« アカハラ | メイン | 東京ガス都市生活研究所 »

モナド論

 ライプニッツのモナド論は有名であるが、その著作を、あまり一般には読まないと思う。実は私も読んだことがないので、興味津々という訳でもないが、読んでみた。そこで、簡単に要約する。
 先ず最初に、モナドとは何かであるが、内部構造をもたない、不可分の実体である、という。すると、レウキッポスやデモクリトスのいう、アトムと等価なのだろうか。
 ところが、読み進むと、モナドは互いに異なっているのだという。これは、少しでも物理を学んだ者には、とても意外で、物理では例えば、電子は互いに見分けがつかない、と学ぶ。
 モナドさらに、恒常不変なものではなく、変化を免れず、内的に、具体的内容をもつ、という。えっ、するとやはり内部構造をもつのか。すると、有限の大きさもつのか。疑問は広がる。
 さらに、単一のモナドにおいて、多をはらみ、多を表現している状態を、表象と呼ぶ、という。このあたりから、分からなくなる。では、最初は分かっていたのか、と聞かれると、困る。
 さらに、意識に上らない表象は、無ではない、1つの表象から他の表象への変化や移行を、欲求という、と続く。このあたり、その抽象度は、般若心経レベルである。
 また、表象のありかは、モナドにのみある、という。モナドは無形の自動機械であって、魂は単なるモナド以上のもの。では、モナドに何を足したら魂になるのか、という説明はなされない。
 さらに、真理には、思考の真理と、事実の真理があり、後者は分解可能なのだという。
 ここからが本題と思われるが、神こそは、唯一の根源モナドであり、その他の全てのモナドは、根源モナドから生じる。そうして、モナドどうしは、神を媒介することなく影響しあうことはできない、ここから、有名な予定調和説が出てくるらしいのだが、このような議論に誰がついてこれるのだろうか。少なくとも、私は、とっくに降りている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/414

About

2007年11月12日 19:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アカハラ」です。

次の投稿は「東京ガス都市生活研究所」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。