« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月 1日

原油の由来

 従来、原油とは、プランクトンなどの死骸が有機物として地下に堆積し、それに、数百万年~数億年の期間をかけて熱と圧力が加えられ、化学的に変成されたものである、というのが通説である。これを有機体説という。
 原油とはそういうものだ、と思っていたら、なんと、原油の生成には、無機体説というものもある、という。すなわち、無機体説は、アメリカ・コーネル大学のトーマス・ゴールド教授によって1980年頃から提唱されているもので、地球誕生の際に、メタンなどの炭化水素が地球内部に取り込まれ、高温、高気圧という環境のもとで化学反応を起こし、原油になったのではないかとする説がある。もしこの仮説が正しいなら、原油の埋蔵量は膨大で、少なくともあと500年、もしかして数千年分の埋蔵量が期待されるという。有機体説によると、原油はあと40年で涸渇するなどと言われているので、無機体説が正しいとすると、ストーリーは全く異なってくる。原油の取引や価格にも絶大に影響するであろう。無機体説を検証するには2つのステップが必要であろう。すなわち、実験室でメタンを高温・高圧に晒し、原油が生成されるかどうかの実験。もう1つは、油田で、地中深くボーリングし、メタンの存在を確認することである。
 原油の由来はこれだけかと思っていたら、石油分解菌によって生成される、という説もあるという。すなわち、永久凍土の下や水深500mより深部の海底に、数千年を経て動植物が分解されて発生した炭水化物であるメタンハイドレートが存在し、そこに、石油分解菌が作用すると、原油が生成される、という。
 よく考えると、これらは排他的ではないので、複数の原油の由来があってもいい訳である。
 ところで、少し趣旨は違うが、人工的に石油を合成しようとする試みはないのであろうか。そこで関連特許を探してみた。すると、コスモ石油が、1993年に、特開平7-623565号公報「メタンを原料とした液状炭化水素の製造方法」というものを特許出願している。また、1996年に、石油資源開発株式会社が、特開平9-208974号公報「二酸化炭素含有天然ガスを原料とする液体燃料油の製造方法」というものを特許出願している。しかし、かなり膨大な石油関係の特許出願でも、人工的な石油の合成に関するものは、この程度しかなく、実用的・経済的なレベルにない、と判断するよりなさそうである。
 また、石油分解菌を使った石油合成方法がないかと探してみたが、ほとんどが、石油分解菌を使った廃油の浄化方法などであり、石油合成方法を示唆するものはなかった。やはり、メタンハイドレートという、ある意味天然の極限の条件が必要で、なかなか、実験的に室内では再現できないのだろう。

クレイジーソルト

 たまたま輸入用品屋で、クレイジーソルトという調味料を買ってきた。成分はというと、岩塩、ペッパー、オニオン、ガーリック、タイム、セロリ、オルガノだという。生産国はアメリカ合衆国で、もともとの商品名を、"JANES's Krazy Mixed-Up Salt"というようだ。
 用途は、結構汎用で、肉料理、鳥料理、魚料理、サラダ、卵料理、ピザ、チーズ、スープなどに合うという。そこで、実際にステーキに振掛けてみた。すると、これが魔法のように美味い。ソルトといいながら、全然塩辛くない。寧ろ、味としては消え入りそうなので、追加で振り掛けるという次第である。
 サラダにもかけてみたが、これもいける。で、思ったのだが、調味料といっても、タバスコやハバネロのように辛さで、めちゃくちゃ自己主張するものがあるが、クレイジーソルトはこれと対極にある。寧ろ、淡い味わいで、素材本来の美味さを引き立たせる。どうもその秘密は、タイム、セロリ、オルガノなどの野菜エキス成分にあるようだ。クレイジーソルトのラベルには、「シェフの隠し味」というサブタイトルがある。まさにぴったりの言い方である、と思った次第である。

2007年12月 2日

オープンビジネスモデルに対するコメント

 オープンビジネスモデルについては、チェスブロウの著書に対するコメントという意味で、既に述べたが、池田信夫氏のブログで、「グーグルの時価総額はトヨタを抜き、この創業から10年もたたない企業の価値が、日本のすべての企業を上回った。」と書かれていたので、これについてもコメントする。
 私の意見は、あまり「時価総額」などというものはあてにならない、ということである。金融の素人があえて間違いを懼れず言うと、サブプライムローン問題や、石油価格などをから分かるように、価格というものが、すぐれて金融工学の成果により、うつろいやすく、ちょっとした気まぐれで変わりやすい、ということである。あることが時流に乗っていると世の中が判断すれば、その分野に投資家が一斉に投資する。結果として、時流にのった会社の「時価総額」は急騰する。でも、ある意味、それだけのことではないだろうか。
 例えば、トヨタがグーグルの真似をしてインターネット・ビジネスを立ち上げるとする。すると、おそらくグーグルのようにうまくは経営できないだろう。しかし、逆にグーグルが、トヨタの真似をして車を生産しようとすると、それは、とてつもなく難しく、箸にも棒にもかからないだろう。このような非対称性を考慮するとき、なかなか、グーグル>トヨタとはいえない、というのが私の意見である。
 また、オープンビジネスモデルであるが、例えば、Web2.0をとってみても、要素のとしての基本的な技術は既にほぼ出尽くしており、それらをうまく組み合わせることでシステムが構築される。そのところで、新しい発明は生じにくい。多くの基本的な技術は標準化されており、必ずしも知的財産で保護されていないか、されていたとしていても、RANDと呼ばれる妥当なライセンス料で、自由に使えたりする。このように使える役者が揃った、ということが、オープンビジネスモデルの背景にある。
 しかしである、そのような役者は、どうやって生み出されたか考えてみてほしい。ゼロックスのパルアルトの研究所であったり、米国国防総省であったり、ベル研であったり、IBMのワトソン研であったりしたはずで、基礎的な役者を揃える仕事はどうしても、豊富な資金と人材を有し、クローズな環境にある中央研究所によってなされたのではなかったか。
 すると、オープンビジネスモデルは、研究開発費を削減して、資金を合理的に投入してビジネスを効率的に行う手段であって、技術で時代のフロンティアたり得る道ではない、ということになる。すると、オープンビジネスモデルを標榜する会社は、別のオープンビジネスモデルの会社との差別化をはかることが難しく、結局、消えていく可能性が高い。オープンビジネスモデルの典型のように言われているグーグルをみるがいい。実は、グーグルを特徴づけるものは、単なる既存技術の寄せ集めではなく、ページランクのアルゴリズムに裏打ちされた、他社が真似できない巨大な並列システムであり、スキルの塊である。ところが、そういうスキルとか暗黙知の集積とみると、グーグルよりもトヨタの方が、はるかに巨大な伽藍なのであり、ここでも、「時価総額」が、とても表面的な指標であることが分かるはずである。

石油の値段

 アスキー新書「ガソリン」本当の値段 岩間剛一著を読んで、原油価格の決定の仕組みを知った。もしかして、かなりの人には自明なことなのかもしれないが、私にはとても驚きなので、自分のメモとして、ここに書いてみる。
 石油の値段は、アラブの石油産出国でOPECが設立されたとき、OPEC主導で決定されることとなった。もともと、欧米の石油メジャーが勝手に安く決定したことに反発して、自国ナショナリズムに基づき創設されたのが、OPECなのであった。
 しかし、石油はアラブだけで産出されるのではない。OPECだけで値段を決めようと思っても、他の国での産出状況、値段、需給関係のバランスで、世界的に石油余りの状況となり、石油は値崩れを起こした。こうして、すっかりOPECは、価格決定の主導権を失った。
 いまや、石油の価格決定の主導権を握るのは、下記の3つの取引所である。
- ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されているWTI(ウェスト・テキサス・インターメディエイト)原油
- ロンドンのICEで取引されている北海ブレンド原油
- 東京工業品取引所で取引されているドバイ原油
 この中でも、WTIが、世界のマーカーオイル(指標原油)として、世界の原油先物価格のベンチマークとなっている。従って、ICEと東京工業品取引所では、独立に価格を決めてよいのだけれども、どうしても、WTIの影響を受ける。また、日本は例えば、サウジアラビアと長期直接契約を結んでいるのだけれども、その値段は、契約上、ドバイ原油の値段の変動の影響を受けるので、結局は、WTIの影響を間接的に受けてしまう。
 それでは、そのように強い影響力をもつWTIとは何か、というと、まずWTIの一日の原油生産量は、30万バレルで、世界全体の一日の原油生産量である8500万バレルの0.4%を占めるに過ぎない。しかも、WTIの石油は、アメリカ国内でローカルに流通しているにすぎない。それが価格決定に大きい決定を与える理由は、世界中の投資家が投資するNYMEXという舞台で運用されているからである。それで、一日の原油生産量は、30万バレルだとしても、先物取引の仕組みによって、見かけ上、600倍の原油が取引されていることになる。そこでとてもおかしいことが起きる。すなわち、2007年2月に、WTIを生産している、米国内のバレロ・エナジーという会社のマッキー製油所で火災が起こり、操業不能となった。すると、精製されない原油が余剰在庫となり、それを処分したい投機筋による売りが入り、WTI価格が下がる。そういう全くローカルな事情で決まったWTI価格が世界に大きな影響を与えるのである。
 こういう背景で、たとえ供給過剰でも、石油価格が下がらない理由は、次のようにして説明される。すなわち、大手投資銀行のゴールドマン・サックスが、原油価格は今度も上がり続ける、というレポートを出す。すると、投資家は、先物で、原油を買いあさり、そのことが原油価格の高騰をもたらす、という仕組みである。ゴールドマン・サックスは、ロックフェラー系の会社であるから、ロックフェラーが原油価格を操作している、というのは、こういう事情を言うのであろう。
 また、サブプライム・ローン問題が、住宅市場が金融市場化して起こったように、金融化の波は、石油市場にも押し寄せ、これにより投資家に蹂躙されている、という面もあるようだ。
 これ以外に資源大国ロシアの台頭、新たな資源消費大国中国の経済発展、など問題は、あまりにも入り組んでいる。

人間の思考の傾向

 このブログでも、何度か似たようなことを書いた気がするが、重複を懼れず、また、人間の思考の傾向という題目で書く。
1.単純化
 人間の思考で先ず、目に付くのが、単純化の傾向である。典型的には、大学の序列を、入試の偏差値で序列化する。会社の序列を、その利益率でつける、など、単一のパラメータで行おうとする。単純化の別の例は、二分法の多用である。例えば、「世の中は、空気読める奴と、読めない奴の二種類しかない。」みたいな言い方が結構受けたりする。環境問題を、二酸化簡素濃度だけで論じたりするのも、そうである。
2.序列化
 単純化の主要な目的は、序列化である。人間は、なんとか序列をつけないではいられない。例えば、美人かどうかというのは、相当に個人の好みによると思うのだけれども、それでも、美人コンテストをして、ミスなんとかを決めたがる。ノーベル賞とか、アカデミー賞とか、文化勲章とか、やたらつくりたがるのも、そうである。
3.煩雑化
 単純化と矛盾するようだが、人間は物事を煩雑化するのを好む。煩雑にして、他人が理解できないようにするのを知性の勝利と考えているくらいである。例えば、民事訴訟法の条文を眺めたとき、ここまで煩雑でないときちんと裁判を運営できないのか、疑問に思ってしまう。別の観点では、古典ギリシャ語文法を眺めると、名詞の格変化、動詞の時制、法など多岐に亘り、古代ギリシャ人は、よくもこんな複雑な文法を使っていたものだ、とあきれてしまう。ただ、言葉の文法は、時代が下ると次第に単純化する傾向にある。英語など、どうしてあのように角がとれたような文法なのか、とても意外である。これは、ちょっと説明不可能である。
4.冗長化
 コンピュータ言語で、C++があるのに、Javaをつくる人がいる。Perlがあるのに、Rubyをつくる人がいる、C++のなかで、fopen()があるのに、freopen()もある、というように人間の作品は冗長性に満ちている。それが文化だ、と言われればそうかもしれないが、無駄なのでは、と思うことが少なくない。生物=過剰、ということなのだろうか。
5.固着性
 一旦思い込んだら、なかなか、そこから脱却できない。例えば、今の聖書に書かれていることは、ナザレのイエスが述べられたことと違うという説が多々あるが、なかなか、聖書は絶対である、という偏見から逃れられない。ただ、これは別の観点から見ると、精神の免疫機構なのかもしれない、というのは、どんどん別の考えに切り替えていたら、精神がもたない。しかし、一般的に、人間は、あまりに頑固すぎないか。
6.極端性
 人間精神は、ちょっとのことでバランスを崩して、極端に走ってしまう。よい例が、ヒットラーのユダヤ人虐殺である。とてもあそこまで極端にやる理由はないはずである。別の例は、先日の香川県坂出市の祖母孫殺人事件である。どうも1つの理由が、祖母が継続して借金の無心していたようであるが、どう考えても過剰である。ましてや、罪のない孫二人を殺す理由なんてないはずである。

 こう書いてみて、書かれていることの月並みさに愕然とした。比較するのも申し訳ないが、仏教の色論などの深遠さは、なんとすごいのだろう、と改めて感じた。

2007年12月 3日

タクシーの値上げ

 テレビを見ていたら、東京都内でタクシー料金が既に値上っており、神奈川県にも及ぶという。すなわち、初乗りが650円から710円で、距離加算が、80円から90円、概算をすると、いままで1500円かかっていた距離だと、1650円かかることになる。すなわち、1万円以上の長距離だと、1000円以上の値上げとなる。また、深夜料金の適用も、夜11時はなく夜10時からの適用となる。呑んで帰る人には、こちらの方が大きいかもしれない。
 このように料金を値上げする理由は、タクシーの運転手の待遇改善と、ガソリン代値上げに対応するためである、という。その理由は分からないでもないが、タクシーが価格弾力性の高いサービスである、ということが忘れられていないか、と思う。すなわち、私もそうであるが、ちょっと歩くのが疲れたとき、タクシーに乗ろうかと思うのだが、ああ、最近値上がったね、と思うと、結構容易に自粛してしまう。こうして、値上げは寧ろ売り上げ減になるのではなかろうか。
 ガソリンは少々値上げされても、車を走らせるためには、購入せざるを得ない。しかし、タクシーは却って苦しくならないか。
 このような価格の決め方をみると、原油価格の決定機構と相俟って、価格決定機構の不可解と不合理を感じる。ミクロ経済学は、いろいろな業種のいろいろな事情をいちいち考慮して理論をつくらないのかもしれないが、実際問題、そこのところは、とても重要である。ミクロ経済学は、大域的・大数的価格しか扱わないのだろうか。

プーチンの人気

 テレビを見ていたら、今ロシアで、プーチンが大人気で、なんと、80%以上の国民の支持率を得ている、という。しかし、私は薄気味悪いものを感じた。というのは、若い女性が何人も、プーチンは世界で一番素敵な男、などと歌いながら、写真にキスをするのである。また、道行く人々も、プーチンこそがロシアの誇りを甦らせてくれた、プーチンが大統領であれば、ロシアは発展し続ける、とも言う。
 しかし、果たしてどれほどプーチン自身の手腕によるのだろうか。巨大な油田が発掘されたことによる。資源外交が功を奏しているだけではないのか。まあ、「だけ」という言い方は言いすぎにしても、私は、ゴルバチョフやエリツィンが作ったインフラの上で、石油資源をうまく利用しているのが、大きいと思う。
 プーチンが薄気味悪いと私が言うのは、決して感情的なものだけではない。政治的な理由もある。すなわち、80%以上の国民の支持率を得ている、ということは裏を返せば、20%未満の不支持の国民がいる、ということであるが、プーチンは、反対派の講演など、無理や公安上の理由をつけて、主催者を逮捕している。これなど、相当に全体主義のにおいがする。私は、ヒットラーが人気を博していった過程をみるような気がする。ヒットラーは、第一次大戦の敗戦で疲弊したドイツにあって、道路を作ったり公共事業を興して、いわゆるケインズ的な政策により、経済を復興させ、絶大なる国民の人気を得た。
 ヒットラーは、その絶頂期に、反対派から何度も爆死計画を仕掛けられ、独特の超能力のような勘で、それを悉く逃れた。人気を博したのは、そのような超能力を駆使した結果ではなかったか。私は、プーチンにも似たようなおどろおどしさを感じる。ロシアにあっても、憲法により、大統領の任期は決まっている。それによれば、プーチンはあとに何年かで退任しなくてはならない。しかし、どうも、プーチンは、退任した後も、自分の息がかかった者を大統領にして、影の国家元首として、ロシアを支配しようとしているふしがある。おい、ヒラリー、対抗できるのか、しっかりしろ、と言いたい。

2007年12月 4日

バイオエタノール

 石油代替燃料として注目されているバイオエタノールであるが、サトウキビなどの食料としても用いることができる原料を使う点で問題視されていた。すなわち、人間が食べることができるものが燃料に転用されることはもったいない、という発想である。そこで、非可食植物性材料である、木材、稲藁、麦藁などからバイオエタノールを生産する試みが始まっている。
 まず、木材であるが、特に廃材の場合、釘、接着剤、塗料、防腐剤などが付着しており、これらは、慎重に人手で除去しなくてはならない。結構大変である。そうして、余計なものが除去された木材は、細分化されたチップとなる。その木材チップは、硫酸で加水分解され、これは、糖と硫酸の入り混じった溶液となる。硫酸は、石灰で中和し、糖を含む溶液は、発酵菌でアルコール発酵される。実は問題はここのアルコール発酵の部分で、木材から分解されたセルロースである、へミセルロースは、天然のイースト菌では分解できない。そこで、遺伝子組み換えした特殊な発酵菌が開発された。これは、テキーラを発酵させる場合の菌を変性させたものである。という。その商品名をKO11といい、米国のベンチャー企業が開発し、特許ももっているという。
 実は、必要な配慮はそれだけではない。発酵菌がアルコール発酵するときに、栄養が必要である。というのは、木材セルロースを分解した糖だけでは、発酵菌の活動の十分な栄養にならないからである。そこで、アミノ酸を含む「おから」が、栄養として追加される。
 こうして発酵させると、発酵により温度が40℃以上になる。すると、発酵が阻害されるので、冷却し、発酵を促進させる。こうして発酵の結果生成されたエタノールは、精製されてタンクに貯蔵される。
 木材ではなく、稲藁、麦藁の場合は、硫酸ではなく、100℃以上、10気圧という高圧鍋で煮る。すると、リグニンなどが抽出され、分解されたセルロースが残される。セルロースのままでは酵母菌が分解できないので、酵素によって、セルロースが糖に分解される。実は、この酵素が高価で、全体のプロセスのコストを上げている、という。さらにまたキーとなるのは、発酵菌。本田技研は、効率よく発酵させるRITE菌という菌種を開発した。RITE菌は、従来の酵母菌の10~20倍の速度で発酵させる能力をもつ、という優れものである。
 ここで、なぜ本田技研が、という疑問がわいたが、エンジンの代替燃料を想定しているなら、納得がいく。
 上記に簡単に説明したように、バイオエタノールといっても、かなり複雑なプロセスを経て生成されるので、現段階で、石油燃料に比べて、どれだけ価格競争力があるか分からない。しかし、代替エネルギーとしてのこういう分野の研究・開発が必須であることは間違いない。

2007年12月 5日

Windows NTがなかったら・・

 ここ数年、パソコンのオペレーティング・システムとして、Windows XPを使っていて、可もなし不可もなし、といったところである。しかし、多少なりともコンピュータの内情を知る者にとって、「可もなし不可もなし」ということが、いかに偉大なことであるか、折に触れて思う。
 言うまでもないことであるが、Windows XPは、Windows 2000の後継であって、Windows XPと、Windows 2000の差はほとんどない、と言える。しかし、Windows 2000の前身のWindows NTは、それはなかなかにひどいものであって、酷評でサンドバック状態であった。
 話は、OS/2に遡る。1990年代の初め頃、マイクロソフト、IBM、サン、HP、DEC、Appleなどの間で、次世代32ビットCPUに相応しいオペレーティング・システムは何か、ということで、議論と競争があった。既にマイクロソフトは、MS-DOSで成功を収めており、Windows 1.0やWindows 2.0という製品も出していたが、プロトタイプの域を出ないものであった。
 そのような趨勢で、マイクロソフトとIBMは、OS/2という新しいオペレーティング・システムを共同開発することになった。その後、マイクロソフトとIBMは、すっかり仇敵になったが、当時は、マイクロソフトとIBMの蜜月の最後の時期であった、と言ってもよい。実際、マイクロソフトのチーフアーキテクトであったゴードン・レトウィンが、OS/2に関する著書をあらわし、そこには、ビル・ゲイツの、次世代のオペレーティング・システムはOS/2と高らかに宣言するプロローグもある。
 ところが、開発方針で、マイクロソフトとIBMは決裂してしまう。マイクロソフトが先ず開発したのは、Windows 1.0やWindows 2.0、Windows 3.1の流れにそったWindows 95であり、これが爆発的人気を呼んだ。ただし、Windows 95は、MS-DOSのコードを多く引きずり、Windows 3.1のノンプリエンブティブな性質は脱却しているものの、まだ擬似プリエンブティブとでもいうべきものであり、到底、安定した動作は望むべくもなかった。
 一方、OS/2は玄人好みの渋いオペレーティング・システムであったが、GUIなどが充実しておらず、素人には甚だ使いにくいものであった。
 その当時私は、マイクロソフトは、GUI on MS-DOSという形で、オペレーティング・システムを進化させていくのか、と考えていた。MS-DOSを完全プリエンブティブに作り変えることによって、である。しかし、そもそもがMS-DOSを中途半端に書き換えることなど無理であった。そこで、ビル・ゲイツは英断をする。全く新しい32vビット用オペレーティング・システムを開発するのである。ビル・ゲイツは、DECでVMSというオペレーティング・システムの開発責任者を務めたこともあるデービッド・カトラーをヘツドハントした。カトラーは、ゲイツ顔負けの個性の強い男で、チャールズ・シモーニーが作り上げたマイクロソフト文化(例えば、Cソースコードのハンガリアン記法)にも馴化せず、突っ走った。このあたりの事情は、「闘うプログラマー」という本に詳しい。それは失敗の連続であり、何度も流産の危機にぶつかった。しかし、おそろしいほどの努力で、カトラーは、Windows NTの完成に突き進み、ゲイツは辛抱強く見守った。
 それで思うのだが、Windows NTがぽしゃっていたら、どうなっていたか。まず、OS/2の版図が広がっていただろう。マイクロソフトはIBMと和解してOS/2を共同開発しただろうか。かなり考えにくい。すると、OS/2のカールはIBMが開発し、マイクロソフトは、アプリケーション・プログラムに特化したかもしれない。また、明らかに、MacOSが、いまよりも広かっていただろう。Linuxはどうか。わからないけど、いまほどは商用に食い込んでいなかったのではないだろうか。
 しかし、そもそも、Windows NTがぽしゃる、というストーリーは、とても考えにくい。例えば、どんな資金を積もうと、結局、数学のリーマン予想は証明されないかもしれない。しかし、戦艦大和の建造がそうであるように、オペレーティング・システムは、時間と人とお金を投入すれば、とりあえず動くものはできるのではないだろうか。そうして、一旦最低限動くものが完成すれば、あとは、少しずつバグをfixしていけばいい。私が思うに、オペレーティング・システムには、こういう高度にモジュラーな性質があるので、エリック・レイモンドがいうところのバザール・モデルが、Linuxの開発に有効に働いたのだろう。ここらあたりは、また別稿で取り上げるとする。

好調はなぜ続かないか

 どの世界でも、圧倒的な実力をもつ人がいる。例えば、将棋の羽生など、その例だろう。囲碁では、韓国のイ・チャンホがそうであった。そういう人は圧倒的に強いのだから、コンスタントに8割くらいの成績でぶっちぎってもおかしくないはずである。また、羽生が七冠タイトルを独占したときは、今後、一体誰が羽生からタイトルを奪回できよう、羽生の七冠状態は、今後十年は続くのではないだろうか、と喧伝されたものである。
 ところが、そうは問屋が卸さなかった。羽生が七冠になってわずか数ヶ月後に、三浦が羽生から棋聖位を奪回して、あえなく七冠が終焉した。そして、その後も、七冠復帰は達成されそうにない。
 なぜだろうか。その問いはきっとおかしくて、もし羽生の七冠状態が本当に十年続いていたら、それこそ、羽生は宇宙人に違いない、ということになる。それでもあえて、好調はなぜ続かないか、と問うてみる。
 すると、次のようなことが考えられる。先ず運気のバイオリズム。四柱推命などの中国古来の占いによれば、人間は、誕生から始まる運気のバイオリズムがあり、それは、誕生日によって以降一意的に定まる。中国では、これが強く信じられていて、会社のトップは、ライバル会社に決して、自分の誕生日を明かさないという。教えると、運気を計算されてしまうからである。そうして、運気の移り変わりは、相手にもある訳だから、沢山の人の運気が織り成すと、まるでフーリエ級数のように複雑な様相を呈する。こうして、流石の羽生も、運気のうねりに飲み込まれてしまうことになる。
 別の要因は驕り。羽生といえども、勝ち続けると、こんなもんで勝てるのかも、という驕りが生じる。そして、甘い手を指してしまう。羽生だからまだいい。凡人だと、驕った瞬間、奈落に落ちて這い上がれない。
 あとは疲れ。不調は辛い、苦しい。しかし、実は好調はもっと疲れる。ドーパミンに操られて乗り乗りのようでも、実は、体はどんどん疲れて、あるとき突然、カタストロフがくる。ここでも、凡人は谷底に落ちる。羽生なら、なんとか、崖に生えている木にしがみついて、また上ってくる。
 というヨタ話であった。

2007年12月 6日

両方の名人

 今週号の週刊将棋に、真部の追悼特集があった。それで、真部は将棋界きっての碁打ちであったので、囲碁と将棋の両方の名人になれるか、ということに関して、真部が述べたというコメントが掲載されていた。
 すなわち、真部によると、先ず、将棋のプロになる方が、囲碁のプロになるよりずっと厳しい。これに異論がある人は多くないだろう。すると、囲碁と将棋の両方の名人になるためには、先ず将棋の名人になる必要がある。これも、異論はない。で、真部が言うには、そのためには遅くとも、15歳くらいで将棋のプロになっておく必要がある、という。これに該当するのは、加藤一二三、谷川、羽生、渡辺明くらいである。ここから一直線に将棋の名人を目指すと、二十歳で名人になれる。そこからやおら、囲碁のプロを目指す。
 おいおい待ってくれ、二十歳で囲碁に転向して、才能があれば囲碁のプロにはなれるもしれない。でも、名人はないんじゃないの、と思うが。
 それで真部は、こう言い直す。真部自身よりも、囲碁・将棋両方にはるかに才能がある人であれば、12歳くらいで将棋のプロになれる。将棋のプロということは四段、ということである。それから、まあおそらく順位戦は適当につなぎながら、囲碁のプロを目指し、頑張って20歳くらいで囲碁の名人になる。おいおい、と思うが、真部自身よりも、囲碁・将棋両方にはるかに才能がある人、という仮定なのだから仕方がない。それから、将棋に本腰を入れて、順位戦で勝ちあがり、将棋の名人になる、というストーリーを真部は述べる。
 真部は、江戸時代の本因坊や名人なら、それくらいやってのけるかも、というが、一体誰のことを言っているのだろうか。私が知る限り、囲碁の棋力と将棋の棋力を足して、江戸時代で一番優れていたのは、おそらく算砂である。しかし、知得、道策、秀作などの囲碁の名人のように、算砂があがめられているとは聞かない。一方、将棋で江戸時代強かったと喧伝されているのは、大橋宗英と、天野宗歩である。異論はあるかもしれないが、大山、升田などの現代の棋士を考慮しなければ、この二人が双璧であろう。しかし、この両者が、囲碁が強かったという話は聞かない。まあ、アマ高段者くらいには打てたとは思うが。
 真部は同意しないかもしれないが、私の理解では、才能には排他律がある。すなわち、1つの才能は別の才能を阻害していまうのである。例を挙げよう。私が属している会社の将棋のチームは、職団戦で、Aクラスの下の方で、よっと、ときどきBクラスに降級する。しかし、流石に、Bクラスでは結構勝てて、すぐにAクラスに復帰できる程度の実力である。そのBクラスに以前、日本棋院チームが出場した。みると、高木祥一その他、将棋腕自慢の囲碁棋士が5人そろっていた。私は、そこそこ行くんでは、と見ていたら、無名のチームに全敗して敗退していた。ということは、高い確率で、私が所属する会社のチームより弱い。私が所属する会社のチームは、私がそこそこの地位にあるくらいだから、結構吹けば飛ぶ程度の強さである。よって、日本棋院チームの将棋の実力たるや、推して知るべしである。
 この類推でいくと、将棋の大山や升田は、将棋界では囲碁が強い方だったらしいが、囲碁のアマトップから見ると、おそらく吹けば飛ぶような旦那芸であろう。将棋界では、河口五段は、アマで神奈川県の囲碁の代表になったことがあるくらいで、囲碁のアマトップに対しても、そんなに簡単には負かされないだろう。そして、真部も、河口に伍する力はあったと思う。しかし、河口や真部の将棋の実績を、大山や升田に比べてみるがいい。何をかいわんやである。
 こうして、囲碁と将棋、両方の名人になる、ということは、理論的にのみありえること、と言ってよいのではないだろうか。

サッカーとアメリカ合衆国

 テレビを見ていたら、1970年頃、ニューヨークのある財閥(ロックフェラーか?)が、金にあかせて世界中の一流のサッカー選手を集め、ドリームチームを作ったそうである。その中にはなんと、ペレとベッケンバウアーも含まれていた、という。それで一時的には凄い人気だったが、結局下火になり、チームは解散してしまったそうである。
 すなわち、結局は、サッカーは、アメリカでは人気が得られない、という結論だそうで、理由は、アメリカ国民は、集中力が持続する時間が短い、また、ゲームに対して独特の変更を加えないでは気がすまないが、どうもサッカーだとそういう余地が少ないようなのである。また、確かに、サッカーは、息もつがず見ていなくてはならなくて、下手をするとトイレに行く時間が、なかなかない。
 考えてみると、アメリカで一番人気があるという、アメリカン・フットボールは、私はルールはさっぱり知らないが、何かしら、やたら動きが一旦止まる。野球は、攻撃と守備の切れ目がはっきりしており、その間に結構な休憩もある。ええと、そういう意味では、他の人気スポーツのバスケット・ボールはどうなのか。まあ、これも、細切れの休憩が沢山はいる、ということにしておこう。
 では、日本人はどうなのか。きちんと工場で集中して物を作るのは得意なので、集中力が持続する時間が短いとはいえない。しかし、やはり、野球の方がサッカーより人気があるようだ。アメリカほど極端ではないが。
 また、戻って、アメリカがゲームに対して独特の変更を加えないでは気がすまないというのは、分かる気がして、例えば、今、液晶パネルの製造は、韓国のサムスンとか、日本のシャープが質・量とも世界的なレベルにあるが、こういう製造に憂き身をやつす、ということは、集中力が持続する時間が短くて、何か独自の工夫を加えなくては気かすまないアメリカ人には耐えられないのだろう。
 ところが、航空機産業、軍事産業、CPU(メモリではない)など、世界最高水準の技術で他の国を大きくリードする分野では、工夫の余地かいくらでもあって、いまのところ、アメリカ人は楽しくいそしんでいる。いそしみすぎて、武器や航空機が余るので、戦争をしたくて、また、他の国同士でも戦争をして武器を消費してほしくて、たまらないのではないだろうか。

2007年12月 7日

ヤマダ電機の都内進出

 テレビを見ていたら、ヤマダ電機が、池袋に続き、新橋にも開店した、というニュースがあった。ヤマダ電機は、この業界のシェアは15%で、かなりの大手であるが、都内に関しては6%で、しかも、今日本で、消費が伸びているのは、都内だけなのだという。そこで、ヨドバシカメラ、ビッグカメラという巨魁が根を張っている都内であるが、ヤマダ電機が乾坤一擲の勝負にかけた、と見る。
 消費者にとって、こういう風に競争が激しいのは、いいことなのだろうか。値段が安くなっていい、という人はいるかもしれないが、私は寧ろ、過当競争を恐れる。でも、一体何を私は恐れているのか、ヤマダ電機は馴染みの店ではないし、そこの株を保有している訳でもない。
 私は、修羅みたいな資本主義の構図をおぞましいと思うのである。すなわち、ヤマダ電機は、都内に進出する前の段階で、結構業績がよかったと聞く。だからこそ、都内に進出する体力もあるのだろうが、そうやって郊外型の店舗で住み分けて、そこそこ稼いでいればいい、というようにやっていては没落してしまうのだろうか。いけいけで前に行かないと、駄目なのだろうか。私にはどうしても、いけいけで兵站が延びきり、破産した英会話のNOVAの影がちらつく。
 別の観点からいうと、大型店を新設すると、なにしろ店員が沢山必要なので、他店舗からかき集めたり、新規採用したりして、はっきり言って店員の質が揃わない。○○はないの?と聞いても、製品知識は皆無に近い。すると、私的には、とても満足度が低いのである。あまり安くしなくていいから、ゆったりと商品を見て廻れて、商品知識が豊富な店員が、何でも親切に対応してくれる、というところはないかなあ。少なくとも、自宅の近所にあるコジマ電器も、そうではないなあ。

2007年12月 8日

サブプライムローン損失の波及

 もう1週間も前の新聞に、米国のサブプライムローン関連で、国内金融が関与している額は、1兆4000億円程度で、そのうち、9月までに処理した損失は、1410億円である、と淡々と書かれていた。1410億円というと勿論小さい額ではないが、野村證券、みずほ銀行、東京三菱UFJ銀行など、日本には名立たる金融機関は沢山あるので、その合計の損失が1410億円だと、大したことはない、と思わせるニュアンスだった。
 一方で、米国国内では、大手証券のモルガン・スタンレーで、やり手の女性CEO、ゾーイ・クレーズが退任、事実上の更迭である、という。4000億円を超える損失の責任をとったのだという。このような記事からは、サブプライムローン損失は、米国国内では相当大変であるが、日本や外国では、その影響はかなり限定的で、大したことはない、というニュアンスがみてとれる。
 ところが、友人から紹介された内容なのだが、去る11月30日、米国野村證券が、米国債を円滑に発行、流通させるための米連邦準備制度理事会が指定するプライマリーディーラーから自発的に外れる、という記事が、山陽新聞、東奥日報、など、比較的マイナーなマスコミのWebに掲載された。そういえば、フジサンケイのWebにもあったから、マイナーなマスコミのみ、ということもないが。野村證券が米国債を扱わなくなる、というのは、相当なニュースだと思うのだけれども、なぜか、日経や朝日などのメジャーなマスコミは、この記事をカバーしていない。これは、なにかの作為であるとしか思えない。
 そういえば、同記事によると、野村ホールディングズの2007年1~9月のサブプライムローン損失は1463億円だそうで、これは、上記で、金融機関全体で1410億円の損失である、という内容と矛盾する。そこで、深読みすると、サブプライムローン損失の被害を小さくみせよう、米国債の信頼が低下するのを防ごうとする一連の動きが国内にあって、このような偏向した記事の傾向となった、と考えることもできる。
 それで私としては、サブプライムローン損失は日本でも相当に深刻であって、ドル離れの傾向も強まる、と考えざるを得ない次第である。 

マルクスだったらこう考える

 光文社新書「マルクスだったらこう考える」的場昭弘著、を読んでみた。
 私の偏見かもしれないが、マルクスはもう「終わった」思想家と思われているのではあるまいか。少なくとも、最早意味のある経済学者とは思われておらず、大学の経済学部でも、マルクス経済学を教えていることろはないはずである。
 しかし、著者の的場氏は変わっている。1952年生まれだから、私より少し年上、ところが、山口県に住む中学三年生だったときに、小牧治著の清水書院の人の思想シリーズ(緑の装丁の本で、大抵の古本屋で、人気なさそうに並んでいる)の「マルクス」を読んだのがきっかけで、その後、浮気もせずずっとマルクス研究一筋できた、という。
 そんな的場氏は、マルクス主義失敗の理由を、一国社会主義、すなわち、一国内での資本家による搾取に限定したことにある、という。そして、マルクス主義を再生させるためには、グローバリセーションの動向に応じて読み替えることである、という。すなわち、下記の要因である。
- 安いコストを求めて、資本が国家の枠を飛び越えること
- 資本が移動労働者を必要としている、ということ
- 資本が、地球環境を破壊する、ということ
- 「外部」または「他者」の存在。これの一部に、いわゆる、南北問題がある。
- 労働者が、絶対的貧困者でない、ということ
 これらの要因を考慮に入れて、マルクス主義を再構築したら、私にはそれは最早、マルクス主義ではなく、ある別の現代思想になる、と思われる。そして、それに成功している現代思想はまだない、と思われる。
 しかし、的場氏によれば、マルクス主義には、階級闘争論、弁証法的唯物論、発展段階論の3要素があり、これを備えていれることがマルクス主義なのだという。すると、数学的に言うならば、階級闘争論、弁証法的唯物論、発展段階論という3つの変数をもつ方程式を、上記の境界条件を満たすように解くことにより、装いも新たなマルクス主義が蘇生することになるが、本当にそんな解があるのか、私には甚だ疑問である。
 この疑問には根拠がある。それは、結局、マルクス主義がとても不完全なので、レーニンや、トロツキー、スターリン、毛沢東は、マルクス主義に衣裳を施し、場合によっては似ても似つかないものに仕立て上げ、自己の恣意的とも言える行為を正当化した。結局、どこまで行ってもそれは、フィードバック抑制機構をもたない、甚だ不完全な仕組みなのであって、そこを何とかしないと、マルクス主義を再構築することなど覚束ないのではないだろうか。
 そこで、こう言ってよいと思う。マルクス主義は再構築できない。なぜなら、再構築できるなら、それは最早、マルクス主義ではないからである。

メディカルコミュニケータ

 1年くらい前に、米国人の知り合いが仕事で日本に出張に来た。こちらで、ある研修の講師をするためである。ところが、ある日、午前中の教育が終わったとき、back painだという、ははあ、腰が痛いのだな、と思った。流石に私もそれくらいは、分かる。それで、薬はあるか、と聞くが、幸い、社内であって、健康管理室がそばにあるので、連れていった。そこで、彼は英語でいろいろと症状を訴えるのだが、私は、どこかが痛いくらいしか分からない。彼とは、仕事の話をしたり日常的な話だったら、そんなに苦労しないのに、悲しいほどに彼の言う症状などが理解できないのである。受付にいる看護師も困っている。
 すると、奥から、女医のA先生が出てきた。私も、ときどき健康相談で話している。どうしたの、と事情を聞いてすぐ、知り合いの米国人と英語で話しはじめた。もちろんネイティブのような発音ではないが、何の苦もなく医事英語を操り、わずか3分で話がつき、適宜薬を処方した。
 それで、普段英会話で苦労している私はいたく感心した。そもそも、医者だから医事英語が誰でもしゃべれる、と思ったら大間違いである。その先生は、大学を出て、1年くらいアメリカの大学に留学していたそうで、だからしゃべれるのである。その辺の町医者の所に、日本語が分からない外国人が来たら、きっととても困るだろう(双方ともである)。
 そういえば、私よりもはるかに英語ができる会社の同僚も言っていた。家族で米国に赴任していたとき、まだ小さい子供が突然熱を出した。そこで、急遽、近所の救急病院に車で連れていったはいいが、悲しいほどに英語で状況が説明できないで困った、と。
 このようなことから、医療専門の通訳、という仕事があってもいいと思われるだろう。実際、そういう職業もあって、メディカルコミュニケータという。要するに、医事英語の専門家であるが、内容は、医学書の編集、医学論文の翻訳や校閲、国際学会での通訳、病院での患者との通訳、患者用の教材作成、など多岐に亘る。特に、患者と医者の間の通訳をする場合、通訳ミスが場合によっては命取りになることがあることが理解できるだろう。しかし、生憎、メディカルコミュニケータの専門機関は日本にはない。よって、比較的英語の得意な医師が独学で修める場合がほとんであるようだ。というのは、英語が得意な逆に医学を学ぶ方が大変だからである。
 そういえば、ちょっと脇道にそれるが、近松門左衛門の伝記を読んでいたら、こんな記述があった。近松門左衛門には優秀な弟がいて、沢山の医学書を書き、巷間で評判だったという。その弟は、兄がなにやら、あまり上品ではないストーリーの世話話を書くのをこころよく思わず、兄を馬鹿にする発言をした、という。すると、兄は、「わしの書く話が少々嘘八百でも、誰も 困りゃあせんが、お前の本に嘘があったら、命に関わろう。」と応じた。それを聞いて、弟は、医学書を書かなくなったという。それはともかく、その弟は、江戸時代のメディカルコミュニケータであった、という次第であろう。

2007年12月 9日

鏡像左右反転

 鏡を見たとき、なぜ左右反転であって、上下反転でないか、というのは意外に難問で、古くはプラトンの時代から議論になっている、という。すなわち、任意の座標系で、左右も上下も特別でないのに、なぜ、左右だけが反転になるのか、という物理座標系の特殊性の問題に帰着される。
 ところが、先月、東大の心理学の教授、高野陽太郎氏が、英国の心理学雑誌に、実証実験に基づく論文を提出した。物理ではなく心理的アプローチである。それによると、111人の学生に、鏡を見て自分の姿が逆転しているかどうかを問い、その結果、逆転している、と答えた学生が65.7%、逆転していないと答えた学生が34.7%であった、という。
 これで分かったことは、人間は場合により、鏡の中の像を頭の中で変換して認知している、ということである。すなわち、多くの人は認知しないで認知し、ある人は変換してから認知する。これを裏付ける別の実験もあって、ロシア語のアルファベットには、ローマ字を左右反転したようなものがある。例えば、иは、ロシア語では、イーであるが、英語しか知らない人だと、なんだNがひっくり返っていると思うだろう。こういうことから、ロシア語を勉強した人は、一旦鏡の中の像を頭の中で変換して認知する傾向が高まる、という。
 従来、鏡像左右反転の問題に関しては、ファインマンや朝永振一郎などの物理学者のエッセーで触れられている。それは、特に今世紀に入って、自発的対称性の破れとか、重力理論の超対称性とか、要するに、対称性が、物理学でとても重要な要因であることによる、と思われる。では、彼らのエッセーに明確な答えがあるのか、というと、実は、彼らもはぐらかしている、というのが実際である。それは、私が思うに、この問題が、優れて物理学と心理学の混合した難問であって、物理的アプローチだけからは解けない、ということにあると思う。
 で、解ではないけれども、私の考えはこうである。先ず、顔に平行に並んで2つの目がついているのではなく、1つの目が額にあり、もう1つの目がお腹にある生き物を考える。すると、この生き物にとって、額の目の上の部分は、鏡の中でもやはり上であり、お腹付近の部分は、鏡の中でも、上の方の目から見て、下である。すると、上下は入れ替わらない。しかし、普通の人間にとって左右は入れ替わる。すると、やはり、われわれが水平方向に移動して暮らす生き物である、という生物学的な視点が大きいのではないだろうか。
 さらに面白いと思うのは、上記の高野陽太郎氏の論文に対して、物理学者から批判があることである。すなわち、大阪府立大学の多幡名誉教授は、「鏡像の左右反転、非逆転の根本的な理由に、心理は本質的なかかわりをもたない。」という。私は物理学のシンパであることで人後に落ちないが、これには笑ってしまう。すなわち、どうして、物理学の観点からそんなことが言えるのか、と。物理学でいえることは、上下を主とする座標系も、左右を主とする座標系も、等価である、ということであって、そこに暮らす人間がどう感じるか、ということは、どうしても心理学に委ねるしかないのではあるまいか。これはまた、マッハの感覚の分析から源を発する、科学哲学の根本問題の1つでもあろう。

反転 - 田中 森一

 ベストセラーになっている、元特捜検事の田中森一の「反転 - 闇社会の守護神と呼ばれて」幻冬舎を読んでみた。
 一読、特捜検事としての熾烈な取締りの世界と、辞めて弁護士になってからの、ヤクザや闇社会の企業家の弁護活動に、瞠目し驚嘆した。しかし、検事時代の事件も、弁護士としての弁護活動も、ほとんど実名で内容が詳細に書かれている。検事としても弁護士としても、守秘義務があるのではないだろうか。それとも、石橋産業事件を巡る詐欺容疑で逮捕、起訴され、もうどうでもよくなってしまつたのだろうか。
 田中森一氏は、長崎県平戸に1943年に生まれた。父親は漁師で、兄弟が沢山いて貧乏だったので、義務教育を終えると、父の後を継いで漁師になることが期待されていた。それで、家で勉強でもしようものなら、参考書を捨てられた。
 ところが、政治家になりたくて、なんとか高校を出してもらうと、和歌山にある予備校に通い、懸命の思いで勉強、なんとか一浪で、岡山大学法文学部に合格できた。
 折角大学に入ったものの、空手部に入部し、ほとんど勉強もせず、武勇伝を重ねた。ところが、大学三年あたりから、何を思ったか急に司法試験をめざし始める。貧乏で鍛えた根性で、一日14時間勉強、奇跡的に、大学在学中に司法試験に合格、結局、検事に任官することになった。
 検事になると、貧乏な暮らしと、空手部で鍛えた貫禄により、とても厳しく実績をあげる検事になった。しかし、犯罪者には、貧しい生い立ちの者が多く、つい自分の生い立ちと重ね合わせて、取調べは峻烈を極めても、求刑を軽くするのであった。
 そうやって、生き甲斐をもって検事の仕事をやっていたのだが、検事という仕事の性質上、政界やその他の高度な政治的判断により、しばしば、取調べの中止を命じられ、度重なって、不満が爆発し、ついに検事を辞める決意をした。それをきっかけに、冷え切っていた夫婦の関係が終わってしまった。
 弁護士になると、ヤクザや闇社会の企業からの顧問依頼が殺到し、その顧問料は、月1000万円にもなった。山口組No.2宅見組長とも懇意になった。そうして信じられないような収入を手にして、弁護活動をしていたのだが、ある検事から目をつけられ、ついに、言いがかりのような案件で起訴されてしまう、というストーリーである。
 これを読んで思ったのは、田中森一氏は基本的にはとても頭のよい人である、ということである。それに生い立ちから来る強烈なハングリー精神が相俟って、短期間での司法試験合格となった。しかし、ある意味、人生の中盤以降が順調すぎて、立ちどまってしばし考える余裕がなかった。広い意味での哲学的思索を育てることができなかった。そのように深く哲学的に考えない、ということは、検事として一直線に前に進む上で有利である。また、弁護士として、金に目がくらんで舞い上がる上でも、下手に考えない方がよいのだろう。
 しかし、石橋産業事件での逮捕で、田中森一氏は、流石に、検事とは、弁護士とは、国家とは、と思索を深めざるを得なかった。書くことだけが、そこでは彼の救いだったのだろう。いろいろと物議をかもそうと、実名で書かないと、彼の気持ちは晴れないのだろう。このように、ヤクザや代議士も含めて、実名で事件内容を書く、ということは、読者には、事件の背景がよく分かってありがたいが、中には、逆恨みして、田中森一氏に仇をなそうとする者もでてこよう。しかし、田中氏はもう開き直ったのではなないだろうか、刺客がくるなら、それでも構わないと。
 今日の新聞でも、大分のコンサル会社を巡って脱税容疑があった。この本にあまた出てくる事件のワンノブゼムである。ここでも、田中森一氏のような弁護士が活躍するだろう。そもそも、ヤメ検を、中心にそういう弁護の人材には事欠かない。しかし、その弁護士は、田中森一氏のように吐露することはありえず、よつて、この本は貴重である。
 また、思ったのは、この本には、安倍晋太郎、安倍晋三など、政界の要人とヤクザのつながりも明確に書かれている。すると、どうも政治には、ヤクザがどうしても必要であり、丁度、からだにおけるコレステロールのようなものである。しかし、コレステロールが多すぎると、健康に害がある、とのことで、警察、検察が、それを妥当なレベルに維持しようとする。そこで、政治につながる闇社会の人達を弁護する弁護士も、世の中のコレステロール制御にとても重要にな役割を果たしている、ということである。そこで政治とは一体なんなのか、という疑問が湧く。うまく思考が纏まらないので、一旦擱く。

2007年12月10日

人間は、大豆だけで生きていけるか?

 もう25年以上も前だろうか、食生態学者、西丸震哉さんの著書でとても記憶に残っている一節があって、それは、西丸氏がインドに行った時、本当にいろいろな行者に出会い、その中に、引き割り大豆と水だけを食べて生きている人がいる、という記述であった。
 その当時私は独身で、且つ、ここに恥ずかしくて書けないくらいの薄給で、それでいて、飲み代と本代に給料のほとんどを費やしていたので、給料前になると、ほとんど一文無しであった。また、今と違って、土日は、銀行のATMが動いていないので、お金を下ろすこともできない。それで、土曜の朝、財布に500円しかなく、おっと、この土日をどうやって過ごすべぇ、と焦ったことがあった。
 それでとった方法は、インスタントラーメンを買ってくることであった。それが6個あると、とりあえず、土日の三食が埋まる。あと、卵も買ってきて、毎回いれる。それだといかにも栄養のバランスが悪そうで、栄養補充として、当時飲んでいたエビオス錠を多めに摂ることにした。ビール酵母ベースで、ビタミンなど、いろいろな栄養が含まれていそうだからである。
 ところが、日曜日の午後あたりに、どうも気分が異常に悪くなってきた。頭がぼうっ、として、少し吐き気もする。栄養の偏りによる一種の栄養失調なのかもしれない。
 そのような経験をした後で読んだのが、上記西丸震哉さんの著書であって、ハタと手を打った、もしかして、大豆ならよかったのかも、と。ただ、流石に、引き割り大豆というのは、調合が難しい。よって、納豆でどうか、と思い、今に至るまで実験する勇気をもてないでいる。
 私が運良く70歳くらいまで生きれたらやってみたいことは、週末を、納豆6パックだけで暮らしてみることである。まあ、お茶くらいは飲む。それで体は弱るだろうか。案外そうでもないのでは、と思っている。寧ろ、インドの行者のように、霊感や潜在能力が高まる可能性がある。
 じゃあ、70歳と言わず、今度の週末にやってみたら、という声が聞こえそうである。メタボが少し解消されるかも。ただ、なんとなく、まだ勇気が湧かないのである、ほんの微かな勇気なのだが。

2007年12月11日

演出された凋落?

 TIMEの12月17日号には、いたく肩を落としたブッシュ大統領の姿が写っている。理由は、National Intelligence Estimate (NIE)が、イランは、2003年に、核兵器の計画を中止した、という明確な証拠を掴んだ、というレポートを発表したからである。10月17日に、イランの核兵器製造計画は、第3次世界大戦につながるものだ、と高らかに宣言したブッシュには、これは明らかな痛撃で、ブッシュが肩を落とすのも分かる。これは見方によっては、ブッシュ大統領が最早、政府機関をコントロールする能力を失ったことを意味する。すなわち、大統領というものは、朝、ホワイトハウスで目を覚ますと、諜報機関の担当者の来訪があるものである。それを、密室で、大統領は、コーヒーを飲みながら、聴く。その秘密は、何十年もたった後で、情報公開法の下で、白日に晒されるが、その時点では、利害関係者のほとんどは、この世にいない、という次第である。
 だから、形式的にであれ、大統領の旗下にあるNIEが、あのようなdamaging statementを絶妙のタイミングですること自体、ありえない、ということになる。
 しかし、私は、TIMEに写っているブッシュ大統領の姿に芝居をみる。彼は、懸命に、凋落した落ち目の大統領を演じているのである。しかし、何のために? それは、次期大統領が約束されたヒラリー(言い切っていいのか、オバマが猛追している)に、スムーズに委譲するためである。そういう形で大統領を委譲されると、次の大統領の立ち上がりがとても楽になる。こうして道化を演じると、きっと、辞任後、ブッシュには、見返りになにかよい地位が、約束されるのだろう。それが証拠に、民主党から、このことでブッシュをあからさまに非難する声はない。冷静に見守っている。おお、いい芝居だ、次期グラミー賞にノミネートするか、くらいの冗談を言っているかもしれない。
 では、イランの危機は去ったか。それが直ちにYESとならないところが厄介である。確かに、NIEは、当面、外交的手腕でイランに対することを推奨した。しかし、NIEも2003年の段階でイランが核計画を中止したことは認めたけれども、今後もウラン濃縮計画を放棄した、とは認識していない。よって、将来的には、核兵器の計画がありえる、とは認めている。
 このようなポテンシャルなイランの危険性は、次期大統領への置き土産である。その危機をどう煽るか、政策による匙加減である。諜報機関は、また、大統領寄りの情報を流し、情報操作するであろう。そもそも、今回のみかけ上のブッシュへの追撃も、情報操作に過ぎないのかもしれない。

2007年12月12日

数学の序列

 数学という学問を大きく分けると、代数学、幾何学、解析学の3部門がある。このとき、序列として、代数学>幾何学>解析学である、というのが、この世界の常識である。
 では、その序列があるとして、それはどう効いてくるかというと、例えば、理学部数学科の主任に誰がなるかとか、理学部長にだれがなるか、とか、なんとなくひけ目に感じる、などの面でその序列が効いてくる。
 では、なぜこのような序列があるかというと、それは、実用に供さない分野ほど、高貴である、みたいな偏見によるのだと思う。例えば、イギリスのケンブリッジ大学で、かのラマヌジャンと共同研究したハーディーの、数学の本質はその美にあって、何の役にも立たないところに価値がある、という趣旨の発言に、数学者の精神の真骨頂をみるであろう。だから、代数学>幾何学>解析学という序列自体に意味があるのではなく、いかに応用とはかけはなれているか、というところに真の意味がある、ということになる。例をいくつか挙げる。
 まず、整数論という分野がある。これは、かのガウスが、数学の女王と呼んだものだが、多くの場合、ほとんど応用がない。それ自身閉じている、といってよい。例えば、フェルマーの定理に、なにほどの応用があろう。こういうものこそ、数学の世界では高く評価され、位階が高いということになる。整数論は、代数学の一部で、且つ他の代数学(群論など)よりも高いと看做される。ところが、整数論であっても、RSA暗号への応用となると、途端に地位は下がる。一気に解析学の下までぶっとんでしまう。
 整数論とは少しニュアンスが違うが、代数幾何は、もしかして、数学中の数学と看做されているかもしれない。代数幾何は、なかなか現実の応用がないこと、数学の中にあっても、とても難解なものと思われていることで、最高位を誇る。
 では、幾何学はどうであろうか。幾何学が代数学より下に位置するのは、それが物理学に応用を見出すからである。例えば、一般相対性理論などは、まさに、リーマン幾何という、幾何学の一部門の応用である。先ごろ話題になった、ポアンカレ予想も、トポロジーという幾何学の問題であった。また、天才物理学者ウィッテンがその才能を発揮したのは、まさに幾何学であって、その土台の上に、スーパーストリング理論も展開された。
 解析学は、物理学は勿論のこと、工学にも応用を見出す。この応用の広さが解析学を貶めている。ただ、解析がついても、解析的数論は、実は数論であって、一気に位階を駆け上がる。偏微分方程式論も解析学の一種であろう。これもどうしてもあまり地位は高くならない。ただ、作用素環などは、抽象度が高まって、急に位階が上がる。
 解析学の下位に位置づけられるのは、数学基礎論である。基礎論というと、数学全体の中心のようであるが、実は、多くの数学者は、基礎論なんて気にしていない。よって、とても特殊な分野なのである。
 数学基礎論の下にくるのは、離散数学である。これは、コンピュータに応用される、あるいは、コンピュータの基礎となる数学である。チューリング・マシン、計算量の理論、P≠NP問題は、数学基礎論とも深い関連をもつ。
 離散数学と同等なのは、統計数学である。統計数学も、階層的ベイズモデル、コンテカルロ近似、多次元尺度構成法など、面白いテーマが豊富であるが、それでも純粋数学よりも低い位階とみられてしまう。その応用性が仇である。
 統計数学の下にくるのは、数値計算法である。例えば、有限要素法のような、偏微分方程式の解法などである。しかし、実は、偏微分方程式の数値解法などは、それなしでは、車や飛行機などが設計できないほどの重要な手法である。数値計算法と同等なのは、金融工学である。これはある意味、世界を支配する数学である。しかし、それゆえにこそ数学者の尊敬を集めることはあるまい。
 こうして書きながら思ったのであるが、代数学>幾何学>解析学という順序は、歴史の古さによる。すなわち、一番古いのが代数学で、以下、幾何学、解析学という順序による。コンピュータ関連の数学の地位が低いのは、それが20世紀になってあらわれた数学であるからである。
 こうして命題:数学の分野は、それが歴史的に古いほど、また、実際への応用がないほど、位階が高い。
 この命題を、今度は法律学に当てはめてみたいが、長くなってきたので、後日の議論とする。
 

即席麺毒死事件

 12月5日の中国の新聞、新京報によると、中国雲南省昭通市の小学生4人が、12月3日、通学途中で即席麺を食べたところ、突然、腹痛などの症状に見舞われ、近くの病院に運ばれたが、間もなく死亡した、という。砒素系の中毒症状は、「消化管の刺激によって、吐き気、嘔吐、下痢、激しい腹痛などがみられ、場合によってショック状態から死に至る。」だというから、砒素混入の可能性が高い。
 死亡した四人は、9~13歳の女子三人と、11歳の男の子。地元の店で買った即席麺を、四人で分けて食べたが、30分後に口から泡を出して苦しみだし、相次いでなくなったそうである。
 経緯からみて、即席麺は、カップラーメン・タイプのものなのでは、と思われる。鍋に入れて調理する方式だと、通学途中だと、扱いが難しいと思われるからである。
 さて、常識で考えて、即席麺の製造工程で砒素が混入することは考えにくい。もしそうなら、ロットに他の問題のある即席麺も生じえるので、他でもこういう事件がおきるはずである。
 すると可能性があるのは、誰かが、意図的に行った、すなわち、カップラーメンを1つ購入して、持ち帰り、砒素をふりかけて、わからないように封をし、店に戻ってさりげなく陳列する。すると、誰かがこれを買って食べるという状況が想定される。こういうのって、刑法では、「未必の故意」というのではなかったか。自信がないが。
 では何のために、ということになる。最初に考えられる理由は、その店に恨みがある、というものである。例えば、その店をクビになった元店員など。あるいは、単なる愉快犯。森永チョコの事件を思い出す。
 もっと突っ込むと、中国製食品の信頼性を毀損しようとする意図をもつ一団がいる、と考えることもできる。例えば、数ヶ月前、中国製肉まんに、段ボールが入っているというニュースが流されたことがある。しかし、後であれはデマだったことが分かった。でも中国製食品の不買を煽るのに絶大の効果があり、デマだったことが分かった後も、その信頼は回復されることがない。これは痴漢の論理と同じである。例えば、私が電車の中で、ある女性から痴漢の無実の罪を着せられたとしよう。すると、私は最悪、会社を懲戒免職になるかもしれない。それで裁判で闘って懸命に無実を勝ち取ったとしても、失ったものを復帰させることは著しく難しい。
 で、結局、中国製肉まん段ボール事件は、中国の輸出額を減らすことに多大の効果があった。この即席麺毒死事件は、本当に人が死んでいるので、さらに大きな効果がある。それで、中国の輸出額が減って喜ぶのは誰か、という問いに答えは返ってないが、とりあえず問いだけは出しておく。
 あと、中国製肉まん段ボール事件と同様に、即席麺毒死事件がデマだ、という可能性も考えた。それで中国人の知り合いに確認してみようとも思ったが、これは下手をすると、数年来の友情を終わらせるかもしれない、と止めにした。それで、新京報という、まともっぽい新聞社の報道ということで、とりあえず事実である、と推定しておく。
 ともかく中国は今、大変な好景気で、世界を席巻しているサブプライムローン問題も、中国の金融機関には、何の影響もないのだという。こうして一人勝ちのように好調だと、どうしても他国から、あらぬ嫉妬を買ってしまう。それでつい、毒殺事件謀略説に与したくなるのだが、ロックフェラー本やロイチャイルド本、ユダヤ本などの読みすぎだろうか。

SaaS

 コンピュータ雑誌を見ていたら、SaaSという語句が頻出していたが、なんだこれは、と理解できなかった。ただ、英語で、Software as a serviceの略なのだという。それで、自分用のメモとして、調べて書いてみる。
 SaaSとは要するに、ソフトウェアの機能を部分的にネットワークなどでベンダか提供してもらう仕組みのようである。一頃、Googleが、Web上で、Ajaxなどの仕組みを用いて、WORDやExcelと互換の機能のスイーツを無料で提供するサービスを行ったことがあった(今もあるかどうか知らない)。どうも、あの機能を、他の業務アプリケーションに展開したもののようだ。そういう意味で、Software as a serviceにおけるserviceというのは、日本語でいうところのサービスと理解すべきではなく、ソフトウェアの一部品または機能と理解すべきであるようだ。
 もちろん、Web 2.0的な文脈では、複数のベンダのSaaSを組み合わせて、すなわち、マッシュアップして使うこともできる。このための連携アプリ自身が、SaaSであってもよい訳である。これがSaaSの1つのメリット。
 SaaSのほかのメリットは、俊敏性にある。すなわち、申し込んだその日から使える。社員が何千人いても、いちいち各々の社員のクライアントPCにプログラムを導入する必要はない。また、基本的に従量制なので、パッケージ・ソフトを購入するより、一般的に安くつく。例えば、Zoho Businessという会社のワープロ、表計算、プレゼンテーション、CRM、プロジェクト管理、スケジュール管理、ブログ作成などの統合ソフトがなんと、年間7500円程度で使える。
 ただ、当然欠点はあって、そもそも、カスタマイズが困難である。ほとんどの機能がベンダのサーバから来るので、これは仕方ないだろう。
 ということで、今後、適用技術に応じて、次第に普及していくものと思われる。

またしても、発明報償の提訴

 しばらく、なりを潜めていたと思ったら、日本語ワープロの根幹技術となる漢字仮名交じり変換装置や同音異義語選択装置を発明した元東芝社員の天野真家・湘南工科大教授が12月7日、東芝に特許の対価として約2億6136万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した、という。
 中村修二 カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の青色発光ダイオード特許訴訟以来、何件の訴訟が提訴されたことだろう。
 調べてみると、天野真家氏は、1978年から約26年に亙って、143件の特許出願に発明者として関与している。そのうち、58件が権利として成立している。これは、かなり多産と言ってよい。技術分野は、最初はワープロ、仮名漢字変換であったが、次第に自然言語処理、翻訳システムへと移っている。
 確かに、東芝のワープロが、時代の先端を走っていた時期が、パソコンが主流になる、昭和60年代前半にあった。しかし、約2億6136万円の対価というのは、直感的に高すぎないか。というのは、これは、普通のサラリーマンの生涯賃金を上回る額である。きちんと給料を貰い、湘南工科大の教授になれて、尚且つ、更に2億円をせしめようとは、ちょっと、おじさん、貪欲なのではないかい。
 2億6136万円の支払いの根拠は、96、97年度の2年間について、東芝が発明に基づく自社製品やライセンス料で26億円の収入を得たと試算し、10%を発明対価として支払うよう求めたのだという。
 大体において、企業で、ある特許がいくらライセンス料を稼いだかなんて、決して開示しないので(また、クロスライセンスなどの場合、そもそも計算不可能だったりする)、これは、かなり勝手な本人の皮算用だと思われる。例えば、ライセンス料を3%だとしよう。すると、ライセンス料で26億円の収入を得た、というためには、ワープロの売り上げ利益は、1000億円くらいなくてはならないが、到底、そんなに台数でていないはずである。また、もし仮にライセンス料で26億円だったとしても、そのうちの発明の寄与率が10%というのは、高すぎ。多くても、数%であろう。
 提訴後に会見した天野教授は「日本は技術立国なのに技術者が軽んじられている。名誉のために提訴した」と話したのだという。でも、これは嘘。要するに、お金がほしいのであろう。また、アメリカン・ドリームなどというが、米国では、そもそも、特許法自体に、発明報償の規定はない。よって、こういう訴訟はあり得ない。発明者関係ではせいぜい、発明の帰属を確認する訴訟程度であろう。
 ただ、今までの判例によれば、日本の裁判所は、結構発明者保護に手厚いので、天野真家が一円ももらえない、ということはないかもしれない。しかし、せいぜい数百万円が相場だと思うが、いかがなものか。
 また、「名誉のために」というなら、提訴しないで、東芝のワープロの一時代を築いたのは私の貢献だ、と東芝に恩を売った気持ちでいる方が、何かと精神衛生にいいのではないだろうか。知足の境地で。

2007年12月13日

プロ棋士の弁護士

 囲碁と将棋を通じて、プロ棋士であって弁護士である、という人が一人いる。囲碁の笠井浩二七段である。彼は、1978年、30歳で三段のとき、司法試験に合格し、とても珍しいことなので、新聞でも報道された。
 しかし、今日の新聞によると、とても不名誉なことに、2年間の弁護士業務停止処分を受けた。
 理由は、預かったお金の使い込みである。すなわち、2003年に、特別擁護老人ホームに入っている80歳の老人から、通帳とキャッシュカードを預かった。妻に送金してほしい、という趣旨である。ところが、老人は亡くなってしまった。それで、笠井七段は、通帳とキャッシュカードの行方を知る人が最早いないと思ったのか、キャッシュカードを使ってお金をおろし、私的に流用した。その額は、1370万円にもなる、という。立派な刑事犯罪である。笠井七段は、日本棋院の監事でもあるが、これを機に、監事を辞職した。当然であろう。
 世間では弁護士に任せる、という言い方をして、弁護士がとても高い倫理の持ち主であるように言うが、これは間違いである。司法試験に倫理性を問う内容はない。もし、弁護士が法に触れることをしでかす可能性が、一般の人よりも少ないとしたら、それは、そういうことをしてばれると、弁護士会の懲罰委員会にかけられて、弁護士会から除名されるからである。弁護士は、特定の弁護士会に属さないと、弁護士としての活動ができない。
 すると、もしばれない、となると、法に触れることをしでかす誘惑に駆られる。その点、弁護士も、普通の人と何ら変わるところがない。笠井七段のケースは、全く安全ということはない。というのは、老人の妻は、当然にある程度の財産があることを知っている、と考えるのが相当であり、もらえるはずの財産がこないと不審に思うに違いないからである。
 冷静に考えると、そのようなことは、笠井七段にも分かりそうなもので、そこで私は、笠井七段は、経済的に困窮していた、と推察する。そんな馬鹿な、弁護士なのに、と言われるかもしれない。しかし、弁護士という資格があれば、自動的にお金が振り込まれるということはないのであって、自分で顧客をみつけなくてはならない。しかし、囲碁のプロという性格上、そういう営業活動が得意ではないのかもしれず、また、囲碁の手合いが入ると、顧客中心にも活動しにくい。一方、囲碁の方も、弁護士活動の合間にしか研究できないので、泣かず飛ばすになったのであろう。すると、まさに二兎を追う者は一兎も得ず、ということになる。
 将棋界では、片上四段が、東大法学部卒業であり、将棋界で一番司法試験に近い、と言えよう。しかし、片上は、司法試験など見向きもせず、自分の学歴を見せびらかすこともない(井出とかいう雀師は、東大文学部卒らしいが、一々、東大流麻雀とか喧伝して、見苦しい)。こうして、片上四段は竜王戦トーナメントに入るくらいの結構好成績で、若手でも有望である。
 このように世間では何がよいか、なかなか分かりにくい。すなわち、囲碁のプロ棋士で司法試験に受かると、ああいいわね、普通に努力してもなかなか受からない難しい国家試験なのに、囲碁のプロで片手間に受かるなんて、やっぱり頭の中が違うんだわ、とか言われて、いい気にならないことの方が難しい。しかし、それが却って仇になったのではないだろうか。

2007年12月14日

竜王位、防衛

 渡辺が、4勝2敗で、竜王位を防衛した。7番勝負が始まる前に、渡辺は絶不調であった。B級1組の順位戦で、5連敗していたからである。しかし、7番勝負でそんなに大負けする予想もなかった。なぜなら、挑戦者の佐藤棋聖も、調子は下降気味であったからである。竜王戦といえば、そのとき一番好調の人が挑戦するようになっていて、それが故に、竜王戦を4連覇した人はいない。だから、佐藤が下降気味の調子で挑戦できた理由は、不明なのであって、強いて理由をつけるなら、渡辺に防衛させる、という天の指示であった、としかいえない。
 果たして、渡辺は、7番勝負を戦いながら調子を次第に上げていき、佐藤は、7番勝負を戦いながら調子を下げていった。佐藤は、得意の変態振飛車が、完全に疲弊しまっていた。戦法の制度疲労といってよい。そこで、変態振飛車を捨てて、矢倉、ひねり尾車、とまるで先祖返りして、懸命に戦った。しかし、勝った2局も完全な渡辺のポカによるものであり、4タテであってもおかしくなかったであろう。
 特に、渡辺が防衛を決めた第6局。佐藤は、後手で2手目、32金。これに対して、あえて誘いにのって中飛車にした渡辺は、その時点で既に気合勝ちだった。佐藤は、負けても、ここでは変態振飛車を選ぶべきだった。変態振飛車の墓標をここに建て、次なるステップとするべきだった。後手で2手目、32金では、まるで、高校野球で、星陵の松井をことごとく敬遠した、明徳義塾である。
 このようにして負けた佐藤は、どう体制を立て直すのか。
 一方の渡辺。史上初の竜王、4連覇。まだ本調子とはいえないが、やっと立ち直りのきっかけを掴んだ、と言える。挑戦が佐藤でなく羽生なら、あるいは森内なら、確実に、竜王位は奪取されていた。まさに幸運であるが、これは、運も実力のうち、という言い方が的外れでない、数少ない場合であろう。次の課題は、B級1組の順位戦でとりあえず残留する、というとても地味な、しかし、そんなに簡単でもない、テーマなのであった。

不幸になる特権

 とても妙なタイトルであるが、下記の2つの事案が、このようなタイトルを思いつかせた。
 1つは、数ヶ月前に起こった名古屋のOL強盗殺人・遺棄事件である。犯人一味は、互い面識がないが、いずれもお金がなくて困っている男たち。携帯の犯罪サイトで知り合い、道を歩く人からお金を奪うことを計画した。車で、人通りの少ない道を走っていると、OLらしき女性が一人で道を歩いている。車の中に連れ込んで、お金を奪った。騒ぐので、ハンマーで頭を殴って殺し、山中に死体を埋めた。ところが、犯人の一人が怖くなって警察に自首し、事件が発覚した、というものである。殺害された女性は、おとなしくて、みんなから好かれるような女性だった。母一人、娘一人の二人暮しで、母親は、娘が幸福な結婚をすることが望みで、娘の容姿や人格に鑑み、それに何の障害もない、と思われた。
 もう1つは、神奈川県座間市に住む女性。夫との間には一人息子がいる。よくできた自慢の息子ですくすくと成長する。家庭は平和で、なんの不満もないと思われた。しかし、夫が急に病気で亡くなってしまう。女性は、呆然自失する。でも、そこでも息子は、懸命に母親を支えた。パートに働きに出る母親のために、食事の用意もした。それでも勉強に手を抜かず、早稲田大学に現役合格する。夫の亡き後、この息子の成長だけが頼りだった。しかし、早稲田大学の入学時があと数日、というある日、息子は、車にはねられて、死亡してしまう。車を運転していた男性は、飲酒運転だった。
 こうしてどちらもケースも、女性が一人で残されてしまった。その悲嘆や、いかばかりである。
 こういう事案を知って、運命とは一体なにか、と思案に暮れていると、どこからともなく、不幸になる特権、という言葉が響いてきた。運命は、真面目に淡々と努力して生きている人が好きで、特権階級のように扱い、特別な不幸を賜るのだ、という。
 で、私は当然のように抗議する。おいおい、運命、一体何を考えているのだ、と。すると運命は何も釈明しないが、どうも次のようなことらしい。すなわち、運命には運命の文法があり、決して、無軌道にランダムに振舞っているのではない。しかし、その文法は、人間に分かる構文で書かれていない。マヤ文字だろうと、楔形文字だろうと、それが人間によって書かれている以上、解読は可能である。しかし、運命の文法は、理性的手段では理解し得ないだろう。不幸をそのまま、悲嘆に暮れた気持ちで不幸と言ってはいけない、という。
 こういう「教え」は、不定期的に私を襲い、その都度、私は途方にくれる。なんと非自明なのだろう、と。

2007年12月15日

松茸のお吸いもの

 永谷園の製品に、「松茸のお吸いもの」がある。主要な成分は、食塩、砂糖、鰹節粉、鰹エキス、醤油、ふ、海苔、しいたけ、ねぎ、アミノ酸等調味料、カラメル色素、香料、酸化防止剤、クエン酸であって、よく知られているように、松茸は全く入っていない。それは、景品表示法などの法律に触れないのだろうか。
 調べてみると、松茸の香りの香料は、マツタケオールと桂皮酸メチルらしいが、ここで、香料が化学合成によるものか、ある種の松茸より安価な菌類由来のものかは、表示されていない。
 下記に景品表示法の関連条文を引用した。果たして、「松茸のお吸いもの」が、下記の「一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し」あるいは、「一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し」に該当するだろうか。この点、「松茸のお吸いもの」が実は、松茸成分を使っていない、ということは世間によく知られており、公正取引委員会も、その点を以って、大目にみている、と思われる。
 それと、よく見たら、「松茸のお吸いもの」ではくて、「松茸の味 お吸いもの」になっていた。昔は確かに、「松茸のお吸いもの」という名前であったはずで、知らないうちにやはり、公正取引委員会の指導があったのだろうか。
 しかし、さらに突っ込みを入れるなら、「松茸の味 お吸いもの」は正しくなくて、「松茸の風味 お吸いもの」とすべきである。そんなことをいちいち追求するほど、公正取引委員会も暇ではない、ということだろう。

不当景品類及び不当表示防止法
第4条 事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号に掲げる表示をしてはならない。

一 商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示すことにより、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示

二 商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるため、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示

三 前2号に掲げるもののほか、商品又は役務の取引に関する事項について一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認めて公正取引委員会が指定するもの

佐世保銃乱射事件

 12月14日午後7時すぎ、佐世保市名切町の会員制スポーツクラブ「ルネサンス佐世保」に、散弾銃をもった男が押し入り、銃を乱射して、2人が死亡、5人が負傷という、驚くべき事件があった。目撃者によると、男は迷彩服を着ており、頭に黒いバンドをつけ、ガスマスクのようなものを被っていた、という。男は現場から、徒歩で逃走した、という。そのような目立つ恰好で逃げると直ぐに見つかりそうなものだが、まだ、見つかっていないようである。
 犯人像は分からないが、私の推察によると、今年にアメリカ合衆国のバージニア工科大学で起きた事件のような、妄想男による銃乱射と思われる。また、迷彩服と銃という組み合わせは、米軍関係から入手したものがあることを示唆する。というのは、佐世保は、相模原、座間、横須賀、横田などと並んで、有名な米軍基地のある場所だからである。よって、なんらかの軍需品が流れるという可能性はある。
 またさらに、私の勝手な推察であるが、犯人はワーキング・プアと呼ばれる人なのではあるまいか。というのは、最近、「丸山真男をひっぱたきたい。」という題名の本があるのを知ったからである。その中で、フリーターの著者は、就職氷河期のあおりで、まともに就職する機会を奪われ、いっそ戦争になって、苦難が均等に国民に降りかかることの方が却って救いである、みたいなパラドキシカルな論理を展開する。それに対して、なんたる不謹慎なことを言うか、常識をわきまえろ、ということは簡単であるが、実際、未来の見えない暮らしは、とても憤懣やるかたない気持ちになるであろう。
 だからといって、銃を入手して無差別乱射する、ということは、普通まずしない。なのだが、バージニア工科大学の犯人の学生のように劣等感で世間に対する恨みが増大し、たまたま銃が手に入る、ということになると、あるきっかけから突発的な犯行に及ぶ、ということになる。
 しかしである。日本で、無差別の銃の乱射事件が起きた、ということを今まで聞いたことがない。今年の長崎市長の狙撃も、町田でのたてこもりも、警官の女性に対する無理心中狙撃事件も、佐賀県の病院誤認狙撃事件も、全て特定の相手を目当てにしたもので、無差別ではない。よって、この事件が、無差別銃乱射事件の嚆矢にならないことを願うのみである。
 また、無差別というときに、普通は、駅、講演、遊園地、劇場など、もっと人ごみを狙うだろう。その方が紛れて逃走しやすいからである。そう考えると、スポーツクラブに乗り込む、という状況はとても考えにくい。スポーツクラブは、会員制であり、あまり一般的な場所ではないからである。もしかして、亡くなられた水泳コーチの倉本舞衣さんとの交際関係のもつれ、という可能性もある。他の人をも撃ったのは、行きがけの駄賃ということである。
 と、勝手な憶測をしてWebを確認したところ、犯人は、無職馬込政義元看護助手(37)で、自殺していた、という。すなわち、本日午前七時半ごろ、佐世保市船越町の船越教会敷地内で、馬込容疑者の遺体が発見された。馬込容疑者は、殺された二人、倉本さん、藤本さんと面識があった、という。すると、実は無差別の銃の乱射ではなかった、ということになって、やや安心だが、しかし、依然として、なぜ銃で撃ち自殺するなどという極端なことをするのか、謎のままである。

化学マシンとしての人間

 私は、折角物理学科を卒業したのに、物質的自然観というのは、あまり好きではなく、なんか生気論というか、非物質的なものをつねに考えていたいと思っている。それでも、人体をマシンと考えたとき、次の3つの側面があると思う。
1 - 機械的マシン ( m-machine )
2 - 化学的マシン ( c-machine )
3 - 情報的マシン ( i-machine )
 例えば、ロボットを考えると、それはまず、関節などを機械部品で実現する必要があり、また、リニアモータなどで、駆動する必要もあり、そこのところで、機械的マシンである。人間も、筋肉を駆使して、物を運ぶ、という点で、それを実現している仕組みは、機械的マシンである。
 ロボットは普通、マイクロプロセッサをもち、センサで外界の状態を検知し、それに応じて、コントロールする。そこのところで、検知した内容を情報として扱い、また、それの演算結果を、情報として返す。そこのところで、情報的マシンなのであり、人体においては、脳が、情報的マシンの中心をなす。尤も、腸だって、結構独立にセンサをもち、いろいろな制御をしているようである。
 さて問題は、化学的マシン。そもそも人間が、食べ物からエネルギーを取り出す仕組みが、ATPサイクルであって、そこからして、化学的マシンである。それ以外にも、酵素やホルモンの働きは、すぐれて化学的作用なのであって、その精妙な働きに驚嘆して、人体を化学的マシンと、呼んでもいい。
 しかし、機械的マシンや情報的マシンと違って、化学的マシンを人工的に構成することは、なんと難しいのだろう。一体、化学的マシンを、人工的に作成する試みは、あったのだろうか。ATPサイクルを人工的に作れるのか。酵素は合成できても、化学物質だけで、オートマトンを形成できるのか。ホルモンの流れをつくりだせるのか。
 私は直感的に思うのだが、確かに人類は、車や飛行機という形で機械的マシンをつくりだしてきた。コンピュータという形で情報的マシンをつくりだしてきた。しかし、化学的マシンは、もしかして原理的に無理なのではないか、と。その理由は、機械的マシンや情報的マシンでは、単に外部からエネルギーを供給しさえすれば、自立的に動く。オートマトンにもなりえる。しかし、化学的マシンの場合、溜まってきたエントロピーを捨てれないと、反応が直ぐに飽和して、動作を継続できない。このエントロピーを捨て続けるところが、熱力学の第2法則により、不可能で、化学的マシンは、人工的につくりだすことができないのではないか。
 ああ、驚くほど議論が粗雑である。これは私が、情報的マシンであるよりも寧ろ、化学的マシンであることによる。

2007年12月16日

円谷英二

 今週号のTIMEをつまらさそうにめくっていると、末尾の方に、ゴジラの怪獣映画の写真が掲載されていた。また、ハリウッドで新しいゴジラの映画がリリースされるのかと、興味もなく記事を読んでいたら、そうではなく、どうも円谷英二の伝記が、米国で出版されるらしい。それも、日本人が書いたものの翻訳ではなく、サンフランシスコに住む、August Ragoneという作家が、"Eiji Tsuburaya:Master of Monsters"というタイトルで、書き下ろしたものらしい。
 円谷英二は、日本で、あるいは少なくとも私にとって、とても著名な存在なので、円谷英二という存在が、今のところ米国でほとんど知られていない、という事実がとても意外だった。あんなにゴジラの映画が米国でも売れたのに。しかし、アメリカ人は、ゴジラには興味を示しても、誰が原作したのか、などと興味をもつ人は、ほとんどいなかったのだろう。円谷が製作して日本で人気を博したものは、ゴジラだけではなく、モスラ、ラドン、キングギドラ、ウルトラマンなど多数ある。ただ、今のところ、ゴジラ以外には、ほとんど米国では知られていないようである。
 しかし、米国の映画監督の反応は少し違っていて、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスなどの巨匠は、確かに、円谷の映画から影響を受けた、と告白する。
 TIMEには、円谷の経歴も書かれていて、おおそうだったのか、と改めて感心した。実は、私は、ウルトラマン以前の円谷の経歴を知ろうともしなかった。関心がウルトラマンに集まって、その作者にまで及ばなかった、というのが正直なところである。そこで、自分のメモも兼ねて、書き出してみる。
 円谷英二は、1901年に、福井県に生まれた。子供の頃成績は優秀で、子供用の映写機を購入して映画を撮ったり、模型飛行機の製作に没頭していた。栴檀は双葉より芳し、である。
 円谷は、尋常高等小学校8年生の課程を終えると、家族の反対を押し切って、羽田の日本飛行学校に入学する。しかし、教官の事故死で退学し、今度は、東京電機大学の前身の神田電機学校に入学する。この間、学資の足しにと、玩具会社の嘱託となり、玩具の考案で稼ぐ、とあるから、もともとアイデアマンなのである。
 そうして、1919年、18歳のときに、国際活映という会社のカメラマン助手となる。それから50年に及ぶ、映画人としてのキャリアの始まりである。この間、独特のアイデアで、特撮の技法を考案し続けた。しかし、時代の先端を進みすぎていたのか、他の同僚からは全く理解されず、「ズボラヤ」と揶揄された。
 1935年あたりから、日本の軍事への関与が深まっていくうちに、円谷には新たに転機が訪れる。それは、戦争記録映画の作成である。最初は、連合艦隊の練習鑑「浅間」に乗艦し、太平洋航行の記録映画を作製した。
 1936年には、かの悪名高きナチス・ドイツの宣伝相ゲッベルスの指示で製作された日独合作映画にも関与する。井上成美あたりは、眉間に皺を寄せて嫌悪したかもしれない。
 また、特徴的なのは、円谷は、航空学校中退とはいえ、飛行機操縦の技術ももつことである。実際、陸軍航空本部からの依頼で、飛行機操縦の教材映画の空中撮影を、円谷は一人で操縦しながら撮影。アクロバット飛行も披露してみせ、陸軍を唸らせた。
 太平洋戦争が始まると、軍部の宣伝映画の製作に傾倒していく。特徴的なのは、特撮の腕を駆使して、フルスケールの真珠湾の特撮セットを作成し、ハワイ・マレー沖海戦』を発表した。思うに、このような特撮の才能が、円谷の身を助けた。そうでなければ、挙国一致の趨勢にあって、円谷は徴兵され前線に送られたかもしれない。すると、生還の可能性は小さいことになる。
 戦争が終わると、円谷は、戦争協力者として、公職追放された。まあ、仕方あるまい。その間、何をして糊口を凌いでいたのかは不明であるが、しかし、1952年に日本の独立が認められ、公職追放を解かれた。私の勝手な推測であるが、自分の戦争協力を恥じ、深く沈思していたものと思われる。
 円谷にとって転機だったのは、1954年の第五福竜丸の、水爆実験被爆であった。戦争のことが巨大なトラウマであった彼にとって、この事件はとても琴線に触れるものがあったのだろう。そこで、放射能によって巨大化する怪獣のアイデアを思いつく。それが、ゴジラなのであった。果たして、満を持して製作された日本初の本格的特撮怪獣映画『ゴジラ』は、大人気を博した。
 その後、円谷は、ハリウッドを訪れ、様々の映画人と交流を深める。この頃から、米国の映画人の間では、特撮の才能で、有名であった。このことが、上記スピルバーグの発言にもつながるのだろう。
 1963年には、株式会社円谷特技プロダクションを設立、テレビのウルトラQ、ウルトラマンなどの番組の制作を始める。私が知る円谷は、この頃からである。
 ところで、今でも、ウルトラマンのシリーズを懐かしく見ることは、ときどきある。今、ウルトラマンを見て思うのは、コンピュータグラフッィクで委細を尽くされた今の特撮の画面に比べての、当時の特撮の貧しさである。ピアノ線が見えていたりするからである。しかし、ウルトラマン・シリーズには、それを補って余りある程の思想性がある。例えば、ジャミラ。難破した宇宙線で生き延びるために怪獣化した元乗組員が、ウルトラマンに倒される場面は、哀愁を誘う。決して、怪獣をやっつけるだけの勧善懲悪ではないのである。「一人ぼっちの宇宙人」も私の好きなタイトルであるが、宇宙の中での人類の孤独さは、暗然として寂しさにつながる。
 私は、このような哲学性やペシミズムの理由が、いままで分からなかったが、戦争協力のトラウマがそこにあるのかもしれない。また、彼の細部を重んじるリアリティは、飛行機の技能、特撮の溢れるアイデアに裏打ちされ、TIMEには、meticulous craftsmanshipと表現されている。これは、下手に訳さないで、このまま、円谷英二への賛辞としたい。
 

エボラ出血熱

 エボラ出血熱の新種のウイルスにより、ウガンダで、30人が亡くなったという。その中には、医療作業者も含まれており、患者が、目や耳から出血する、という典型的な症状がなかったため、まさかエボラ出血熱ではあるまい、と油断は、感染してしまった、という。ウガンダでは、感染患者は、数百人いると見られる。
 エボラ出血熱は、50~90%という死亡率の高さと、体内にわずか1000個ほどのウイルスが侵入しただけで増殖・発症するという感染力の強さで、最強のウイルスである、と言われる。また、ワクチンや有効な治療法も見つかっていない。
 エボラ出血熱ウイルスは、食用コウモリからの感染という説がある。この点、ハクビシンを食用にすることからの感染が疑われるSARSウイルスと類似する。
 さて、なぜ人間が、病原菌ウイルスの跳梁を許すか、という理由であるが、それはもう、人間が、化学マシン、特に、DNAマシンであることによる。すなわち、人体のすべてのタンパク質の合成は、DNAからRNAに転写されて、その設計図に基づき行う、というストラテジーであるため、この部分の工程をウイルスに乗っ取られると、容易に正常な生理機能を失ってしまう。この点、コンピュータ・ウイルスと全く同じことであって、コンピュータでは、入来のバイト列を解釈して、ディスク書き込み、画面表示、データ送信を行うAPIを呼び出すようになつているので、バイト列の解釈を横取りして、別のAPI(例えば、ファイル削除など)の呼び出しに切り替えられてしまうと、致命的な結果になりえる。
 すなわち、まさに精密に業務を遂行する官僚的ともいえる機構を利用する訳である。DNAに基づく制御機構には、さまざまな場面があって、その各々が、ウイルスに対するliability、vulnerabilityをもつとなると、どこが攻められるか予め想定できないので、結局、対処療法にならざるを得ない。こうして、人類は、滅亡するその日まで、ウイルスとの戦いを止めないであろう。
 ただ、いかにエボラ出血熱ウイルスのような恐怖のウイルスがあらわれようと、ウイルスは、人類滅亡の主因とはなりえない、と推測する。その理由は、ウイルスは結局、DNAにとって内部反乱者に過ぎにないからである。
 

2007年12月17日

銃刀法

 前日の佐世保での銃乱射殺傷事件をきっかけに、銃刀法を確認してみた。
 それで思ったのは、これはかなり「ざる法」である、ということである。
 すなわち、その第三条で、「何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、銃砲又は刀剣類を所持してはならない。 」と言っておきながら、その第三条第三項で、第四条又は第六条の規定による許可を受けたものと規定し、そして、第四条で、狩猟、有害鳥獣駆除、と殺、漁業又は建設業の用途に供するため必要な刀剣類を所持しようとする者は、所持について、住所地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければならない、とある。これを見るかぎり、狩猟目的です、有害鳥獣駆除です、と届出れば、公安委員会の許可が得られそうである。何か具体的な審査をするとか、こういう場合は、所持を許可しない、とかの規定もない。
 また、「第二十四条の二 警察官は、銃砲刀剣類等を携帯し、又は運搬していると疑うに足りる相当な理由のある者が、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して他人の生命又は身体に危害を及ぼすおそれがあると認められる場合においては、銃砲刀剣類等であると疑われる物を提示させ、又はそれが隠されていると疑われる物を開示させて調べることができる。
2 警察官は、銃砲刀剣類等を携帯し、又は運搬している者が、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して他人の生命又は身体に危害を及ぼすおそれがあると認められる場合において、その危害を防止するため必要があるときは、これを提出させて一時保管することができる。」とあるが、具体的な事件を起こさないうちは、警察もなかなか、予備的には動けないのではないだろうか。今回の佐世保の事件でも、犯人の近所の人は、怯えて警察になんとかしてほしいと申し出ていたらしい。しかし、具体的な策は採られなかった。
 私がとても問題だと思うのは、銃刀法と、銃と刀を並列的に記述している点である。しかし、銃は、遠方からでも、また、一度に沢山の人を殺傷できるので、その危険性は、刀の比ではない。また、どの家庭にも、武器になり得る程度の包丁は、料理のためにある。しかし、例えば、ゴキブリを撃ち殺すために銃がどの家庭にもある、ということは決してなく、銃は、はるかに一般的でない。
 銃を所持するととても危険である根拠があって、それは次のようである。すなわち、どんな人間でも、状況によってひどく腹を立てることがある。そのとき、特に武器がなければ、知り合いに愚痴を言って、酒を呑んで、なんとか気分を晴らすかもしれない。しかし、もしたまたま、銃をもっていると、それで威嚇したくなる可能性が高い。威嚇から本当に撃つまでは、あと一歩である。
 だから、豊臣秀吉の刀狩ではないが、全て銃を取り上げる、というのは有効ではないだろうか。そもそも、イギリスの貴族でもあるまいし、市街地に住む市井の人が、日常的に猟をすることなどありえない。
 だから、辺鄙な地にあって、どうしても日常的に銃を帯びる必要がある人以外は、警察で常には預かり、必要性をその都度説明して、借りに行く、みたいな面倒なことをするよりないと思う。

イランと中国

 米国が、日本や欧米諸国に対して、イランとあまり付き合わないように圧力をかけているが、これは却って中国に塩を送る結果となっている。すなわち、新聞によると、イラン政府と中国石油加工公社とが、イラン南西部の大規模油田ヤダバランの開発計画の契約を結んだ、という。当初の契約金は2230億円で、当初4年は、日産85000バーレル、その後4年は、日産18万5000バーレルを目指す。
 イランは、世界第2位の石油埋蔵量を誇り、それがゆえに米国もいろいろとちょっかいを出したいのだが、国際世論があって、簡単に動けない。
 一方、フランスは、リビアから、1000億ユーロ(1兆2000億円)で、原子力発電炉の建設を請け負った、という。また、32億ユーロで、旅客機も受注した、という。このように、フランスは、米国からかなり距離をおいて独自の方針で行動している。
 中国は、ロシア、カザフスタンなどと、上海協力機構(SCO)を作って、米国を仲間に入れない独自の路線を拡大している。一方、中国は、アフリカの貴金属、石油などの供給を図る点でも、他国に先んじている。また、フランスも着々と、もともと地の利があるアフリカ北部に拠点を確保しており、ブッシュの狙いどおり?世界の重心は、米国から外れている。
 米国の属国みたいな日本はどうするのか。米国の子分のままだと、将来、資源飢饉に陥ることが目に見えている。そのとき、機軸通貨としてのドルは、力を失っているだろう。

2007年12月18日

米国の大学の学費

 渡辺千賀さんのブログによると、ハーバード大学の学費は、年間3万ドルくらいかかり、これに生活費を合わせると、年間4万5000ドルくらいかかり、相当の負担なのだという。最近、「間違ってさえいない(Not Even Wrong)」という、スーパーストリング理論を批判した物理学の啓蒙書を読んだとき、プロローグで、ハーバード大学卒の物理学者である著者が、ハーバード大学に行かせてくれてとても両親に感謝している、と書いてあり、なんかこの文脈で違和感を覚えた。しかし、そういう経緯なのか、と納得がいった。きっと、著者の家庭は、あまり裕福ではなかったのかもしれない。
 そのハーバード大学であるが、最近、学費値下げを決定した、という。というのは、寄付金を運用していたら、寧ろ、資金が増えてきて、余裕があるせいなのだという。この寄付金というのが面白く、ものの本によると、米国では、ハーバードなどの一流大学でも、あるレベルの寄付金を出すと、無試験で大学に入れてくれるのだという。確か、かのケネディ大統領も、勉強的にはかなり劣等生だったらしいが、この仕組みで、ハーバード大学の学生になった。勉強についていくのに苦労したらしいが。こういうのを見て、なんとアンフェアと思うだろうか。しかし、どうも、米国ではそうでないようである。すなわち、日本だったら、例えば、寄付金だけで慶応大学に合格できると、大変な非難を浴びるであろう。というのは、日本では、学歴が大きなラベルであり、慶応大学卒という事実だけで、優秀と見做されてしまう。その実力が真に問われる機会はあるのだけれども、日常的にはそうなる。ところが、米国では、ハーバード大学というと、一応は優秀と思ってもらえるかもしれないが、それで仕事をやってできなければそれで終わり、名門大学という学歴自体はあまり通用しないのではないか。すると、買えるものなら、それで学歴を買ってもよいのではないか、ということになる。
 さて、ハーバード大学の学費が年間3万ドルというと、日本のレベルだと、私立医歯系でもないかぎり、比較すると相当に高い。隈なく調べた訳ではないが、日本の私立文系だと、年間せいぜい、100万円くらいだろう。まあ、その分、米国では、中身の濃い教育がなされるのだろう。
 それでは、ハーバード大学は、米国でレベルも一流なら学費も一流かというと、どうもそうではないらしい。あるWebページによると、米国の大学の年間学費ランキングは、下記のとおりである。
1. Landmark - $ 37,738
2. George Washington University - $ 36,400
3. University of Richmond - $ 34,850
4. Sarah Lawrence - $ 34,042
5. Kenyon - $ 33,930
6. Vassar - $ 33,800
7. Trinity - $ 33,630
8. Bennington - $ 33,570
9. Simon's Rock College of Band - $ 33,364
10. Hamilton - $ 33,350

 これを見ると、私は、George Washington University以外、あまり知らないが、推察するに、米国では、日本ほど、大学の序列は関係ないので、あまりこだわらず、行けるところに行くのだろう。米国は、どうも、大学進学に関する限りであるが、お金さえあれば、なんとでもなる世界のような気がする。 それで、学費の高い大学は、校舎が綺麗とか、サポートがきめ細かいとか、いろいろメリットがあり、選ばれているような気がする。
 ただ、素朴な感想として、米国の大学の学費は高すぎである。これでは、貧しい生まれの人が頑張って勉強して、上流階級にのし上る、ということが、米国では難しいのではないか。なんとかんのと言っても、妙な偏差値の序列はあっても、その点は、日本の方がましではないか、と思う次第である。

将棋と学業

 ブログも500個近く書いていると、どうしても似たようなのが出てくる。このトピックも既に書いたのかもしれないが、重複を懼れず、書いてみる。
 さて、私は、小さい離島の出身であるが、そこに小さい小学校と中学校がある。今では、すっかり生徒が減ってほとんど廃校に近いが、当時は1学年に50人ちかくはいた。その離島の学校にあって、私はクラスで真ん中の成績だったから、凡庸に輪をかけたような存在だった。しかも、子供の頃結核を患って安静期間もながかったので、おそろしく体育が苦手で(もしかして、生まれつき運動神経が鈍いのかも、と後で思った)、まあ悲惨な小学校生活だったと言える。当然のように虐めの対象であって、今にして思えば、よくまあ、世をはかなんで自殺しなかったと思うが、昔は、そもそも、そういう子供なんて、聞いたことがなかった。
 それで、昔は遊びといえば、屋外で野球、雨が降れば、家の中で将棋がお決まりのコースだった。将棋は、最初、駒の進み方を覚えるのに一苦労した記憶がある。それで、指してみるのだが、全然勝てない。ただ、あるきっかけから、街に買い物に行った際に、将棋の本が目に付いた。佐藤大五郎の「新しい定跡」とかいう本で、そもそも、駒の進み方を覚えたばかりの子供に理解できるはずがない。ただ、なぜかそれを買って、眺めていた。また、実際に本にあるように指してはみたが、相手は本にあるように来ないのだから、余計に負ける。
 こういう日が続いてある日なぜか、すこしだけ、本に書いてある定跡の心が分かったような気がした。すると、ときどきは勝てるようになり、それからは、将棋が面白くてたまらなくなった。もともと本が好きな私は、他にも将棋の本を買い込み読むと、クラスでは二人を除いて、だいたい勝てるようになった。その二人は、やはり将棋の本を読んでいたので、常に私よりも一歩先を進んでいたのだった。
 そこで中学に進学すると、凡才であった私が、なぜか教科書を読んで、とても面白いと思うようになった。きっと、きっと将棋による頭脳刺激の効果だと今でも信じている。あいかわらず将棋に没頭していたので、勉強ばかりではなかったが、その田舎の中学では、かなり上位の成績になった。将棋様様である。
 高校に進むと、そこは進学校だったので、田舎者の私が流石に上位に食い込むことはできなかった。しかし、将棋に没頭する人はいなかったので、将棋は高校では一番強かった(といっても、今の初段もなく、せいぜい1級くらいか)。高校では、中学から続けている卓球部を続け、船で通っていたので、ほとんど勉強する暇もなかった。それでも、将棋の本や雑誌だけは地道に読んでいた。
 受験勉強は、高3の夏になってようやく始めた。もともと、中位の成績なのだから、大したところに受かれるはずがない。しかし、無謀にも国立大学を目指した。友人は、あきれて苦笑いしていた。ただ、将棋をやっていたおかげなのか、集中力はあり、かなり追い込んだと思う。しかし、囲碁でいえば、やはり盤面10目足らない、というレベルの学力だったが、本当にラッキーで、国立大学に現役で受かった。これもまた、将棋様様であった。
 しかし、将棋の神通力もここまでだった。大学に入って、友人もいなかったので、友人を探すため、と将棋部に入った。するとまあ、みんな強いこと。たいていの先輩は、アマ四段や三段あったのではないだろうか。しかし、こちとら、田舎でアマ一級であった。勝負になる訳かない。何十連敗しかたかしれない。悔しくて下宿で熱わ出して、寝込んだこともある。
 私はもともと、物理学者になるのが夢だったので、それなりに勉強した。しかし、悔しかったので、将棋にも打ち込み、なかなか勝てなかった先輩にも、ようやく、ときどき勝てるようになった。すると、私の頭の中で、物理学と将棋が妙な原子核反応を起こして、物理学も将棋も、どちらも中途半端になった。それからどう単位を取って卒業したかも覚えていないくらいである。
 それで得た教訓は、小学校や中学校である程度将棋に打ち込むのは、却って学業向上にいい。数独ではないが、格好の頭の刺激になるからである。しかし、もし将来、知識労働者として生きていこうとするなら、どこかで、早い段階で、将棋をデカップルしなくてはらない。目安としては、アマ三段の弱いとこらあたりで止めておく。すると、頭に対する影響は小さい。そして、興味を、学業に振り分けなくてはならない。
 そう私が言うのには根拠があって、大学の私が尊敬する先輩達は、今でも私よりも将棋が強いが、大学において留年し、くすんだ日々をへて就職し、いわゆるエリートコースを歩んでいない。私も社会経験を経たので、エリートコースを手放しで賞賛しない。むしろ、将棋に打ち込んだおかげで、いろいろな人と知りあえて人生の幅が広がったと考えることもできる。ただ、余計な苦労を買ったね、みたいな感慨はある。
 ところが、会社に入って、ある基礎研究所の研究員と出会った。きっかけは将棋である。ある社内の会合で、将棋を指した。すると、将棋はまあ、私が少し強かった。しかし聞くと、その研究員は、元東大の囲碁部の選手でならし、囲碁で関東の個人のタイトルもとったほどである、という。そこで、おろかな私はこう考える。ああ、じゃあ、きっと専門の研究分野は大したことないよね、と。彼は、応用数学が専門だった。
 ところが、ある日、彼は会社を去った。その挨拶メールを見ると、なんと東北大学理学部の数学科の教授に着任するだという。私は思わず、うう、と声をあげた。専門の業績も半端じゃなかったのか、と。
 それで、将棋をやりすぎると学業に障るという、いわば森綾太郎の方程式も、私の乏しい才能を前提としてものだと分かり、到底一般化できないことが分かった。こうして、今日も、私はトボトボと生きていく。

2007年12月19日

タクシーの新料金

 先日、久々にタクシーに乗った。すると、初乗りが、650円から710円に値上がっていたので、運転手に、少し乗り控えで、売り上げ減っていませんか、と水を向けてみた。すると、運転手が言うには、忘年会シーズンで、呑んだらタクシーに乗るパターンなので、今は特に減っていません、という。
 それで、タクシーの運転手が続けていうには、お客さん、実は、これって値上げてではないのですよ、と説明する。ええっ、と私は聞き返した。すなわち、説明によると、値上がったのは、初乗り料金と、深夜料金の適用が、夜11時でなく夜10時からになったことだけです、という。確かに初乗り料金は、60円値上がったが、距離加算は、80円/270mから、90円/330mになった。また、深夜加算も、今までは3割増しだったのが、2割増しに下がったという。
 こういう経緯から計算してみると、値上がるのは、走行距離が3キロ以内のときと、夜10時から11時までの間で、深夜終電がなくなってタクシーで帰宅する人の場合、むしろメリットなのだという。
 新聞で読んだとき、こういう説明は全くなく、ただ、給与水準が低いので値上げするということと、値上げすると寧ろ客離れを起こして、売り上げが減るかもしれない、という現場のタクシードライバーの懸念が書かれていただけである。
 こんな値上げなら、なぜタクシー協会はあえて敢行したのだろう。タクシーの台数が増えすぎたので、売り上げを減らしてリストラの口実にしたいのだろうか。ともかく、あまりにも不透明な料金体系の変更である。

佐世保猟銃乱射犯人の心情

 話題になっている、赤木智弘「若者を見殺しにする国」双風舎、という本を購入して、一部を読んだ。この著者は、32歳でフリーター、正社員の職に就ける可能性が見出せないのだという。そして、読み方によっては過激な、「私が戦争を希望する理由」を展開する。その論旨はこうである。世間のめぐりあわせによって、自分はフリーターになった。正社員になろうにも、そのチャンスは見出せない。一旦正社員として就職すると基本的には、その地位は安泰であり、もしリストラになるとしても、それはポストが減ったためであって、フリーターにポストが廻ってくることはない。こうして、フリーターが正社員に抱く怨嗟は高まり、自分が死ぬ可能性が高まっても、寧ろ戦争を希望するのだという。戦争になると、社会流動性が高まり、フリーターにもチャンスが巡ってくる。戦争で死ぬのは勿論嫌だが、その危険性を平等に負うなら、我慢できる、のだというような趣旨である。この要約は、私の文責である。
 このような心情を読むと、佐世保猟銃乱射犯人がもっていたと思われる感情を彷彿とさせる。すなわち、彼は、いろいろな仕事に就いたが、クビになり、資格試験にチャレンジしてもなかなか受からない。そうして無職で焦燥が募った。それこそ、何かの騒乱が起きて社会が流動すればいいとも思ったかもしれない。そう思っても、普通は、上記赤木氏のように、コラムを書いたり、その他の手段で心情を吐露することにより、なんとか気持ちをその都度鎮めるのだが、かの犯人は、たまたま、猟銃やミリタリー関係の趣味があった。そこで、ときどき銃を撃ったり、迷彩服を着込んだりして、気分を紛らわすのだが、結局は仕事がなく先が見えない。ところが、自分の仲のよい友人たちのある者は、結婚して子供がおり、ちゃんと仕事もあって楽しくやっている。綺麗な彼女がいる人もいる。みんなから人望があって、仕事がうまくいっている人がいる。それに引き換え自分はなんだ。もうこんな人生は生きるに値しない。しかし、楽しそうに暮らしている友人達が我慢ならない。道連れにしてやる、みたいな心情だったと推察する。
 で、問題提起としては、先ず、フリーターと言われる人たちに、どうやって正社員の門戸を開くか、ということである。まず考えられるのは、ワークシェアリング。正社員の仕事を減らして、例えば、日割りして仕事をアサインすることにより、フリーターと言われる人たちの正社員になる機会を増やすことができる。ただ、例の犯人の場合、そもそも、協調性に問題があるようなので、そういう問題でもないのかもしれない。
 次に、何度も言うが、銃保有の問題。どうして、市街地に住む人が、単なる趣味として、殺傷性の高い銃をもつことを許されるのか。射撃が趣味だ、というなら、射撃場に銃を預けっぱなしにして、持ち帰れないようにすればいい。前にも言ったが、どんな精神的に安定した人でも、場合により激怒することある。そのとき、たまたま目の前に銃があったらどうするか。つい、銃をとって撃たない、という保障がどこにあるのか。ましてや、精神的におかしい人が銃を保有することの恐ろしさは、バージニア工科大学の事件が如実に示す。
 ただ、どんなに銃を取り上げようとも、攻撃性を高めた人が、包丁などで、罪もない人を襲うことは防げない。例えば、池袋の路上殺人事件がそうである。運転を誤って突然道路に飛び込んでくる車のように、防ぐすべはない。それに遭わないことを幸いと思うしかなく、人生の、あまたある不条理の1つである、ということになる。

2007年12月20日

李明博

 韓国の次期大統領は、李明博に決まった。金大中、盧武鉉と、革新路線の大統領が続いたが、李明博は保守なのだという。保守、革新といっても、韓国に、韓国共産党や、韓国社会民主党がある訳ではない。要するに、北朝鮮に対する方針の違いである。
 金大中、盧武鉉は、北朝鮮包容政策(太陽政策)をとってきた。李明博は、保守として、今までよりも厳しい政策を、北朝鮮に対してとる、と予想される。すると、対日政策はどうか。新聞には、対日政策は、親日になるだろうと書かれているが、対北朝鮮政策と、対日政策が連動する必要はなく、北朝鮮と、日本の両方に、厳しいということは、ありえる訳である。なぜなら、韓国内には、北のシンパが結構いて、反北に反発する人もいるが、反日に表だって反対する人はいない。だから、韓国大統領は、行き詰まると、反日を持ち出す。インフルエンザのタミフルのようなものである。
 さて、今回の大統領選挙であるが、投票率は62.9%と、過去最低だったという。これは、ある意味、韓国では経済的に満たされて、政治に期待するところが少なくなった、ということで、あまり悪い意味でもないと思う。確か、1997年には、未曾有の経済危機に見舞われ、その後、韓国はこの危機を乗り切り、世界で最も進んだITインフラの国になった。サムスンなどは、今や世界に冠たる大企業である。いろいろ言われても、金大中の手腕は評価に値すると思われる。
 さて、李明博であるが、日本の大阪で生まれ、4歳で、終戦で韓国に引き上げた。極貧生活で、なおかつ、朝鮮戦争で、米軍の爆撃で、姉と弟を失う、という辛い経験もした。しかし、苦学して現代グループに入り、社長にまで上りつめた。
 国家の最高権力者ではなく、最高経営者になりたい、という。すると、良くも悪くも、経済主導・悪く言うと拝金主義の風を感じる。すると、面従腹背で、日本とはうまくやっていくつもりかもしれない。ともかく、あまり迎合しなくてよいが、ポーズとしての反日は止めてほしい。そして、日本、中国、韓国と、うまく最強アジアトリオが組めればよいと思う。

2007年12月21日

犬猫の毛色

 とても深遠な謎ということではないが、前から不思議に思っていることがあり、それは、どうして犬猫の毛色は、あのように多様なのか、ということである。例えば、虎やライオンは、猫科の動物であり、基本的な性質は、その大きさと獰猛さを除き、猫と変わらないはずである。しかし、白猫、黒猫、ミケ猫はいるのに、黒ライオンや、ミケ虎がいる、という話を聞いたことがない。他の例を挙げると、狸は、犬に近い動物のはずであるが、狸の毛色は、ほとんどワンパターンであり、やはり白狸、ぶち狸がいる、という話を聞かない。
 これはどういうことか、私なりに考えてみた。で、おそらくこうではないか、と思われるのは、犬も猫も、家畜として人間が交配させていろいろな種類を作り出した、というせいではないだろうか。遺伝子の変異には距離があり、その距離が遠すぎると、交配させても子供が産まれない。要するに、卵子が、異端の精子を排除し、もし卵子に精子が入り込んでも、受精しない、ということである。
 それで思うには、猫も犬も、本来は広範な遺伝子にまたがる、広い種で、その一番遠いもの同士を交配ざせても受精しない。しかし、少しだけ遠いものだと首尾よく受精し、こうして、次第に、一番遠いものにも届くようになる。このような交配は、遺伝子をかき混ぜ、さまざまな種類を生み出すだけではなくて、その毛色も多様となる。するとカオスの原理で、わずかの違いが、大きな毛色の発現の違いとなる。だから、ある両親から産まれる犬や猫の子供たちの毛色は、場合により、両親とは似ても似つかないものになる。
 このようにかき乱された遺伝子をもつ犬猫は、果たして、虎やライオン、狸よりも生存力、繁殖力が強いのだろうか。私の推察では、純粋の自然環境では、虎やライオン、狸の方か強い。しかし、人間が関与する、いわば汚染された自然環境では、かき乱された遺伝子をもつ犬猫の方が生き延びやすい。こうして、人類が存続する限り、犬猫も繁栄し、一方で虎やライオンは、次第に絶滅していく運命にある。

2007年12月22日

洪水伝説

 旧約聖書に、ノアの箱舟として、船を作って、一部の人を救うストーリーが出てくるが、こういう洪水伝説は、聖書にオリジナルではなく、ギリシャの古文書や、メソポタミア文明のギルガメッシュ文書にも出てくる。ギリシャの古文書などは、沿岸地方に住むと、海水でやられてしまうので、人々は、高地に住むようになった、という記載もある。すると、旧約聖書よりも、ギリシャの古文書やギルガメッシュ文書の方が古いので、オリジナルなのは後者であろう、と考えるのが相当である。
 ところが、中南米の伝説を綴った、ポポルヴフという奇書があり、ここにも、洪水伝説が記述されている。なんという偶然だろうかと、私なりに、インド、中国、日本神話を粗くサーチしてみたが、どうも、インド、中国、日本には、洪水で人々が滅んだ、という神話は見当たらないようである(粗いサーチなので、全く自信はない)。
 そこで、一応、私の推察を正しいと看做すと、ギリシャ、メソポタミアと、中南米とを繋ぐものは、大西洋、ということになる。そこで洪水となると、大西洋で地震、その他の災害が起き、そのため津波が生じ、ギリシャやメソポタミアの地を襲ったのではあるまいか。その同じ津波は、ほぼ同時に、中南米をも襲った、という次第である。ここで、ギリシャやメソポタミアは、大西洋に面していないではないか、と言われるかもしれない。しかし、津波は、ジブラルタル海峡を越えて、地中海に入り、そこで寧ろ、地形により増幅される。よって、ギリシャやメソポタミアにも壊滅的な打撃を与え得るのである。
 そこで私は、プラトンのティマイオスでも引用された、大西洋にあったという幻の島、アトランティスを想うのである。地震による地殻変動で、島が消失したという報告は聞いたことがある。そこで、巨大地震で、大西洋にあったアトランティスという島が陥没し、その津波が、ギリシャ、メソポタミア、そして中南米を襲った、という仮説を立ててみたが、どうだろうか。
 それほどの巨大な地震があるものか、という疑問も起きる。そこで別の仮説は、巨大隕石落下説である。もしアトランティスに、宇宙から飛来した巨大隕石が落下すると、その被害は想像をはるかに絶し、それによって起こされる津波も、もしかして数百メートルの高さにも達したかもしれない。こうして、沿岸は波で蹂躙され、少し高地にいて奇跡的に生き残った人々は、その恐ろしさを口々に伝承したことだろう。こうして、今にかすかに伝わる伝説となった、というのが私の推理である。
 

イランとロシア

 先日、イランと中国という記事を書いたが、今日の新聞によると、ロシアは、イランの原子力発電所に、核燃料の供給を開始する、という。これは、先日の、ブッシュ大統領に対する「イランが、2003年に、核兵器の計画を中止した、という明確な証拠を掴んだ。」というNIEの報告とも関連がある。
 これによってイランに対する世間の風当たりが弱くなり、ロシアは、イランに核燃料を供給しやすくなった、という次第である。しかも、このことは、ロシアにとって、米国に対する恰好の言い訳になる。なぜなら、ロシアにとって、イランが独自に核燃料の濃縮技術を発達させると、核燃料を買ってもらえなくなるので、ロシアも、イランが独自の核開発技術をもつことに反対する、ということである。
 ただ、本来、ロシアとイランは歴史的に友好的でない。だから、イランとしては、いつロシアが核燃料の供給を停止しても、なんとかやっていけるように、独自の開発技術も担保したい、というところであろう。
 ものごとをさらにややこしくするのは、ロシアと中国が主催する、明確に反米の上海協力機構の存在で、カザフスタン、トルキスタンを加盟国とする上海協力機構は、明らかに、世界第2位の石油埋蔵量を誇るイランを視座に入れている。すると、ロシアとイランは、中国に石油、天然ガスなどの資源を供給して利益をあげ、中国はこれらの資源で、工業製品を製造・輸出して稼ぐ、という、構図が見えてくる。ただ、中国製品は、上海協力機構内で消費されるのだろうか、というと、そうではあるまい。すると、やはり、中国にとって、米国、日本はよき顧客なのであり、こういう相互依存性でなんとか世界が保っている、ということだろう。

ジュセリーノ予言

 テレビ番組によると、ブラジルの預言師、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースは、9割もの的中率を誇り、本人曰く、9/11のテロ、スマトラ沖大地震、フセイン元大統領の居場所、地下鉄サリン事件など、全て的中させたのだという。要するに、夢に見るので、それをメモするのだそうだ。
 ただ、今年はこうなる、と前もって沢山預言するので、他人に検討する余地を与えてしまう。すると、例えば、2007年について誰かが確認したみたところ、1割も正解していないようである。
 それで、堂々とテレビにも出演し、9割も当たると自己宣伝するのは、相当な神経だろう。預言師といえば、本人自身は預言者というよりも翻訳者という触れ込みだが、昭和50年あたりに、「ノストラダムスの大預言」と題する本を出版した五島勉も相当なものである。あの本によると、人類は1999年に滅亡することになっており、この本も、ノストラダムスはことごとく預言を当ててきたので、彼の詩篇から必然的な解釈される、というが、今にして思えば、相当に牽強付会であった。ただ、私も当時は若かったので、ああ、40代で自分は人類とともに死ぬのか、と暗然としたものだった。その若年の預言を私は忘れなかった。そして、1999年の年末、2000年問題のどたばたで大変で、ノストラダムスのことは忘れかかっていたが、ふと、あれはどうなんだろう、2000年問題非対応でミサイルが暴走して飛んでくるのか、との不安も隠せなかった。で、知らないうちに、ノストラダムスの預言した日は過ぎていて、安心したある日、本屋で、五島勉の新刊を見た。凝りもせず、占いものであるのを見て、私はあきれてしまった。よくやるな、と。
 そこいくと、富士山の噴火を予測した元気象庁職員とかいうおじさんは立派だった。確か、1982年の6月頃に、彼なりの科学的根拠に基づき、その年の9月に富士山の噴火する、と予測した本を書いた。その本はベストセラーになったが、今に至るまで、富士山は噴火していない。私が立派だというのは、そのおじさんは、9月以降、完全に世間から姿を消したことである。その一点で、ぎりぎり預言者ではなく、科学者のはしくれであったのだろう。
 そういう意味では、ジュセリーノとか、五島勉は、預言することで、自分自身をも騙して、信じ込ませているのだろう。そして、預言するときの独特の緊張感が楽しくて、もう、当たるとか当たらないとか、どうでもよくなるのだろう。一種の人格障害か虚言癖なのかもしれない。
 それでは、そもそも預言など嘘っぱちか、というと、私は必ずしもそうとは思えない。預言は、因果律を先取りかることなのだが、世の中で、因果律は適当に壊れており、一種の超能力で、何ほどか未来が垣間見える、ということはあるかもしれない。しかし、それはどうしても不確かで、人的に解釈も入ってくるので、当たるも八卦、当たらぬも八卦に少し色をつけたものにならざるをえない。
 実は神秘が好きな私は、ものすごい預言者も、インドの秘境とか、チベットの山奥にいるのではないか、と期待している。そういうところにいる超人の預言のほとんどは当たるのだけれども、俗世間にいるわれわれに伝えられることは、ない。漏れ知れてしまうことと、預言の確度の積がプランク定数に依存する、みたいな、ハイゼンベルグの不確定原理のようなことを考えてしまうのである。

2007年12月23日

ムシャラフの孤独

 今の世界で、パキスタンのムシャラフほど微妙な立場にいる者もいないのではなかろうか。
 ムシャラフは、クーデターで政権を握り、独裁を敷いているが、イスラムテロリストとの戦いで依然として枢要な役割りを担うが故に、米国にとってなくてはならない役割りの人物となっている。
 ムシャラフは、米国政府に催促されて、いずれ民主主義に移行するというが、その兆候は見えない。寧ろ、裁判官を罷免し、民主活動家を弾圧し、非常事態宣言を敷くなど、ますます民主主義から遠ざかっているように見える。
 それでは、テロリストの弾圧に成功していのかというと、逆である。それどころか、ムシャラフは、2006年に、山岳部のイスラム急進派のグループと停戦し、それにより、イスラム急進派は、兵力を立て直している模様である。アルカイーダのテロリスト訓練キャンプも復活したらしい。
 ムシャラフの国内での人気は地に落ち、これに乗じて、国内民主化勢力が台頭していくると、パキスタン軍は、寧ろ、イスラム過激派の制圧よりも、国内民主化勢力の弾圧の方に、より一層の力を注いでいるように思われる。それでも、国内の治安は悪化するばかりである。12月21日には、パキスタン北西部のチャルサダ地区にあるモスクで、自爆テロが起き、50人以上が死亡した。先月までイスラム過激派取締りの陣頭指揮をとっていたシェルパオ内相が礼拝中で、シェルパオを狙ったが、シェルパオ自身は無事だった。これに関して、いつも不思議なのは、イスラム過激派が、礼拝中のモスクを狙うことである。過激派自身もイスラム教徒のはずで、こういうのは、宗教上の冒涜にならないのだろうか。それとも、宗派が違えば構わないのだろうか。
 しかし、パキスタンの反ムシャラフ陣営も、足並みは揃わない。ほんの短い間、ムシャラフの婚姻関係にあった、前首相のブットは、ムシャラフから協同をもちかけられるが、応じない。ただ、虚しく、ムシャラフの即時辞任を求めるだけである。ただ、ブットは、女性ではあるが、ミャンマーのスーチーのような人気はない。確かに、パキスタンの名家の出身なのであるが、そもそも、汚職で国外退去の経験もある。
 ともかく、ムシャラフは次第に孤独を深め、軍部と、米国が最後のよりどころである。実は米国が怖れる最悪のストーリーは、ムシャラフが打倒され、軍備が、イスラム過激派に乗っ取られることである。なぜなら、軍部には、イスラム過激派に通じる者もいるからである。
 ただ、米国は、依然として、パキスタンの軍部に信頼を置き、毎月150億円以上を支援する。もし、独裁ぶりが目に余るため、米国がムシャラフ以外の人材を求めるとなると、それは必然的に軍部の中からとなる。それが、ムシャラフを退陣させる最善の方策である。しかし、今のところ、そういう人材は見つかっていないようである。元首相のブットが論外なのだけは、確かのようである。

2007年12月24日

人事の透明性

 池田信夫氏のブログによると、NHKの会長人事をめぐって、混乱が続いている、ということだが、とかく人事は難しい。ましてや、トップ人事となると、さらに大変である。NHKのような半分官庁みたいな組織の場合、経済産業省、郵政省、などの官庁からの天下りと、財界有名人の天下りと、生え抜きの抜擢などのいろいろな場合があるが、業界に詳しいかどうはかさておいて、思い切った施策をとれる人である必要はあると思う。
 例えば、IBMという巨大企業の場合、1990年の頃、真に存亡の危機にあり、生え抜きのCEO、エイカーズの代わりに、IT業界を全く知らない、ナビスコの会長、ガースナー氏が抜擢された。どうなることかと思われたが、彼は、大鉈を振るい、恨みに思う人は沢山いただろうが、結局、大規模なリストラをして、見事IBMを蘇生させた。
 こういうのを見ると、NHKも、いっそ、放送業界など業界を知らない、再建の才能がある人をトップに据えたらどうかと思う。例えば、あり得ないが、日本電産、永野会長みたいな人材である。その下、実務をよく知る側近がサポートすればいい。
 あと、トップ人事で難しいのは、側近の能力の客観的な評価である。異業種から来るトップは大抵、仕事をやりやすくするために、気の知れた側近を引き連れてくる。ところが、なにしろ異業種なので、連れた来た側近の中にはどうしても能力を発揮できなかったり、うまくいかない者も出てくるが、ガースナーのような優れた経営者でも、気の知れた側近を甘やかしていた、という側面は拭えない。ましてや、ガースナーほど優れていない経営者の場合、そういう場面が多くて、社員のモラールを阻害してしまう。側近であろうとなかろうと、厳正な能力主義の適用は、特に経営上層部において、いくら強調しても強調しすぎることはない。
 そういう経営者、あるいは部門のトップでもいえることだが、ありがちな傾向としては、自分の得意分野を偏重してしまい、人材もそこに偏ってしまう、ということがある。すなわち、あまり実務に自信がないトップでも、経験上、なにかしら一つくらいは得意な分野がある。例えば、英語が得意、とかである。すると、よほど自制心と広い視野をもっていないと、これからは国際化時代だから、英語の能力が重要である、TOEICが何点以上でないと、そもそも課長にさえなれないようにしよう、と、人間の一つの臆見である、少数能力パラメータによる序列化をはかる。すると、確実に、部門内で、英語に関与しない実務スキルが、やせ細っていくのである。それに気付いて、自分の得意でない分野にも、本気でフォーカスをあてていけるかが、トップ人材のボトムラインであろう。それができたからといって、何も卓越しているとはいえない。しかし、それさえできない人材は、トップから去るべきであって、自分の得意とするそのスキルで、細々と(やっていけるなら、太々でも、もちろんよい)生きていけばよいのである。

吉林省

 先日、仲のよい友人と、久々に、新宿に呑みに行った。新宿駅東口の、どこかのビルの5階の、本当にどうってことない、大衆酒場である。
 そこで、注文をとりにきた女性を見て、なぜか、ああっ可愛い、と心の中で叫んでしまい、とても意外だった。なぜ意外かというと、私は、歳のせいもあって、女性をみて心ときめく、ということがすっかりなくなっている。極論を言うと、道でもし、滝川クリステルとすれ違っても、あまり気にしないかもしれないほどである。
 それで、注文をとるとき話してみると、どうも日本人ではない。聞くと、中国人らしい。吉林省の出身である、という。それで、つい、6年前に、北京に出張に行ったことを思い出した。時間があったので、北京の銀座みたいな繁華街を歩き、いろいろな店をのぞいた。道すがら、いろいろな人に会った。しかし、いまよりも、もっと感性がみずみずしかった6年前でも、北京の街中で、女性にすれちがっても、なぜか心ときめかなかった。膨大な人ごみの中には、確かに、女優みたいな美人もいたと思うのだが。
 それで、上述の大衆酒場に戻るが、呑みながら、つい気になるので、当該のウエートレスさんの方をちらちらと、眺めてしまっていた。そして、酔っ払っているせいもあって、また、遅くまで呑んで、もうあまりお客さんも残っていないせいもあって、そのウエートレスさんに、帰り際、「やあ、あなたは本当に美人ですね。」と余計なことを言ってしまった。こんなシチュエーションで、こんなことを本人に告げたことなど、今まで一度もない。そもそも、私はナンパなどするタイプでは全くない。だから、今更に自分の心理が分からない。
 それで後日、吉林省はどこにあるのだろう、と地図で確認すると、なんと、北朝鮮と隣接している。それで少し合点がいった。というのは、私は、昔から、男女を問わず、韓国の人に、とても親しみを感じてしまうところがある。女性に対しても、恋愛感情というよりも、百年ぶりに会った懐かしさ、みたいに感情を覚えてしまう。だから、くだんのウェートレスさんは、吉林省出身ということで、朝鮮民族の血が濃厚に流れている、という可能性はある。
 こういう韓国びいきの感情は、私だけではなく、日本人に結構共通なのではあるまいか。というのは、いまだに日本で、ヨン様だのチェ・ジウだの、イ・ビョンホンなどと、韓流スターの人気は、衰えることを知らない。
 こういうことから、やはり、日本文化も、日本語も、朝鮮半島から来たウラル・アルタイ語系が90%で、残り10%が、ミクロネシア、タミール語、ドラブィダ語などの南方系のミックス、と考えるのが妥当なような気がする。

テロリスト・ハンター

 馴染みの古本屋で、よく訳の分からない本を手にした。題名を、テロリスト・ハンターという。アスペクトとかいうよく知らない出版社であるし、面白いかどうか分からなかったが、一点、翻訳者が、鈴木主税であることに安心感を覚えた。してみると、私もミーハーか。
 それで読み始めてみたが、なかなか面白い。著者は、匿名の女性。イスラエル人である、という。ある理由から、実名は決して明かさない。本人の一家は、1960年代に、イラクのバスラにいた。子供の頃は裕福で平和な日々であったが、イラクのバース党やサダム・フセインが勢力を握ってくるにつれて、イラク内のイスラエル人に対する弾圧が始まった。ある日とうとう、父親が秘密警察に連行され、無実の罪で死刑になる。それを機会にほうほうの体で、残った一家が、イスラエルへ決死の脱出を試みる。
 ようやくイスラエルに着き、父親は最早いないものの、なんとかイスラエルで生活を始める。ヘブライ語をマスターして生活を始め、苦労はするが、なんとか大学も卒業、そこでフィアンセに巡りあい結婚。しかし、湾岸戦争が始まり、頻繁にミサイルがイラクから飛来するようになると、身の危険を感じて、一家で、アメリカ合衆国のニューヨークに移り住んだ。
 さて、ニューヨークに行ったものの、仕事がなかなかない。困っていると、アラビア語関連の調査期間の募集があった。そこに就職していろいろ調べていると、慈善団体の募金が、実は、中東のテロリスト・グループに流れているというアラビア語の記事が目に付いた。ほとんどのアメリカ人がアラビア語が読めないので、見落とされていたのである。そこで、筆者は、アラビア語が母語である、という強みを生かして、もともとはユダヤ人なのであるが、イスラム風の服装で、サンフランシスコでの、中東の国主催の募金パーティにスパイとして潜入するのである。そこにはなんと、ハマスのメンバーもいた。
 このような諜報活動から明らかにされてくるのは、米国内には、表面的には合法的な、イスラム過激組織の資金源となっている団体が沢山ある、ということである。大学教授として、よく知られた大学に勤務している者に、そういうコーティネータになっている者もいる。こういうことから分かることは、イスラム過激組織というのは、結局、パレスチナとイスラエルとの骨肉の争いにその根源がある、ということである。だから、米国内で出回るアラビア語のテキストも、とても過激であったりする。アラビア語を読める人口が米国内にとても少ないので、結構高を括って流通していたりするようである。また、米国がイスラム過激組織のテロの対象となるのも、イスラエルの最大の支援国であるからに過ぎない。書いてみて、なんと当然のことなのだろうと改めて思う。
筆者の対イスラム諜報活動が評価されて、筆者はついに、ホワイトハウスの高官とミーティングをもつまでに至る。
 筆者はさらに、1993年頃から、オサマ・ビン・ラディンと、アルカイダの存在を知るようになる。そこで情報収集活動を続けていくうち、9.11テロの原型となるプロットの存在も知るようになる。
筆者は、アルカイダに関する情報を、FBIに多く提供したが、結局、9.11テロは防げなかった。米国政府にも、いろいろな思惑が渦巻いていたからである。
 それで結局、筆者は、この明らかに波乱を呼びかねない、また、自分の家族を危機に陥れかねない、この内容を匿名で出版することを決心する。それで少しでも、テロリストの摘発に進展があれば、との意図による。それは結局、半分しか成功していないような気がするが、その理由は、うまく説明できないでいる。

小惑星衝突

 Webニュースによると、NASAは、直径50メートルほどの小惑星が1月30日の午前6時(日本時間同日午後8時)、火星のすぐ近くを通過し、火星に衝突する可能性もあると発表した。「2007 WD5」の呼ばれる小惑星で、11月20日に見つかった当初、地球に衝突する可能性が考えられ、監視対象とされた、という。
 火星から約5万キロ以内を通過し、実際に衝突する確率は75分の1とされている。ところで、軌道の数値計算をちょっとかじったことがあるので、こういう場合に、確率が出てくるのは、面白い。
 こういう小惑星の軌道は、基本的に、ニュートンの方程式でほぼ完全に記述できる。すなわち、二階の連立常微分方程式である。連立常微分方程式のコンピュータによる解法にはいろいろあるが、典型的な1つの方法は、Runge-Kuttaの方法と呼ばれるもので、初期値として与えるパラメータは、その小惑星のある時点と位置、速度、質量、引力として影響を及ぼす範囲にある他の惑星、衛星の位置、速度、質量である。そして、hという微小なステップを進めて、計算していく。
 このような計算に当たって、最初に逢着する不確定さは、特に、小惑星のある時点の位置、速度、及び質量である。また、Runge-Kuttaの方法で、いかに細かい刻みのhをとっても、結局は近似計算である。計算を続けていくと、次第に誤差が溜まってくる。
 このような不確定さを累積的に考慮して、75分の1、という衝突確率が計算されたのだろう。量子力学でもなく、金融工学のデリバティブの方程式でもなく、本来的に決定論的なニュートンの方程式による軌道計算で、75分の1という自信のない推定が出てくるところが面白い。
 ということは、明らかに言えることは、1月の中ごろには、小惑星の位置、速度、及び質量を観測して再度計算し直すと、例えば、やはりぶつからないことが分かった、というように、かなりはっきりしたことが言えるのではないかと思われる。
 これをさらに言うと、11月20日に、突然小惑星が見つかり、それが地球に衝突するとも、火星に衝突するとも、かなり曖昧な確率でしか言えない、ということは、もし本当に危険な小惑星が見つかったとしても、たった2ヶ月程度の猶予しかない、ということを意味する。しかも、本当にぶつかるということが分かるのは、せいぜい10日前だったりする。それで、本当に、ミサイル迎撃みたいな対策がとれるのだろうか。これには、命中させる困難と、少なくとも軌道を変えるに足る運動量を与えられるのか、という2つの疑問が残る。問題は、後者で、今回のものは、直径50メートルと比較的小さい。それでも、それがもつエネルキーは、広島型原爆の188倍の威力である、という。もし東京に落ちたら、関東全域を壊滅させるに十分である。
 そこでもし、直径50メートルではなく、直径2キロメートルだったらどうであろうか。これは、依然として、あり得る大きさの小惑星であるが、エネルギーは一気に、広島型原爆の1200万倍となる。これは、人類を一気に滅亡させるに十分である。
 このような小惑星がやってくる可能性は、数千年に一度か、数万年に一度であろう。よって、現実的に考える必要はないかもしれないが、やってきたら、念仏でも唱えて覚悟を決めましょう、ということなのであった。

2007年12月25日

ロボット新時代

 新聞によると、PLEOという恐竜型ロボットが発売され、人気だという。52500円もするが、予約殺到で、なかなか入手できない。開発は、米国のUGOBE社である。売りは、その、本物の生き物のような自然な動きにある。一世を風靡した、ファービー開発の中心人物であるケイラブ・チャン氏などが開発した、とあり、なるほどと頷かせる。
 こういう玩具的なロボットは、ソニーのAIBOにより、日本が先行していたはずであるが、どうしたのだろう。そういえば、ソニーのAIBOのプロジェクトは潰れて、関連のエンジニアは、トヨタに移ったそうである。そこで、トヨタは、バイオリンを弾くロボットを作った。一種の打楽器であるピアノなら分かるが、バイオリンとは、恐れ入る。トヨタはさらに、人型でない、家事や介護をするロボットも作った。もともと、車の生産ラインで、塗装などにロボットが使われているので、そこに、ソニーから来たエンジニアの遊び心がうまくフュージョンしたのであろう。
 これを見て、ライバルのホンダは焦る。というのは、歩行ロボット、アシモで先行していたはずだからである。そこで、ホンダは、複数のロボットが協調して歩き、人に道を譲る、自分で充電もするロボットを作り、対抗する。身長130センチ、体重54キロ、時速6キロで歩く。
 ロボットを分類してみると、
1. 工業用
2. エンターテイメント用
3. 介護用
4. 軍事用
 の4種類に分けられる。工業用は一般的に生産ラインであるが、原子炉などの危険作業用、建設用、など多くの用途が考えられる。宇宙空間での作業など究極の目標の1つである。
 エンターテイメント用は、PLEOのような愛玩用以外に、踊ったり歌ったりの、文字通りのエンタメが考えれる。
 介護用は、例えば、看護師のサポートであるが、いまのところ、任せきりにできるだけの信頼性は、到底ない。
 軍事用は、当然にみんな考えているはずであるが、技術的困難とは別の理由で、出し渋っていると思われる。一種の秘密兵器である。これで、人の代わりに戦ってくれて、人的被害が減るならいいけど、余計に被害を増やすように設計されることもあって、人間の本性は怖い。
 ロボットの当面の目標は、インテリジェンスの向上と、機械的操作の精妙化であるが、究極には、自己増殖オートマトンである。戦後まもなく、かの鬼才、フォン・ノイマンにそういうタイトルの著書があるくらいであり、ロボット工学も、実は、高度な数学の産物なのである。
 自己増殖オートマトン・ロボットの1つの典型的な形を、スタニスラフ・レムの「砂漠の惑星」というSF小説に見る。それは、妙に暗く哀しい小説である。それで私は、コンピュータ漬け、ロボット漬けのような将来を、とても悲観する。この悲惨な世の中が、さらに悲惨になるというのか。ああ、そうだとも、悲惨さには下限はないのである。
 

連勝記録

 新聞によると、レスリング女子の吉田が、国内外あわせて連勝記録が、118になったという。これは、師匠の栄監督の116連勝を抜くものである、という。なんとも凄い記録である。
 でも、ちょっと待てよ、吉田のこの記録が、国内のローカルなものであるなら、二流の相手だけと戦っている、として理解できないこともない。しかし、その間、オリンピックや世界選手権で、世界の一流とも戦っているのである。一体、他のどんなスポーツや競技で、世界レベルの舞台も含めて、118連勝が可能なのだろう。
 例えば将棋。どこかの地方都市の将棋クラブで、お山の大将が指すのではなくて、プロの公式戦、というなら、30連勝というのも、私は聞いたことがない。囲碁も同様である。将棋や囲碁がレスリングと違うのは、勝つまでのプロセスが、とても長いということである。長い、ということは、間違える可能性が高い。従って、力で優っていても、つい悪い方を選んでしまう確率が低くない。
 では、野球ではどうか。プロ野球も、30連勝くらいが関の山だろう。野球も、将棋や囲碁のように、勝つまでのプロセスがとても長い。
 そこで、これは定理として、言えると思う。
 定理:勝つまでのプロセスが長い競技であるほど、連勝は難しい。例えば、野球、将棋、囲碁以外には、マラソンがそうである。たまたま、ある大会で優勝しても、次の大会で優勝できる人は少ない。ましてや、5連勝さえマラソンでは聞かない。
 では、相撲はどうか。相撲は、勝つまでのプロセスがとても短い競技である。レスリングよりもさらに短い。その相撲で、どんな連勝記録があるかというと、双葉山の69連勝が最高である。これだって、囲碁、将棋、野球に比べると、凄い。凄すぎる。しかし、吉田の118連勝には到底及ばない。なぜか。
 そこで、第2定理:勝つまでのプロセスが、短すぎると、連勝は難しい。これは分かりやすい。一瞬の隙で決まってしまうからである。沢山戦うと、気が抜けるときはどうしてもある。相撲以外に、100m短距離がある。
 そこで、100連勝のような連勝を許す競技は、短すぎもせず、長すぎもせず、一瞬のうっかりがなかなか致命的にならない競技である。そうして、微妙な実力の差が、確実に反映される。これに該当する競技は、先ず上記レスリング、それと、柔道がそうであるようだ。押さえ込む、という意味でも、レスリングと柔道は、よく似ている。実際、女子柔道の谷(旧姓、田村)は、世界選手権とオリンピックで、ずっと負け知らずであった。
 ここで、私は、大胆?にも仮説を挙げる:レスリングと柔道以外で、世界選手権も含めて戦って、100連勝以上した人はいない。あれっ、競輪の中野浩一がそうだったっけ? 書いた直後から自信がなくなってきた。

2007年12月26日

ピーターの法則

 池田信夫氏のブログを見ていたら、佐藤優氏の最近の著書が酷評されていた。池田氏の書評は、辛口なので、少し割り引いて読む必要があるかもしれないが、しかし、確かに、佐藤優氏は、本の出し過ぎであり、また、本来の外交以外の分野でも、訳知りに書いてしまっている面がある。その結果、ときどき本屋で手にとってみる佐藤優氏の著書は、読書好きの私にも、あまり魅力を感じないものでっあったりすることも確かである。
 そのように本を書きすぎる一因は、買ってしまう読者にある、とは言える。しかし、それに乗じて、あまり得意でない分野や、二番煎じ、三番煎じみたいな本を出してしまう本人の姿勢はまずい。
 そこで私は、ピーターの法則を思い出した。それはすなわち、組織で、人は、無能になるレベルまで昇進する、というものである。例を挙げると、研究者として優秀であった人が、その研究成果に基づき、例えば、研究所長に抜擢される。すると、日常業務は、研究ではなく、予算折衝であったり、外部の要人と会ったり、政府関連の契約交渉であったりする。すると、かなりの確率で、研究者として優秀な人に限って、そういうことは苦手で、無能ぶりを発揮してしまう、ということがある。
 これを防ぐため、ピーターの法則の提唱者は、あえて、昇進しないで実務レベルにとどまることを勧める。組織としても、例えば、フェローみたいな、地位は高いが、実務の研究もする、みたいなポストを用意する。
 これと同じで、本を書く人は、ピーターの法則によれば、売れなくなるまで本を出し続ける、ということになるが、すると、後半に出した悪貨が、前半に出した良貨を駆逐する、ということになって、しいては著書全体に対する信頼を失ってしまう。
 佐藤優でまずいと思うのは、外交官の実務から遠ざかってしまっていることである。だから、彼の言うことは過去の遺産に基づいており、その財産はそろそろ食い潰されつつある。だから、佐藤優もそろそろ、本を書くのは中断して、サバチカル(研究休暇)に入るべきだろう。
 そういう意味では、生涯に亙って、水準の高い著書を出し続けた、松本清張や司馬遼太郎は、偉い。彼らに特徴的なのは、若い時代にいろいろな仕事を転々としていることであり、そういうのが、発想の井戸となっているのだろう。それは、必要条件にすぎないのだけれども。

2007年12月27日

恐竜滅亡の原因

 いつからか、恐竜滅亡の原因は、隕石の落下によるものだ、というのが通説になっている。その根拠は、ある地層で、イリジウムの成分の濃度が一様に高くて、そのイリジウムは、衝突した隕石から巻き散らかされたものである、ということである。それで、人類滅亡の有力なシナリオの1つに、巨大隕石、あるいは小惑星の地球への衝突がある。
 もちろん、数百万年に一度くらいの頻度で、小惑星が地球にぶつかる、ということはありえよう。しかし、どうも、それは痛打ではあっても、決定打になっていないのではないか、と思ってきた。というのは、ものの本によると、恐竜滅亡の数百万年くらい前から、次第にある植物や海生動物が滅亡してきているのである。すると、やはり、恐竜滅亡の主要原因は、気候変化による、植物の絶滅、それにともなう、草食動物の絶滅、また、それに伴う、肉食恐竜の絶滅、というシナリオが妥当ではないだろうか。
 そういう風に食料となる植物が減ると、体の大きい、いわば燃費のかかる恐竜ほど、脆い。だから、トカゲのような小型爬虫類は、なんとか生き延びることができた訳である。私は、大型恐竜を絶滅させるほどの隕石だと、人類の祖先となる哺乳類も、生存は難しいのではないか、と考えていた。だから、小惑星非決定打説だと、腑に落ちる。
 別の観点で、アンモナイトの滅亡に関して、種の寿命、という観点が云々され、それは一度は信じられたが、結局は、さまざまな資料に基づき、妥当でない、として棄却された。しかし、進化によって、遺伝子が袋小路に入り、どうしようもなくなって滅亡する、ということは、やはり、あり得るのではないだろうか。というのは、孔雀の羽を見ても、人間の知能を見ても、かならずしも合理的に周囲の環境に対処するように進化していない。むしろ、過剰さを募らせているようにも思われる。だから、人類が環境のせいでもなく、エネルギーの枯渇でもなく滅亡するストーリーは、その発達しすぎた前頭葉で、欲望を肥大化させ、互いに殺しあう、というものである。申し訳ないが、今のキリスト教も、イスラム教も、戦う宗教であって、前頭葉に待ったをかけられない。
 ん、仏教? さあ、ということになる。

2007年12月28日

ブット暗殺

 ここ数ヶ月、パキスタンの状況はそれなりにウォッチしてきたので、パキスタンの要人が殺害されることがあっても何も意外でないはずだが、しかし、昨日(12月27日)のブット暗殺には、流石に驚いた。というのは、勝手な思い込みで、ブットは完全に政治から降りており、従って、過激派も、ブットを殺害する優先順位は低いのではないか、と思っていたからである。
 私はうっかりしていたのだが、ムシャラフは、非常事態宣言を、12月15日に解除していた。そうして、ブット率いるパキスタン人民党とも、イスラム教徒連盟ナワズシャリフ派とも共同しようとしていた。そこで、ブットは、過激派掃討で、ムシャラフと足並みを揃えようとしてた、という。ということは、過激派から見れば、ブットを暗殺する理由はいくらでもある、ということである。実際、ブットは、自爆テロを仕掛けられたことがある。それで、支持者100人以上が死亡した。しかし、ブット自身は、防弾ガラスの車の中にいて、助かったそうである。このようなことだから、ブットは、日ごろから手厚い身辺警護を怠らなかったそうだが、やはり、水も漏らさず攻撃を受けとめることはとても難しい。
 過激派はまた、イスラム教徒連盟ナワズシャリフ派の何人かの支持者も、同時多発的に銃殺した、という。すると、過激派の意図は、ムシャラフの連合の意図を挫くことにある。独裁者のいわれ高いムシャラフにとって、非常事態宣言を解除し、他の派閥と連合することは、米国の指示とはいえ、苦肉の妥協であったろう。すると、今回のブットの暗殺で一番困り予定が狂うのは、ムシャラフ自身よりも寧ろ、米国政府である。
 米国としてはよほど、パキスタンに派兵し、アフガニスタンやイラクで戦ったように、対テロの掃討作戦を展開したいであろう。しかし、イランとの関係、またインドや中国との関係でも、それはあまりに危険である。
 イスラム過激派との戦いにすっかり腰が引けてしまったムシャラフの次の作戦は、何だろうか。また、米国政府はそれをどう支援するのか、目が話せない。

佐藤康光の残留

 佐藤康光が、A級で谷川に負け、これで6連敗、今のところ単独の最下位である。次の行方戦がキーポイントで、これに負けると流石に危ないだろう。しかし、佐藤にとって有利なのは、今期、とても星が割れていることである。今の時点で、久保と行方が1勝5敗、よって、残り3局のうち2つ勝てば、なんとか残れる可能性がある。これはとてもラッキーなのであって、例えば、深浦は、4勝5敗で降級したことがある。そういう展開なら、佐藤は、既に降級決定なのであった。
 ところで、大山、谷川、羽生は、今まで降級していない。米長でさえ、引退する年まで、降級しなかった。なお、適当に休場していた升田は、ここでの比較からはずす。
 そこへいくと、神武以来の天才、加藤一二三も、その棋才は米長以上と言われた内藤も、A級で随分、降級し、B級1組から復帰する、ということを繰り返した。大山、谷川、羽生、米長と、加藤一二三、内藤との違いは何なのだろうか。才能の違いと言ってしまえばそれまでだが、もしかしたら、才能というよりも、勝負に対する執着度の違い、と言ってよいのかもしれない。大山は当然として、羽生も米長も、悪粘りを厭わない。
 そこで注目すべきは、谷川である。彼は、入玉や千日手が大嫌いで、悪粘りするくらいなら投了した方がよい、と思うくらい淡白である。それでいて、一度も降級の危機に晒されたことがない、というのは、驚異的な才能なのであって、羽生より上、という見方もできよう。かつて、芹沢が谷川を絶賛していたのも故なしとしない。
 で、佐藤康光であるが、どうみても才能も勝負に対する拘りも、米長以下ではない。すると、やはり佐藤は残留すべき、ということになる。ここで、「べき」がどれほど意味があるか、ということになるが。

2007年12月29日

女性蔑視とイスラム教

 イスラム教は、マホメットによって、砂漠のベトウィン達の地にもたさられた。ベトウィン達は、血縁を重んじ、戦いに明け暮れた。男女関係は放埓で、結婚した男女間の不貞も珍しくなかった。
 そのようなベトウィン達に、コーランは、女性を擁護する者としての男性、女性を支配する者としての男性を規定した。コーランは、次のようにいう。

「男は女の擁護者(家長)である。それはアッラーが、一方を他より強くなされ、かれらが自分の財産から(扶養するため)、経費を出すためである。それで貞節な女は従順に、アッラーの守護の下に(夫の)不在中を守る。あなたがたが、不忠実、不行跡の心配のある女たちには諭し、それでもだめならこれを臥所に置き去りにし、それでも効きめがなければこれを打て。それで言うことを聞くようならばかの女に対して(それ以上の)ことをしてはならない。本当にアッラーは極めて高く偉大であられる。」

 かくして、イスラム教の下で、女性は、夫以外の男性から、容姿を隠さなくてはならなくなった。家庭に籠もり、社会に出て働くことも禁じられた。
 現代になって、主として石油による利益で潤ったことから、ドバイ、クウェート、イラクその他の地では、女性がある程度解放された。それでも、サウジアラビアでは、結婚前の女性がある男性に会いに出かけて、その知り合いの複数の知り合いの男性に性的乱暴を受けたと裁判所に訴えたところ、逆に、裁判所は、イスラム教の教義に基づき、結婚前の女性が性的に放埓な行動をとったと、その女性に、鞭打ち100回の刑を言い渡した、という。
 このように、イスラム社会ではまだ、西欧社会からみると信じられないような習慣が残っている。ところが、そのようなイスラム社会の中でも、最低の民主化度なのが、パキスタンなのだという。そこでは、パルダと呼ばれる、女性隔離の習慣が強く、パキスタンの公用語はウルドゥー語なのであるが、男性の識字率もさることながら、女性の識字率が世界最低レベルなのだという。このような、国民全体の識字率が低く、強い女性蔑視が残っているパキスタンを民主化する、ということは並大抵ではない。
 ここにきて私は、一昨日暗殺されたブットを完全に見誤っていたことに気づく。パキスタンの元首相ブットは、パキスタン人民党を率い、民主化の星であり、多数の支持者がいた。それは、彼女が名家の出身であり、父親のアリ・ブットを、クーデターによる絞首刑により失った悲劇のヒロインでもあるからである。そう意味で、やはりブットは、アサンウン・スーチーと似ている。
 ブットの人気を裏付けるかのように、ブットの暗殺で、各地で暴動が起こり、米国がムシャラフに懇願する総選挙は、ますます困難になった。パキスタンの、女性の地位向上への前途は多難である。

自己家畜化

 人類が、犬、猫、牛、豚、馬などを家畜化して、食用、愛玩、警護などに利用してきたことは周知であるが、実は、一番家畜化したのは、人類自身なのであった。
家畜化とは、その定義により、野生から切り離され、形や習性を変えることである。当初狩猟民族であったと思われる人類(の一部)は、一箇所に定住し、農耕を営むようになった。それによって、狩猟という不確実性の高い食料獲得行為から解放された。また、定住によって、住居を構築し、寒さや外敵から身を守るようになった。これは、生活の利便性を高めたが、生物としての生存能力を低下させていくことにも繋がった。
 さて、家畜化によって何が起きるかというと、自然環境の人口化である。これによって、最早元の荒々しい自然環境では生きていくことが難しくなった。典型的には食料である。狩猟時代には、どこに動物がいるか、視覚、聴覚、嗅覚を研ぎ澄ます必要があった。そうしないと、動物を捕獲できず、それが続くと飢え死にしてしまう。農業によって、食料が所与になると、視覚、聴覚、嗅覚は真っ先に衰える。視覚、聴覚、嗅覚に加えて私は、狩猟時代の人類には、今で言う霊能力があったと信じる。例えば、聖書の頃の時代は、多くの人はまだ、精霊が見えたのではないだろうか。そうしないと、今のような人類の能力では、聖書のような神話は成立しない。ところが、今は、非常に限られた人しか霊能力をもたず、すると例外的な能力であるがゆえに、公認された人間の能力とは看做されなくなっている。
 家畜化の別の側面は、生殖の管理である。狩猟時代には、人類は、生殖の行為に多くの快楽を期待しなかったであろう。外敵や猛獣がいつ襲ってくるやもしれず、そういう行為に耽溺している場合ではない。ところが、自己家畜化に伴い、一種の安心を得ると、生殖が管理可能になり、場合により、子孫を増やす目的だけではなくなった。その快楽の側面も注目されるようになってきた。多くの動物がそうであるように、狩猟時代には、人類は、ある程度決まった発情期があったかもしれない。しかし、自己家畜化になり、発情期と非発情期の明確な区別がなくなった。このことは、子孫を増やす、という意味では、有効であろう。
 自己家畜化による別の変化は、ネオテニーである。すなわち、赤ん坊がそのまま大きくなったような容貌になり、体毛を失った。
 自己家畜化によるさらに別の側面は、死の儀式化である。狩猟時代、狩猟に伴い、あるいは病気で死ぬことは日常茶飯事で、特別なことではなかったろう。もし亡くなっても、その場で単に埋めて、あるいは放置して動物の食べるがままにしておいたかもしれない。しかし、自己家畜化によって共同で暮らすと、死が否応なく、目に付き、その喪失が共有され、その別れが儀式化される。ここから、この世と死後の世界を繋ぐ儀式を通じて、宗教が生じた。
 では、自己家畜化は成功したか、というと、人類が繁栄し生き延びるための装置、という意味では最高の成功であろう。しかし、自己家畜化によって押さえつけられた本能は、ときに噴出する。冒険家と呼ばれる人たちは、快適な暮らしからあえて、極寒の地の旅行に出て、冒険心を満たす。例えば、植村直己がそうであろう。
 また、時として異常に暴虐になり大量殺人を犯す人は後を絶たない。狩猟民族の血が蘇るのだろう。そういう意味では、性犯罪者よりも、殺人者の方がより根源的である。
 こうして、自己家畜化によって人類はその心の奥底で、軋み声をあげている。しかし、もう自然に戻ることはできない。このような心の闇こそが、影の部分なのだろう。宗教がそれを救い得るかというと、それはもう、限界が見えている。というのは、宗教が人類を救う途は、より自己家畜化を進めて、心の安寧を得る方向と、野蛮に戻して、心の野生を取り戻す方向の2つしかなく、どちらに進んでも負けは見えている。こうして、救われがたさを抱いて生きていくのが、自己家畜化された人類なのである。

About 2007年12月

2007年12月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。