« 東京ミシュラン | メイン | オノマトペ »

ある心身二元論

 もう何千年も前から議論されていて、何も目新しいことはない心身二元論であるが、ちょっと思いついたことがあるので、書いてみる。
 まず、体は、自分のDNAの複製を作りたがっている。それが、性欲の根源である。しかし、体に宿る心にとって、そんなのは知ったことではない。もともと、心と体は、犬猿の仲なのである。しかし、嫌でも、体に宿る心は、体から影響を受けてしまう。
 それでは、恋愛というのは、体だけの欲求なのか、というと、そんなことはなく、心が惹かれあうことも関与している。すると、恋愛=心が惹かれあうこと+体が求め合うことなのか、というと違う。そもそも、心と体の結びつきは非線形であって、一次結合的な重畳ではない。
 そのように、体の大きな影響を受ける心であるが、修行により、体からの影響を減らすことができる。それが、宗教の修行であり、悟りである。
 さて、心と体は互いに影響し合うのだが、体が心に及ぼすものは、物欲である。一方、心が体に及ぼす影響の主要なものが病気である。一方、体は、体自身の由来によっても病気にある。例えば、酒を飲みすぎるなどである。よって、病気は、心由来のものと体由来のものの、やはり非線形な結合であり、恋愛における心と体の結合態様と同型である。
 心は本当は、体を離れて自由になりたがっている。その典型が睡眠である。しかし、体は、心を引き戻す。嫉妬深い女が、男を呼び戻すように。
 体は三次元の世界にある。しかし、心は三次元の世界にない。三次元の世界から見たとき、心は三次元に埋め込まれている。従って、脳科学者など、物質を研究する人たちが、物質の働きから生じるものとしての心を研究することは、限りなく正当である、影を見つけるためだけであるが。心は、その研究を異次元から見つめつつ、ただ困惑するだけである。
 心は、異次元にあって、物質的研究の枠外にある。だからといって、三次元にある体の方が、心よりも捉えやすい訳ではない。体も、心と同じように謎である。
 心に刻印された物質的なものが欲望であり、体に刻印された心的なものが病気である。後者の命題に注目して戴きたい。このため、病気が起きる原因というのは、とても分かりにくい。癌が、例えば、喫煙のせいとか、明確に言い当てられることはほとんどないだろう。
 体は、体を傷つけることができる。しかし、心は心を傷つけることができるか。私はその答えをもたない。本当は、できないような気がする。
 体は、心を染め上げようと躍起である。心は逃げ回る。しかし、立ち止まると、欲望に絡めとられてしまう。痛みや苦しみは、体の概念であって、心のそれではない。しかし、欲望の形で、心に響く。痛みは、体から心に響く欲望の音波である。その意味で、肉体の快楽も、痛みの変形としてのある周波数で心に届く欲望の音波にすぎない。

 という、訳の分からないステートメントをふと、書いて見る気になった次第である。
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/429

About

2007年11月20日 18:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「東京ミシュラン」です。

次の投稿は「オノマトペ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。