« CO2マネー | メイン | ソニーと超能力研究 »

ソクラテス死刑の理由

 ソクラテスは、公式には、次のような理由で、アテネの政府から、死刑を言い渡されたことになっている。「ソクラテスは、国家の認める神々を信奉せず、かつまた新しい神格を輸入して罪科を犯している。また青年を腐敗せしめ罪科を犯している。」
 ところが、クセノフォンの「ソクラテスの思い出」によると、実際は次のよう理由らしい。すなわち、市井で若者たちをつかまえては議論をふっかけるソクラテスには、沢山の弟子がいた。ソクラテスは、いかなる意味でも、国家転覆を説いた訳ではない。むしろ、自制と節制と勇気を説いたのである。
 そのような多数の弟子の中に、クリティアスとアルキビアテスがいた。クリティアスとアルキビアテスは、ソクラテスとともにあるときは、師匠の教えを守り、節度ある暮らしをしていた。そんなとき、クリティアスは、エウチュデモスという美貌の青年を誘惑した。その様が、あまりに下品だったので、ソクラテスは、クリティアスを非難した。ソクラテスは、歯に衣を着せないタイプだったので、クリティアスは豚が石に顔を擦るように、エウチュデモスにすりよる、という言い方をした。これが大層、クリティアスを怒らせてしまった。
 ところが、ソクラテスにとって運が悪いことに、クリティアスは、カリクレスとともに、三十執政の一人となって、実権を握った。そうして、ソクラテスに対して復讐の念に燃え、法律の中に、「言葉の技術を教うるを禁ず。」という一項を入れた。これはあまりに曖昧な構成要件で、いかなる学者にも適用可能なものである。
 実際、この条項を適用して、カリクレスたちは、人品卑しからぬ多くのアテナイ市民を死刑にした。そこで、ソクラテスは沈黙を保てばいいものを、「牛飼いが、自分が牛の頭数を減少させて、その質を低下させたとして、それで下手な牛飼いであると認めないとしたら奇妙な話であるが、もし国家の指導者が、自国の臣民の数を減少させて、それを恥ともなんとも思わず、自分が低劣な指導者であると認めないとしたら、いよいよ奇妙な話である。」と言ってしまったものだから、三十執政に喧嘩を売ることになってしまった。
 果たして、ソクラテスは、三十執政に呼び出されて、尋問を受ける。そこでいろいろとやりとりがあったが、もうソクラテス死刑の結論は出ていたというべきである。
 このあたりの背景説明は、プラトンの「ソクラテスの弁明」にあっただろうか。ここまで詳しく説明がなかったような気がしたので、クセノフォンから補足してみた。そうして、プラトンの「パイドン」にあるように、ソクラテスは逃亡のチャンスもあったのだが、毒人参の杯をあおって、従容と死の途についた。
 現代において、ソクラテスのように毒舌を弄する者は多数いる。実際、アテネでも、ソクラテスを「うざいおっさん」だと思うものは多数いただろう。しかし、彼のように勇気を出して批判することは実に難しく、こうして、後世に至るまで偉大な哲学者として、記憶されることになった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/511

About

2008年1月 5日 16:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CO2マネー」です。

次の投稿は「ソニーと超能力研究」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。