« 生物はなぜ放射線に弱いのか | メイン | タレント知事 »

ソクラテス流の生き方

 クセノフォンの「ソクラテスの思い出」などを参照して、ソクラテス流の生き方について、まとめてみる。
 まず、それは、質素でなくてはならない。理想的には、一年を通して、同じ服で暮らす、というものである。
 また、欲望を満たすことに最小限でなくてはならない。例えば、食べ物は、腹がすいたときだけ、最小限に食べる。場合により、空腹に耐える。酒は、基本的に、喉を潤す程度にして飲まない。性的欲望にも恬淡でなくてはならない。そのため、心を動かされそうな美人がいたら、逃げる。
 さらに、金銭にも恬淡でなくてはならない。何かの行為に、謝礼を求めてはならない。
 さらに、責任感を強く持たなくてはならない。例えば、兵士であるなら、勇気をもって敵に挑まなくてはならない。その際、命を惜しんではならない。この点、ソクラテスは、決して絶対的平和主義者ではない。
 さらに、正直でなくてはならない。
 さらに、ある職業に就くなら、そのスキルを磨かなくてはならない。
 さらに、親を大切にしなくてはならない。
 さらに、神仏を敬うこと篤くなくてはならない。神仏に祈る形式は、伝統に則ったものでなくてはならない。
 さらに、友人を何よりも大事にしなくてはならない。
 さらに、若者たちを教育しなくてはならない。
 さらに、自らが政治家になるのではなく、政治家の資質のあるものを見出し、教育しなくてはならない。
 さらに、自然や哲学を探求するよりも寧ろ、人間関係や政治の方に関心をフォーカスしなくてはならない。
 さらに、物事を、その根源に亘って熟考しなくてはならない。ここから、無知の知が出てくる。すなわち、「無知の知」は、ソクラテスの傾向の1つの系なのであって、必ずしも根本原理ではない。
 さらに、直裁に意見を述べることを厭わない。巧言令色少なき仁、を地で行くのである。
 かくのごとく、ソクラテスのように生きるのはなかなか、大変である。ただ、どうやってソクラテスが生活の糧を得ていたのか、これは、依然として疑問である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/551

About

2008年1月27日 21:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生物はなぜ放射線に弱いのか」です。

次の投稿は「タレント知事」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。