« Major common, minor specific | メイン | グーグルの懸念 »

黒人の演歌歌手、ジェロ

 テレビを見ていたら、黒人の演歌歌手がデビューしたという、名前は、ジェロ。どうせ、片親が日本人で、日本で生まれ育ったから、日本語がネイティブなんだろう、と思っていたら、完全な米国ネイティブで、喋る日本語はたどたどしい。しかし、マイクをもって演歌を歌わせると、うん、なかなか聞かせる。レパートリーは、既に、100曲あるという。
 ただ、先祖を辿ると、純粋な黒人とも言い難くて、祖母が日本人である、という。ちょっと意外性が削がれた。
 デビュー曲は、「海雪」といって、作詞秋元 康、作曲宇崎竜童というコンビなので、意外な黒人キャラと相俟って、そこそこは話題をえて売れそうである。
 ただ、演歌好きな父をもつ歌謡一家?に育った私の評価は、ちと厳しい。というのは、日本での演歌の層はやたら厚く、北島三郎をピラミッドの頂点として、そこに食い込むのは、鋼鉄の鉄板を拳骨で破るくらい難しい。ジェロは、確かに上手いし、日本の心も出せているが、ただ、氷川きよしあたりと比べても、まだまだである。下手をすると、最初の話題性だけで終わってしまいそうである。
 で、私の勝手な希望は次のとおりである。最初の話題性で突っ走れる時期を過ぎたら、日本中をドサ廻りしてほしい。北は北海道から、南は沖縄まででてある。すると、土地土地の民謡にも触れ、日本の心が体にしみこんでくる。そこで、例えば、秋田か青森あたりで、運命の女性と出会い、結婚を誓う。
 そして、ドサ廻りが終わると、その女性を連れて、米国に帰る。米国では、ニューオリンズあたりで、演歌パブを開く。すると、最初は、現地の日本人しかこないかもしれないが、次第に物好きな黒人、インディアンも集まり(なぜか、白人、特にWASPは来ない)、独自の境地の演歌を作曲・作詞する輩も現れる。例えば、「跳んで、ニューオリンズ」、「シアトルは今日も雨だった」、「マンハッタン5番街ブルース」、「二人のサンノゼ」などである。
 すると、変な黒人が日本にやってきて、変な洋物演歌を歌いまくる。うちの父あたりは、そういうのに顔をしかめるであろうが、若い人は歓迎する。そして、カラオケには、「洋物演歌」というページができあがる、ああ面白いではないか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/571

About

2008年2月 4日 21:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Major common, minor specific」です。

次の投稿は「グーグルの懸念」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。