« 靖国神社に英霊はいない | メイン | 原油の由来 »

宇宙は計算しているのか

 宇宙は計算しているのか、という疑問は、宇宙は方程式を解いているのか、とも言い換えられる。このような疑問を昔から、何人の人がいだいたことだろう。すなわち、あのように整然と星が航行したり、太陽が原子核反応で輝いたりするのは、宇宙が複雑な運動方程式や反応方程式をきちんと解いている結果だ、という発想である。
 特に、仮想世界や仮想空間のシステムに関わると、その思いは昂じる。なんとなれば、仮想空間のシステムでは、全ての物理法則は、サーバで、あるいはクライアントで計算して表示しなくてはならない。それは結構膨大な計算なのだけれども、では、本当の宇宙を実現しようとすると、どんだけ~ということになる。
 宇宙全体を1つの神サーバで計算するのは、いくら神でも大変そうだ。そこで、神は、宇宙を複数のセルに分割し、その各々に、CPUを割り当てているのか、と神学なのかコンピュータ・サイエンスなのか分からない議論になってしまう。
 宇宙全体を計算する方程式という意味では、ラプラスの悪魔が有名である。すなわち、ラプラスは、宇宙全体の粒子の初期位置と初期速度を全て与えて、その間に万有引力を想定し、多元二階連立微分方程式を解くと、未来永劫までの挙動が計算できると考えた。そのような計算ができるとは誰も信じなったが、しかし、19世紀末まで、決定論とニュートン方程式に全てを帰一されることができる、という思想が明確に信じられていた。
 量子力学が出てきて、そういう決定論は棄却されたけれども、宇宙(神)が、なにかの方程式を解くことで宇宙を運営している、という発想は、人類に抜きがたいものである。これは最早、数学を一番根本であると考えたプラトンにちなんで、プラトンの悪魔、と呼んでよいと思う。
 では、本当に宇宙は計算しているのか、というと、違うと思う。ただ、どう違うかとてつもなく考えるのが難しい。例えば、宇宙の別の次元である原運動が行われていて、その運動の1つの、この世での表現を数式で近似すると、今知られている物理法則になる、というものであるが、そもそも原運動が何なのか、全く説明されていないので、意味をなさない。語りえぬものを語ってはならない、とウィトゲンシュタインが言ったのは、こういうことなのだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/450

About

2007年11月30日 13:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「靖国神社に英霊はいない」です。

次の投稿は「原油の由来」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。