« 小学校英語必修化 | メイン | アメリカ大統領選挙 »

プレゼン能力

 池田信夫氏のブログを見ていたら、彼がまだNHKにいた時代に、ビル・ゲイツにインタビューしたことが書かれていて面白かった。というのは、それは、1993年頃だったが、ビル・ゲイツは、Windows3.1が売れて、既に十分金持ちだった。しかし、インタビューの対応があまりにもプアだったので、また、マイクロソフトの知名度が当時は低かったので、そのインタビューがあやうく没になりそうになった、ということだった。それで、金持ちのゲイツさんということで、なんとか放映したそうである。
 実際、ビル・ゲイツの講演は、あまりうまくない。発表前、まるで小学生が、学習発表会を前にしたように緊張した面持ちで、はじまっても、部下が書いたと思われる原稿を思い出しながら、しゃべっているみたいだ。でも、私は、そういう素朴なゲイツが嫌いではない。私もまた、人前で緊張しやすい性格で、お世辞にもプレゼン上手といえないからだろうか。
 ところが、世間一般では、プレゼンが下手だと、あいつ馬鹿じゃないか、要領が悪いと言われてしまう。一方で、立て板に水のようにしゃべると、空疎な内容であったも、ああ流石に頭が切れる人は違う、と大衆には感心される。
 それでとても残念なのは、会社の入社面接であれ、選挙演説であれ、そういう空疎かもしれないプレゼンの能力でかなり決まってしまうことである。もちろん私は、立て板に水の人が軽薄だというつもりはない。スピーチがうまくて、しかも惚れ惚れするような秀才が、特にアメリカには多い。
 ただ、民主主義というものが、そういう表面的な能力で見極めてしまうのが残念で仕方ないのである。だから、私はつい、民主主義は本質的にポピュリズムである、という。ヒットラーの偽善性を見破れないのである。
 それゆえ、私がどこかの面接を受けるなら、それに10分や20分を費やすくらいなら、私のこのブログを読んでほしいと思う。中には、顔をしかめるような内容もあるが、それも私である。それで、こいつ使えないな、と思われるなら仕方ない。えっ、誰もそんな、君を評価するためにいちいちブログを読んでいる暇なんて、ないって? まあ、それは分かっているのだけど。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/580

About

2008年2月 8日 12:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「小学校英語必修化」です。

次の投稿は「アメリカ大統領選挙」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。