« NOVA破綻の理由 | メイン | モナド論 »

アカハラ

 ある企業の研究者がいた。その研究者は、ある学会で、ある大学教授から、応用物理の准教授として来ないか、と誘われた。そういう話は、一見、とてもよい話で、結局、研究者は、大学に准教授として赴任した。
 ところが、行ってみてびっくり。少し遅刻しただけなのに、いきなり、教授から怒鳴られた。ここは、会社と違うんだそ、と。その後も、ことある毎に、些細なことで、学生の面前で怒鳴られた。決定的だったのは、論文で、教授とは独立に独自に論文を書いたのに、教授から無理やり、主著者として、教授の名前を入れるように命令された。こういうことが重なり、准教授は精神的におかしくなり、とうとう、大学に出勤できなくなった。
 今はたまたま、ある人から別の大学の口を紹介され、やっと精神的に回復しつつあるが、随分時間がかかったそうである。今、大学では、教授が一国一城の主として、予算権限、人事権限を把握しているため、専横を行使する教授が少なくないそうである。もともと、象牙の塔だと、人間的軋轢が少ないので、会社の中のように、社内外のいろいろな人との付き合いで、人格を切磋琢磨される機会が少ない。よって、アカデミック・ハラスメント(アカハラ)のようなことは以前から、結構あったと思うが、大学が独立行政法人化されて、企業に近くなり、すると内部統制ということが必要になることから、以前よりも、アカハラが表にでやすくなったのではないかと思われる。
 典型的なアカハラとして、下記のようなものがある:
- 大学院生や学生に、長時間、無理な作業を強いる。これは、運動部のしごきと同じで、どこまでが限度か、境界が難しい。
- 実験データの改竄を強いる。
- 論文著者への介入
- 女子学生に対するセクハラ強要
- ポスト探しの非協力、邪魔。例えば、紹介状を書かない、など。
- 研究テーマに対する、不同意、変更要求。これは、研究指導との区別がつきにくい面はある。
- あと、学会でのあからさまな、こき下ろし。例えば、カントールやボルツマンなど、他研究者からのこき下ろしで悩んで、自殺したのではなかったか。
 で、人間が愚かなものである以上、また、大学の責任者が、学業はともかく人格の高潔さが保証されない以上、アカハラは根絶されることはない。大学で企業よりもやりにくいのは、学問の自由とかで、企業の管理職よりも自由度が高いことである。医学部の倫理委員会ではないが、とりあえず、大学内に、アカハラ防止委員会でもつくるよりないか。
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/413

About

2007年11月12日 12:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「NOVA破綻の理由」です。

次の投稿は「モナド論」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。