« 世界制覇とは | メイン | DNA歯学 »

パラレルワールド

 父親はよく友達を家に連れてきては呑むタイプであったが、私が2歳の頃、折悪しく結核に罹っている友人を連れてきた。それで、軽く咳き込むのだったが、幼児で抵抗力の弱かった私だけに、結核がうつってしまった。
 それで、なにしろ、伝染病なものだから、3歳のとき、無理やり親元を離れて、電車で1時間以上かかる、国立の療養所に入れられてしまった。随分悲しかった、というか、心細かった、という記憶がある。それでも、子供というものは柔軟性があるもので、同年代で結核の子供が何人かいたので、すぐに友達になり、楽しく過ごせるようになった。
 それである晩の、何日に一度かのお風呂の日だったと思う。お風呂は、大浴場で、当時4歳になっていた私には、まだ、ちょっと深い湯舟だった。それで、そのとき疲れていたのか、お風呂に入っていたら、急に意識を失った。たまたま、浴場は空いていて、あまり人がおらず、どうも私は意識を失ったまま、お風呂に沈んでしまったようだ。「ようだ。」という言い方には、意味がある。というのは、私は、自分がお湯の中に沈んでいるのを、確かにどこかの方向から「見た」のである。
 その後、私は引き上げられ、意識を取り戻したに違いない。だからここにいる訳であるが、いまだに否定できないでいる考えがあって、それは、私はあのとき、あのままお風呂で溺れて死んでしまった、というものである。臨死体験のように、自分を別のところから眺めたのであるし。
 しかし、あのとき死んだなら、私がいまいるところは、少なくとも、冥界でなくてはならない。すなわち、死後、現世とほとんど同じ環境にあるらしい、というところである。おそらく、冥界は現世と似すぎているので、区別がつかないのかもしれない。
 しかし、私にささやきかけるものがあって、お前はあのとき、パラレルワールドにシフトしたのだ、というものである。すなわち、移った先のワールドがもとのワールドと似すぎているので、ほとんど違いに気付かない、というものである。もしそうだとすると、そのような現象は、冥界や霊界についてもひととおり書物で勉強した私の、どんな知識でも説明できない。
 パラレルワールド自体は、何人かの宇宙物理学者が、その宇宙空間時空方程式の解として、理論的には存在を予想している。しかし、1つのワールドから、別のワールドに移れるなんて主張していないし、死んだ瞬間がそうだなんて、聞いたこともない。それで、結局は、私の妙な思い過ごしだ、ということになるのだけれども、どうしても解せないのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/404

About

2007年11月 8日 00:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「世界制覇とは」です。

次の投稿は「DNA歯学」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。