« メディカルコミュニケータ | メイン | 反転 - 田中 森一 »

鏡像左右反転

 鏡を見たとき、なぜ左右反転であって、上下反転でないか、というのは意外に難問で、古くはプラトンの時代から議論になっている、という。すなわち、任意の座標系で、左右も上下も特別でないのに、なぜ、左右だけが反転になるのか、という物理座標系の特殊性の問題に帰着される。
 ところが、先月、東大の心理学の教授、高野陽太郎氏が、英国の心理学雑誌に、実証実験に基づく論文を提出した。物理ではなく心理的アプローチである。それによると、111人の学生に、鏡を見て自分の姿が逆転しているかどうかを問い、その結果、逆転している、と答えた学生が65.7%、逆転していないと答えた学生が34.7%であった、という。
 これで分かったことは、人間は場合により、鏡の中の像を頭の中で変換して認知している、ということである。すなわち、多くの人は認知しないで認知し、ある人は変換してから認知する。これを裏付ける別の実験もあって、ロシア語のアルファベットには、ローマ字を左右反転したようなものがある。例えば、иは、ロシア語では、イーであるが、英語しか知らない人だと、なんだNがひっくり返っていると思うだろう。こういうことから、ロシア語を勉強した人は、一旦鏡の中の像を頭の中で変換して認知する傾向が高まる、という。
 従来、鏡像左右反転の問題に関しては、ファインマンや朝永振一郎などの物理学者のエッセーで触れられている。それは、特に今世紀に入って、自発的対称性の破れとか、重力理論の超対称性とか、要するに、対称性が、物理学でとても重要な要因であることによる、と思われる。では、彼らのエッセーに明確な答えがあるのか、というと、実は、彼らもはぐらかしている、というのが実際である。それは、私が思うに、この問題が、優れて物理学と心理学の混合した難問であって、物理的アプローチだけからは解けない、ということにあると思う。
 で、解ではないけれども、私の考えはこうである。先ず、顔に平行に並んで2つの目がついているのではなく、1つの目が額にあり、もう1つの目がお腹にある生き物を考える。すると、この生き物にとって、額の目の上の部分は、鏡の中でもやはり上であり、お腹付近の部分は、鏡の中でも、上の方の目から見て、下である。すると、上下は入れ替わらない。しかし、普通の人間にとって左右は入れ替わる。すると、やはり、われわれが水平方向に移動して暮らす生き物である、という生物学的な視点が大きいのではないだろうか。
 さらに面白いと思うのは、上記の高野陽太郎氏の論文に対して、物理学者から批判があることである。すなわち、大阪府立大学の多幡名誉教授は、「鏡像の左右反転、非逆転の根本的な理由に、心理は本質的なかかわりをもたない。」という。私は物理学のシンパであることで人後に落ちないが、これには笑ってしまう。すなわち、どうして、物理学の観点からそんなことが言えるのか、と。物理学でいえることは、上下を主とする座標系も、左右を主とする座標系も、等価である、ということであって、そこに暮らす人間がどう感じるか、ということは、どうしても心理学に委ねるしかないのではあるまいか。これはまた、マッハの感覚の分析から源を発する、科学哲学の根本問題の1つでもあろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/467

コメント (1)

catbird:

鏡は何故左右逆に写るのでしょうか。空間には、左右の他に上下前後もあります。上下逆や前後逆には何故写らないのでしょうか。鏡に写した時、元の形と写った形とは、向かい合って同じ形です。その2つの形は、果たして左右が逆でしょうか。元の物と鏡に映った形とを、同じ向きに向け比べる時、元の物を180度回転させなければなりません。この時、縦軸を中心として180度回転させれば、左右逆になります。逆に横軸を中心にして180度回転させれば、上下逆になります。他に斜めの軸もありますが、何故縦軸を中心に180度回転させなければならないのでしょうか。それは、人間の体が左右対称だからです。元の形と鏡に写った形とを比べる時、両者を出来る限り近い形にしようとします。だから頭の中で縦軸を中心に180度回転させているのです。自分の形が上下対称である場合を考えてください。当然横軸を中心に180度回転させて比べてみることでしょう。従って、鏡は左右逆に写るものではなく、実は前後逆に写っていたのです。

About

2007年12月 9日 09:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メディカルコミュニケータ」です。

次の投稿は「反転 - 田中 森一」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。