« イランとロシア | メイン | ムシャラフの孤独 »

ジュセリーノ予言

 テレビ番組によると、ブラジルの預言師、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースは、9割もの的中率を誇り、本人曰く、9/11のテロ、スマトラ沖大地震、フセイン元大統領の居場所、地下鉄サリン事件など、全て的中させたのだという。要するに、夢に見るので、それをメモするのだそうだ。
 ただ、今年はこうなる、と前もって沢山預言するので、他人に検討する余地を与えてしまう。すると、例えば、2007年について誰かが確認したみたところ、1割も正解していないようである。
 それで、堂々とテレビにも出演し、9割も当たると自己宣伝するのは、相当な神経だろう。預言師といえば、本人自身は預言者というよりも翻訳者という触れ込みだが、昭和50年あたりに、「ノストラダムスの大預言」と題する本を出版した五島勉も相当なものである。あの本によると、人類は1999年に滅亡することになっており、この本も、ノストラダムスはことごとく預言を当ててきたので、彼の詩篇から必然的な解釈される、というが、今にして思えば、相当に牽強付会であった。ただ、私も当時は若かったので、ああ、40代で自分は人類とともに死ぬのか、と暗然としたものだった。その若年の預言を私は忘れなかった。そして、1999年の年末、2000年問題のどたばたで大変で、ノストラダムスのことは忘れかかっていたが、ふと、あれはどうなんだろう、2000年問題非対応でミサイルが暴走して飛んでくるのか、との不安も隠せなかった。で、知らないうちに、ノストラダムスの預言した日は過ぎていて、安心したある日、本屋で、五島勉の新刊を見た。凝りもせず、占いものであるのを見て、私はあきれてしまった。よくやるな、と。
 そこいくと、富士山の噴火を予測した元気象庁職員とかいうおじさんは立派だった。確か、1982年の6月頃に、彼なりの科学的根拠に基づき、その年の9月に富士山の噴火する、と予測した本を書いた。その本はベストセラーになったが、今に至るまで、富士山は噴火していない。私が立派だというのは、そのおじさんは、9月以降、完全に世間から姿を消したことである。その一点で、ぎりぎり預言者ではなく、科学者のはしくれであったのだろう。
 そういう意味では、ジュセリーノとか、五島勉は、預言することで、自分自身をも騙して、信じ込ませているのだろう。そして、預言するときの独特の緊張感が楽しくて、もう、当たるとか当たらないとか、どうでもよくなるのだろう。一種の人格障害か虚言癖なのかもしれない。
 それでは、そもそも預言など嘘っぱちか、というと、私は必ずしもそうとは思えない。預言は、因果律を先取りかることなのだが、世の中で、因果律は適当に壊れており、一種の超能力で、何ほどか未来が垣間見える、ということはあるかもしれない。しかし、それはどうしても不確かで、人的に解釈も入ってくるので、当たるも八卦、当たらぬも八卦に少し色をつけたものにならざるをえない。
 実は神秘が好きな私は、ものすごい預言者も、インドの秘境とか、チベットの山奥にいるのではないか、と期待している。そういうところにいる超人の預言のほとんどは当たるのだけれども、俗世間にいるわれわれに伝えられることは、ない。漏れ知れてしまうことと、預言の確度の積がプランク定数に依存する、みたいな、ハイゼンベルグの不確定原理のようなことを考えてしまうのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/494

About

2007年12月22日 22:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イランとロシア」です。

次の投稿は「ムシャラフの孤独」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。