« 脳内将棋 | メイン | 旬のお笑い芸人 »

外交官と語学力

 新聞のある欄に、元フランス大使の矢田部 厚彦という人が、次のような趣旨の論説を寄せていた。すなわち、職業外交官というのは、技術者である、と。なんの技術者かというと、外国語を通じて、外国人と意思を疎通しあう技術をもつ、技術者だ、というのである。
 その趣旨に異論はない。確かに、全く外国語が理解できない外交官、というものを想定することはできない。矢田部氏は、こう続ける。優れた外交官であるためには、外国語以外に、洞察力、観察力、判断力、機知、勇気、忍耐、冷静さ、教養、人間的魅力、忠誠心などが必要である、と。それにも異論はない。
 そこから矢田部氏は、再び語学のスキルに戻り、こう述べる。すなわち、日本語を母国語とする、ということは、孤立した言語族であるため、西欧語を理解するうえでとても不利である。世界には、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語などのうちのいくかを駆使するだけではなく、アラビア語、中国語、ヒンディー語、スワヒリ語などにも堪能な外交官はざらにいる。こういう語学力に鑑みると、わが国の外交官の語学力は、真に貧弱であり、到底五分に伍することはできない、と嘆く。そうして、外交官試験に合格してから特殊語学の修行をするのでは遅いので、中学・高校生レベルで、語学の才能をもつ者を抜擢して、奨学金を与え、且つ諸外国へ留学させ、そこの大学を卒業させることにより、語学力の高い外交官を確保すべし、という一見尤もらしい意見を述べる。
 しかし、私は、これには同意しない。というのは、折角外交官に必要なスキルとして、語学以外に、洞察力、観察力、判断力、機知、勇気、忍耐、冷静さ、教養、人間的魅力、忠誠心を挙げておきながら、それらが等閑になっている。また、上記議論では、手段としての語学力が、すっかり目的になってしまっている。
 私の拙い理解では、外交官にまず必要なのは、高い職業倫理と、日本国家の利益のためのグランドデザインの理解と、戦略的思考である。また、自国と他国の歴史と文化に対する深い理解である。それなしで、単なる語学屋が、外交官として何をかなさんやである。そうした資質の上で、語学力を問えばよい。そういう有意の人材が、卓越した語学力をもつなら、それはなんと幸いなのだろう。ただ、そういう僥倖を恃む人材制度は、無理がある。私の意見では、多言語屋で高い見識をもつ人は少ない。翻訳機のようなものだからである。まず、歴史や哲学の深い素養を問うべきで、語学が苦手なら、語学の技術屋の助けを借りればいいのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/514

About

2008年1月 7日 12:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「脳内将棋」です。

次の投稿は「旬のお笑い芸人」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。