« 鏡像左右反転 | メイン | 人間は、大豆だけで生きていけるか? »

反転 - 田中 森一

 ベストセラーになっている、元特捜検事の田中森一の「反転 - 闇社会の守護神と呼ばれて」幻冬舎を読んでみた。
 一読、特捜検事としての熾烈な取締りの世界と、辞めて弁護士になってからの、ヤクザや闇社会の企業家の弁護活動に、瞠目し驚嘆した。しかし、検事時代の事件も、弁護士としての弁護活動も、ほとんど実名で内容が詳細に書かれている。検事としても弁護士としても、守秘義務があるのではないだろうか。それとも、石橋産業事件を巡る詐欺容疑で逮捕、起訴され、もうどうでもよくなってしまつたのだろうか。
 田中森一氏は、長崎県平戸に1943年に生まれた。父親は漁師で、兄弟が沢山いて貧乏だったので、義務教育を終えると、父の後を継いで漁師になることが期待されていた。それで、家で勉強でもしようものなら、参考書を捨てられた。
 ところが、政治家になりたくて、なんとか高校を出してもらうと、和歌山にある予備校に通い、懸命の思いで勉強、なんとか一浪で、岡山大学法文学部に合格できた。
 折角大学に入ったものの、空手部に入部し、ほとんど勉強もせず、武勇伝を重ねた。ところが、大学三年あたりから、何を思ったか急に司法試験をめざし始める。貧乏で鍛えた根性で、一日14時間勉強、奇跡的に、大学在学中に司法試験に合格、結局、検事に任官することになった。
 検事になると、貧乏な暮らしと、空手部で鍛えた貫禄により、とても厳しく実績をあげる検事になった。しかし、犯罪者には、貧しい生い立ちの者が多く、つい自分の生い立ちと重ね合わせて、取調べは峻烈を極めても、求刑を軽くするのであった。
 そうやって、生き甲斐をもって検事の仕事をやっていたのだが、検事という仕事の性質上、政界やその他の高度な政治的判断により、しばしば、取調べの中止を命じられ、度重なって、不満が爆発し、ついに検事を辞める決意をした。それをきっかけに、冷え切っていた夫婦の関係が終わってしまった。
 弁護士になると、ヤクザや闇社会の企業からの顧問依頼が殺到し、その顧問料は、月1000万円にもなった。山口組No.2宅見組長とも懇意になった。そうして信じられないような収入を手にして、弁護活動をしていたのだが、ある検事から目をつけられ、ついに、言いがかりのような案件で起訴されてしまう、というストーリーである。
 これを読んで思ったのは、田中森一氏は基本的にはとても頭のよい人である、ということである。それに生い立ちから来る強烈なハングリー精神が相俟って、短期間での司法試験合格となった。しかし、ある意味、人生の中盤以降が順調すぎて、立ちどまってしばし考える余裕がなかった。広い意味での哲学的思索を育てることができなかった。そのように深く哲学的に考えない、ということは、検事として一直線に前に進む上で有利である。また、弁護士として、金に目がくらんで舞い上がる上でも、下手に考えない方がよいのだろう。
 しかし、石橋産業事件での逮捕で、田中森一氏は、流石に、検事とは、弁護士とは、国家とは、と思索を深めざるを得なかった。書くことだけが、そこでは彼の救いだったのだろう。いろいろと物議をかもそうと、実名で書かないと、彼の気持ちは晴れないのだろう。このように、ヤクザや代議士も含めて、実名で事件内容を書く、ということは、読者には、事件の背景がよく分かってありがたいが、中には、逆恨みして、田中森一氏に仇をなそうとする者もでてこよう。しかし、田中氏はもう開き直ったのではなないだろうか、刺客がくるなら、それでも構わないと。
 今日の新聞でも、大分のコンサル会社を巡って脱税容疑があった。この本にあまた出てくる事件のワンノブゼムである。ここでも、田中森一氏のような弁護士が活躍するだろう。そもそも、ヤメ検を、中心にそういう弁護の人材には事欠かない。しかし、その弁護士は、田中森一氏のように吐露することはありえず、よつて、この本は貴重である。
 また、思ったのは、この本には、安倍晋太郎、安倍晋三など、政界の要人とヤクザのつながりも明確に書かれている。すると、どうも政治には、ヤクザがどうしても必要であり、丁度、からだにおけるコレステロールのようなものである。しかし、コレステロールが多すぎると、健康に害がある、とのことで、警察、検察が、それを妥当なレベルに維持しようとする。そこで、政治につながる闇社会の人達を弁護する弁護士も、世の中のコレステロール制御にとても重要にな役割を果たしている、ということである。そこで政治とは一体なんなのか、という疑問が湧く。うまく思考が纏まらないので、一旦擱く。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/468

About

2007年12月 9日 20:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「鏡像左右反転」です。

次の投稿は「人間は、大豆だけで生きていけるか?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。