« 現代中国の産業 | メイン | 法律事務所の収支 »

早期教育批判

 ある古本屋の100円均一の籠に、「ちょっと待って早期教育」保坂展人、学陽書房という本があった。1996年1月刊だから、もう12年前に出版されたものである。私が知る「保坂」は、ノンフィクション作家の保阪正康である。実は、一瞬、保阪正康かと勘違いした。
 先ず、この保坂展人氏の経歴が凄い。どこかの中学に通っていたとき、真面目に勉強することに疑問をもち、突然、勉強を「降りて」しまい、学校批判のビラを配り始める。それでも、中学は、義務教育だから卒業できる。ところが、そこで受験した高校が全て不合格となる。どうも、内申に、学校批判のことが書かれたらしい。そこから本人は、意地でも、大学受験用の検定試験さえ受けることなく、すなわち、中卒の学歴で、海外を旅行したり、本を読んだり、友人と付き合ったりしながら、思索を深め、評論家として本を出している。
 そういう、ある意味エキセントリックな経歴をもちながら、彼の早期教育批判は、結構穏当である。彼は、公文式と七田式の幼児教育を批判する。すなわち、3歳はおろか、0歳、あるいは胎教から教育を謳い、手を拱いていると手遅れになりますよ、という誘惑に、よの親、特に母親が抗し切れない、と批判する。
 公文式や七田式の論理は、子供の脳は、6歳までにその配線が完成するので、それまでに頭を鍛えておかなくては手遅れになる、というものである。このとき脳、特に、右脳を鍛えると、高い確率で天才になる、ともいう。
 保坂展人氏は、これがいかに間違えているか、それによって情緒不安定になった子供の例を引きながら、批判する。何人かの医師の、幼児教育が医学的に根拠がない、とする説も引用する。
 では、七田式の現在の様子はどうなのだろうか、とWebで確認してみた。すると、Webで見る限り、七田式は健在である。例えば、「何才くらいから始めればいいのですか?」という想定質問がある。それに対して、「出来れば、胎教から始めていただくのが一番です。幼児コースでは、4、5ヶ月ぐらいから通われています。「そんなに早くから始めて一体何をするの?」と思われるかも知れませんが、母子の一体感を大切にし、赤ちゃんが生来持っている優れた能力を無理なく遊びの中で引き出していきます。オリジナル教材でインプット中心に楽しくレッスンを行います。もちろん何才から始めても遅いということはありません。出来るだけ早く始めた方が無理なく能力を引き出せるということです。」
 ああ、12年前の保坂展人氏に記述されていた例から、一歩も進歩していない。もし、七田式が今も隆盛だとすると、その理由は分かる。世の中の不透明性は、12年前よりも高まっていて、冷静に考えたら、高い偏差値の大学、高い学歴の効果は、より見えにくくなっているはずである。しかし、子供を少しでもよい位置に就けたい親としては、どうしてよいのか分からない、すると、とりあえず、目の前の分かりやすい方法で、子供を鍛えておくに如くはない、ということになる。
 それで、私の意見では、早期教育というのは、次のような場合だけ、限定的に有効だと思う。
 すなわち、幼児に明らかに、他の子供と違って、あることに特別の嗜好が認められる場合である。例えば、ある将棋のプロは、赤ん坊のとき、泣いていても、将棋の駒を持たせると、泣き止んだそうである。こういう場合、かなりの確率で将棋の才能があるので、小さい頃から教え込んでもよいと思う(依然として、やりすぎることのリスクはあるが)。実際、才能というものは凄いもので、囲碁の趙治勲などは、幼稚園児のとき既に、プロ初段、すなわち、アマチュア最高峰の棋力があったそうである。
 これも似た例になるかもしれないが、物理学者の湯川秀樹の随筆を読んでいたら、幼少の頃、無理やり、漢籍を読まされたという経験を書いていた。もともと、湯川秀樹の実家の小川家は、中国学の伝統の家であった。湯川秀樹は、その経験が随分嫌だったらしいが、そのことは学校に行って漢文を習ったとき、他の人よりもスラスラと理解できた、ということで、意味はあった、と言っている。
 別の例も挙げよう。数学者のハミルトンは、大変偉い人で、ハミルトンが考案したハミルトニアンという形式なしでは、今の物理学の理論そのものが記述できないくらいであるが、幼少の頃から天才教育を受け、6歳の頃には、ギリシャ語、ラテン語がすらすら読めた、というから半端ではない。ところが、そういう幼少の頃からの教育の反動か、青年になってひどい鬱病のような症状に襲わることを繰り返した。その間、力学形式や四元数などの画期的に理論を考えつくのであるが、とても孤独で悲惨な晩年で、死んだときはとても惨めだった。
 だから結論として、私は、早期教育というのは、リスクが高いと思う。そして、早期教育なんか全くしなくても、子供の頃田舎で楽しく暮らして、今に至る私くらいにはなれる、とは言ってはみるのだが、私がいかなる意味でもエリートではないので、聞く方も白けてしまう、という次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/537

コメント (2)

N.M:

教育システムの腐敗と無知が混乱の原因です。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読みました。
これ程までに、日本の教育が破綻し腐敗しているのかと驚きました。不登校、引きこもり、ニートが生まれ、犯罪者が続出するのは、教育システムが腐敗しているからです。
知識社会と言われる現代、教育こそが、最大の成長戦略であり、雇用対策です。
しかし、学校教育への多くの意見があっても、教育破綻の仕組みを理解していないため批判だけになっています。実にバカげたことです。
是非、読んでみて下さい。
教員は、教師生活の危機を感じるでしょう。
親たちは、学校へ殴り込む準備をするにちがいありません。

あやたろう Author Profile Page:

N.Mさん

コメント、ありがとうございます。教育問題は関心事の1つなので、是非その本を読んでみます。
ところで、私のブログは、下記が今はメインですので、よろしくお願いします。

http://commutative.world.coocan.jp/blog2/

About

2008年1月19日 17:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「現代中国の産業」です。

次の投稿は「法律事務所の収支」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。