« 仕事と家事の両立 | メイン | 幸せになってもいいのよ? »

赤松満祐

 私の実家は、前にも書いたが、広島県尾道市である。もっと詳しく言うと、尾道市百島町という、瀬戸内海の孤島であって、尾道港から船で約40分のところにある。その実家には、大抵夏帰省するのであるが、今年は、たまたま、年末に帰省してみた。そこで元日に、あまりにも退屈なので、島にある神社に初詣してみた。この神社は、私の出身中学の隣にあって、人口減から中学校が小学校に統合されたので、中学校あった建物は、もぬけの殻である。そんな中学の傍にあるものだから、神社も、寂しさがひとしおである。案の定、行ってみたのが午後だったこともあって、神社には人っ子ひとりいない。ここに来るのは何年ぶりだろうと、所在なく散策していると、なにか看板があった。
 読んでみると、百島は、武将 赤松満祐の一族七人が、戦乱で敗れて逃れ、嘉吉元年(1441年)から住んだのが始まり、とある。へぇそうなんだ、と思った。というのは、半世紀以上生きていて、島の老人や先生などからも、そういう話を聞いたことがなかったからである。赤松満祐なる人物も、どこかの弱小の無名の武将なのであろう、と思った。そもそも、私の日本史の知識は、不足しすぎていて、そもそも、1441年が何時代にあたるのかさえ、分からない。ましてや、赤松満祐など聞いたこともない。
 それからこちらに戻ってきて、しばらく赤松満祐のことは忘れていたが、ふとたまたま、Googleで検索してみる気になった。どうせ、そんな無名の武将なんて、ヒットしないよね、と思いながら。
 ところがである。赤松満祐は、意外にもあまり半端じゃなかったのである。すなわち、あるウェブサイトによると、「”室町期の明智光秀”とも言える人物。当初の予想を裏切り「独裁」ぶりを発揮した六代将軍義教に、職務を取り上げられたり領地まで危うくされ遂にキレてしまう。ある意味、誰かが『嘉吉の乱』を引き起こす可能性があった。 それがこの”赤松満祐”であった。」とある。おお、理由はどうあれ、将軍暗殺の犯人だったのだ。「父・播磨備前美作守護、赤松義則。<応永34(1427)年> 父・義則の死去により家督相続。 将軍義持は満祐が相続した領地の内播磨を召し上げ 寵愛する赤松氏傍流の持貞に与える主旨を満祐に通告。 満祐は播磨へ下向し抗議するも、義持は備前美作の守護職も召し上げようとする。」で、確かに、キレる理由も分かる。しかも、当時、室町時代は最早、足利幕府の磐石の時代ではない。よって、このような、播磨備前美作守護、すなわち、兵庫から岡山に跨る地域を当地する地方役人の暗殺を許したのであろう。ただ、これによって、赤松満祐自身は、山名宗全を中心とする幕府軍の追討を受け、殺されてしまう。で、残った赤松満祐の親族のうちの七人が、命からがら、百島に逃れていた、ということのようである。
 ただ、百島の住人は、赤松満祐がもしかしたら先祖なのかもしれないので、そんな不利な事実をいちいち掲示しない。上記のように単に、「赤松満祐の一族七人が、戦乱で敗れて逃れ、」書くだけである。私のように物好きにもWebで調べてみようなんて思うものも少ないだろう。
 それで分からないのが、村上水軍との関係である。瀬戸内海を村上水軍が跳梁をはじめたのは、平安時代と言われているから、室町時代にはもう、百島には村上水軍の一派が住んでいただろう。実際、百島の高いところに村上水軍の城跡がある。今では、大きい礎石が残っているだけであるが。だから、本当は、嘉吉の乱の時点で、百島は村上水軍に支配されていたはずで、よって、私は、赤松満祐の親族は、村上水軍に保護を求めたのだ、と思われる。山名宗全は本当は、その一族をすべて殲滅してしまいたかったはずである。しかし、流石に、村上水軍はその地にあって強力で、手が出せなかったのかもしれない。
 こういう歴史に鑑みると、瀬戸内海は、それはそれでなかなかの歴史の宝庫であるのかもしれない。そもそも、平家が源氏から追撃されて逃げたのも瀬戸内海であり、滅んだのは、瀬戸内海の末端、下関なのである。
 ちなみに、上記のような経緯か、百島には、村上という姓と、赤松という姓が結構多い。あと、百島以外であまり聞かない姓として、「旗手」という姓がある。これなど、応援団ではないが、戦争で、旗をもつ係であった足軽の家の者が名乗った姓なのかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/546

About

2008年1月24日 13:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「仕事と家事の両立」です。

次の投稿は「幸せになってもいいのよ?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。