制御を超えている面もある。深読みすると、かつては、サダム・フセインがトリック・スターであり、アメリカ合衆国は利益を得ていた。しかし、サダム・フセインは増長し、アメリカ合衆国にとって、out of controlになったので、短気なブッシュは、サダムを討った、という穿った見方もできよう。
 その意味で、アフマディネジャドの今後の言動、施策は、注目に値する。

佐藤棋聖、大変調

 将棋竜王戦、第4局は、先手渡辺竜王の居飛車、後手佐藤棋聖の角換向飛車だったが、後手佐藤が、大した工夫もなく、渡辺に居飛車穴熊を許し、作戦負けになった。期待の54角の大したことなく、33の桂頭を攻められてと金を作られ、このと金が54まで移動する余裕を与えて、なんの勝負どころもなく、佐藤が土俵を割った。渡辺の快勝譜というよりも、佐藤の愚局であろう。
 佐藤は、順位戦も5連敗で、誰が見ても不調。佐藤流の超絶振飛車が、そろそろ制度疲労を起こしてきたのではあるまいか。
 戦法のリニューアルを図る時期であろう。ただ、根拠のない予想だが、結局竜王戦は渡辺に敗れるが、その後は調子を利戻し、順位戦はかろうじて残留するであろう。よいことも悪いことも、そうそう続かないのである。普通にやっていれば。

2007年11月23日

ロックフェラーに翻弄される日本

 板垣英憲という人の「ロックフェラーに翻弄される日本」は、友人から勧められて買ってみた本であるが、私にはとてもためになった。すなわち、米国系のロックフェラーと、欧州あるいはユダヤ系のロスチャイルドの暗躍は、副島隆彦氏のいくつかの著書にも触れられており、それ自身、とても目新しいということはないけれども、この本の説明によると、ロックフェラーとロスチャイルドの日本に対する関与の説明が、とても腑に落ちるのである。
 この本によると、ロスチャイルドの、日本に対する関与は、日露戦争まで遡る。すなわち、ロスチャイルドは、日本に資金援助し、もちろんそれが全てではなく、いくつかの僥倖があって、日本はロシアに対して勝利を収めた。そして、中国大陸への進出も画策したが、日本のアジアにおける拡大を恐れる欧米は、亜筒力をかけてきた。そもそもが、ユダヤ系のロスチャイルドは、満州の地に、ユダヤの国土をうち建てようも計画したのである。しかし、結果的に、日本が満州を支配してしまう。こうして、結局は、第2次世界大戦へとつながってしまう。
 日本は敗戦後、アメリカ合衆国の支援もあって復興した。その資金は、主として、ロックフェラー財団が負担した。一体、どのような意図なのだろうか。共産主義に対する先鋒として強化したかったのか。ともかく、日本人がその優秀な潜在能力で、奇跡的な経済復興を遂げると、アメリカ合衆国は、門戸開放と自由化を求めて、日本に迫ってきた。ロックフェラーの後押しがあったことは、想像に難くない。
 典型的にはまず、レーガン大統領である。低金利政策の押し付けと、プラザ合意による大幅なドルの切り下げである。すなわち、日本の対米貿易黒字を削減し、また、低金利施策によって、日本の膨大な貯金を、米国に投資させようとした。
 クリントン大統領になると、今度は金融自由化を迫ってきた。また、日本の幾つかの優良企業が狙われた。例えば、東邦生命、山一證券、北海道拓殖銀行は、狙われて、融資停止などの手段により崩壊させられ、ロックフェラー系などの外資に取り込まれた。このあたり、単に経営のまずさ、不祥事程度に私は当時理解していた。しかし、操作されていた、と考える方が腑に落ちる。
 続いて、1997年に始まる、アジア通貨危機である。これも、アメリカ系ヘッジファンドが仕掛けたものである。これの狙いは、韓国財閥を解体に追い込もうとするものであった。しかし、結果的に、韓国は危機を乗り越え、三星などは、以前にもまして、強大な財閥となっている。このように、ロックフェラーといえども、なかなか思うようにならない。当然である。
 ブッシュ大統領になると、小泉首相を通じて、ロックフェラーは、郵政民営化を求めてきた。これは、郵便貯金の巨大な残高を狙ったものである。そして、多くの反対を押し切って、郵政民営化は実施されてしまった。
 ブッシュ大統領/小泉首相の頃から、日本でも、グローバルスタンタードということが、喧しく言われるようになってきた。グローバルスタンタードとはいえ、実はUSスタンタードなどであるけれども。しかし、こういう動きが、われわれ会社に勤めるサラリーマンをも浮き足立たせて、落ち着かないこと夥しい。日本板硝子は、ピルキントンというイギリスの会社を買収したし、つい先日、オリンパスは、ジャイラスという電気メスのイギリスのメーカーを買収した。こうして世界経済と対峙さなくてはならなくなると、ますます、ロックフェラー、ロスチャイルドとの関与が増してくる。日本にも、強大な財閥はないのだろうか、それは戦後解体されて、弱体化されたままなのか、
 この分野の私の勉強は、初心者としてまだ、始まったばかりである。

2007年11月24日

高学歴ワーキングプア

 光文社新書「高学歴ワーキングプア」水月昭道著、はなかなか示唆に富んでいる。もともと、大学院で博士課程を修了して、博士の学位をとったとしても就職がない、という話は目新しいものではない。しかし、私が大学生であった30年前頃は、ごく一部の物好きな者があえて、アルバイトを続けながらポスドクをやって、ポストを探すというものであった。しかし、今や、状況は構造的であるようだ。
 すなわち、知識社会と言われて世の中が高度になってくると、高い教育を受けた者が沢山必要になってくる、というのは、なんとなく納得のいく話である。で、高い教育というと、大学院がその象徴である。そこで、文部省(今の文部科学省)は、大学院に重点をおいて大学を再編しようと企画した。これによって、東大そのた旧帝大では、大学院の定員を増やした。文部科学省の方針に沿って大学院の定員を増やすと、文部科学省から助成金がもらえる。また、ポストも増える、で大学にとって一見何も都合の悪いことはない。
 そういう風潮が出てくると、大学院をもたない大学は、格下に見られる。もともと、大学入試の偏差値などで大学は序列化されており、そうでなくても、あまり有名でない私学は、肩身が狭いが、大学院をもたないことで、一層、引け目を感じる。そこで、文部科学省の旗振りもあって、そういう有名でない私学も、大学院を設立する。これは、有名大学にとって好餌であって、そのための教員が喜んで派遣される。そうして大学院を設立したものの、有名でない私学は、向学心に燃える人は多くない。よって、手を拱くと、大学院の定員が埋まらない。すると、なにをやっている、と文部科学省から教育的指導が入る。そこで、教授は、君、有望だから大学院に進みなさい、と学生に声をかける。すると、有望といわれて悪い気がする人はいない。そうですかと、大学院に進み、毎年50万円~60万円程度の授業料を払いながら、通学することになる。進学すると、なんとなく、のんべんだらりといて、博士課程に進む人もいる。そうしていると、三十路も近くなって、そろそろ就職、ということになる。
 ところが、である。その時点で、就職先が皆無に近いことを突然悟る。工学や薬学などの実学ならともかく、文学、社会学、法学、経済学などの博士課程修了者は、一般企業の求人がほとんどない。で、目指すは自他大学の講師や助手の職であるが、これが超買い手市場である。とても運がよくて大学の非常勤講師で、それとても、月給11万円ほどにしかならず、諸経費は自己負担、1年契約で更新の保証なし、となると、立派なワーキングプアである。それだけでは食べていけないので、仕方なく、コンビニのバイトもするが、どうして博士がコンビニに、という情けなさは断ち切れない。
 こうして歳だけとっていき、非常勤講師の口もなくなって、仕方なくパチプロをやっている人もいる、という。予備校の講師の職でもあればいいほうだろう。
 そうやって博士課程でてアルバイトをやっている人の9%もの人は、次第に連絡がとれなくなっていく、という。水商売に手を染めるか、世をはかなんで、自殺ということもないではないかもしれない。
 こういうのを水月氏は、大学院を乱造してそのポストを用意しなかった大学や文部科学省が悪い、という。しかし、学者になろうとして、能力その他の理由で、仕方なくサラリーマンにならざるをえなかった私としては、それは、学問をする、という道楽の果てなのだから、仕方がないのではないか、と思う。
 そもそも、自分の興味に従って文学や社会学のようなことを研究していて、それで食べていけるようになることを願う、というのは、甘いのではあるまいか。そういうのは、きちんと、面白くもなんともないかもしれないが、それなりに給与がもらえる(自分のことを言っている?)仕事について、趣味として研究したら、と言いたい。
 あと、夏目漱石も言っているが、博士である、ということは、ある狭い研究を極めた、ということであって、それがどうして森羅万象きわめたみたいなニュアンスになるのだろう。逆に、専門に特化しない人によりも、特定のことが苦手になることもありはしないか。
 そこらあたり、紆余曲折があって大学院を出て博士の学位をもった筆者は、博士に肩入れする。すなわち、特定のテーマを何年も深く極める方法論は貴重な経験で、他にも応用が利くはずだ、と。そういうのを私は否定しない。しかし、博士をとって、他の分野に「転進」していくためには、うまくunlearningする必要があろう。ここらあたり、頭の切り替えが大変であるが、それができたとき、初めて、一般世間で、おお流石博士、と尊敬してもらえるだろう。なんか、星ばっかり見ていて、ドブに足がはまってしまい馬鹿にされた、ギリシャの哲人、ターレスを彷彿させる。ちなみに、ターレスは、それでは、と商売を始めて、才覚で相当な蓄財をし、皆が納得したところで、哲学研究に戻ったそうである。
 こういう水増しした大学院は実は私は歓迎で、会社が定年になって、ある程度のお金と時間の余裕ができたら、三流でもいいので、私は大学院に行ってみたい。学位なんてどうでもよくて、若い人に混じって研究して、長年の人生経験から得た余計な教訓を垂れて、嫌われつつも、飲み会で奢ってあげる、と何人かの学生と馬鹿話できれば、それに越したことはない。

技術標準と特許

 技術標準とは、ある技術のインターフェースなどを策定し、それを世の中で共通に使おうということであるから、本来排他権である特許権とは、相容れないものである。しかし、DVD規格など、技術標準が工業製品、特に電子機器製品、に主要な機能となってくると、特許との折り合いをつけなくてはならない。
 さて、技術標準としては、まず、国際電気通信連合(ITU)などの国際機関によって決定されるものがある。ITUによって決められている規格の典型的なものは、携帯電話の通信方式である。
 このような国際機関と同様に、国内機関によって決められるものがある。それが、日本ではJISであり、米国では、ISOである。
 このような公共機関によって決められる規格は、世間の合意が得られやすいが、多くの国の多くの段階の利害を調整する必要があるので、とても時間がかかる。そこで、民間の企業が集まってつくられるコンソーシアム方式がある。これは、例えば、Aという会社が無線LANの方式を考えたとしよう。そしてAが、その無線LANの製品をもっているとすると、その方式を採用するパソコンなり、ルータなりが世間に広まらないと困る。そこで、コンソーシアム方式を立ち上げ、自分の持っている特許も、無償あるいは極めて安い値段でライセンスします、と宣言する。これに賛同して、多くの企業が集まると、公共機関が決めたものではなくても、実質的に、そのコンソーシアムで決めた方式が世間で使われることになるので、それらと接続するために、コンソーシアムで決めた方式を採用せざるを得ない。で、結局、その方式が世間で広く使われるようになる。今のIEEE802.1a/b/gがそうである。
 一方、ある1つの会社が作り出したものが、実質的に、その市場を占有してしまう、という場合がある。例えば、昔のIBMのメインフレームのOSであり、今のマイクロソフトのWindowsである。すなわち、あるメーカが、OSとして、Windows以外の独自のOSを作って自社製品に組み込むのは、特許にさえ抵触しなければ、自由に行えるが、もしWindowsと互換性がなければ、結局誰も使わないだろう。こうして、多くの製品は、Windowsに従わなくてはならなくなる。これをロックインという。このロックインは、独占禁止法とも関係があるが、それを論じることは私の能力を超える。
 さて、公共機関であれ、コンソーシアムであれ、ある技術標準を策定しようとすると、どうしてもそれに関連する特許が問題になる。これを緩和するため、そのような機関やコンソーシアムに参加する会社は、各々が保有する関連特許を持ち寄って、(1) 無償、または(2)妥当なライセンス料で無差別にライセンスする(reasonable and non-discriminatory = RAND )のどちらかを指定する。当然ながら、多くの会社は、後者を選ぶ。さて、それでは、コンソーシアムに参加しない会社が、策定した技術標準に抵触する特許をもっていたらどうするか。その場合、コンソーシアムのメンバーは、その特許をもってその会社に、コンソーシアムに加わるように必死で説得する。それでも、どうしても、その会社が同意しないなら、通常、その技術標準は流れる。
 一方、自社が、技術標準に抵触する特許をもっていると知っていても、その技術標準が確定して使われ始めるまで、じっと様子をみて、やおら訴訟をする会社もある。これは、待ち伏せのようで、とてもunfairな印象を与える。しかし、これが、直ちに、独占禁止法、不正競争防止法などに抵触する訳ではない。
 あと、コンソーシアムに参加する会社が提示する特許が、それで尽きているということは普通宣言できない。なぜなら、多数の保有特許の中で特許の技術的範囲を確定することはとても困難である。もっと困難なのは、ある技術標準に抵触する特許は、コンソーシアムのメンバーにより提示されたもの以外にない、と特許調査により示すことである。現在権利がある特許は、日本でも、おそらく、数百万件あり、とても枚挙できないからである。
 このように特許が公共性を強めると、禁止権的な性格よりも寧ろ、印税方式により広く薄く稼ぐ方式となる。あと、寧ろ、特許は、氷の結晶の核のようにコンソーシアムを立ち上げるコアとしてだけ働いて、あとは市場の専有と売り上げの経済効果で、コンソーシアムを運営していく、そんな場合もあるかもしれない。そのような場合は、特許は、完全にフリーである。しかし、いずれにしても、特許は、依然として大きな意義を持ち続けるのである。

2007年11月25日

粒子加速器の歴史

 当然かもしれないが、原子物理学の実験のための粒子加速器は、20世紀になってから建造が始まった。以下に、簡単にまとめてみる。みてみると、ムーアの法則で加速エネルギーが増大していったが、現在では、ほぼ飽和状態にあることがわかる。

1930 - ケンブリッジ大キャベンディッシュ研究所
 陽子を200KeVまで加速できる。

1931 - カリフォルニア大バークレー
 ローレンスらが、サイクロトロンを発明。粒子線を、磁場で曲げる。1周期毎に電圧を入れ替える交流方式で加速。

1932 - カリフォルニア大バークレーのサイクロトロン 4.8MeV

1939 - カリフォルニア大バークレーのサイクロトロン 19MeV

1940 - カリフォルニア大バークレーのサイクロトロン 100MeV

1946 - カリフォルニア大バークレーのサイクロトロン 195MeV

1949 - カリフォルニア大バークレーのサイクロトロン 電荷のないパイ中間子の発見

1952 - ニューヨーク州国立ブルックヘーヴン研究所
   シンクロトロン 3GeV

1957 - ロシア・ドブナー科学センター
    陽子シンクロトロン 10GeV

1959 CERN 陽子シンクロトロン 26GeV

1959 ニューヨーク州国立ブルックヘーヴン研究所
  強集束型シンクロトロン 33GeV

1967 ロシア セルプホフ シンクロトロン 70GeV

1972 フェルミラブ シンクロトロン 200GeV

1975 フェルミラブ シンクロトロン 500GeV

1976 CERN 400GeVの超大型陽子シンクロトロン

1983 フェルミラブ テヴァトロン 1.8TeV

1991 - SSCの巨大加速器がアメリカ合衆国で計画されたが、反対にあって中止になった。

2001 - フェルミラブ 1.96TeV

現時点で、建設予定なのは、CERNの陽子・陽子衝突器 14TeVくらいで、あまり世界的に活発ではない。これは、おそらく、これ以上エネルキーを増やしても、理論的に、新しいことが分かりそうな気配がないのであろう。

 また、触れていないが、日本、中国、韓国にも、粒子加速器はある。

上海協力機構

 上海協力機構とは、2001年6月15日に上海で設立された国際組織であり、ロシアと中国が主要メンバーとなって、中央アジアのカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンの6カ国で構成される。オブザーバーとして、インド、パキスタン、モンゴルも招かれる。加盟すべきと思われるのに、アフガニスタンが入っていないのは、アメリカ合衆国の傀儡政権であるがゆえに、拒否されているからだそうである。実際、かなりのアンチアメリカ合衆国の組織なのであって、最近、オブザーバーとしてアメリカ合衆国が参加を申し入れたら、見事に断られたそうである。ただ、反イスラム過激派でブッシュに協力的なパキスタンも、オブザーバーとして参加するのを許されているのが、面白い。面従腹背なのが、みえみえなのだろうか。
 ところで、上海協力機構の主催国である、ロシアと中国であるが、なかなかに鼻息が荒い。まず、中国であるが、なんと外貨準備高が1兆4000億ドル、ロシアも3000億ドルである。欧州はいまや、ロシアの石油なしでは立ち行かず、プーチン大統領は、国民に第二子が生まれたら、100万円の補助金を出すほどの国内財政の余裕だそうである。
 上海協力機構は、軍事的にも結束が堅く、この8月には、反テロの初の共同軍事演習を行った。反テロと言いながら、中国国内でテロが起きたのを聞かない。もしかして、反テロとは、反ブッシュのことか、と深読みしたくなる。
 ともかく、世界の重心は、次第にアメリカ合衆国からアジアに移動しつつある。利に聡いロックフェラーは、着々と、これにむけて体勢を整えているのではないか。

オープンビジネスモデル

 ハーバードビジネス・スクールの教授、ヘンリー・チェスブロウに、"Open Innovation"という著書がある。ものすごく粗くいうと、組織は、アイデアを自社内に留めないで積極的に開示すべし、また、他組織のアイデアも積極的に取り込むべし、ということである。すると、企業秘密はどうするか、特許はどうするか、ノウハウはどうするか、という当然の疑問が出てくる。もちろん、チェスブロウは、どこかの携帯のCMみたいに、なんでもオッケーなんて言わない。
 実は、"Open Innovation"は、訳文で、大分前に読んだので、大まかにしか内容を覚えていない。それで、読み直そうと思っていたら、"Open Innovation"の続編である「オープンビジネスモデル」翔泳社が、出ていたので、早速読んでみた。
 これは、"Open Innovation"が総論としたら、各論のようかものかとも思う。
 最初に、なぜビジネスモデルのオープン化が必要なのか、という議論で始まる。それは、一言でいうと、クローズドなビジネスモデルだと、能率が悪い、ということになる。例えば、1つの会社の特許出願をみたとき、製品やライセンスに使われているのは、普通せいぜい5%程度である。あとの95%は、虚しく特許年金を無駄食いしている。クローズドなビジネスモデルだと、95%うちのあるものは、将来への期待を込めて維持し、別のものは放棄する。また、クローズドなビジネスモデルだと、必要な技術は自前で開発しようとする。その方が長年のスキルがいかせるし、スキルを社内に留保できる、という意味がある。
 そこで、オープンビジネスモデルだどうか、というと、使う可能性の低い95%の特許は、自社に不利益にならない範囲で、他社にライセンスしたり、譲渡することを考える。また、技術開発も、全部自前でやらないで、何かいい技術が他社にないか、まず探す、ということになる。こうすると、あまり大きな中央研究所は不要になる。そういえば、田園都市線の宮崎台に以前、NECの中央研究所があったが、今は閉鎖されている、という。このような趣旨であろうか。
 こういう考えを発展させると、知的財産コモンズという考えに行き着く。すなわち、そこには、自由に使ってよいアイデアが開示されている。また、秘蔵しなくてよいアイデアを皆が持ち寄る。
 また、そうすると、知的財産の仲介業者というものも必要になってくる。
 このようなオープンビジネスモデルの背景には、世間で規格化、標準化が進み、インターフェースを合わせることが容易になった、ということがある。例えば、通信は、ほとんどがTCP/IPなので、そのプロトコルに従い、システムを作ればよい。すると、書かれた既存の通信モジュールの利用可能性が高まる。
 また、オブジェクト指向、SOA、Web2.0などで、システムのモジュラリティも高まった、ということがある。その背景にはもちろん、オープンソース・ソフトウェアの隆盛がある。
 また、意外に気付かれていないが、アンチパテントの風潮も、オープンビジネスモデルにエールを送る。すなわち、米国では、1980年代は、アンチパテントの時代であった。特許訴訟をしても、高い確率で、特許無効を裁判所で言い渡されてしまう。
 ところが、1990年代になって、強いアメリカを象徴させるかのように、プロパテントの時代になった。これにより、特許訴訟で原告が勝つ可能性が高まり、特許訴訟が増えてきた。コダック対ポラロイドの訴訟は、最大の損害賠償額となった。プロパテントの最後を飾るのは、1990年代後半の、ビジネスモデル特許の台頭である。ステートストリートバンクの株の手数料支払いシステムが、特許されるに及んで、沢山のビジネス方法の特許が出願され、許可された。アマゾンのワンクリック特許なども話題になった。
 しかしである。いまや、再び、アンチパテントの時代となった。それは、1つには、技術インフラが世界の隅々にまで浸透して、このようなインフラ部分に特許を許すと、公共上、とてもインパクトが大きい、などの事情のせいである。
 こうして、オープンビジネスモデルを採用する特許リスクは減ってきた。
 すると私の素朴な疑問がある。トヨタの「能力構築競争」や「創造経営の戦略」紺野登 ちくま新書 などによると、やはり暗黙知的なスキルの内部留保は重要である。チェスブロウの論旨では、そこらあたりがどうも、見えてこない。せいぜいが、取り込んだアイデアをうまく融合させるスキル、社内で不要になった技術を見切るスキルあたりだろうか。
 どうも読み方が足らないようで、再読する必要があるようだ。

2007年11月26日

MSエクスプローラ号

 11月24日付けのasahi.comニュースによると、南極に使い南シェトランド諸島沖の大西洋上で23日、観光船MSエクスプローラー号(2400トン)が氷塊に衝突して浸水したそうである。ツアーを企画したのは、カナダの旅行会社であるが、幸い、日本人を含む乗客91人と、乗員9人全員が救出されたそうである。
 このニュースがどうした、ということになるが、まず大西洋で氷塊に衝突というのは、おお、タイタニックだね、ということになる。
 それと、MSエクスプローラーという名前であるが、船であるからエクスプローラーというのは分かるが、なぜMSがつくのか、ということになる。すなわち、MSとは言わずと知れたマイクロソフトで、それにエクスプローラーがつくと、まさに、Windowsの機能なのであって、それに対して報道する側は、そういう自明な突っ込みを入れられず、淡々と報道せざるをえず、さぞかし複雑な心境ではなかったか、変な想像をしてしまう。
 例えば、ドイツのスケベニンゲンという地名の場所で、日本人の女性旅行者が、知らない男性から痴漢された、みたいな事件があったとしたら、同様の複雑な心境になるであろう、とさらに余計なことを考えてしまう。
 それにしても、なぜ船名がMSエクスプローラーなのか、という疑問は答えられないままである。

真部八段の逝去

 つい先日の将棋連盟のホームページに、真部一男八段が1年半程度休場する、とあった。それほど長期の休場というのは、宮田敦史五段の場合と同様で、何か病気であることを示唆した。しかし、今日になって、11月24日に突然逝去した、と知り、大変驚いた。まだ、55歳である。病名は、転移性肝腫瘍とあるので、要するに、肝臓癌なのだろう。
 ということは、かなり前から悪かったはずで、本人は自分の死期も大体悟っていたはずである。しかし、真部は、ぎりぎりまで公式戦を指した。絶局は、10月30日のC級2組の順位戦、豊島四段戦である。流石に、これは負けた。しかし、死期が迫って、一局の将棋を最後まで指すというのは凄い執念である。この前の将棋は、10月1日の佐々木五段との王位戦であり、これも負けたが、9月18日のC級2組の順位戦、有吉九段戦に勝ったのは恐れ入る。ロートルとはいえ、有吉は簡単に勝てる相手ではないからである。
 遡って、真部は棋界のプリンスであった。ほぼ同年代の青野、淡路と並び称され、青野、淡路よりは一歩先んじていた。1988年には、A級八段にも上り、そのころだったか、草柳大蔵の娘と結婚した。プリンスとプリンセスの結婚と言われた。しかし、草柳大蔵の娘は到底家庭的なタイプではなく、真部もよい夫ではなかったのかもしれないが、ほどなく離婚。そのころから、真部の歯車が狂いはじめた。次第に負けが込んで、クラスが下がっていく。しかし、いかなる意味でも、芹沢のような自暴自棄ではない。彼なりに真面目に努力していたのである。
 趣味は囲碁で、持ち前の凝り性から打ち込み、河口五段とともに、将棋連盟では、トップクラスの打ち手となった。また、年上の女性との同棲も喧伝された。しかし、将棋に対する態度は真面目で、彼が書いた「升田将棋の世界」は名著である。独特の掘り下げの将棋論が展開され、深みと頭のよさを感じさせる。棋士ではなく官僚にでもなっていれば、偉くなったかもしれないが、しかし、独特のあくの強い性格なので、周囲とぶつかったかもしれない。
 推察であるが。ここ数年冴えがなかったのは、病気のせいであろうか。というのは、知り合いに同様の病気でなくなった人がいるが、一進一退で結局、次第に押し切られてしまう病気だからである。
 私は真部の熱烈なファンということはない。また、その棋譜を並べたこともほとんどない。しかし、彼の優れた将棋評論が読めなくなったのは、残念である。あの世でも、将棋の研究を続けてほしいと願うものである。

2007年11月27日

バラック・オバマ

TIMEの12月3日号の記事に、バラック・オバマのアイオワでの選挙キャンペーンの記事があった。要約すると、下記のとおりである。
" オバマのここのところの再起キャンペーンは、"electability plus"、すなわち、単に選挙に勝つだけではなく、正しい理由で勝つ、ということである。また、マーチン・ルター・キングが言ったところの、「今という、とてつもない緊急性」に言及する。すなわち、米国が内外で、とても多くの困難に直面している、ということを言う。それはまた、ヒラリー・クリントンが、民主党のどの候補よりも先んじているというだけの理由で、民主党の候補として指名されるべきである、という主張に対する反駁でもある。
 オバマのスピーチは、悪名高きまでに現実的なアイオワの人々の心を捉えつつあるようだ。
 しかし、アイオワで、オバマは次善候補だよ、という人は、34%もいる。一方のヒラリーは、15%である。一方、オバマは、無党派の人々に支持されており、今後選挙戦を勝ち抜くためには、無党派の票をどうするか、ということが課題である。"
 こうしう記事をみて、オバマが、ほとんどヒラリーの当て馬みたいになっていると感じるのは、私だけだろうか。"electability plus"などと格好をつけている場合ではないような気がする。しかし、劣勢であるがゆえに、"electability plus"のような正統性を主張するやり方が、唯一の逆転のチャンスとみているのだろうか。
 しかし、オバマは、情熱の弁士である。「ブッシュ大統領は、アフガニスタンではなく、イラクにフォーカスした点で間違っている。」そこで、ある婦人が、ちょっと待ってよ、と遮るにも構わず、「イラクは、9/11とは関係ない。これは、政府の情報操作だ。」と情熱的に続ける。そこで、醒めていた聴衆が、おお、と乗り出す。そうだ、オバマの情熱に火がついた。こうして、遮った婦人もいう、「なかなか、やるわね。」
 その情熱はついに、ヒラリーを凌駕するだろうか、probably not. でも、史上稀な魅力的な大統領候補と呼んでもいいのではないだろうか、バラック・オバマ。

2007年11月28日

新規半導体デバイス・プロジェクト

 新聞によると、東芝とNECが共同で、新規半導体デバイスを開発する、という。ええっ、新規半導体デバイスとは、光デバイスとか量子デバイスのような新しい原理に基づく画期的なものと思っていたら、なんと、32ナノメートルの細線デバイスである、というので少し落胆した。なんだ、集積度を上げるだけなのかと。そういうと、開発している人は気分を害するだろう。これ以上集積度を上げるのは、大変なことなのだから、と。
 しかし、例えば、数年前にペンティアム4CPUのパソコンを使っていて、最近では、インテルコア2DUOだという。そこに、集積度もアーキテクチャもかなりの革新があるに違いないが、どうしてもその違いを、体感できないのである。尤も、テキストエディタやワープロ、表計算くらいしか使っていないので、仕方がないか。
 それで、東芝・NECの共同開発ということだが、他にも、(IBM・サムスン他)、(松下電器・ルネサステクノロシー)という共同開発グループがある、というのだが、インテルは孤塁を守っているようだ。先行するがゆえに、独自のノウハウが漏れるのを畏れているのだろうか。
 ともかく、あまりインパクトのない内容だった。だったら、何でブログで取り上げるのか、ということになるが・・・。

リバース・モーゲージ

 新聞によると、リバース・モーゲージという仕組みがあるという。すなわち、定年後生活する人がいて、家と土地はあるけど、老後の手持ち資金が心配、という人向けに、持ち家を担保にお金を貸す仕組みだそうである。
 ただ、持ち家といっても、土地しか対象にならないので、マンションに住む人は無理なのだという。また、受け取れるお金は、土地評価額の70%であるが、基本的に年金方式で、毎年一定額を受け取るのだという。そうして、持ち主が亡くなったら、貸し手(銀行など)は、資産を売却して弁済に充て、残額は、遺産相続人に渡すのだそうである。
 ただ、リバース・モーゲージには、金利上昇リスク、土地評価下落リスク、長生きリスクの3つのリスクがあるそうである。すなわち、銀行は利に敏いので、当然に、金利が上昇したり、土地評価が下落すると、支払う残高を相対的に減らしにかかる。こうして長生きすると、残高が足らなくなって、所有権は最早銀行にある訳だから、逆に払わなくてはならない。
 こういうのを聞くと、あまり積極的に利用する気にはなれない。また、どうしてもリバース・モーゲージと聞くと、米国のサブプライム・ローン問題がちらつく、というのもあるし。

2007年11月29日

地球と二酸化炭素

 惑星物理学者、松井孝典氏の著書によると、太陽の光は今後次第に強くなり続ける、という。すると放っておくと地球の表面温度は上昇するが、地球自体がシステムになっていて、自ら二酸化炭素の濃度を減らすことにより、地表から宇宙への熱の散逸を促進して、地表の温度を一定に保とうとする。だから、今の地表の二酸化炭素の濃度は、地球史上最低ではないか、と松井氏は言う。これは、地球温暖化防止をスローガンとして掲げる環境学者が言うことと、まるっまり違う。松井氏はこうも付け加える。地球がその平衡作用で二酸化炭素を減らし続けると、光合成している植物が打撃をうける。すると、光合成の結果の食料に依存している人類や生物も滅亡の危機に瀕すると。
 また、そもそもが人類が、日本の江戸時代のような自立的エコシステムから発展して、化石燃料、原子力エネルギーに依存するようになったことはとても重大なことであり、これによって人類滅亡の時計のスケジュールの進行を何万倍も早めてしまっている、という。実際、江戸時代のような自立的エコシステムで人類が生きていると、確かに天候などの影響で作物が不作になり、飢え死にする人も出てこよう。しかし、大域的にみて、石油が枯渇することはなく、放射能汚染に苦しめられることもない訳だから、人類の大量死の可能性も低いだろう。
 よって、もしかしたら、真の環境問題とは、高速道路で100kmで走っているような人類に、まず高速から降りて一般道を走らせ、それから、車を捨てて、馬車に切り替えさせるようなことをしないと、先は長くない、ということになるのかもしれない。
 それができないのは、資本主義の拝金主義、効率絶対主義、欲望鼓吹主義なのであって、いたずらに二酸化炭素削減を叫ぶのも、そこに、政治的な思惑とか、利権が絡むからであるに違いない。何が欺瞞といって、石油を湯水のように浪費して経済的豊かさを謳歌しながら、ちょっと割り箸の代わりにマイ箸を持ち歩くとかで、地球に優しいなどと自惚れている御仁たちである。
 こんな時代なので、松井氏の警告もむなしく響くに違いない。

今年の人気商品ベスト10

 新聞によると、今年の人気商品ベスト10は、下記のとおりだという。
1.ニンテンドーDS
2.Wii
3.ビリーズブートキャンプ
4.デジタルカメラ
5.大画面液晶テレビ
6.ワンセグ対応端末
7.邦画
8.カップ入りスープ
9.電子マネー
10.エコグッズ
 一位から三位まで、固有名詞で、あとは普通名詞なのが、すごい。これだと、任天堂がぶっちぎりである。ただ、任天堂に対抗すべきソニーのプレステ3の見る影もないのが、寂しい。プレステ2のときは、確かに、任天堂に対してアドバンテージだったのに、何が失敗だったのだろうか。まず、高価格で多機能すぎたことかもしれない。また、ソフトとして新鮮味が出せなかった。任天堂は、Wiiで、加速度センサーを使った新たな世界を構築した。ソニーは、それに比べると、単にCPUの性能が上がっただけ、と言ってよいのではないだろうか。
 ソニーとは関係ないが、Webのニュースで、日本ビクターが大幅なリストラを敢行するという。1100人の希望退職を募ったら、1300人も集まったとニュースにあった。日本ビクターはVHSで一時代を築いたが、時代の流れは速く、かつての勝者が、はっと気付くと、どうしようもなくなっていることがある。
 その点、任天堂はすごい。やはり、自身がゲームおたくである、専務の宮本茂のリーダーシップが偉大なのだろうか。しかし、未来は分からない。分かっているのは、ビクターのように一度落ちると、復活するのが、すごく大変、ということだけである。ソニーは・・・どうなんだろ。

靖国神社に英霊はいない

 最近、一人静かに太平洋戦争の戦史を読んでいたら、どこからともなく、「靖国神社に英霊はいない」という声が聞こえてきたようで、その言葉の内容に少し驚いた。そんなこと言っていいいのか、と。
 しかし、冷静に考えてみると、「私のお墓の前で泣かないで下さい。私はそこにいません。」みたいな歌が流行る時代である。もしそれが事実なら、また、仏教だと、遺骨は抜け殻の物に過ぎないので、尤もなのだけれども、確かに、遺骨すらそこにない靖国神社に英霊がいなくてもおかしくはない。
 それでは、英霊はどこに、ということになる。おそらく、高い志をもって戦死された方々は、既にあの世で精神的に高い位階にあり、われわれを見守っていて下さることだろう。しかし、突然に亡くなった方々は、未だに自分が亡くなったことすら理解できず、さまよっておられるかもしれない。ともかく、今の日本の繁栄は、その方々の尊い犠牲の元にあることは間違いない。
 それでは、靖国神社に参拝する意味はなんなのだろうか。私は、政治的に意図が大きいと思う。国家的な意図を鼓吹するような意味はあるかもしれない。しかし、本当に英霊の方々は、生きている人々が、靖国神社に参拝することを喜んでいるのだろうか。母方の祖父をマニラの戦死で亡くした私は、そうだろうと思っていたが、分からなくなってきた。
 少なくとも言えることは、A級戦犯の分祀みたいな議論は、意味がない、ということである。で、キリスト教でいう、カソリックに対する新教みたいな議論だが、靖国神社に参拝したいならそれでいいけれども、本質的なのは、戦争でなくなった人々を悼み、子孫として責任を担っていく気持ちをもつ、悦楽奢侈にあまり流れない、ということではなかろうか。その気持ちを心に抱いているなら、参拝することは本質的でない、と思うのである。

2007年11月30日

宇宙は計算しているのか

 宇宙は計算しているのか、という疑問は、宇宙は方程式を解いているのか、とも言い換えられる。このような疑問を昔から、何人の人がいだいたことだろう。すなわち、あのように整然と星が航行したり、太陽が原子核反応で輝いたりするのは、宇宙が複雑な運動方程式や反応方程式をきちんと解いている結果だ、という発想である。
 特に、仮想世界や仮想空間のシステムに関わると、その思いは昂じる。なんとなれば、仮想空間のシステムでは、全ての物理法則は、サーバで、あるいはクライアントで計算して表示しなくてはならない。それは結構膨大な計算なのだけれども、では、本当の宇宙を実現しようとすると、どんだけ~ということになる。
 宇宙全体を1つの神サーバで計算するのは、いくら神でも大変そうだ。そこで、神は、宇宙を複数のセルに分割し、その各々に、CPUを割り当てているのか、と神学なのかコンピュータ・サイエンスなのか分からない議論になってしまう。
 宇宙全体を計算する方程式という意味では、ラプラスの悪魔が有名である。すなわち、ラプラスは、宇宙全体の粒子の初期位置と初期速度を全て与えて、その間に万有引力を想定し、多元二階連立微分方程式を解くと、未来永劫までの挙動が計算できると考えた。そのような計算ができるとは誰も信じなったが、しかし、19世紀末まで、決定論とニュートン方程式に全てを帰一されることができる、という思想が明確に信じられていた。
 量子力学が出てきて、そういう決定論は棄却されたけれども、宇宙(神)が、なにかの方程式を解くことで宇宙を運営している、という発想は、人類に抜きがたいものである。これは最早、数学を一番根本であると考えたプラトンにちなんで、プラトンの悪魔、と呼んでよいと思う。
 では、本当に宇宙は計算しているのか、というと、違うと思う。ただ、どう違うかとてつもなく考えるのが難しい。例えば、宇宙の別の次元である原運動が行われていて、その運動の1つの、この世での表現を数式で近似すると、今知られている物理法則になる、というものであるが、そもそも原運動が何なのか、全く説明されていないので、意味をなさない。語りえぬものを語ってはならない、とウィトゲンシュタインが言ったのは、こういうことなのだろうか。

About 2007年11月

2007年11月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。