« クレイジーソルト | メイン | 石油の値段 »

オープンビジネスモデルに対するコメント

 オープンビジネスモデルについては、チェスブロウの著書に対するコメントという意味で、既に述べたが、池田信夫氏のブログで、「グーグルの時価総額はトヨタを抜き、この創業から10年もたたない企業の価値が、日本のすべての企業を上回った。」と書かれていたので、これについてもコメントする。
 私の意見は、あまり「時価総額」などというものはあてにならない、ということである。金融の素人があえて間違いを懼れず言うと、サブプライムローン問題や、石油価格などをから分かるように、価格というものが、すぐれて金融工学の成果により、うつろいやすく、ちょっとした気まぐれで変わりやすい、ということである。あることが時流に乗っていると世の中が判断すれば、その分野に投資家が一斉に投資する。結果として、時流にのった会社の「時価総額」は急騰する。でも、ある意味、それだけのことではないだろうか。
 例えば、トヨタがグーグルの真似をしてインターネット・ビジネスを立ち上げるとする。すると、おそらくグーグルのようにうまくは経営できないだろう。しかし、逆にグーグルが、トヨタの真似をして車を生産しようとすると、それは、とてつもなく難しく、箸にも棒にもかからないだろう。このような非対称性を考慮するとき、なかなか、グーグル>トヨタとはいえない、というのが私の意見である。
 また、オープンビジネスモデルであるが、例えば、Web2.0をとってみても、要素のとしての基本的な技術は既にほぼ出尽くしており、それらをうまく組み合わせることでシステムが構築される。そのところで、新しい発明は生じにくい。多くの基本的な技術は標準化されており、必ずしも知的財産で保護されていないか、されていたとしていても、RANDと呼ばれる妥当なライセンス料で、自由に使えたりする。このように使える役者が揃った、ということが、オープンビジネスモデルの背景にある。
 しかしである、そのような役者は、どうやって生み出されたか考えてみてほしい。ゼロックスのパルアルトの研究所であったり、米国国防総省であったり、ベル研であったり、IBMのワトソン研であったりしたはずで、基礎的な役者を揃える仕事はどうしても、豊富な資金と人材を有し、クローズな環境にある中央研究所によってなされたのではなかったか。
 すると、オープンビジネスモデルは、研究開発費を削減して、資金を合理的に投入してビジネスを効率的に行う手段であって、技術で時代のフロンティアたり得る道ではない、ということになる。すると、オープンビジネスモデルを標榜する会社は、別のオープンビジネスモデルの会社との差別化をはかることが難しく、結局、消えていく可能性が高い。オープンビジネスモデルの典型のように言われているグーグルをみるがいい。実は、グーグルを特徴づけるものは、単なる既存技術の寄せ集めではなく、ページランクのアルゴリズムに裏打ちされた、他社が真似できない巨大な並列システムであり、スキルの塊である。ところが、そういうスキルとか暗黙知の集積とみると、グーグルよりもトヨタの方が、はるかに巨大な伽藍なのであり、ここでも、「時価総額」が、とても表面的な指標であることが分かるはずである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/453

About

2007年12月 2日 12:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クレイジーソルト」です。

次の投稿は「石油の値段」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。