« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月 アーカイブ

2008年2月 1日

弁護士5万人体制

 以前紹介した、PHP新書「法律家のためのキャリア論」村上政博著によると、今後、新しい司法試験制度になって、毎年3000人の合格者が出る、という。すると、判事や検事は定員が決まっているので、ほとんどは弁護士になる。そうして、いずれ、遠からず、日本でも弁護士は、5万人を超えることが見込まれるそうである。
 すると、どういうことが起きるか。日本は、米国のような訴訟社会ではないので、法廷に関与する仕事という意味では、そんなに増えない。すると、裁判に拘わる仕事で増える弁護士は到底吸収できず、弁護士が、司法書士あるいは、その他一般の国家資格とあまりかわらないように看做される、ということになる。
 言い換えると、弁護士という資格だけでは、生活を保障されない、ということである。
 さて、大数の法則というのがあって、すなわち、人数が増えて層が厚くなると、全体の平均的な質は下がる。しかし、トップレベルの質は上がる。こうして、弁護士が増えることで、より一層優秀な弁護士があらわれる反面、駄目弁護士も増えることになる。
 それでは、卓越していない弁護士はどうやって食べていくか、というと、1つのやり方は、兼業または、別業である。すなわち、アナウンサーの弁護士、お笑いタレントの弁護士、プロレスラーの弁護士、などであって、この場合、弁護士であることは、1つのアクセサリーでしかない。丁度、菊川怜の東大の学歴のようなものである。そういえば、昔、弁護士ではないが、司法試験受験くずれか、結構法律に強く、法律ネタで笑わせる、梅助とかいうお笑い芸人もいた。そういうのも、ありえる。
 別の方法は、別のスキルとうまく組み合わせることである。例えば、心理カウンセラーの弁護士なんて、なかなか流行りそうだ。江原啓之ではないが、スピリチュアル・カウンセラーの弁護士も面白い。元ヤクザの弁護士というのもありえるかも。でも、特に元検事で、ヤクザと間違えるような柄の悪い弁護士も、既にかなりいるような気もするが。
 私的には、街の占い師のように、安い料金で簡単に相談できる弁護士がいるとありがたい。1時間せいぜい5000円程度である。数が増えてくると、弁護士もあきらかに値崩れする。
 また、今でもそういう傾向にあるが、弁護士の専門化も進むだろう。離婚専門、交通事故専門、医療事故専門、特許訴訟専門、著作権専門などである。その場合、理工系出身の弁護士が一層活躍する場面が出てくるであろう。
 こうして弁護士が増えてくる世の中が、いい世の中なのか、私には分からない。しかし、それは政府の方針であり、その傾向が変わることはないであろう。

四間飛車はなぜ指されなくなったか

 最近、プロの将棋をみていると、振飛車党が、四間飛車を指さなくなったような気がする。例えば、藤井九段しかり、久保八段しかり、女流で四間飛車の女王と言われた斎田晴子しかりである。すると、何を指しているのかというと、ごきげん中飛車、角換向飛車、石田流などである。
 でも、もしそれに理由があるとして、私は、四間飛車のどこがまずいのか、さっぱり分からないである。私程度の棋力で云々しても仕方ないのだが、私は、自分が居飛車側として、いまでも、四間飛車が一番困る。というのは、攻防にバランスがとれていて、隙がないのである。急戦でも、持久戦でも、なかなかよくすることができない。
 ところがである。アマチュアの将棋をときどき覗くと、いまでも、四間飛車は盛りで、これしか指さないという人も結構いるのではないか。すると、どうも、プロが四間飛車を指さない理由は、私程度以下のアマチュアには理解できない深遠なものであるような気がする。
 それでもない知恵絞って考えてみるに、どうも、対穴熊の四間飛車側の定番であった藤井システムが研究の結果、なかなか功を奏さなくなってきていることが一番の原因かも、と思えてきた。実際、ときどき藤井システム対居飛車の棋譜をみかけるが、結局、五分の捌きになっても、藤井システム側は、玉が囲えていないので、流れ弾が当たりやすい。
 では、なぜアマチュアではまだ四間飛車が指されているかというと、そもそも、アマチュアでは藤井システムんてやらない。藤井システムは並みのアマチュアには難しすぎるのである。それで、そういうのではなくて、アマチュアでは、対四間飛車には、棒銀、斜め棒銀、ミレニアム、居飛車穴熊など、昔からの戦法が使われ、すると、まったりと力の勝負になる。で、結論がでないので、四間飛車を避ける必要もない。
 と書いてみて、プロだって、藤井システムをやらなければ、カウンターパンチ食らわないのだから、四間飛車を避ける理由はない、ということになることが分かった。
 で、結論を無理やりいうと、普通の四間飛車対居飛車のまったりした戦いが、今のプロの嗜好にあわないのだろう、と思うことにした。今は、これでもか、これでもかと先を急ぐ将棋が流行る。石田流の最新の変化だって、そんなに急いでどこに行く、という感じである。世知辛さが理由、ということになりそうである。

フォルダを一気に移動する方法

 Windowsで、Explorerで操作していて、間違えてあるフォルダを別のフォルダの下に移動してしまうことがある。そんなとき普通、元に戻す方法といえば、またExplorerで、逆の操作をするだけであろう。
 ところが、そのフォルダ内のファイルがとても多数あったり、サイズが大きいと、その操作は実質的なファイルのコピーなのであるから、かなり時間がかかる。
 では、例えば、ルートディレクトリにある、c:\abcというフォルダの名前を、Explorerを使って、c:\temp\abcに変更することにより、一気にフォルダを移動したことにできないだろうか。
 実は、それは、Explorerが許してくれない。変更するファイル名に、'\'を含めることが許されないからである。では、そういう操作が無理なのか、というとそうでない。
 下記のようなC言語のプログラムを見て戴きたい。
//------------------------------------------------------------
#include <stdio.h>

int main() {
if ( rename("c:\\abc","c:\\temp\\abc") != -1 ) {
printf("Rename succeeded.");
}
}
//------------------------------------------------------------
 このようなプログラムをコンパイルしてrunさせると、何とフォルダが一気に移動される。
 というよりも単に、フォルダ名がrenameされるだけなのであるが。
 このような例から分かるように、Win32APIのごく一部の機能しか、Explorerなどのアプリから呼べない。C言語などの手製アプリからは、Explorerからは使えないようなAPI機能が呼べたりする。
 しかし、これ以外にも、マイクロソフトしか知らない隠しAPI機能が沢山あるであろう、ということは想像に難くない。

2008年2月 2日

A級順位戦

 A級順位戦、佐藤が踏ん張った。久保に勝ち、佐藤と久保とも2勝6敗。順位の差で、佐藤の方が残留に圧倒的優位である。佐藤の最後の相手は木村。先日のNHK杯の拙戦をみていると、佐藤の方が勝ちそうである。
 一方の久保はというと、三浦。ここは、歯を食いしばって勝ち、残留に望みをかけるであろう。すると、木村に勝ち、7勝1敗となった羽生の名人挑戦となる。ようやくにして、羽生19世名人のお膳立てが整うのか。
 一方、降級は、1勝7敗の行方。もう少し粘りがあると思ったが、力が発揮できなかった。
 流石なのは、谷川。挑戦候補の三浦にきっちり勝ち、残留を決めた。厳しい将棋の順位戦では、特にA級では、残留すること自体が偉大である。
 ただ、一ファンとしては、あまりドラマチックでない方向に星が動いたね、と思う。事実は、小説より平凡なり、であった。

ヤフー買収

 今朝の朝刊トップに、マイクロソフトがヤフー買収を提案、4兆7000億円で、とあった。しかし、これほどウォッチャーが感激しない買収提案も、なかなかないのではないか。
 というのは、マイクロソフトがヤフーを買収したとして、グーグルを追撃するどのような画期的なプランがあるというのか。少なくとも私には、さっぱり見えない。その点、YouTubeを買収したグーグルの戦略からは、もっとはっきり見えてくるものがある。
 マイクロソフトが成功した会社であることを疑う者は誰もいない。また、ヤフーも、グーグルが登場するまでは、検索エンジンで、最大の成功会社であった。
 そこで、私が想起する著書は、クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」(日本語訳、翔泳社刊)である。その著書の内容を一言で要約すると、「過去の成功体験こそが、企業自己変革の足枷となる。」ということである。マイクロソフトは、短い時間で乗り越えるには大きすぎる成功を果たしてしまったのである。例えば、Windows2000は、Windows NTの後継であっても、その安定感、ユーザビリティの向上で、大いなる改善を果たした。ところが、Windows XP、Windows Vistaとなってきて、その前バージョンとの違いは、次第に小さく、分かりにくく、興奮を呼びにくいものとなっている。しかし、OS開発業は、プリインストール・ライセンスのかたちで稼げるので、なかなかここから離陸する発想はでてこず、すると、どうしてもグーグルに対抗する小回りは利かない。
 一方のヤフーであるが、確かに、電子メールやチャットの分野では依然として最大のユーザ数を誇る。しかし、グーグルのGメールに追い上げられており、最近では、中国の百度(バイドゥ)の足音が直ぐ後ろに迫っている。そして、画期的なビジネスモデルを提示しえないまま8四半期連続の減収となった。
 このような時、豊富な資金量を誇るマイクロソフトからの提案は、生き延びるためには有利であるように思われる。
 そのとき例として思い出すのは、DECである。その優れたミニコンのアーチテクチャで、DECは、一時、IBMに次ぐ世界No.2のコンピュータ・メーカであることを誇った。しかし、台頭するPCの趨勢に追随できず、1998年に、かつては格下で歯牙にもかけていなかったコンパックに買収されてしまう。そのコンパックはさらに、HPに買収された。
 このような例をみると、ヤフーがどう、マイクロソフトに応じるのか、今後の推移は興味がある。

2008年2月 3日

モノライン

 先日、知り合いから、サブプライムローン保証会社である、モノラインのことを聞いて、へえなんだろうと思ったが、昨日に新聞に、それの解説記事があったので、知識不足による誤解をあえておそれず、メモしてみる。
 まず、個人投資家ではなく、金融機関が、サブプライムローン破綻で損失を被るパターンには、3つある、という。
 1つは、資金運用のため、米国金融機関が作ったサブプライム関連証券を購入するが、価格低下で、評価損が出る、というもの。日本では、三井住友ファイナンシャル・グループがそうである、という。
 2つ目は、金融機関自らがサブプライムローンを証券化し販売するが、価格下落で売れなくなり、そのために費やした資金が回収できなくなる、というもの。日本では、みずほファイナンシャル・グループや野村ホールディングズがそうである。ちなみに、おそらく必然的に、2つ目のパターンの方が、深く関与するので損失が大きいようである。例えば、みずほファイナンシャル・グループのサブプライム関連の損失は、4000億円程度であるが、三井住友ファイナンシャル・グループの損失は、1000億円程度である(いずれにしても、ちょっと過小に報告しているような気がする)。
 3つ目は、金融商品を扱う金融機関から保証料を受け取り、債務不履行が生じた場合に、元利払いを肩代わりする、保険業務の一種で、要するに損保なのであるが、自動車事故などさまざまな損害保険を多様に扱うマルチラインではなく、金融保証に特化する、という点で、モノラインと呼ばれる、ということのようである。
 そういえば、自分がローンを組んで家を建てたときのことを思い出した。金融機関に行って、ローンを組んだのであるが、保証人がいますか、と聞かれて、そんな、連帯保証人を頼めるような人もいないなあ、と思ったいたら、それなら保証会社というところに手続きしますので、と言われたので安心した。それで、ない知恵絞って考えてみると、こういうことか。例えば、ローンを払っているとき、私が病気やリストラで困窮し、結局ローンが払えなくなったとしよう。すると、私の家は、金融機関たる債権者の抵当に入る。そこから私の知識ではいよいよ想像できないのだが、結局、不動産の評価額は、当初より下がるので、金融機関は結局、貸したお金をすべて回収できないかもしれない。そのとき、保証会社が補填するのであろう。
 すると、このようにサブプライムローン関連の証券が暴落していくと、その元利払いを肩代わりするモノラインが窮状に陥っていくことは、子供でも理解できる論理である。そうして、モノラインが破綻すると、本来保証を受けるべき金融機関が支払いを受けることができなくなる訳だから、サブプライムローン関連の負債はさらに広がる。
 そこで、超素朴な疑問。
- モノラインを保証する、さらに別の二次モノラインはないのか。きっとないのだろうね。
- サブプライムローン関連の証券のすべてが、モノラインの保証つきとは限らないのではないか。それはそうなのだろう、と思う。サブプライムローン関連の証券の中にも当然、ハイリスク、ハイリターンのものがあり、それには流石にモノラインはつけられないのだろう。しかし、多くのサブプライムローン関連の証券は、AAAの格付けを得て安心して取引してもらうために、何ほどかの手数料を払って、モノラインから保証を受けていたのだろう。だから、最盛期には、モノラインは、そういう手数料で濡れ手に泡で、笑いが止まらなかったのだろう、と推察する。好事魔多し。盛者必衰の理か。
 実は、その辺の金融工学的仕組みを勉強したいのだけれども、いつものことながら、時間と能力が足りない。

読書傾向

 池田信夫氏のブログに、「あなたの知的生産性を10倍上げる法」というようなハウツー本が批判されていて、つい苦笑してしまった。というのは、もう25年もまえ、まだ独身だったころであるが、安易なハウツー本を読むことが、とてもよい気分転換だったからである。そころ頃といえば、前に書いた、A型肝炎が治って退院したばかりで、会社勤務に戻ったものの、3ヶ月ほどの入院で極端に体力が低下し、一日簡易な仕事をしただけで、夕方になると、青息吐息であった。そのとき、調布にある中堅企業に勤めていたのだが、会社の帰路の途中に本屋があり、そこで、適当なハウツー本を買い、アパートに着くと万年布団に寝転がり、3時間かけてハウツー本を読む、というのが日課であった。で、思い出してみると、その読書は、今になってなんの足しにも確かになっていない。
 それでこの際、自分の読書傾向についてまとめてみると、高校まではとても乏しい読書人生だった。というのは、そもそも私の出身の島には、本屋なんてなく、高校で尾道市内に通うようになっても、卓球の部活があって、本屋に行く暇もなかったからである。このように読書量が乏しいと、決定的に国語、古典、世界史などの文系科目の成績が伸びない。だから、大学で理系を選んだのも、一種消去法であった。
 ところが、大学に入ったら、友人が、松本清張の本を紹介してくれた。それで読んだところ、おお、なんと読みやすく面白い本なのだろう、と感動した。学生で暇だったこともあって、松本清張はほとんど全て読み尽くした。それから、横溝正史などの推理小説から、安倍公房などの純文学にもレパートリーを広げた。このころから、文章を書くのが好きになって、なにか今書いているブログに似たようなことをノートに書いていた。どうも、沢山読むことが、書くための必要条件であるようだ。後で経験した英会話でも、姑息にパターンを覚えることよりも、ひたすら沢山聴くことが、英語が喋れるための必要条件であると感じた。
 大学生の頃だと、資本論だのショーペンハウアーだの、思想関係の本を読むのが普通かもしれないが、私は奥手で、そういった本には一切興味が湧かなかった。
 大学生活の後半は、いろいろ悩んだこともあって、ロシア文学、フランス文学などの翻訳ものに凝った。ソルジェニーツィン、ドフトエフスキー、ゾラなど。
 大阪にある会社に就職したら、なぜか数学科出身でもないのに、数学の好きな友人がいて、その影響で、分かりもしないのに、ブルバキの数学原論を買ってみた。それはとてもまともに読めたものではなかったが、1年くらい格闘したことで、なんとなく数学が好きになった。
 その会社を辞めて、東京に出てくると、たまたま、中国哲学を専攻している大学の大先輩がいて、なぜか懇意になり、二人でバッグをもって神田の古書店街に買出しに行った。一度に2万くらい買うことはざらで、そうしながら、いろいろな哲学の話を聞かせてもらった。そのとき既に25歳くらいだったが、なんとも奥手で、やっとその歳で、哲学書に目覚めた。といっても、傾向はとても偏っていて、科学哲学とギリシャ哲学である。その2つは、純粋で、結構かぶるのである。一方、例えば、サルトルなんて、何をいってんだか、と私には読めたものではない、と思った。ギリシャ哲学で特にファンなのはプラトンで、ほとんどの著書を読んだが、一度読んだだけで果たしてどれだけ理解できたものか。
 結婚してからは、いろいろな意味でそういう本を読んでる場合でもなくなった。で、また、ハウツー本でお茶を濁していたかもしれない。ハウツー本のよくないところは、後に残るものは、何もないことである。
 それではっと気づくと、大学を卒業してからずっと、小説が決してメインではなくなっていた。夏目漱石にしても太宰治にしても数えるほどしか読んでいないし、友人とも、小説の話題だと全くついていけない。また、歴史書も皆無に近い。
 今考えているのは、夏目漱石をきちんと読み直すことである。また、ドフトエフスキーもよい新訳が出たらしいし、と思いつつ、ただ、正直いって、もう20代前半から分かっていることになのだが、どんな本を読むか、という読書嗜好は、私にとって天与で、自分でコントロールできない。こうして私は、何かに突き動かされつつ、読みたいというよりも、読むべきみたいな本を探していくのである。

振動発電

 テレビを見ていたら、慶応大学の大学院生、速水浩平氏が、橋を渡る自動車の振動エネルギーを使って発電することにより、電力を別途供給しなくても、橋をライトアップする実験をしている、ということであった。
 振動を電力に変換する原理自体は簡単であって、圧電素子という材料を用いると、この圧電素子の歪みを電気に変換することができる。このような圧電材料として、チタン酸バリウム、ジルコニア(ZrO)などの圧電セラミックス、リチウムタンタレート(LiTaO)などの圧電単結晶が、知られている。
 しかし、速水浩平の工夫は、圧電材料の少なくとも一方の面に複数の溝が形成したことにある。このような溝の存在により、わずかな圧力変動や、騒音を拾って発電させることができる、というものである。
 このような溝の形成により感度を高めたとはいえ、どうしても電力自体は小さい。ただ、ある程度の車の交通量が見込める橋だと、騒音や振動レベルが大きくなり、そこで、当該の振動発電装置を複数直列で接続することにより、所望の電力が得られる。実際、五色桜橋というところで実験したところ、見事、橋を通過する車の振動で、橋に付けたライトをライトアップできた。
 それで、テレビをみていて心配になったことがある。それは、これは発明だよね、ということである。すると、テレビの番組で発電体の構造を放映したりすることは明らかに、発明の内容を公開してしまうことであり、特許を取れなくしてしまう。
 そこで、手許の特許データベースで調べたところ、ちゃんと、2005年11月10日、慶応大学ではなく、速水浩平個人の名義で、特許が出願されていた。特許公開公報番号は、特開2006-166694である。流石抜かりない。なぜ出願人が慶応大学でないのだろう、とか、特許が許される可能性はどれくらいかとか、この際、コメントは控える。

放射線障害(続)

 はれほれ氏によって、放射線障害に関するよいWebページを紹介戴いたので、ざっとみてみた。すると確かに実によくまとめられている。
 これに従い整理すると、DNAの二本鎖切断は、修復不可能で、突然変異や細胞の死に結びつく。また、切断に至らないのでも、DNAの塩基への障害を引き起こし、DNAの誤修復などを介して、種々の突然変異をひき起こす。これは発ガンに関与したり、遺伝的影響に関係する。
 それで今日たまたま、1986年4月のチェルノブイリ原発事故で放射能を浴びた女の子が、大人になって結婚し、妊娠して臨月になっている様子を、テレビで報道していた。このような女性は、卵子自体が強い放射能で、上記したDNAの変性を受けているので、生まれてくる子供に障害が発生する可能性がある。しかし、女性は勇気を出して産みたい、と産婦人科医師に申し出た。そこで、医師は、懸命に、超音波で、胎児に障害がないか、可能な範囲で調査した。
 このように、放射能障害によるDNA損傷は、遺伝して子孫に伝わりえるので、怖いということになる。ただ、放射能障害が怖いとなると、4つの遺伝子を組み込むiPS細胞も、手放しでは医療に使えないということになる。下手をしたら、その一部が子孫に遺伝する。その安全性を確認するために、どれほどのテストが必要なのだろうか。また、本当に、安全性を確認できるレベルまでテストできるのだろうか。
 また、分子進化学でというところの突然変異による変化の原因が、宇宙線ではないか、という説もある。実際、大気によって減衰させられながら、地上には、どんどん宇宙線が降り注いでいる。
 あと、依然として不明なのが、携帯や無線LANの電波程度の波長の電磁波が、人体に及ぼす影響である。決して無害ではないと思うのだが、上記Webページには、そのことの説明はない。これは、別途調べる必要がありそうである。

2008年2月 4日

Major common, minor specific

 Major common, minor specificとは、私の造語であり、意味不明かもしれない。和製英語にすらなっていない。では、どういう意味を意図しているかというと、次のとおりである。
 数年前、テレビを見ていたら、あるシリコンバレーの先端技術の会社の様子が特集されていた。そこは、ソフトウェア技術のスキルで売っているところで、ハーバード大学のPhDだの、スタンフォード大学のPhDだの、ごろごろいる。よって、少なくとも学歴に不足はない。
 ところがである、能力的にも人格的にも、特に問題がないようなそういう高学歴の社員が、次々にリストラになっていくのである。理由は、インドで同様の研究開発ができるので、そちらでやらせた方がはるかに安い人件費で済む。私の造語では、そういうソフトウェア技術を、major commonと呼ぶ。すなわち、世界のどこでも、能力があれば高いレベルに到達できるようなことを専攻していると、job securityがあやしくなる、ということである。数理科学というか、情報科学は、特にその傾向が強いようである。このwired societyにあって、コンピュータは安価、関連情報はほとんど只、美人/秀才稠密の法則によって、世界のありとあらゆるところに秀才は出現し得るからである。
 では、どういう生き方がよいのか。例えば、浅草あたりでおでんやを営むとしよう。すると、インド人や中国人が進出して、どんどんおでんやを営み、営業妨害する、という状況は、きわめて考えにくい。よって、すくなくともおでんやは、major commonではない。これを私の造語で、minor specificと呼ぼう。すなわち、多くの例外を含みつつ、minor specificを職業にすると、栄光はないかもしれないが、華々しくないかもしれないが、他人から職分を侵されないで、地道に生きていきやすい。ところで、major commonを追われた研究者たちであるが、なかなか仕事がみつからず、渋々であるが、数学の家庭教師の職を見つけて、糊口を凌いでいた。こうなってくると、major common < minor specificの逆転現象がおきる。
 それでは、競馬の穴狙いではないが、最初からminor specificを狙うべきか、というと、そういう生き方もあるが、私はお勧めしない。というのは、単に人がやっていない、という理由で選んだ仕事が、好きでなかったらどうするか。薄給で、好きでもないことが続くはずがない。
 すると、昔から言われているように、major commonだのminor specificだの関係なく、自分の好きなことを先ず、選ぶべきである。それでやってみたらどうもそうではない、ということもあるので、数回の調整は必要であろう。そうして、証明はできないが、なんとなく嫌でなく、そこそこ自分が才能が発揮できる分野、というのは、必ず1つくらいはあるものである。ここの「なんとなく嫌でなく」が「大好き」でなきゃあいけない、なんて言わないでほしい。「なんとなく嫌でなく」できているなら立派なものである。
 それでも、なにかの間違いで、ワーキングプアになることはある。でも、それも仕方ない、というのは、絶対に癌にならない生き方なんてないのであって、同様に、絶対にワーキングプアにならない生き方もない。それでも、愚痴をいいながら、でもぎりぎり犯罪は犯さず生きていければ、ああなんと立派な人生なんだろう。

黒人の演歌歌手、ジェロ

 テレビを見ていたら、黒人の演歌歌手がデビューしたという、名前は、ジェロ。どうせ、片親が日本人で、日本で生まれ育ったから、日本語がネイティブなんだろう、と思っていたら、完全な米国ネイティブで、喋る日本語はたどたどしい。しかし、マイクをもって演歌を歌わせると、うん、なかなか聞かせる。レパートリーは、既に、100曲あるという。
 ただ、先祖を辿ると、純粋な黒人とも言い難くて、祖母が日本人である、という。ちょっと意外性が削がれた。
 デビュー曲は、「海雪」といって、作詞秋元 康、作曲宇崎竜童というコンビなので、意外な黒人キャラと相俟って、そこそこは話題をえて売れそうである。
 ただ、演歌好きな父をもつ歌謡一家?に育った私の評価は、ちと厳しい。というのは、日本での演歌の層はやたら厚く、北島三郎をピラミッドの頂点として、そこに食い込むのは、鋼鉄の鉄板を拳骨で破るくらい難しい。ジェロは、確かに上手いし、日本の心も出せているが、ただ、氷川きよしあたりと比べても、まだまだである。下手をすると、最初の話題性だけで終わってしまいそうである。
 で、私の勝手な希望は次のとおりである。最初の話題性で突っ走れる時期を過ぎたら、日本中をドサ廻りしてほしい。北は北海道から、南は沖縄まででてある。すると、土地土地の民謡にも触れ、日本の心が体にしみこんでくる。そこで、例えば、秋田か青森あたりで、運命の女性と出会い、結婚を誓う。
 そして、ドサ廻りが終わると、その女性を連れて、米国に帰る。米国では、ニューオリンズあたりで、演歌パブを開く。すると、最初は、現地の日本人しかこないかもしれないが、次第に物好きな黒人、インディアンも集まり(なぜか、白人、特にWASPは来ない)、独自の境地の演歌を作曲・作詞する輩も現れる。例えば、「跳んで、ニューオリンズ」、「シアトルは今日も雨だった」、「マンハッタン5番街ブルース」、「二人のサンノゼ」などである。
 すると、変な黒人が日本にやってきて、変な洋物演歌を歌いまくる。うちの父あたりは、そういうのに顔をしかめるであろうが、若い人は歓迎する。そして、カラオケには、「洋物演歌」というページができあがる、ああ面白いではないか。

2008年2月 5日

グーグルの懸念

 完全な第三者としてみたとき、マイクロソフトがヤフーを買収することは、あまり大したインパクトはない、と私はコメントしたが、当事者というか競争相手としてのグーグルは、マイクロソフトの巨大さと資本の膨大さを熟知しているせいか、とても警戒し、独占禁止法違反のクレームや、ヤフーに対する支援の申し出など、あらゆる手段で、マイクロソフトがヤフーを買収することを阻止しようとしている。
 ヤフーの社員も、同じシリコンバレー企業である、ということもあって、グーグルに、親和性を感じているようである。ただ、グーグルがあからさまにそういう申し出をしている訳ではないが、もしグーグルがヤフーを併呑することでもあれば、それこそ、インターネット検索ビジネスと、ネット広告ビジネスをほとんど独占することになり、独占禁止法違反の懸念が強くなる。
 だから、グーグルが独占禁止法云々を持ち出すのはおかしくて、裏を返すと、グーグルも、マイクロソフトのヤフー買収を静観して見ていられるだけの余裕がないのだろう、と推察される。
 例えば、「ウェブを変える10の破壊的トレンド」ソフトバンク・クリエイティブ 渡辺弘美著の内容の概要は、次のとおりである。
Direct - ユーザーを直接つかみ、ロックイン
Free - 「潤沢経済」時代のビジネス
Crowdsourcing - みんなの知恵を利用する
Presence - リアルタイムな情報を活かす
web-oriented - すべてのサービスをウェブ上で提供できるか
Virtual and Real - 「仮想」は「非現実」にあらず
Videos - 映画やテレビの行く末は
Interface - よりわかりやすく、使いやすく
Search - ポストグーグルの潮流
Semantic Technology - 意味を理解し始める時代へ
 とあって、グーグルはときどき言及されるのだけれども、まるで、Windowsアプリを語るときに、MSのオペレーティング・システムのことが特に何も語られないように、グーグルの作ったインフラが文字通り、単なるインフラになってしまいそうな気風がある。ここにも、成功によってもたらされた陥穽が、グーグルを待ち受けている、と言える。

鯨 統一郎

 友人から紹介されて、鯨 統一郎という作家の「邪馬台国はどこですか?」という本を読んでみたが、いやあ、実に面白い。これはいくつかの小編からなっているので、そのタイトルを書いてみる。

・悟りを開いたのはいつですか?
・邪馬台国はどこですか?
・聖徳太子はだれですか?
・謀叛の動機はなんですか?
・維新がおきたのはなぜですか?
・奇蹟はどのようになされたのですか?

 まだ読んでいない人も多いと思うので、儀礼上、その内容に詳しく触れる訳にはいかないが、簡単に述べると、歴史学の大学教授、その助手の美人気鋭学者、作者であろうところの在野の歴史研究家が、あるスナックで会話を繰り広げる、という展開である。そのスナックのマスターもときどき、口を挟む。
 そうして、美人気鋭学者が通説を述べるのだが、それを、在野の歴史研究家が、独特の資料を駆使して反駁し、美人気鋭学者があきれて、ばっかじゃない、と切り返す。それにめげず、在野の歴史研究家が、おおっ、と思うような論理で、どんどん意外な結論へと導いていく。歴史のド素人である私は、知識が皆無なので、なにも検証できないで、ただただ固唾を飲んで読み進めるだけである。
 これは丁度、私がいまよりずっと将棋が弱いときに読んだ、ハメ手定跡の本に似ていると思った。すなわち、どう考えても無理筋なのに、普通に受けていると、知らない間に必敗になっている。鯨 統一郎は相当の学識があるに違いない。そして、自分がどう無理を言っているかも熟知・計算して書いているようだ。さあ、諸君、反論してみなさい、と。
 ただ、10分の1なのか、100分の1なのか、本音というか、自分が本当に疑問に思っていることも含まれているに違いない。だから、最初のページに、「この作品がフィクションであるという保証はどこにもありません。」とある。ううん、粋だねェ。

建築家と建設屋

 ある建築関係の本を眺めていたら、建築関係の人間には、建築家と建設屋という2種類の人間がいるようである。建築家というのは、アーキテクトともいう。また、建設屋というのは、ビルダーともいう。
 それでは、建築家とは、どういう仕事をするのだろう。私が感じたのは、要するに、人間が五感で感じるところの設計を行う人のようである。例えば、ガラス張りであるとか、尖っているとか、中庭が広いとか、採光が十分であるとか、紫の壁紙が使われている、とか、である。屋内の場合、空間デザインという言い方もするようである。
 では、建設屋とは、どういう仕事をするのだろう。それはどうも、建築家が五感に訴えるものをつくるための、物理的基礎を与える仕事のようである。例えば、耐震構造を計算する、鉄骨を敷設する、コンクリートを流し込む、電気配線をする、などであろうか。そもそも、建築家がある建物を設計したとき、鉄骨が何本必要かとか、コンクリートが何m3必要か、とか、耐震構造にするか、免振構造にするかとか、そういう裏方全般が、建設屋の仕事なのだろうか。コンピュータで構造計算をするのも、建設屋の仕事か。
 しかし、建設屋がどんなに苦労しても、結局は、あの建物は、例えば、ジャン・ヌーヴェルが設計した建物である、と言われるのだろうか。
 たまたま、ある美術大学に、建築科という学科があるのを知った。そうして、その入試科目をみたら、なんと数学が必須ではない。すると、数学を勉強しないで建築学科に入ってくる学生がいる、ということである。ううん、そうなのか、ひたすら美術作品として建物を考える一群の人々がいるのだ、と四角四面の学校の校舎や、裁判所の建物のように、なんの美術的センスもない、住めればよい、勤務できればよいビルをつい想定してしまう私には、カルチャ・ショックであった。
 確かに、安藤忠雄著の「建築家たちの20代」に出てくる建築家たちは、ほとんど芸術家で、テクニシャンの香りはしない。では、と突然変な例を引くが、コンピュータ言語Rubyの作者の、まつもとゆきひろは、確かに、テクニシャンというよりもアーキテクトなのだけれども、どうみてもアーティストの風はない。
 やはり、視覚に訴えるところが大きいのか。すると、建築家とは、テクニシャンというよりも、ファッション・デザイナーであって、ただその対象が、リジッドでカラフルで、スペイシャルである、と考えてやっと納得がいった次第である。

2008年2月 6日

寿命について

 世間の常識では、長寿を祝うが、果たして長生きは、すればするほどいいものなのだろうか。
 哲学者のバートランド・ラッセルは、90歳まで生きたが、どうすれば長生きできますか、と聞かれて、親を選びなさいと、答えたという。実際、長寿は、もちろん健康に留意する、という側面はあるが、かなりの程度遺伝だと思う。
 また、おそらく、長生きすればするほどいい、というのも正しくない。人生が修行だとすると、それは大学に喩えられる。すると、ある人が人生(大学)に滞在するのは適正期間があることになる。
 そこで、授業が辛いからと、早々にドロップアウトするのは、もちろんよくない。
 しかし、卒業すべきところを、なすずもなくだらだらと留年しているのがよいかというと、そうでもなく、さっさと満期卒業できた方がいいに決まっている。そもそも、この世はそんなに楽しいところなんだろうか。ましてや、老齢になると、体は弱る、若い人には嫌われる、誠に惨めなものだと、杉田玄白も、なにかに書いている。
 だから、秦の始皇帝あたりが、不老長寿の薬を求めて、日本にも使者を送ったみたいな話を聞くと、そんなに生きたいか、と思ってしまう。
 ところで、歴史で、織田信長のことを知ると、とても簡単に女子供でも何万人も殺してしまった、という記述がある。これを聞くと、人生、そんなに安っぽく扱えてしまうものなのか、と唖然としてしまう。
 そういえば、中島みゆきに、エレーンという曲があって、歌詞の一部に、「エレーン、生きていてもいいですか、と誰も問いたいね、でもその答えは誰もが知っているから、誰も問わない」というのがある。
 だから、頑張って生きていくべきだ、というキャンペーンが常に世の中には必要であって、長寿を祝うのもその一環であるようだ。

吉田正和

 今、奨励会三段リーグで、吉田正和が11勝1敗で突っ走っている。やっと来たか、という感じである。
 吉田正和を知ったのは、4年くらい前のアマ王将戦だったか。当時、吉田はまだ18歳くらいであった。基本的に自分で棋譜を並べ、詰将棋を解いて強くなった、週刊将棋に書かれていた。このあたり、大分の早咲アマ名人と似ている。
 ところが、もしかして吉田正和が別格かもと思ったのは、対清水上戦であった。清水上氏は、明治大学のOBで、振飛車党、アマチュアトップクラス、ところが、吉田正和は、居飛車急戦で、たった一手の清水上の、悪手ではない、緩手を咎めてそのまま押し切ってしまった。○○で終わりですよね、と涼しげにいう。
 そういう吉田だから、異例の初段試験を受けて奨励会に受かっても、特に意外ではなかった。ところが、奨励会では、二段になるのに随分時間がかかった。伸び悩んでいたといっていい。三段にも随分時間がかかった。本来強気なはずの吉田も、随分おとなしくなった。
 だから、ここに来ての三段リーグでの快進撃は、やっと来たか、なのである。
 それにしても、前期の前半頑張った、今泉三段は4勝8敗と振るわない。やはり、30歳を過ぎて三段リーグに入りなおすというのは、とても大変なことなのか。そういう意味では、瀬川四段も、三段リーグから挑戦していたら、今泉程度か。
 その瀬川が現在、プロで通算5割程度の勝率だから、吉田は、少なくともされ以上、すなわち、6割程度の勝率を得ることができるか。
 ただ、子供のときから空気のように将棋の雰囲気を吸い込んできていないという意味で、吉田は、櫛田に似ているかもしれない。
 こうして、吉田はプロとして活躍できるのか、あるいは瀬川以上でせいぜい櫛田程度なのか。10代の後半になるまで独学というのは、後者の可能性を示唆するが、でも、清水上を一閃のきらめきで破ったあの冴えはやはり只者ではない、と私は信じたい。

2008年2月 7日

努力と才能

 1の逆数は、1であり、2の逆数は、0.5、3の逆数は0.33.. こういう逆数を1から順に、ずっと足していくと、足される項は次第に小さくなっていくが、しかし、無限まで足すと、その和は、無限に発散する。だから、どんなレベルを設定しても、足していく項数を増やせば、必ずそのレベルは超える。世間が、努力に対して考えていることはこれに近いのではないか。大抵のことは、努力で克服できる、と。
 それが、自動車の免許をとるとか、英検2級、将棋の初段レベルであるなら、あるいはそうかもしれない。しかし、どうも一般にはそれはいえないようである。寧ろ私は、とても図式的であるが、努力曲線を、A / (1 + e-x) で、xを0から次第に増やしていくようなものと考えた方がいいような気がする。
 このように努力曲線を想定すると、どんなに努力してもAがせいぜいである。よって、もし達しなくてはならないレベルが、A' > Aであるなら、そういう努力は無駄になるので、最初から試みない方がいいということになる。
 例を挙げよう。先ず、分かりやすい例。私は、運動全般が苦手であるが、特徴的なのは、短距離走の遅さである。今走ったら、おそらく、100m、20秒くらいであろう。では、若いときから真剣に努力していたらどうか。証明できないが、まあ、100m、14秒を切ることはできないであろう。すると、陸上選手的には、何の意味もない。もし私が短距離走に一生を掛けていたら、それは記録的にはであるが、とても虚しいものになる。
 もうちょっとましな例を挙げよう。私がいまいる会社は、2万人くらい社員がいる。そして、粗い推察であるが、この2万人の社員の中で、私よりも将棋の才能がありそうなのは、ざっとみて5人いるかどうか。どうあまくみても20人はいない。20/20000という数字は、まあまあの才能を示唆する。
 それで、私は、大阪にいたとき、正棋会という将棋のアマチュア強豪団体に属して、研鑽した。とりあえずの目標は、大阪という地で、例えばアマチュア名人戦の代表になることであった。正棋会というところで、少なくとも平均よりは強いということは確認できたから、あとは努力の問題だと思った。そこで、暇さえあれば将棋を勉強した。詰将棋をじっと、喫茶店で解いたり、天野宗歩の棋譜を真剣に並べたり。ところがである。大阪でトップと言われる、沖元二、長谷興民といわれる人達に、どうしても届かない。私は焦った。努力が足りないと思った。しかし、結局、彼らの域に達することはできず、大阪大会の予選でも、彼らに当たる前に他の強豪に敗れてしまうのであった。私は、努力が足りないのだと思った。どうしても、才能が足りないとは認めたくなかった。しかし、今客観的に考えると、結局は才能がたりなかった。最早、言うまでもないことである。
 私が比較的好きな、他の分野にも簡単に触れておく。
 物理学 - 果たして、量子電磁力学がきちんと理解できるところまで、いけるか。すると、なんとかだましだまし大学院は卒業できても、どこかの短大で、一般教養の物理学を講義する程度が関の山のレベルである。意味のある研究なんて、無理である。
 数学 - ほとんど独学でかなり勉強したが、はたして、代数のガロア理論をきちんと理解できるところまでいけるか。すなわち、大学の数学科の3年レベルを超えられないかもしれない、ということである。
 英会話 - 伝えたいことをなんとか、会話と文章で、やりとりすることはできるようになった。最低限の意思疎通という意味では、40の手習いとしては、こんなもんだろう。しかし、ネイティブの人との、ちょっとこみいった、生活・趣味・文化の内部に立ち入った会話となると、もういけない。それはもう、私が一生かけても到達できるレベルを超えている。
 こうして、私がとるようになった戦略は、スキルのポートフォリオ理論である。すなわち、何をやっても二流以下なのだから、いくつかの株式をもって運用する、ポートフォリオのように、複数の、中途半端な才能をとりあわせて勝負する、ということである。これについては、また、稿を改めて論じることにする。
 この稿の結論は、才能の限界をきちんと見極めて、無駄な努力や希望をもたない、という至極当たり前のことであった。

ムーアの法則

 ムーアの法則とは、たしか、元インテルのCEOのゴードン・ムーアが、集積回路の密度が、18-24ヶ月で倍になっていく、というものであった。これにいま当てはまるのは、コンピュータのメモリと、ハードディスクのビット単価である。例えば、私がもっているUSBメモリは、たしか、3年前に買ったが、当時、256MBで、4000円くらいした。それでも、特売価格であった。今は、というといろいろな製品があるが、例えば、2GBで、1890円というのがある。ビット単価の比率は、16倍以上で、低下率は、ムーアの法則を上回る。
 他の候補は、ハードディスクである。ある2.5インチ・ポータブル・ハードディスクは、7年前、40GBで、35000円くらいだった。いまだと、120GBでも、10000円くらいで買える。これだと、せいぜい10倍くらいで、USBメモリほどは、劇的ではない。
 このように、製品によって、低下率が異なるのは、言うまでもないが、ムーアの法則が、製品の性質にとても依存しているからである。初期のムーアの法則がうまくいったのは、半導体を作製するための基本的な材料であある、シリコンがとても優れた材質であるからである。シリコンは、機械的に強固であり、微細加工を許し、ドーピングによって、電気的性質を容易に変成できる。また、通常の土中にも沢山含まれ、希土類の反対の、汎土類とでもいうべきものである。だから、シリコンが人類にもたらされたことは。まさに予定調和のような神の恩寵と言ってよい。
 そういう意味では、ハードディスクでは、薄膜磁気材料と、MRヘッドの技術が恩寵であり、人類の工夫の余地の途をひらいてくれた。MRヘッドの後は、去年ノーベル賞をもらったGMRヘッドも出てきて、シリコン関連技術ほどではないが、まだ飽和ではない。垂直磁気記録などという技術も出てきている。
 しかしである。情報処理関連に限ってみても、ムーアの法則は、決してひろくは当てはまらない。例えば、アルゴリズムやソフトウェアをみたとき、ムーアの法則どころか、とても緩慢にしか進歩しない技術は、ゴマンとある。オペレーティング・システムしかり、暗号化技術しかり、コンパイラ技術しかり、ネットワーク・プロトコルしかりである。もし、進歩しているように見えたとすると、それは単に、ハードディスクやメモリの、より広い領域を使えるようになっただけの話であったりする。
 それは、アルゴリズムの改善の困難さによる。その例は、いくらでもあるが、例えば、フェルマーの定理が解かれるのに、400年もの年月がかかったことからもわかる。
 だから、間違っても、ムーアの法則を外挿して、ばら色の未来を描くなかれである。
 しかし、アルゴリズムは、まだ、少しずつ進歩するからいい。ムーアの法則が全くあてはまらないのは、人類の道徳律である。それは、一体、進歩しているのか。確かに、残虐な事件は、減ったようにみえる。でもそれは、単に、武器の性能が向上して、抑止力が上がっただけではないのか。
 こうして、私は、ムーアの法則を、あだ花であり、人類の特異点とみなすべきである、と遠慮がちに提案するのである。

小学校英語必修化

 雑誌の記事によると、1月17日に、文部科学省中央教育審議会は、学習指導要領改訂の答申を発表した。これにより、小学校高学年(5年、6年)において、英語を週1回実施することを決定した、という。
 答申には、「教員研修や指導者の確保に関して一層の充実を図ることが必要」とある。もともとの小学校の教員は、英語を指導する教育を受けていないため、そのための研修を受ける必要がある。
 そこで、特定非営利活動法人小学校英語指導者認定協議会というものが、できたらしい。これは別に国家資格ではなく、また、この資格がないと、小学校で英語を教えられない、というものではない。しかし、この認定資格があると、小学校からの英語教員募集があったとき、所定の英語教育スキルがあると推定してもらいやすいということになる。
 では、小学校英語指導者認定協議会(J-SHINEともいう)がどうやって認定するか、というと、この団体そのものがテストを課す訳ではなくて、この団体が、民間の英語教育機関や会社に指導要綱を配布する。すると、その英語教育機関で、指導要綱に従って教育を受けた人は、いくつかのテストなどを受ける。英語教育機関は、その結果を記載した評価シートを受講者に返すので、受講者はその評価シートを所定の申請用紙とともに、J-SHINEに送付する。
 すると、J-SHINEは、書類審査の結果、合否を判定し、合格者を、小学校英語指導者と認定する次第である。
 小学校は地域に沢山あるので、そういう指導者の需要が結構あるだろうとは予想される。
 しかし、小学校高学年において、英語を週1回実施することに、どれほどの効果があるのだろうか。おそらくは、文法というよりも、挨拶などから入っていくのだろう、とは予想される。私の感想は、まあ、とりあえず害はないよね、くらいである。
 私が寧ろ懼れるのは、こうして小学校で英語が必修になると、中学入試で英語の問題が課され、それで、塾でインテンシブな英語教育が行われて、子供の負担が増える、ということである。
 また、冷静にみると、このような体制になると、儲かるのは、民間の英語教育機関である。すると、民間の英語教育機関から文部科学省に、英語必修化のロビー活動があったに違いないと思われ、私は、子供をだしに稼いでるだけじゃない、とつい呆れてしまうのである。
 実は、今まででも、小学校高学年で、簡単な英語を塾で習う子供は少なくない。すると、別に学校でやらなくても、やりたい人は、塾でやるからいいような気もする。それでいいのではあるまいか。

2008年2月 8日

プレゼン能力

 池田信夫氏のブログを見ていたら、彼がまだNHKにいた時代に、ビル・ゲイツにインタビューしたことが書かれていて面白かった。というのは、それは、1993年頃だったが、ビル・ゲイツは、Windows3.1が売れて、既に十分金持ちだった。しかし、インタビューの対応があまりにもプアだったので、また、マイクロソフトの知名度が当時は低かったので、そのインタビューがあやうく没になりそうになった、ということだった。それで、金持ちのゲイツさんということで、なんとか放映したそうである。
 実際、ビル・ゲイツの講演は、あまりうまくない。発表前、まるで小学生が、学習発表会を前にしたように緊張した面持ちで、はじまっても、部下が書いたと思われる原稿を思い出しながら、しゃべっているみたいだ。でも、私は、そういう素朴なゲイツが嫌いではない。私もまた、人前で緊張しやすい性格で、お世辞にもプレゼン上手といえないからだろうか。
 ところが、世間一般では、プレゼンが下手だと、あいつ馬鹿じゃないか、要領が悪いと言われてしまう。一方で、立て板に水のようにしゃべると、空疎な内容であったも、ああ流石に頭が切れる人は違う、と大衆には感心される。
 それでとても残念なのは、会社の入社面接であれ、選挙演説であれ、そういう空疎かもしれないプレゼンの能力でかなり決まってしまうことである。もちろん私は、立て板に水の人が軽薄だというつもりはない。スピーチがうまくて、しかも惚れ惚れするような秀才が、特にアメリカには多い。
 ただ、民主主義というものが、そういう表面的な能力で見極めてしまうのが残念で仕方ないのである。だから、私はつい、民主主義は本質的にポピュリズムである、という。ヒットラーの偽善性を見破れないのである。
 それゆえ、私がどこかの面接を受けるなら、それに10分や20分を費やすくらいなら、私のこのブログを読んでほしいと思う。中には、顔をしかめるような内容もあるが、それも私である。それで、こいつ使えないな、と思われるなら仕方ない。えっ、誰もそんな、君を評価するためにいちいちブログを読んでいる暇なんて、ないって? まあ、それは分かっているのだけど。

アメリカ大統領選挙

 現時点のスナップショットに過ぎないのだけれども、民主党のヒラリー候補と、オバマ候補が拮抗している。すなわち、ヒラリーが優位に立った州は、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、マサチューセッツ、ニュージャージー、ニューヨーク、オクラホマ、テネシー、一方のオバマは、アラバマ、アラスカ、コロラド、コネチカット、デラウェア、アイダホ、イリノイ、カンザス、ミネソタ、ミズーリ、ノースダコタ、ユタと、州の数ではオバマの方が圧倒的に多いのだが、ヒラリーは、ニューヨーク、カリフォルニアなどの、大人口州を把握している。
 あえて図式的に言うと、ヒラリーは、白人女性、高齢者、東部、西部、オバマは、男性、黒人、若年、南部になるということである。
 ただ、オバマが強い州は、共和党も強い。従って、ヒラリーが立った方が、民主党が勝ちやすい、ということはいえるかもしれないそうだ。
 一方、共和党は、ダークホースのマケイン氏が躍進、こちらでも民主党は安閑としていられない。
 ともかく共和党は史上稀なほどの接戦。囲碁の言葉でいうと、ヒラリーが厚く半目を残しそうであるが、オバマの奇策があるとまだ分からない、というところである。
 ということで、アメリカ大統領選挙は、目が離せない。

2008年2月 9日

アルファベット略語

 最近、アルファベット略語が流行っているようで、その代表的なのが、空気読めない=KYで、もう少し有名でないが知られているのが、女子高生=JKくらいであろうか。ところが、調べてみると、これで尽きている訳ではないが、下記のようなのも使われているらしい。
 で、ざっと眺めていると、アルファベット略語に認定?されるのは、相当恣意的である、ということである。もっと言うと、何でそんなのが?である。例えば、「MHZ:まさかの匍匐前進」など、どういう状況で使うのだろうか。軍隊か?と突っ込みを入れたい。
 これに関して、思い出すのは、昔所属していた大学のサークルの将棋部である。そこでは、仲間内で、妙な隠語が徘徊し、その隠語の意味をたちどころに理解できるかどうかが、仲間であるかどうかの分かれ目であった。ところが、そのような隠語は、流行り廃りが激しくて、ちょっと部室に顔を出さないとついていけなくなったりした。それで、下記のアルファベット略語も、そういう類かも、と類推した次第である。
 そこで、疑問は、コンピュータ・サイエンスで言うところの、ハッシュ衝突をどう回避するか、ということである。ここで、ハッシュというのは、ある文字列を、それよりも短い文字列に割り当てる関数操作をいう。そして、ハッシュ衝突とは、異なる元文字列が、ハッシュ関数によって、同一の文字列に割当られてしまう、ということである。例えば、KY=空気読めない、は、KY=今度ともよろしく、であってもいい訳である。いろいろな人が独立にアルファベット略語を考えていると、そういうハッシュ衝突は頻繁に起こっているはずであるが、下記のように単一の対応が形成される、というのは、調整機構が存在することになる。それは、私は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)ではないか、と推察する。そういうコミュニティで、様々なアルファベット略語が試行され、多くのものは棄却され、あるものは生き残る。例えば、次のような会話はありえる。「ええっ、それってCMだね。」「CM? ああ、超むかつく、ってこと?」「うん」もちろん、CMに、「ちょっと待ってよ」を割り当てる人もいるだろう。だから、もし「CM=超むかつく」が、「CM=ちょっと待ってよ」を凌駕して生き残るとしたら、そこに選択基準が存在することになる。
 それは、どんな基準であろうか。私なりに考えてみた。
1.現代の流行語を取り込んでいること。「空気読めない」は、まさにそうである。「CM=超むかつく」と「CM=ちょっと待ってよ」では、前者は、「超」という流行語を含んでいるが故に、前者が生き残る可能性が高い。
2.より感情がこもっていること。「CM=超むかつく」と「CM=ちょっと待ってよ」では、明らかに、前者の方が感情がこもっている。
3.意外性があること。ABMというのがあったとして、「アホ、馬鹿、間抜け」では、意外性がない。しかし、これが、「あの、僕、マジなんですけど」だと、えっ、そうなの?となって、より意外性がある。
 これだけで説明が尽くされているとは思わないが、このような仕組みで収束したアルファベット略語は、SNSから漏れ出して、一般の非囲い込みネット・ソサエティに流れていく。そこで、アルファベット略語は、クラウドソーシングまたは、ウイキノミックスのような仕組みで再び、適者生存の競争にさらされ、更なる彫琢を受ける。
 では、人は何ゆえに、会話を不明瞭にしかねないアルファベット略語を使うのか。これはもう明らかで、内輪性、世代性、同時代性を確認するためである。仲間同士で、あまり一般的でないアルファベット略語を使い、それが無前提で通用すると、ああ、仲間だと、お互い安心する。そういう心理的機構として、アルファベット略語は存在する。だから、若者は、中年のおじさんが、慣れないアルファベット略語を使うことをとても嫌う。というのは、どんなことをしても仲間と認めたくない、中年のおじさんが、仲間に入れてよ、と擦り寄って来ているような気がして、虫酸が走り、単に無視したくなるのである。そういうとき一番感じるのが、KYなのだろう。



 KY:空気読めない
 AM:後でまたね
 ATM:アホな父ちゃんもういらへん
 CB:超微妙
 DD:誰でも大好き
 DK:大事なところでかむ
 FK:ファンデ濃い
 GMM:偶然街で会った元カレ
 HD:ヒマだから電話する
 HT:話ついて行けない
 IT:アイス食べたい
 IW:意味わかんない
 JK:女子高生
 KD:高校デビュー
 KZ:絡みづらい
 3M:マジでもう無理
 MHZ:まさかの匍匐前進
 MK5:マジキレる5秒前
 MM:マジムカつく
 MMK:モテてモテて困っちゃう
 ND:人間としてどうよ
 ODD:お前、大学どうする
 NW:ノリ悪い
 PK:パンツ食い込む
 PSI:パンツにシャツイン
 QBK:急にボールが来たので
 TD:テンションダウン
 TK:とんだ勘違い
 WH:話題変更

好調の結節点

 先週の日曜日、NHK杯の将棋をみていたら、羽生対長沼であった。誰が見ても、羽生の方に分がある。実際、長沼の角換ごきげん中飛車に、羽生が玉頭位取りに構え、果たして、羽生が優位に立った。玉頭から攻めて、次第に長沼を追い詰めていく。ところが、長沼は、決め手を与えない。羽生は次第にあせり、反撃を許す。それでもまだ、丁寧に指せば、羽生に残っていたようだったが、分かりやすく局面を落ち着かせる手を見逃して、羽生は破れてしまう。しかし、これが、好調の結節点だったようだ。
 羽生は、その竜王戦の1組1回戦でも、深浦に破れ、王将戦第3局でも、久保に敗れた。さあ、羽生の不調の始まりである。羽生は、一旦不調に陥ると、1ヶ月くらい不調が続く。要するに、終盤でぽっきり折れるようになるのである。終盤の冴えと粘着力が羽生の持ち味なので、不調の羽生は、味気ない。
 原因は、要するに、勝ち疲れであろう。ここからの予想は、王将戦で久保が巻き返す。もしかして、今から2連勝して、羽生を3勝2敗と追い詰めるであろう。しかし、そこから羽生が次第に復活し、羽生はぎりぎり防衛するであろう。
 A級の最終対局、羽生は谷川に破れるであろう。しかし、三浦が久保に負け、羽生は、挑戦権を得るであろう。
 で、名人戦は? 分からないけど、森内がいまいち調子が出なくて、羽生が4勝2敗で名人位を奪取し、19世名人の資格を得るだろう。
 まるで、ジュセリーヌのような、勝手且つ細かい予想である。1つでも当たれば、めっけもの。ところで、今テレビの囲碁・将棋ジャーナルを見ていたら、朝日オープンの準決勝で、羽生が丸山に負けたらしい。やはり、羽生の不調はまだ続くようだ。

2008年2月10日

横井小楠

 吉川弘文館の人物叢書で、たまたま、「横井小楠」の巻を見つけたので、読んでみた。以前から、幕末のとても優れた思想家である、くらいしか知らなかった。例によって、自分のメモのため書いてみる。
 横井小楠は、熊本城下で1809年に生まれた。
 1816年には、藩校の時習館に入った。そこで、たちまち、抜群の秀才として認められた。当時、藩校での主要な講義内容は、朱子学などの思弁的・講学的なものであったが、小楠は、陽明学、さらには実学志向となった。また、議論好きで、かならずしも大人しい子供ではなかった。このことが、伝統的な熊本の雰囲気と合わず、肥後藩からは、いろいろと冷遇されることになる。
 1838年には、江戸遊学を許された。これは、今でいえば、優秀な社員を、アメリカ留学させるようなものか。ところが、酒席で議論になり、その喧嘩がもとで、国許に返されてしまう。こうして、実家でしばらく蟄居されられたあと、1851年には、全国行脚の旅にでることができた。そこで、全国の優秀な人材と面談することができた。小楠は、全国の印象深い人物をメモしているのだけれども、吉田松陰のいる萩と、京都に、人物が多い、というのは分かるが、なぜか、越前(今の福井県)にも、多数の優秀な人物を見出した、とある。越前は、決して大きい藩ではなく、そうして多数の人物がいるのは、藩主の教育方針の理念がしっかりしているからである、と後で、小楠は説いている。
 果たして、小楠は、越前藩主 松平春獄に気に入られ、顧問になって、越前に逗留するようになる。また、越前藩が幕府の譜代であったことから、小楠は、松平春獄に付いて江戸に行き、幕府にも意見を求められるようになった。
 小楠は、熊本出身であることから、もともとは尊皇攘夷の思想であったが、その実学志向から研究するうちに、攘夷では国体は維持できず、公武合体、開国の方針に切りかえた。この提案は、次第に幕府に容れられていく。
 ところが、そういう横井小楠を、国奸と看做して、討つべしと息巻く尊皇攘夷の志士が沢山現れた。実際、横井小楠が友人二人と宴会しているときに、刺客三人に襲われる、という事件があった。それで、小楠自身は、なんとか難を逃れたのであるが、たまたま小楠はそのとき刀をもっておらず、従って、応戦しなかったので、肥後藩からは、武士の心得に悖る、と大層なお咎めを受けた。切腹を進言する者までいた。これは、肥後藩に、小楠を面白くなく思う者が多く、どんな機会を捉えても、誅するべし、と思っていたことを意味する。
 松平春獄は、横井小楠に死なれては困るので、懸命の嘆願書を出した。それで、自宅幽閉に落ち着いた。それでも、横井小楠の英明さはなり響き、勝海舟や坂本竜馬までが、教えを請うて熊本まで訪ねてきたくらいである。勝海舟など、すっかり尊敬して、横井先生としか呼ばなかった。
 こうして、横井小楠は、国難に際して、ことある毎に、幕府や松平春獄からアドバイスを求められた。まさに、横井小楠は、指導的・思想的支柱だったのである。
 だから明治維新になると、新政府からは、顧問になることを求められた。既に60歳を過ぎて病気がちだった小楠は、最後のご奉公と、新政府の政策決定に全力を尽くした。
 しかし、明治二年、ついに尊王攘夷派の肥後藩の刺客に殺されてしまう。その理由は、横井小楠が日本にキリスト教を広めようとしたとの根拠のないことであった。
 横井小楠の方針は、国力増強、軍備充実し、諸外国とうまく張り合うというものであり、その後の明治政府の基本方針を決定するものであった。そういう意味では、西郷隆盛や大久保利通などと比べても、決して重要性は劣らないのに、なぜか、学校の教科書などで、驚くほど、横井小楠の名前は無視されている。長州、薩摩、土佐などの維新の中心的な藩に属していなかったせいだろうか。

戦争ビジネス

 祥伝社新書「戦争民営化」松本利秋著、によると、戦争ビジネスとしては、次のような形態がある。

1.戦時融資
 これは、厳密には、戦争ビジネスとはいえないかもしれない。日本は、日露戦争を戦うために、資金が絶対に不足しており、そのため、臨時の戦時国債を発行し、リーマン・ブラザーズに引き受けてもらった。これによって、日露戦争を戦うことができたが、その後の利子の支払いに苦労して、資源を求めて満州に進出した。

2.傭兵
 これは、政府や国家機関がお金を払って兵士を雇うものである。一番有名なのは、フランスの外人部隊で、1831年に、フランス国王ルイ・フィリップによって創設された。外人部隊は、危険なミッション、遠方への遠征などの目的で人が集められた。傭兵を使う理由は、平時は多数の軍隊を抱えることは費用的に難しいが、緊急時に軍備が必要になる、という要請による。ただ、傭兵の訓練は過酷だし、俸給もあまりよくない。日本円で年収400万円もなかったりする。たったそんなお金で命を危険にさらすのか、と普通は思うが、さまざまな事情がある。まず、傭兵は、健康でありさえすれば、学歴や経歴を問われない。よって、ここでは、本人さえよければ、基本的には採用される。
 他の応募者として、特殊部隊経験者がいる。軍隊で、厳しい特殊訓練を経て、グリーンベレーのようになっても、国家にミッションがなければ、特殊部隊は解散される。そうして、仕方なくビルの警備の仕事でもするのだが、達成感が得られない。そうしたとき、傭兵になって、アフリカ、イラクなど危険地帯に派兵されれば、かつてのスキルが活きる。鍛えたスキルを活用して、敵を殲滅することができる。
 実は、傭兵制度は、到底フランスのオリジナルではなく、太古の昔からあった。二番目に古い職業といわれる。一番目は、売春である。なぜ傭兵制度があるかというと、基本的な事情は、上に記したとおりである。古代でも、戦争の時期と平和な時期が繰り返された。平和な時期には、兵士達があぶれてしまう。そうして、戦時となると、傭兵として掻き集められる。兵士で、戦う以外に大した技能がない者は、平時になると食うにも困ることになる。それで、戦って報酬がもらえるとなると、節操もなく、どこでも出かけていく者もでてくる。実際、ギリシャに敵対するペルシャ軍の傭兵になったギリシャ人も多数いたらしい。
 こうしてみると、戦うスキルを身につけたものは、スキルを活用する生き甲斐と快感を求めたものと思われる。まさに、ドーパミン快楽である。すると、死の恐怖は片隅に追いやられる。
 実際、傭兵は、日中戦争でも、キューバ危機でも、ベトナム戦争でも、活用された。1つのパターンは、例えば、キューバ危機では、アメリカ軍が、キューバを亡命して、カストロに恨みを抱く者をリクルートとして、傭兵とした。ベトナム戦争では、アメリカ軍は、ベトナム奥地の現地人を訓練して傭兵とした。彼らはなぜか、市街地のベトナム人が嫌いで、反共のメンタリティをもつ。そして、ジャングルでの活動に高度の地の利を発揮する。

3.あと、最近増えているのが、民間軍事支援会社である。米国政府との癒着が取りざたされたハリバートン社ほか、ブラック・ウォーター社、MPRI社など多数あり、その全貌を知る者は少ない。大抵は、高度のスキルをもつ特殊部隊経験者を多数抱え、独自の軍事訓練施設ももっていたりする。民間軍事支援会社の仕事は、警備、物資輸送のみならず、飛行場の整備、テント設営、清掃、調理、郵便、戦死者の遺体の洗浄と輸送など、ありとあらゆるものに関与する。流石に、建前上、戦闘そのものには関与できないが、攻められたら応戦することはある。民間軍事支援会社が活躍する理由は、議会で、派兵する軍隊の人数が制限されてるいからである。民間軍事支援会社だと、「金で解決」ということになる。軍事予算は膨大なので、民間軍事支援会社の利益も半端ではない。傭兵は、とても安い給与だが、民間軍事支援会社だと、危険手当も含めて、5000万円以上の年収を得る者もいる。また、民間軍事支援会社は、軍隊の指揮系統外にいるので、活動の自由度も高い。

4.あと、何と言っても最大の戦争ビジネスは、兵器産業である。これについては、ここでは詳しく触れない。

 以上の戦争ビジネスを眺めてみて思うのは、人間は、基本的に、「闘う動物である。」ということである。ライオンなんて目じゃない。ホッブズではないが、人間は人間に対して狼なのであって、手を拱いていると、殺戮しあう。これだけスポーツが流行るのは、闘う本能の精一杯の平和的解放であろう。それだけではもちろん不十分で、法律で、がちがちに縛る。それでも、つい、手が過ぎて、殺人事件が起きてしまう。
 あと、思うのは、男性の中でも、特にエストロゲンが過剰で、闘争本能がとても強い人達がいる。そういう人達には、平和な暮らしは退屈すぎる。作戦を考え、武器を操り、敵と戦う環境に自分を置かないと、気がすまない。ある人は、ヤクザになり、ある人は傭兵になる。そういう人こそ、一旦戦時になると、敵を殲滅して英雄になり得る。
 ただ、私のように、エストロゲンが比較的に少ない者もいる。しかし、闘争本能はやはりあって、あまり物理的でない方法で闘争本能を満足させようとするが、そこに、なにかしら欲求不満は否めなくて、気持ちがくすぶったりする。
 こうして、人類の救いがたさをまた、今更のように垣間見てしまう。

ネットOS

 ネットOSとはどういうものか、前提なく自分で考えてみる。すると、あるハードウェアのコンピュータがあって、BIOSに、インターネットに接続する機能があり、電源を投入すると、LANケーブルを介して、ネットOSが存在する所定のウェブサイトに接続しにいく。そうして、必要なソフトウェアは、そのウェブサイトからダウンロードする。しかし、よく考えると、これは、ネットOSというよりも、単なるディスクレス・クライアント端末である。また、これだと、使うハードウェアが限定されるのが、つまらない。
 そこで今度は、Webブラウザ経由で、あるウェブサイトにアクセスするものとする。すると、JSPまたはサーブレットのような機能で、インターネット接続されたサーバから必要に応じてモジュールがダウンロードされ、Webブラウザ内で、ワープロ、表計算、プレゼンテーション・ソフトウェアなどの機能を使うことができる。作成した文書は、ローカルディスクではなくて、サーバ内に所与の領域に保存されるが、必要に応じて、ローカルディスクにもダウンロードできるものとする。これは、SaaSかもしれないが、ネットOSとは呼ばれないのではないだろうか。
 それで、段々わからなくなってきたので、例えば、http://www.xenoservers.net/あたりを、1つの目安として考える。すると、ネットOSとは、Webを通じたワールドワイドのグループウェアをサポートするものである、というのが1つの定義となる。私は、スタンドアロンのPCを使っていた時期が長いので、OSというからには、自分が使っているPCのハードウェアを直接叩くことができるものでなくてはならない、という考えに囚われていた。
 しかし、ネットOSだと、スタンドアロンのPCが、キーボードやマウスを入力のインターェースとするように、Webブラウザまたはある種のクライアント・ソフトを経由して接続しにいき、ネットワーク上の、NASであれ、SANであれ、リモート・プリンタであれ、なんらかのWebサービスであれ、そういうものへのI/Oを、Webブラウザまたはある種のクライアント・ソフトのインターフェースを通じてマニュピュレートするもの、として考えることができよう。従って、クライアントPCのOSが、ハードウェア的に相違点を吸収し、ネットOSは、ネットワーク上にあるリソースを、クライアントに対して十分抽象化し、且つ、必要に応じて、具体的なリソースとして提示できるものでなくてはならない。
 ふぅ、なんとなく分かったような、分からないような。

2008年2月11日

南大門全焼

 ソウルの南大門が、放火とみられる原因により、全焼したという。南大門は朝鮮王朝時代の1398年に完成し、改築や復元を経て国宝第1号に指定された。どうしてよりもよって、こんな貴重な財産に放火するのか、その気持ちが理解できないが、おそらく、犯人は、正常な判断能力をもつ者ではないと思われる。
 貴重な文化財に放火した事件としては、日本の金閣寺放火がある。それは、1950年という昔に、同寺の師弟で京都府舞鶴市出身の林承賢(当時21歳)が放火したのだった。林承賢は、実家からの過度の期待、仏教に対する矛盾感情などから、「世間を騒がせたかった」とか「社会への復讐のため」と、その理由を述べた。
 要するに、世間が面白くなかった、ということであるが、そういう意味では、中国の冷凍ギョーザ事件も、そういう不愉快犯である可能性が強くなってきた。すなわち、メタミドホスなどが混入されたギョーザパックが生産された日は、いずれも土日・祝日に集中しており、すると、会社に不満をもつ何人かの社員がしめしあせての共同犯である可能性が出てきた。意図は要するに、会社の信用失墜である。また、それが販売される先が日本であることもおそらく知っており、もともとの反日感情もあったと思われる。
 世の中で、とても困るのは、特に食品などに関して、不愉快犯を防ぐことがとても難しいことである。それは誰がいつ、どういう工程に関与したかということを、とても判断しにくい。
 ところで、南大門であるが、国宝であるがゆえに、消防団員が、慎重な扱いをしているうちに、却って全焼となってしまった。このあたりの判断は難しい。なぜなら、文化財の消化訓練というのは、ありえないからである。
 個人的には、南大門はとても思い出深い。1995年だから、もう13年も前になるのだろうか、仕事の出張でソウルに行った。そこで、休日を1日とって、ソウルの街を一人で散策した。ソウルは、アジアの有数の大都市であるにも拘わらず、その繁華街をほとんど徒歩で歩けてしまう。泊まっていたハイアット・リージェンシーから、見物がてら、地図を片手に歩いた。要所に銃をもった軍人が立っているのが、緊張感を感じさせた。それはとても暑い7月のことで、光化門から南大門に着くと、喉が渇いて仕方がなく、南大門市場で、アイスコーヒーを飲んだ。歩きながら、ソウルの街は、既知感に溢れていて、言葉が通じないのに、全く異国の地という感じがしなかった。反日感情といいつつ、寧ろ日本人の私に、親しみをもって対応してくれる人が多かった。そんな思い出が、南大門にしみついている。だから、南大門全焼と聞くと、私の内なるソウルのイメージが壊れていくような感情に襲われるのである。

2008年2月12日

物理の鉄人

 「添削形式による場の量子論」という本がある。なんだ、単に物理学の教科書か、と思われるかもしれないが、これが、ちとユニーク。なにしろ、著者の一人は、治部眞里という女性で、というと、おい偏見か、女性の理論物理学者がいて、なにがおかしい、とからまれそうである。実は、治部眞里さんは、ノートルダム清心女子大学文学部英文科卒、物理学は完全に独習なのである。すなわち、ふとしたきっかけから、高橋康という有名な理論物理学者の「古典場から量子場への道」という本を、ボロボロになるまで読んで、場の量子論をマスターした、というのだから、一応物理学を専攻したのに、電磁気学もろくに理解していない私は、穴があったら入りたいくらいである。
 実は、治部さんには師匠がいた。保江邦夫氏である。保江邦夫氏というと、知る人ぞ知る、数理物理の大家で、たった一人で、10巻の数理物理学体系を書き上げた。クーラン・ヒルベルトも真っ青である。なお、保江邦夫というと、合気道の大家でもあり、よって保江氏の物理学は、物理道とでも呼びたい雰囲気である。
 それで、保江邦夫氏の指導よろしく、治部眞里さんは、物理の腕を上げ、ついには、筑波大学、東京学芸大学で、物理学の非常勤講師ができるまでになった。
 でも、きちんとした物理学の教育をうけていないと感じる治部眞里氏は、自分の講義ノートを、鉄人 高橋康氏に添削してもらうことになった。それが、この本である。
 ところが、高橋康氏の添削が辛辣なのである。例えば、「これは、まずい。特に、式XXは、まずい。まちがいとはいわないけど、このままでは、いままで大事にしてきた共変性が満たされていないのです。」「残念ながら、第1原理なるものが、この稿には、書かれていませんね。」など。
 これはよく読むと「愛の鞭」なのであるが、こういうプロ/アマの企画は、珍しい。大学の講師でもある治部さんを、アマと呼ぶのは気が引けるが、相対的なものであると理解いただきたい。
 これとの類比で、最近読んだ、「とっておきの相穴熊」も面白かった。これは、若手有望プロである、広瀬 章人と、アマ超強豪の遠藤 正樹とが、ある相穴熊の局面で、次の一手を述べ合うのだが、穴熊オンリーで、アマでは並ぶ者のない遠藤氏といえども、広瀬 章人のプロ感覚にはたじたじであった。
 ううん、プロとしてきちんと修行することは、どういうことか、物理と将棋という、私が縁が深い2つの分野で、つい考えて、まだ、手がかりは得られないでいる。

2008年2月13日

若い頃との差

 どういう人生が順調で、どういう人生が逆境か、定義はないので、20代の頃から振り返って、今の50代になるまで、順調だったか、そうでないか、わからない。しかし、こうして大した病気もなく、ここまで生きてきた、というのは、一応、普通なのだろうと思う。
 それで、若い頃どう考えていたか、それを今はどう思っているか、とりとめもなく、書き綴ってみたい。
 それで、大学に入った頃は、ラッキーで受かったこともあってただ嬉しくて、向学心に燃えていた。数学の専門書を月に一冊仕上げるみたいな馬鹿なことも考えていたが、今にして思えば、自分で何かを考え出すのではなく、本に書いてあることをマスターするのが、勉強であり、学問である、と漠然と思っていた。それの延長線上にあるが、時間をかけて勉強しさえすれば、なんとかなる、と思っていた。今だったら、本に書いていることは、一応の目安に過ぎない、と思う。また、本を仕上げると言うのは、自己満足ではないか、と今は思う。
 また、若い頃は、学歴というか、大学の序列にやたら敏感であった。自分は東大や京大などの出身ではないので、研究しても上にはいけないと思っていた。それを解消するには、そういう一流と言われる大学の大学院に行くしかない、と思っていた。しかし、実際は、よい研究をすれば、出身大学に関係なく、なんとかなると最近では思う。ただ、学歴がないから駄目だと思うようだと、最初から見込みはあるまい。その一方で、世間の序列で自分より低いと言われる大学の出身者を軽くみていた。俺の方が別格だぞ、くらいに思ったことがある。これは学歴コンプレックスの裏返しであるが、今にして思えば、恥ずかしい。しかし、若者は、受験勉強で、偏差値で大学を輪切りにされた表を眺めているので、余計にそう思う傾向がある。
 また、物理を勉強していて、シュレーディンガーの方程式が出てくると、当時は、この方程式は100%正しく自然を記述しており、ただ、厳密には解けないので、その誤差で曖昧な点がでてくる、と方程式を盲信していた。これにも、いまでは素朴すぎてついていけない。
 また、自然科学を偏重しすぎて、特に社会科学を馬鹿にしていた。社会科学を、自然科学の不十分な数理モデルくらいに思っていた。今に至って、広く浅く興味を広げているのは、自然科学では太刀打ちできないので、不利なときは戦線を拡大せよ、でただ徒に興味を広げているのかもしれない。
 ただ、若いときから一貫して興味をもっているのは、心霊的なことである。若いときは、墓に行って心霊写真をとろうと思ったこともある。しかし、今は、幽霊が見えるとか見えないとか、祟りだとかよりも、物質と霊全体を含めた、宇宙の仕組みの方に興味がある。すなわち、幽霊はいると思うが、それは、心霊的に世界の揺らぎであり、世の中の仕組みを理解する上で、本質的な役割りを果たさない。
 こうして、年取るにつれ、あまり物事を決め付けず、緩く放っておくことができるようになった。また、自然科学、社会科学、人文科学をあまり区別しないようになった。
 また、当然であるが、資産や、地位や、名誉を、若いときはとても重んじたが、今では、一種諦念も相俟って、そういうものがどうでもよくなってきた。少なくとも、どうでもいいと思おうとしている。
 また、若い頃は、美人が無条件によいと思っていた。今では、美人だと寧ろ避けるかもしれない。
 以上、全体の傾向をまとめると、私の場合、歳をとるにつれて、非物質的、非権威的になり、相対主義に陥りつつあるところもある。これは、結局、いい歳をして、誇れるような財産や地位にありつけていないための正当化の意味もあろう。
 ただ、もし私が物質的に成功していたら、今よりもずっと、権威主義的且つ物質的で、狭義の意味で科学主義であったろう。
 これで順調にいけば、あと30年くらいで、うまくこの世を去ることができるかもしれない。すると、あの世から振り返って、こうして生きてきたことを懐かしいと思うのだろうか。それとも、ああうんざりだ、この世を離れて清々する、と思うのだろうか。多分後者と思うが、しかし、今の物質にまみれた思考を向こうの世界に持ち込むことは、できれば避けたい。

オバマ暗殺?

 ニュースによると、2007年のノーベル文学賞を受賞した英国の女性作家ドリス・レッシング氏が、あるインタビューで、オバマ米上院議員が米大統領に当選した場合は暗殺されると警告した。しかし、これは何も慧眼ではなく、過ぎたコメントでもない。私を含め多くの人が漠然と感じていたことを、言葉に表しただけである。
 そもそも、昨年5月には、悪名高い白人至上主義者KKK(クークラックスクラン)のメンバーがオバマ暗殺を計画しているとの情報が浮上し、直後にシークレット・サービスの護衛がついた、との記事もある。
 いつだったか、NHKで、KKKだったか、極右ともいうべきその他の米国白人国粋主義者の特集番組をみたことがあるが、その人種差別意識は激しいものがあった。白人以外の人権なんて意識にない。
 少なくともリンカーンの暗殺と、キング牧師の暗殺は、明らかに、黒人問題絡みであった。ただ、ケネディ大統領は、黒人問題もあったかもしれないが、極度の軍縮提案が一番の原因と私は思う。
 また、ケネディ一家が、オバマを応援する、というのも、オバマにとって、却って、ありがた迷惑ではないだろうか。
 また、分からないのは、そういう悪名高い白人至上主義者が実は、敬虔なるキリスト教徒であったりすることである。ブッシュ大統領だって、神の名の下に、報復を誓ってアフガニスタンに攻め入った。だから、私には、キリスト教徒の教義と、人種差別がどう整合するのか、到底理解できないでいる。
 そうしているうちに、オバマの人気はどんどん高まっている。絶対的有利と思われたヒラリーも本当に危ない。白人至上主義者は、どのタイミングで、オバマを狙っているのだろうか。これは1つの公式であるが、テロリストは、一番衝撃の大きいタイミングを狙う。すると、大統領選に勝利した瞬間であろうか。そのタイミングで、周囲もつい気が緩む。そもそも、攻防の定理によれば、攻める方は一点でよく、受ける方はあらゆる手立てを考えなくてならないので、暗殺は、リソースを十分かけて時宜を狙えば、必ず成功する。それは、狙う方の本気度に依存する。
 だから、ある黒人女性は、次のように言う。「黒人候補が大統領になるというのは素晴らしいことだけど、私はオバマ氏には投票しない。なぜなら、彼が大統領になったら暗殺される。なら、当選させず、彼の命を助けたほうが賢明でしょう」
 私も同感である。私は、底意地の悪さを感じさせるヒラリーよりも、オバマのような人が好きであって、だからこそ、凶弾に倒れてほしくない。歴史的なデッドヒートをヒラリーと演じて、微差で敗れてほしい、と切に念じるものである。

2008年2月14日

橋下氏、大丈夫か

 新聞によると、大阪府の橋下知事が、教育公約、全面見直しとある。何のことかと思ったら、知事選の公約として掲げた、習熟度別クラス編成導入や府立高校の学区制撤廃について「机上の空論であった」と、根本的に見直すことを表明したという。しかし、このような言い方は、政治技術として、基本的にまずい。実際に公約が妥当でないと気づくことはあろう。しかし、それは十分検討するか、少なくとも十分検討したふりをした後、見直しを表明すべきであって、このように言うことによって、今後、橋下が表明するあらゆる言明が、朝令暮改の疑惑にさらされることになる。
 また、財政危機であるがゆえに「府債発行を原則認めない。」は、おそらく経済学、財政学の原理からいってもおかしい。すなわち、いままで府債を発行してまかなってきたのだから、これを漸減することから検討するべきであって、原則認めないと、たちゆかなくなるであろう。
 こうして、橋下は、宮崎県の東国原よりも、また、長野県の元知事の田中よりも、悪い印象で、スタートする。政治に信頼と安定性は、どうしても必要である。経営学の法則では、独善でかき回す管理者は、何もしない無策の管理者より悪い。橋下、どうする。君には、調整能力はあるのか。

風が吹けば、桶屋がもうかる

 風が吹けば、桶屋がもうかる、という格言があって、確かそれは、風が吹けば、砂が舞い散って、目に入り、目が見えなくなる人が増える。すると、目が見えない人は、三味線の語り部になるので、三味線を作るために猫が捕まえられる。すると、猫が減るので、鼠が増える。鼠が増えると、桶を齧るので、桶が駄目になって、桶の売り上げが増える、というものである。
 これはまあ、ほとんどというか、100%冗談であるが、確かにそういう長い因果の連鎖だと、とても結末が分かりにくくなる。囲碁や将棋の難しさの何割かは、こういう因果を掘り下げて読むことの難しさに依存する。
 例えば、次のような例を挙げよう。地球温暖化防止。
 二酸化炭素の排出を規制することに重点をおくと、発電は原子力発電がよい、ということになる。すると、途上国に原子力プラントを建造できるのは、先進国なので、明らかに先進国の経済的利益になる、ということである。これは、将棋で言えば、三手の読み程度で分かることであるが、しかし、一般庶民にはなかなかばれない。
 このような因果の衣で包んで騙すのは、政府や国家機関の常套手段である。
 ところで、因果の罠を使うためには、Aが起きたときにBが起きる確率である、P(B|A)が、1に近い必要がある。因果を連鎖させるので、これが1よりもかなり小さいと、結果が予測しにくくなる。
 また、因果の連鎖の陰謀が、庶民に見破られにくいのは、A→B→C・・・という連鎖が、同一の分野ではなく、別の分野にシフトしているからである。例えば、環境の話だったのが、発電の話に移行する。
 世の中で、なんで○○なんだろう、なんで変わらないのだろう。なんでああいう方針を押しつけるのだろう、と思われることの多くが、実は、因果の連鎖の陰謀ではないだろうか。ところが、人間の頭は、いろいろな因果の分岐をきちんと読むことが大変苦手で、たいていは途中で頭がこんがらがって、思考停止してしまうのである。

2008年2月15日

鳥インフルエンザ

 先日、NHKで、鳥インフルエンザが日本に入ってきて、次第に感染者が増え、死者が数百万人にもなってしまう、という仮想ドキュメンタリ形式の番組が放映されていた。そのストーリーでは、北陸のある漁村に、国籍不明の漁船が流れ着く。ところが、その乗組員が、鳥インフルエンザに罹っていて、漁船の様子を見に行った人に、鳥インフルエンザが感染してしまう。
 感染した人は、自分がまさかそういう恐ろしい病気とは知らず、咳が出る風邪くらいに思う。そうして、その漁村内で次々に感染者が増える。ついに死者が出るに及んで、その報告を受けた厚生労働省の医療チームは、米国から派遣された医療チームとともに、その漁村を訪れ、鳥インフルエンザを確認する。そして、その漁村を隔離する体制を敷こうとするが、その戦時のような非常体制がなかなか理解されず、村民から反発を受ける。そうしているうちに、知らない間に東京に行ってしまった感染者がいて、その感染者は、渋谷駅前で咳き込み、道行く人に鳥インフルエンザが次々に感染してしまう。こうして、都内の病院は、鳥インフルエンザで溢れかえる。タミフルの備蓄はたちまち底をつく。そもそも、タミフルが効かない新種もあらわれる。こうして、死者は、都内だけでも、数十万人に達する、というストーリーであった。
 これは警告的な意味の、ある種誇張されたストーリーかと思っていたら、今日の新聞をみると、政府は、それを決して絵空事と思っていないようである。
 実際、2003年から、インドネシア、ベトナムなどで、鳥インフルエンザの感染者は、360人が報告され、そのうち226人が亡くなっている。非常に高い致死率といえる。
 本来は、鳥インフルエンザは、人間には感染しにくい性質であった。しかし、鳥間で感染を繰り返しているうちに、ウイルスの易変性とでも呼ぶべき性質により、人間に感染する性質をもつものがあらわれた。そうして、鶏の飼育者など、鳥に接する機会の多い人に感染しその後、、人から人に感染した。
 政府は、これを受けて、最大国民の1/4が感染するかもしれない、と想定した。すると、鳥インフルエンザの死亡率は、2~20%と想定されるから、64万人~200万人が死亡するかもしれないと警告する。これは地震よりもずっと大きい被害である。
 政府の対策は、ウイルス株を特定して、国内の防疫研究機関で、フル稼働でワクチンを製造することである。しかし、国民全員の分を製造するには、1年がかかるとされる。また、タミフル、及び耐タミフル種に備えての代替薬リレンザの備蓄を増やすという。
 こういう感染は、指数関数的に増えるので、初期の防疫体制がその後の感染の分かれ目になる。ところが、誰が初期対応するか全くわからないので、そこは運の要素が大きい。
 それで思うのだが、科学の進歩と言っても、人間の、感染症に対する脆弱さは本質的であり、解決不可能である。また、寄生虫学者の藤田紘一郎氏も警告するように、高度な衛生環境になじんだ現代人は、すっかりその免疫能力を低下させている。だから、今後も、疫病の流行は避け難いものがある。

2008年2月16日

またも、銃乱射事件

 米イリノイ州デカルブにあるノーザン・イリノイ大学で14日午後3時ごろ、男が銃を乱射し、5人が射殺され、男は乱射後に自殺したという。また、このほか16人が負傷し病院に運ばれたという。
 銃保有社会である米国では、銃乱射事件は比較的頻発するが、それでも、大学で起きるのは、比較的稀であった。去年の4月に、バージニア工科大学で銃乱射事件があったとき、大学で起きたのは、20年ぶりくらいで、テキサス大学以来ということであった。だから、バージニア工科大学以来、1年もたたないで起きる、ということが、私には驚きである。
 なぜそうなのか。私の友人は、電磁波などを使って人心を惑わす兵器の実験ではないかと誠しやかに言うのであるが、去年の長崎市長銃殺事件といい、佐世保のスポーツクラブの事件といい、銃を使った事件が増えることに鑑みると、友人のつぶやきを、なんとSFのような、と笑い飛ばすこともできない。
 あと、現実問題として、世相が随分世知辛くなってきている、ということがある。もちろん、資本主義社会だから、適当に遊んでいて、社会福祉で楽を出来る、ということはありえない。しかし、金融工学がでてきて、世の中の動きが超合理的になってしまった。数式の計算による最適化で、どんどん自動的に売買が進んでいき、はっと気づくと、巨大な損失が累積していた、という典型が、サブプライム・ローン問題であろう。こういう時代だと、心に余裕がなくなる。誰かを助けるなんて余計なことになる。心に悩みをもつ人も、救われにくくなる。一方で、金融工学は、射幸心を煽るが、射幸心と絶望は表裏一体であり、深い絶望を味わいやすい時代でもある。
 さらに分からないのが、バージニア工科大学でも、佐世保のスポーツクラブでも、ノーザン・イリノイ大学でも、犯人は銃を乱射した後自殺していることである。もし自殺したいのであれば、一人静かに死ねばいいのであって、見ず知らずの他人を巻き込むことはないはずである。その点、絶対にいけないことではあるが、元恋人から別れを切り出されて、銃で無理心中をはかった警官の行動の方がまだ理解できる。それで私の解釈は、なかなか一人で銃で自分を撃つという踏ん切りがつかず、また、世間に漠然とした不満があって、世間を騒がせ、自分を追い込んで、自殺するために、銃を乱射するのかも、と思う。
 それがなぜ大学なのか、というと、そこが将来の夢を育む場所であり、夢を育む場所であるということは、夢破れる場所でもある、ということだろう。夢破れてそこに復讐する、ということは、とてもわかりやすいストーリーである。
 私は、依然として、霊的憑依の可能性も考える。それでは実は、なにも合理的な説明はできないのであるが。
 なお、追加情報では、犯人は、約2年前、ノーザン・イリノイ大名誉教授の指導の下、刑務所内での自傷行為などに関する社会学論文で同大から表彰を受け、2006年に同大を卒業した。また、現在は、イリノイ大アーバナ・シャンペーン校の大学院で社会学を学んでいる、という。すると、社会的に落ちこぼれていないし、寧ろ、成功する可能性をもっており、期待してよいと、考えることもできる。ただ、受けていた薬物療法を最近中止し、不安定な状態になっていたということだから、精神的な問題があったのは確かのようである。

ウィルスの働き

 コンピュータ・ウィルスが、コンピュータに感染して、システムを破壊するやり方は、ファイルを壊すことであったり、ファイルを削除することであったり、システム内のアドレス帳を読み取って、そこにあるアドレスにメールを送りつけたり、システムに常駐して、システム内のファイルを勝手にウェブ上で公開したりすることである。要するに、コンピュータ・ウィルスは、コンピュータのオペレーティング・システムの許されるAPI機能を呼び出しているにすぎない。
 これとの類推で考慮すると、病原体としてのウィルスが、生物内に入ったとき、ウィルスは、もともと生体がもっている機能を利用して、生体に害を与えているだけである、と言えないだろうか。そのとき利用するのは、細胞の酵素やタンパク質生成の際に使用される、DNA→RNAの転写の仕組みである。RNAが酵素やタンパク質の設計図である。ところが、コンピュータ・ウィルスがオペレーティング・システムのAPI呼び出しをフックするように、ウィルスは、DNA→RNAの転写の仕組みにフックして、意図したものとは違う酵素やタンパク質を生成させる。それによって、生体の働きを狂わせる。
 この狂わせる、というところがミソで、狂わせられる、ということは、自ら狂わせる機能を生体は内在している、ということである。例えば、細胞を自ら死に至らしめるアポトーシスなど、その例であろう。すると、生体の側から抗議が出そうである。おい、ちょっと待て、何10億年もかけて練り上げてきた生体の機能を、欠陥品のようにいわんといてんか、となぜか、関西弁である。
 そう、別に生体の機能に根本的な欠陥がある訳ではない。生体には、ホメオスタシスといって、一種のフィードバックにより一定に状態を保つ機能がある。すると、正フィードバックの機能と、負フィードバックの機能を必ずもつ訳であるから、ウィルスに、どうしても正フィードバックだけ、または負フィードバック機能だけを濫用される余地があることになる。もちろん、ウィルスによって生成されたものを無力化する免疫機構はある。しかし、大量のウィルスでホメオスタシスを保つ機能そのものを攻められると、支えきれなくなることもあろう。
 このように、コンピュータ・ウィルスとの類推だけで、生体に対するウィルスの働きを論じてみた。それで、書きながら思ったのが、ウィルスに負けて死滅する、ということ自体が、生体が本来もっている機能の1つであって、いろいろなウィルスが頻繁にその機能を叩きにやってくる、そうして時々それに従って死滅する、というのが予定された生体の進化の一部に組み込まれているのではなかろうか。自分でも何を書いているか分からなくなってきた。

学歴美人論

 決して目新しい議論ではなく、誰かが論じてしまっているに違いにないが、それでも1つの整理として、学歴美人論を展開してみる。
 まず、人間、特に女性として生まれてきたならば、誰もが美人であることを願うであろう。美人だと誰もが注目する、恋人や配偶者を見つけるのに苦労しない、資産家と結婚すれば、セレブになれるかも、である。
 ところが、多くの人が知っているように、美人かどうかは、かなりの程度先天的なものである。だから、多くの女性は、少しでも美人に見てもらえるように努力するが、どうしても限度がある。
 一方で、最近では、学歴の効用が下がってきている、と言われる。すなわち、俗な言葉でいうと、膨大な教育費をかけて東大に入れても、そこを卒業すれば即、出世とは限らなくなっている。寧ろ、芸術家的に個性ある才能を発揮した方が稼げたり、注目を浴びたりする。それなのに、いくらそんなことを言っても、世の教育ママの熱は冷めない。名門中高一貫校への応募は増えるばかりで、だんだん中学入試の大変さもエスカレートする。悲鳴を上げている小学生もいるはずである。
 なぜそんなに、というと、答えは明らかで、学歴は、美人であるというのと同様に、ラベルなのである。美人がなぜラベルなのか、というと、なぜ美人なのか、説明を要さない。パッと見ると、誰もが分かる。学歴も、東大や早慶卒などと示すと、おお、優秀なのですね、と説明なく思ってもらいやすい。パッと分かり、同様に説明を要さない。だから、学歴は、たとえ一流大学であっても、米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学等だと、意味がない。何それ?となる。米国だと、MITやハーバードでないと。学歴ラベルをつけるためには、ともかく一流大学に受かればよく、それで留年しようが、専門のことを全く理解しないでぎりぎりで卒業しようが、そんなことは全く関係ない。ともかく卒業すればよい。すると、水戸黄門の印籠のように、○○大学卒であるぞ、頭が高い、と少なくとも心の中ではいえる。
 また、美人でない人が美人になるのは大変だが、勉強は、要するにきちんと沢山記憶することが大事なので、普通の人でも、うんと努力すればなんとかなる、というのが世間一般の考えだろう。本当はそうではないのだけれども、それでなかなか成果がでないと、勉強が苦手というよりも、努力が足りないと思われ勝ちになる。
 だから、学歴はともかく、実力をつけよう、それが生きていくための糧である、となかなか真剣に思うことは難しい。そういう実力は、なかなかラベルにならないからである。英語力だって、TOEIC900点というので、ラベル化しようとする。
 女性だって、より美人になろうとエステに通う人はいるが、より思いやり深くなろうと努力する人は、寡聞である。
 もしかして、ラベル化を好む、というのは、概念を記号化して思考の経済をはかる、という人間に本質的なものかもしれない。すると、教育ママを、なかなか笑うことはできない、ということになる。

坂井美雪

 坂井という姓で、私が知る立派な人といえば、囲碁の坂井秀至七段であるが、昨日の金スマで見た、坂井美雪も、立派である。ホームページを見て戴くと分かるが、なんとビリヤードのプロで、米国を主戦場とする。容姿は、女優のようで、スター性十分である。
 WPBA(Women's Professional Billiard Association)に所属するが、なんとその協会に属する女子プロは、たった36人しかいないという。狭き門である。昨年度の世界ランキング19位。大会によっては、賞金が6000万円のものある、という。
 ただ、日常生活の厳しさは、流石にプロである。毎日、右手を2時間、ダンベルで鍛えるし、線香に火をつけて、じっと火が消えるまで見つめ続ける。集中力を鍛錬するためである。また、勿論実技は毎日欠かさないし、レストランなどに行って、天井にライトが並んでいると、つい、筋目を読んでしまう、という。
 こういう生活だと、結婚して、子供をもって、というようにはなかなかいかない。本人は60歳になってもやりたいというが、見るからに激務で、現役のプロとしてやれるのは、せいぜい、40歳くらいまでではないのだろうか。そこからは、コーチというか、アマチュア相手の指導でもいい訳で、そのときは、結婚するゆとりもできているだろう。気が向けば、であるが。
 前にこのブログで書いた、バレエの吉田都もそうであるが、プロというのは、それになるのも大変であるが、プロを維持するのも大変である。囲碁の坂井七段の同僚で、同様にトッププロの結城聡九段も、一日10時間の勉強を当然である、と言っていた。だから、ある程度の専門技能で仕事をしてお金をもらうから自分もプロのサラリーマンだ、などと言っていたら、比較すること自体がどうかしていると笑われてしまう。ミニプロでもダメプロでも、なんでもいいから、自分もプロであるということにして、日々研鑽する励みには、したい。

2008年2月17日

エマージングウイルス

 20世紀後半から、新しく登場したウィルスを、エマージングウイルスという。そのほとんどが、野生動物を宿主とする人獣共通感染症である、という。
 下記の表は、その例である。










年代ウイルス病気宿主
1967マールブルグウイルスマールブルグ病
1969ラッサウイルスラッサ熱マストミス
1976エボラウイルスエボラ出血熱オオコウモリ?
1981エイズウイルスエイズチンパンジー
1999西ナイルウイルス西ナイル熱野鳥
2003SARSウイルスSARSキクガシラコウモリ
2004鳥インフルエンザウイルス鳥インフルエンザカモ

 野生動物を宿主とするウイルスの場合、多くの場合、その宿主に棲んでいる間は、死に至るような病気は起こさない。もともと長く棲んでいるので、免疫機構も、無理やり排除しないのだろうと思われる。ところが、何かの機会で、別の動物に移ると、そこで、もともと棲んでいた別のウイルスとの遺伝子の混交が生じ、ある動物に対する病原性を獲得することになる。
 鳥インフルエンザウイルスは、カモからガチョウに感染することで、病原性を獲得し、ニワトリへの病原性を獲得した、という。そこで、ニワトリから人への感染が生じ、これによって、200人以上の人が今まで亡くなっている。
 今のところ、このウイルスは、人から人には感染しないそうだが、ニワトリから人に感染し得る、ということは、人間に対する病原性を既にもっている、ということであり、「人から人には感染しない」という言い方は、徒に不安を煽らないための方便であるような気がする。
 ともかく、どんな動物や植物にどんなウイルスが棲んでいるか、その病原性はどのようか、どのように変異するのか、ということの全貌は誰も知らず、知りようもない。よって、統計学でいう発病のsmall clusterを無視せず、配慮していくよりない。地球温暖化よりも、よほど喫緊ではないだろうか。

聴き舎

 買春街と呼ばれた、横浜の黄金町で、ひたすら人の話を聴く、「聴き舎」を営んでいる人がいる。田村禎史さん、32歳。一浪して慶応に入ったが、自分の生きたい生き方をそこで見つけられず、中退していろいろな仕事を転々とするが、次第に無気力になって、26歳の頃、仕事をしなくなった。そんなとき、父親の友人が話を聞いてくれたのが、救いになったという。
 今まで対応した人から聞く話の話題は、借金、行政対応、政治不信は様々に及び、年齢も20代から80代と様々。基本的に、聞き役に徹し、助言はしない。そもそも、いろいろな話題に助言は軽々しくできないであろう。
 確かに、私も悩んで、友人に話を聞いてもらいたいと思ったことは何度もある。でも、大抵の友人は、良かれと思って、いろいろと口を挟んでくる。これがいいよ、あれがいいよ、もっと元気出せよ、お前より大変な人はいくらでもいるぞ、人生そんなネガティブじゃ駄目だ、等等。で、結局、とりあえず聞いてもらいたいという願望は叶えられない。でも、逆に、私がどんな聞き手であり得たか、と考えると、やっぱり似たようなものかな。話し手の軽い失望を感じ取れるほど、私は敏感でなかったような気がする。
 だから、「聴き舎」は貴重である。一対一で、30分で、1000円。なんだ聞くだけで1000円なんて高いじゃん、と思うかもしれないが、実際に聴く側になってみると、意外に重労働である。
 逆に言うと、こういうことを商売として、半ばボランティアでやることの需要があるほど、世の中が荒んでいるということである。銃の乱射事件は、その1つのあらわれである。

2008年2月18日

クローン犬

 新聞によると、韓国ソウル大の研究者らが、米国の女性から、死んだペットの犬のクローン犬をつくることを受注した、という。値段は、5万ドルで、かなり高価である。
 普通、長年飼ったペットが亡くなると、自分の肉親を失ったのと同等に悲しい、と聞く。それでも、人間の場合と違うのは、時間がたって気を取り直すと、また別のペットをペットショップなどで選ぶことができる、ということである。大抵は、元のペットの面影があるものを選ぶ。
 ただ、上記米国の女性は、とても亡くしたペットに思い入れが深くて、たまたま資産があり、またクローン犬が可能だと聞いて、矢も盾も堪らず、申し込んだのだろう。しかし、私には、こういうところにも、現代の物質主義を垣間見るのである。すなわち、生物=DNAという発想である。生物=DNAというドグマに基づくと、DNAをコピーして受胎させると、全く同じ生物が再現される、ということになる。
 ところが、私の理解では、それは正しくない。DNAは、生物を規定する設計図の1つの要素に過ぎない。受胎した瞬間に、受精卵にはあるパラメータがセットされるが、それは、そのときの日付けや時間に先ず、依存する。また、ここからが受け入れ難いだろうが、霊魂として非物質的なものがやはりセットされ、それは、ほとんどの場合、亡くなったものと生物と同一ということはありえない。
 さらに、その霊魂に関連して、高次元の別のサーバ領域に対する固有の参照がなされる。だから、クローン犬は、性格はおろか、姿形も、もとの犬とどこまで似ているか、全く保証はない。しかも、クローン犬は、普通に受胎して成長した犬に比べて、つねに健康上の不安がつきまとう。
 で、結論として、こういうふうにクローン犬をつくるという発想は、ノーベル賞受賞者の精子を冷凍保存する、のと同じくらい、馬鹿馬鹿しい、ということになる。物質主義は、困ったものだ。

才能の限界

 私の大学の後輩で、司法試験を目指している者がいた。親も理解があって、大学卒業後も、とりあえず働かなくていいから、勉強していい、と支援してくれている。私からみて、少なくとも私よりは試験に強そうで、意志もつよい(私が、そういう方面弱いので、私よりも強い、ということに大した意味はない)ので、数年頑張れば受かるだろうと思った。しかし、風の便りに聞くと、結局受からなくて別の仕事を今ではいているようだ。
 ところが、こんな例も聞く。暴走族のリーダーをやっていて、つっぱっているせいで、高校時代、ほとんどまともに勉強したこともない男がいた。彼は、高校のお情けでなんとか卒業させてもらえたものの、あるとき警察に捕まって、しぼられてしまう。ところが、そうしているうちに、司法制度に興味をもち、自分のようなツッパリを警察から守る弁護士になりたい、と突然突拍子もないことを思いつく。そして、司法試験の予備校のようなところに通いはじめる。ところが、高校でもまともに勉強していないのだから、難解な法律の条文が読みこなせる訳がない。難しい法律の論理構成ができる訳がない。最初は、予備校の講師に呆れられる。なんというひどい答案だと。全く基礎が分かっていない、と。ところが、石の上にも三年、五年、次第に法律が理解できるようになり、ついには受かってしまう。
 私にはどうしても、知的能力全般という意味で、この元暴走族のあんちゃんが、私の後輩よりも優秀とは思えない。でも、司法試験という意味では、私の後輩よりも、この元暴走族のあんちゃん上だった、と思うよりない。
 このように才能というのは、意外な人の意外な側面にあるのであり、また、才能が十分でない努力は、ともすれば空努力になる。例はいくらでもあるが、例えば、車の運転。私は、車の運転なんて興味はなかったが、結婚して仕方なく、30代半ばで、なんとか運転免許を取得した。1987年のことである。はっきりいって、取れる自信さえなかった。ところがである。結構日常的に運転しているから、もう20年間は運転しているのに、いまでも恐ろしく運転が、下手である。いまでも車線変更ひとつ満足にできないし、スーパーの狭い駐車場で、いつも駐車に苦労する。悲しいほどの低い才能である。
 一方で、将棋の道場に行くと、年がら年中指しているおっさんたちがいる。もしかして、棋歴、50年だったりする。ところが、これが、恐ろしく弱い。アマ4級もあるだろうか。まあ、楽しければいいとも言えるが、要するに、私の車の運転と同じで、才能がないのであろう。きちんと努力しても、アマ初段になれるかどうか。
 このように、どんなことをやるにつけても、才能が一番のキーなのであるが、どうしてもここのところが、世間一般では理解されない。お金を掛け、時間を掛け、やる気があればなんとかなる、と思われてしまう。
 その結果、東大や国立大学医学部を目指して4年も5年も浪人したり、司法試験を20年間も受け続けて人生を浪費したり、という人が後を絶たない。また、将棋の例でいくと、堅いところをひたすら攻めているのである。向こうは、金銀4枚が集結している。そこを、いくら飛車と銀で攻めても数が足らず、突破できる訳がない。こういうときは、絡め手から攻めるものである。例えば、一旦端歩をついて綾をつける。すると、局面が変わって、何か手がつくれることがある。例えば、司法試験を数年受けて無理そうなら、法律の知識を活かして、企業の法務部で働く、とかである。試験にはあまり強くなくても、交渉が得意、ということであれば、こういう絡め手は、活きる。
 すると、こう反論されそうである。そもそも、司法試験を数年受けてただけでどうして駄目と分かるのか。一昔は10年くらい頑張るのは普通だった。そもそも、君は、まともな試験勉強の経験もなく、努力して難関を突破した経験もないではないか、と。
 そう言われると反論できない。また、確かに石の上に10年で成就した例もある。私が知る一番凄い例は、フェルマーの定理を証明したワイルズである。彼は、子供のころから、それを証明することが人生の目的だった。世の中には、志村五郎であれ、その他であれ、ワイルズよりも才能があると思われる数学者はいるに違いないが、みんな、ワイルズのような蛮勇を奮う勇気はなかった。99%の確率で、人生を棒に振る可能性があるからである。
 だから、私は、かっこいいとか、自分の出身大学だとこれくらいはいけるだろうとか、親がやってんだから自分もできるに違いいとか、浅薄な理由で困難にチャレンジし始める自由を誰もがもっているが、しかし、数年内にアセスすることは是非とも必要である。その際いけないのは、自分自身で判断することである。自分にはそれを客観的に見ることはできない。一番よいのは、その道の達人から、忌憚のない意見をもらうことである。だいたい、達人であるなら、数年後になんとかなりそうかどうか、ある程度見極められる。達人にゴーサインを出してもらっても、達人も神ではないので、見間違えることはあるが、しかし、それはそうと諦めることである。
 人間だったら、必ずしも好きでなくても、そこで世間に貢献できる、苦手ではないスキルというのは、必ずある。すると、超楽しくはないが、苦手ではないので、少なくとも他人は楽しませることができる。そういう、利他的な楽しみでもよいではないか、というのが、仏教の1つの教えだと、私は思う。こだわりさんなよ、である。

2008年2月19日

会社の品格

 「会社の品格」幻冬舎新書、小笹芳央著は、なかなか面白い。藤原正彦の「国家の品格」に触発されて書いたというのだが、ある意味、もっと地に足がついている、といえる。それもそのはでずで、小笹氏は、元リクルートで、今は、「モチベーションエンジニアリング」という会社活性化のコンサルタントの会社を経営している。
 この本のキーメッセージは、「社員を大事にしなさい。社員こそが財産。」という、昔から言われている当たり前ことを、改めて述べている。松下幸之助が、「松下は、人をつくっている会社です。」というのと同趣旨である。
 ただ、現実問題、会社とは、厳しい経済競争世界におかれているので、経営合理化のプレッシャを受けるのは仕方ない。そのため、ある仕事はなくなり、別の仕事にシフトしていく。そこで、スキルの合わない人は、リストラの危機にさらされる、という訳である。そういう状況で、どう、品格を保つか、がこの本の課題である。
 この本は、会社の品格を、組織の品格、上司の品格、仕事の品格、処遇の品格、経営者の品格、社員の品格に分ける。
 組織の品格では、組織のビジョンの共有、コンプライアンス、また、社員間のコミュニケーションが説かれる。そして、小笹氏がさらに強調するのは、社員のマーケティングである。社員を顧客と見立てて、要望を吸い上げ、満足度を高める、ということである。
 上司の品格では、組織のフラット化には限界がある、コミュニケーション・チャネルのハブとしての管理職の存在の必然性が説かれる。しかも、管理職は、単なるメッセージの渡し手では意味がなく、自分なり考える、職場をきちんと意味づけできる、多様な視点から見ることができる、専門知識がある、人間的魅力がある、など地要な側面が必要である。ただ、長らく管理職をやってきた経験から言うと、それは非常に大変である。少なくとも、私には努力目標ではあったが。ただ、私は、山ほどのネガティブ・メッセージを部下からもらった。そういう意味では、現場の問題点は痛いほど把握していた。それを解決する実行力は、とても満足のいくものではなかったが。
 仕事の品格では、会社固有のスキルだけではなく、世間一般で通用するスキルも高めることが問われる。このバランスは重要で、今後、1つの会社にしがみつくことは期待されないし、会社も、キーパーソンが突然辞めることを覚悟しなくてはならない。そうして、社員が会社を客観的に見る目と立場をもつことによって、品位も保てようというものである。会社の埋没しては、品位は保てない。ただ、現実問題、世間では通用しない社内政治に長けた人が、昇進して威張るのが、会社というものである。これは、とうすればいいのか。
 処遇の品格では、一頃もてはやされた成果主義の得失が問われなくてはならない。成果主義というのは、ある一群のハイ・パフォーマーといわれる人に高い給与と地位を与えるものであるが、見ていると、それでは、高い給与と地位を与えられた人がその後高いモラールで頑張っているか、というそうでもなく、地位に安住していたりする。そもそも、そうなる人の品格自身が問われる。一方、ハイ・パフォーマーの認定から外れた人に、モラール・ハザードが起きる。結局、全体としてのパフォーマンスは下がる。だから、私は、成果主義を安易に適用することに初期から警告してきたのだが、時代の送れた古い人間のように言われてしまった。そこで、小笹氏は、意味の処遇を説く。分けるべきパイは限られて稲のだから、それを餌にすることには限界がある。すると、今している仕事の意味と重要性をきちんと会社が与え、且つ、社員もそれを自分で考える必要がある。私が見ていると、会社では、意味の処遇を破壊するようなことが平気で行われる。すなわち、トップの方針を受けて、ある特定の仕事だけを重要視し、それだけが昇進や評価につながるとすることである。それによって、そこを外れた多様なスキルの持ち主のモラールが路頭に迷う。そうして、会社を離れたりする。
 ただ、改めて品格と問うと、私は、日々研鑽して高いモラールを保つことも品格であるし、あえて、じたばたせず没落するのも品格だと思う。要するに、自分を地位や学歴などのラベルでもって偉いと思うプライドではなくて、努力から滲み出たスキルのプライドである。これがボトムライン。また、他人に迷惑をかけない責任感。さらには、地位で人を判断しないこと。派遣社員だからと言って軽く見るのは、もってのほかである。互いに、会社という劇を演じる配役にすぎないのだから。社長といえども、社長をただ演じるおっさん(おばさんのこともある)に過ぎないのだから。で、結局、常識的に、人間的に、コミュニケーションをとってやりましょう、という前提で、いろいろな経営的な知識をつみあげていく、これしかない。

坂井秀至

 先日、囲碁のNHK杯戦を見ていると、坂井秀至七段対片岡聡九段だったが、解説の淡路九段のよると、坂井七段が随分よさそうであったが、つくってみると、解説者もびっくりの、坂井七段のぎりぎりの半目勝ちであった。わからないものである。
 それで、改めて坂井七段の経歴を調べてみると、父の影響で7歳から碁をはじめ、小学校5年で全日本アマチュア本因坊戦兵庫県代表に、最少年記録でなる、というのだから、棋才は図抜けている。それでプロにならなかったのが、不思議である。ところが、勉強もできたようで、きっちり灘中学に受かっている。
 灘高校では、囲碁部主将として全国高校囲碁選手権大会団体戦3連覇を経験と聞いても、何も驚かない。また、一浪ではあるが、京都大学医学部に受かる、というのも半端でない受験の才能である。
 ところが、医師国家試験に合格して、研修医になると、忙しすぎて碁が打てないと分かり、プロを目指す。ううん、随分回り道では、と誰もが思うだろう。
 そこで、28歳のとき、プロ試験を受け、プロ相手に三勝して、飛びつき五段で、プロになる。
 そのとき、師匠にあたる藤沢秀行が、坂井君は、タイトルをとる棋士になる、と言っていたのを、今でも思い出す。それを聞いて、将棋の常識からいっても、いくらアマチュア超強豪であっても、28歳でプロ入りして、タイトルをとるまでいくものか、と私は思った。流石の秀行師匠も買い被りすぎだ、と。そもそも、長年の医学の勉強で、頭がコンタミというか、疲弊しているはずである。
 ところが、秀行師匠の予想は、当たらずとも遠からず。名人リーグに入るわ、棋聖リーグに入るわ、NHK杯戦は上位に残るわ、で、坂井七段がトッププロの力をもつことを疑う人は、最早いまい。
 これをみて思ったのは、坂井秀至の図抜けた才能、というのは、確かにあると思う。ただ、一方で、囲碁というゲームの性質もあるのではないか、というのが私の意見である。
 例えば、フィギュアスケートをみてみよう。日本でトップの力をもつのは、今や女子では、浅田真央であろう。彼女はまだ高校生であるが、おそらく20歳くらいがピークなのではあるまいか。浅田真央くらいになるためには、幼少の頃から努力する必要がある。また、途中のブランクは許されない。
 一方、野球だと、今の浅田くらいから始めて、途中で少々ブランクがあっても、十分トッププロになれる。
 このアナロジから私は、囲碁が野球的で、将棋がフィギュアスケート的かも、と思った。すなわち、もし坂井秀至の才能が囲碁ではなく、将棋だったら、もしかして、プロ入りしても、瀬川晶司程度ではなかったか。
 それは、将棋というゲームが、囲碁よりも一手一手の重みが大きくて、長いブランクにより棋才が鈍磨する度合いが大きいのではないか、と。このアナロジでいくと、チェスは将棋よりももっと甚だしい。一手の重みがさらに大きいので、本当に幼少の頃から努力しないと、一流になれないようだ。それが、日本にチェスのトッププレーヤがいない理由であろう。
 ところで、内藤国雄がこんなことを言っていた。50歳から囲碁を始めても、ある程度の才能があれば、60歳くらいまでに、アマ五段くらいにはなれるだろう。しかし、50歳から将棋を始めたら、さて、60歳でアマ初段になれれば立派なものだろう、と。よって、早い仕込みが必要な分野と、比較的そうでないものがある、ということである。

2008年2月20日

アフガニスタン

 周知のように、米国は、9月11日のテロのあと、アフガニスタンを統治していたタリバンが、アルカイーダなどのテロリスト・グループを匿っているとして、アフガニスタンに大規模に派兵して、タリバンを蹴散らし、そこに傀儡政権を打ち建てた。しかし、その結果、どうであったか。傀儡政権は全く実質的にアフガニスタンを掌握しておらず、治安維持のために、国際治安支援部隊(ISAF)として、40近い国から、4万3000人が派遣されている。
 しかし、2500人を派遣しているカナダは、治安の悪いところに駐留しているので、既に80人もの犠牲者を出している。こうして、カナダを始め、派遣国からは、怨嗟の声があがっている。
 そもそも、よく知られているように、タリバンやテロリストの拠点は、パキスタン内にあり、アフガニスタンは、いわば、プレイグラウンドに過ぎない。宿舎が、パキスタン内である。では、パキスタン内のテロリストの拠点を討てるか、というと、それは、米国といえども、ムシャラフの手前、無理である。
 では、頼みのムシャラフは、というと青息吐息で、風前の灯火である。こうして、テロリストの宿舎に何も手出しできず、意味もなく、プレイグラウンドにISAFが佇んで、テロリストに跳梁を許している。
 そんなだから、80人規模の被害の自爆テロが、アフガニタンで続々と起っている。
 確かに、米国では、9月11日以降、目だったテロが米国内で起きていない。しかし、それは、米国が、タリバンを、そしてサダム・フセインを掃討したせいなのだろうか。私にはとてもそうとは思えない。
 2月14日、ヒズボラのイマド・ムグニヤがシリアの首都ダマスカスで、爆殺された。ムグニヤは、ビン・ラディンの顔色をなからしめる名うてのテロリストで、1983年のレバノン駐留米兵基地爆破事件の主犯である。そういう彼が、イスラエルをターゲットにし、なぜか米国本土をターゲットにしていない。
 米国が、9月11日以降、インタクト(手付かず)で、イラクとアフガニスタンが荒れるにまかされている。これは一体どういう意味なのだろうか。

2008年2月21日

イージス艦衝突

 イージス艦の漁船との衝突が問題になっているが、今朝の朝刊によると、漁船目視発見は、衝突の12分前で、手動の回避行動を取り始めたのがその11分後というから、実質的な回避行動には1分しかなく、それでは避け切れなかったものと思われる。なにしろ巨艦なので、しかも海上とあっては、タイタニックではないが、難しい。
 こういう記事をみると、明らかに、「見落とし」ではなく「軽視」である。ああ漁船か、まあ、向こうが回避するかもしれないし、何とかなるだろう、ということである。
 すると、イージス艦側のミスであることが明らかであるが、留意すべきなのは、イージス艦が軍艦である、ということである。軍隊であれ軍艦であれ、常に留意しているのは、周囲の対象物が危害を加ええるものかどうか、ということである。例えば、行軍していて、猫が一匹横切ったからといって、一々発砲する訳にてはいかない。戦うリソースの浪費である。こうして、軍隊には本質的に、自らに害をなしえないものに対する軽視がある。そうしないと、軍隊は、「もたない」。
 イージス艦「あたご」にとって、漁船は、そういう猫の子程度のものであったかもしれない。もちろん、漁船と衝突していいなんて誰も思っていない。しかし、そういう回避行動は、日ごろの訓練にない。これが、もし1000トン程度のタンカーであったら、イージス艦の行動は全く違っていただろう。というのは、油を満載したタンカーとまともにぶつかると、イージス艦にも多少の実質的被害は避けられない。よって、その場合は、軍人の本能が働いて、直ちに行動をとったであろう。
 一方で。よくわからないのは、漁船側の行動である。どうして漁船の側から避けなかったか。なにしろ軍艦が迫って来ているのである。海上交通ルール云々ではあるまい。慣性質量の小さい漁船側からの方がはるかに回避行動が簡単である。ぶつかれば命に別状があるのは明らかである。ということは、もしかして、漁船の乗組員は、早朝とて、仮眠をとっていたか。もしそうであれば、海上交通ルール上そのことは何ら問題ではないが、運が悪いというか、とても残念である。海上というのは、陸上よりも数十倍も交通がまばらで、軍艦が衝突してこようとは、それこそ、夢にも思わない。
 あと、繰り返すが、自衛隊であれ、軍隊というものは本質的に、民間軽視の傾向がある。御巣鷹山に落ちたJAL123機の事故だって、いまだに、自衛隊機との衝突との噂が否定しきれない。自衛隊機が、JAL機を仮想敵機とみなして訓練していた、というものである。いかなるプロ集団といえども、何かに対する鋭い無関心でそのプロ性が成立している。不条理だが、世の中は、そうしたものである。

批判の非対称性

 例えば、ある人が小説を書いたとする。その人が大家であろうが、あるいは、カルチャー・センターで習ったばかりの初心者であろうが、私のような文芸素人でも、分かったような批評は書ける。あるポイント、例えば社会性とか、人物が自然に描けているか、史実に正確かどうかか、など。そのように一旦ポイントを決めると、その観点から、妥当かどうかの批評ができる。逆に言うと、酷評したいか、褒めたいかで、逆算してポイントを設定することができる。曽野綾子が数学を貶めるために、二次方程式さえ自分の人生では役に立ったことがない、という言い方が1つの例である。
 このように、批判や批評というのは、実に簡単に作業であるが、あることを批評して、それで、自分がその作品の作者よりも上位であるように錯覚する人が多くて困る、というのが私が言いたいことである。私は、ほとんど遊びみたいな同人誌に原稿用紙で10枚程度の短編小説を1つ書いたことがあるだけで、他に小説なるものを書いたことがないので、よく分からないが、それでも、まとまった一遍の小説を書くことが、どんなに大変か、想像はできる。それを思うと、たまたまある小説に瑕疵を見つけたとして、どうして私が、作者より技量が上である、といえようか。私がその作者よりも優れた小説を書いてみせて、初めて、私も同等以上のスキルをもっている、ということができる。
 一番典型的にそれを感じるのが、政治である。例えば、自民党がいろいろな施策を行って、当然ながらうまくいくものも、うまくいかないものもある。それに対して、民主党は、私が見るところ、ただケチをつけて揚げ足をとるようなことばっかり言っている、のように私は感じる。もし政治のプロなら、こういう経済理論で、こうやって、こうすれば財政負担を減らしつつ、こういうふうに能率よく、ことを進めることができる、のように、私のような政治のど素人をうならせてほしいものである。
 私が管理職の時代も、○○さんは××をしてけしからん、ということを盛んに言ってくる部下がいた。それはそれで、ありがたく意見を伺うが、その人はどうも、他人を貶めることで、相対的に自分が評価される、と勘違いしていたようだ。民主党と同じで人間が陥りやすい錯覚である。しかし、何度も言うが、批判や批評が、本人の価値を高めることはほとんどない。それは、小林秀雄の文芸批評のような質を要し、とても大変である。で、さりげなく私は、その部下に、他人の批判もいいが、実質的に成果をあげることですよ、とやわらかく示唆するのであるが、言い方がよくないか、いつも理解してもらえないままであった。

2008年2月22日

イージス艦衝突の素朴な疑問

 今日の新聞によると、イージス艦「あたご」と、マグロはえ縄漁船「清徳丸」の衝突事故に関して、イージス艦側が漁船に対して警笛を鳴らさなかった可能性が高く、すると、衝突防止法に違反する、とあった。なるほど、まさに、法律上はそうであろう。
 一方で、新聞に、衝突前のイージス艦の進行方向と、漁船の位置の図も示されていた。この図によると、漁船は、イージス艦の進路に進入する方向で進んでいる。それで、次のような例を思いついた。
 道路上をトラックがこちらに向かって走ってきている。距離は結構あるが、トラックの速度は比較的速い。目の前には横断歩道があって、信号機はない。すると、道路交通法によれば、信号機のない横断歩道を人が渡ろうとしてるのを認めたときは、車は一旦停止することになっている。私は、駅に向かって急いでいるので、早く道路を渡りたい。そんなとき、道路交通法に依拠して、トラックが迫ってきているのに、えいやっ、と思い切って道路を渡るだろうか。
 普通は、そういう無理はしない。そうやって事故になれば、確実に、トラックの運転手は、道路交通法違反で捕まるだろう。信号機のない横断歩道上の事故なのであるから、弁解の余地はない。しかし、トラックに轢かれたら、最悪、死ぬであろう。リスクが大きすぎるのである。だから、1000人中、999人は、こういう状況では、一旦、トラックが通り過ぎるのを待つ。
 この漁船には、そのような無理を感じる。もしかして、今までも、大型貨物船などで同様の状況で、進行路を横切るようにかわした経験があるのだろう。しかし、イージス艦の速度が、大型貨物船よりもずっと速くてとまどったのではあるまいか。
 ここに私は、漁船の運転手の重大な判断ミスを見て取る。判断を下すとき、該当する法律を考慮するというのは重要である。しかし、判断にまつわるリスクの重みに配慮することはもっと重要である。漁船は、早い段階で、進路を、イージス艦を避けるように左に進路を切り替えるべきであった。すると、波はもろに受けたろうが、少なくとも衝突は回避できた。
 さらに別の問題は、イージス艦が100%悪いという「空気」があって、上述の子供でも分かる問題点を、誰も表立って指摘できないことである。防衛省は、それで、海上幕僚長の更迭で、なんとか矛先を収めようとする。いまの日本では、それで仕方がないのか。

ブラックアウト

 いまからもう10年も前だろうか、新富町というところで、知的財産関係の外部団体とのミーティングがあった。そこでは、昼間の会合の後、ときどき、その場で、出前をとって、軽い宴会を行うのが通例となっている。そのときも、寿司や簡単なつまみ、ビールやチュウハイなどで、宴会が始まった。私は、その団体の参加は古株で、気の置けない仲間も多い。つい、盛り上がって、普段の飲みなれないチュウハイを飲みすぎてしまった。
 といっても、意識を失うほどではない。そのビルの入り口で、仲間達と、「じゃ、また。」と挨拶して別れた。
 ところがである、その後の記憶が全くない。気づくと、小田急線の電車の中で、座席に横たわっていた。もう小田原のあたりで、明らかに乗り過ごしている。ちょっと頭が痛いが、ひどく酔っている訳でもない。しかし、新富町から小田急線に乗り換えるのは結構大変で、有楽町線で永田町に行き、そこで延々と歩いて、丸の内線に乗り換えなくてはならない。そこから新宿で降りて、小田急線のホームに行くのも大変である。そういう作業が無意識でできるはずがない。しかし、切符を買った記憶も、改札口を通過した記憶も全くないのである。
 こういう風に記憶が飛んでしまった経験は皆無ではない。しかし、それは、呑み会で話した内容を忘れるというだけであって、家に帰るまでの電車の記憶は、断片的に残る。こうして、完全に途中の記憶が途切れる、というのはこれが唯一である。
 そのメカニズムはよく分からないが、ホームに落ちなくてよかったと思う。ときどき、駅で人身事故と聞くが、そのうちの大部分は、世をはかなんでの自殺であろうが、このような無意識のうちにホームに落ちて亡くなる、というパターンもあるに違いない。すると、人は言うであろう。遺書はないし、特に、悩んでいた風もないし、と。
 ただ、無意識のうちに手に刃物をもっていて、目の前に人が倒れていたという話があったり、無意識のうちに痴漢する、というのもあるらしく、ともかく警察のお世話になるような事態でなくてよかった、とりあえず、思う次第である。

2008年2月23日

MSのソースコード公開

 友人から、マイクロソフトがWindowsのソースコードを公開する、と聞いて、ついにその時が来たか、と思った。Windows95→Windows98→Windows2000→Windows XP→Windows Vistaと、次第に世間に対する反響は下がっている。もはや、Windows Vistaの後はないのではないか、とも噂される。
 ところが、ネットの記事、特にasahi.comをみてみると、
「公開するのは同社のOS「ウィンドウズ・ビスタ」や表計算などの「オフィス」などの設計図の一部で、これらのソフトと連携して動くソフトなどを開発するのに必要な技術情報だ。ただし、コンピューターの基本的な動作を決める設計図にあたる部分の「ソースコード」の内容までは公開せず、今後も「ビスタ」を社外の開発者が修正することなどはできない。 」
 となっていて、なんだ、これでは、今まで隠されていた、APIの機能の一部を、そのソースコード付きで公開するだけではないか、と失望した。こういう情報だと、Undocumented Windowsという本もあるくらいで、気の利いたパワーユーザなら、自らハックして得ることができるであろう。
 マイクロソフトは、欧州連合(EU)独占禁止法違反事件及び、最近のヤフー買収劇で、独禁法違反の謗りが増大してきて、この矛先をかわそうとしたのだろうが、いかにも、小手先の感は、否めない。
 ところで、今後、マイクロソフトは、どのような途を歩むのだろうか。
 先ず、いま確実に稼げているのは、PCメーカ各社のプリインストール・ライセンスである。当面、Windows以外のOSはないのだから、独占と言っても良い。MacOSは、完全にWindowsと棲み分けているし、猛追するはずのLinuxは、どうしても、ユーザビリティとWindowsとの互換性で、Windowsに対抗できず、伸び悩んでいる。
 マイクロソフトの他の稼ぎ手は、オフィス製品である。WORDやEXCELなどの含むオフィス・スイーツは、その値付けの高さを批判されながらも、オープン・オフィスやキングソフトなどの互換製品は、微妙な点で互換性を実現できていないので、いまいちメジャーになりきれない。ただ、Web上で使えるオフィス互換ツールが、MSのオフィス製品を、緩慢に侵食している。
 こうして、マイクロソフトには、その全ソースコードを公開するインセンティブは、でてきそうにない。
 私は、マイクロソフトのレガシーは大きく、その衰退は、結構ゆるやかであると予測する。

ゴサインタン - 神の座

 久々に、まとまった長さの小説を読んだ。篠田節子「ゴサインタン - 神の座」である。私は、篠田節子という小説家を知らない。それで、この本を読もうと思ったのは、Webの書評で、評判がよかったからである。
 それで、一読してみて、構想のスケールの大きさ、着想の奇抜さに、感心した。

 まだ読んでいなくて、今から読もうとする人のために、詳細なストーリーの紹介は避けるが、主人公は、東京近郊の農家の次男坊で、何度もお見合いしても相手が決まらない40歳の男性、といういかにもぱっとしない設定である。兄がいるが、そちらは、外資系のコンピュータ会社に入り、カリフォルニアにいる。
 だから、同居する母親は、なんとか同居する息子が結婚して孫の顔が見たい、と躍起になる。主人公は、配偶者のいない寂しさか、飼い猫をとても可愛がる。しかし、その猫が交通事故で亡くなったというとても悲しい日が丁度、お見合いの日なのだった。

 よく、農家に、東南アジアからお嫁にくる、という話がある。それは、フィリピンであったり、ベトナムであったりするが、この話では、なんと、ネパール、というあたりからして、意外である。
 それで、お互い、惹かれてもいないのに不思議な縁で結婚する。ところが、結婚して一緒に暮らすうちに、不思議な霊的現象が起き、次々に大事なものを失い、一種宗教的な生活に突入する。主人公はそのことに強い絶望と違和感を覚えるのだが、どうしても、一種不吉なものも感じさせる妻から別れる踏ん張りがつかない。
 そうしているうちに、妻は失踪し、ネパールの奥地の故郷に帰っていることを知る。そして、会うために、矢も立てもたまらず、妻に会いにネパールに行く、というストーリーである。
 全篇を通じて、聖書ではなくて、もっと一般のイエス・キリストの生涯の本を読んだことがあるが、そういう受難というか、宗教的な色合いがあり、そのことが、この小説に格調を与えている。外国人妻との生活の難しさもよく描けているし、ネパールの描写もリアルでいい。
 篠田節子の真骨頂を感じさせる小説である。

2008年2月24日

一生に読める本

 以前、大学の先輩と話していたときに、その先輩の大学院での指導教授は、数万冊の蔵書があり、もちろんその中には、難しい専門書もあるが、その指導教授は、全て目を通して、きちんと理解している、と先輩がいうので、それはいくらなんでも無理でしょう、と次のような数値を示した。
 先ず、人間が知的レベルを保って一生に読書できる期間を、60年とする。もちろん、100歳まで高い知能を保つ人もいるが、あくまでも、平均である。
 すると、簡単な計算でわかるが、一日1冊読むとすると、60年間で、約22000冊読める。軽い小説なら、一日三冊というのもありえるので、だいたい生涯に読める本の上限は、6万冊~7万冊であろうか。
 しかし、6万冊~7万冊というのは、肩の凝らない娯楽小説の類であって、学者がそういうものだけ読んで一生を終える、ということはありえない。すると専門書の場合はどうかというと、平均500ページとして、1ページ1分というなら、それは依然として小説や軽いドキュメンタリである。最低、1ページ5分はかかる。すると、1冊5日くらいかかるから、専門書だけだと、一生で、5000冊も読めない、ということになる。
 学者の蔵書の大部分が軽い小説や紀行文ということはないだろうから、その指導教授が、数万冊の蔵書全て目を通して、きちんと理解していることはないでしょう、と反論したが、先輩は、いや、ともかく指導教授はすべてきちんと理解しているのだ、ととり合ってくれなかった。
 現実問題として、私が感じているのは、専門的な学者のような職業的読書人であっても、次のようではあるまいか、ということである:
1. きちんと読んでその全体を理解している専門書は、せいぜい1000冊くらい。
2.ざっと眺めて、その一部くらいは読んで、論文に引用する専門書は、だいたい10000冊くらい。
3.タイトルだけ眺めて、必要なら引用しようと思っているが、結局、買ったとき以来、手にとることはない本が、10000冊くらい。
4.専門外で、気分転換に流し読みする軽い本が、10000冊くらい。
5.なんでもっているのか、その経緯さえ分からない本が、5000冊くらい。
 もし10万冊以上の蔵書を誇る人がいたとすると、3~5のところに、その大部分が属するであろう。物理的スペースと資金さえあれば、いくらでも本は、買うことができる。
 と、このような蔵書スキームを考えるのであるが、いかがであろうか。

大学新聞

大学新聞というのがあって、そのリンクをクリックして戴くと分かるが、特に、少子化を受けて、私立大学が、いかに学生を確保するか、ということが非常な重大な問題であり、これをどう乗り切るか、というノウハウを大学に提供することが、大学新聞の主要なテーマの1つであることが分かる。
 例えば、そのトップに、「中央大、横浜山手女子学園を付属化」とある。詳細を読むと、まだ検討段階のようだが、従来の常識からいうと、横浜山手女子学園は、中央大の付属となるには、ちょっと格下(私の無知または偏見かもしれない)というニュアンスではないだろうか。しかし、伝統ある中央大学といえども、最早、過去の栄光にすがってもいられなくなった。寧ろ、良家の子女が通う横浜山手女子学園から、学生が確保できるなら、万々歳ということのようである。
 その下には、明らかにマーケッティングの専門家が主催するような、「学生獲得戦略セミナー」、その下には、「アットホームなファッションショー 東京家政学院」。
 最早、いい意味で(と、言えるのか)、特に中堅以下の大学にとって、生き残りのためなら、手段は選ばない、という大勢になってきているようである。
 それで、とりあえず私が私立大学が生き残る方策として、思いつくのは、下記のとおりである。
-ラベルの価値を上げる:例えば、偏差値を上げる。これは、早慶レベルでないと、なかなか難しい。ラベルの価値が上がらないのに、下手に偏差値が上がると、却って受験生に敬遠されてしまう。
-マスコミに目立つようにする。例えば、数年前、麻布大学が、ある獣医のテレビドラマで、舞台になった。もともと、麻布大学は、獣医で有名であるが、ああした番組は、さらに知名度を上げるであろう。きれいなキャンパスをつくり、テレビ局や映画会社にオファーするのは意味があるだろう。
-就職率をあげる:例えば、金沢工業大学は、偏差値的には決して高い大学とはいえないが、きちんと教育して、就職の面倒見もいいことで知られる。
-得意な分野をもつ:例えば、千葉工業大学も、偏差値的には決して高い大学とはいえないが、ロボット工学に関するとてもすぐれた研究所をもつ。こうした研究は、その分野に興味がある学生を惹きつけるだろう。また、別の例で、札幌大学という、あまり知名度の高くない大学がある。ところが、ロシア語の弁論大会で、常に全国上位なのだという。語学の才能は、いわゆる入試の才能とかぶる面もあるが、違っている面もある。きちんと教えると、上智や東京外語大などにも対抗できる人材もでてくると思う。
-きちんと勉強を教える:親としては、きちんと勉強してほしいと思う。しかし、学生としては、折角の大学生活、楽しく遊びたい。だから、なかなか難しいが、今の時代は、まるで高校のように、ある意味、うざったく学生をサポートする大学が、好まれるようだ。
-資格をとらせる:司法試験は、ロースクールに進まなくてはならないが、司法書士、弁理士、行政書士などは、それほど簡単な資格ではないにしても、大学でその対策をすると、かなり受かりやすくなる。資格をもっていると有利な場面は、依然として多いので、資格の合格率が高い大学は、人気が出るだろう。これは、公務員試験などにもいえる。
 ただ、いい意味の象牙の塔というか、私が大学生だったら、アリストテレスやプラトンをじっくり教わる、という静謐な側面を期待するが、そんなことに力を入れていたら、私立大学は、ますます生き残りになくくなる。そうして、私立大学が、各種学校化、マスコミ化していく傾向を、仕方ないことと思いつつ、困惑して眺めているのが現状である。

新宗教

 島田裕己の「日本の10大新宗教」幻冬舎を読んでみた。島田裕己といえば、宗教学者で、オーム真理教が出始めのころ、麻原などを擁護したとして、物議をかもした。
 しかし、この本は、程よく抑制が効いて、穏当である。
 新宗教という言い方は、島田の造語で、要するに、仏教、キリスト教、イスラム教などの既存の宗教でない宗教のことである。
 ここでカバーされている新宗教は、下記のとおりである。
1.天理教
2.大本
3.生長の家
4.天照皇大神宮教と璽宇
5.立正佼成会と霊友会
6.創価学会
7.世界救世教、神慈秀明会と真光系教団
8.PL教団
9.真如苑
10.GLA
 恥ずかしながら、「天照皇大神宮教」、「璽宇」、「神慈秀明会」、「真光系教団」、「真如苑」、「GLA」は知らなかった。というと、ほとんど知らないことになる。
 だいたい、新宗教といっても、完全にオリジナル、ということは難しい。特に日本にあっては、神道、仏教の概念をある程度継承している。ただ、神道に倣うのは、特に戦時中にあって、国家権力からの弾圧から晦ますために必要であった。
 天理教にあっては、教祖の中山みきに、神が降臨するところから始まる。マホメットに啓示があって、イスラム教が始まったことと、似ているだろうか。
 大本は、出口王仁三郎という、これまた、すごいカリスマによって創設された。王仁三郎自身は、修験道を学び、神霊と交わる術も心得ていた、という。王仁三郎には、「霊界物語」という、大著もある。
 生長の家は、一時、大本にもいたという、谷口雅春によって創設された。私が高校のころ、いつも朝5時に起きてラジオを聞くのが習慣であったが、そこで、生長の家の講話をありがたく聞いたものだった、宗教というよりも、人生訓のようであった。
 天照皇大神宮教は、山口から上京して辻説法する、北村サヨによって興された。なんでも、都心で恍惚として踊り、人を魅了したという。
 璽宇は、囲碁の呉清源と、相撲の双葉山が入信し、物議をかもしたという。
 立正佼成会と霊友会は、説明を要さないであろう。霊友会のインナートリップは、実は、20歳になる前、よく読んだ。そのころの青春の迷いの気持ちにはよくフィットした。 創価学会もいいとして、世界救世教は、熱海のMOA美術館の持ち主である。その教義は、手かざしという穏当なものであるが、熱海に行った祭、どうも近寄りがたいものを感じた。
 神慈秀明会は、1910年に小山美秀子によって創設された。最初は、自宅で除霊していたが、次第に組織ができた。
 真光系教団は、岡田光玉によって創設された。これも手かざしであるが、整体体操の宗教版ともいえる。
 PLというのは、その名前は、高校野球を通じてよく知っているが、教義はというと、どうも密教的な教えを現世利益に適用したもののようである。
 真如苑は、知らなかったが、創価学会と信者を取り合う程のメジャーの組織らしい。沢口靖子などの人気女優が沢山信者だそうである。ところが、真如苑は、創価学会のような政治的な色合いは全くなく、立派なビルで、非日常的な雰囲気を漂わせて、魂の救済をするのだそうである。
 GLAは、コンピュータのエンジニアであった、高橋信次によって創設された。GLAは、どちらかというと純粋なスピリチュアルなものを重んじる。
 こうして通してみると、新宗教は、1つのパターンとしては、霊的に目覚めた一人の人物によって興され、運がよければ、その周囲には、信者が集まる。下手をすると、教祖は、自分を神だと言い出したりする。信者となるということは、現実の仕事を投げ出す訳だから、収入の途をつくらなくてはならない。そこで、宗教法人として、お布施をもらったり、除霊で稼いだりする。
 そうしているうちに、教祖がなくなると、後を誰が継ぐか、しばしばその正当性が問題になる。イスラム教のシーア派とスンニ派も、同様の理由で決裂した。
 ただ、新宗教であれ、旧宗教であれ、組織を作って運営すると、必ず腐敗または堕落して、初期の精神が衰退する。それでまた、飽き足らない者が新宗教をつくるが、結局は同じ道をたどる。人間が永遠の悩める存在であり、また、なんらかの霊的啓示を感じる者がでてくると、そこに必ず新宗教の契機がある、といえよう。
 私は実は、未来の宗教は、非組織的で、教祖はおらず、極めて個人的、日常的になると思っている。ただ、それがメジャーになるまで、一体人類は存続しているのか、が疑問ではある。

ヌーリスタン

 松浪健四郎という人がいて、日米の学生レスリング選手権優勝後、日体大を経て、衆議院議員になり、ある経緯から、アフガニスタンのカブール大学の体育教師になったという変わった経歴をもつ。
 その松浪氏が書いた著書の一つに、「松浪健四郎 アフガンを行く」がある。それは、例の9月11日テロの直後に出版された本であるが、テロ直前に、彼が、タリバンの要人と会って、ビン・ラディンのことも話した、というから、なかなか臨場感溢れる。松浪氏によると、アフガニスタン人は、山岳民族で、とても戦争に関して、しぶとい。山地を転々として、討つのが難しい。それで、旧ソ連も、アフガニスタンを制圧できなかった。
 その一方で、アフガニスタン人は、客人をとても大事にする。それこそ、命をかけても大事にする。だから、一旦客人として扱ったビン・ラディンを、米軍に差し出すなんてありえないという。
 そうやって、日本人としては、アフガニスタンを知り尽くしているはずの松浪氏が、驚異の辺境民族とみなしているのが、ヌーリスタンなのだという。
 場所は、ヒンズークシ山脈の山奥にあって、いかなる時代のアフガニスタン政府からも、行政力を受けなかったという。
 ヌーリスタンを特徴付けるのが、バシュトン系でもペルシャ系でもない、全く別の民族なのだという。それが、風貌がギリシャ系で、ある程度確かな根拠によれば、紀元前4世紀に遠征してきたアレキサンダー大王一行の末裔ではないか、と言われている。1つの証拠として、使っている言語のヌーリスタン語は、インド・ヨーロッパ系の言語で、周囲のペルシャ語やバシュトン語とはまったく語族を異にする、という。しかし、文字はなく、話し言葉だけなので、系統的な研究はない。
 基本的には、ヌーリスタンへの入国許可は無理である。しかし、松浪氏のカブール大学の教え子にたまたま、その親戚がヌーリスタンに住んでいるという者がいた。その教え子をだしにして、なんとかヌーリスタンへの入国許可を取り付けたのだという。
 実際にヌーリスタンに入ると、いきなり、ずらっと、銃を突きつけられた。ヌーリスタンでは、成人男子はみな、銃を帯行しており、しかも、その扱いは高度の訓練を受けている。ロシアなどから何度も侵略された経験をもつので、きわめて警戒心が強く、国民皆兵なのだという。
 他のアフガニスタンと違うのは、樹木資源が豊富で、食器などほとんど木でできている。ギリシャ系を彷彿とさせるのは、その容貌だけではない。とてもストイックで、男たちは、酒もタバコも麻薬も一切たしなまない。食事も、ソラマメ、エンドウ、トウモロコシ、ナン(インドのパン)などで、あとは、リンゴ、ぶどう、あんずなどである。よって、グルメという発想すらない。おそるべきストイックさであり、それこそ、ギリシャのスパルタである。
 よく分からないのが、ヌーリスタンでは、男性が幻想的な化粧をしており、女性はむしろすっぴんなのだという。ただ、化粧は、美しく飾るためのものではなく、魔よけで、威圧感を増しているという。
 各家には、鹿の角がずらりとはめ込まれている。
 ヌーリスタンで特徴的なのは、学校も、警察も、病院も、役所も、軍隊もない。原始社会である。ただ、成人男子はみな銃をもち、訓練されているので、全員が軍隊と言えなくもない。アフガニスタン領内なのに、アフガニスタンから独立しているのは、納税の義務や教育の義務を全く履行していないのである。
 それなのに、村内はとても士気が高く、よく法治されている。アフガニスタンの法律ではなく、イスラム教の教えでもなく、独特のしきたりが、厳密に村民を統治しているようなのである。
 こんな辺鄙なところであるが、この村で暮らすとみな、とても幸せなのだという。余計な情報がなく、欲望を煽られないからよいのであろう。
 また、結束を乱さないため、村の掟で、ヌーリスタンは、ヌーリスタンとしか結婚が許されない。ヌーリスタンはギリシャ系なので金髪美女もいるだろう。しかし、この村を訪れたものが、その金髪美女を連れて駆け落ちしようとしたら、村を出る前に、銃で蜂の巣にされるのではあるまいか。掟は、破ると怖い。なお、結婚は、完全に親や親戚が決める。そういえば、インドの知り合いの女性も、結婚相手は完全に親が決めて、結婚式の3日前まで、相手と会わないと言っていた。それが昔の常識だったのかもしれない。
 ヌーリスタンでは、娯楽は本当に少ない。女性の娯楽は、刺繍。男性の娯楽は、相撲のような競技。あと、なぜか砲丸投げや円盤投げ。このあたりも、ギリシャからの伝承を思わせる。

2008年2月25日

イランのプライド

 古い話だが、イランの首都、テヘランで、1974年にアジア大会があった。アジア大会というのは、オリンピックのアジア版なので、オリンピックの主要な競技は、当然網羅する。サッカー、体操、水泳、陸上競技などである。ところが意外、そのテヘランのアジア大会には、マラソンは含まれていなかった。おお、マラソンは、陸上の華ではないか、どうして、と誰もが思うだろう。
 実は、それは、マラソンの由来に依存する。マラソンは、紀元前450年9月12日、アテネを落とす事を目標にマラトンに上陸したペルシャの大軍を、アテナイの名将ミルティアデスが奇策で撃退したマラトンの戦いでアテナイ軍の勝利というエウアンゲリオンを伝えるためフェイディピデスというギリシャ兵士が伝令となり、アテナイの城門で勝利を告げ、力尽きて息を引き取ったことに由来する、と言われている。これが史実かどうかは、疑問があるものの、ペルシャといえば、いにしえのイラン、イランは、マラソンに自国の手痛い敗北を結びつけて考えているため、そんな屈辱的な競技を、自国で開催してなるものか、と思ったのだという。
 おお、なんたる誇り、ただ、イランの気持ちは分かる。ペルシャ帝国といえば、紀元前には、中央アジアを席捲し、当地の覇王であった。その頃、弱小な島国であった日本など、足元にも及ばない。
 では、自国で開催しないのは分かるが、イランは、他国でのマラソンにも選手を派遣しないのだろうか。すると、ざっとネットで検索する限り、イランの選手で、1万メートルの競技で優勝した者はいるが、イランのマラソン選手というのは、どうしても確認できなかった。やはり、選手そのものがいないのだろうか。
 こういう拘りは、日本では考えれない。例えば、歴史事実として曖昧な従軍慰安婦問題に対して、旧日本軍を無理やり悪者に仕立て上げようとする日本人もいる。学説も大勢は否定的なので、とりあえず沈黙しておくのが、日本人として正しい態度ではあるまいか。
 ところで、イランで影の大統領と言われる、サマレハシェミ大統領上級顧問が、米国との関係改善を配慮する発言をしている。誇り高きペルシャ人が、プライドを抑えてこう言っているのだから、あとが少ないブッシュ政権も、よきにはからってほしいと思う。ペルシャ人の面子を傷つけても、何もいいことはない。

2008年2月26日

ロス疑惑

 今頃になって、ロサンゼルス市警から、三浦和義がサイパン旅行中に逮捕された、と聞き、流石に驚いた。というのは、三浦は、状況証拠で相当に黒なのだけれども、疑わしきは罰せずで、決定的な証拠がないので、これ以上追訴できない、と思っていたからである。
 また、当然に時効かと思っていたら、米国では、刑事追訴に時効はなく、さらに、米国は、刑法が属地主義なのだという。時効がない、というのは、特に凶悪犯罪の場合、理解できないでもない。例えば、殺人犯が、15年たったら、ビタッとそれ以上追求できなくなるのは、直感的に受け入れ難いものがあるからである。
 しかし、属地主義というのは、しっくりこない。というのは、犯罪者というのは、属人的で、日本にいると無罪確定、しかし、米国では被疑者というのはなんか変だからである。しかし、属地主義ということなら、米国で犯罪を犯すと、犯人がたまたま米国に滞在すると、追訴されえる。そのとき、その犯人の母国その他の国で無罪が確定していようと関係ない。しかも、米国に滞在した瞬間、日米刑事共助条約によって、日本の警察は、米国からの問い合わせに協力しなくてはならない義務が生じる。日本の警察は、「おいおい」であろう、なんでいまさら、蒸し返すのか、と。
 だから、三浦が、サイパンなら大丈夫だろう、と高をくくって、訪れたのは、大悪手であった。自分でも、もしかしたら、と思っていたのだから、絶対に米国圏には、行くべきできなかった。海外に行きたければ、バリ島でもどこでもある。このあたり、以前にこのブログで書いた、バルンガ病を思わせる。すなわち、とても重要なことなのに、どうでもいい、なんとかなる、と思ってしまうのである。このあたり、三浦が、極悪人ではないことを示唆する。しかし、ロス疑惑が無罪であることまでを推察されるほどではない。
 一方で、人権派弁護士が、日本で無罪が確定しているのに蒸し返す、米国の官憲を批判しているが、これは妥当ではない。米国の官憲は、単に妥当なルールに従い、デュー・プロセスを回しているだけである。光市の母子殺人事件でもいえるが、単に被疑者の減刑や無罪を主張しさえすれば、人権派ということになるのは、おかしい。1000人の犯人を無罪にしてしまう方が、一人の無罪の人を有罪にするよりまし、ということなのだろうか。それだと、法的安定性がはかれない。
 さらに、ロサンゼルス市警の執念深さにも瞠目である。そう言ってはなんだが、もっと凶悪で未解決の事件はいくらでもあろう。それをあえて追訴する、というのは、この事件が当時、マスコミに大層騒がれ、ずっと後まで記憶に留めている人が何人もいて、そのうちの誰かが、有力な証拠をもっている、ということなのだろう。
 これをもって、天網恢恢、疎にして漏らさず、の例にはならないが、かえすがえすも、三浦氏の軽率であった。

プロ野球選手の肖像権

 新聞によると、巨人の上原やヤクルトの宮本が、肖像権の使用許諾の権限が、球団にないことの確認訴訟を起こしたという。しかし、知財高裁は、野球契約の標準的な文言として、「球団が宣伝目的のために肖像権を利用しても、異議を申し立てない。」という文言があるのを理由に、選手が、球団に、独占的に許諾したと理解するのが相当。」と判決を下し、巨人の上原やヤクルトの宮本の訴えは却下された。
 これは、いろいろ議論はあるだろうが、妥当であると思う。というのは、野球選手は、試合に出て、それを見に来るお客さんがいて、球団から給料をもらうのだから、球団の一員としてパブリシティ権を含む肖像権は、一旦、球団に預けられている、と考えてよいと思う。例えば、巨人の上原が、あるCMに出るとして、誰が、巨人の上原以外の上原であると思うだろうか。逆に、巨人というバックがなければ、上原は単に野球がうまいお兄さんにすぎなかったのである。
 これに対して、上原や宮本は、ヨーロッパでは、肖像権は個人の選手に属するという判例がある、と反論する。しかし、それは反論になっていない。すなわち、知財高裁は、なにも、肖像権自体が球団に属するなどと言っていない。そもそも、一身専属的な権利である肖像権を、一法人である、球団に属さしめることはできない。単に、肖像権を許諾する権利が、独占的に球団によって保持されている、というだけである。
 だから、球団を辞めれば、肖像権を許諾する権利は、直ちに自分に返ってくる。そもそも、球団から高給を貰いながら、野球選手というパブリシティの高い地位にあって、パブリシティ権を含む肖像権を許諾する権利も自分に留保しようとするのは、欲張りというものである。

2008年2月27日

ラサール石井

 ラサール石井の「笑いの現場」角川新書、を読んで分かったのは、ラサール石井が、最高の笑いの語り部である、ということである。これは必ずしも褒めていない。むしろ、ラサール石井にとって、やや屈辱的であるかもしれないのである。というのは、例えば、将棋で私は、最高の語り部を、故真部九段だと思っている。セカンド・ベストを河口五段だと思っている。そして、彼らの語り部としての一流性は、棋士としての二流性に依存している。実際、大山が、升田が、羽生が、饒舌に分かりやすく将棋論を書けるだろうか。私は無理だと思う。暗黙知として知っていることを顕在化することはまた別のスキルなのである。
 その点、ラサール石井の語り部としてのスキルは、その経歴に依存するところが少なくないとみる。すなわち、ラサール石井は、大阪出身で、おそらく家庭の方針だろう、中学時代に、ある厳しい進学塾に通わされていた。本人は、まともに勉強しなかった、ととぼけるが、そんなこともあるまい。そこそこに勉強していたはずである。で、その進学塾は、全員が、灘高を受けるそうである。ところが、ラサール石井は、灘高は落ちてしまう。そこで、さらに塾の方針で、次に鹿児島ラサールを受けさせられる。とこで、なんとか鹿児島ラサールには受かる。その校名が、芸名の由来という訳である。
 そこで、ラサール石井は、東大を目指す。鹿児島ラサールでは、それが普通のことである。誰も驚きはしない。ところが、受験した東大文IIIは落ちてしまう。このあたり、久留米大付設から東大文IIIに受かったホリエモンの方が、受験テクでは上ということになる。そこで、仕方なく、ラサール石井は、早稲田の文学部に進む。
 ところが、東京に出てきて、ラサール石井は、当初作家志望であったが、お笑いの世界に目覚めてしまう。最初は、コントなどの台本を書いていたが、あるきっかけで、渡辺正行と、小宮孝康とともに、コント赤信号を結成する。そうして、ストリップ劇場などに出演し始める。ところが、授業に全くでないものだから、早稲田は除籍になってしまう。まあ、仕方あるまい。
 そうして、杉兵助という人に師事しながら、芸を磨く。このあたり、お笑いの世界は完全に実力で、とてもシビアな世界なのだと感じざるをえない。なにしろ、観客にうけなくては意味ないのだから。
 そして、地味に努力していると、幸運もあって、名門の花王名人劇場に出演できた。それから、折からの漫才ブームに乗って、次第に人気がでてきた。
 このように、ラサール石井の強みは、初期の漫才ブームのB&B、ビートたけし、明石やさんま、島田紳助など多数の芸人をずっと見て、その裏表も良く知っていることである。
 そんなラサール石井が押す、一押しの芸人は、ビートたけし。天才なのだという。また、地味ながら、明石やさんまもすごいという。漫才コンビで究極なのは、ダウンタウン。なにしろ、あまりにも漫才がうまいので、紳助・竜介が、漫才をやめるきっかけになったほどだという。その他、彼が評価するのは、志村けんと、とんねるず。その彼が推す理由は、いまいちよく理解できないが、しかし、確かに彼らが長い人気を誇っているのは確かである。また、傲慢に見える島田紳助が、今の地位を築き、また維持するためにどれほどのすさまじい努力をしているか知って驚いた。島田紳助みたいな、何十億の財産なんていらないので、いまのサラリーマンでいい、とつくづく思う。
 ともかく、ラサール石井のお笑いの語り部としての才能は、ピカ一である。これはきっと、彼が子供のころ、受験勉強してきた積み上げも貢献しているだろう。どうやら、受験勉強は、暗黙知を顕在知に変換する際に対象なりとも意味があるのかも、と思い始めている。

2008年2月28日

つまらなさ、について

 よく、学歴だの、地位だの、お金だの、あんなものにこだわってつまらない、と言われる。つくづくそう思うこともある。しかし、そういうとき、自ずとなにか、無条件でつまらなくないものを想定していないか。例えば、愛であったり、友情であったり、世界平和であったり、信頼であったり・・と言い出すと、ちょっと待てと言われそうである。そこで、言われそうである、君は、そういうものもつまらないと言おうとしているのか、と。
 それに対する私の答えは、YESである。すると、またこう言われそうである、それは、ファイアーアーベントではないが、悪しき倫理相対主義である、と。
 うん、実際そうなのである。例えば、仏教では、一切は空と説かれる。すると、それを敷衍すると、どうしても倫理相対主義になってしまう。しかし、それでは収集がつかないので、どこかで再構築の作業が必要となる。
 1つの構築方法は、一点に興味を集めることである。例えば、詰将棋創作。これを素晴らしいと思える人は少ない。しかし、それに没頭し魅せられた人は、たった40枚の駒の世界に、全宇宙を見るのである。そこを通じて見る世界の広さが直ちに、理解する深さと言える。そうして、この現実世界で生きていくためには、つまらないものの中に価値を見出し、再構築していかなくてはならない。ああ、生きるということは、なんとしんどい作業なのだろう。
 そういうことだから、何かでつまらない講義があったとして、そのつまらさなさを講師のせいにしてはいけない。また、つまらない日常だったとしても、そのつまらなさを世間のせいにしてはいけない。人間も世間も本来的にそうしたものだからである。つまらない世の中を面白く生きるのが人生というようなことを、高杉晋作が言っていたような。

中国製ギョーザ事件の顛末

 この期に及んで、中国公安省発表が、中国製ギョーザは「毒物混入の証拠なし」と記者会見している。また、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が冷凍ギョーザの包装袋にしみ込むことが実験で確認されたとし、「中国国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を改めて示した、という。しかし、日本では、日常的にメタミドホスは、使われておらず、冷凍ギョーザの包装袋にしみ込ませるためには、一定期間、冷凍ギョーザの包装袋を、メタミドホスが含まれた環境にしばらく晒す必要がある。そんな手の込んだことを、日本の誰がするだろうか。
 そもそも、次の点は、明らかにされる必要がある。
 その第1は、数週間前のテレビで、中国公安省の誰かが、これは、中国の反政府組織の仕業である、と述べていたのを見たことがある。しかし、それはその後、フォローされていない。こうして、忽然とそのステートメントが雲散霧消したことに、私は却って疑義を感じる。
 その第2は、天洋食品で問題になったギョーザはすべて、土日または休日に製造されたものであることが示されたのに、ここで改めて、中国公安省は、天洋食品に怪しい担当者は、みつからなかった、と発表した。
 こういう一連の流れをみると、中国には、政府の信用失墜をはかるグループがおり、また、リストラされるなどの理由で、天洋食品その他の社員で会社に不満をもつものがおり、それらの人達が結託している事実を中国公安省が掴んだのではないか、と推察してしまう。もしそういうことだと、組織的なので、北京オリンピックなどに対するインパクトが強すぎる。それで、とりあえず強弁でも反論しておいて、時間を稼いで、中国公安省は、捜査し、あるいは対策を練っているのではないか、と思われる。
 私の推察はあまり自信がないが、ともかく、中国公安省の対応があまりに不自然なので、裏で焦っているのでは、とつい考えてしまった次第である。

2008年2月29日

飲んでうさ晴らし

 新聞によると、東大の薬理作用学の松本教授によると、ラットに恐怖体験をさせたあと、アルコールを注射すると、アルコールを注射しないラットよりも、恐怖体験の記憶を強く記憶していることが分かった、という。もしこれが人間にも当てはまるとすると、失恋したり嫌なことがあったとき、忘れようと酒を飲むのは、却って逆効果、ということになる。
 実際、私の経験でも、必勝の将棋を頓死負け(あ、昨日の王将戦の久保か)して自棄酒を飲んだとき、夢で頓死の局面が堂々巡りになり、朝起きたとき、単なる二日酔い以上の辛さだったことが、一度や二度ではない。
 それでも、人間(というか、私)は、馬鹿なもので、辛くなると、自棄酒を飲む以外のよい解決方法を知らない。
 でも、思うに、辛いことだけではなく、楽しいことも、もしかして、飲酒で記憶が強化されることもあるのだはないだろうか。というのは、以前、一人で酒を飲みながら詰将棋を沢山解いて、後日、とても快調にぶっちぎりで将棋大会で優勝したことがあったからである。もしそうであるなら、試験前、勉強して、軽く飲むのがよいということになるが、少なくとも公式には、高校以下には使えないのが難点である。

スポーツ選手と語学

 今朝テレビを見ていると、ゴルフの宮里藍が英語でインタビューされて、答えていたが、あまりにも英語がうまいので、驚いた。私は、外資系の会社にいて、自分のしゃべりはともかくとして、英語のうまい日本人は沢山しっている。そういう耳が肥えた私でも、感心した次第である。
 また、卓球の福原愛の中国語の発音がいいことも定評がある。さらに、先日、このブログで触れたが、アマレスの選手であり国会議員でもある松浪健四郎は、アフガニスタンの現地語である、バシュトン語を流暢にしゃべれる。
 こういうのを見ると、語学の会話能力と、運動神経には、正の相関があるのではないか、と思ってしまう。もしかして、脳の中の近い箇所ではあるまいか。
 私は、いうまでもなく、運動がとても苦手であるが、実際、社内の英会話の教室に通ったときに、講師のアメリカ人から、あなたは難しい単語を結構知っているのに、その知識を会話でうまく活用できていない、と言われた。あまりに下手でかわいそうと思ったか、知識はあるようだから、ポテンシャルは買う、とフォローされた。しかし、最低限のレベルまでしゃべれるようになるまで、5年もかかってしまった。
 ただ、語学において、会話力と、読解力及び英作文力とは違うようである。だから、スポーツ選手で、英語が流暢にしゃべれるから、といって、すらすらと立派な英語が書けたり、どんどん英語が読めるとは限らない。
 逆に、ある有名な翻訳家が、自分はほとんど英会話ができません、と告白していた。ただ、目に見える能力として、とりあえず会話の方がわかりやすいとはいえるし、海外旅行でも、とっさに必要なのは会話であることはまちがいない。

新卒者採用

 一時の就職氷河期を過ぎて、かなり新卒の求人状況が改善されているようだ。
 特に、サブプライムもどこ吹く風、大手銀行の採用計画が下記のとおり強気である。

UFJ  1300人
みずほ  2400人
三井住友 1600人
りそな   800人
住友信託 258人

 これをみると、特に、みずほ銀行の強気が、目を引く。ひところ、ゼロ採用計画といっていたのが嘘のようだ。では、こんなに沢山の人を採用してどうするか、というと、投資信託販売や海外の窓口業務が主だという。ええっ、と思う。ネットが増えるので、窓口の仕事は激減するのではないのか。だからむしろ、金融工学や企画の専門家が多数必要になるのではないか、と思うのだが、どうも違うらしい。
 これだと、また、せっかく採用してもリストラになるのではないか。また、そういう窓口業務は、結局派遣で間に合うのでないか。いろいろと考えは巡るのである。
 ただ、銀行に対する不信はあるようで、銀行側も、青田買いのためのセミナーを開くなどして、すこしでも有望な人を確保しようとする。こんな傾向がずっと続くとは思えない。

About 2008年2月

2008年2月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。