« 高学歴ワーキングプア | メイン | 粒子加速器の歴史 »

技術標準と特許

 技術標準とは、ある技術のインターフェースなどを策定し、それを世の中で共通に使おうということであるから、本来排他権である特許権とは、相容れないものである。しかし、DVD規格など、技術標準が工業製品、特に電子機器製品、に主要な機能となってくると、特許との折り合いをつけなくてはならない。
 さて、技術標準としては、まず、国際電気通信連合(ITU)などの国際機関によって決定されるものがある。ITUによって決められている規格の典型的なものは、携帯電話の通信方式である。
 このような国際機関と同様に、国内機関によって決められるものがある。それが、日本ではJISであり、米国では、ISOである。
 このような公共機関によって決められる規格は、世間の合意が得られやすいが、多くの国の多くの段階の利害を調整する必要があるので、とても時間がかかる。そこで、民間の企業が集まってつくられるコンソーシアム方式がある。これは、例えば、Aという会社が無線LANの方式を考えたとしよう。そしてAが、その無線LANの製品をもっているとすると、その方式を採用するパソコンなり、ルータなりが世間に広まらないと困る。そこで、コンソーシアム方式を立ち上げ、自分の持っている特許も、無償あるいは極めて安い値段でライセンスします、と宣言する。これに賛同して、多くの企業が集まると、公共機関が決めたものではなくても、実質的に、そのコンソーシアムで決めた方式が世間で使われることになるので、それらと接続するために、コンソーシアムで決めた方式を採用せざるを得ない。で、結局、その方式が世間で広く使われるようになる。今のIEEE802.1a/b/gがそうである。
 一方、ある1つの会社が作り出したものが、実質的に、その市場を占有してしまう、という場合がある。例えば、昔のIBMのメインフレームのOSであり、今のマイクロソフトのWindowsである。すなわち、あるメーカが、OSとして、Windows以外の独自のOSを作って自社製品に組み込むのは、特許にさえ抵触しなければ、自由に行えるが、もしWindowsと互換性がなければ、結局誰も使わないだろう。こうして、多くの製品は、Windowsに従わなくてはならなくなる。これをロックインという。このロックインは、独占禁止法とも関係があるが、それを論じることは私の能力を超える。
 さて、公共機関であれ、コンソーシアムであれ、ある技術標準を策定しようとすると、どうしてもそれに関連する特許が問題になる。これを緩和するため、そのような機関やコンソーシアムに参加する会社は、各々が保有する関連特許を持ち寄って、(1) 無償、または(2)妥当なライセンス料で無差別にライセンスする(reasonable and non-discriminatory = RAND )のどちらかを指定する。当然ながら、多くの会社は、後者を選ぶ。さて、それでは、コンソーシアムに参加しない会社が、策定した技術標準に抵触する特許をもっていたらどうするか。その場合、コンソーシアムのメンバーは、その特許をもってその会社に、コンソーシアムに加わるように必死で説得する。それでも、どうしても、その会社が同意しないなら、通常、その技術標準は流れる。
 一方、自社が、技術標準に抵触する特許をもっていると知っていても、その技術標準が確定して使われ始めるまで、じっと様子をみて、やおら訴訟をする会社もある。これは、待ち伏せのようで、とてもunfairな印象を与える。しかし、これが、直ちに、独占禁止法、不正競争防止法などに抵触する訳ではない。
 あと、コンソーシアムに参加する会社が提示する特許が、それで尽きているということは普通宣言できない。なぜなら、多数の保有特許の中で特許の技術的範囲を確定することはとても困難である。もっと困難なのは、ある技術標準に抵触する特許は、コンソーシアムのメンバーにより提示されたもの以外にない、と特許調査により示すことである。現在権利がある特許は、日本でも、おそらく、数百万件あり、とても枚挙できないからである。
 このように特許が公共性を強めると、禁止権的な性格よりも寧ろ、印税方式により広く薄く稼ぐ方式となる。あと、寧ろ、特許は、氷の結晶の核のようにコンソーシアムを立ち上げるコアとしてだけ働いて、あとは市場の専有と売り上げの経済効果で、コンソーシアムを運営していく、そんな場合もあるかもしれない。そのような場合は、特許は、完全にフリーである。しかし、いずれにしても、特許は、依然として大きな意義を持ち続けるのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/438

About

2007年11月24日 22:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「高学歴ワーキングプア」です。

次の投稿は「粒子加速器の歴史」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。