« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月 アーカイブ

2008年1月 3日

メイプルハーバー号

 年末に、実家の尾道市に帰省したが、ちょっと趣向で、メイプルハーバー号という深夜バスを利用してみた。メイプルハーバー号は、中国バスが運営する深夜バスで、町田駅のバスセンターを、夜9時に出発し、早朝5時半頃、福山駅に着く。そこから、広島県の西条というところを経て、広島駅に着く、という次第である。
 この深夜バスの利点は、料金の安さである。というのは、新幹線で町田駅から福山に行くと、だいたい片道16000円くらいかかる。ところが、この深夜バスだと9800円である。あと、寝ているうちに着く、ということで寝台列車のようなものである。また、以前、といっても20年以上前であるが、深夜バスに乗ったときは、二人掛けの席が左右に2列で、すると、知らない人と隣接する必要がある。たまたま若い女性が隣だと楽しいのではないか、などと余計なことを考える人もいるが、そのようなロマンなんて単なる夢であり、だいたいは隣の人に気を使う必要があった。その点、今の深夜バスは、席が、一人掛けで離れて3列であり、隣の人に気を使う必要はない。
 また、運転手が二人いるのもいい。最初、町田から福山までの8時間を一人で運転するのかと思っていた。それは結構きついが、遠距離トラックでそういうこともあるので、まあ、なんとかなるか、と思っていた。だから、バスに乗務員が二人いると分かったときも、ああ、ひとりは車掌か、と思ったものである。しかし、よく考えると、深夜バスに車掌は不要である。で、社内放送によると、途中のインターで、運転手が交代するのだという。その間、運転していない方の運転手は、後方のベッドで仮眠している。そういえば、あるスキーバスで、一人しかいない運転手がとても疲労して、結局、人身事故を起こしたことがあった。この事故の反省か、とも思い、そういう体制に安心した。
 あと、昔深夜バスに乗ったときは、たしか、社内にトイレはなく、そのため、深夜どこかのインターに寄って、トイレ休憩があった。しかし、深夜バスから降りるのは面倒で嫌である。だから、「途中でインターによりますが、お客さんはそこで下車できません。運転手がリフレッシュするためだけです。」とアナウンスがあったのは、却って安心した。
 ただ、寝台列車のような水平なベッドではなく、結局は、リクライニング・シートなので、どうしても寝台列車のような寝心地は得られない。また、町田駅を出て、横浜インターから東名高速に入るが、そこから、社内の灯りを消し、窓にもカーテンを覆ってしまう。そこで本が読みたければ、各席に、読書灯はある。しかし、かなり暗くて、相当読めない。これでもし本を読み続けていると、確実に目を悪くしてしまいそうである。
 それで結論であるが、料金本位で、バスで寝ていくのだ、と開き直れるなら、深夜バスは悪くない。新幹線の2/3の料金は魅力的であろう。しかし、交通機関で何か読書をしたり、調べものをする、友人と談話する、旅の風情を楽しむ、という目的だと、全く向かない。その辺で、使い分ければよいと思う。

2008年1月 4日

小皇帝

 小皇帝とは、文字どおりの意味は、中華人民共和国の一人っ子政策で生まれた中国の子供で、特に男子をいう。一人っ子に過度の期待をかけられ、過保護に育てられた子供のことを言う。
 ところが、最近では、中華人民共和国で、子供のときから塾で勉強漬けになって、よい大学への進学の途を歩ませられる子供のことを言うようになった。
 そういう傾向は当然に日本にも、また、韓国にもあるが、中華人民共和国では、何しろ、大学進学率が低い、というか、そもそも、大学の数と定員が著しく少ない。だから、とにもかくにも、あまり進学が困難ではない多数の大学を擁する日本や韓国とは、その厳しさからして違う。
 また、中国というと何といっても、科挙の伝統がある。とても難しい試験を突破した者が国の中枢の地位に就き、国を治めるという思想である。そのような古き雰囲気を中国は払拭しきれていないのではないか。
 すなわち、毛沢東が進めた文化大革命の時代は、学者、医者などの知識階級が、弾圧の対象になった。文化大革命の間は、孔子や儒教も、反動的と看做された。
 ところが、中華人民共和国で、資本主義的な側面が助長されるにつれて、知識階級がやはり重要ということになって、エリートたる者、高い教育を受けていなくてはならない、ということになった。それが、勉強漬けに晒される小皇帝達ということになる。
 しかしである、進学塾に通わされる日本の子供達もそうであるが、小学校くらいで嬉々として受験勉強にいそしむ子供達はせいぜい、全体の一割程度であろう。他の子供達はやはり、楽しく遊びたいのであり、もし、どんな子供も詰め込み教育を受けることに唯々諾々だと、空恐ろしい。
 すると、中華人民共和国の小皇帝で、もうこんな勉強なんて嫌だ、と悲鳴をあげる子供が沢山いるに違いないと想像できる。そうやって勉強の嫌いな子供を勉強で追い込むことの恐ろしさは、いくら強調してもしすぎることはない。
 そもそも、なにかのペーパーテストの出来でエリートを決めるということの危うさを、中華人民共和国は思い出すべきである。そうやって科挙の制度を過度に推し進めた結果、中国では科学技術ですっかり遅れをとってしまい、日本や列強の蹂躙を許してしまった。
 この点、本当はもう結論が出ているのではなかろうか。すなわち、緩く選別して、あとは、そのメンバーで競争させる、というのが高等教育でも、一番効率的、ということである。例えば、米国の弁護士のようなものである。日本の司法試験は、米国の対応する試験に比べて、ずっと難しい。では、米国の司法制度が日本よりずっと劣っているか、というとそんなことはなく、寧ろ、その層の厚さから来るレベルは、日本よりも米国が上であろう。
 だから、中国がとるべき策は、あまり入試が難しくない大学を沢山つくり、そこと、精華大学や北京大学のようなエリート大学の学生と競わせればよいのである。すると、結構、無名大学でも特異な才能を発揮して、エリート大学の学生を凌駕する者もあらわれてくることが分かるだろう。
 ただ、当面、そうもいかないので、少数の大学に志望者が殺到するという事態は変わらず、小皇帝は勉強の試練にさらされる。私はただ、自殺したり精神的におかしくなったりする小皇帝がでてこないことを願う。あと、ただ試験が出来るだけでエリートになったと勘違いする小皇帝も、であるが。

COマネー

 新聞によると、ヨーロッパで、COマネーの取引が始まったという。すなわち、工場毎に排出してよいCOの量が割り当てられ、CO1トンあたり、22.5ユーロ(ほぼ、3700円)の税金が課されるという。そうして、その割り当て量を超えると、1トンあたり、100ユーロの罰金が課される。そこで、排出量が割り当てより少なくて済む工場の持ち主は、持分の割り当て量の一部を、他の工場の持ち主に売ることができ、それによって、他の工場の持ち主は、当初の割り当て量よりも多くのCOを、罰金なく排出することができる、というものである。
 このアイデアは、だれが考えたかしらないが、金融工学的には意味があっても、環境保護的には、まったく意味がない。意味がないどころか、有害である。というのは、折角ある工場が努力してCO排出量を削減しても、そのCO節約分を他人に売って、他人が追加のCOを排出することになる。よって、世界の総量では、COは減らない、ということになる。
 別の問題として、すべてのCO排出源を管理することはできないので、どうしても簿外のCOというものが出てくる。言わば、アングラCOである。人類の性質として、もしかして、管理下のCOよりも、アングラCOの方が多くなる可能性もある。
 別の問題点として、地球温暖化の主原因が本当にCOなのか、ということがある。実は、COの増加が地球の温度の上昇に寄与する、という因果関係はまだ、はっきりとは実証されていないはずである。それよりも100%の自信をもって因果関係を言い立てられるのは、人類による発熱である。そもそも、人類そのものが体温により発熱しているし、車、焚き火、飛行機、発電、暖房、冷房など、発熱の原因は数え切れない。こういう熱が地球に籠もって地球の温度を上昇させていることは疑いない。なのに、みんな、COにだけ着目して、発熱源のことを言わないのは公平ではない。
 発熱源のことを云々しない理由はおそらく、それが経済活動に直接結びつくからである。すなわち、発熱を減らすと明らかに、経済活動が低下して、サブプライム・ローンなどで冷却傾向にある世界経済をさらに減速させてしまう。よって、間接的にCOをスケープゴートにすることにより、環境保護者としての正義面を維持しながら、経済発展の恩恵を受ける、という私から見ると欺瞞をエンジョイしている。COマネーなるものを考え出すことこそ、環境保護よりも経済発展の方に高い優先順位をおいていることの何よりの証拠である。

2008年1月 5日

ソクラテス死刑の理由

 ソクラテスは、公式には、次のような理由で、アテネの政府から、死刑を言い渡されたことになっている。「ソクラテスは、国家の認める神々を信奉せず、かつまた新しい神格を輸入して罪科を犯している。また青年を腐敗せしめ罪科を犯している。」
 ところが、クセノフォンの「ソクラテスの思い出」によると、実際は次のよう理由らしい。すなわち、市井で若者たちをつかまえては議論をふっかけるソクラテスには、沢山の弟子がいた。ソクラテスは、いかなる意味でも、国家転覆を説いた訳ではない。むしろ、自制と節制と勇気を説いたのである。
 そのような多数の弟子の中に、クリティアスとアルキビアテスがいた。クリティアスとアルキビアテスは、ソクラテスとともにあるときは、師匠の教えを守り、節度ある暮らしをしていた。そんなとき、クリティアスは、エウチュデモスという美貌の青年を誘惑した。その様が、あまりに下品だったので、ソクラテスは、クリティアスを非難した。ソクラテスは、歯に衣を着せないタイプだったので、クリティアスは豚が石に顔を擦るように、エウチュデモスにすりよる、という言い方をした。これが大層、クリティアスを怒らせてしまった。
 ところが、ソクラテスにとって運が悪いことに、クリティアスは、カリクレスとともに、三十執政の一人となって、実権を握った。そうして、ソクラテスに対して復讐の念に燃え、法律の中に、「言葉の技術を教うるを禁ず。」という一項を入れた。これはあまりに曖昧な構成要件で、いかなる学者にも適用可能なものである。
 実際、この条項を適用して、カリクレスたちは、人品卑しからぬ多くのアテナイ市民を死刑にした。そこで、ソクラテスは沈黙を保てばいいものを、「牛飼いが、自分が牛の頭数を減少させて、その質を低下させたとして、それで下手な牛飼いであると認めないとしたら奇妙な話であるが、もし国家の指導者が、自国の臣民の数を減少させて、それを恥ともなんとも思わず、自分が低劣な指導者であると認めないとしたら、いよいよ奇妙な話である。」と言ってしまったものだから、三十執政に喧嘩を売ることになってしまった。
 果たして、ソクラテスは、三十執政に呼び出されて、尋問を受ける。そこでいろいろとやりとりがあったが、もうソクラテス死刑の結論は出ていたというべきである。
 このあたりの背景説明は、プラトンの「ソクラテスの弁明」にあっただろうか。ここまで詳しく説明がなかったような気がしたので、クセノフォンから補足してみた。そうして、プラトンの「パイドン」にあるように、ソクラテスは逃亡のチャンスもあったのだが、毒人参の杯をあおって、従容と死の途についた。
 現代において、ソクラテスのように毒舌を弄する者は多数いる。実際、アテネでも、ソクラテスを「うざいおっさん」だと思うものは多数いただろう。しかし、彼のように勇気を出して批判することは実に難しく、こうして、後世に至るまで偉大な哲学者として、記憶されることになった。

2008年1月 6日

ソニーと超能力研究

 ソニーが、公式に超能力という噂はよく聞くところであり、これについて知りたいと以前から思っていた。ところが、ある古本屋のワゴンセールの中に文春文庫「カルト資本主義」斉藤貴男があり、その第1章にソニーの超能力研究のことが書かれていたので、これに基づき、纏めてみる。
 ソニーの超能力研究は、1980年代後半に遡る。ソニーのディジタル・オーディオの研究者である佐古曜一郎は、以前から、超能力に強い興味をもっていた。そこで、ソニーの創業者の一人、井深大を囲む会の席で、社内で超能力の研究をやりたい、と切り出した。その論旨はこうである。21世紀は、ヒューマン・サイエンスの時代である。そこで、ヒューマン・サイエンスの新しい側面として、人間の脳を、数理的、社会的、哲学的、心理学的に研究したい。
 普通の経営者なら、このような提案を、何を馬鹿なことを言うかと一蹴するだろう。しかし、井深大は違った、良くも悪くも、というべきか。実は、井深は、東洋思想、特に、気について深い興味があった。そこで、気を研究するなら、という条件付きで、佐古に研究の開始を認めた。1991年のことである。
 佐古はそこで、社内の同志を募り、研究を始めた。社内には当然、あいつら何をやっているんだ、という反発はあったが、なにしろ、井深のお墨付きである。表立って反対はできなかった。佐古らの研究室は、ESPER研究室と呼ばれた。佐古らの研究は最初、気に関するものであった。その後、千里眼、スプーン曲げなど、超能力の常道を踏襲する。
 ところがソニーには実は、ESPER研究室に生命情報研究所というのが、1989年に設立されていた。これは、東洋医学の研究を目指したものである。、これも、井深大の肝いりだった。特に東洋医学の脈診を極めることを意図した。
 生命情報研究所も設立も、他の経営者陣の反発を受けた。いかにも怪しげだからである。しかし、これも、井深のごり押しに押し切られた。ソニーでは、創業者の井深に対抗できる者はいないのだった。
 ソニーの超能力シンパとして他に有名なのは、天下司朗こと土井利忠である。土井は、フィリップスとともにCDを開発し、その後、ワークステーションNEWS、ロボットAIBOなどの開発も指揮する。そういう意味では、結構まとこな分野での業績もあるのだが、ソニー在職中から、講談社ブルーバックスに、「あの世の科学」という、死後の世界に言及した著書も出し、また、2004年にソニーを辞職してからは、意識の成長・進化を遂げることを援助する、ホロピック・ネットワークを主催する。
 このようなソニーの傾向が今も活きていると思うのは、ソニー中央研究所勤務で脳科学者の茂木健一郎のクオリア論である。彼のマスコミ出演頻度や著書をみると、彼がまともな研究をしているようにはどうしても思えない。ただ、彼のような活動を支援する雰囲気が、ソニーにはまだ、あるのだろう。
 一方でソニーは、バッテリーの不具合による大損失、プレステ3の不調、フラットテレビの出遅れもあって、経営状況は必ずしも芳しくない。AIBOの開発も止めてしまい、ロボットの研究の中心は、ホンダに移ってしまった。このような状況に鑑みたとき、スピリチュアリズムのファンでもある私は、超能力研究に取り組むソニーの姿勢に対して、複雑な思いを禁じえない。ともかく、経営の夢として、ソニーには、あまり成果が期待できない脳や超能力研究を続けてほしいと思うものである。

脳内将棋

 正月に、衛星放送で将棋の特集番組を見ていたら、脳内将棋というのを、佐藤康光と、久保が対戦する、という。脳内将棋って何?と思っていたら、どうも、盤を見ないで指す将棋のことらしい。ああ、めくら将棋かと思った。少なくとも、私の世代には、めくら将棋の方が通りがいい。ただ、「めくら」という言い方が、差別用語で使えなくなったのだろう。そもそも私は、「脳内」という言い方が嫌いである。数年前だったか、春山勇とかいう医学博士の「脳内革命」という本がベストセラーになった。しかし、きわもの本が好きな私も、なぜか、「脳内革命」は全く手にとって見る気もしなかった。そうしているうちに、春山勇氏の経営する病院が経営不振で営業停止となり、「脳内革命」のブームも立ち消えとなった。
 ところで、佐藤康光と久保の脳内将棋であるが、盤を見ないだけではなく、一手10秒以内、という厳しい条件なのに、とても気合の入った熱戦となった。戦形は、先手久保の早石田、佐藤の居飛車。早石田を受けるために、駒が左翼に偏った隙を突かれ、玉側から端攻めされて、佐藤が困った。しかし、香得に油断したか、捌き方を間違え、最後は、84から39に利く角の働きで、久保が即詰みに討って取られた。盤面を見ている私にも、即詰みは自明ではなかった。佐藤は、正月番組の脳内将棋で、三連勝中である、という。冗談でも一秒に三億と三手読む、と喧伝される佐藤は、独特の短時間での読みの速さと、脳内での盤面再現能力があるのだろう。私のような凡才には、単に反則にならないで、脳内で駒を進められるだけでも驚異的である。
 では、脳内で一手10秒以内、というのは、どれくらいのハンデなのだろう。私は直感的に、角落ちくらいかも、と思った。それでも、佐藤康光と久保が、とても拮抗したプロらしい展開になったのは、双方に同じハンデが適用されたからである。だから、ハンデに気づかないで済む。
 では、平手の手合いで、佐藤康光が脳内将棋一手10秒以内で、私が持ち時間40分だと、私が勝てるか。直感的には自信がない。ただ、王を意味もなく移動したり、銀を出たり入ったりと、いわゆる「将棋にない手」を駆使すると、混乱を招いて勝てるかもしれない。しかし、それは、勝つという何に値しないであろう。

2008年1月 7日

外交官と語学力

 新聞のある欄に、元フランス大使の矢田部 厚彦という人が、次のような趣旨の論説を寄せていた。すなわち、職業外交官というのは、技術者である、と。なんの技術者かというと、外国語を通じて、外国人と意思を疎通しあう技術をもつ、技術者だ、というのである。
 その趣旨に異論はない。確かに、全く外国語が理解できない外交官、というものを想定することはできない。矢田部氏は、こう続ける。優れた外交官であるためには、外国語以外に、洞察力、観察力、判断力、機知、勇気、忍耐、冷静さ、教養、人間的魅力、忠誠心などが必要である、と。それにも異論はない。
 そこから矢田部氏は、再び語学のスキルに戻り、こう述べる。すなわち、日本語を母国語とする、ということは、孤立した言語族であるため、西欧語を理解するうえでとても不利である。世界には、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語などのうちのいくかを駆使するだけではなく、アラビア語、中国語、ヒンディー語、スワヒリ語などにも堪能な外交官はざらにいる。こういう語学力に鑑みると、わが国の外交官の語学力は、真に貧弱であり、到底五分に伍することはできない、と嘆く。そうして、外交官試験に合格してから特殊語学の修行をするのでは遅いので、中学・高校生レベルで、語学の才能をもつ者を抜擢して、奨学金を与え、且つ諸外国へ留学させ、そこの大学を卒業させることにより、語学力の高い外交官を確保すべし、という一見尤もらしい意見を述べる。
 しかし、私は、これには同意しない。というのは、折角外交官に必要なスキルとして、語学以外に、洞察力、観察力、判断力、機知、勇気、忍耐、冷静さ、教養、人間的魅力、忠誠心を挙げておきながら、それらが等閑になっている。また、上記議論では、手段としての語学力が、すっかり目的になってしまっている。
 私の拙い理解では、外交官にまず必要なのは、高い職業倫理と、日本国家の利益のためのグランドデザインの理解と、戦略的思考である。また、自国と他国の歴史と文化に対する深い理解である。それなしで、単なる語学屋が、外交官として何をかなさんやである。そうした資質の上で、語学力を問えばよい。そういう有意の人材が、卓越した語学力をもつなら、それはなんと幸いなのだろう。ただ、そういう僥倖を恃む人材制度は、無理がある。私の意見では、多言語屋で高い見識をもつ人は少ない。翻訳機のようなものだからである。まず、歴史や哲学の深い素養を問うべきで、語学が苦手なら、語学の技術屋の助けを借りればいいのである。

旬のお笑い芸人

 正月のお笑い番組を見ていて初めて知ったのだが、2007年年末のM1グランプリの優勝は、サンドウィッチマンとのことで、逆に意外だった。「逆に意外」という言い方は説明を要する。すなわち、サンドウィッチマンは、ときどきエンタに出演するけれども、その実力は圧倒的で、まったく「すべらない」。面白さの連続で、しかも、とても玄人っぽい。別格なのである。だからというか、私は、勝手に、無冠の帝王だと思っていた。だから、M1グランプリに出場すること自体、とても意外であった。私の勝手な理解では、M1グランプリは、0.8か0.9くらいの実力の人が、頑張って優勝して、1.0の実力である、と認めてもらう場である。1.0の実力と認められると、最早M1グランプリに出る必要はない。よって、もともと1.2くらいの実力のサンドウィッチマンは、いい意味で、M1グランプリは論外なのである。
 あと、正月のお笑い番組をみていて、なんとまあお笑い芸人は層が厚いのだろうと驚いたのだが、その中で特に、うんこれは、と思ったのは、鳥居かおりと、アントキの猪木。
 鳥居かおりは、リングの貞子のような不気味なキャラクタであるが、Webの情報によると、ライブだと、放送禁止ような反社会ネタしゃべりまくりなのだそうである。テレビでは流石に、そこまでどぎつくなかったが、不気味ネタは、おどろおどろしくて、笑えた。
 アントキの猪木は、長州小力のアントニオ猪木バージョンであるが、ともかく、アントニオ猪木にそっくりで、アントニオ猪木の行動をデフォルメしていて、その大げさな様がとても笑える。
 鳥居かおりもアントニオ猪木もピン芸人で、コンビやトリオのようなバリエーションを出すことが難しい中で、よく個性を発揮していると思う。なかなか、創造性を発揮する余地があると感心する。
 ところで、あまり人気が出なかったけど、早口芸で一時受けていた星野卓也。「ありえないんだけど、ありえないんだけど」を連発して、ややこしい早口言葉をしゃべりまくる。その話芸は見事と思っていたんだけど、きえちまったのかな。

2008年1月 8日

赤ん坊の聴き取り

 生まれたばかりの赤ん坊は、あらゆる言語のベースとなる200種類の母音と、600種類の子音を聞き分けることができる、という。そうして、母親の喋る声を聞いたり、口の動きを見たりしながら、母語を自然に習得していくのだという。さらに、会話を聞いているだけでも、音と音の区切りを見つけて、単語とい単位を認識する能力ももっているという。特に文法を習うわけでもなく自然に会話をマスターするのだから、聴き取りの力は偉大である。
 私の拙い英会話の学習の経験でも、聴き取りの重要さを感じた。すなわち、私は、まえにもこのブログに書いたが、事情があって40歳から泥縄で英会話の勉強を始めた。最初は箸にも棒にもかからないが、ともかく、一日に2時間くらい英語を聞き流す、ということを2年くらい続けて、やっと、少し耳になじむようになった。すると、これに対応して、少し英語がしゃべれるようになった。すると、赤ん坊の聴き取りよりもずっと緩慢であるが、赤ん坊の聴き取りに相似することを脳が辿っている、ということになる。さらに2年くらい英語を聞き流していると、到底母語の日本語までは至らないにしても、あまり文法を考えないで比較的自然に英語が口から出てくるようになった。
 これでふと、類推のように思ったことがある。それは、最近話題になったiPS細胞のことである。これは、通常の体細胞に4つの遺伝子を、ウィルスなどを用いて注入することにより、多能性幹細胞に変性させたものだが、語学の習得は、ある種これの学習機能版であり、語学学習機能の多能性化である、といえる。ただ、語学学習機能の場合、遺伝子を注入するのではなく、ある種の波長の音というか声を聞くことで、学習機能が多能性化するのではないだろうか。語学の天才と言われる人は、少し音を聴いただけで、速やかに学習機能が多能性化するのかもしれない。そうして、あらゆる言語のベースとなる200種類の母音と、600種類の子音を聞き分ける、とまではいかなくても、少なくとも、母語よりは、聞き取れる母音と子音が拡張される訳である。
 ところで、ある種の音を聞くという作用は、あなどれない。例えば、モンロー研究所は、ヘミシンクと称して、左右の脳に微妙に異なる周波数の音を聞かせ、意識を変性させて、幽界や霊界と意識を繋ぐ作用をもたらす。実は、ヘミシンクは試してみたいけれども、まだ試していない。もし試すと、精神があちらの世界に引きずり込まれて、意識がおかしくなってしまうのが、まだ、少し怖いのである。

宿命、運命、倫理、犯罪

 今日たまたま、宿命と運命の違いをうまく説明できるのではないか、と思う例を思いついたので、自分用のメモとして書いてみる。そこから、倫理と犯罪のことも、系として出てくる。
 まず、宿命とは何か。それは、人間が最善の倫理と判断に基づき行動していて、尚且つ降りかかることであり、典型的には災難である。例として、10代、20代で、若年性の癌や白血病で亡くなる人がいる。これは、ほとんどの場合、先天的であって、不摂生の結果ではない。また、普通に道を歩いていて、上から鉄骨が落ちてきて亡くなることもある。これも、十分に注意した結果なら、宿命である。巨大隕石が地球に衝突して、多く人が亡くなるとしても、それも宿命である。何か、分かりやすい人類の落ち度によるものではない。
 それでは、運命とは何かというと、倫理には悖らないかもしれないが、とるべき方策をとらなくて、亡くなる、という場合である。例えば、酒が好きで、毎日日本酒を3合飲む、というのは、普通、イスラム教徒でもないかぎり、倫理的に問題ない。その結果、60歳で脳溢血で亡くなったとしよう。この場合、因果関係は自明でない場合があるが、もし飲酒の習慣がないか、もっと控えめに飲んでいたら70歳まで生きれたとすると、60歳で亡くなるのは、宿命ではなくて、運命である。もっと顕著な例では、日本の米国に対する参戦がある。これこそ、宿命ではなく運命であったと思われる。避けるのは大変であったかもしれないが、不可能ではなかった。この文脈でソクラテスやエピクテトスを持ち出すのは変であるが、私は、ソクラテスやエピクテトスが言いたかったことは、欲望や我侭を抑えて悪い運命はなるべく避けなさい、しかし、宿命は仕方がないのだから諦めて、嘆きなさんな、ということではないかと思うのである。
 倫理となると、例えば、インサイダーぎりぎりようなことをして稼ぐのは、合法かもしれないが、倫理に悖る。それで、災厄に見舞われても、最早、それは運命と呼ばれるに値しない。
 犯罪となると、倫理以下であり、要するに、一般刑法、刑事特別法に規定されている罪刑法定主義に合致するもので、説明は不要であろう。
 そこで新たな疑問が出てきた。すなわち、宿命ではなくて、運命の結果の因果関係で起こったことは、決して宿命ではないか。例えば、第2次世界大戦自体は、運命により起こったとしても、その結果、ガダルカナル島に送られ餓死した兵士は、運命であるか、宿命であるか、私は本人の判断ではどうしようもなかったので宿命であるような気もするが、すると、因果関係の列に、宿命、運命、倫理、犯罪が入り混じっていてもいいのか、というちょっと論理技術的な議論になる。ここで結論を出すのは私の能力では難しく、open questionとしておく。

2008年1月 9日

A型肝炎

 今から27年くらい前、まだ独身だった頃、突然、A型肝炎に罹った。最初は風邪のような症状だったが、だんだん気分が悪くなって伏せがちとなった。ところが、折悪しく、友人の結婚式が地元の広島県尾道であるので、這うようにして新幹線に乗り込んだ。その気分の悪さは最悪である。
 で、今にして思うと面白いのは、若い女性のそばに行くと、さらに気分が悪化して、ひどい吐き気を催すのである。また、肉料理のような料理の広告をみても、気分が悪化する。下衆な言い方で申し訳ないが、肉欲とはよく言ったものである。それで、枯れたようなご老人のそばにいると、なぜか少し落ち着いた。
 それで結局、実家には帰ったものの、体調が悪すぎるので、友人の結婚式はパスさせて戴いて、病院に行ってみた。そのときはまだ、ひどい風邪くらいに思っているので、注射でもしてもらって帰ろうと思っていたら、駄目だ即入院しなさい、と医者が言う。私の目を見てすぐに分かったらしい。黄疸がはっきり出ていたそうである。
 入院して、検査したらA型肝炎と分かった。そうして、医者に言われた。安静にしておかないと劇症肝炎になりますよ、そうしたら、致死率8割ですよ、と。それでも、毎日、点滴を受けたら、1週間くらいで、とりあえず異様な吐き気は収まった。
 医者が言うには、どこか風俗に行ったんでしょう、と。私は本当に行っていないので、否定したが、医者は恥ずかしがって隠している、と思ったらしい。実は当時、とても経済的に困窮していて、日々の食費にも事欠いていたのに、風俗なんて行く訳がないのである。医者がいうには、日本では、A型肝炎のウィルスは風俗営業で、経口的に感染する以外には、あまりルートがないそうである。東南アジアに行くと、飲み水からも感染するらしいが、東南アジアには、今に至るまで行ったことがない。で、思い巡らすと、可能性は2つである。1つは、たまたま、ビタミンEのサプリを購入した。それは粉末であったが、それを飲んだとき、どうも妙な感触を感じた。こういうサプリの原料を、食品会社が十分殺菌しないことはあるのだはないだろうか。もう1つの可能性は、私の下宿の部屋である。なんと、ゴキブリが跳梁し、鼠が走り回っていた。そういう状況からは、ゴキブリや鼠の嫌疑が真っ黒であるが、それでも、私の直感では、彼らはこの件では無実で、ビタミンEのサプリが真犯人だと思っている。
 結局、病院には3ヶ月入院していた。退院しても体力の衰えは激しく、もとの体力に戻るのに、丸1年はかかった。その間、体力・気力の衰えに乗じるように母からお見合いを勧められ、もともと独身主義であった私は、断る気力をなくしていた。で、結婚して今に至る。よくも悪くも、病気は人生の分岐点である。ただ、結婚した友達には感謝すべきである。というのは、あのタイミングで結婚式に招待されなければ、東京で単身で下宿に臥せっていて、A型肝炎は自然に治癒する病気ではないので、それこそ劇症肝炎になつて死んでいたかもしれない。また、A型肝炎は、B型肝炎や、C型肝炎と違って、後遺症が少なく、肝癌などにもなりにくい。それで、医者が、治ったらまたお酒が飲めますよ、というのが嬉しかった。ただ、その後の飲酒による幾多の失敗に鑑みると、いっそもう飲んではいけません、というのでもよかったのかもしれない。

2008年1月10日

自費出版

 新聞によると、自費出版の会社である、新風舎が倒産した、という。きっかけは、6人の著者から訴えられたことによる、という。その理由は、契約に従う冊数の本が印刷されていなかったことによる。
 新風舎の社長、松崎義行氏は、まだ43歳、都立高校1年のとき、自らの詩集を自費出版したのをきっかけに、この仕事を始めた、という。
 原稿を書いて、どこかの製本会社に依頼すれば、お金さえ払えば自分を本を依頼した冊数だけ印刷することは可能であるが、新風舎の売りは、その全国の書店との関係にある、という。典型的には、137万円払って、5000部の本を印刷してもらい。そのうちの50部は、依頼主である著者の手許に届き、その他の本は、提携されている全国の書店にばらまかれる、というのが建前であるが、もしかして事務的な不手際や見積もりミスなのかしらないが、実際は、全国の書店に配本されるどころか、必要な冊数の印刷もままならず、それどころか、追加費用が要求されたり、自分で買い取ることも要求された、という。
 このようなことを防ぐためには、事前の契約をきちんとする必要がある。
① 納期を契約書に記載する。
② 出版権を依頼に留保する。
③ 費用支払い時期や追加料金の確認の項目を入れる。
 は、必須である、という。
 ところで、自分が書いた本を出版したい、という気持ちはよく分かる。私も、数年前まで、親しい友人に、死ぬまでに1冊でいいので、自分が書いた本を出版したい、と話していたものである。しかし、私が書こうとしていた本は、私の自叙伝でもなければ、旅行記の類でもない。いくら私がナルシスティックだからといって、そんなものを喜んで読む人がいるとは到底信じない。私が、アラビアのロレンスのような数奇な運命を送ったのであれば、ともかくであるが。私が書こうとぼんやりと考えていたのは、会社の仕事で担当している特許管理または、特許電子出願のガイドのような、がちがちに実用的な内容のものである。というのは、もともと産業財産権法というのは、法律の中でも傍流であり、どうしても、第1級の人材が、他の分野に比べて少ない。従って、良書が他の分野よりも少ないのであるが、特許の仕事の中でも、特許管理または、特許電子出願の分野の書籍となると、その分野のレベルの低さは目を覆うばかりである。よって、私が書く拙いガイド本も多少は意味があり、もしかしたら、100冊くらいは売れるかも、と踏んだことがあった。ただ、100冊しか売れないと持ち出しであり、利益にはならないことは見えており、自己満足だけのことである。ただ、その踏ん切りもつかないうちに、私の特許管理の知識が次第に陳腐化し、意味のある内容の本を書くことすら、叶わなくなってしまった。
 だから、私は、正直いって、100万円も200万円もかけて自費出版する人の気持ちがどうしても理解できない。そもそもが、いま私が書いているような、ブログ、という媒体もある。すると費用は、月せいぜい数千円で済む。このブログだって、友人や知り合いにお願いして、やっと読んで貰っているのである。もしこのブログを本にしたとて、誰が買うであろうか。只でも、邪魔になるから、いらない、と言われるのが落ちである。

学歴考

 結構微妙な問題であるが、一度きちんと論じておきたかったこととして、大学入試というか学歴のことがある。特に日本では、大学が偏差値、伝統その他で細かく格付けされていて、多くの人は、少しでも高いランクの大学に入りたい、子供を入れたい、と思っている。こういうと今更何を言うか、と言われそうである。
 で、その理由は、次のようなものであろう。
1.ランクの高い大学を卒業すると、就職や結婚に有利である。
2.親戚や友人に対しても、鼻が高い。
3.高い収入が期待できそうである。
4.自尊心を満足することができる。
 ところが、上記1と3は、次第に翳ってきている。例えば、ある一流といわれる会社があるとする。そこには、ランクの高い大学の真ん中くらいの成績だと、入れるとする。ところが、相対的に低いと言われているランクの大学でも、上位の成績だったり、なにか特技があると、その一流といわれる会社といわれる会社に入社できたりする。それで、ランクの高い大学の卒業生の方が生涯に亘って高い収入を得るかというと、実は、ほとんど関係がない。そこで昇進し高い給与を得るためには、周囲との協調性、実務能力、安易にキレない忍耐力、体力、などが必要であり、卒業大学がどうであれ、思ったほど差がつかないようである。
 もし、自分がランクの高い大学の卒業生であることに自負を抱く人は、そこで、なんであんな大学の出身の奴に負けるのか、と地団駄踏んだりすることもあろう。
 ただ、これは比較的最近の傾向で、私の友人で、三菱重工に入社した人がいたが、東大出身とそうでない人で、昇進がはっきり違う、と言っていた。それは30年も前の話なので、いまは多少違うかもしれない。
 それで、なんとか大学のランクを主張したい人は、公務員になるよりない。そこだと、いまでも、学閥がかなり生きている。ただ、公務員試験の成績も効いてくるので、そこでよい成績を収めておく必要はある。
 学歴がもっと関係ないのは、実務の世界、例えば、プログラマ、建築士などである。そこでも、ラベルとしての学歴は一応注目される。おお、東大なんだね、と。でも、プログラマでいつまでもしょぼいコーディングしていたら、東大だろうと関係ない。結局、スマートに動くコードを書けないと意味ないし、建築士も、まともな設計できなければ仕方ない。
 しかし、である。大学入試の試験がいくら、単なる記憶だ、パターン化されている、結論の出る問題しかない、と言っても、知的能力の、かなりよい測定指標であることは疑えない。例えば、プログラマで優秀な人、というのは、やはり結構東大出身だったりするのである。別の例でいうと、私の趣味の将棋といえば、これほど実力主義のゲームもなかなかないが、大学対抗戦とかあると、やはり強いのは、東大、早慶、地方では旧帝大なのであって、入試の力との因果関係は否定できない。
 でも、と私は続ける。それは結果的に、ランクの高い大学の卒業生に、知的能力の高い人の比率が高いのであって、逆ではない、ということをいくら強調してもしすぎることはない。すなわち、知的能力の高い人がすべてランクの高い大学出身ではない、ということである。
 それでも、多くの親が子供が小さいときから塾にいかせて有名中学・高校→ランクの高い大学に行かせようと努力するのは、ラベル付けを得たいということに他ならない。すなわち、一旦東大に入れると、よし中退になろうと、東大に入ったという、一生消えない刻印により、自分は頭がいいんだ、と思い込むことができる。どうも、お金よりも、これこそが親が、なんとしても手にいれたいもののようで、子供もそれに沿っている。
 ある本によると、東大の学内新聞に、バイトに行って、君どこの大学、と聞かれた話が載っている。そこで、いえ別に名乗るほどでは、と答えたところ、相手の学生は東工大だったと後で分かった、という。そこで、その東大の学生は、学内新聞に、東工大と東大のその埋めがたい差、分かるかね、みたいに書いていた、というが、私からみたら、東大も東工大も、理工的実績でそんなに大差ない。でも、その微差を膨大に解釈して、自尊心を満足するために、子供たちはがんばって勉強しているんだね、健気?だね、とここでも私は人間の深い性(さが)をみるのである。これってもしかしたら、ルワンダでフツ族とツチ族が争い、フランス革命で平民が貴族を虐殺した、あの情熱と同質かもしれない。しかし、あまりに人間に普遍的であるがゆえに、誰も素直に笑い飛ばせないのである。

2008年1月11日

美空ひばりと、大山康晴

 正月に実家に帰って、歌謡番組を見ながら、ふと、父親に聞いてみた、少なくとも演歌の分野で、誰が一番偉大かと。すると、いつもは優柔不断な父は、迷うことなく、それは、美空ひばりである、別格である、という。ううん、そういうもんか、とつい唸ってしまった。私の父は元船乗りで、とりたてて教養がある訳ではなく、すごい特技がある訳でもない。ただ、歌が好きで、自宅にカラオケセットを購入し、今でも暇さえあれば、近所の同好の仲間を呼んで、歌っている。なにしろ父はキャリアが長いので、遺伝的にカラオケ好きな私も、その点では父に一歩譲る。
 ただ、文句なく別格、ということはどういうことなんだろう、と改めて考えてしまった。美空ひばりの歌う様は、結構再放送される。見ていると、特に美人ということもない。痺れるような美声という訳でもない。ただ、地の底から沁み込むような哀愁は感じる。で、思い至ったのが、そうか、美空ひばりは、歌謡界の大山康晴か、ということである。歌謡界の加藤一二三でもなく、歌謡界の羽生でもなく、大山康晴なのである。大山の将棋をみると、一手一手は、結構平凡である。しかし、長く通してみると、その偉大さがやっと分かる。別の例で言うと、ナスカの地上絵である。航空写真レベルの高さでやっとその意味が分かる。
 美空ひばりも、一曲一曲は、確かにうまいが、そこそこなのだろう。ただ、いろいな曲を通して聞き分けていると、その偉大さが沁み込んでくるのだろう。
 父が他に評価している歌手は、天童よしみである。現存する演歌歌手では一番うまい、という。ただ、ちょっと癖がある、とも言う。
 他の分野で、美空ひばり的、大山康晴的なのは、誰だろうと考えてみた。すると、クラシックギターのアンドレス・セゴビアがそうかも、と思った。セゴビアは、超絶テクニックを擁するというのではない。ただ、ひたすらロマンチックにギターを歌わせるのである。そういう意味で、美空ひばりよりも甘美である。大山康晴よりも孤高である。他にはいるか、というと、なぜか民法学者の我妻栄が浮かんだ。物理学科出身なのだから、アインシュタインくらいいいそうなものである。しかし、アインシュタインではなく、なぜか我妻栄。こうして、自分でも何を考えているか分からなくなっていくのであった。

2008年1月12日

パナソニック

 松下電器グループが、社名をパナソニックに変更する、というニュースを聞いて、少し驚いた。というのは、松下電器グループでは、今でも松下幸之助の威光は絶大なものであり、社名をパナソニックに変更することは、ある意味、その威光から離れていくことを意味するからである。
 ただ、いつまでも松下幸之助の思想を墨守していては、時代に合わなくなる。そういえば、今から7年くらい前に、松下電器の知的財産部の担当者とこんな話をしたのを思い出した。すなわち、私が、その担当者に、御社は、随分沢山の特許を出願されているのですね、と水を向けたら、担当者の方は、「ええ、沢山出願しているのですが、活用という意味では課題なのです。そもそも、弊社は基本的に他社を特許侵害で訴えないのです。」という。そこで私が、「それは随分もったいない。では、防衛的なものですか。」と聞いたら、そうです、という。すなわち、松下幸之助の教えにより、特許は、共有財産のように考えている。それは、松下電器が創業して発展期にあった戦前のある頃、ラジオの特許で訴える会社があった。それで、松下幸之助は、その特許を買い取り、自由に使えるように無料でライセンスした、という。
 それを聞いて、特許管理という観点では、なんとも殿様商売だな、まあ、会社に余裕があるから、そんなこともできるんだよね、と感心し、呆れた経験がある。
 ところが、その翌年頃、松下電器の経営が一気に悪化した。売上が急速に低下し、数百億もの赤字を出したのである。そのニュースを見た数ヶ月後だろうか、松下電器のある本部長の地位にある人から、私は電話を受けた。そちらの会社に行くから、是非話を聞かせてほしい、と。会社経営の傍流で細々と特許管理を担当している一課長職の私から、どんな話を聞きたいのたろう、と、とても怪訝に思った。ともかく、私のコンタクト先は、私が特許情報の外部委員会に出席していた頃の名簿で見たらしい。
 それで会って、何を話したかよく覚えていないが、ともかく、本部長の地位にある方なのに、困惑してすがるような、藁をもつかむような腰の低い態度を今でも思い出す。私のような者にさえ連絡をとったくらいだから、いろいろな会社の担当者にも話を聞きに回ったのだろう。
 ともかく、そういう会社の経営者層の懸命の改革努力もあって、松下電器は、V字回復した。そうして、特許管理も変わった。すなわち、松下電器は、コンピュータのグラフィック・インターフェースのヘルプ機能の特許で、ジャストシステムを訴えた。その特許侵害訴訟は、ソフトウェアの分野の特許の権利行使という点で画期的であり、一時は、ジャストシステムを追い詰め、結局ジャストシステムが窮鼠猫を噛むみたいな外国引例を探してきて、なんとか、ジャストシステムは勝訴したが、松下電器恐るべし、の印象を与えた。最早、特許=公共の財産ではなく、このころから、確実に、松下幸之助離れは始まっていたのである。
 そうして、ここにきてのCI戦略としての、パナソニックへの社名変更。ソニー、トヨタ、ホンダなどに、海外ブランド力で圧倒的に負けてしまったのだから、仕方がない、ということだろう。ただ、会社に入っていろいろな面倒な事務処理を担当してきた私は、松下電器の社名をパナソニックに変更することにまつわる書類の作り変えや、その他契約書などの手当てなどに関連する事務手続きの膨大さを考えると、眩暈を覚えるのである、単に考えすぎなのだけれども。

司法書士

 最近、電車の広告で、司法書士事務所のものがよく目につく。司法書士だから、登記をちゃんとやります、遺言の作成の相談にのります、というのでは勿論ない。ほとんどが、というか、全てがサラ金などの債務整理に関するものである。いかに借金で苦しんでいる人が多いか、ということだろう。
 ところが、司法書士事務所の広告そばに、なぜか遠慮がちに、法律事務所の広告があり、やはりそこでも、メインの項目が、借金の債務整理であり、すると、司法書士と弁護士は、この領域で競合していることになる。私の拙い理解が正しいなら、民事訴訟法とそれにあわせて司法書士法が改正されて、司法書士が簡易裁判所における訴訟手続や調停ができるようになって、司法書士が債務整理を扱えるようになったのだと思う。
 それでは、債務整理の問題があったとき、司法書士と弁護士への依頼は、どう違うのだろうか。
 下記に司法書士法の抜粋を掲げると、まず、司法書士だと、請求の目的の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額を超えないもの、という制限がある。これは、現時点で140万円である。ただ、それは簡易裁判所に出訴して手続きを進める際に関与することであり、訴外で債務者と、サラ金会社で交渉する代理人としてなら、額の上限は関係ないと思われる。
 ただ、話が纏まらないで、出訴されると、訴額で、司法書士では対応できない場合がでてくる。また、いくら法律的に簡易裁判所への出訴が可能といっても、どうしても裁判所での手続きは不慣れであることが多かろう。すると、そこで、弁護士に案件を引き渡さなくてはならなくなる。
 よって、司法書士の強みは、気軽性だろう。総合病院ではなく、町医者ということである。弁護士はまだ堅苦しいし大袈裟だが、司法書士なら、というイメージを作り出せれば、司法書士は成功であろう。
 それで分からないのは、法科大学院ができて、弁護士がとても増えてくることである。日本は米国みたいな訴訟社会ではないから、裁判所における手続きという意味で、増える弁護士に十分な案件が行き渡るとは考えらない。すると、弁護士の中でも、司法書士と競合する領域にどんどん入っていかざるを得ない。
 そこで起きることは、資格の逆転現象である。どういうことかというと、弁護士は司法書士よりも難しい上位の資格、というのが世間の常識である。ところが、もし司法書士の事務所と弁護士の事務所が近隣にあるとき、気軽にクライアントがより頻繁に訪れるのは、司法書士の事務所かもしれず、もし仕事がない場合、土地の登記という、すごくは稼げないが手堅い仕事で廻しやすいのも、司法書士であったりするのである。
 ともかく、弁護士といえども、下手に下手を重ねると、ワーキングプアになるかもしれない。難しい世の中なのである。
_____________________________________________________
: イ 民事訴訟法の規定による手続(ロに規定する手続及び訴えの提起前における証拠保全手続を除く。)であつて、訴訟の目的の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額を超えないもの
: ロ 民事訴訟法第275条の規定による和解の手続又は同法第7編の規定による支払督促の手続であつて、請求の目的の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額を超えないもの
: ハ 民事訴訟法第2編第4章第7節の規定による訴えの提起前における証拠保全手続又は民事保全法の規定による手続であつて、本案の訴訟の目的の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額を超えないもの
: ニ 民事調停法の規定による手続であつて、調停を求める事項の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額を超えないもの
: ホ 民事執行法(昭和54年法律第4号)第2章第2節第4款第2目の規定による少額訴訟債権執行の手続であつて、請求の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額を超えないもの

2008年1月13日

薬物偽証

 大リーグの通算本塁打記録保持者、バリー・ボンズが、ドーピングの偽証の罪に問われている件であるが、ドーピング、すなわち、筋肉増強剤の服用自体は、麻薬などと違って、刑法的な罪に問われない。しかし、ステロイド系の筋肉増強剤による筋力増強効果がとても大きいことと、それの副作用があまりに大きいことから、競技スポーツの世界では、筋肉増強剤は禁止されている。そこで先ず疑問は、筋肉増強剤の禁止は、筋力増強効果の大きさのためであろうか、それとも、その副作用のゆえだろうか、ということである。
 私の推察は、後者でないか、というものである。すなわち、筋肉増強剤の副作用が全くない、ということは考えにくいけれども、もしそれが無視できる程度なら、筋肉増強剤の使用は、公認されたトレーニング方法の一環となり、みんながそれを用いるので、公平さが保たれる、という次第である。私が思い出すのは、甲子園での高校野球の決勝の、早実対駒大苫小牧の対戦での、早実、斉藤投手が採用した疲労回復方法である。斉藤投手は、なんでも、酸素が過剰のカプセルに籠もって、疲労回復したそうだが、私はこれは、本当に公認された方法なのか、と怪訝になった。なぜなら、実は、高濃度酸素はとても体に悪い。体の中で活性酸素となって、DNAなどを破壊し、実は癌や老化の原因のほとんどは、活性酸素ではないか、という説もあるくらいである。こう考えると、機器や薬物を使ったスポーツでの強化方法の是非の境界は、結構曖昧、ということになる。
 そうは言っても、一旦禁止された強化方法を採用したことがばれると、スポーツ選手は、少なくとも記録剥奪、ということになる。この記録剥奪というのはキーポイントであって、すなわち、選手は剥奪されるべき記録をもっている、ということが条件である。この点、バリー・ボンズは、大リーグの通算本塁打記録保持者なのだから、彼ほど、剥奪され甲斐のある記録をもつ人は、なかなかいない。では、ボンズはシロなのか。2003年12月に、スポーツ選手に違法に薬物を提供したBALCOの事件で、ボンズは、連邦大陪審に召喚された。そのときボンズが否定したのは、筋肉増強剤の意図的な使用である。してみると、使用したこと自体は認めているのか。
 BALCOの事件のステロイド剤使用で同様に追求され、偽証したとされる、元シドニーオリンピック陸上競技金メダリスト、マリオン・ジョーンズは、結局偽証罪で、引退勧告、3ヶ月の禁固、過去の賞金の返却、というとても厳しい刑を言い渡された。素直に筋肉増強剤の使用を認めていれば、少なくとも、禁固はなかったはずであるし、過去の賞金の返却までは言われなかったかもしれない。
 ボンズにとってとてもまずいのは、マリオン・ジョーンズのケースが、ボンズのケースととても類似しており、先例となってしまった点である。ボンズは、ジョーンズの一歩先のステージまで否認している。すると、偽証罪のレベルも高まる。ボンズの場合、最悪、30年の禁固もあり得る、という。もちろん、大リーグの通算本塁打記録も取り消しである。ああ、なんと高い買い物なのだろう。そして、人間の業の深さよ。

火星への衝突回避

 新聞によると、私が昨年の12月24日に、小惑星衝突で書いた、小惑星は、最近計算した結果、結局火星に衝突しないことが分かったという。もともと、昨年の12月24日の時点で、75分の1の確率だったのだから、衝突しない、と分かっても何も意外ではない。
 ただ、である。惑星が火星に衝突するかどうかは、ニュートンの方程式の質点多体常微分方程式を解くことによって、原理的に決定論的に判断することができるが、それでも、衝突の2週間前になってやっと、衝突しないと言い切れる程なのである。
 そこいくと、IPCCだったか、地球温暖化の予測をして、2099年には地球の平均温度が今よりも1.5度、最高6度上昇する、という予測の尤度は、いかほどであるか。どう考えても、昨年の12月24日の時点で、惑星が火星に衝突する可能性として考えられていた、75分の1の確率より高いとはとても思えないのである。
 しかも、地球の気温は、太陽黒点の変動にも依存する、という説が有力であり、太陽黒点が減ると、地球が氷河期になるとも言われている。そうである、地球の最大の熱源は、太陽輻射なのである、すると、二酸化炭素の排出量で温暖化を抑えたつもりになっても、太陽黒点の作用で太陽からの輻射が強まると、結局は地球の気温が上昇する、というストーリーもありえる。逆に、太陽黒点が減って、地球が寒冷化し、二酸化炭素の排出量の規制などという馬鹿なことをしなければよかった、ということもありえる。私が気になるのは、惑星科学者、松井孝典が、今の地球の二酸化炭素の濃度が、観測史上最低である、と言っていることである。IPCCよりも松井孝典の方が正しいというつもりはない。ただ、IPCCには政治的な臭いを感じる。松井孝典にはとりあえず、あまり政治的なバイアスを感じない。

毎日新聞の「発言席」欄

 日曜日の毎日新聞に、「発言席」という欄がある。先週の当該の欄に対して、外交官と語学力というコメントを書いた。あまり感心しない、という趣旨でである。
 さて、今週の「発言席」は、有名なジャーナリストの鳥越俊太郎氏であるが、読んでみて、悲しくなった。というのは、ブッシュ大統領が、イラクの大量破壊兵器の嫌疑をふっかけて、イラクに侵攻し、イラクを混乱に陥れたが、結局、破壊兵器はみつからず、イラクを混乱に落としいれただけである。多数の犠牲者を出している。反省してほしい、という趣旨なのであるが、中学生の作文でもあるまいし、どういう神経で今更、こういう月並みなことをジャーナリストが書けるのだろうか。それこそ、田中宇氏の、ブッシュはわざと失策を犯して、世界を多極化しようとしている、という意見の方が、その妥当性はともかくとして、よっぽど語るに足る。鳥越氏は確かに、かつては立派なジャーナリストであったはずである。癌の治癒の広告でテレビにも出ている。病気で、すっかり気力をなくされたのであろうか。私の推察であるが、毎日新聞の社内にも私と似た意見の人はいらっしゃることだろう。しかし、馬鹿馬鹿しいと思っても、鳥越俊太郎氏は、その格的に、年功的に、投稿を断れないのだろう。
 でも、この鳥越の論説は、単に無害であるのでよい。実は去年のいつだっかか、いくらなんでもと思ってブログ用にメモをとっておいて、まだコメントを書いていない記事がある。あるいは、「発言席」ではなかったかもしれない。フランス文学者の鹿島茂氏の寄稿で、シェイクスピアの"Ex nihilo nihil fit" 「無から生じるものは、無だけである。」に事寄せたものである。そもそもが、現代科学に鑑みても、「無から生じるものは、無だけである。」という命題は、あまり適切ではない。というのは、物理学によれば、局所的には、ゆらぎとして、無から有が生じているのである。でも、文学者の言うことだから、それは大目に見よう。しかし、「無から生じるものは、無だけである。」を、登校拒否、引きこもり、出社拒否の人たちに適用し、彼らがとっている行動は、何一つ学んでいない段階の幼い思考力を駆使して考えた結論、というのだから、これが天下の暴論でなくて何だろう。人間なのだから、様々な理由により、引きこもることはあろう。成熟した人間でも、悩んで立ちどまることはあろう。文学者なら、少しでも、人間の心の影の部分に注意を払ってほしいと思う。経歴を見ると、神奈川県立湘南高等学校、東京大学文学部仏文学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程修了、とある。ううん、単なるエリートか、困ったものだ。

2008年1月14日

イランの反米政策

 先ず、イスラム教の宗派の分布の概要を見てみよう。
 アルカイダ・タリバン=スンニ派
 サウジアラビア=スンニ派
 イラン=シーア派
 現イラク政権=シーア派
 旧イラク政権=スンニ派
 パキスタン=スンニ派

 これをみると、イスラム圏にあって、イランは孤立している。だから、イランが、自分達はアルカイダやタリバンとは別の宗派であり、テロ支援国家ではない、と主張しているのは、必ずしも強弁ではない。イスラム教がスンニ派と、シーア派に分かれた経緯をみると、スンニ派は、カリフの従兄弟を継承し、一方、シーア派は、預言者マホメットの娘婿アリーを担いだ。ところが、アリーは暗殺され、アリーの息子のフサインも暗殺された。こういう経緯だけみると、スンニ派の方がより好戦的に見える。
 そうは言っても、イランの宗教的最高指導者ハメネイ師は、米国がイスラエルを支援することから、反米が基調である。
 しかし、アフマディネジャドが、あまりにも欧米を刺激する発言を繰り返すので、イラン国内で、これを憂慮する声があがってきており、ハメネイ師も、米国との将来的な関係再開は有益である、と発言。これを受けて、アフマディネジャドは、米国に対話を求めるようになってきている。
 これとは直接関係ないかもしれないが、イラクでは死者が減ってきている一方で、アフガニスタンでは次第に治安が悪化し、米兵の死傷者は増える傾向にある。米国の大統領選挙と同様になかなか予断を許さない。

草思社

 少し前の記事になるが、新聞に、草思社が民事再生法適用申請 負債総額22億5千万円、とあり、少し驚いた。少ししか驚かないのは、出版全般であまり景気がよくなく、例えば、もし岩波書店に同様のことがあっても、凄くは驚かないからである。
 さて、草思社の近年のベストセラーと言えば、「声に出して読みたい日本語」。私はこの手の本は好きではないので、手にとってさえいない。ただ、他の出版物である、「間違いだらけのクルマ選び」「平気でうそをつく人たち」「他人をほめる人、けなす人」は読んだことがある。これ以外にも、「地図を読めない女」とかいうのもあったような気がする。すなわち、流石に、カント、ヘーゲル、ウィトゲンシュタイン、などと硬派の哲学書ではないけれども、それはよりはちょっと庶民的な、それでいて、ある程度真面目な本を出して、そこそこに売れていたと思う。
 結果論で言うのだけれども、草思社の失敗は、文庫や新書に手を染めなかったことではないだろうか。
 例えば、私が最近読んで面白かったものを本棚から適当に選んで、列挙してみる。
「われわれはどこにいくのか」松井孝典著、ちくまプリマー新書
「サブプライム問題とは何か」春山 昇華著、宝島新書
「ロックフェラーに翻弄される日本」板垣英憲著、サンガ新書
「ガソリン本当の値段」岩間剛一著、アスキー新書
「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書
「爆発するソーシャルメディア」湯川鶴章著、ソフトバンク新書

 なんと、数年前までは存在しなかった新書のシリーズばかりである。あと、ここには挙げないが、幻冬舎という出版社は、かなり通俗的な本が多いが、ベストセラーを連発している。田中森一の「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」も、幻冬舎であった。
 こういうのを見ると、草思社は、明らかに、殻を破れていない、というか、企業努力が足りなかった、と思う。ただ、草思社に独自の文化というか、見るべきものがあるのは確かで、それゆえに、何社かが草思社の再建の手助けに乗り出している、という。河出書房なども、一旦破産して、再建された。草思社も、生き残るためには、多少なりとも通俗的な内容の本に手を染めるのも仕方ないだろう。ともあれ、新書を偏愛する私は、草思社新書の創刊を期待する。

東大のカルロス・ゴーン

 「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書で、今更知ったのだが、東大は、ハーバード、エール、オックスフォードなど、海外一流大学に対抗するため、民間から、経営感覚がある人材を招聘して、副理事の要職に就けたのだという。その名は、竹原敬二。元リクルートの常務。こう書くと、いかにも竹原氏は、東大出身のようだが、実は、岡山大学法文学部卒。奇しくも、元検事の田中森一氏と同じである。岡山大学出身者には、意外にユニークな人材がいるものである。
 竹原氏は、リクルートで、フリーマガジンのホットペッパーや、起業情報雑誌アントレを立ち上げた。その手腕に東大は惚れこみ、副理事の地位でスカウトしたのだが、年収は半分以下になったそうである。でも、象牙の塔を活性化させる、という仕事に遣り甲斐を感じる気持ちは分かる。
 そこで2004年から開始した企画は、次のようなものだったらしい。
- キャリアサポート室を立ち上げて、就職活動のサポート:東大でも、就職に苦労する人が結構いるらしい。「就職に困っているわけではないので、就職活動スキルやテクニックはあまり考えていません。全体として3つの柱で考えています。第1は学生若手OBとのダイレクトな交流の場作りです。研究者・公務員・経営者などカテゴリーごとに場を作っています。」という竹原氏の、いかにも東大らしい贅沢なコメントがある。
- OBとの就職相談イベントの開催:慶応大学が、三田会と称してすでにやっいることの組織化であろうか。
- 大学案内の発行
- 格付け投資センターの格付け取得
- コミュニケーション・センターの設置
 石渡によると、コミュニケーション・センターとは、東大に関連したお土産グッズを販売する場所だそうである。例えば、東大の天体観測所で撮った写真のクリアファイル、農学部で保存していた麹菌を使った焼酎など。それが結構な利益(単年度純利益3000万円程度)になった、というのだから、竹原氏の手腕は、流石である。
 そのような活動を面白いと思う人も東大にいたと思うが、多くの教職員は、全く異なる企業文化でいろいろやられて、不愉快であったろう。そのため、竹原氏は、かなり軋轢を受けた、と想像する。
 ところが、あろうことか、竹原氏は、2007年2月15日、電車内の痴漢で、現行犯逮捕されてしまう。それで、仕方がないかもしれないが、東大は、竹原氏を解雇してしまった。そのとき、竹原氏は、53歳であった。それから思い出す事件がある。学校の校長を民間から登用する企画があり、三菱商事に勤務していた人が、広島県世羅という高校の校長に応募し、登用された。しかし、結局、どうも校長職はうまくいかず、その人は悩んで自殺してしまった。自殺と痴漢は違うが、あるコンピュータ会社で、とても腕利きのSEが、プロジェクトがとても大変な最中に、電車でつい痴漢をしてしまい、解雇される事件があったと聞いたことがある。男だったら、痴漢をしてしまう確率はゼロではない。ただ、普通は、理性でとりあえず抑えることに困難はないが、極度のストレスで、抑えが外れてしまうことがある。悲しい男の性(さが)であろう。
 ともかく、現在のように大学といえども世界の大学その他の研究機関と競争になると、経営の専門家、資金運用の専門家、宣伝の専門家、知的財産の専門家、コンプライアンスの専門家など、企業経験がある者を雇う必要が出てくる。その際、その大学出身者であれば軋轢も小さかろうが、改革はお手盛りになりやすい。そこで、東大の経営陣もあえて東大出身でない竹原氏に白羽の矢をたてたのだろう。IBMの改革のときも、あえてコンピュータ業界の素人でナビスコにいたガースナー氏で成功したのである。日産のゴーン氏はというと、しがらみのなさに期待されたか。ともかく、東大などに乗り込んでいって改革をすることは火中の栗を拾うことである、と今更感じる。

2008年1月15日

メンタルなドーパント

 競技スポーツの分野では、ステロイド系筋肉増強剤の使用で、よくスキャンダルになるが、頭脳競技である、囲碁、将棋、大学入試、資格試験などではどうであろうか。私の知る限り、頭脳の能力を高めるための決定的なものは、世の中にないようである。
 決定的でないなら、銀杏葉やDHAは、記憶力を高めることが医学的にも知られているし、卵黄コリンも、アルツハイマーへの効果が実証されつつあって、効果はあるようである。しかし、それを服用して、頭脳の能力が飛躍的に高まり、例えば、将棋で今まで勝てなかった相手に勝てるようになるとか、無理と言われる偏差値の大学に易々受かるようにはならない。
 非合法なものとして、覚醒剤や、大麻、LSD、コカインなどの麻薬が知られているが、これらは、仮に合法的であったとしても、少なくとも、知能や知的能力を高めるようには決してはたらかず、むしろ、習慣的な服用により、決定的に知的能力を破壊する方にはたらくのではないだろうか。もし知的能力を高めるように感じるとしたら、それは、麻薬のもたらす、自己十全超越感覚の錯覚であろう。
 ただ、芸術系の才能だと、ある種の麻薬が、新しいアイデアにつながることがあるようだ。ビートルズのLucy in the Sky with Diamondは、LSDを飲んで作られた、という噂がある。
 それで、私の予感であるが、知的能力をかなり高めることができる薬というのは、きっとどこかの製薬会社で開発されていて、もしかしたら、意外に副作用も少ないかもしれない。しかし、その安全性がはっきりと確認できないことと、世間に対するインパクトから、まだ封印されているような気がしてならない。

2008年1月16日

毛沢東

 Webニュースによると、2008年1月15日、中国人民日報社発行の「環球時報」は、連日報道されている毛沢東の写真を起用した仏自動車メーカー・シトロエン社の新聞広告について、同社総本部が中国と中国人に対し正式に謝罪したと伝えた、ということである。この広告が掲載されたのは、スペインの新聞らしい。そこには、毛沢東の写真とともに、「シトロエン社にとって革命はまだ終わらない」とのコピーが示され、現地の中国人が、それに不快感を示した、という。
 シトロエン本社はシトロエン中国を通じて正式声明を発表。同社の広告が不快なものであったことに対し遺憾の意を示し、同広告により傷ついたすべての人々に謝罪すると表明したというが、それは一体どういう傷つき方なのだろう。
 毛沢東は、万人が知るように、文化大革命を強引に進め、その無理な経済計画により数千万ともいわれる人達を死に至らしめた、という。すると、傷ついたのは、そうして死んだ人達の遺族なのだろうか。それとも、日本の天皇が、欧米の広告で使われたと聞いたときに、多くの日本人(特に右翼の人)が感じるような不快感なのだろうか。
 中国人民日報社という政府公式のマスコミが抗議していることからして、どうも後者なのだろう。
 数年前、中国の北京に出張したとき、現地の友人に、いくつかの地元のレストランに連れていってもらったが、そのうちの1つに、「毛沢東の店」というような名前のレストランがあった。そこは、毛沢東が好きだったメニューを取り揃え、店内には、毛沢東の写真が飾られていた。私が知る毛沢東は、文化大革命で、特に知的階級を虐待したはずである。そこに案内してくれた友人は、地元のエリート大学、清華大学出身なので、もしかして毛沢東は嫌いかもと思い、「いろいろ過去はあったが、人々は毛沢東のことをどう思っているのか。」と精一杯の婉曲な言い方で聞いてみた。すると、多くの国民は、今でも偉大なる父のように親しく思っている、という答えだったので意外だったが、ああここは北京なのだ、勝手なことは言えないのだ、と了解した。そういえば私はつい、「中国といっても、ここ北京は随分賑わっているね、まるで資本主義だ。」とつい、下手な英語でしゃべってしまい、友人に強くたしなめられた、「日本人だから連行はされないだろうが、発言に気をつけるように。」と。
 そうはいっても、中国といえば、やはり毛沢東なのであり、シトロエンが毛沢東を肯定的な意図で引き合いにだす気持ちも分からないではない。今どんどん経済が発展している中国なのだから、こういう広告を打ったシトロエンを大目に見てほしいと思うのである。いくらロシアが発展しているとしても、間違っても、スターリンが広告に載ることはあり得ないのだから。

2008年1月17日

ポテンシャル・ミニマム

 週刊将棋を見ていて、ポテンシャル・ミニマムという言葉を考えついた。どういうことかというと、現役の将棋のプロ棋士で、一番勝率が低いのは、沼春雄の、3割7分五厘である。えっ、そんなに低いのか、それでもプロか、と思う人があるかもしれない。しかし、例えば、私程度のの棋力、すなわち、弱いアマ四段程度の棋力でプロ棋戦を戦ったらどうであろうか。おそらく、ほとんど勝てず、もしかして、勝率は、五厘程度になるかもしれない。よって、現在のプロ棋士選別システムは、一番弱い人でも、3割7分五厘というポテンシャル・ミニマムを達成する点で、有効である、ということができる。というのは、沼春雄が地方に出かけて指導するとして、大抵のアマチュアなら、県代表クラスでも、歯が立たないからである。それは、瀬川が四段にプロなって、沼にきっちり負かされたことからも言える。
 実際、私が大学生のとき、当時奨励会三段であった武者野が、指導に来た。そのときの武者野は、今の、将棋連盟と軋轢を生じている武者野よりは強かったであろうが、しかし、有望若手というほどでもなかった。それでも、結局、多面指しで、ほとんどの地元の力自慢が勝てなかった。私か弱いので見学に回っていたが、強弱はともかく、筋がそもそも違うわい、と思ったものである。
 それでは、例えば、司法試験で、ポテンシャル・ミニマムの基準が満たされているか、すなわち、一番駄目な弁護士でも、アマチュアで法律に詳しい人よりはましか、というと、旧来の司法試験を経た人なら、まあなんとか満たされているような気がする。ところが、新しいロースクールの下で合格した弁護士だと、中には、アマチュアで法律に詳しい人に打ち負かされてしまう人が出てくるのではないか。というのは、新しいロースクールは、法律の授業を受けて、それで最終試験を受ける形式なので、法学部を普通に出て、それなりに法務部などで働いている人よりも詳しいとはいえなくなってくることがありえる。よって、私の定義では、それだと、ポテンシャル・ミニマムを維持できなくなる。すると、何がおきるかというと、プロと非プロの境界の曖昧さである。
 それが悪いことかというと、実はそうではない。それでこそ、人材の混交が生じ、真に有能な人も出てくる。だから、ポテンシャル・ミニマムが維持されているうちは、業界に、真に有意のすべての人材を取り込んでいないといえるのである(証明は省く)。

2008年1月18日

受験と知能

 受験シーズンであるので、もう何万回論じられたかもしれない受験と知能というトピックに関して、屋上屋を記してみる。
 まず、大学入試ということでいうなら、合格できるレベルは、かなりの程度、その人の所与である。はっきり言うと、どんなに努力しても東大には合格できない人は少なくない、ということである。言うまでもないか。
 一方で、名門の学校には、その若い段階であるほど、生来の能力に拘わらず、なんとかなりやすい。例えば、名門幼稚園というのは、名門大学というのよりも、親の努力でなんとかなる可能性がある。
 ここから言えることは、名門の小学校や名門の中学に無理して入れても、生来の受験の能力がないと、結局、難関の大学には合格できないことになる。そこを勘違いして、無理を強いると、奈良の、自宅に火をつけて、家族を焼死させた高校生のようになる可能性がある、あれは極端であるが。
 もちろん、受験のテクニックを身に着けることにより、ある程度、受験の能力は、嵩上げすることができる。しかし、それにあまり期待してはいけない。
 一方、生来の受験の能力がある者が、あまり名門でない高校に行った場合はどうなるか。その高校で、難関の大学を受験する者がいないと、本人もそこそこで安住するかもしれない。それはそれで、特に問題がある訳ではない。ただ、もし、何かの機会に、難関の大学を目指したとすると、生来の受験の能力があると、片田舎の乏しい環境でも、意外になんとかなるようだ。例えば、片田舎の小さい本屋で、受験参考書を買ってきて、しつこく問題を解くだけでいい。それで、本当に生来の受験の能力があれば、東大にも受かれるかもしれない。
 さて、受験の能力と、知能との関係であるが、私は、受験の能力が優れた者の9割は、知能に優れると思う。例を挙げると、優秀な数学者の9割は、受験勉強でそんなに苦労しないで、結構難関の大学に受かれている。苦労しない、というのは、勉強しない、という意味ではない。受験勉強に何ら悲壮感が漂わないという意味である。ところが、受験の能力が優れた者の1割は、実はあまり知能が高くなくて、大学に入って授業についていけなくなったりする。1割ではなくて、5%くらいかもしれないが。一方で、受験の能力がそんなでもない人の1割くらいは、実はかなりの知能の持ち主であったりする。アインシュタイン、ダーウィン、エジソンなどがそうである。こういう人は、現代の日本では、なかなか日の目をみない。まあ、それでも、本人が腐らなければ、それでいいのであるが。
 受験の能力がそんなでもない人の9割は、知能もそれほどでもない。しかし、何一つ悲観する必要はない。知識社会だからと言って、知能を要する仕事ばかりではない。しかも、受験の能力を目安とすると、学問的な知能だから、知能全体の一部しか見ていない。例えば、サッカーだって、野球だって、また、登山だって、別の知能を要する。コンピュータ・プログラミングだって、受験の能力とはかなり違う。
 で、結論だけれども、優秀だろうが、優秀でなかろうが、そんなのは結局、どうでもいいのではないだろうか。そんなことを言ったら、議論自体が意味がない? まあ、そうなんだけど。

古紙混合比偽装問題

 ニュースによると、年賀葉書の古紙混合比の偽装があったとして、日本製紙の社長が辞任したという。すなわち、年賀葉書の場合、40%以上の古紙混合比が基準なのに、最大でも5%の混合比だったという。
 ところがなんと、日本製紙だけではなく、年賀葉書の印刷を受注している王子製紙、大王製紙、三菱製紙、北越製紙のすべてで、同様の偽装があったという。すると、葉書の40%以上の古紙混合比を規定する、グリーン購入法の妥当性が問題になるのではないか。すなわち、もし葉書で40%の古紙混合比を達成すると、年賀葉書は、かなり黄ばんだものになると予想される。実際、ある会社の人からもらった名刺は、100%再生紙と銘打たれていたが、もう10年も前に印刷されたような様子だった。すると、ただでさえ年賀葉書の売り上げ減に苦しむ日本郵政株式会社が、そのような劣化した印刷の年賀葉書を許すだろうか。ありえないと思う。すると、受注する製紙会社は、他社に後れをとりたくないので、なんとか混合比を下げようとする。
 このような古紙混合比を規定する根拠となっているのは、グリーン購入法という法律で、その主管は環境省なのであるが、果たして、環境省は、十分な現状調査と熟慮の上で、古紙混合比を決定したのだろうか。特に今回環境省のコメントがないので、不明であるが、祝賀品としての年賀葉書ができるだけクリーンなものでありたい、という国民や日本郵政の意向が考慮に入れられたのであろうか。とてもそうとは思えない。
 環境省の決める古紙混合比の妥当性が疑問なのは、次のような統計からもうかがわれる。すなわち、コピー用紙は100%の古紙混合比が規定されているのに、実際の平均は、59%であり、ノートでは80%に対して35%であり、OA用紙では70%に対して50%であり、申請様式の用紙では、70%に対して5%であり、事務用封筒では、70%に対して、11%である。すなわち、このことから見て取れるように、日本人のフォーマリティの感覚からは、再生紙を多用したものは、到底、その正規性を満たすとは思わない、ということになる。
 また、グリーン購入法は、どのような責務を、事業者や国民に課しているのだろうか。その第五条をみると、「事業者及び国民は、物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合には、できる限り環境物品等を選択するよう努めるのとする。」とある。責務はこれだけであって、特に刑事罰も罰金も規定されていない。要は、努力目標である。また、実際の年賀葉書をみると、(再生紙はがき)とあるだけで、古紙混合比は何も規定されていない。よって、日本製紙に、不正競争防止法のような法律が適用されることもない。ミートホープなどと違うのである。
 日本製紙の社長が辞めるかどうか、それはご自分で決めればよいと思うのであるが、私は、辞める必然性はないと思う。というのは、責任は、無理な規格を作った環境省と、暗黙のうちに(もしかして明示的に)高品質な年賀葉書の納品のプレッシャを与えた、日本郵政株式会社にもあるからである。
 そもそも環境省がどう法律を作ろうと、エンドユーザーとしての日本国民の国民性が変わらない限り、古紙混合比は上がらないと思われる。それなら、黄ばんだ年賀状、書類が、環境保護のためにがかっこいいのだという広告を、環境省が打つがいい。年配の人は、顔をしかめるであろうが、若い人は意外に靡くかもしれない。

2008年1月19日

現代中国の産業

 中公新書「現代中国の産業」丸川知雄著は、かならずしもすらすら読める本ではないが、あまり類書がなく、実に為になる。中国の現在の産業構造をよく記述できている、と思う。
 そこで、誤解を恐れず、私なりに纏めて、若干のコメントを含めてみる。
 先ず、中国の産業構造を特徴付ける言葉は、「垂直分裂」である。それがどういうことかというと、パソコンを例にとると、よく分かる。ある会社が、パソコンを販売しようとすると、CPUは例えば、インテルから購入する。メモリは、サムスンから購入する。ハードディスクは、日立から購入する。マサーボードは、台湾メーカーから購入する、OSは、マイクロソフトからライセンスを受ける、となると、自社で製作するのは、シャーシくらいで、それさえも、どこかから購入することができる。こうして、単にキットを組み立てるようにパソコンを組み立て、販売することができる。それは、文字通り、ガレージ程度の場所でできる。このように、個々の部品を、他者から購入したものに依存できるとき、工程を縦の線に見立てると、その個々の工程に係る製品は分断して、別個のベンダから買うことができるので、「垂直分裂」という。個々の部品は、他社でもそのまま使える。まさに、オープンな世界である。その逆は、トヨタの自動車製造工程で、自社内で緻密に練り上げた部品で、きちんと製品を作りこむ。それを「垂直統合」または、「作りこみ」と呼ぶ。
 実際、中国で、レノボでもなく、熊猫電子でもなく、特定のブランドのないショッププランド(中国では、兼容機と呼ばれる)が、なんと全体の40%以上を占める。それは、パソコンだからそうなのだろう、と思うかもしれないが、中国ではなんと、エアコンのような家電製品も、携帯も、自動車も、実質的に「垂直分裂」であり、エアコンのコンプレッサや自動車のエンジンのような、まさに製品差別化の根源になるような構成部品まで、互換性のある製品として流通し、他者から購入して、組み立てることにより、最終製品を出す。
 そういうビジネス形態は、あまりスキルやノウハウのない状態から、産業を立ち上げるために有効であり、中国政府の方針でもあった。また、それを可能としたのは、日本や韓国、台湾の企業の存在である。特に、日本の企業は、先進的な研究開発能力をもち、基本的には、「垂直統合」で、ほぼ全ラインの部品を内作するスキルをもっており、よって、なかば渋々ではあるが、中国企業の求めに応じて、コアとなる部品を提供することができた。
 さて、中国国内で、ほとんどの会社が、「垂直分裂」であると、製品にスキルを盛り込むことが少ないので、製品の差別化がはかりにくい。それでも、国内・国外の需要が増大し続ければ、企業は発展できるが、こういうパターンで、今後も中国企業はやっていけるのか。
 これに対して、伝統的な意見は、やはり企業の内部創造性が重要であり、コアとなる製品や部品は、社内で開発できなくてはならない、というものである。2000年頃ブームになった、野中郁次郎、紺野登あたりが説いた、ナレッジ・マネジメントの潮流である。一方で、チェスブローが解く、オープン・ビジネスの潮流がある。
 やや保守的な傾向がある私は、どうしても、一時与したナレッジ・マネジメントの肩をもちたいが、さまざまな知的財産、規格がオープンで誰でも利用できるようになってきたこの時代にあって、チェスブロー流の流れは、無視できないものである。ただ、ナレッジ・マネジメントの陣営は言うであろう、オープン・ビジネスでは、知識そのものも然ることながら、知識の運用、活用、流通に関するナレッジ・マネジメントが重要なのだ、というであろう。で、見ていると、「垂直分裂」で激しい競争に晒されている中国企業は、オープン・ノレッジの活用ノウハウでかなりのレベルにあるようにも思われる。
 私には、要素開発的なスキルと、オープン・ノレッジの活用スキルの間の、鼎の軽重がどうしても見極められないでいる。

早期教育批判

 ある古本屋の100円均一の籠に、「ちょっと待って早期教育」保坂展人、学陽書房という本があった。1996年1月刊だから、もう12年前に出版されたものである。私が知る「保坂」は、ノンフィクション作家の保阪正康である。実は、一瞬、保阪正康かと勘違いした。
 先ず、この保坂展人氏の経歴が凄い。どこかの中学に通っていたとき、真面目に勉強することに疑問をもち、突然、勉強を「降りて」しまい、学校批判のビラを配り始める。それでも、中学は、義務教育だから卒業できる。ところが、そこで受験した高校が全て不合格となる。どうも、内申に、学校批判のことが書かれたらしい。そこから本人は、意地でも、大学受験用の検定試験さえ受けることなく、すなわち、中卒の学歴で、海外を旅行したり、本を読んだり、友人と付き合ったりしながら、思索を深め、評論家として本を出している。
 そういう、ある意味エキセントリックな経歴をもちながら、彼の早期教育批判は、結構穏当である。彼は、公文式と七田式の幼児教育を批判する。すなわち、3歳はおろか、0歳、あるいは胎教から教育を謳い、手を拱いていると手遅れになりますよ、という誘惑に、よの親、特に母親が抗し切れない、と批判する。
 公文式や七田式の論理は、子供の脳は、6歳までにその配線が完成するので、それまでに頭を鍛えておかなくては手遅れになる、というものである。このとき脳、特に、右脳を鍛えると、高い確率で天才になる、ともいう。
 保坂展人氏は、これがいかに間違えているか、それによって情緒不安定になった子供の例を引きながら、批判する。何人かの医師の、幼児教育が医学的に根拠がない、とする説も引用する。
 では、七田式の現在の様子はどうなのだろうか、とWebで確認してみた。すると、Webで見る限り、七田式は健在である。例えば、「何才くらいから始めればいいのですか?」という想定質問がある。それに対して、「出来れば、胎教から始めていただくのが一番です。幼児コースでは、4、5ヶ月ぐらいから通われています。「そんなに早くから始めて一体何をするの?」と思われるかも知れませんが、母子の一体感を大切にし、赤ちゃんが生来持っている優れた能力を無理なく遊びの中で引き出していきます。オリジナル教材でインプット中心に楽しくレッスンを行います。もちろん何才から始めても遅いということはありません。出来るだけ早く始めた方が無理なく能力を引き出せるということです。」
 ああ、12年前の保坂展人氏に記述されていた例から、一歩も進歩していない。もし、七田式が今も隆盛だとすると、その理由は分かる。世の中の不透明性は、12年前よりも高まっていて、冷静に考えたら、高い偏差値の大学、高い学歴の効果は、より見えにくくなっているはずである。しかし、子供を少しでもよい位置に就けたい親としては、どうしてよいのか分からない、すると、とりあえず、目の前の分かりやすい方法で、子供を鍛えておくに如くはない、ということになる。
 それで、私の意見では、早期教育というのは、次のような場合だけ、限定的に有効だと思う。
 すなわち、幼児に明らかに、他の子供と違って、あることに特別の嗜好が認められる場合である。例えば、ある将棋のプロは、赤ん坊のとき、泣いていても、将棋の駒を持たせると、泣き止んだそうである。こういう場合、かなりの確率で将棋の才能があるので、小さい頃から教え込んでもよいと思う(依然として、やりすぎることのリスクはあるが)。実際、才能というものは凄いもので、囲碁の趙治勲などは、幼稚園児のとき既に、プロ初段、すなわち、アマチュア最高峰の棋力があったそうである。
 これも似た例になるかもしれないが、物理学者の湯川秀樹の随筆を読んでいたら、幼少の頃、無理やり、漢籍を読まされたという経験を書いていた。もともと、湯川秀樹の実家の小川家は、中国学の伝統の家であった。湯川秀樹は、その経験が随分嫌だったらしいが、そのことは学校に行って漢文を習ったとき、他の人よりもスラスラと理解できた、ということで、意味はあった、と言っている。
 別の例も挙げよう。数学者のハミルトンは、大変偉い人で、ハミルトンが考案したハミルトニアンという形式なしでは、今の物理学の理論そのものが記述できないくらいであるが、幼少の頃から天才教育を受け、6歳の頃には、ギリシャ語、ラテン語がすらすら読めた、というから半端ではない。ところが、そういう幼少の頃からの教育の反動か、青年になってひどい鬱病のような症状に襲わることを繰り返した。その間、力学形式や四元数などの画期的に理論を考えつくのであるが、とても孤独で悲惨な晩年で、死んだときはとても惨めだった。
 だから結論として、私は、早期教育というのは、リスクが高いと思う。そして、早期教育なんか全くしなくても、子供の頃田舎で楽しく暮らして、今に至る私くらいにはなれる、とは言ってはみるのだが、私がいかなる意味でもエリートではないので、聞く方も白けてしまう、という次第である。

2008年1月20日

法律事務所の収支

 PHP新書「法律家のためのキャリア論」村上政博著に、典型的な法律事務所の収支のことが書いてあったので、紹介する。著者は、東大法学部を出て、司法試験に合格したあと、弁護士、公正取引委員会をへて、現在は、一橋大学の教授である。よって、法律家としては、多様な形態をご存知ということになる。
 さて、村上氏は、典型的な法律事務所のモデルを、下記のように与える。
 所長は、実務経験10年程度の弁護士。40代前半とする。そこで、所員は、見習い弁護士(イソ弁)一人、事務員一人である。
 すると先ず、オフィスを借りる必要があって、この費用の賃料が、毎月50~100万円。日常経費として、電話代、事務用品、光熱費、書籍、セキュリティなどが月20~30万円。人件費が、イソ弁の年収がほぼ1000万円、事務員の年収がほぼ500万円として、月120万円。
 これでどうしても、経費は、月200万円程度は、かかる。年間2400万円である。
 それでは、収入はどうか。この事務所で、年間40件程度の民事訴訟事件を扱うとする。この多寡は分からないが、平均的には、だいたいそうしたものらしい。それで、1件の事件の弁護士報酬を、100万円程度とすると、年間収入は、4000万円である。すると、弁護士所長の年収は、税込み1600万円となって、驚くほどではないにしても、また、同年代のサラリーマンと比べると、悪くないではないか、ということになる。もちろん、銀行、コンサルタント、商社などでは、同年代で年収2000万を超えている者も結構いるので、とてもよい年収、という訳でもない。あと、サラリーマンと違い、弁護士は、客商売なので、いろいろと交際費も必要で、身だしなみもきちんとしておく費用もかかる。すると、純粋に収入と考えると、弁護士は、難しい試験を頑張った割には、楽で儲かる商売ではない、ということになる。さらに、自分で法律事務所を経営すると、厚生年金、健康保険、その他福利厚生のメリットが得られない。通常企業に勤めていたら与えられる数千万円の退職金ももらえない。
 また、民事訴訟事件というのは、離婚であったり、交通事故であったり、親族の遺産争いであったりと、どうみても楽しい雰囲気のものではなく、慣れるのだろうけど、傍からみていて、スマートではない。
 こうして、弁護士は、苦労の割に収入が大したことなく、よほど好きでなければやっていけない、ということになる。その「好き」の内容は、次のようなものだろうか。
・ 一国一条の主で、誰にも阿なくてよい立場である。
・ 人道的な立場から、法律知識で、困っている人を救いたい。
・ 法律的な論理構成が好きである。
・ 世の中の裏も見える。
 ただ、弁護士として、さらに注目され、あるいは稼ぐ方法もあるのであって、それは、渉外弁護士になるか、専門化した弁護士になる、の2つの方向がある。
 渉外弁護士は、例えば、米国のロースクールも卒業し、英語にも熟練し、M&A、輸出入管理、知的財産侵害訴訟など、国を跨る案件を扱う。すると、稼げるだろうが、勉強も大変である。
 専門化した弁護士とは、例えば、著作権法専門、発明褒賞専門、独占禁止法専門、名誉毀損専門などである。発明褒賞専門では、升永という弁護士が有名で、例の青色発光ダイオードの中村教授の裁判にも関与した。発明褒賞だと、訴額が大きいので、仕事がもらえると稼げる。升永弁護士は、年収三億円を豪語していたが、分かるような気もする。ただ、専門化した弁護士は、特化された仕事なので、依頼件数が少ないことと、判例に熟知したり法律以外の知識も場合により必要となるなど、相当な努力は必要である。
 すると、多くの弁護士は、一般の民事事件を扱って、年収1500万前後でも仕方がないか、ということになるのだろうか。

超弦理論の実用性

 新聞によると、高エネルギー加速研究機構が、超弦理論を使って、ブラックホール内部の振る舞いを計算し、ホーキング博士の理論(多分、ブラックホールが蒸発するという理論)と一致することを初めて示したそうである。これで、超弦理論の「正しさ」が証明された、ということだが、本当にそうだろうか。
 私の拙い理解では、ホーキング博士の理論は、一般相対性理論に量子力学を適用した、というものであるが、もともとが、超弦理論は、その低エネルギの近似で、一般相対性理論や量子力学に収束するのであるから、ある意味、それは自明なのではあるまいか。
 また、別の観点として、主としてウイッテンにより提唱された、超弦理論を拡張するものとしての、M理論の存在がある。これが最終兵器かも、と喧伝されているM理論によれば、超弦理論にはさまざまなバリエーションがあり、どれが正しいか、どれが妥当なのか分からないというのが現状で、すると、高エネルギー加速研究機構が、どの「超弦理論」を使ったのか、ということは大いに興味がある。
 また別途論じようと思うが、ファインマンやグラショウは、超弦理論は、理論と全く結びついておらず、期待されるのは、重力理論も含む標準理論の超対称的な拡張なのだが、しかし、20年以上もたっても誰も何も達成していない、と批判する。M理論の開祖で、超弦理論の第一人者と認められるウイッテンも、超弦理論はまだ理論になっていない、と認める。
 すると、この高エネルギー加速研究機構の論文を読んでも、ウイッテンは、喜ぶことなく、冷静に受け止めているのではないだろうか。
 とはいえ、こういう記事はやはり、興味深い。責任者の高エネルギー研、西村淳准教授によれば、弦の振動を、周波数に応じて効率よく計算する手法を使った、ということだが、これはまた、「超弦理論は、理論の摂動展開であると期待されるものを生成するための規則の集合にすぎない。」という別の批判を彷彿とさせるのである。ともあれ、超弦理論は、少なくとも、それの研究、あるいは批判を通じて、究極の物理理論を考えるためのとてもよい試金石である、といえるような気がしてきた。私にそれをきちんと理解する能力も時間もないことが、ほんの微かに残念である。

卓球の変遷

 テレビを見ていたら、日本卓球選手権をやっていたので、つい見入ってしまった。見入るには理由があって、私は実は、中学・高校と、卓球部に所属していた。それは、年代でいうと、1960年代後半から、1970年代前半である。
 卓球部に入った理由は、別にスポーツが好きだからではない。実は、生まれてから、今に至るまで、自分でスポーツを積極的にやろうと思ったことは、一度もない。本を読むか、将棋を指すか、コンピュータで何かプログラムを書くかで完結していたい、(あと、酒を呑むというのもある)とてもオタクな人間である。 卓球部に入った理由は、単なる近所付き合いである。すなわち、中学になって卓球部に入らないと、近所で村八分にされるから、だけの理由である。
 ただ、野球でもなく、バレーボールでもなく、卓球でよかったのは、卓球が体力や運動神経がいまいちでも、それなりになんとかなるゲームだからである。このことは、卓球が易しいゲームであることを意味しない。本当は、ものすごい動体視力と俊敏性を要求される。ただ、温泉の地下にも卓球台がおいてあるように、下手は下手なりに楽しめるのが卓球である。この点、下手は下手なりに縁台で楽しめ、実はとても難しい将棋にとても似ている。
 さて、テレビを見て先ず知ったのは、ルールがかなり変わった、ということである。少なくとも、私が卓球部にいた頃は、21本先取で、5セット制であったが、今は、11本先取で、7セット制である。かなりスピードアップを図ったといえよう。また、21本先取のときは、サーブ権が5本交代であったが、今は何と、2本交代である。サーブ権をもつことの意味が大きくなったからであろう。
 次に、卓球には、ペンホルダーと、シェークハンドという、2つのラケットのスタイルがある。ペンホルダーは、ペンを握るようにラケットをもち、基本的にラケットの裏面は使わない。一方、シェークハンドは、丸い面のラケットで、握手するように握る。シェークハンドだと裏面も使えるので、融通性は高い。私が現役卓球部であった時代は、少なくとも日本では、ペンホルダーが主流で、シェークハンドは、カットマンなどの守勢だと思われていた。元世界チャンピオンの長谷川という、攻めるシェークハンドの選手はいたが、異端だと思われていた。ところが、時代は移り変わり、その異端だと思われていた長谷川の攻めるシェークハンドのスタイルが主流というか、それ以外のスタイルをほとんど見なくなった。だから、今日の日本卓球選手権の男子決勝で、日産自動車の吉田が、ペンホルダーなのをみて、寧ろとても意外だった。
 しかし、私が卓球をやっていた時代と一番違うのは、世間の人気である。私の頃は、野球やバレーボールなどが、グランドの中心で頑張っているのに、何を部屋の片隅でちまちま、やっているんだ、と、まともなスポーツとは看做されなかった。その頃は、そもそも、オリンピックの競技ではなく、元世界チャンピオンで、国際卓球連盟の会長も歴任した、荻村伊智朗氏の尽力もあって、オリンピックの正式競技として認められたのは、1988年のソウル大会からである。
 日本で決定的に人気が出たのは、「愛ちゃん」人気で、天才卓球少女、福原愛の存在は大きい。愛ちゃんが生まれたのが、1988年であるのも、何かの縁であろう。
 あと、日本卓球の世界でのレベルであるが、私が卓球をやっていた時代の少し前が日本の黄金時代で、荻村、伊藤、長谷川などの世界チャンピオンを輩出した。しかし、その後中国の台頭が著しく、1960年代後半では、既に、世界卓球は、中国の天下であった。中国が強い理由は簡単で、国技であるからである。だから、第一級の人材が卓球をやる。当時、世界チャンピオンは、中国の荘則東であったが、今や彼は、中国の政界の著名人で、私が知り合いの中国人に、荘則東を知っているか、と聞いたら、何を当然のことを聞くか、という反応であった。
 だから、第一級の人材が野球に流れる日本が、中国に勝てないのは、仕方ないことである。「愛ちゃん」人気でも、日本は、中国の厚い壁を破るまでに至っていない。中国ほどではないが、スウェーデンなどの欧州諸国も、伝統的に卓球が強い。
 更に、日本卓球選手権を見ていて戦術の変化で感じたのは、サーブの高度化である。ものすごくバリエーションと、回転の変化が増えている。それが故に、サーブ権を握った方が有利なので、サーブ権が2本交代になったのであろう。また、激しい回転を与えるドライブというテクニックは以前からあったが、今では、ナックル・ドライブと言って、無回転ドライブというのもある。今日の日本卓球選手権で結局チャンピオンになった、水谷隼が駆使していた。ちなみに、水谷隼は、青森山田高校のまだ三年生であるが、その柔らかさというか勝負の駆け引き、サーブの種類の多さ、攻めにも受けにも両面の強さを発揮する、というところを見ていると、天才と呼んでもいいと思う。冷静さと勝負強さは、囲碁の井山裕太を彷彿とさせる。中国の層の厚さに鑑みると、まだ優勝は無理だろうが、なんとか、北京オリンピックで、上位に食い込んでほしいと思う。

2008年1月21日

利己主義について

 友人から紹介された記事をすぐにブログのネタにするのは、なんとも節操がない、と言われても仕方がないが、産経新聞の曽野綾子の記事で、「利己主義の心は、救えない」というものがあった。筆者によれば、呆け老人や鬱病の人は、何よりも視野が自分だけに限定されて、利己主義に陥り、他者の存在が極めて希薄になる、という症状がある、という。考えてみれば、鬱病から自殺に至る人だって、家族や友人との連帯感を感じているなら、おいそれと、この世とおさらばしようと思わないかもしれない。
 それで、老人や鬱病の人に、何か他人のために尽くすことを期待する、というのは、一般的には、とてもありえないことであり、そんなことをしたら、ストレスが溜まって、余計に鬱や呆けが昂じる、と考えるのが常識であろう。しかし、どうもそうではないようである。寧ろ、積極的に他人に配慮し、尽くすことが、呆けや鬱を軽減する秘訣である、という。
 なるほど、である。ただ、具体的にどう、鬱病の人や呆け老人に、他人尽くすことをやってもらうか、ということは、私はそういうボランティアをやったことがないので、直ぐには分からない。
 しかし、私はこれを経験的に知っていたような気がする。すなわち、何か困ると、「他人を救うことは、自分を救うことである。」とよく口癖のようにつぶやいて、できるだけ困った友人を助ける(といっても、せいぜい、PCのサポートをしてあげたり、愚痴を聞くくらいであるが)ことに勤めていた。それがどれほど効果があったか知らないが、生まれつきとても神経質で腺病質の私が、今に至るまで一粒の抗鬱剤も、精神安定剤、睡眠薬の類を全くのまないでやってこれた、ということで、今のところ、この戦略は、一応の成功だろうか。
 ちなみに、蛇足であるが、「他人を救うことは、自分を救うことである。」の逆の、「自分を救うことは、他人を救うことである。」は、多くの場合、真ではない。実際、そういう場合もあると思うが、どうも、一旦他人を経由して自分を救うのが一番効率的なようなのである。
 ところで、「他人を救うことは、自分を救うことである。」というステートメントは、私のオリジナルではない。別の知人から紹介してもらった「シルバーバーチの霊訓」の教えによる。シルバーバーチとは、3000年ほど前の霊である、と書くとそれだけで、「引く」人もでてこよう。ただ、シルバーバーチは、20世紀の中頃、イギリスの、モーリス・バーバネルという人が主催する交霊会に降霊して、数々の名言を披露した。その著作は、潮文社から出版されて10冊以上にもなるが、そこに書いてあることは、とても単純で、要するに、困った人を助けることこそが人生にとって一番重要である、とただ、それだけなのである。
 で、私はその教えに従って、本来の自己中心的な行為を少し、利他的に変えてみたところ、幸せになるどころか、思わぬ不幸や災難が巡ってきて、困惑したものだった。ただ、頑張ってそれを克服すると、少し見晴らしのよいところにたどり着く。でも、また、困難は来る、その繰り返しである。
 実は、仏教の教えによれば、人生の一切は苦なのであるから、シルバーバーチの教えに従おうと従うまいと、苦難はやってくる。そこで、利他主義を心がける方が、生きていきやすい、と私は今は理解して、この稿の前半に戻るのである。この理解の浅さには、シルバーバーチも苦笑しているだろうが、私は私なりに、こういう理解しかできないでいる。

2008年1月22日

非エンドユーザー向けCM

 ちょっと前であるが、TDKのCMで、外国人の男性が、ある女性を追い回すようなものがあった。要するに、その女性が使っている電子機器に多くのTDKの電子部品が使われていて、それらが支えているのですよ、という趣旨である。すなわち、一人一人の男性が、一個一個の部品を表す訳である。
 また、アルプス電気だったか、美しい電子部品というCMもあった。私が子供の頃は、ラジオやオーディオ、その他の電子機器の自作が静かなブームで、私も、真空管、抵抗、コンデンサ、バリコンなどの部品を買い込んで、5球スーパーとかを自作したことがある。自作といっても、決められたガイドに従い、配線しただけであるが。
 ところが、今のように電子機器が高度集積化・モジュラー化してくると、そういう自作の楽しみはぐんと減ってくる。いまでも、PCを自作する人はいるが、それとて、マザーボードやメモリ、CPU、HDDなどを接続するのであって、いかなる意味でも、コンデンサや抵抗を半田付けすることはあるまい。
 従って、こういうのを見ていて思う素朴な疑問は、よっぽどのごく一部のアキバ系マニア以外は、末端のエンドユーザが電子部品を購入することなんてありえないのに、この不景気に、どうして安くもない広告費を払って、こういう広告を打つのだろうか、ということである。
 考えられるのは、松下電器、東芝、日立などの家電メーカの購買担当者向けか、ということである。確かに、そういう購買担当者は、部品メーカから、電子部品を購入するであろう。しかし、それは、部品メーカの営業が足繁くカタログを持って通えばいいのであって、上記のような電子部品の広告が意味をもつとはとても考えられない。例えば、液晶パネルメーカでもあるサムスンが、液晶パネルの広告を打っているであろうか。
 同様の趣旨で、TTDすなわち、Toyota Technical Developmentの広告もそうであって、要するに、これは、トヨタの開発会社が、その開発資源に余裕があるので、開発を請け負ってあげる、というものであるが、これこそまさに、非エンドユーザー向けもいいとこである。
 マーケティングの新理論で、非エンドユーザー向けCMも、部品メーカの企業イメージに向上に意味がある、という理論でも出てきたのだろうか。それとも、世に言う垂直分業が進み、部品メーカも非系列化して、今までのお得意さん以外にも、どんどん顧客を展開していかなくてはならない、というときに、あまり効果も考えず、必死の思いで非エンドユーザー向けCMを打っているのだろうか。全く暗中模索のように分からないでいる。

ひどいぞCAPTCHA

 仕事柄、USPTOのPAIRというURLは、よくアクセスする。このURLである:http://portal.uspto.gov/external/portal/pair
 PAIRは、結構凄くて、2000年以降に出願された、米国特許出願の出願人と特許庁のやりとりの履歴とその書類、年金支払い状況などがすべて無料で見れる。これが出来たのは、たしか、3年半ほど前だと思うが、それまでは、同様の情報は、米国の特許データ会社に依頼し、PDFで送ってもらう必要があった。データの取り寄せは、1週間くらいかかり、しかも、1件数十ドルの手数料がかかった。これが只で、しかも即時に見れるのだから、当該の特許データ会社を除くすべての人に、大いなる福音であった。
 ところがである。上記URLにアクセスしてみると分かるが、なんと、ここにCAPTCHAがかかってしまったのである。CAPTCHAとは、Completely Automated Public Turing test to tell Computer and Human Apart のアクロニムで、要するに、自動的にインターネットを訪ねてどんどんデータをダウンロードするなどの、ロボットアクセスを防ぐための仕組みである。ロボットアクセスを許すと、そもそも、サイトが重くなって、場合によってはダウンしてしまう。そこで、何か文字を横に表示しておいて、それをテキスト領域に打ち込ませる、というのが、一番簡単且つ、PAIRでも採用されている方式であるが、素直に文字を表示していると、ロボットアクセスは、OCR機能ももつので、簡単に文字を認識してしまう。
 そこで、OCRでは判別できないが、人間なら分かる、というように文字を表示する。わざと汚く書いて読みにくくした文字、と言ってもよいであろう。ところが、その兼ね合いが難しい。すなわち、文字の崩し度合いが弱いと、OCRで判別されてしまう。逆に、文字の崩し度合いが強すぎると、人間でさえも判読困難になる。私が何度か試したところ、PAIRの文字の崩し度合いは、強すぎる。よって、人間の私でさえも何度も間違えて、アクセスを拒否されてしまう。忙しいとストレスが溜まることこの上ない。
 しかし、このようにCAPTCHAがかかるのは、ロボットアクセスする不逞の輩がいるからであり、結局、そういう輩こそが成敗されなくてはならないが、そこはインターネットの匿名性、場所仮想性、どうしようもない。
 ところで、CAPTCHAのアクロニムを見直すと、Turing testという文字が入っているが、これはもともとの趣旨が、違うんじゃないの、というのが第一勘である。すなわち、Turing testとは、別室に人がいて、または、コンピュータがあって、こちらから人間が、「やあ、いい天気ですね。」などと打ち込むと、向こうから、「ああ、そうですね。景気はいかが?」とかメッセージが帰ってきて、相手が人間なのか、コンピュータなのか、当てる、というテストである。で、実は、これは実に難しい。というのは、人間でも、空気読まないで、勝手なメッセージを返してくる人がいるかと思えば、コンピュータでも、こちらのメッセージを構文解析して、例えば、「私の出身は、広島なんです。」と送ると、「えっ、広島? もしかして、竹原ではありませんか。実は、あそこに親戚がいるんです。」と返すことが、地名の辞書をもっていれば可能である。この答えがコンピュータだと、普通人は、よもや思わない。よって、その一番原始的な形態のチューリング・テストは、判別が難しすぎて意味がないのである。

2008年1月23日

静謐の時間

 アインシュタインの伝記を読んでいたら、アインシュタインは若い頃、物理の研究を続けるために、靴屋になりたい、と思ったことがあったそうである。なぜ靴屋かというと、どうも、ドイツのあたりの田舎の靴屋は、暇なのだろう。ときどき、トントンと靴に鋲を打ち、静謐の時間の中で、じっくりと空間と時間の秘密に思いを馳せ、ふと数式をメモする、そんな生活が理想だったようだ。下手に知的な仕事は、却って思考が邪魔されると思ったらしい。ただ、学会で名声を得た後の、プリンストン高級研究所のテニュアの地位は、靴屋ではないけれども、アインシュタインには理想的だったろう。なにしろ、一切の教育や論文を書く義務もなく、日長研究にいそしむことができる。疲れてくると、外を散歩するのだが、自然環境豊かなプリンストンの片田舎の風情が、またいい。プリンストン高級研究所には、ヘルマン・ワイルなどの優れた数学者もいて、アイデアを得たり、話を聞いてもらうこともできた。それで結局、アインシュタインが目指した統一場理論が身を結ばなかったのは、単に、問題がとてつもなく難しすぎただけのことである。いかなる意味でも、静謐が足りなかった訳ではない。
 静謐ということでは、スピノザは、レンズを磨きながら、思索に励んだ。アインシュタインの靴屋志向といい、どうも、思索には、単純作業が向くようである。あと、編み物、簡単な料理、散歩とか。間違っても株式投資なんてやってはいけない。静謐には最悪である。おっと、これは偏見か。
 アインシュタインやスピノザをひきあいに出して、それから私自身のことに言及するのは、おこがましいにも程があるが、私が幸いだったのは、中学に入ったときから少なくとも6年間、最良の静謐の時がもてたことである。そこで、母方の祖母に言及させて戴く。母方の祖母は、昭和20年の4月に、夫を戦死で失った。フィリピンに出稼ぎに出ているとき、現地で徴用されたのである。それから、苦労して、女三人、男一人の4人の子供を育てた。私の母は、長女である。
 そこで、母の一番下の妹が嫁に行ったとき、ついに、祖母は一人暮らしになった。息子は、船員で、ほとんど帰ってこないからである。その空白を埋めるために、私が祖母の家で暮らすことになった。実は、祖母の家と私の実家は、歩いて1分の距離である。簡単に行き来できる。
 そうして、祖母とその孫である私の、幸福な日々が始まった。祖母は、昔気質の女性で、一人で4人の子供を育てたのだから、気が強い。ときどき毒舌も吐く。間違っても、孫を猫可愛がりしたりしない。しかし、うまく距離をとってくれて、夜勉強していたら、さりげなく夜食を作ってくれたりして、私はとても快適な静謐な時間を過ごすことができた。だから、中学・高校と、私になりきちんと学校の勉強ができたことは、この安定した静謐のお陰と思っている。
 また、世の中で、犯罪者の経歴をみると、大抵、子供のとき親が離婚したり、親に虐待されたりした経験をもつ者が多い。その点、私は、子供の頃病気勝ちでとても貧乏だったか、両親からの配慮と、特に、母方の祖母が面倒見てくれたことで、肉親の愛情というものに不足を感じたことは一度もない。それで、結構癇の強い人間であるにも拘わらず、ここまで道を踏み外さないでやってこれた、と信じている。
 それに関して、私の今の知的能力(という程でもないが)は、この中学・高校の6年間の静謐に負うところがとても大きい。田舎にいて、両親も祖母も無学なので、また、塾もないので、勉強が分からなくても誰にも教われなかったため、ともかく自分で考えるしかなかった。このときの勉強も、学校の教科書の範囲を一歩も出ることができなくて、中学三年のとき、工業高専の入試問題を見たが、さっぱり分からなかった。それで、普通に、教科書の範囲で合格できる県立高校に行った。
 とても一般化できないが、私にとって、親が無学で、且つ、がちがちの進学向け私立の中学・高校のようなところに行かされなくて、本当によかったと思う。例えば、親が大学教授かなにかだったしよう。そうして、無理やり勉強させられて、有名私立中学に入れられ、しごかれていたとしても、私の受験能力だと、どんなに頑張っても東大に受かれたとは思わない。しかし、もし東大にたまたま合格していたとしても、私の知的能力はも今よりもビタ一文高くなっていないと断言できる。寧ろ、中学・高校の6年間の静謐を欠いていたことにより、間違いなく知的能力は、今よりも悲惨であったろう。
 私のような志向の人間で、有名私立中学・高校で潰れている者も結構いるのではないか、と考えると辛いものはある。

2008年1月24日

仕事と家事の両立

 仕事と家事の両立というと、普通、仕事をもつ主婦のことだと思う。ところが、東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんは、35歳の自閉症と長男と、鬱病の妻を抱えて、家事を一手に引き受けつつ、仕事もきちんとこなし、同期トップで取締役に昇進したのだという。なんか、聞くだけで、一介のサラリーマンである私には、気が重くなるような話である。では、どうやって、そのようなすさまじい両立を果たしているのだろうか。
 先ず、その第1は、仕事と家事両方に、徹底的に計画と効率を考えることだという。言い換えると、仕事をやるように家事をやる、ということか。
 佐々木さんの1984年当時の日課は、次のとおりである。
 5:30 起床、弁当と朝食をつくる
 7:00 自宅を出る
 8:00 会社到着
18:00 会社出発
19:00 帰宅、夕食作りと弁当の下ごしらえ
20:00 夕食と後片付け
21:00 持ち帰った仕事をこなす
23:00 就寝
 先ず、必ず18:00に仕事を終わる、というのがすごい。ミーティングが入ることはないのか。でも、私は18:00にきちんと帰ることは少ないけど、あまり圧縮して仕事をしていないかも。
 ただ、会社組織なので、きちんと会社に説明しておくことが必要である、という。すなわち、家庭の窮状をきちんと会社に話して理解を求める。また、上司とコミュニケーションを密にして、相談と提案をする、ということである。
 普通は、こういう状況だと、出世は諦めて、閑職に回してもらう、としたものだろう。しかし、悩んだ結果、厳しい仕事が自分を確かめる原動力になったという。ううん、そんなもんかな。そういう方針って、結構リスクが大きいのでは。たまたま、うまくいっただけではないか。
 また、佐々木さんは、「平日、家事にかかわれないお父さん。土日は疲れているなら、それは余計な仕事をしているから。」というけど、それもちょっと言いすぎでは。本当にどうしようもないサラリーマンは、一杯いる。
 で、結論としては、佐々木さんの計画能力は、抜群である。その合理性を仕事と家庭の両面に活かして、両立させた。そこまでできる人は、極めて稀であろう。ただ、会社のよき理解があった。また、ご本人がなにより健康であった、ということである。でも、世の中に凄い人はいろいろいるけど、やはりこの例は凄い。頭が下がる。

赤松満祐

 私の実家は、前にも書いたが、広島県尾道市である。もっと詳しく言うと、尾道市百島町という、瀬戸内海の孤島であって、尾道港から船で約40分のところにある。その実家には、大抵夏帰省するのであるが、今年は、たまたま、年末に帰省してみた。そこで元日に、あまりにも退屈なので、島にある神社に初詣してみた。この神社は、私の出身中学の隣にあって、人口減から中学校が小学校に統合されたので、中学校あった建物は、もぬけの殻である。そんな中学の傍にあるものだから、神社も、寂しさがひとしおである。案の定、行ってみたのが午後だったこともあって、神社には人っ子ひとりいない。ここに来るのは何年ぶりだろうと、所在なく散策していると、なにか看板があった。
 読んでみると、百島は、武将 赤松満祐の一族七人が、戦乱で敗れて逃れ、嘉吉元年(1441年)から住んだのが始まり、とある。へぇそうなんだ、と思った。というのは、半世紀以上生きていて、島の老人や先生などからも、そういう話を聞いたことがなかったからである。赤松満祐なる人物も、どこかの弱小の無名の武将なのであろう、と思った。そもそも、私の日本史の知識は、不足しすぎていて、そもそも、1441年が何時代にあたるのかさえ、分からない。ましてや、赤松満祐など聞いたこともない。
 それからこちらに戻ってきて、しばらく赤松満祐のことは忘れていたが、ふとたまたま、Googleで検索してみる気になった。どうせ、そんな無名の武将なんて、ヒットしないよね、と思いながら。
 ところがである。赤松満祐は、意外にもあまり半端じゃなかったのである。すなわち、あるウェブサイトによると、「”室町期の明智光秀”とも言える人物。当初の予想を裏切り「独裁」ぶりを発揮した六代将軍義教に、職務を取り上げられたり領地まで危うくされ遂にキレてしまう。ある意味、誰かが『嘉吉の乱』を引き起こす可能性があった。 それがこの”赤松満祐”であった。」とある。おお、理由はどうあれ、将軍暗殺の犯人だったのだ。「父・播磨備前美作守護、赤松義則。<応永34(1427)年> 父・義則の死去により家督相続。 将軍義持は満祐が相続した領地の内播磨を召し上げ 寵愛する赤松氏傍流の持貞に与える主旨を満祐に通告。 満祐は播磨へ下向し抗議するも、義持は備前美作の守護職も召し上げようとする。」で、確かに、キレる理由も分かる。しかも、当時、室町時代は最早、足利幕府の磐石の時代ではない。よって、このような、播磨備前美作守護、すなわち、兵庫から岡山に跨る地域を当地する地方役人の暗殺を許したのであろう。ただ、これによって、赤松満祐自身は、山名宗全を中心とする幕府軍の追討を受け、殺されてしまう。で、残った赤松満祐の親族のうちの七人が、命からがら、百島に逃れていた、ということのようである。
 ただ、百島の住人は、赤松満祐がもしかしたら先祖なのかもしれないので、そんな不利な事実をいちいち掲示しない。上記のように単に、「赤松満祐の一族七人が、戦乱で敗れて逃れ、」書くだけである。私のように物好きにもWebで調べてみようなんて思うものも少ないだろう。
 それで分からないのが、村上水軍との関係である。瀬戸内海を村上水軍が跳梁をはじめたのは、平安時代と言われているから、室町時代にはもう、百島には村上水軍の一派が住んでいただろう。実際、百島の高いところに村上水軍の城跡がある。今では、大きい礎石が残っているだけであるが。だから、本当は、嘉吉の乱の時点で、百島は村上水軍に支配されていたはずで、よって、私は、赤松満祐の親族は、村上水軍に保護を求めたのだ、と思われる。山名宗全は本当は、その一族をすべて殲滅してしまいたかったはずである。しかし、流石に、村上水軍はその地にあって強力で、手が出せなかったのかもしれない。
 こういう歴史に鑑みると、瀬戸内海は、それはそれでなかなかの歴史の宝庫であるのかもしれない。そもそも、平家が源氏から追撃されて逃げたのも瀬戸内海であり、滅んだのは、瀬戸内海の末端、下関なのである。
 ちなみに、上記のような経緯か、百島には、村上という姓と、赤松という姓が結構多い。あと、百島以外であまり聞かない姓として、「旗手」という姓がある。これなど、応援団ではないが、戦争で、旗をもつ係であった足軽の家の者が名乗った姓なのかもしれない。

幸せになってもいいのよ?

 電車の吊り広告をみていたら、ある女流作家が、「幸せになってもいいのよ」という題で、何か寄稿しているらしい。これはおそらく、女性向けに、あなたも、勇気を出して男性と付き合いなさい、幸福な結婚ができるわよ、さあ、みたいな趣旨だと思うが、私の理解では、本来的に、幸福とは、発見することである。
 すなわち、勝負事でいうと、ある局面で、良くなる手とか手段を発見することと同様に、人生のその局面、局面で、幸せになる手段、あるいは気持ちの持ち方を発見していかなくてはならない。だから、「幸せになってもいいのよ」というのは、「幸せになる手段を発見してもいいのよ」という風に書き直すと、それが変であることが分かるであろう。
 そう、ある哲学者がいうように、「幸せになる」というのは、発見のテクニックなのである。問題は、一旦発見しても、直ぐに期限切れとなってしまい、また、発見しなおさなくてはならないのが、幸福である。これはある意味、大変疲れる。
 また、事故、病気、肉親の死など、幸福をみつけにくい局面は沢山ある。しかし、何者かが、どんな局面でも、幸せは発見できるはずだ、という。その難易度は、局面によって雲泥の差があるけれども。
 こうして考えていくと、「幸せになる」こと自体を追求することの妥当性が問われる。
 一方で、不幸というのは、発見する必要はなく、バックグランド・ノイズのように、黴菌のように、あちこちに遍在する。だから、「幸せになる」とは、裏を返すと、「不幸に目をつむる」ということにもなる。
 こうして、ことさら幸福を追求しない生き方が推奨される。不幸は、というと淡々とやり過ごす。
 こういうことをシステマチックに行うのが、仏教の悟りではないだろうか。また、ギリシャでいう、アタラクシアにつながる。
 では、キリスト教やイスラム教では、幸福はどう定義されるのだろうか。神に祈り、神と一体になることなのだろうか。あるいは、それは死後の審判を待たなくてはならないのだろうか。

2008年1月25日

日本一美人?の市会議員

 Webによると、青森県八戸市の藤川優里という市会議員は、とても美人との噂だそうである。こちらのWebサイトである。ちょっと整いすぎているかもしれないが、確かに美人であることは否定できないだろう。
 ところで、人間は見た目が9割とかいう本があるが、本当に美人は得なのだろうか。
 まず、美人であって得をするのは、人目、特に男性の人目を惹くということがある。それで何か頼みたいことがあったら、喜んで聞いてくれる人があらわれやすい。しかし、そういうことが続くと、つい、願って依頼すると叶うのだ、という甘えが生じやすい。で、気をつけないと、自己中心的で、我侭になっていく傾向がある。
 また、美人だと同性の女性からのチェックが厳しくなる。女同士の辛辣な嫉妬にたえなくてはならないことがある。人間、なにかしら欠点というものはあるので、そこを執拗に突かれたりする。
 さらにも異性の男性からも、たとえ実力である地位やスキルに到達したとしても、容姿を利用して関係者に取り入ることによりそうなった、と思われたりする傾向がある。
 こういうことに鑑みると、本当に、美人は得なのだろうか。
 私には、美人であることは、最初から競馬で先頭を切って走る競走馬のようなものである気がする。すなわち、風を切って注目されるのだが、それは前半だけで、後半になるといつのまにか後れて、紛れて分からなくなってしまう。ただ、ロシアのエカテリナのような女傑だけが、美人であっても、最後まで出張って生きるであろう。
 こうして、上述の藤川優里も、遠くないうちに引退するかも。それで平凡な主婦になれればラッキー、下手に芸能界でも入った日には、より辛い日々となろう。

2008年1月26日

細菌ゲノム

 新聞によると、米国のある民間会社の、グレイグ・ベンダーという人がチーフのチームが、マイコプラズマ・ジェニタリウムという細菌の全遺伝情報を含んだDNAを人工的に合成したそうである。解析ではなく、合成というのは、コンピュータのプログラムで言えば、ソースコードを解読したのではなく、オリジナルに書き上げたというくらいの違いがある。画期的な業績であろう。
 この業績がインパクトがあるのは、そうやって人工的に合成した遺伝子を、大腸菌などに組み込んでさらに増やしたり、変種の菌を作成したり、新しいウイルスが作れる、という点にあり、よほど注意しないと、新たな生物兵器への途を開いてしまうことになる。
 ところで、その後の新聞のコメントが戴けない。というのは、「これで、人口生命に前進」というが、いかに全遺伝情報を含んだDNAを人工的に合成したことが画期的な業績であろうと、人工生命に対する進展にはなっていないと思う。
 すなわち、現在は、あるハードウェアも存在しない、未知のアーキテクチャのコンピュータのオペレーティング・システムが、とりあえず書けた、という段階である。すると、このオペレーティング・システムが走るようなアーキテクチャのコンピュータを設計するという「逆問題」を解かなくてはならない。これがどれくらい困難なのか、例の電場から、電荷の分布を求めるという、「不適切問題」の困難に鑑みても、難易度は想像もつかないほどである。
 しかし、実は、その困難度ですら、序の口である。すなわち、「人口生命」というからには、構成したアーキテクチャは、自己増殖オートマトンになっていなくてはならないのである。まさに、どんだけ~であろう。
 だから、ゆめゆめ、「人口生命」を安易に語るなかれ、である。別に私は、神の冒涜ということを持ち出すつもりはない。技術的困難に言及するだけで十分である。

生物はなぜ放射線に弱いのか

 もう20年以上も前の本で、「人は放射線になぜ弱いか」という講談社ブルーバックスがある。物理学者から放射線医学者に転進した、近藤宗平という人が書いた本である。意外に類書がないので、簡単に纏めてみる。
 まず、放射能の被爆は、ラドという単位を用いる。吸収した放射線の総量(吸収線量)を表す単位である。表記はradである。単位当りの物質が放射線を吸収し発生したエネルギー(温度上昇)で計測する。1ラドは0.01J/kgに相当する。
さて、人間の致死量は、何ラドくらいなのだろうか。これは人によって違うが、広島の原爆で亡くなったある人は、800ラドで死亡したという。よって、これくらいで死亡することがある、といえる。
 原爆による死亡は、典型的には、火傷、火災、爆風による物理的衝撃、などである。これらは、ほとんど即死であった。ところが長崎の原爆で次のような例があった。すなわち、ある中学生の男の子は、爆心から1キロメートルのところで被爆した。それで火傷したが、元気を出して、長崎から別の市にいる親戚のところに、8月12日にたどり着いた。その時点ではまだ元気があったようであるが、入院した。しかし、治療の甲斐もなく、次第に嘔吐がひどくなり、渇きをうったえるのだが、食欲がなくなり、ついに8月18日に亡くなった、という。
 これの死因は、放射能の被爆によるものであり、よって、放射能の障害は、時間をおいて症状があらわれるようである。
 被爆による放射能障害の典型的な症状は、脱毛、皮膚出血班、口内炎である。原爆症において、即死でない場合は、その死亡率のピークは、被爆から30日頃であった。それでは、どのような生理的に仕組みにより、このように遅れて症状が現れるのであろうか。
 例えば、人が火事により亡くなるというのは、悲惨であるが、とても分かりやすい。黒こげになったりするからである。その熱量が致死量を超えたということでもある。ところが、放射能の800ラドとかいう熱量は、とても小さい。体温を1000分の1だけ上昇させる程度の熱量であるにすぎない。だから、人間が800ラドの放射線を受けたとしても、その瞬間、痛みはないし、見かけも全く変わらない。
 それでは、放射線は、人体にどのような影響を与えるかというと、遺伝子を損傷させるのである。物理的には、放射線は、通常の電磁波よりも波長が短いので、その量子のエネルギが、DNAを繋ぐ鎖を切断させる。このようなDNAの損傷は、頻繁に分裂する活動的な細胞に対して、一番有害である。そのような頻繁に細胞が分裂する箇所の1つに、骨髄中の造血細胞がある。ここに放射能が照射されると、造血細胞のDNAが壊れて、白血球や赤血球を作れなくなる。それでも、放射線の被爆直後は直ぐに影響が出ないのは、現役の白血球や赤血球は最早細胞分裂しないので、DNAが損傷しても、それらの白血球や赤血球は生き続けるからである。ところが、現役の白血球の寿命は数日程度である。これらが死んでしまった後、造血細胞は、新しい白血球や赤血球を作れなくなっている。それで、次第に白血球や赤血球が減少していく。ただ、赤血球の寿命は120日で、白血球よりは長い。ともかく、それらの数が、あるレベル以下に低下すると、致命的になる。造血細胞以外で、一番放射能の影響を受けるのは、睾丸中の精子をつくる細胞であるという。そこが、人体の中で一番頻繁に細胞分裂している。一方、女性の卵子は、出来合いであるため、意外に放射能の影響を受けないという。
 放射線による別の障害のパターンは、DNAの螺旋の2本ともが放射線により損傷を受けることである。1本だけの損傷なら、ハードディスクのRAID0ではないが、損傷を受けていない方から修復できる。ところが、2本ともが損傷を受けると、最早修復不可能になる。修復不可能な遺伝子をもつ細胞が、アポトーシス(自壊)するならよいが、生物にはなぜか、そういう仕組みがなく、困ったことに、修復不可能な遺伝子をもつ細胞を分裂増加させて、遺伝子の傷を深めてしまう。このことで、癌などを引き起こし、致命的になる場合がある。これは比較的長期の効果である。
 以上から、放射線が人体に与える影響は、短期・長期とも、重大であることが分かる。

2008年1月27日

ソクラテス流の生き方

 クセノフォンの「ソクラテスの思い出」などを参照して、ソクラテス流の生き方について、まとめてみる。
 まず、それは、質素でなくてはならない。理想的には、一年を通して、同じ服で暮らす、というものである。
 また、欲望を満たすことに最小限でなくてはならない。例えば、食べ物は、腹がすいたときだけ、最小限に食べる。場合により、空腹に耐える。酒は、基本的に、喉を潤す程度にして飲まない。性的欲望にも恬淡でなくてはならない。そのため、心を動かされそうな美人がいたら、逃げる。
 さらに、金銭にも恬淡でなくてはならない。何かの行為に、謝礼を求めてはならない。
 さらに、責任感を強く持たなくてはならない。例えば、兵士であるなら、勇気をもって敵に挑まなくてはならない。その際、命を惜しんではならない。この点、ソクラテスは、決して絶対的平和主義者ではない。
 さらに、正直でなくてはならない。
 さらに、ある職業に就くなら、そのスキルを磨かなくてはならない。
 さらに、親を大切にしなくてはならない。
 さらに、神仏を敬うこと篤くなくてはならない。神仏に祈る形式は、伝統に則ったものでなくてはならない。
 さらに、友人を何よりも大事にしなくてはならない。
 さらに、若者たちを教育しなくてはならない。
 さらに、自らが政治家になるのではなく、政治家の資質のあるものを見出し、教育しなくてはならない。
 さらに、自然や哲学を探求するよりも寧ろ、人間関係や政治の方に関心をフォーカスしなくてはならない。
 さらに、物事を、その根源に亘って熟考しなくてはならない。ここから、無知の知が出てくる。すなわち、「無知の知」は、ソクラテスの傾向の1つの系なのであって、必ずしも根本原理ではない。
 さらに、直裁に意見を述べることを厭わない。巧言令色少なき仁、を地で行くのである。
 かくのごとく、ソクラテスのように生きるのはなかなか、大変である。ただ、どうやってソクラテスが生活の糧を得ていたのか、これは、依然として疑問である。

2008年1月28日

タレント知事

 弁護士というか、テレビタレントの橋下徹氏が、ぶっちぎりで大阪府知事に当選した。私は個人的には、橋下氏は、バランス感覚にやや欠けるところがありどうかと思うが、しかし、お笑いタレントを尊重する大阪という土地柄、「行列のできる法律相談所」での圧倒的な人気が功を奏したものと思われる。目下、やはりタレントで、宮崎県知事の東国原氏がとりあえずうまくいっているように見えるのも、後押ししたであろう。
 ところで、ブロガーの池田信夫氏が、資本主義においては、ある程度インサイダーもやむを得ない、みたいな発言をされていたが、東国原氏や橋下氏をみていると、政治も、その本質的なところで、ポピュリズムなのであろうか。すなわち、お笑いタレントが人気を取るのと似た仕組みを用いて、政治活動することが、ある程度必須ということである。そういう意味で、プラトンのいう哲人政治は、現実的な意味というよりも、その本質的な意味で、無理ということになる。例えば、ソクラテスが府知事になったとしよう。すると、財政難は解消され、道徳レベルは向上するかもしれないが、府民は、「なんやら、えらい住みにくうなったやんか。」とこぼすであろう。しかし、そういう心配は無用であって、大阪府からずとも古今東西、ソクラテスのような者が選挙で選ばれる世の中はないのであるが。
 また、私は、知事というか政治家の技能の専門性とはなにか、と考える。すると、東国原氏であれ、橋下氏であれ、政策決定や財政運営の深い専門的知識があるとは思わないし、今後もそのようなものを勉強する時間もないであろう。すると、そういう専門知識をもつ役人をどう使うかであり、問われるのは人心掌握能力である。見かけでは、東国原氏は、それにある程度成功しているように思われる。橋下氏はどうであろうか。私は、府の役人と衝突を繰り返すと思う。ただ、新聞によれば、橋下氏は、子供の頃貧乏で、小中学校とかならずしも教育環境のよいところに通った訳ではなく、同和関係の人とも親交があったという。そうであるなら、弁護士になってタレントにもなった経歴をいったん、アンラーニングして、貧乏な頃のメンタリティと謙虚さをある程度取り戻せば、うまくいくと私は思うが、依然として、大阪府をきちんと治めるのは、橋下氏にとっておおいなるチャレンジであろう。

まぼろしの大陸

 過去に存在したかもしれないと喧伝されて、その存在が確認されていない大陸として、ムー大陸、アトランティス大陸、レムリア大陸がある。
 まず、ムー大陸であるが、イギリスの探検家、ジェームス・チャーチワードによって、1868年に、「発見」された。その発見とは、インドの古僧院で、チャーチワードが、僧に、粘土板碑文を見せられたことによる。その碑文を解読したチャーチワードは、ムー大陸の存在を知ったのだという。
 チャーチワードによると、ムー大陸は、1万2000年ほど前に、太平洋上に存在したという。その大きさは、なんと、オーストラリア大陸の4倍以上もある。ムー大陸は、とても栄え、6400万人の住人は、高度な文化を謳歌していた。ところが巨大地震が襲い、地が裂け、巨大な溶岩があちこちに迸り、一日にして、ムー大陸は、海に沈んだ、という。
 しかし、このような巨大な大陸が、一日にして消失する、というのはとても考えにくい。また、インドの古僧院の粘土板碑文なるものは、結局第三者に確認されていないそうである。
 それが、アトランティス大陸となると、少し権威を帯びてくる。なぜなら、かのプラトンによって、「ティマイオス」と「クリティアス」に書かれているからである。それによると、アトランティス大陸の住人も、豊かな自然と、高度な文明を享受していた。ところがやはり、地殻変動によって、一日にして海中に姿を消してしまったという。
 レムリア大陸は、インド洋の沖にあったという。イギリスの動物学者、F.R.スクレータによって名付けられた。レムリア大陸の存在が仮定されたのは、キツネザルの一種である、レムールの分布から推定された。すなわち、レムールの分布が、マダガスカル島と、スマトラやスリランカに亘っているのだという。このような分布は、インド洋の沖に大陸を想定すると、納得がいく、という訳である。ただ、ムー大陸やアトランティス大陸が、1万年程度のオーダーの昔に存在していた、と想定されるのに、レムリアは、4億年~2億3000万年前の頃と想定される。レムリアがどうやって消失したのか、については、やはり地殻変動説があるが、火星人と金星人の核戦争による、という、単なるまぼろし大陸説を超えた、さらに荒唐無稽なものもある。
 実は、私は、地球の歴史が46億年もあるのだから、過去に、今の人類よりも高度な文化の人類が一旦栄えて、その後滅びたということがあってもおかしくないと思っている。ただ、そこに無理やり大きい大陸を想定し、しかもそれがなんと一日で海中に沈むなどと想定すると、その信憑性が益々怪しくなる。しかも、どのまぼろしの大陸も、文明が栄え、自然が豊かで、みんな楽しく暮らしていた、となると、それは人間の極楽志向ではないか、ということになる。極楽志向とは例えば、イスラム過激派が、自爆テロに赴く人に、殉教すると、あの世で、美女に囲まれ、楽しく暮らせると説くようなことである。
 すなわち、理想の大陸が存在し、そこへの憧れを掻き立てて、しかしその大陸が突如として海中に没したと説くことにより、貧しくても滅びない、いまの生活も悪くないのだ、と安寧を信じさせる。こうして今日もどこかで、まぼろしの大陸の存在が、誰かを魅了し続けるのである。

2008年1月29日

擬似安心空間

 擬似安心空間という言葉は、私の造語であるが、特に内容は斬新ではない。昔、渡部昇一氏の「知的生活の勧め」とかいう本に、「特に理数系がよく出来る子供の家庭は、静かな雰囲気で、いい意味で、退屈なのである。」とあった。そこで、私は、家庭で知性を育むには、家庭がそういう意味で、擬似安心空間であった方がいのではないか、と思う次第である。ここで、「擬似」の意味は、大したことはなく、家庭といえどもいろいろな出来事や事件はあるので、ときとして安全が破られるかもしれない、しかし、また時間が経過すると安全空間へと戻っていく、という意味である。
 このような命題はあまりにも当然であって、特に創造的なことは、安全な環境でなくては、育むことができるはずがない(もしかしたら、フランス革命の環境下の騒然たる雰囲気で、すばらしい論文を書いた、ガロアやコンドルセのことを引かれる人もいるかもしれないが、それは例外中の例外であろう)。このことは会社にも言えるのであって、昨今、経済合理性の名の下に、リストラだの、手続合理化など叫びながら、全力で進んでいるが、そういう環境で、本当に創造性が育まれるのであろうか。それとも、経済合理性が金科玉条で、下手な考え休むに似たりだから、そんな余計な創造する暇があったら、少しでもお客さんの元に日参し、ボールペン一本でも経費を節約し、忙しくするのが、会社の繁栄につながる、というのか。
 ここで少しだけ私の去年の経験を述べさせて戴きたい。仕事のことなので、職業倫理上一切その詳細は述べないが、ともかく、ある創造的な成果が必要なプロジェクトに関与した。そこで私が心がけたことは、そこに擬似安心空間を作り出すことである。外では嵐でも、客先コールが鳴り響いていても、一旦その会議が始まると、つかの間でも擬似安心空間が形成されなくてはならない。
 その際に、私の、細かい手続きを嫌う、ある意味杜撰な、しかし世話好きな性格が幸いした。ともかく、自由に任せ、それをサポートするモードにした。「もう、外でこんなに汚して」と、ごぼしながら、洗濯にいそしむ主婦のモードである。私もある意味、我侭な人間なので、そういうモードが限定的にしか実現できなかったが、多くの人のコラボレーションにより、プロジェクトは望外の成功であった。それは、参加者のスキルやポテンシャルに負うところ大であるが、インフラとしての擬似安心空間は、意味があったと思う。
 ここで述べていることはとても抽象的で、何馬鹿なこと言ってんだ、こんな世知辛い世の中に、と無視されるのがおちかもしれないが、でも、随所に擬似安心空間が作り出されないと、モラールは下がり、精神的に病む社員は増え、小手先でなく創造性を以って根本的に会社が伸びることはないのではないか、と思うがどうなのだろうか。

はれほれ氏のリンク集

 私の生物はなぜ放射線に弱いのかの記事にコメント戴いた、はれほれ氏であるが、実は、ホームページをもっておられるようで、はれほれ氏のリンク集を拝見すると、それは、地球温暖化問題に対する実によいガイドになっている。
 ところで、世間一般に、アルゴアやIPCCが提唱するような地球温暖化のシンパが多いのであるが、IPCCでさえも、どうも、なぜ地球が温暖化していると思うのか、なぜそれが寒冷化よりも人類に有害なのか、科学的にきちんと説明できていないうに思われる。
 私は、というと、かなりの反地球温暖化論者で、といいつつ、はれほれ氏のような理論武装ができている訳ではないのだが、それでも、いつくかの根拠から、地球温暖化の説明は、あまり根拠がないと思っている。
 このブログでも既に書いたが、例えば、二酸化炭素の濃度が上がってから気温が上がるのではなくて、気温が上昇してから二酸化炭素の濃度が上がる、という因果関係の逆転関係、温室効果は、水蒸気の方が、ら二酸化炭素よりも圧倒的に大きいこと、地球の気温は、温室ガス効果もさることながら、太陽黒点に非常に影響されること、などである。
 また、どうして温暖化を目の仇にするのか、というのも疑問である。二酸化炭素の濃度が上がり、気温があがると、作物がよく育つ。地球温暖化によりどれくらい海面が上昇するか知らないが、寒冷化により作物が不作になり、飢饉になる方がはるかに人類に対するインパクトが大きい。
 すると、地球温暖化に警告を発する論者たちには、なにかしら経済的・社会施策的意図があり、地球温暖化論を利用して、経済的・政治的に優位に立とうとしている、としか思えない。
 と、はれほれ氏に笑われそうなことを書いてみた。ところで、ヒラリー・クリントンが大統領になったら、米国も、アルゴアを担いで、地球温暖化対策を進めるのだろうか。私は、サブプライム問題で、それどころではないと思う。多くの人が言っていることであるが、地球温暖化対策よりも喫緊なのは、エネルギや森林資源の枯渇、アフリカなどの極度の貧困と政治的な不安定を救うことであり、その目的のためには、二酸化炭素の濃度が多少増加しても仕方がないと思う。

2008年1月30日

電磁波の影響

 先日、放射線の人体に対する影響に関して、その分野の入門書に基づき、簡単にまとめてみた。
 ところで、放射線の中でも、γ線は、要するに、波長のきわめて短い電磁波である。すると、当然の疑問として、テレビやラジオの電波、携帯の電波、無線LANの電波などの人体に対する影響はどうなのか、ということが湧いてくる。
 通常の電磁波の人体に対する影響を論じた本も確かあったと思うが、今日のところはとりあえず、自分のきわめて限られた知識だけで判断してみる。すると、まず分かることは、γ線よりも実質的に長い波長の電磁波は、人体に入っても、電子を励起するだけのエネルギをもたない。プランクの量子である。だから、原則的には、DNAを破壊する力はもたないので、少なくとも、人体の造血作用や男性の生殖機能を損傷するまでには至らないと思う。
 では、電磁波は、人体に無害か。私はどうしても、そうは思えない。人体は、一種化学機械であって、ホルモンや酵素の働きで、いろいろな生理作用をひきおこす。そのためには、細胞がホルモンや酵素を産生する必要がある。その際、DNAの対応する場所から、ホルモンや酵素の設計図としての遺伝子情報が、RNAに転写されて、それから、アミノ酸の重合体としてたんぱく質が生成され、酵素やホルモンとなる。私の根拠のない直感は、電磁波は、DNAからRNAの転写プロセスに影響を与えるのではないか、というものである。そういう分野があるかどうかしらないが、電気化学反応学とでも呼ぶべきか。なぜなら、化学反応なるものは、要するに、酸化反応であったり、還元反応であったり、要するに電子のやりとりなので、そこで、電磁波が全く関係ない、ということはないだろう、ということである。
 この仮説が妥当だとすると、ある種の電磁波の印加により、酵素やホルモンの産生が制御されることになる。昨年、ある友人と酒を呑んでいるとき、折りしも、佐世保の銃乱射事件の直後であって、その友人は、あの事件は、ある種の人間精神破壊兵器によってもたらされたのではないか、と示唆した。荒唐無稽をそのまま受け流すのではなく、一度は手にとってみる癖のある私は、ううん、そういうこともあるかも、と考え込んだ。尤も、友人は、かなり冗談モードである。そうでないなら、われわれは、以前ニュースで騒がれた、白装束の軍団と変わらないことになる。そして、もし、そういう兵器があるとすると、それは、非可視のレーザービームで、例えば、ある衛星から放射されて、ある人の脳内にフォーカスする。すると、脳内でのドーパミンだの、ギャバだの要するに脳内物質の産生に影響を与えて、人を凶暴にすることができるかもしれない、というようなことを友人と、話したと思う。ああ、そういえば、一昨日であったか、若い既婚の女性が、男の子二人をマンションの11階から投げ落として、自分も飛び降りて、心中するという悲惨な事件があった。昨日は昨日で、どこかの橋で、車を降りた男性が橋の上から海面に見を投げて自殺した事件があった。ああいう事件に、何ほどか電磁波が関与していなければ、いいのだが。
 電磁波の別の議論として、電力の高架線の問題がある。電力のための電線に流れる交流は、50Hz/60Hzと、とても低周波である。ところが、電力の高架線の直下にある家に住む人は、とても癌になりやすい、という統計がある、という。だいたいにおいて、電磁波は高周波であればあるほど有害、というのが、今までの議論から推測されることであるので、低周波の電磁波が人体に癌を起こすとなると、DNA切断効果以外の別の原因を考えださなくてはならない。

100%再生紙

 最早、ちょっと前の話題だが、100%再生紙であるはずのコピー用紙が、実は、40%程度の再生紙率でしかなかった、という問題で、日本製紙連合が、次のような釈明をしている。
 すなわち、コピー用紙を再生紙から作るためは、回収された新聞紙などが原料であるが、するとまず、一旦、原料を、水を入れたミキサーでどろどろに溶かす。そうして、ここからが面倒なのであるが、ホチキス、ごみを物理的に除去する必要があるだけではなく、インクを化学的に除去する必要がある。そうしないと、再生紙が黒ずんで、流石に使えないということになる。こうして、古紙パルプが出来上がる、という次第である。
 ところが、上記の処理では、次のような問題がある。すなわち、まず、インクを化学的に除去するための化学薬品が、とても環境負荷が大きい、ということである。これをそのまま垂れ流すと大変なので、一旦処理する必要があるが、その手間とコストが大きい。
 一方、古紙ではなく、木材チップから紙をつくる場合はどうか、というと、そもそも、インク除去の化学処理が不要である。また、木材チップを処理する間に出てくる黒液は、後で燃料として使える。古紙から再生する場合には、そういう有用な副産物はないので、パルプ生成工程で必要な加熱燃料としては、重油を使うよりない。
 このように、トータルで見たとき、100%再生紙が本当に、環境負荷を減らすのか疑問である。また、100%再生紙は明らかに、紙品質を低下させる。
 そこで、日本製紙連合は、コピー用紙の再生紙率を、100%から70%に下げるように、環境省に提案しているが、何も応答がない、という。
 こういう経緯をみると、さまざまな用途の再生紙率を、環境省は、机上の推論で決めてしまい、それを製紙メーカに押し付けたのではないかと思われる。すると、環境省は、製紙の現場なんてしらない訳だから、後で、今問題になっているような齟齬が生じるのも、ほとんど必然である。
 私が気の毒と思うのは、そうであるかもしれないのに、製紙メーカだけが叩かれている点である。先の、地球温暖化問題の趨勢と相俟って、再生紙使用率を上げることは、国是ならぬ、環境是なのか。そうして、環境省は、環境保護の司祭なので、完全無欠にして、過つことはないのか。
 また、マスコミもまずい。製紙メーカを、赤福や、ミートホープや、不二家と同列に扱って、正義面している。上記のような、下手をすると却って環境負荷を増やしてしまうかもしれない事情に鑑みると、もう少し違う言い方ができないのか、と思う。

2008年1月31日

中国製食品

 昨年末から今年にかけ、千葉県や兵庫県で、中国製のギョーザを食べた人のうちの10人が、激しい中毒症状を示したという。何人かは、意識不明の重体になった。原因は、ギョーザに使われていた野菜に含まれていた、有機リン系殺虫剤のメタミホドスが原因のようである。可能性としては、中国の栽培農家で有機リン系殺虫剤を使い、ギョーザを作る製造工程で、十分野菜を洗浄しなかったものとおもわれる。
 と推定し、新聞をさらに読み進めていくと、「製造過程で農薬が混入した疑い」とある。えっ、野菜の栽培で防虫に農薬を使うのは分かるが、どうして製造過程で農薬を使うことがあるのだろうか。
 それで思い出すのは、昨年12月の、即席麺毒死事件である。この事件が、故意であるのか、過失であるのか、その後フォローしていないので不明であるが、1つ言えることは、中国国内で、食品における農薬や毒物に対する扱いが、杜撰なところがあることである。
 しかし、日本の食糧自給率に鑑みると、中国からの食品輸入に依存することは必須である。すると、当然であるが、中国からの輸入食品に対して、薬物も含め、検査体制を強化する必要がある。
 それにしても、垂直分業でめざましい経済発展をとげている中国であるが、こういう現状をみると、インフラはどうなのか、と疑問をもってしまう。少なくともこういう杜撰なことは、日本ではありえないからである。

シンクロニシティ

 先日、ある友人から来たメールに、とても偶然とは思えないいつくかの出来事が立て続けに起こった、シンクロニシティだ、という趣旨のことが書かれていた。それで思ったのだが、もしかして、世の中のすべてのことはシンクロナスに起っているのだが、人間には現象の一部しか見えていないので、たまたま偶然とは思えないことが立て続けに起ったとき、ああ、シンクロニシティだ、と思うのではないか、と。
 1つ例を挙げると、地球からみた火星の軌道がある。これは、漫然と観察していたら、でたらめに動いているとしか見えない。しかし、太陽を中心として、ニュートンの法則(ケプラーの法則というべきか)で地球も火星も動いている、と考えると、その動きが理解でき、合理的に推測もできる。
 もし、世の中のすべてのことはシンクロナスに起っていると仮定したとき、例の宿命/運命理論と整合させてみよう。すると、宿命というのは、ある基底のパラメータで不変である。しかし、運命は、主体(犬でも猫でもあってよいが、ここでは人間とする)の自由意志で変わりえる。データマイニングの決定木で説明すると、決定木そのものは、宿命である。しかし、この決定木に、どういうデータを入れるか、そこは運命なのであり、決定木が判断して末端ノードに至ったとき、そこには、ある確率分布が割り当てられていて、その確率分布の範囲で、運命が自由意志により決定されていく。
 すなわち、とても分かりにくいが、こういう決定木も含めた仕組み自体を、シンクロニシティの決定メカニズムと呼んでよく、しかし、ここにきて、シンクロニシティという言い方自体が無意味になっていることが分かる。
 同じ乗りで、超能力というのを論じると、動物や植物がもつすべての能力は、単なる物自体が発揮しえない能力である、という意味で超能力なのであり、石をもって10m先に移動することが、どうして、明日の競馬の当たりを完璧に予測することよりも低い能力である、といえようか。
 こういう立場からは、カントの批判哲学が、実はあやふやな基盤のもとに作られたと言いなすことになる。ただ、カントは反論するであろう。自分は、人間に所与の能力を仮定して、その上で、認識の限界の枠組みをつくってみたのだ、と。そうして、君のような議論は、単なる不可知論で無意味だ、と言うかもしれない。
 それに私は反論できないが、ただ、もうすこし、枠組みをやわらかくして、認識論を展開するのも意味があるかも、とふと見果て夢をみる。

採用氷河期

 採用氷河期なんて言葉をはじめて聞いた。要するに、採用する企業の方が優秀な学生を確保するのに苦労する、という意味のようである。今、不景気なのに、なんでこんなことが、と考えると、単に、団塊の世代が退職して、人材の空きができた、というただそれだけのことなのだろうか。
 ともかく、優秀な学生を確保したい企業は、どんどん採用活動を前倒しにし、それで一部の学生が増長しているようなのである。すなわち、面接のあと、あの企業はこの点が失礼だの、面接官の態度がでかいだの、きれい事ばっかり言っているだの、いいたい放題である。
 しかし、学生たち、君たちは入社したあと、きっちり評価されるのだから、あまりいい気にならない方がいいのではないだろうか。今からの時代、学校でやったことがものすごく急速に陳腐化する。えっ、もともとあんまし勉強していない? だったら仕方ないけど、でも、いつの世も、必要なスキルは、忍耐と、謙虚と、あと体力。それから、こつこつ勉強すること。
 それにしても、こういう傾向を見ると、就職氷河期で割りをくった人達は、地団駄踏んで悔しがるだろう。でも、それも運である。仕方ない。人生というのは、収支を合わせるには短すぎる。

About 2008年1月

2008年1月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。