« PROLOGの帰趨 | メイン | パラレルワールド »

世界制覇とは

 よく、子供向けのアニメで、悪の軍団が世界制覇を目論み、これに対して、正義のヒーローが一歩一歩、悪の軍団からの刺客を打ち破り、ついには悪の軍団を滅ぼす、というストーリーがある。そうやって、一人一人刺客を送り込むのは、兵力を小出しにする最悪の戦法であって、大挙して押しかければ、孤独なヒーローはなすすべもないのだが、そこはまあ問わないことにする。
 で、何が言いたいかというと、ここでいう世界制覇とは、どういう意味か、言い換えると、どういう状態になれば、世界制覇した、と言えるのか、ということである。
 世界制覇に必要な条件の1つは、悪の軍団(別に悪でなくても、正義の軍団でもいいのだが)が、独自の法律を策定し、全世界の人がそれに従うようにすることである。すると、当然に、そんなの関係ねぇと、海パン一丁で暴れる者も出てくるので、そういう人を鎮圧できる強大な警察力が必要である。
 それと付随して、当然に、資源を搾取する仕組みも必要であり、裁判権も必要であり、そういう支配が、全世界に及ぶとき、世界制覇した、と言ってよいのではないだろうか。そのとき別にスターリンやサダム・フセインのように恐怖政治を敷いたり、粛清の嵐を吹かせる必要はない。また、ブッシュのように、気にいらないからと言って、いいがかりをつけて攻め込む必要もない。ともかく、世界を治めていればよい。
 そこで、疑問。世界制覇したと思っても、アフリカの奥地や、チベットの山奥や、南米のジャングルには、支配を受けない人がいるかもしれないが、それでもいいのか。それに対する答えは、構わない、ということである。
 すなわち、世界をXとするとき、∀d⊂X ⇔ ∃D且つd⊂D⊂Xで、Dにおいて、組織Oに従うと宣言した人が大多数であるとき、世界は、(X,O)で、弱結合の支配状態にあるとする。
 逆に、∀d⊂Xで、dにおいて、組織Oに従うと宣言した人が大多数であるとき、世界は、(X,O)で、強結合の支配状態にあるとする。強結合の支配というのは、ありえないと言ってよい。
 さて、このような意味のない議論をしてきたのは、ロックフェラー家とロスチャイルド家による世界支配の話を聞いたからである。ロックフェラー家=米国は、世界の石油を牛耳り、ロスチャイルド家=ヨーロッパは、金、白金などの貴金属の価格を独占的に決定する。それで、彼らの世界制覇意識は、どの程度のものなのだろう。どれほど、ライバルを追い落としたいと思っているのだろうか。私が思うに、世界制覇などという意識は、子供じみたストーリーなしでは、到底大の大人が想像もできないものである。また、世界制覇でなくても、そうやって、世界のある領域を牛耳っていかなくてはならない、ということは、とても疲れることであり、内心、降りたいのではないか。しかし、体面と、伝統と、何よりも、物心化した欲望の自立的作用で、文字どおり制覇されてしまっている。すなわち、世界制覇することは、心を何物かに制覇されることなのである。それから開放されるには、どのような手段があるのだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/403

About

2007年11月 7日 13:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「PROLOGの帰趨」です。

次の投稿は「パラレルワールド」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。