« 火星への衝突回避 | メイン | イランの反米政策 »

毎日新聞の「発言席」欄

 日曜日の毎日新聞に、「発言席」という欄がある。先週の当該の欄に対して、外交官と語学力というコメントを書いた。あまり感心しない、という趣旨でである。
 さて、今週の「発言席」は、有名なジャーナリストの鳥越俊太郎氏であるが、読んでみて、悲しくなった。というのは、ブッシュ大統領が、イラクの大量破壊兵器の嫌疑をふっかけて、イラクに侵攻し、イラクを混乱に陥れたが、結局、破壊兵器はみつからず、イラクを混乱に落としいれただけである。多数の犠牲者を出している。反省してほしい、という趣旨なのであるが、中学生の作文でもあるまいし、どういう神経で今更、こういう月並みなことをジャーナリストが書けるのだろうか。それこそ、田中宇氏の、ブッシュはわざと失策を犯して、世界を多極化しようとしている、という意見の方が、その妥当性はともかくとして、よっぽど語るに足る。鳥越氏は確かに、かつては立派なジャーナリストであったはずである。癌の治癒の広告でテレビにも出ている。病気で、すっかり気力をなくされたのであろうか。私の推察であるが、毎日新聞の社内にも私と似た意見の人はいらっしゃることだろう。しかし、馬鹿馬鹿しいと思っても、鳥越俊太郎氏は、その格的に、年功的に、投稿を断れないのだろう。
 でも、この鳥越の論説は、単に無害であるのでよい。実は去年のいつだっかか、いくらなんでもと思ってブログ用にメモをとっておいて、まだコメントを書いていない記事がある。あるいは、「発言席」ではなかったかもしれない。フランス文学者の鹿島茂氏の寄稿で、シェイクスピアの"Ex nihilo nihil fit" 「無から生じるものは、無だけである。」に事寄せたものである。そもそもが、現代科学に鑑みても、「無から生じるものは、無だけである。」という命題は、あまり適切ではない。というのは、物理学によれば、局所的には、ゆらぎとして、無から有が生じているのである。でも、文学者の言うことだから、それは大目に見よう。しかし、「無から生じるものは、無だけである。」を、登校拒否、引きこもり、出社拒否の人たちに適用し、彼らがとっている行動は、何一つ学んでいない段階の幼い思考力を駆使して考えた結論、というのだから、これが天下の暴論でなくて何だろう。人間なのだから、様々な理由により、引きこもることはあろう。成熟した人間でも、悩んで立ちどまることはあろう。文学者なら、少しでも、人間の心の影の部分に注意を払ってほしいと思う。経歴を見ると、神奈川県立湘南高等学校、東京大学文学部仏文学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程修了、とある。ううん、単なるエリートか、困ったものだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/527

About

2008年1月13日 14:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「火星への衝突回避」です。

次の投稿は「イランの反米政策」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。